店長「あからさまに パッティングストロークの話しから
 脱線していますが、スイング形成や改善において
 役に立つ方もいらっしゃるかと思うので 続けますね。」

Jさん「どうぞ お願いします。」

店長「もう一つ 曲げ伸ばし ではないのですが
 腕の使い方 で 勘違いされている方がいるか と思うのですが
 ゴルフスイングにおいての
 腕の役割、使い方は 主に 外転内転 であって
 水平外転、水平内転 では無く、
 簡単に言えば 縦方向の動き であって
 水平方向の動き では無いというコトです。」
img_c4bf33269c653e2c391c91f59097083193630
img_6e18083bc9f67fca18a980bbb4a977f0126425

 店長「完全に、とは言い切れませんが
 縦外転 をそのまましたのでは 円が膨らみ
 無用な負荷、動作の邪魔が入ってしまうので
 肘を曲げ、腕を短くしているだけであって
 腕を水平方向に回転させているのではありません。」
Jさん「うわ…。」

店長「スイングの話しになって恐縮ですが、
 プロは若いから、訓練しているから カラダを捻じる、
 肩を廻して 腕を動かしているケースが多い、 のですが、
 その腕やクラブの動きではなく 見た目を真似、
 肩を廻す ではなく 腕を水平外転させて
 テークアウェイをしている人が ほとんど、
 全員と言っても良い程 多いです。

 アマチュアにとって 胴体を捩じる は
 故障が伴い易く、疲労に反応し易い動きです。
 肩を廻すよりは 骨盤の回す方が
 明らかに安全です。

✋百歩譲って、肩をまわせる(肉体的に可能)であって
 特に悩んでいないのなら なにも言うことはないですが、
 
肩を廻すのでなく 腕の水平外転〜水平内転 で
 似たような動きを真似ているケース
が多いですが、
 これを 世間様では「手振り・手打ち」と呼んでおり
 もっと肩を廻せ は
☑今以上に深く「肩を廻せ・胴体を捩じれ」と言っているのではなく
 腕の水平外転で 疑似肩の廻りをするな
 というコトを言っているのです。
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(4)






Jさん「。。。。。。私のコト…かと思いました。」
店長「アマチュアゴルファーの基準値と言っても良いかも知れません。
 あまり良い意味ではないですけど…。
 私たち オジサンおばさんゴルファーにとって
 胴体をねじるのは危ない、壊れやすいのに
 さらにそれを 肩ではなく、腕だけで行っている
 二重のミス・過失 と言って良いですね。
((((((((_Moment

 腕を水平に外転(テークアウェイ) 内転(ダウンスイング以降)
 であれば 円弧はその腕の動きでまかないきれます。
 からだの回転はオマケ程度になりますし、
 ゴルフの性質上、水平外転、水平内転には
 腕の捻じりも必要になります。
 これがヘッドの返し、フェースローテーション で
 ソコが問題なのではなく、それが必要になるコトが問題なので
〇胴体は捻る、腕は捻る、この複雑さを解決出来るのか、
〇捻じる捻じるの複合によって カラダを傷めるのが早いか、

 と言えば 圧倒的に後者だと思います。」