◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

タグ:練習場

5
>右肘は高さ… 前傾姿勢に対し 両肘が同じ高さである必要はありません。
>もし 間違えるなら 右肘の方が「フライングエルボー」のように高い方が、次の動きに対しては問題が格段に少なくなる筈です。
>右肘は「ある程度」の高さがあることと外に張っている事が鍵となるでしょう。
>垂直、平行の意味合いが掴みとり難いのではっきりは答えられませんが、シャフトを地面と垂直にするポジションから「切り返す」なら、体と平行にボール側に少し傾いていた方が次の動作には入り易いと思いますが大きな問題ではないと思います。

右肘のクランチの意味を理解していないのかもしれません。
私はクランチの意味は重力に対してヘッド重量のベクトルを同じにする為(一番ヘッドの重さを感じないようにする)だと思っています。
背中方向にシャフトが倒れればフェースが開き易くなると思いますし、逆にボール方向に傾けば(つまり前傾姿勢と平行側)フェースは閉じ易くなると考えました。
テークアウェイの度に、重力方向に対してシャフトを垂直にするのは難しいので、こすり癖がある私にとっては、後者の方がボールが捕まると思った次第です。

>ダウンで右肘が下がるのは癖とかでは無く、右サイド・右腕に負荷が掛かっているので、クラブヘッドの重さ、クラブ自体の重さによって下げられていると言って間違いではないと思います。
>なんとなく、インサイドアウトの軌道概念を間違っているような気がしますが、如何でしょうか……。

ということは、トップでシャフトが背中方向に傾いているということになりますか...? 
また、秀二運動で右を向いた体制のまま(のつもりで)左へスライドする...の意味は、ボールをインサイドから捕らえるためだと思っていましたが、誤解でしょうか?

>右回転は 右の軸足が出来てから 出来る運動です
>右足がバランスを失ってしまうほどのスライド それを防ぐため回転しているような…
>もう少し細かく教えてくれませんか…

これは少し解ってきたような気がします。 目的は右足軸が出来てから回転(正しくは秀二運動)するということですね。
私の勘違いは、刷毛塗り運動の際に右をスライドしすぎていた事によると思います。
恐らく、刷毛塗り運動の真意を理解していないのかもしれません。

別件ですが、右手のグリップを親指、人差し指、中指の3本で握るようにすると(薬指と小指を軽く浮かせる)、インパクトでグリップファーストになり易い気がします。
邪道かも知れませんが、インパクトで手首を返す癖がある私にとって以外に効果的なのですが...。


sample 2009_09_29_23_01_02-514フレームショットsample 2009_09_29_23_01_02-516フレームショットsample 2009_09_29_23_01_02-522フレームショット





以上はお客様からの投稿レポートです。
この文章の中には 答えが散らばめられています。
あまり 細かく解説する必要もないのでしょうか…

 ボールを打つ 移動させるエネルギーの 主エンジンは
    ヘッド重量 と 位置エネルギー です
 しかし その単純な動きでは ボールは地面に埋まってしまいます。
 
 それと スライドを含めた向きの動きで ベクトル変換しているのが
 体の回転   イエ その場に立ったまま行う 単純な横運動なのです。

 円運動の回転 と思ったいるから 上手くいかないのかもしれません。

 単なる 横運動

 それを その場所を動かずに行う のが 体の向きの変更なのではないでしょうか
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

1
 昔 コワーイ映画があった。
ものすごく怖かった。 大人になるまでちゃんと見ることが出来なかった…。

 その女の子、悪魔にとりつかれて、それを悪魔払いする映画だ。 その悪魔払い中に女の子の首が 首だけがぐるりと回る
背中を向けている少女… 顔がこちらを向いている

 この光景、日本の練習場に行けば 毎日見れる。
腰は回さずに肩だけ回す。 無理だ! ありえない…。
背骨は 首部分を除くと17の推骨によって構成されている
その間にあるのが椎間板という軟骨である。 この椎間板はゼラチンのようなもので出来ているそうで ショックオブーバーの役割としているそうだ

この背骨(推骨)と椎間板は前後左右の傾きには ほんの少し許容範囲を持っているが 横に動くひき臼のような動きにはほぼまったく対応しない

      人体の構造的に不可能なんだ

お尻を回さずに 背骨を捩じる  この動きはプロレス技である。
痛い 痛いじゃすまない、不随になっちゃう
あの「恐い映画」と同じだ。
誰に憑りつかれているんだ
何に憑りつかれているんだ

  悪魔払いが必要なのか
 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2
 またもや 練習場出没
今回は酔った親父のごとく 少し悪ノリ

まるでブログネタを探しに練習場に行っているようなもので 非常に楽しめる お店の関係から夜しかレンジに行けないので ゴルファーは若い人が多い

え〜 その素振りでボール打つの
シャンクって前にボール飛ぶんだ
その練習方法 何の為

よく有る練習で 若い人が左脇にタオルをはさんで打ってる。 この練習の意味を履き違えるとまったく無意味どころか 下手を固めているだけだ。 この練習は体の向きと腕を連動>>>体の向きで左手を動かすことで 仮面ライダーの変身のポーズ 内旋 外旋 の動きをするためでは無い その練習では左腕を左胸とくっつける練習になっちまう トホホ

あぁ〜 そのアプローチ、欧米諸国ではスクープと言って最悪のアプローチ フェース面をずっと上に向けて まるでアイスクリームをすくう様な動き。 それじゃバンスが突っかかって生きた芝の上じゃ打てないよ、マットからじゃなきゃ打てないよ。 その方法じゃ その距離を大きなスウィング、速いヘッドスピードが必要になるから難しいよ

え〜 その素振りでドライバー行くの〜 そんなにロフト付けて 左に振ったら スライスか 引っかけのどちらかしか出ないよ 真ん中を避けるようなその、その素振り 誰に習ったの?

さっきからシャンク連発の音
で、でもボールは前に飛んでる〜
どうやってるの?? そのテク知りた〜い 絶対無理〜

歯がボールに刺さってる音。届かなくてトップじゃなくて 上がりっつらで打ってる。痛そう でもボール高く上がってる な、何故?


と今夜も心の中でつぶやくのであった…
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

3
 GWもおおむね終わり、仕事を再開致しました。

テスト中のシャフトの報告です。 
練習場のテストでは 各練習場のボールの良しあしによって あまりにも差があること。 自分は元々スピン総数の多い球質ではないので ディンプルのない マン丸ボールだと著しく失速してしまいます。 ウエッヂショットですらドロップ 

それで気付いたのですが 練習場のボールのもつ影響は計り知れません。練習場はツーピースとかワンピースとかボールの質も問題ですが 質量にも差があるのです。近隣に住宅がある場合や価格に敏感な地域では、質量のやや軽いボールが多くなります。 軽いボールの方が打つ人だけでなく、ネットや機械にもやさしいのです。ボールが重くなると ネットも機械も傷みやすくなりますし、打つ人も疲れを感じやすいので球数を打ってくれません。 また、つぶれにくいボールは要するに変形が少ないので耐久性にも優れているのです。 「時間幾ら」を多く設定している練習場には微妙に軽いボールやつぶれにくいボールが使われやすい傾向にあります。ボールは軽くなると初速を失いますので 既定のスピン量でも失速し易くなります。つぶれにくいボールも同じです。 このような練習場で「伸びの有る球」を打つには より多いスピン量が必要になります。 スピンを付けるにはスピードを上げるか、ロフトを増やすか 二つに一つです。 スピードを簡単にあげられる筈もないので 自然とロフトを増やして打つようになります。 質量と同じく ボールの質もかなり差があり、単にツーピースだから良い というわけではないのです。

正しくボールをつぶす事はロフトを立ててインパクトするのと同意語ですから スピン量は減りますが 初速は速くなりますから 浮力は維持されます。 そのインパクトを作る人には受難の時代です。 総じて練習場は インパクトを開いてボールをこする ロー初速&ハイスピンの宝庫ですから ボールもそちら向け、ということになるでしょう。


地元、このお店の近隣に二つの大きな練習場があるのですが ボールの違いは歴然。 どちらとは言えませんが 片方の練習場はわざと「下手になるため」に行っているようなもの 柔らかいシャフト&重いヘッドだと極端に失速します。硬いシャフト、軽いヘッドで思いっきりこすって打つと伸びま〜す。


 どんな内容でも結構です
コメント 待ってま〜す
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5
 やっとトランペットの音が出せるようになった。
アイアンの正しいインパクト音。ゴルフの魅力の一つ と言っていい。
 どんな音かって  内緒

一番お薦めしないのは キン・コン・カン。
硬いシャフトでロフトを寝かして打つと ソールがボールに当たる、歯がボールに食い込む、そんな音。 これでもヘッドスピードが速いとだませちゃうけど…。 よくレッスンプロが打っているのを聞いてるとロングやミドルはなんとかなっているけどショートやウエッヂになるとキンコンカンの始まり始まり。

正しく「ゴム製のボールを金属性のヘッド」で叩くとあんまりヘッドスピードって関係ない 30ms位あれば 潰せるんじゃない ウエッヂのヘッドスピードってそんなにないでしょ。 10年前は自分もヘッドスピードがそこそこあったからごまかせたけど 今初めてこの音が作れた?のかもね。 ドライバーで言えば多分ヘッドスピードは40ms有るか、無いか、だと思うけど…。

潰せると インパクト音って結構長く音質は低いモノ。練習場のボールでもいける。重いヘッド重量とシャフトの柔らかさは絶対条件。
この音が聞けるのは 非常に幸せな気分であ〜る
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ