◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】 【クラブから学ぶスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480✉hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:振り子


前にも似たような内容で記事を書いていますが、
ゴルフを始める人、続ける人、
上手くなりたいと思う人、
からだを傷めたくないと思う人
にとっては 非常に切実な重要なテーマです。 

一軸打法とか、二軸打法とか、
ボディターンとか、4ステップ理論、
コンバインドなにがし とか、
スタック&ティルト とか、
下回りスイングとか、シャローウイングとか
この手は 好み や スイングのタイプ、
選べるゴルフスイングと言う楽しみもありますから
 流派ということで良いと思うんですけど
『振り子』『振り子のアプローチ』だけ は
ゴルフ界から根絶するべき だと思うんです。

やりません(冗談です)けど
議員になって、法改正や条例作りたい 位ですwwww



余りに基礎的なので 呆れてしまうほど
かも知れませんが、
スイング、ショットは
前傾姿勢(大腿骨と骨盤の角度差)という傾きがあり
それを基点に からだの向きを変えるコトで
クラブを動かして ボールを打ちます。

ですので 傾きが無ければ
からだの向きをどちらに変えても
右/左 のどちらかが 低くなったり、高くなったりしません。
2021-04-11_22-32-44_Moment(5)2021-04-11_22-32-44_Moment(7)









傾きがあるから
右を向けば 左の方が低く、右の方が高くなり
左を向けば 左の方が高く、右の方が低くなります。
これには
右向きの時には 右が奥(高い方)へ行く
左向きの時には 左が奥(高い方)へ行く
という 奥行きが付いてきます。
✋ここが 写真や動画の平面上のトリック(罠)です
2021-04-11_22-32-44_Moment(10)2021-04-11_22-32-44_Moment(11)









ですので
スティービーワンダーのように
肩を揺さぶっている訳ではありません。

アプローチの距離感を覚える って言うのは
正直、経験則、反復しかありません。
これは 野球でもサッカーでもバスケでも
ボールを使う限りはみな同じです。
投げ方、打ち方の基本 はあっても
 その距離感は自分で掴むしかありません。

それを無理にマニュアル化するため
 スイングの基本中の基本を歪ませる のは
 絶対、賛成出来ません。


スイングの回転 は
 その動作の中で一番大きなモノです。
ほぼ すべてのモノが その大きな流れ に沿って
移動することになる訳ですが、
『振り子』の動きは
本来のからだの回転、
それが胴体であっても、肩であっても
その回転とは 全く異なる方向に進むコトになり
元になる からだの回転も歪めてしまいます、
イエ 壊してしまうと言って良いでしょう。

アプローチで その「振り子」を採用すれば
かなりの確率で スイングにも影響します。

カラダへの負担も多いだけでなく
どんなに練習しても アプローチの達人 に あるコトは出来ません。
距離感も身に付かない と断言出来るほどです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アイアン であれば
あなたの目にはどう見えるのでしょう❓_Moment(3)
理想的なボールの置きどころは
 左足かかと付近…
 ボールの前面が 左足かかと線上付近
 もしくは それより少しだけ右 程度
 です。

からだの真ん中 でもありませんよね。
にもかかわらず
その先のターフが取れる…のです。

最下点 と言う言葉で言えば
左足の拇指の前 とか 左足の土踏まず前
辺りが 最下点になるのは 何故なんでしょう❓

と、同時に 上から打つ、ロフトを立てる、
を容易に実現するのなら
 ボールを中、右寄りに置いた方が良さそうで
 ボールをどこに置くかの話しはさておき、
 ボールの前寄りのターフが取れる  と
 ロフトが立つ/上から打つ  が
 イメージとして結び付かない方もいらっしゃると思います。


上から打つ ってどういうコト❓ って話し
なのですが、スイング軌道の話しでもあり、
ゴルファーの大好きなインサイドアウトの話しでもあります。




昨日の記事の アプローチの話しに戻ります。
多くの人は
からだの回転の箇所 が 曖昧
からだの回転の主たるものが何なのか 曖昧 です。
特にアプローチになると
 回転ではなく 意図的なギッタンバッコン(ぎっこんばったん)
 を肩でする人、そう教える方(罪人)もいます。

その方(前日の記事の方)も からだの回転 を 肩でしています。
 が故に、緩い入射角度になり、大きめのロフトになり
 ユルイぽわんとした出球になっています。



からだの回転の基礎は 足を使ったお尻使い です。
(お尻だけを使うのでも、足だけを使うのでもありません)
脚を使って お尻(骨盤)、胴体の向きを変える訳 です。
足自身も向き 正面を変えます。
分かり易いので 両膝の結んだ線 位のイメージで。

フルショット時のテークアウェイ、右向きで考えると
🔴足自身の向きで 靴の向きと膝の向き差で何割か
🔴足の動きによってお尻、胴体の向き
 →右の太もも(軸足)に対し お尻、骨盤の向き差で何割か
 と考えて下さい。(割合は人それぞれ)

お尻、足が動力になるわけですが
それに対し、腕やクラブ、胴体の重みは
ひっくるめて すべて負荷です。
ですので 重いモノ、遠いものは
 動力による移動 に対し、遅れガチ になります。

ですので それに同期する為 補足的に肩をまわす、
遅れさせない為、一つの動きでまとめる為、
胴体を捩じる、この場合は肩を遅れさせると
 両腕の長さに不釣り合いが生まれるので
 骨盤に対し肩を残さず、骨盤向き通りの向き進行にする為 肩をまわす


👉肩をまわさない訳ではないけれど
からだを廻すコトの主エンジンではない
と考えるべきでしょう。

人によっては 腰を廻す と言う方も居ます。
肩が遅れないのなら 腰を廻すもアリ だと思います。

(お尻が腰と別なのか…は人によって感覚は違うかも…。
 私個人のイメージでは
 腰を廻す は胴体をひねるイメージが付き纏います。

 胴体そのものの乗っかったお尻 の筋肉は
 臀筋ですが、足の筋肉の延長線上にある と思います。
 腰を動かす 筋肉は 背中とつながっている感じです。)



肩 の話しに戻りますが、
補足的な肩の回転が必要になるのは
 重さが増える、ダウンスイング位でしょう。
どちらにしても 肩は回さないとは言いませんが、
あくまでも 足やお尻の主エンジンの補助でしかありません。

ところが  アプローチショットなどの
小さな動きになると 回転を肩だけ でする人が多く、
     (それ自体は おススメはしません)
そこから 回転の基準が崩れていく(軸が倒れていく)ケースが少なくありません。
fromsky-489フレームショットfromsky-497フレームショットfromsky-501フレームショットfromsky-505フレームショットfromsky-513フレームショット




肩、であっても、 腰、であっても
足、であっても、 お尻(骨盤)、であっても
からだの回転は その字の通り
カラダに対しては 横の動きです。
前傾姿勢に惑わされている人が少なくありませんが、
それを無くし、素振りを起きた状態ですれば
地面と平行な動きです。
sample 2009_10_15_16_58_16-97フレームショットsample 2009_10_15_16_58_16-107フレームショットsample 2009_10_15_16_58_16-115フレームショット







アプローチのような小さな動き
  …パッティングストロークでもそうですね
 (パッティングを考えると刷毛塗をお薦めします)
 (勿論 アプローチは正規にからだの回転でも良いですね)

骨盤の向きをボールに向けたままでも 行える動き で
肩で動かそうとすると その回転するべき方向と
全く異なる バッタんぎっこん 上下 の動き
になってしまいます。

小さなアプローチをすると
 この動きをする人が大変多いのに驚きます。
プロでもたくさんいます。
‥‥最悪 肩で廻っても良いと思いますが、
「回転」なのですから その方向/角度を間違わないように

△この動きは 振り子 の動き になるのですが、
 クラブヘッドの位置と反対に 頭が動くため
 振りが大きくなるほど 最下点は蕕縫坤譴泙后
スナップショット 1 (2013-02-13 14-14)

スイング中、インパクト以降 フォローでの
左肩の上への逃げ を 促す動き 
です。

廻る主動力(箇所)の意識を変えるべきです✋
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



参考のために、少々オーバーにして貰いましたが、
とても 多く見かける 素振り や アプローチショット です。

564dfb4d別な記事でも説明しましたが
ゴルフのスイングを簡略化(デフォルメ)し
一枚の平面、画面や紙に落とし込むと
スイングはこうなります。

平面上には 当然 奥行きは表しきれないので
からだが向きを変え(体がまわり)
奥に逃げているのは 上に上がって見える訳です。



首や頭、首の後ろを支点とした 振り子 に見える
というのも 分からない訳ではないですが、
それをそのまま 体現してしまうと
この言うパターンになってしまいます。

ゴルフレッスンを真面目に行っている女性にも多いですね。

首や頭などが支点 と思っていても
この振り方では グリップが支点、対称点になります。

ヘッドが後ろ(テークバック側)に行けば
からだは 飛球線側
打ち終わって、ヘッドが前に出れば
からだは後ろに下がる振り方 になりますから
理想的なスイングの最下点は
ボール付近、ボールより先 な筈ですが
実際には ボールの手前に なります。

シリーズ_Momentシリーズ_Moment(2)シリーズ_Moment(3)











映像で見てみると
素振りでは行っていない
 腕を縮める動作 が 本番のみ 見て取れます。


オリジナルは からだが向きを変えて
グリップが移動するから ヘッドは円を描き、
その からだの回転には 前傾姿勢という傾きがあるから
「振り子」のような動きに見えてしまうのですが、
スイングに振り子の動きは「存在しません

人間は機械のように 固定できませんし、
実際に行う場所は もっと凸凹した傾斜のあるところ…
振り子をしようとすれば 自分の姿勢が崩れ
振り子は出来たけど、ショットはミス になってしまいます。





手で振る、からだで振る は別として
ヘッドに円を描かせる意識 は必要ないのですが、
もしも ヘッドをこう振りたい こう動かしたい
と思ったら、 その円はグリップの移動で 作れば良いのです。

ボールを打っていると 兎角
意識は ヘッドとボールにいきがち ですが、
再現性、反復性 を考えるのなら
どうグリップを動かすと ボールはこう当たる
というのを考えないと 其の一球だけのショットになってしまいます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ