◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

超重〜いヘッド & 超柔らかなシャフト専門 より簡単に、誰よりも振らず、からだを傷めず、誰よりも飛ばす【ゴルフクラブから学ぶゴルフスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:正しい知識

ヘッドスピードを上げると 飛ぶ    の?

半分正しく 半分間違っている

まったく同じ条件で スピードだけ 1ms上がると 
           増える距離は たったの 「4ヤード」

4msヘッドスピードが違っても 15ヤード位の差である

良く耳にするコメントで 「俺 あいつより30ヤード 飛ぶんだ!」
 単にヘッドスピードの差であれば 8、8、8msも違う事になる
  そんなはずは ない って思うよね
   同じような年齢で 8msもヘッドスピードに差があるとは思い難い

我々 アマチュアが ボールを飛ばす
 そのための 「鍵」 は 適正な(インパクト)ロフトで打つこと
  50msの人がコスって 18度のロフトでインパクトすると
   42msで11度で打った人には 「当然」 負ける!!!

ここ 昨今のドライバーは ライ角度も非常にアップライト
 重心深度も深いから 運動中の実質フック角度は相当ある
  中には重心角度30度なんて スウィング破壊兵器も存在する
   要は 非常に「スライスし難い」 「右に行きにくい」クラブが
    世の中心なのは みんなが 開いて ロフト増やして打っている
     そういった 証なのだよ
      まぁ ある意味 やさしいけど
       若者とはいえ アマチュアの我々が プロよりも
        2度も立ったロフトのドライバーを使っているのは
         インパクトのロフトを「ガバッ」と増やすからなんだ

自分のヘッドスピードにあったロフト それも物理的なロフトという意味でなく、ちゃんとしたインパクトロフトを作ること、もしくは作り易いクラブを持つ事が 実はヘッドスピードを増やすより 労力、体力的には簡単である

自分がロフトを開いているから「キツ〜イ」ロフトのクラブを使うのではなく
正しいクラブの使い方で 正しいロフトで打つ
 それを目標にする方がアマチュア向き でしょ!

ヘッドスピードを増やす  …この行為 実はロフトを増やす とかなりつながっている スピードが上がればロフトが増えちゃう これでは変わらない

 ゴルフがやっぱり ニュートンの法則で カロリーの法則ではない よね
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
 今のゴルフ界の流行りは POP である
派手な色、派手な形、派手な装飾  古い言葉だがさながら チンどん屋 のようだ。


本日のBGM 如何ですか
http://www.youtube.com/watch?v=JjMDq-_3Wd8


その最たる例がパターである
キェロウェイから始まった「ツーボール」パターの波がかなりアレンジされ 浦島太郎気味のゴルフ親父には どれが主流なのか 流行りなのか つかめない…
ともかく マレットパター   今でもそう呼ぶのか自信はないが…
実は たまにしか ゴルフをしないアマチュアには 最高に難しいパターなのだ
ある意味 ウエッヂを同じなのだが この手のスピードで処理しないショットは 重心が深かったり モーメントが高過ぎたり 重心が低いのは ご法度なのである。 
形状上 重心が深いのと 低いのは必ず共通する。 パターのようにスピンを掛けず 転がさなければいけないヘッドは 重心が浅く 高い方が「転がりが良い」  深く 低いと ボールが少し空を飛んでしまう

 よく重心が深いと フォローが出やすい と言われる。
言葉はあっているのだが アマチュアの振り子式 パッティングストロークでは フォローが出ると フェースが上を向いてしまい 歯で打つ事になる。 必然的にアッパー気味のストロークになるので 一発目の転がりでボールは下に向かおうとするので 自分の沈んでいる芝の壁にボールが当たり 跳ねた転がりになってしまう。 ひと転がり目でブレーキが掛かるので飛ばない。 強く打っても 同じ。 強ければ強いほど より跳ねるだけで 力加減の増幅分は距離の増加につながらない

 また 重心深度 の項目でも書いたが 視覚の打点と 感覚の重心点に差があると テークバックが引きにくくなる。 重心点に遠心力が掛かり テークバックが外に上がろうとしてしまうからだ。

その両方にくわえ、パターは オーバースピンだから  あたり前だが
アッパーに振ろうとするゴルファーが多いので より そのアッパーが強まり マレットタイプを使う大半の人が フェースではなく 歯でボールを打っている。
アマチュアのパッティングを見ていると 殆ど 全員に近い位の人が リーディングエッヂの部分 要するに でボールを打ってるのが見える。 だからインパクト音が コケッ て堅い音がする。  これを ニワトリの叫び と呼ぶ  欧米諸国では ニワトリは意気地なしの証だよ

ヘッドの角っこがボールに食い込んでいるんだ
これでアッパーに振るんだから ボールは下に進もうとし 跳ねる 跳ねる
このパッティングするのに フェース面の素材がどうだとか
ボールはソフトな方が良いとか 問題外でしょ 

ラインには乗らない
届かない
必要以上に強く打つので引っ掛かる
雨や下りに弱い
               よし 有りがたい、 握りは頂きだ!続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

正しくクラブを扱う上で 知っておいて欲しい事

ゴルフクラブは先端が重たい事

ヘッドは非対称な構造
  特に進行方向 右 左 では動きや重さが異なる事

ゴルフクラブは そのクラブの姿勢やスピードによって
  重さが異なる事
   …総じて重くなる事が多い

正規のインパクトロフトとは そのヘッドの入ってくる入射角度に
 沿った角度を指し 地面との相関関係ではない事


 
  いままで 飛ばない人の多くは
   そのクラブの本来のロフトよりも かなり多いロフト
    ボールとコンタクトしている事が原因で
      上がる スピンが無駄に多い
       それに伴い スライス気味の弾道になり易い
        その動きは スピードを増せば 増すほど キツクなる
       また ロフトを寝かす動きは 右サイドを下げ
      クラブのバンスを増やすので ダフリ易くなる うえ
     ヘッドのリーディングエッジ(歯)の部分も前に出るので
    トップのミスからも逃れられない
   バンスが張れば 奥行きのあるFWは打つ難くなるし
  振り子の動きにすれば ヘッドが一番低くなるところは一点しかない
 飛ばないわ スライスし易いわ 上がり過ぎるわ 風には弱いわ
ダフリ易いわ トップもし易いわ 苦手なクラブは出来るわ
距離感は合わないわ ボールを拾うのも難しいわ
  
  良い所なんて 自分で「振った!」って言う自己満足感だけ……



☆ゴルフクラブは ヘッド等を含めた構造上
 運動させた時 それを持つモノに対し 
  かなり複雑な不可抗力を生み出してしまう事
   特にヘッド部は前述の通り かなり極端に上下前後左右非対称な為
    動かせば動かすほど 一度きりの複雑な重力や遠心力を
     生み出し それがまた持つモノに影響を与えてしまう事

☆例えばアイアンで有れば 番手間のロフト角度の差は3〜4度
 繰り返し同じ距離 同じ距離感を両立させたいと望むならば
 ヘッドローテーションなど全くの問題外である事


 ここまでは 出来る出来ないは別にして 理解できると思います


s3





では クラブ扱いの鉄則(ちょっとオーバーに書いてあるけれど)

ルールナンバー1
 スウィングを連続する直線イメージで構成し 円運動のイメージを捨てる事

ルールナンバー2
 クラブの横の動き 地面と平行(重力と垂直)の動きは
 すべて 脚を使った骨盤/お尻に向きの変更で行う事
  補足…腕や手の動きは横の動きには「原則的」には関与しない事

ルールナンバー3
  アドレス時の前傾姿勢を考慮し 
  ボールの上半身に対する位置 高さをしっかりと認識する事

ルールナンバー4
  背骨からクラブヘッドまでの 同一線上の遠近による差を除き
  グリップの運動量よりも ヘッドを多く動かしてはいけない事
  補足…その動きには縦の動きも入る

ルールナンバー5
  意志を持って動かす 人間の部位は 脚を使ったお尻の向き
  公背筋 僧帽筋を使った肘の曲げ伸ばし
  それ以外は 補助的に動くのみとする事
  *特に 肩周りは お尻の動く分のみ移動/向きを変えるに留める

ルールナンバー6
  重複するが ヘッドの高さの変更以外で 肩部分を含め腕や手で
  決して never 横方向には動かしてはいけない事
☆お尻の向きの変更に対し 重量物を持っているが故に
  その向きの変更に対するズレを補足する「スライド」は認める

ルールナンバー7
  これも 重複しているが 重要課題なので
  スウィングから 縦 横 を含め 一切の振り子のイメージを捨てる
  ☆振り子の動きとはクラブを振った残像が扇の形になる事を指す

ルールナンバー8
  体 骨盤 お尻 この向きの変更は「必ず」脚の動きで行う
  お尻から上のどの部位でも 体の向きの変更を助長 促進してはいけない

ルールナンバー9
  体の向きの変更は スライドを伴う 左右の軸足を「つくってから」
  行う事    …軸足と重力に直立する脚の事を指す

ルールナンバー10
  ダウンスウィングの初期で 右から左へのスライド が出来かかるまで
  「自分の意志」では 体を回転しない事




   罰則
     1.誰よりも飛ばない
     2.誰よりも安定しない
     3.偶然以外の距離感は生まれない
     4.関節を痛める
     5.練習量低下すると ショット精度が極端に落ちる
     6.加齢等 体力低下すると 更に飛ばなくなる
     7.ミスショットの呪縛から逃れられず 飛ばすのをあきらめる
     8.飛ばしたければ 身を削って 極限のスピードの挑戦する
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

多くの人を見ていると 長いゴルフ経験の歴史の中で
 単なる勘違いで 間違え始め そこから 苦しみの壺に入り込んでしまう

その 最たる例が  ゆりかご  振り子 の動きである

体のパーツで言えば 肩周り 肩甲骨周り 動きだ
sample 2009_09_15_19_42_40-1448フレームショット
パッティングやホンの5mのアプローチショットをやる際
 出来れば 身姿の移る大きな鏡を目の前において 素振り
  もしくは 実際に球を打って貰いたい

その際に ショットの成否は棚に上げて置いて 自分の肩周りの動きを見て貰いたい  誰かほかの人に見て貰っても良い
パターをやる際 自分の目の前に誰か立って貰い 左右の両肩に左手右手を載せて貰っても良い…

殆んどの人が この小さな動きをする際に
動くのは 肩 肩甲骨周り だけ である
  → でも 打っている人の認識は 腕は使っていない
  → 体の動きで打っている感覚である

でも 冷静に考えて貰いたい
 脚や体は動かしていない ボールに正対したまま…
  しかも 手や腕でやっていない(感覚的に)としたら…
  これで どうやって クラブを振り子のように飛球線前後に振る
   いえ 正しくは「揺さぶる」のか?






その部分は確かに スウィング中に動く
 しかし 能動的に動く 意図的に動かす ことを前提にしていない
  
クラブ扱いのおいて 脚 上体 そして肘から先
 の3パーツで構成されている筈のモノを 肩甲骨周りの動きを加えると
  パーツは4に増えてしまう  1000個あるパーツがひとつ増えても
   大きな変化は無いのかもしれないが 本来3つしかない筈のパーツが
    ひとつ増えると 動きは劇的に複雑になってしまう

そこの部分は本来は 遊び というか 余裕 というか
 のりしろ みたいなモノで 体の痛みや運動疲労を緩和させる為の
  単なる稼働域で 補助的なものである。
   結果 動いてしまうべきモノを 動かしてしまえば
    そこの部分は 上体と腕をつなぐ部分であるが故に
     どちらにも 不必要な負荷 が掛かってしまう


  いつから そうなったのか どうしてそうなったのか 分らないが
   あくまで 推測だけれど パターのアドレスの変化が大きくなった
    21世紀に入ってからのような気がする…

お客様にお願いして 駄目!な例のパッティング
 肩周りだけを揺さぶって 素振りして貰ったので 参考までにsample 2009_10_15_16_58_16-97フレームショット
sample 2009_10_15_16_58_16-103フレームショット
sample 2009_10_15_16_58_16-107フレームショット
sample 2009_10_15_16_58_16-111フレームショット
sample 2009_10_15_16_58_16-115フレームショット
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

パッティングも姿勢でつぶそう

アンサーネックの効用について記事にしてください



どこかの記事で書いた覚えがあるけれど
 プロアマ戦 や チャリティーゴルフ を見ていると
  ある意味 プロ と アマ の差は
   パッティングが一番激しい
COSTARICATANGO10
レースの車に乗っている人と徒歩で競争している位の差がある
まず アマチュアはボールをパターでつかまえられない
ただ 叩いて転がしているだけ
言葉悪く言えば つま先でボールを蹴ったのとあまり差はない
ショット力や展開は それを職業にしている人と趣味でやっている
 そんな違うですんでいるが パッティング力は ものすごい差である…

刷毛塗りのドリルは ショットの肝を抽出した ドリル
 パッティングは それを更に抽出したもの
ある意味 パッティングはショットの いろはのい と言っても良い


パッティングの何が一番 違うか  ???
 というと 基本中の基本 ボールをつかまえる 潰す(ちょっとオーバーか)
ことが 全く出来ていない… というか つかまえようとしていない

殆んどのアマチュアゴルファーは 
  つかまえる事 = フェースを左に向ける(閉じる)
と 勘違いしている。
パターには 意図的に フェースを左に向ける 閉じる動きは 確かにない…
 故 つかまえない   ただ転がすだけ
そう思っているフシがある
 つかまえられない つかまえない そこら辺から ピンタイプの
  オフセットネックは生まれたのだけれど…
   最近では それも無くなりつつある。

最悪 つかまえられないにしても
 いつも 同じロフトでインパクト出来るようにしておけば
  パッティングにおける 距離感は満たされる
   プロの多くは 最低でも その方法を取る

アマチュアの多くは それすらもあまり多くない…
 同じロフトで打つ から 距離「感」は生まれる訳で
  元々 ロフトの少ないクラブ 
   いくらショットに比べ遅いスピードで打つとは言え
    ロフトの誤差ははっきりと距離になって 現れやすい

まして 今 流行りとなっている マレットタイプのパターは
 重心位置が深い為 ヘッドが進行方向 前に出やすい
  それを 「振り子」式打法で打てば シャフトよりも フェースが前に出やすい
   そうなれば 多めのロフトをアッパーブロー で打つ頃になるから
    下手をすると リーディングエッヂ(歯)がボールに当たってしまう

2
 ☆ボールはつかまらない
 ☆一定のロフトでインパクト出来ない
 ☆大概 歯でボールを打ってしまう





この 最悪な三原則が絡み合ってしまうのだから
 上手くいくはずがない…

プロとアマのパットを見ていると
 カップインパットの差では無く
  アプローチパットの差があまりにも激しい
   20m 30m の アプローチパット は仕方無いにしても
    10mのアプローチパットが あまりに違い過ぎる
     プロは大概 安全圏のワングリップの来るけれど
      アマチュアはワンクラブ 下手をするとワンピン になってしまう

 その積み重ねは ラウンドで 5〜10打の違いになり
  年間のトータルでは 100打以上の差になってしまう


プロは 距離に応じて ボールスピードが一定しているけれど
 アマチュアは距離とは関係なく ボールスピードがバラバラ
   いかに ロフトが一定していないかの証である。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
 ブログを始めてから まるでお見合い写真のように
全国から スウィングの写真や動画が送られてくる。

20090801 2009_08_30_20_03_19-60フレームショットそれを どう 僕が分析しているか…
 多分 スウィングを紐解く ヒントになると思うので 書き出してみた。


まず 動画の場合
 特徴的な動き は 何故そうなるのか を見つける為
  逆に どうしようとすると こうなるのか 想像してみる
    その想像の元 何度か 動画を見てみる

通常速度で 流してみると 特徴的な体の箇所は
 その場所だけが 必ず 他の全ての動きに比べ   「速く動く」

 クラブも含めた 全ての動きが 同じような速度の動きであれば
  多分 スウィング クラブ扱いには 問題がない
   だから 僕のところには送ってこない


 鼓笛隊のモデルケース の動画を持っている人は もう一度 見て貰いたい
  確かに 全体の雰囲気に比べ ボールを打つ前後のヘッドは速く動いて見える…
   コマ送りにすると分るけれど 体の向きの変更分しか ヘッドは動かない
    ヘッドの方が 縦 横の動きがあるから たくさん動きそうだけれど
     殆んど 体の向きの変更と同調して動く 
なんとなく ボゥーっと見て ヘッドだけ多く動く テークバック
 この時点で もう上手く行かない事は決定

  テークバック時の右肘の使い方
  お尻の回転
  こぶしの通ったラインとヘッドの通るラインの関係

   そんなことをなんとなく見てみる
   そして その人が どんな手順で動かそうとしてるのか推測する……

  スウィングは ボールを打つ行為 そのものよりも
   ランニングアプローチ とか 素振り である程度決まっちゃうし
    究極には アドレスとグリップ、スタンスで終わってしまう けれど…


スウィングのミスアクション デスムーブの殆んどは
 アドレス グリップ スタンス の 「静の動作」 に隠れている
                  ……僕自身の問題もそこにある

それが概ねクリアできれば 残りのほとんどは テークアウェイ で決まってしまう

 静の動作 と 静から動への動作 で 動作の良し悪しは決まってしまう
  そこから先は 良くも悪くも 不可抗力が王様の世界だから…


 最終的には  ヘッド重量を重力を味方にして ボールに与えられて
  そのエネルギーを 正しいロフトの立ちに変え ボールにぶつけられれば
   形や姿勢 動作 なんて どうでも良いと言えば良いのだけれど
    今まで ミスアクション デスムーブを繰り返し 覚えてきた人にとっては
     残念で 退屈だけれど 基礎知識と 基本動作は 覚えなければならない
      逆に その感じを覚えてしまえば 型なんて テキトーで良い

 新悶絶クラブは 味が濃いいから 手厳しい先生では あるけれど
  自分から 頭を切り替えない限り その個別の家庭教師もなかなか機能しない…



ロフトさえ立ちさえすれば あとは何とかなるんだけれど
 そうは問屋は卸さない
  今まで何万スウィングと その反対の動きをしてきたのだから…

20090801 2009_08_30_23_19_09-646フレームショット


 話を元に戻そう
デスムーブは例外なく テークアウェイにその原因が出て来る

 クラブの横の動きは体で行っていれば
  その大小にかかわらず 基本的な横の動きを
   脚を使った お尻/骨盤の動きでしていれば…

     それさえ 守っていれば 多少  イヤ 結構適当でも大丈夫。

   しかし それを 腕の動きでしてしまえば

     絶対にロフトも立たないし ヘッド重量の効果も
      シャフトの運動量も 全部 無駄  いや無駄以上。
       ただの邪魔なお荷物

    400馬力もスポーツカーも ガス欠状態ではただのお荷物


逆に言えば
  静の動作が出来ていて テークアウェイでチャント横に動かせれば
    あとは 勝手にクラブが行う
        そうクラブは出来ている
     のだが続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
ゴルフクラブの特徴、あるいは球技としてのゴルフの特徴

野球、テニスとゴルフの球技としての一番大きな違いは、

打撃すべきボールが動いているか、

  静止しているかです。

200908311810000野球とテニスあるいは他のほとんどの球技は、

打撃すべき対象が運動しているため、

自分の求める打球の方向と、

飛距離を決めるためにプレー途中で道具を替える事ができません。


ゴルフは、対象が静止していることで、

その時々に自分の求める飛球線に応じて

  最大14本の中から<自由に>選択できます

グリーン上はパターという最低限の制約はありますが。
    注…ルール上の制約では無く マナー上の制約です


グリーン上以外では、

要する飛距離と求める高さ、ボールの置かれた環境(ライ)に応じて

<自由に>使用クラブを決められることはものすごく重要なことで、

ものすごく楽しいことです。

ティーショットを9番アイアンで打って、

2打目を3Wで打ってもルール違反ではありません。



ゴルフほど固定観念にとらわれやすいスポーツを私は知りません。

1番ホール、500ヤードパー5、

  ティーショット、ドライバー、

   セカンドショット、3W,

    サードショット9番アイアン。

     私の場合一日を台無しにする可能性の高い典型的固定観念です。


次回のゴルフであの1番ホールを9番アイアンからスタートしてみるつもりです。




  僕は大学時代 グリーンを狙うショットは

   ピンフラッグよりも 高い球は打たないラウンド

   すべて 2クラブ大きなクラブでラウンドしたこともあります。 by 店主
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

類似項目ですが
多くのアマチュアがなんとなくしか理解していない

03_bバンスの使い方 バンカーショット

質問:::私がゴルフを始めた頃のアイアンはソールが角ばっていて、四角い?
ミズノプロ ms-1 みたいなモデルが多かったです

マルマンソール! なんてのも出てきましたが、今みたいに スクープソール? ソールの前後がカーブで丸みがついているものは少なかったです

バンスの本来の意味 役割?使い方?とあわせて、なぜ丸くなっていったのか ご見解をお願いします

バンスの認識は、スイング改造にも役立つような気がします私を含め多くのアマチュアが、誤解している気もしています

なぜウェッジの方が大きいのかしっかり答えられるゴルファーは少ないと思います




  バンスには幾つかの役割があります
        意外に見落とされがちのは ヘッド重量だったりします
       ウエッヂは 通常のアイアンのように 低重心や深い重心というのは困ります
      双方ともに ロフトを増やす働きがあるので 元々 ロフトの大きなクラブには
     必要のない事です
    一般的には 高重心 浅い重心を作る為にも ネックを長くしたり
   色々な工夫が行われていますが クラブの中で 一番ヘッド重量の必要なウエッヂには
  重量を増やす為に 厚い 大きなソール周りが必要不可欠です。

ヘッド全体を大きくすれば良いのですが ロフトが寝て フェースが上を向いている為
それでなくとも ヘッドが大きく見えますから 重量配分をソールに依存しなければなりません


sample 2009_09_15_19_49_13-17フレームショットロフトの大きなクラブ ウエッヂには大きな短所があります。
ひとつは その大きなロフトが クラブを難しくします  ロフトが大きいと言う事は
進行方向に対する投影面積が小さく 人間には大きなフェース面であっても
ボールにとっては小さな打面なのです。
ロフトというのは大きくなってくるほど 一度が効いてきます
距離を高さやスピンに変換し わざと飛ばさない為のモノなのですが
インパクトロフトが45度を超えるあたりから そのロス率は顕著にでます

 ロフト調整をする場合 5番や6番あたりでは ロフトを一度変えても
  殆んど距離の増減はありません
   ところが45度以上のクラブは 1度のロフトの増減がそのまま距離につながり
    2度変えたことによって 5ヤード以上変化してしまう事も少なくありません。

要するに ウエッヂはインパクトロフトの変化によって 大きく距離が変化してしまう
 ある意味 非常に難易度の高いクラブなのです。

  150ヤード打つのであれば プラスマイナス5ヤードなんて
   ナイスショットの範囲内 なのですが
  30〜40ヤードのショットの プラマイ5ヤードは重大なミス になってしまいます。

そのロフトの安定を促すのが バンスのひとつの大きな役割です

ブログの中で一貫して書き続けている事ですが
 ヘッドを振る ヘッドを振り子のようにして使う人にとっては
  このロフトの修正機能としてのバンスは全く役に立ちません
   役に立たないどころか 上手く当たる事の弊害にしかなりません。


sample 2009_09_29_23_49_15-964フレームショット重心位置とバンスの位置関係と言ったらよいでしょうか それともハンドファーストと言ったら良いでしょうか   バンス 接地時に バンスよりも重心位置が 進行方向側に有ると ハンドファーストの状態でバンスが接地すると クラブフェースを進行方向に押す ロフトを起こすような動きになります
それにより ロフトを元の状態に修正する機能です。
 本来 バンスの大きなウエッヂの方が飛ぶ のです

20090801 2009_09_02_14_54_45-567フレームショットその反対にヘッドを振る ヘッドが手を追い越すような動きで打とうとすると バンスが地面を設置した際 ヘッドを上に持ち上げようとします ダフッているのにトップしてしまうミスになります。

近年 日本のウエッヂのバンスが 「ローバンス」化してしまうのはここら辺に問題がありそうです。

35cb88f77052c597adb8-Lジーンサラゼンが発明するヒントになったのは 翼 そのモノではなく
その翼が 飛行機の胴体とすこし違う角度になっていることなのです。
胴体に対し やや上向きの翼が 飛行時や離着陸時に姿勢を安定させる という発想なのです




もう一つ   ウエッヂ ロフトの大きなクラブの欠点は
 フェース面とソールで作る角度が非常に 鋭角な上に
 クラブの中では短いシャフト…スウィングの弧が小さく 
 入射角度も鋭角になってしまう事で 
 リーディングエッヂが地面を接触した際に 刺さってしまいやすい傾向にあります。

それをガイドのように刺さらない様に 抜いて上がるのがバンスの役割の一つです



ですから バンスの大きな役割
 ☆インパクト前の ロフト 姿勢の修正
     ☆インパクト後の 地面に刺さってしまうのを防止する
 があるのです。


バンスには バンス幅 バンス角度 形状など色々ありますが
 正しくクラブを使える ヘッドを振らない人には 大きなバンス角度
  しっかりとスライド出来 インパクトを長く取れるひとには更に幅広のバンス
   ウエッヂの距離が飛ばない悩みの人には やはり 大きなバンス角度
     を お薦めします続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1
BlogPaint


























飛ばす 為の 最大の方法に ヘッドを振らない を訴え続けている

とりあえず 出来る出来ないを 棚に上げて置こう


大半の人は ヘッドを振らない方が 飛ばない という観念から抜け出せない

気持ちは理解できる

目で見れば 誰もが振っているように 見える (本当は見えないけど…)


 だから 例の映像を見ても ただ ゆっくり動いているだけ という感想も貰う
BlogPaint
























 ゴルフクラブはグリップエンド部とヘッド部 がアドレスの状態よりも 

同軸線上よりもヘッド部が右にあると ヘッドその物が右回転

左にあると左回転しようとしてしまう

 必ず回転しようとする動きが起こってしまう


複雑だが その運動は グリップ部やそれを支えている手や腕、体にも

 大なり小なり影響を与える為 同じ不可抗力や軌跡になるのは 可能性として低い

  ヘッドをグリップよりもたくさん動かすと

   厳密には一生で一度しか出来ない軌跡を描くことになる

    まず これが 安定したショットを生み出さない


fromsky-1116フレームショット


























次に ヘッドの運動量だけを増やすと慣性の法則が適用されず

 クラブ全体にかかる遠心力と重量点の一致が生まれないので

  ボールに効率的な破壊力を伝えられない


そして ヘッドをたくさん動かすことにより

 ボールを打たなければならない動き 左方向への移動で

  シャフトよりも 右にある重量点により ロフトが多くなりやすい


fromsky-1118フレームショット


























また 今流行りの 大慣性モーメントの利点

 これ 結構勘違いしやすいのだけれど

  ヘッドの慣性モーメントは エネルギーを増やす 破壊力を増やす という意味合いより

   エネルギーロスを減らす という意味なんだけど…

    慣性の法則が使えなくなれば 慣性モーメントによる ロス軽減効果を得られない



fromsky-1120フレームショット
























★ここでも 勘違いしやすいんだけど

運動量は 横のだけでなく 縦の運動量も同じで

自分の動きで ヘッドを縦に動かそうとすれば クラブは同軸線上から外れる

長さの違いをのぞけば グリップ部は ヘッド部と同じだけ移動するのであって

縦にも横にも ヘッドだけを多く 動かすことはない 






 以上の事を得られることを考えれば

ヘッドスピードを5ms 上げた分位の効果は確実にある!

ま 実際には ロスしていた分を取り戻すだけ なんだけれど…


 その効果を発揮させるのは たった 一つのルール


   グリップを移動させた分 以上に ヘッドを動かさない事



  これが 出来るだけで 20ヤード 30ヤード 増やすのも

   決して 夢ではない      …取り戻すだけなんだけど
















up_252956尾崎亜美オフィシャルファンクラブ
GLUTTON CLUB
(グラットンクラブ)

【入会特典】
◇コンサート、イベントなどの告知
◇コンサートチケットの優先販売
◇会報の発行(2ヶ月に一度くらい)

【入会金・年会費】
◇入会金 1,000円
◇年会費 3,500円
*更新月 12月
(7月以降入会の方は2,500円)

【申込み方法】
申込書(リンクからPDFファイルを
ダウンロードして下さい)に、
必要事項を記入の上、下記の
住所に送っていただき、4,500円
(入会金&年会費)をお振込み
ください。

〒153-0063
東京都目黒区目黒4-9-17-101
ビーズクラブオフィス内
グラットンクラブ

振込先: みずほ銀行 青山通支店
普通 1096861
(有)ビーズクラブオフィス

≪お問合せ≫
TEL 03-3794-2716


関東圏 2009年コンサート情報
 http://www.civic.jp/2009/08/1217-1.html

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 最近 レスポンスよく メールやコメント等に答えられなくて ごめんなさい。

いつか 答えよう 答えよう と思っているのですが
 8月後半より クラブ創り や レッスン メールや電話での問い合わせが
  回転 いえ 開店史上 最強の状態になってしまって…
   フル稼働 している「つもり」なのですが
    気が付くと 一か月経ってしまっている現状…
     納品遅れも…  電話が鳴るとすこし委縮している次第です…
      誠に申し訳ないです。

20090801 2009_09_01_00_16_52-784フレームショット20090801 2009_09_01_00_16_52-788フレームショット20090801 2009_09_01_00_16_52-798フレームショット













色々な投稿レポートを載せました
 それで気付いたんですが 従来の状態に比べると
  皆さんの発見や自浄能力が格段に上がったような気がします。
   疑問や質問も お客様同士で解決したり…
    ビックリするようなコメントや投稿を見て 僕も勉強する次第。


昔から言ってきましたが

   スウィングはクラブからしか学べない

それが実践されてきたようです。





    それでは 取って置きの宿題 をあげましょう 


   ク         形
    ラ         状
     ブ         の
      の         秘
       最         密
        大         が
         の         理
          機         解
           能         出
            は         来
             そ         れ
              の         ば
               形         スウィング
                状         クラブ扱い
                 に         は
                  あ         解
                   る         決
                    の         し
                     で         ま
                      す         す




   そして そのヒントは
     クラブからしか学べない
          人 からは学べない

              それ な〜んだ続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
 コメント頂いた グリップ等の融通性について 考えてみたいと思います。

サッカー議論しても サッカーに求められるのはシュート力だ という意見もあるし連携プレイだ、走ることだ、テクニックだ、守備組織だ と国ごとや地域柄、ヒトによっても異なると思います
イタリアの守備サッカーを好きな人もいれば スペインのパスサッカーを好きな人も ブラジルの個人技が好きな人もいます
ゴルフに求められるものは「融通性」
 それが邪道であるかどうか 回答は出せません。
  それを信じている信じたいのであれば
    それでいい と反対はしません。

 自分自身に置き換えるのであれば 出来れば避けたいですね。
頭の中、考えの柔軟性や適応性は必要かと思いますが 
スウィングを構成する重要な要素である アドレスやグリップをラウンド中に
動かしていく、その場に応じて対応する(と言う意味合い?)は
ミスショットに対するフィードバックが出来ず その場その場の「賭け」的な
ショットになってしまう危険性が秘めていると思います。
ある一定の動き、形をしていれば ミスになってしまった原因が発見し易く
経験によっては修正が出来るかも知れない…
しかし アドレスやボールの位置、グリップを場当たり的に変化させていると
自分では気づきにくい 別な動きや部分にも当然影響・変化がある訳で
ミスが出たときに 原因が複雑で そのショットが次のショットにつながりにくい
 と思うのですが いかがでしょう

          ゴルフはミスショットの連続です。
         程度の差はあれど 殆どがミスショットと言っても過言では無い
        ならば今のミスショットが 次のショットの叩き台になる方が
       長いスパンで考えるショットの成熟度は上がるのではないでしょうか
      勿論 そううまくはいきませんが そう心掛けても 損はないような…
     練習を「積み重ねる」の意味合いはそういう事だと思いますが
    

練習でトライしている事も もしかすると本質の部分
本当の原因を変えず スウィングプレーンなどの視覚的なものだけ修正し
本当の原因には触っていないかもしれない?  のではないでしょうか

例えば ダウンで右サイドが突っ込む   本当の原因は別な所にあるのに
単に右サイドが突っ込まないようにしても  「一打勝負」のコースでは
何回も打ち直し 修正できる 練習場のようにいかない のは当然かもしれません。

スウィングを 修正 をする場合
修正しなければいけない場所 それそのものは触らず 別な所を直すと
あれ いつのまに で修正されていくことが多々あります。
オーバースウィングの原因がグリップだったりもします。
フォローで左肘が抜ける原因が 初期テークバックの取り方だったりします。


例えば グリップの場合、特にフックグリップ「から」強制する場合
単純にフックグリップを治すことではなく フックグリップにする理由を
改善しない限り ラウンド進行中に徐々にフックグリップに戻っていきます。
フックグリップの場合、例外もあるでしょうが 大半のケースが
腕の動き(仮面ライダーの変身の動き)でテークバックする為にフックグリップにしています。 テークバックの初期段階で体の動きでは無く 左腕の動きでスウィングを始める、左腕を左胸に近づけていく動きでスタートする為にフックグリップにしています。 クラブをグリップした状態で その動きをすると 当然両腕をひねり
フェース面が空を向くことになります。
右肘が下を向いたまま 腕相撲をするような状態にするのには アドレスの状態では
フックグリップにしておいた方がやり易いのです。

この動きそのものは触らずに グリップだけスクェアに変更すると ショットの回数や疲労度により 無意識にその動きのし易いフックグリップに戻っていきます。

ビデオや写真等で残した視覚情報は 単なる「結果」なのだと思います
自分でイメージして打ったショット、ビデオに撮ると そのイメージと全然違う
良く有ることですよね   殆どの人が「びっくり」する
  本気で「これ 俺じゃねぇ!」って言った人も見たことがあります

ですから ●●プロの行ったスウィング そのスウィングプレーンは その本人が
 目指したスウィングプレーンではない可能性も否めませんよね…

   僕個人は このスウィングプレーン と言う 一見 魔法のような言葉が
    ゴルファーを スウィング迷路から出さないのでは と考えています
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
最近まで激しくハンドダウンしてアイアンを打っていた(レッスンプロの指示で)んですが、何しろシャンクが連発するので、先日コースに出る前の練習でハンドアップして構えたらいい球?が出ました。
それで近くに立ってハンドアップして打っているんですが、どうも内心スッキリしないんです。。
ハンドアップしないと上手く打てないっていうのは何か問題ありですか?




前置きになりますが レッスンプロとはあまりクラブを中傷しないよう
 暗黙の了解があります。 例え その人に合っていないクラブであっても
  望まれない限り クラブの良しあしははっきり答えないようにしています
   それは クラブを手に入れた理由は人様々で 亡き人の形見であったり
    初めてのボーナスで買った記念のクラブだったり
     彼女からのプレゼントだったり 上司からの貰いモノだったり
      それぞれです。

ですから 根本的にハンドダウンにインパクトする
用語的にはディッシュアングルを保ちなさい というアドバイスは
正しいモノで   注…ディッシュアングルとは 左手とクラブは真っ直ぐな関係では無く ライ角度方向にすこ〜し角度が付いています。

元来 ゴルフクラブとは 重量の中心点がシャフト延長線上になく
重心距離と言うモノが存在するため(勿論 意味はあります)
運動スピードが上がってくると 慣性の法則が作用し グリップの延長線上に重量点が揃おうとする、俗に言うトゥダウンの動きがあります。
よく雑誌には「トゥダウンは悪」という記事がありますが それは間違いで
トゥダウンすることによって 運動エネルギーと重量エネルギーが揃い
より効率的にボールを打撃出来ると言う機能とヘッド自体が下方向に対し
下がることにより地面にあるボールに届くと言う重要な役割があります。

ただし トゥダウンすることにより ヘッドはライ角度を減らしますので
右に向きやすくなります。  実はライ角度というのがフェースの向きを作っていると言っても間違いではありません。  それを踏まえた上で ハンドダウンをしなさい と言っているのです。

長くなりましたが ご本人は 答えは見えたの思うのですが
実際を見たわけではないので推測の領域でアドバイスすると
自分が振るスピードに対し ヘッド重量が足らないか シャフトが硬いか
のどちらかの可能性が高いと思います。
トゥダウンが発生しないと 擬似的に手で真似すると 分かるかもしれませんが 本来 シャフトの延長線上に回り込み筈の打点部(重量点)が来てくれません。 そこにあるのは そのままの形のヒール部、ネック部と言う事になります。    すこし複雑ですが 分かりますでしょうか?続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
 いろいろなゴルフのブログを覗いてみる…
クラブの事 スコアの事 みんな色々 考えてるんだなぁ

以前は雑誌 のみが情報源だったけど 今度はテレビやネット…
 なんだか 情報が垂れ流しの状態
  確信のないアマチュア、言葉を変えれば素人から出てきた情報を
   どう処理しているんだろう…

スウィング論を書いてあるブログが幾つかある
いくつか読んでみると 非常に重要なことが 欠落 しているのに気付く
かなり 突っ込んだ内容を書いているようだけど
体の動かし方 体の使い方 筋肉の使い方 関節の使い方…

   あ〜もうどうでもいいや

体の使い方は あ・く・ま・で・も・手・段

道具を使う と言う側面からはまったくスウィングを見ていない
道具にはそれぞれ機能がある訳で その機能を使う為に 体を動かすんでしょ
ならば その動きは何をする為 道具をどう動かすか それと結びつけないと
手段や方法だけが存在 し 目的が無くなってしまう

 道具をこう動かすために 体をこう動かす
  道具をこう動かすと こういう働きがある って考えるのが普通?じゃない
   また ゴルフって「仕事」じゃないから
    目的が分からなれば 覚えるのも 持続するのも より難しくなる
     それじゃ まるで 軍隊の命令
      動きはこうなんだ!  ともかくやれ と。
       自分の頭で考え無くなっちゃう…

どのブログを見ても 体はこう動かす! だけ    何の為かは触れていない。
 ”体の動き”信者 たちがハミングバードのブログを訪れても
  多分 チンプンカンプン だろうなぁ

イヤ 別に ”体の動き”信者 の事を 否定してるわけじゃないよ
 楽しみの種類は無限だから
  でも ゴルフって 動きの品評会 でもないし
   肉体訓練の為にやってる人ばかりじゃない
    遠くまで 球打って 穴に入れて 遊んでるだけでしょ
     ダンスじゃ有るまいし 別に体壊さない使い方を覚えれば良いだけ
      筋トレしてまで やりたい人は ドーゾ

誰よりも動かない 誰よりも遅く振る 誰よりも振らない 誰よりも少なく動く
       これで「飛ばしたいだけ」
それって 道具 道具 道具の使い方を 覚えるだけでしょ
あんまし肉体的努力、筋トレなんかしないで 楽に飛ばしたいだけ
歳とってから楽しみたいからね

            ン? 単なる怠け者ってこと?続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昨今は 中古クラブショップやネットオークションの発展により
 若い多くのゴルファーは 打ったり買ったりを繰り返しています。
  結局 どれを買っても なんだか「ピン」とこないで 宣伝文句に首をかしげながら
   オークションや中古ショップに売りにいくわけです。

その訳を知りたいですか?

  それは すべて 軽いヘッド と 硬いシャフト に秘密があるんです

例えば ドライバーの「慣性モーメント」
大きな数値のクラブが出てきましたね
皆さん 本当の意味での 慣性モーメント って知っていますか?
この慣性モーメント そうやって測るか 知っていますか?

 クラブヘッドの慣性モーメントは 基本的には重心点を軸にして測ります
 この重心点を中心に どの位このヘッドを運動、回転し難いか
 この姿勢を保とうとするか 動かすにはどの位のエネルギーがいるか
 を測定するのです。
 ですから シャフト軸を中心とした数値ではありません それは別にあります
 
ゴルフクラブは 運動中 お約束の「慣性の法則」が掛かります
運動が始まると 重量は一直線上に揃おう とする力が働きますから
ゴルフクラブヘッドの 重心点はシャフトから ずれたところにありますから 
それが揃おうとします シャフトがたわんで グリップの延長線上に重心位置が並ぼうと
する力です。
この状態でボールを打てば 上記のクラブヘッドの慣性モーメントは「働き」を持ちますが
並んでいなければ あまり意味のない どちらかと言えば マイナスの効力になります。

シャフトが硬ければ 一直線上に並ぶことは少ないですから 効果は薄いでしょう…

総じて 硬いシャフトを好む方は 大きなヘッド 重心の長いモノ モーメントの高い物を
嫌う傾向にあるのも 納得して頂けるでしょうか

ですから 自分のスピードやスタミナ 動かし方に応じて
 適切な硬さのシャフトを使わないと この慣性モーメントは
  殆ど機能を持たないと 理解した方が良いでしょう
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

市販されている一般のクラブでは 長さを長くするとヘッドが軽くなる
 45インチ 200gのヘッド
 46インチ 188gのヘッド
この二つの関係では ボールを移動させる破壊力はさして違いはない

重〜くなることを覚悟の上で 46インチ 200gのヘッドを作れば
 距離を生みだす 破壊力は増える 確かに。
  しかし 一般的なクラブが D0〜D2位とすると  うちのは問題外!
   スウィングウェイトは D6〜D8になるから かなり重く感じるだろう
    勿論 当たれば 飛ぶ

でも 良く考えて貰いたい
 ボールは無機質である 打つ人の気合いや祈り 
  ましてやシャフトの長さも一切関知しない
   48インチ使ってるから よし「飛んでやろう」とは思わない
    単に 重さ × スピード が激突するだけである

長くなれば ヘッドスピードが上がるのか   答えは「限りなく」ノー
 45インチで40msある人に 43インチのFWを打たせ計測すると
  ヘッドスピード自体に大きな違いはない…

45インチを46インチにして増えるヘッドスピードは1msに満たない
ヘッド重量を軽くしていれば 重さ×スピード の鉄則から破壊力は増えない…
ヘッド重量をそのままで長くすれば 今度はヘッドスピードは増えない…

クラブの本当の長さは 背骨から 腕 シャフト ヘッド まで  センチメートル
それを基準に考えると 1インチ 約センチ増えても
殆ど 誤差程度
破壊力を作るため はっきり伸ばすには 4インチセンチは
必要だろうけれど いくらなんでも49インチは振り難いし
日本の練習場では怪我人 続出する恐れがあるから 不可能だろう…続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 良いゴルフクラブとは自分の未来を導いてくれること。

正しい未来とは 年齢に大きく左右されず 極力筋力に頼らず
 限りなく遠くへ少ない労力、小さな動きで飛ばし 繰り返せること

こんなクラブに辿り着ける人は 非常に少ない
 表題の通り、絶滅危惧種ほどの数しかいないだろう。

たどり着けない人の条件がある。
 1.食わず嫌いである
これが全てかもしれない。 食わず嫌いの人はともかく 決めつける
軽量シャフトはダメ
 でかいヘッドはダメ
  大きなトルクはダメ
   柔らかいシャフトはダメ
    大きなロフトがダメ
     バンスのきついウエッヂはダメ
      ステンレス素材のアイアンはダメ

ダメ、ダメ、ダメのオンパレード、カーニバルだよね

多分 これを読んでいる大半の方は 弊社のクラブを使っている
 そこで お聞きしたい
一般的には ドライバーの振動数の平均は cpm
初めて来店された方のドライバーの大半はこれを上回る。
 自分がいきなり 振動数を切ったもの
今までのドライバーより フレックス
 今までのドライバーを Rフレックスとすると AR  A  L  LL  そしてLLLの硬さのクラブが打てると思いますか
 
 打つ前に 「え〜そんなの打てないよー」
   「まっすぐ飛ばないよー」   打ってもいないのにそう思うでしょ。
で 打ってみてどうでしたか
 勿論 軟かくなれば クラブ扱いが正しくしないと 痛い目にあうけれど
思っていたより「当たる」し、思っていたより「飛ぶし」
 思っていたより「真っ直ぐ行く」でしょ
そりゃ 上手くいかなかった人もいる筈だけど
 上手く当たれば 想定外の距離も打てるし それに断然体が楽
 どこか痛めていた人が ヘンテコおかまクラブでだいぶ救われている 筈。

市販のゼクシオ 一番多く売れているSR 振動数240cpm ヘッド重量190g
 これを持っている 平均的な58歳の男性
  打つ前に 5フレックス柔らかくて 10g重たいヘッド
   たいていの人が「打てない」と思うから ワッグルして
    「こんな柔らかいの打てないよ〜。」と言って打たずに終わる

使っている人は分かるだろうけれど 簡単に打つのには
 悪魔払いは必要で 一球二球で答えが出せないと知っている
トライしてみた人、初めてなら 残念だけど半分の人は当たらない
 すると 「俺はもっと硬くないとダメ、柔らかいシャフトは合わない!」
  と決断し、ゴルフを辞めるその日までその鉄則は生涯家訓になる。
でも 半分の人は 振動数200程度なら 素晴らしい結果がいきなり出る
 一言、二言アドバイス ボールの置き場所、力の入れ具合 を教えると 更に上手く打てる人は増えるし より良い結果が少ない球数で出てくるのよね

      打たない人 半分  …実は半分以上
打ったけどダメだった人 1/4   …この内1/3位の人はアドバイスで変わる
   打って良かった人 1/4 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
 お客様からの投稿レポートです

ものすごく独りよがりな理屈です。物理学の得意な人が見たら笑うでしょう。正確じゃないけど、大体合ってると思う。

材料
クラブヘッドの重量(m)、シャフトのしなり、ヘッドの動くスピード(v)、ミート率

1 ニュートンの運動エネルギーE=1/2m*v*v
  仮にヘッド重量mを205、vを42とすると
  E=1/2*205*42*42
   =180,810 j(ジュール)

2.E=1/2*205*38*38
=148,010 j

仮説、ヘッド重量同じとして、いわゆるヘッドスピードが10%下がるとボールに加わるエネルギーは約18%減る。
1のキャリーを210Yと仮定すると、2は172Yになると推測できる。マイナス38Y!!

次にミート率を加味してみる。
1のミート率を1.3 、2を1.5と仮定すると、1.5/1.3=1.15 で15%取り戻せる。言い換えると3%しか
飛距離は減らない。210Y*0.97=204Y 6ヤード減るだけ。これは朗報です。1.6ならHS42をアウトドライブ!
ヘッド重量205g、ヘッドスピード38ならなんとか実現できそう。問題はミート率。ミート率を調べてみると、BS/HSのことをいうとあるが、これは結果を
いってるだけで、ヘッドの軌道と、ヘッドのインパクト姿勢がどうなったときにミート率の高低にかかわるのか不明。いまわかっていることは、インパクトロフト
(ヘッドがボールに向かう上からの軌道に対する実ロフト)がそのクラブの本来のロフトになること、ボールに向かう軌道は、一般的に考えられている軌道よりはるかに
急傾斜で直線であること。インパクトロフトは、ヘッドの遅れで自然に実現できるとすれば、ヘッドの軌道のイメージを大きく変える必要あり。
いま、この急傾斜イメージがわかないで苦戦中です。クラブは手で持っているし、手は体から生えているから、手と体の正しい動きをつかみたい。

シャフトのはじきは飛距離に影響しないことは理解できます。エネルギー保存の法則を理解していれば、自明の理です。

やっぱり理屈っぽいですな。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1
 またもやサッカーに関連した話題

 日本には 攻撃的サッカー 守備的なサッカー という言葉がある。
日本のサッカー解説、特に民放系はサルのおしゃべりより酷いので まともなコメンテーターを除き、イマイチ聞き取り辛いけれど 必ず現地語で聞く

 少しは聞き取れるんだけど 外国ではそんな言葉は存在しない
他のスポーツでもそうだけど 攻撃も守備も表裏一体で どちらかだけやるわけにもいかない。 全然攻めなければ 守りがきつくなるし、守ってばかりじゃ試合に勝つことは出来ない。
 シュートを打つことやラストパスを出すことだけが攻撃では無い筈だ。 相手が格上で 体力も技術も体格も上なら 守ることが自分たちなりの攻めにつながっていく。 ゴルフだって スーパーショットばかりじゃない 地味なパットだってあるし
苦しいアプローチだってある 精神的に乗っている時もあれば ダウンしている時も少なくない。 それもひっくるめてゴルフなんだし。

 僕個人は何故日本がパスサッカーにこだわるのか理解できない。
守備的なサッカーが罪悪のような扱われ方をする
アジアの中ではAクラスでも 世界的にはBクラスなんだ。
全員がタイガーウッズになれるわけもなし なりたいわけでもなし


そういう意味では ゴルフと言うゲームは本来日本人向きな筈なんだけど…
 ゴルフにも色んなプレースタイルがあると思う
サッカーのブラジルのような曲芸、個人技スタイルもあるし
 スペインのような技術のパスサッカーもあるし
  イタリアのような肉弾戦もあり、ドイツのようなあきらめの悪さもある。
全員が全員、タイガーのような物量作戦、パワーで押し切る必要はない。
 飛ばないニックファルドやオラサバルやカイトがランキング一位になれるスポーツなんだ。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
    おっと 徐々にHPが進化中…

http://www.hummingbird-sports.com/

本日 二組のご夫婦とともに ご来場
 片方のママさんが デビューセットをご購入
         ありがとうございます

  それで 恒例 初心者スターターアドバイス をしました

体、特に腰や肘等を痛めにくい体の動かし方 を基本に 目で見えているモノと
 それをコピーしようとした時に起こるギャップを説明し 打って貰う…

  素晴らしい   素晴らしいの一言

少し 打って見せると しっかりと課題の部分を見ているし
 質問の内容の高度…  この人 初心者でしたっけ

体を使わず 足を使って 体を回す動き
 肘の外への張り(クランチ)  この二つの連携・同時進行を覚えれば
  男性陣 油断するなよ  って感じ

後は 自分の欲や精神状態との付き合い方等 ある意味 教えて上げられない事を
 経験していけば  他に教えてあげられることもなし
  距離も全く問題なさそうだし あと2回位 レッスンすれば 即実戦

でも 後ろからの男性陣の視線ビームを感じるので この位にしましょうか…
 あんまり上手くならない方が良いのかもね


初心者の方の始めのレッスンと 初めて持つクラブは 大変重要です
  是非 スターターレッスン付き ゴルフクラブセット
    日本のゴルフ界の為に ご紹介ください

 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1
 重心深度  深くなると簡単
実はそう単純にはイカンのです

異質の素材や新しい製法、体積によるルールの制限によって ドライバーヘッドの重心深度の強烈な深度化が進んでいます。
深くなると インパクトロフトが増える ボールが上がる 安定性が上がる モーメントが高くなる など利点はたくさんあります。
確かに やさしくなる と言えるでしょう。
クラブの大型化や形状変化は 深度化を目指している といって間違いありません。

しかし 大きな問題も発生し始めています。
アイアンが先祖返りをしていますので その問題は深刻化し始めています。

人間は視覚情報であるヘッドと 感覚情報である重心位置 この二つを扱っています。 真っ暗な中でドライバーを打つと 人間は重心位置をドライバーと認識します。 しかし実際の接触点・打点はそれよりもcmも前にあるのです。
1〜2?であれば 触感や音は遅れて伝わるので誤差程度と言ってよいのですが さすがにcmは明らかに脳内イメージよりも早くボールに当たります。

アイアンもそれに伴い 深度化が進んでくれれば良かったのですが 逆に浅くなってしまったので ギャップが付いてしまいました。 モデルによっては深いものもありますが 浅いものとのギャップは わずか3〜4mm。 殆ど誤差程度。
決してドライバーとのギャップを埋めるものではありません。
本来の流れであれば 現在のアイアンの主流派ユーティリティ化した非常に奥行きのある箱形状であるはずなのですが 前回の主人公の影響か 日本の軽量スチールシャフトの影響か 今の主流は小型化軟鉄…。
ごくたまに 12mmなんて深度のアイアンもあるのですが 主流との形状ギャップのせいで ほぼ全く売れない   非常に短い販売期間で終了
ドライバーを活かすのには 20mmの深度のアイアンがあって良い筈なのですが 現況ではありえな〜い状態。
ま 無理して作っても 売るためには超軽量ヘッド ということになるでしょう。

 今のところの対処方法は 届く範囲の中 ボールを左に置くこと どの位かと言えば アバウトですが
普通に地面から打つボールの位置 プラス ティーの高さ プラス ボール一個分 左 というのが違和感を少なくする 今のところの 唯一の方法と言えるでしょう。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ