◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:肩の回転

5


質問「肩を廻せ、左肩を入れろ の話しからは
 少し遠ざかってしまったような気がするのですが、
 手打ちの解消はそれと関係あるのですよね❓」


店長「そう思います。
 からだの向きで移動させるゴルフクラブとの接点、
 グリップの移動では足らない、その動力だけでは
 自分のイメージしている円が造り切れない、から
 手で振る場合が多いですから
 当然、それをする為の準備もあるでしょう。
 おそらく ですが、そのイメージが解消されると
 からだの廻し方やテークアウェイの取り方にも
 影響。。。変化が出ると思います。」
〇からだの回転_Moment(2)

質問「どうしたら良いのでしょうか❓」

店長「そうですね、いきなりスイング、フルショットは
 大変ですので、短い距離のアプローチ、もしくは
 アプローチとは言わないまでも 練習を始める時の
 ウォーミングアップ だと思って やってみるのが
 良いのではないでしょうか。

 やがて それでアプローチ出来るようになり、
 その影響は 必ず、通常のショットにも出ると思います。

 アプローチって訳ではありませんが、
 ウエッジで 10〜20ヤード程度の距離で良いと思いますし、
 短いクラブでの練習は腰を痛める可能性もあるので
 使うのは 7番アイアンとか、6番アイアンでも良いと思います。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ_Moment


^媼韻垢襪里
 肩を廻す 〜胴体を捩じって でも良いですし、
 足を使って 骨盤ゴト動かしても ドラでも良いと思いますが、
 そのからだの向きによって 移動するグリップの動き、
 その動きが終わったら、ヘッドの移動も おしまい
 です。

✋肩を廻す、胴体を捩じる時の注意点 として
 ショットでもそうですが、小さなアプローチなどで
 肩は肩周り、胸や背中も含めた 胴体の上側が動く、
 胴体が捩じられるコト で 肩甲骨だけを使って、
 疑似的な 肩の廻しをしないコト です。
〇目安としては アドレス・セットアップ時の
 グリップエンドとからだの距離は 概ね〜保つ、
 テークアウェイを取って その距離が近づくコトはあっても
 遠ざかることはありません。
 グリップエンドとからだの距離が離れる は
 肩だと思っている、腕(肩甲骨も含め)を動かしているだけ
、です。
青木2022826_Moment(2)青木2022826_Moment(3)





 ボールに当てる、ボールを打つ、そして ショットの終わり
 も からだの回転による グリップの移動通り、移動次第、
 グリップの移動が終わったら、ショットも終わり、
 ヘッドがソレ以上動くコトはありません



 コレは アプローチに流用、アプローチに発展した際、
 とても 大切な部分になります。


 今まで 手打ちがショットの中に入っていると
 インパクト付近で からだの回転とは別の 手さばきの加速、
 が入っていた筈 です。
 コレは からだの回転で勢い付け した クラブの慣性に加え、
 手回り、肩周り、肘さばき などで
 クラブの速度をフリーにする、
 まるで クラブを放り投げるか のような使い方 です。

 クラブの速度をフリーにして打撃してしまうので
 その速度は 管理〜コントロール出来ません。

 加えて ロフトを開いて、緩いアタックアングル、
 場合によっては 上り際で打つコトが多いですから
 ソコを急がなくてはならない、のは分かるんですが、
 グリップの移動通り にすれば 下がり軌道の時に
 フェースが下を向いて入り易くなります から
 その 管理出来ない フリーな加速は要りません。

 からだの向きによる グリップの移動 が
 イコール ヘッドの移動の速度の管理

 つまり からだの向き加減(速度) が 距離感 になります。

 コレ 結構、大切なコトだと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「望ましい形でのからだの回転とは それが
〇胴体を捩じるタイプの肩の回転(捻転タイプ)であっても、
〇骨盤から 上半身ゴト右を変える回転(回転タイプ)であっても、

👉クラブと自分の関係を変えない、
👉両腕の長さに制約を受けない、
コトが
 『からだ』の回転の主目的 です。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ_Moment
 クラブヘッドは ロフトやライ、フェース角度は
 相互に絡み合っていますので
 飛び出す上下方向角度(高さ)、左右方法の角度(方向)、
 ボールに加えられる回転など
 安定して、繰り返せるようにするのは簡単ではなく、
 それであるのならば
 そう言った角度を 動作中に、
 あまり(殆ど)変えず、腕やクラブを!では無く
  
クラブを持った自分自身が『ターン』しちゃいましょう
 その方が 確率として 繰り返し易いですよ✊

 なのが からだの回転 です。」

質問「確かにね…。」

店長「忘れられがちなのが
 クラブの弧の大きさ、
 ヘッドのボールに入ってくる角度、
 入射角度、アタックアングルも ロフトの一部です。

 ハンドターンの場合、
 フェースターンが必要になるコトが多いので、
 腕も含めた、ですが、
👉クラブの長さが早い段階で長くなり易く
 本来の、そのクラブ、その番手の長さ(短さ)が
 活かされるコトが少なくなります。
((((ハンドポジション_Moment
〇肩を廻せ! 左肩を入れろ の話しに戻りますが、
 腕だけを横に振る、手上げ だけでなく、
 肩を廻す為に腕を振る、クラブを振る、も
 肩は廻るんですが、
 クラブと体の関係は崩れてしまうので
 からだ(この場合は肩)を回転させる目的からは
 外れてしまいます。

腕やクラブを振って、胴体を捩じるケースでは
容易に 腕・クラブだけを振るケースにも
行き着き易いので 基本的には避けたい のです。」

質問「クラブはいつもからだの前に✋ って
 言いますよね。」


店長「はい。
 ホントに からだの正面 って訳には行かないですけど
 アバウトで からだの幅の中に って言うのは
〇ヘッド姿勢を大きく変えない
〇両方の腕の長さに制約を掛けない

 というコトだと考えて下さい。

 ですので 胴体が捩じられ、肩が回っていても
 からだの正面、からだの幅からクラブが外れてしまっている
 そういうテークアウェイ、上げ方 では
 どうしても インパクト付近でのズラシタ分の修正 が必要になり、
 それは からだの回転では補いきれません。」
((((((((_Moment

質問「からだの回転 と 手打ち/手振り との関係 にも
 つながってくるのですか❓


店長「まぁ そういうコトにもつながって来ますね。
 クラブのターンを からだの向きでするのを
 ボディターンとか、ボディリリース、
 クラブのターンを 腕や手でするのを
 ハンドターン、ハンドリリースと言います。
 
 どちらが良い悪い、正しい間違っているでは無いですが、
 よりシンプルで、体力頼りでは無いのは前者なので
 肉体に自信の無いアマチュア向き と言えるでしょうけど…。
 結果、として ハンドターンになっている人が多い、
 望んでそうしている訳では無いけれど
 スライスするとか、飛ばないとかの理由で せざるを得なくなっている、
 というのが現状だと思うんですね。」

質問「その解決法ってあるんですか❓」


店長「あります。
 肉体的な、または 技術的な問題 では無く
 『スイングってこう言うモノだろう』と言う思い込み
 が その差を生み出している と思います

 ですので その思い込み、その誤解が解ければ
 はい、すぐにパンパン打てる って訳には行きませんけど
 なんとなくの 形は直ぐに可能、
 肉体的には その方が楽な筈ですし、
 技術的には 既に持っている、知っているモノばかり、です。」


質問「ソコを! お願いします✊」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ごく一般的な からだの回転 は
 ほとんどの場合 肩を廻す、
 正式には 肩を廻し、胴体を捻る、
 腰の向きに対して 肩・胸ラインの『捻転差』を造る
 とされています。
 されていますが…。
((フットワーク (2)
質問「実際には 腕を横に振って
 肩〜胸ライン自体を動かしていない人も多い。」


店長「ですね。

 その上で、肩〜胸ラインを動かす、
 胴体を捻る 勢いを付ける為、腕を横に振っている、
 ハイブリッドタイプの人も多いのですが、
 そのハイブリッド捻転 は
 疲労や加齢によって 腕本位に変移するケースがとても多く
 歳をとって、肩〜胸ライン本位の『捻転』に変移するケースは
 例外と言えるほど 希少です。」
((((((((_Moment
質問「それはそうでしょうね。」

店長「骨盤、お尻、股関節へ移行する と言う話しは
 ホントは強く勧めたいんですが、ちょっと 置いておいて
 そうなると 自分ではからだを廻している『つもり』だけれど
 より一層 腕を横に振るケースが だいたいの行き着く先です。

 まあ ゴルフスイングのお決まりのアドバイスとして
 もっとからだを廻せ、右を向け、左肩を入れろ に
 なるんですけれども・・・。

 特に 左肩を入れろ は アドバイスとして
 このケースではとても悪く働き、
 本来の『捻転』、腰ラインに対して 肩ラインを廻す であっても、
 骨盤、お尻、股関節で右(右打ち)を向く であっても、
 右半身も、左半身も 均等に右を向く、均等に動く、
 右半身、右胸、右背中が向きを変えるから
 『結果として』 左半身も動き、
2021-12-06_22-21-54_Moment
 左肩が入るんです   が    
 腕を横に振る 疑似右向き、
 または ハイブリッドの疑似右向き予備軍 も
 テークアウェイをしっかり取ろうとする為、
 右向きをもっと深くしようとする為、
 左肩、左腕ばかりを入れようとして
 右肩、右半身がどんどん動かなくなります。

 結果として 努力の甲斐なく、
 トライすればするほど 右向きが浅くなってしまう
 というケースがとても多いんですね。」

質問「うううううう〜む
 『歳を取ると からだが硬くなって…廻れない』
 は年配の人の合言葉のようになっているのですが、
 その周り方 では 廻れなくて当然、
 逆に、廻れたら 怪我の恐れもあるというコトになりますね。」
〇肩を廻せ_Moment2
店長「そうだと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多くのゴルファーは
『体を廻す、からだの向きを変える』
その箇所を  としています。


ハミングバードはそれに賛同しません
 特に腰痛持ちのゴルファーは迅速な変更をお薦めします✋


仮に からだの回転を肩 としましょう。
先日の記事、「開いて上げて、閉じて降ろす」
スイングは 「開いて閉じる」を実践されている方に大変多い事例です。
👉肩を廻す とは
 肩や胸のラインの向きを変えるコト、

結果、としては胴体を捩じる(骨盤と胸の向き差、脊椎を捻る)
ことになりますが、そこはさておき、
ちゃんと 「肩」を廻しているのなら 問題ありません
(大変少数)
多くの人は 腕を振っているだけ
(ほぼ全員に近い) です。
radio

身体の構造上、ラヂオ体操のように
73d28d33腕を左右に振れば、肩甲骨も動き、
一見すると 肩が回っている『ように見えます』が、
🔴肩が回ることによって 腕が向きを変わる のと
🔴腕を振って、肩が向きが変わっているように「見える」では
 全く異なります。


🚀実験してみると分かります。

両手のひらを合わせ、両腕の長さを変えないよう(肘を曲げない)
肩〜胸の向きを変える のが 肩を廻す です。
 かなり 早い段階で 体に負担がかかりますよね。
多くの人は 腕の長さの調整、
 テークアウェイ時は右腕を短くし、左腕を長くし、
 まるで 肩を向きを変えたような位置に 両手のひら(グリップ)
 持って行きます。
その時の 手のひらの向き を見てみて下さい。
必ず、右の手のひらが上、左手の甲が上 を向いた、
 右ひじで言うと 地面を指した位置 になります。
(22171_Moment動いているのは自分で クラブ自身は動いていません_Moment







本当に 肩で廻れば(苦しいのは苦しいですが)
 両腕の長さは概ね、都合が付いていますから
 前傾姿勢通り やや下向き になる筈 ですが、
肩で廻る真似 を手さばきだけで行うと
 クラブで言えば 開いたような、
 フェースが上を向いた形 
になるのです。
IMG703
クラブは一度捩じられてしまうと
 扱いはどんどん大変になっていきます。



また、肩で廻ろうとしても 身体的に苦しいのは否めませんから、
緊張感の伴う、疲労も付いてくる 現場/コースでは
結局、手で動かし始めるコト、両腕の長さ調節だけで
 テークアウェイもどき、トップの位置もどき、右向きもどき
  を取るコトは間違いありません。
かなりの確率でしょう。

グリップの位置が トップの場所に行ったとしても
 右向き不足…に陥る、深く捩じれば捻じるほど あとあと大変です。
コースで言うトコロの 右向き不足、捻転不足
(この言葉自体アウトな気がします)
 はある意味 必然で起こるのです。

年齢を重ねてくると からだを捻じる事
(腕作業でのテークアウェイ)
 本能的な恐怖が伴いますので、絶対に浅くなり、
 それが早打ちやタイミングミスにつながる例を
 皆さんも沢山目にしている事でしょう。

(271_Moment

ですので 開いて閉じる が先なのか、
体の回転は 肩を廻す を信じているコトが先なのか、
どちらにしても ゴルフを始める、スイングを覚える
早い段階で 迷路への道へと足を踏み入れることになります。

それに比べると身体的に負担の少ない、
苦しくないとはいいませんが、胴体をひねるよりも
お尻・太もも周り の向きを変える方が断然楽です。
ですので 慣れてしまえば 変化が少なく、
 クラブを捻り難い 胴体ゴト向きを変える方をお薦めしています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ