◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

超重〜いヘッド & 超柔らかなシャフト専門 より簡単に、誰よりも振らず、からだを傷めず、誰よりも飛ばす【ゴルフクラブから学ぶゴルフスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:脱体力勝負

正しくクラブを扱う上で 知っておいて欲しい事

ゴルフクラブは先端が重たい事

ヘッドは非対称な構造
  特に進行方向 右 左 では動きや重さが異なる事

ゴルフクラブは そのクラブの姿勢やスピードによって
  重さが異なる事
   …総じて重くなる事が多い

正規のインパクトロフトとは そのヘッドの入ってくる入射角度に
 沿った角度を指し 地面との相関関係ではない事


 
  いままで 飛ばない人の多くは
   そのクラブの本来のロフトよりも かなり多いロフト
    ボールとコンタクトしている事が原因で
      上がる スピンが無駄に多い
       それに伴い スライス気味の弾道になり易い
        その動きは スピードを増せば 増すほど キツクなる
       また ロフトを寝かす動きは 右サイドを下げ
      クラブのバンスを増やすので ダフリ易くなる うえ
     ヘッドのリーディングエッジ(歯)の部分も前に出るので
    トップのミスからも逃れられない
   バンスが張れば 奥行きのあるFWは打つ難くなるし
  振り子の動きにすれば ヘッドが一番低くなるところは一点しかない
 飛ばないわ スライスし易いわ 上がり過ぎるわ 風には弱いわ
ダフリ易いわ トップもし易いわ 苦手なクラブは出来るわ
距離感は合わないわ ボールを拾うのも難しいわ
  
  良い所なんて 自分で「振った!」って言う自己満足感だけ……



☆ゴルフクラブは ヘッド等を含めた構造上
 運動させた時 それを持つモノに対し 
  かなり複雑な不可抗力を生み出してしまう事
   特にヘッド部は前述の通り かなり極端に上下前後左右非対称な為
    動かせば動かすほど 一度きりの複雑な重力や遠心力を
     生み出し それがまた持つモノに影響を与えてしまう事

☆例えばアイアンで有れば 番手間のロフト角度の差は3〜4度
 繰り返し同じ距離 同じ距離感を両立させたいと望むならば
 ヘッドローテーションなど全くの問題外である事


 ここまでは 出来る出来ないは別にして 理解できると思います


s3





では クラブ扱いの鉄則(ちょっとオーバーに書いてあるけれど)

ルールナンバー1
 スウィングを連続する直線イメージで構成し 円運動のイメージを捨てる事

ルールナンバー2
 クラブの横の動き 地面と平行(重力と垂直)の動きは
 すべて 脚を使った骨盤/お尻に向きの変更で行う事
  補足…腕や手の動きは横の動きには「原則的」には関与しない事

ルールナンバー3
  アドレス時の前傾姿勢を考慮し 
  ボールの上半身に対する位置 高さをしっかりと認識する事

ルールナンバー4
  背骨からクラブヘッドまでの 同一線上の遠近による差を除き
  グリップの運動量よりも ヘッドを多く動かしてはいけない事
  補足…その動きには縦の動きも入る

ルールナンバー5
  意志を持って動かす 人間の部位は 脚を使ったお尻の向き
  公背筋 僧帽筋を使った肘の曲げ伸ばし
  それ以外は 補助的に動くのみとする事
  *特に 肩周りは お尻の動く分のみ移動/向きを変えるに留める

ルールナンバー6
  重複するが ヘッドの高さの変更以外で 肩部分を含め腕や手で
  決して never 横方向には動かしてはいけない事
☆お尻の向きの変更に対し 重量物を持っているが故に
  その向きの変更に対するズレを補足する「スライド」は認める

ルールナンバー7
  これも 重複しているが 重要課題なので
  スウィングから 縦 横 を含め 一切の振り子のイメージを捨てる
  ☆振り子の動きとはクラブを振った残像が扇の形になる事を指す

ルールナンバー8
  体 骨盤 お尻 この向きの変更は「必ず」脚の動きで行う
  お尻から上のどの部位でも 体の向きの変更を助長 促進してはいけない

ルールナンバー9
  体の向きの変更は スライドを伴う 左右の軸足を「つくってから」
  行う事    …軸足と重力に直立する脚の事を指す

ルールナンバー10
  ダウンスウィングの初期で 右から左へのスライド が出来かかるまで
  「自分の意志」では 体を回転しない事




   罰則
     1.誰よりも飛ばない
     2.誰よりも安定しない
     3.偶然以外の距離感は生まれない
     4.関節を痛める
     5.練習量低下すると ショット精度が極端に落ちる
     6.加齢等 体力低下すると 更に飛ばなくなる
     7.ミスショットの呪縛から逃れられず 飛ばすのをあきらめる
     8.飛ばしたければ 身を削って 極限のスピードの挑戦する
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
 ブログを始めてから まるでお見合い写真のように
全国から スウィングの写真や動画が送られてくる。

20090801 2009_08_30_20_03_19-60フレームショットそれを どう 僕が分析しているか…
 多分 スウィングを紐解く ヒントになると思うので 書き出してみた。


まず 動画の場合
 特徴的な動き は 何故そうなるのか を見つける為
  逆に どうしようとすると こうなるのか 想像してみる
    その想像の元 何度か 動画を見てみる

通常速度で 流してみると 特徴的な体の箇所は
 その場所だけが 必ず 他の全ての動きに比べ   「速く動く」

 クラブも含めた 全ての動きが 同じような速度の動きであれば
  多分 スウィング クラブ扱いには 問題がない
   だから 僕のところには送ってこない


 鼓笛隊のモデルケース の動画を持っている人は もう一度 見て貰いたい
  確かに 全体の雰囲気に比べ ボールを打つ前後のヘッドは速く動いて見える…
   コマ送りにすると分るけれど 体の向きの変更分しか ヘッドは動かない
    ヘッドの方が 縦 横の動きがあるから たくさん動きそうだけれど
     殆んど 体の向きの変更と同調して動く 
なんとなく ボゥーっと見て ヘッドだけ多く動く テークバック
 この時点で もう上手く行かない事は決定

  テークバック時の右肘の使い方
  お尻の回転
  こぶしの通ったラインとヘッドの通るラインの関係

   そんなことをなんとなく見てみる
   そして その人が どんな手順で動かそうとしてるのか推測する……

  スウィングは ボールを打つ行為 そのものよりも
   ランニングアプローチ とか 素振り である程度決まっちゃうし
    究極には アドレスとグリップ、スタンスで終わってしまう けれど…


スウィングのミスアクション デスムーブの殆んどは
 アドレス グリップ スタンス の 「静の動作」 に隠れている
                  ……僕自身の問題もそこにある

それが概ねクリアできれば 残りのほとんどは テークアウェイ で決まってしまう

 静の動作 と 静から動への動作 で 動作の良し悪しは決まってしまう
  そこから先は 良くも悪くも 不可抗力が王様の世界だから…


 最終的には  ヘッド重量を重力を味方にして ボールに与えられて
  そのエネルギーを 正しいロフトの立ちに変え ボールにぶつけられれば
   形や姿勢 動作 なんて どうでも良いと言えば良いのだけれど
    今まで ミスアクション デスムーブを繰り返し 覚えてきた人にとっては
     残念で 退屈だけれど 基礎知識と 基本動作は 覚えなければならない
      逆に その感じを覚えてしまえば 型なんて テキトーで良い

 新悶絶クラブは 味が濃いいから 手厳しい先生では あるけれど
  自分から 頭を切り替えない限り その個別の家庭教師もなかなか機能しない…



ロフトさえ立ちさえすれば あとは何とかなるんだけれど
 そうは問屋は卸さない
  今まで何万スウィングと その反対の動きをしてきたのだから…

20090801 2009_08_30_23_19_09-646フレームショット


 話を元に戻そう
デスムーブは例外なく テークアウェイにその原因が出て来る

 クラブの横の動きは体で行っていれば
  その大小にかかわらず 基本的な横の動きを
   脚を使った お尻/骨盤の動きでしていれば…

     それさえ 守っていれば 多少  イヤ 結構適当でも大丈夫。

   しかし それを 腕の動きでしてしまえば

     絶対にロフトも立たないし ヘッド重量の効果も
      シャフトの運動量も 全部 無駄  いや無駄以上。
       ただの邪魔なお荷物

    400馬力もスポーツカーも ガス欠状態ではただのお荷物


逆に言えば
  静の動作が出来ていて テークアウェイでチャント横に動かせれば
    あとは 勝手にクラブが行う
        そうクラブは出来ている
     のだが続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
 僕がここで書いている事 間違ってもらってはいけないが
決して 「僕の」スウィング理論では無い 決して無い

またHPの方に比べると 相当細かい、具体的なイメージを提供しているつ・も・り

昔から言われている基本的なことに クラブ側から見た側面を
 付け加えているだけ…   理論というより そうするより他に手がない

このクラブ扱い、俗に言うスウィングは多分 一番簡単な方法 だ
人間の技巧、そして筋力に依存するところが少ないから
技巧も「オンプレーンスウィング」のような高速域での神技のタイミングなどまったく 必要がない

難しい   難解だ
 と言われる人は 是非一度お店に来てほしい
その難しいと言っている理由は二つ
 *今までの方法が捨てられないから
 *自分の頭の中にあるスウィングのイメージと結びつかないから

無理強いするつもりはない やりたくない人を無理やりやらせる程の問題じゃない
ただ おどしてるわけじゃないけど 体を痛めたり 体力低下に伴い飛ばなくなっても その時には 多分 出来ない理由は更に深まっているから もっと無理だろう…

理解するのはそう難しくない、ただ実現となると
 柔らかな頭 と 柔らかなシャフト と 重いヘッド
    この3条件は 絶対に必要である

無理して覚える必要は一切ない
 やりたいから覚えるのであって 当たり前だけど 義務では無い
   本当にやりたい と思える人は 必ず出来る  僕が保証する

    また 出来ていく人 出来そうな人 出来た人
   面白いようだけど ゴルフ以外でも考え方はかなり変わってくる
  僕はこれの方が重要というか 大きな「進化」だと感じている
 沢山トライしている人がいるけれど みんな 目が輝いている と感じるけど…
出来そうな人は 遊び心 言いかえれば心にゆとりが出来るよね

ちゃんと心に余裕のある人
 遊びの心が分かる人
  ありがとうって言える人
  その人の元には 必ず「おもちゃの鼓笛隊」がやってきます 必ず

 ゴルフはあくまでも 余暇の遊び である
  どんなクラブを使おうが どんなスウィングであろうが
   他人の干渉する必要は 一切ない

例えば 個人的にはタイガーのスウィングは良いと思わない
 アマチュアが真似るようなスウィングではない と考えている
  しかし それは 練習量や体力、筋力を考え そう「思っている」だけで
   タイガーの真似をしたい! と思っている人はそれはそれで良い。
    まして 僕はタイガーの「スウィング」を否定しているので
     タイガーを否定しているのでは断じてない。  分かるよね
      タイガーの存在は超人的だし その精神力たるや 宇宙人レベル
 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
 いろいろなゴルフのブログを覗いてみる…
クラブの事 スコアの事 みんな色々 考えてるんだなぁ

以前は雑誌 のみが情報源だったけど 今度はテレビやネット…
 なんだか 情報が垂れ流しの状態
  確信のないアマチュア、言葉を変えれば素人から出てきた情報を
   どう処理しているんだろう…

スウィング論を書いてあるブログが幾つかある
いくつか読んでみると 非常に重要なことが 欠落 しているのに気付く
かなり 突っ込んだ内容を書いているようだけど
体の動かし方 体の使い方 筋肉の使い方 関節の使い方…

   あ〜もうどうでもいいや

体の使い方は あ・く・ま・で・も・手・段

道具を使う と言う側面からはまったくスウィングを見ていない
道具にはそれぞれ機能がある訳で その機能を使う為に 体を動かすんでしょ
ならば その動きは何をする為 道具をどう動かすか それと結びつけないと
手段や方法だけが存在 し 目的が無くなってしまう

 道具をこう動かすために 体をこう動かす
  道具をこう動かすと こういう働きがある って考えるのが普通?じゃない
   また ゴルフって「仕事」じゃないから
    目的が分からなれば 覚えるのも 持続するのも より難しくなる
     それじゃ まるで 軍隊の命令
      動きはこうなんだ!  ともかくやれ と。
       自分の頭で考え無くなっちゃう…

どのブログを見ても 体はこう動かす! だけ    何の為かは触れていない。
 ”体の動き”信者 たちがハミングバードのブログを訪れても
  多分 チンプンカンプン だろうなぁ

イヤ 別に ”体の動き”信者 の事を 否定してるわけじゃないよ
 楽しみの種類は無限だから
  でも ゴルフって 動きの品評会 でもないし
   肉体訓練の為にやってる人ばかりじゃない
    遠くまで 球打って 穴に入れて 遊んでるだけでしょ
     ダンスじゃ有るまいし 別に体壊さない使い方を覚えれば良いだけ
      筋トレしてまで やりたい人は ドーゾ

誰よりも動かない 誰よりも遅く振る 誰よりも振らない 誰よりも少なく動く
       これで「飛ばしたいだけ」
それって 道具 道具 道具の使い方を 覚えるだけでしょ
あんまし肉体的努力、筋トレなんかしないで 楽に飛ばしたいだけ
歳とってから楽しみたいからね

            ン? 単なる怠け者ってこと?続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 良いゴルフクラブとは自分の未来を導いてくれること。

正しい未来とは 年齢に大きく左右されず 極力筋力に頼らず
 限りなく遠くへ少ない労力、小さな動きで飛ばし 繰り返せること

こんなクラブに辿り着ける人は 非常に少ない
 表題の通り、絶滅危惧種ほどの数しかいないだろう。

たどり着けない人の条件がある。
 1.食わず嫌いである
これが全てかもしれない。 食わず嫌いの人はともかく 決めつける
軽量シャフトはダメ
 でかいヘッドはダメ
  大きなトルクはダメ
   柔らかいシャフトはダメ
    大きなロフトがダメ
     バンスのきついウエッヂはダメ
      ステンレス素材のアイアンはダメ

ダメ、ダメ、ダメのオンパレード、カーニバルだよね

多分 これを読んでいる大半の方は 弊社のクラブを使っている
 そこで お聞きしたい
一般的には ドライバーの振動数の平均は cpm
初めて来店された方のドライバーの大半はこれを上回る。
 自分がいきなり 振動数を切ったもの
今までのドライバーより フレックス
 今までのドライバーを Rフレックスとすると AR  A  L  LL  そしてLLLの硬さのクラブが打てると思いますか
 
 打つ前に 「え〜そんなの打てないよー」
   「まっすぐ飛ばないよー」   打ってもいないのにそう思うでしょ。
で 打ってみてどうでしたか
 勿論 軟かくなれば クラブ扱いが正しくしないと 痛い目にあうけれど
思っていたより「当たる」し、思っていたより「飛ぶし」
 思っていたより「真っ直ぐ行く」でしょ
そりゃ 上手くいかなかった人もいる筈だけど
 上手く当たれば 想定外の距離も打てるし それに断然体が楽
 どこか痛めていた人が ヘンテコおかまクラブでだいぶ救われている 筈。

市販のゼクシオ 一番多く売れているSR 振動数240cpm ヘッド重量190g
 これを持っている 平均的な58歳の男性
  打つ前に 5フレックス柔らかくて 10g重たいヘッド
   たいていの人が「打てない」と思うから ワッグルして
    「こんな柔らかいの打てないよ〜。」と言って打たずに終わる

使っている人は分かるだろうけれど 簡単に打つのには
 悪魔払いは必要で 一球二球で答えが出せないと知っている
トライしてみた人、初めてなら 残念だけど半分の人は当たらない
 すると 「俺はもっと硬くないとダメ、柔らかいシャフトは合わない!」
  と決断し、ゴルフを辞めるその日までその鉄則は生涯家訓になる。
でも 半分の人は 振動数200程度なら 素晴らしい結果がいきなり出る
 一言、二言アドバイス ボールの置き場所、力の入れ具合 を教えると 更に上手く打てる人は増えるし より良い結果が少ない球数で出てくるのよね

      打たない人 半分  …実は半分以上
打ったけどダメだった人 1/4   …この内1/3位の人はアドバイスで変わる
   打って良かった人 1/4 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1
 またもやサッカーに関連した話題

 日本には 攻撃的サッカー 守備的なサッカー という言葉がある。
日本のサッカー解説、特に民放系はサルのおしゃべりより酷いので まともなコメンテーターを除き、イマイチ聞き取り辛いけれど 必ず現地語で聞く

 少しは聞き取れるんだけど 外国ではそんな言葉は存在しない
他のスポーツでもそうだけど 攻撃も守備も表裏一体で どちらかだけやるわけにもいかない。 全然攻めなければ 守りがきつくなるし、守ってばかりじゃ試合に勝つことは出来ない。
 シュートを打つことやラストパスを出すことだけが攻撃では無い筈だ。 相手が格上で 体力も技術も体格も上なら 守ることが自分たちなりの攻めにつながっていく。 ゴルフだって スーパーショットばかりじゃない 地味なパットだってあるし
苦しいアプローチだってある 精神的に乗っている時もあれば ダウンしている時も少なくない。 それもひっくるめてゴルフなんだし。

 僕個人は何故日本がパスサッカーにこだわるのか理解できない。
守備的なサッカーが罪悪のような扱われ方をする
アジアの中ではAクラスでも 世界的にはBクラスなんだ。
全員がタイガーウッズになれるわけもなし なりたいわけでもなし


そういう意味では ゴルフと言うゲームは本来日本人向きな筈なんだけど…
 ゴルフにも色んなプレースタイルがあると思う
サッカーのブラジルのような曲芸、個人技スタイルもあるし
 スペインのような技術のパスサッカーもあるし
  イタリアのような肉弾戦もあり、ドイツのようなあきらめの悪さもある。
全員が全員、タイガーのような物量作戦、パワーで押し切る必要はない。
 飛ばないニックファルドやオラサバルやカイトがランキング一位になれるスポーツなんだ。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 関西方面のお客様よりお手紙を頂きました
    ご本人了解の上、掲載致します。

目標。
ゴルフをすることには目標とか、目的とか、やる人によっていろいろあると思う。
今日の18ホールもそうだけど、ゴルフをすることそのものにかかわる目標が僕にはあるんだ。僕の年齢は、1948年生まれ、61歳

70歳になった時、自分よりずっと若い人とプレーをする機会があるとしよう。
 僕の目標は、一緒にプレーした若者が、18ホール僕とプレーして今日は有意義な一日だった、また一緒にプレーしたい、と思ってもらうことなのだ。
マナーがいいとか、しっかり歩けるとか、気遣いができるとか、いろいろあるけど、ゴルフで自分をを表現したい、同伴者に新鮮な驚きを提供したい。それを僕は、<振らないで飛ばす>ことで実現しようと決めたのだ。加齢による体力の低下を、道具の力と理にかなったクラブさばきで、動きの力感と実際の飛距離のギャップを実現する、ひょいと動いて、ボールの所へ行ってみるとあの振りでなんでこんなに飛んでるの?あっ、これ何かにあたったんだ、きっと。次のホールでまたひょいっと動いて、えーこんなにいくのー。これが僕の目標。目標は語るものじゃなくて実現するものだから、時間をかけてやるつもり。70歳までまだ9年ある

さて本題。(というよりは 悲しくもおかしな誤解と試行錯誤の報告
振らないということは、何を振らないかというと、ヘッドを振らないこと
要はヘッドの動く量とスピードを少なくしてボールに加えるエネルギーを最大化すること
(特に遠心力は使いたくない。これを使うとすごく振ったように見えるから削除)
これはかなり難しい。なぜなら人間には、本能的に頭をもたげる欲があるから

まずバックスイングで欲を捨てる

(バックスイングというネーミングは誤解を生むから、ターンとテークアップ、どうですか、これならバックー背中とスイング−振るイメージを消せるよ)

僕はこれはわりと楽にできる(と思う)。
60こえると左ひじを伸ばした大きなトップは造れない(若い人は、もうこの時点で欲が口をあけて待っている)。右肩の横でクラブはほぼ垂直、後は慣性にまかせる。ここで注意。
バックスイングの終点に行くまでの経路。この経路設計は難易度が高い。経路がどうでも到達点が所定のところならば結果オーライかと思いきやどうもそうではないのだ。
経路を間違えると、その過程で、筋肉に余分な緊張とねじれが付着して、それが後の動きの邪魔をする。その上間違えるときは、だいたいクラブが右に傾くか、グリップが体から離れるか、体の幅からはみ出るか、どれかひとつかそれらを複合的に間違えるから、ボールに向かう際には、必然的にクラブが寝ることになる

人間の学習能力はすごいもので、来た道を帰ろうとするのだ。ハミングバードのHPでは、体のターンの量と、クラブを上に上げる量を同じにするとあるが、そのとうり動こうとすると、なぜかクラブが余分に横に動いて、体の幅からはみでてしまう。僕だけなのかなー。推測だけど、今まで長い間クラブを横に動かしていた生活習慣病の後遺症だと思う。
    …対策として、すごく極端に動かす、つまりまずクラブを自分の顔の前にまっすぐ上げながら右ひじを張り出す、体のターンよりクラブが立つことをものすごく優先させて、回転不足にはしばらく目をつむる。

まずこの厄介な生活習慣病を治さないと、次に進めない。
 これでボールを打つと大変。隣のおじさんよけたほうがいいよ、僕危ないから。
ヘッドがものすごく上から、ものすごくアウトサイドから降りてくる。この違和感にはなれたほうがいいようだ。今までずーっと横ビンタで振っていたのを真反対に変えるんだから。
どうにかあたるけど左ライナーか、ティーアップしているとほとんど上に飛んで前には行かない。恐怖心から空振りもあり。
    ここでスライドを入れる。
右の肩から左の股関節へ動かそうとすると、ヘッドを振りたくなる。なぜならグリップの向かう方向にボールがある!
 よって、右の肩から左の肩へ向けて真横に動かす。これなならボールを意識しなくてすむ。

しかしこれだとヘッドを縦に振らないんだから絶対にボールに届かないでしょう。言葉どうりに動かすとヘッドは頭の上前で右から左に動くだけでしょ。
     そこにボールはないよ!
胸の前でスライドさせれば、振らなくてもクラブと腕の自重で不可抗力的にボールにコンタクトするんだよ、といわれてもどーも釈然としない

そこでためしに、一度アドレスをしてから、そのまま直立してみた。そのときのグリップは腰の高さ。
 ヘッドの位置は、長さによって違うけどおおむね顔の高さ。
次に正しいと思われるトップを作って、そのまま直立してみた。そのときのグリップは肩の高さ、ヘッドは頭よりずっと上。ここで気が付いた。
…グリップは、腰から肩の高さまで約50センチ。思ったほどギャップはない。これならスライドして下に動かせる

問題はヘッドの動く量が、グリップの運動量に比べと何倍もあるように見えること。これがヘッドを縦に振らないとあたらないと思わせる本当の理由ではないか。

直立したまま、トップの位置からアドレスの位置にクラブを動かしてみる、ヘッドはできるだけ動かさない。何のことはない、クラブヘッドは顔より少し高いところまで降りているではないか!あとは不可抗力的にこの差が埋まればボールに届く。

この直立トップと、直立アドレスにターンとスライドという<運動>を付加すると、ヘッドがボールにコンタクトするに要する動きは、クラブを立てるときに使ったコックのわずかな深まりが、アドレス時の状態に戻ることと、クラブが持つトウダウンの動きで十分ではないか。これがヘッドを振らずに、ターンとスライドで打つことの意味ではないか。

なんと理屈っぽい、さっと挙げて、さっとおろせばいいじゃないか。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
    おっと 徐々にHPが進化中…

http://www.hummingbird-sports.com/

本日 二組のご夫婦とともに ご来場
 片方のママさんが デビューセットをご購入
         ありがとうございます

  それで 恒例 初心者スターターアドバイス をしました

体、特に腰や肘等を痛めにくい体の動かし方 を基本に 目で見えているモノと
 それをコピーしようとした時に起こるギャップを説明し 打って貰う…

  素晴らしい   素晴らしいの一言

少し 打って見せると しっかりと課題の部分を見ているし
 質問の内容の高度…  この人 初心者でしたっけ

体を使わず 足を使って 体を回す動き
 肘の外への張り(クランチ)  この二つの連携・同時進行を覚えれば
  男性陣 油断するなよ  って感じ

後は 自分の欲や精神状態との付き合い方等 ある意味 教えて上げられない事を
 経験していけば  他に教えてあげられることもなし
  距離も全く問題なさそうだし あと2回位 レッスンすれば 即実戦

でも 後ろからの男性陣の視線ビームを感じるので この位にしましょうか…
 あんまり上手くならない方が良いのかもね


初心者の方の始めのレッスンと 初めて持つクラブは 大変重要です
  是非 スターターレッスン付き ゴルフクラブセット
    日本のゴルフ界の為に ご紹介ください

 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
よくお初のお客様から電話があると こんな会話になる
 「アイアン作りたいんだけど 軽量スチール合わなくて…。 ダイナミックゴールドじゃちょっと辛いし…。」
「グラファイトはどうですか?」
 「過去に打ったことも 買ったこともあるけど 合わなくて。」
「どんな感じでした?」
 「シャフトが硬いって言うか、軽くて、あたりも弾いているような感じで好きになれないんだ。」

 クラブを作る際、特にアイアンを作る時 よく有る会話のひとつだ
カーボンシャフトのアイアンに否定的な印象を持っている人が多い。
まず はじめから カーボンは非力な人が使うモノ っていう
          少し上から目線の固定観念があること
次に カーボンの方が柔らかい、弱いという間違った固定観念があること

まず 一つ目から 非力な人が使うためのものかどうか は正しくはない。確かに軽量に出来るため 力のない人向きの「モノ」も作れるが 二つ目とも絡むが それはカーボンシャフトの方が断然「強度が高い」為 実現すること

では 何故否定的な人が多いか というと量産品はニーズがあって初めて存在する!

その同じ機種のスチール/カーボンはまったく違う体力・年齢を対象にしている。
当時で言えば ダイナミックゴールドと専用カーボンである。
カーボンを使う人はまず予算が高くても大丈夫で、スチールを使えない、もしくは使いたくないが対象である。 はっきり言えば 対象年齢が全然違う
だから 80〜90gのシャフトは「当然」採用しない。
 対象は60歳以上 最近で言えば 当然50〜60g台のシャフトだ

カーボンシャフトは強い それを大前提に考えると 軽量って事はその中でも より強い物 が使われている。 しかもヘッド重量も間違った「振り易さ」の源「軽さ」を最優先するため 当然軽い。コストを下げるためにはヘッドが軽い方がよりメーカーにはメリット多いし…

もし スチールと同じ「硬さ」Sシャフトを選択すれば 軽くて強いシャフトを 軽いヘッド重量で打つのだ… スチールとはまったく対極にあるクラブである。  元々 強いカーボンの軽くて更に強くなる上 軽いヘッドで打つ

カチン と当たる ボールは多少飛ぶけど…
ボールを打っている感触も ヘッドが付いている感触もない
無機質な感じ… 人間らしくない でも飛ぶ  これじゃ悪い固定観念になる

例えば そんな人に 重量のしっかりとしたスピーダー801
 出来る限り 番手ずらしをして 柔らかくして 打たしてあげれば
  買う 買わないは別として 必ず気に入る きっと欲しくなる
   また カーボンシャフトに対する観念も180度変わるだろう
    こんな仕様で 市販すれば ブームになる可能性も秘めている

シャフトは重くなるほど 遅い ウエットな感じ になっていく
     逆に軽いほど ドライ、ソリッドな感じ

特に三菱系のシャフトは「ピンピン」してる   確かにヘッドも感じないし、クラブそのものも軽く感じるから 振り易いだろう。ただ振るだけなら 
重量物(ボール)を遠くへ飛ばすのを除けば 確かに。

 でも軽くて 振り易いのは クラブに慣れて「普通」に、それが当たり前に感じた時点で賞味期限切れ  終わりがきました て。
軽いヘッドは「飛ばす」エネルギーを持っていないから 軽いと感じる間のみ スピードが出るが 普通になれば 元のスピードに戻るうえ ヘッドが軽い分 破壊力は落ちる。 ヘッドが軽ければ トゥダウンの効果も少ない、もしくは無いから 下にあるボールに触れるには 人間が「技術」で近づかなければならない

その動きの副作用 近づく動きイコール突っ込む動き はロフトを必ず増やす  ロフトが不必要に増えれば 上がる、スライス、ランがない、そして飛ばないになる。

軽量じゃないスチールは 決して 硬・く・な・い
   動き自体は少ないが 動きが遅く 鈍感だ
ヘッド重量は軽いが 動きが遅く、全体の質量があるので下に動こうとする
クラブそのものに「飛ばすエネルギー」は少ないが 落ちる力は持っている。
この重さを維持して 振れるスピードがある プラス ウッドもスチール感覚でOKなら 軽量スチールを除外して 別にスチールその物は否定はしない。
                  使っている人は総じて嫌いだけど…

 軽量スチールの増殖は ある意味 ゴルフそのものを追い込むことになる
   必ず…      う〜ん 憂鬱になってきたから 今日も帰って寝る続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
 私もなりたい でも無理がある
では 発想の転換をしよう

 いつも 練習場で打っている球、弾道、距離
7番アイアンで150ヤード 打てる事もあるだろう
  でも 考えを変えてみよう
自分の打てる球、距離、弾道 はコースで一番多く出る球を指すわけだ
一番多く出る球は 実は自分の打てる最高ではなく 最低の球である。
シャンクとか 大ダフリとか どトップを除いて フェースらしき場所に当たって
前の方に飛ぶ 最低の球 これを自分の球と認識すること。

 7番アイアン ヤードで良い
これを最低のスピード、最低の力加減、最も遅い動き、最も少ない動きで
打って貰いたい

最大のスピード、最大の力加減、最も速い動き、最も多い動き
 これが緊張感の高い、他にも注意点の多いコースでは
  絶対に出来ない  打つ前に失敗が確約されている

今はエコの時代である。 最も省エネの方法で7番で100ヤードなり120ヤード
打って欲しい。 自分は7番で150ヤード打てる!と言う人が120ヤードを打つと 多分自分の「フルショットの半分よりちょっと上」、 5〜7割程度の力加減、スピード加減 だと思う。

練習場で 出来るスピード や 動きの大きさ の7割強の動きが
 本当の意味での 「自分の」ショット なのである
車で言うところの 巡航速度、それ以上出せるけど それは瞬間出せるだけ
維持は出来ない。 巡航速度 とは 更に加速も 減速も出来る その車にとっての
安定ゾーン というか 実力発揮ゾーン と言う事になる

     最高速度を基準にしない事、自分の実力は巡航速度を磨くこと

その7割 仮にそれを7番 ヤード とすると
そこで 自分の弾道なり スウィング作りをする それが基本中の基本だ。

どんなに距離を伸ばしたくても 総合性能が高くないと 単に馬力やスピードばかり出ても 車で言う 単に殺人マシーンになってしまうだけ。

7番で100〜120ヤードの距離で 
 クラブ扱いと考え 安定した高さ 安定した弾道 安定した距離 を打つ
これが出来て初めて 自分が分かってくるのさ


 ちなみに 学生時代 陸上部だった
短距離 100mの専門的なトレーニング は ある意味 全力疾走しない
毎日の練習で 100mを走るのは 通常週に3〜4本
 ジョギングや その場足踏み 静止状態で 走り方 体の使い方を調整していく
たまに ダッシュもするが スタートの練習と 30〜40mの距離と5割程度の
スピードで流すだけ。そこで走り方が反映されているか確認
短距離走の場合、かなり筋力に依存はしてはいるが 正しく動かさないと その筋肉も正しい場所に 正しくついてこない。 ゴルフと同じで 間違った場所に付く筋肉は 単に妨げになるだけ
 オリンピッククラスの調整は分からないが 小中学生のトレーニングはこんなところである
この調整で 中学生の平均的な男の子は 半年で1秒、一年で楽に1秒半縮まる。

ゆっくり 正しく動かすから 筋肉が正しく発達し 運動記憶が出来 関節の稼働域が広がり さらに筋力がついていく 無駄を省く …シンプルでしょ

ゆっくり 正しく 走って 行くことが 最終的には速く走る方法 なんだ
  
 オリンピックには出られなかったけどさ…続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ゴルフクラブに掛かる力を体力でねじ伏せていると、私のように中年期になってから体の一部をいためてしまうことが多いようです 
いいボールを打つこと は理想ですが、そのための練習で体を痛めてしまっては長くゴルフを楽しむことができません 趣味ですから 楽しく、ほがらかにやりたいものです
ここはひとつ、いいボール の呪縛から離れてクラブと遊んでみてはいかがでしょうか 7アイアン 100ヤードでもいいじゃないですか
理想とされ教わった トップのクラブの位置 があります 理想とされる インパクトのクラブの姿勢 があります 
トップのクラブの位置からインパクトのクラブの位置にたどり着くまでには、重力やヘッドに掛かる力学上の様々な力があります 不可抗力 です
今クラブが動いた頭の中のその動画から、人間を消してみませんか?
あら不思議  人間がいなくなれば右手だけでも結構いいクラブの姿勢が作れたりします
グリップが邪魔しなくなります
片手のほうがボールがつぶれたりします
トップの姿勢から、クラブそのまま置いてけぼりで左に歩いていくとボールに届いたりします
クラブを持つとできない?
no!no!
なら、トップ以降人間が消えましょう

どんなに高性能なクラブでも、地面から自分で動いてボールを打つことはできません
ボールを遠くへ飛ばす という目的の元 人間が作った道具ですから、ヘッドが重力を使える位置までは人間の力を借りなければ動けません
しかし、そこから先はちょっとした手助けを必要としているだけで、関節を破壊するような動き をクラブが求めるわけは無いのです
肩を回せ!・・・んなことクラブがいうかなぁ・・ 腰を切れ!・・・相棒を壊す気か・・ 頭を動かすな!・・首が壊れますよ・・・・インサイドアウトに振れ!・・・こんなにいろいろ求める無機物なんてありませんよ・・・

力を抜いて、クラブから伝わる情報に耳を傾けてみませんか? 「こんな力が掛かっています 手を離してみてください」 「今ここにいますが、インパクトゾーンではこんな姿勢でいたいのです 邪魔しないでください」 「トップでこの位置ですが、ここからでは重力に引っ張られ グリップファーストなインパクトに入れません」 「この位置にいると、こんなに重力がかかり下に落ちてしまいます」
さまざまな情報があります 体の動きはあくまで結果クラブがボールをつぶしに行ったら、後ろから押して助けてやるような関係になりたいものです
120叩いても、自分以外は誰も気にしていません
6アイアン 100ヤードでも 誰にも迷惑は掛かりません 練習場でボール打たなくても文句は言われません
心も体も力を抜いて、体の使い方も後回し
優先順位を入れ替えませんか
「私が動画から消えれば、どんな風に動くんですか?」 無機物であるクラブが好きな動きは、有機物である我々にとっては なんとも力感無く、
「えーーーーーーーーーっ」という動き方かもしれませんね
注: 私ができるわけではありません  なんだよ 



続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1
 彼はアイアンをパンチショット ドライバーをマン振り そうしてしまうのは彼のクラブ選びに原因がある

デビューより 10年以上が立ったのだが まったくセッティングが変わらない。加齢による体力の低下や経験の増加、スポーツ選手としての過渡期がきても未だクラブセットは進化するどころか、退化の一方。
 空前の契約金による N社のクラブはそのセッティングを更に強調していく。ドライバーはより大型化、彼にとって大きな慣性モーメントは無用の長物な筈
よほど意識していないと ボールは右に飛び出してしまうだろう。

 ゴルフクラブがブランドとして定着していくのには アイアンのヒットが不可欠!
しかし 彼のアイアンは相も変わらず 日本製の軟鉄鍛造。
N社を欲しがる人にとっては 中途半端で購入意欲を湧かせない。
今となっては N社のアイアンは 安売りクラブ のイメージが定着してしまった。

 運動能力の高い人間とはいえ、年齢には勝てない。 パワー対決の土壌を作ってしまった自分が技巧派に変わる様子もない。 となれば 重心距離の長いドライバー、きついロフト、硬いシャフトで 最大限に飛ばさなければならない
遅れないヘッドを、しならないシャフトを遅れさせるには体だけ回し、「手遅れ」を作る必要がある。 振り遅れを作り 一気に手をターンさせなければならない ターンさせるとロフトが閉じる、フェースも閉じる これでは引っ掛けフックだ これを上に振ってあげれば 左に飛ぶフックを 前に飛ぶフックに変えられる。 結構アマチュアにも多い   この動き このスピードで行うと スローで見ると 怪物を通り越して 妖怪 だ。 我々一般的なホモサピエンスにはマネが出来ない。 悪い意味で 人間の動きを超越している 超複雑怪奇

この妖怪技、コンスタントにするには 人間離れした練習量が必要だ
多分、高校時代と変わらぬ練習量が必要だろう… それは自傷行為に等しい。
止った体、右から左に振る腕とクラブ、これを正面に行かせるのは すべて左足で受け止め 上にエネルギーを逃がさなければならない。
こりあ 壊れる。 人間 骨も 軟骨も じん帯も鍛えにくいからね。

アイアンはそのまったく反対のショットをする。
重心距離の短い軽いヘッドのアイアンだから 普通に振れば 届かないので 下に振ろうとする。 彼のアイアンは俗に言う 綺麗にターフが取れている のではなく 全ショット ダフっている、正確には地面に刺さっている。これではそこで辞めないと腕が壊れてしまう。

私のような 田舎のクソ親爺が彼のことを述べるのは大変、非常におこがましい。
どんな努力をしても お金を使っても 絶対に彼の足元にも及ばない。
 しかし ごまめの歯ぎしりで言わせてもらうと 彼は金まみれのクラブ選択の為 自分の肉体も壊してしまい 底辺にいる我々のゴルフも壊しかけている。

彼のプレーを見ても ゴルフを楽しんでいるようには見えない。 やたらガッツポーズばかりが取り上げられるが プレー自体は非常につらそうに見える。
結果ばかり求められている受験生のようだ。
年々 無表情になっていく、そんな風に感じるのは私だけだろうか…。

そして 世界中のジュニアが 親の金儲けの材料にサーカスに売られていく…。
今のジュニア養成を見ていると 公私ともに金の亡者を追いかけているように感じる。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1
 あのトッププロはデビューの頃から 重心距離のギャップは大きい
 学生の頃は 単にG.N.に憧れていた。 バックラインなしの逆グリップもGNのまねをしただけ。 その本人から頂いたドライバーから始まっている。
ドライバーは重心距離が長く、アイアンは強烈に短い。このコンセプトは変えない、いやドライバーが大型化していくに伴い、よりそのギャップは開いていく
 当時使用していたK社はメタルドライバーの中では 特出した重心が長く、重心が低い… 相当のヘッドスピードの持ち主でないと まったくボールが上がらない。アイアンはM社の軟鉄鍛造 2種類のモデルをロングとその下で使い分けていた。

 プロ初期契約はT社。 実はこの頃 米国のC社が経営不振に陥り クラブデザイナー等をいっぺんに解雇する。 殆どのスタッフがT社に移ったのだが C社は特徴的なクラブを作っていたので そのまったく反対のデザインを採用する。 ホーゼルの異常に長い、高重心のドライバー。 これでは今までのクラブからあまりに違いがあり過ぎ、弾道が高くなりすぎてしまう。また重心がさらに長く、深くなってしまったことにより スライスやプッシュを連発。 そこでとんでもないロフト角度を採用したわけだ。

ドライバーの重心距離の方が1センチ近く長い状態がしばらく続く。
そうなると スウィング中のヘッド感は当然ドライバーの方が重く感じてしまう。
その証拠にスランプになり、ドライバーにスチールを装着した時期がある。スチールを挿せばシャフトの先端が重いので 短く出来る、故ヘッド感を消せる
若いころは可能だ。 しかしツアーがパワー全盛に傾き、全体の距離レベルが上がってくる&自分は年を取ってくると いくらなんでも短尺ってわけにもいかない。
そこで登場するのが より硬い・強いシャフト プラス 長いホーゼルのクラブである。 これを組み合わせるとシャフトのしなり量を抑制出来るのでヘッド感を感じ難い。 そして アイアンは未だ短重心である

これと並行するように 世の中のクラブはすべて大型化に進んだ
1995年 重心距離.mmだったドライバーは2008年にはmmまで来た。
 ところが 1999年にmmまで来たアイアンは2000年を境に下がり始め、2008年にはmmに戻ってしまった。
ちょうど 2002年より 逆転の時代に突入してしまった。
長いゴルフの歴史の中で 「未知の領域」 に入ってしまったわけだ。

あのトッププロと同じく この重心深度を埋めるのには より硬い、よりヘッドを感じ難いドライバーシャフトが必要になる。

更に日本では軽量スチールシャフトがブームになったおかげで ヘッド重量の更なる軽量化、アイアンの短尺化、ヘッドの小振り化が進み、 またまた感覚ギャップが広がってしまった。

こうなると ウッドシャフトの硬度化は更に進む。
15年程前に一世風靡したシャフト「ターボテック」以来 ドライバーヘッドの大型化に伴い シャフトの平均値の軟度化が進み 10年でcpm近く下がった すばらしい ところが ところが ノーマル&スポーツシャフト共に この1.2年で元に、10年前に戻ってしまった

ドライバーの重心深度が深くなり 上がりやすくなったとはいえ 発売されるドライバーの実測平均ロフトはこの5年で急速に度も低くなってしまっている
多分 硬いシャフトのせいだと思うのだ

通常 トッププロたるもの、クラブとスウィングの関係を更には加齢に伴う体力の変化を深く考えて進むもの。 ジャックも セベも ノーマンも シャンボも そうやって長くゴルフ界で活躍した。 いくら時代が違い、契約や金銭の関係等が昔とは違うとはいえ 今の年齢で先人達は彼の 倍の試合数をこなし 深刻な故障も体験していない。 いくら高い契約金を積まれても 本来合わないクラブや将来を壊してしまうようなクラブは決して手にはしない。       後篇に続く続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 昨日、5年ぶりのお客様ご来店。
5年前は初めてのゴルフ、初めてのゴルフクラブ、だった。
誰に教わるわけでも無く、練習もほとんどせず、年数回のゴルフを楽しんでいるとのこと。

スウィングを見ると、5年前にアドバイスした通り、振っている。 すごい! 最近ヘッドが感じられず、「下に振りにくい!」とのコメント。 これまたすごい!  通常、ゴルフを始めそこそこ出来るようになると、雑誌を見たり、誰かにアドバイスをされたり、上手くなったからと硬いシャフトを使ったりと様々な要因から シャフトを捩じり、フェースローテーションのスウィングに変わっていくものだが、この方はスウィングも、クラブも変えず ちゃんと重さを使っている。 そして更にグレードアップ。  多分、生涯スウィングにひどく悩むことはないと思う。 将来は保証されたわけだ。

よくある話だが、別なお客様、息子さんがゴルフを始める。クラブを作る。スウィングを教える。 打てる。上手くなる。ゴルフ部に入る。流行りのクラブに変える。スウィングが変わる。伸び悩む。 ま、それでも若いから人より飛ぶけど…。 自信があるわけではないけれど、しっかりしたヘッド重量のクラブを使い、十分な柔らかさのシャフトでゴルフを始めれば、そうでない場合の半分以下の練習、訓練でゴルフが出来るようになる。 今までのここまでの過程に例外はないのだけれど…。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ