◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:手打ち


店長「ヘッド(クラブ)をひきずる…って なんか名称欲しい…ですけれど
 元々は 手で振らずに、からだの回転で
 クラブをターンさせましょう というのが原点です。

 クラブの先端である ヘッド を動かす のは
 動かすんですけれど、
 自分が からだの向きを変えて グリップを移動させ、
 その分、ヘッドが動く。。。。

 ヘッドを😬 シャフトを😬 自分で直接的に動かそうとしない。」

質問「似ているけれど 結構な違いなんですよね。 」
〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment
店長「はい。かなり違います。
 ヘッドを引きずるイメージで ボールを打つと
〇手打ちからさよなら出来る
〇インパクト時の伸び上がりをする必要が無い
〇ディッシュアングルを保ち易い
〇ハンドファーストのインパクトを造れる

 これらが 特典としてモレナク付いてくる と言った感じですので
 結構、お買い得だと思うんですけど…。」

質問「はい✋はい✋」

店長「どれもが 個々で、一つ一つのテーマ、課題として
 悩んでいる人が多いと思うんですけど、
 ヘッドをひきずるアプローチ、ドリル で
 いっぺんに解決の糸口が得られると思うんですね。

 手打ちの解決は メインの目的でもありますから当然ですが、
 伸び上がり って
 腕とクラブが長くなっちゃってるから起こる訳で、
 ヘッドを引きずると クラブは逆に短くなるので
 沈みこむは大袈裟ですけれど、
 どちらかと言うと そう言う雰囲気です。
 伸び上がったら届きません。
アドレス7

 ディッシュアングル…腕とクラブの角度ですけど
 からだの向きを変えて クラブを引きずれば
 次の『ハンドファースト』にならざる得ない✊
 それが ディッシュアングル✊ ですので
 あまり意識しなくとも 達成可能です。


 …その上で ヒトツ 気になるコトがあるんですね。」

質問「なんです❓ なんです❓」

店長「多くの方のスイングやショットを見ていると
 全員じゃないですけど、かなり多くの人が
 慢性的な 『インサイドから入れる』
 『アウトサイドイン恐怖症』
 『インパクトは体の正面で✋症候群

 だと思うんですね。

 コレって 初心者だけでなく、
 逆に ベテランほど染みついている感じがします。

 アウトサイドから振りたくないが故に、
 無理やり インサイドから振ろうとする、
 そうなると フェースが開くっていう副産物が付いてきたり、
 入射が妙に緩くなってくる、という
 結構、深刻な副作用が付いてきて ソレに悩まされる。

 『インサイドから入れる』
 『アウトサイドイン恐怖症』
 『インパクトは体の正面で✋症候群』

 を実行しようとするが故に
 切り返してから からだを廻さない んです。」

質問「!!!!!!」

店長「いろんな事の問題を解消するには
〇外から入っても大丈夫
〇飛んで 繰り返せるなら アウトサイドインもOK
〇飛んで 繰り替えるなら 別にインパクト何でどうでも良い

 と割り切って
 切り返し、一気に からだを左に向けるんです。
 からだを開く。
 それが からだの回転
 です。」

質問「!!!!!!!」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「絨毯の上で ヘッドを引き摺る、
 からだの向きを変え、グリップを移動させ
 その移動した分で ヘッドを移動せる、
 その感覚を経た上 実際にボールを打ってみる。
〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment
 アプローチとは言えないまでも
 練習のウォーミングアップとして 感覚を掴んでみる、
 それは 手打ちからからだの回転への移行として
 地味かもしれないけれど
 かなり効果のあるドリルになると思います。」

質問「はい。」

店長「そのドリル(アプローチショットですが…)の参考に有るのが
 コチラの動画になると思います。

 おそらく。。。ですが、
 多くの方は。。。ですね、
 テークアウェイで90度右を向けた 9時を向けた時計文字盤
 クラブを 90度戻そう、6時にしようと思っている、
 フルではないけれど クラブをターンさせる、
 それが インパクトだ と思っているんじゃないか
 と思うんです。
あなたの目にはどう見えるのでしょう❓_Moment(2)
 でも グリップを動かして、ヘッドを引き摺る 感覚では
 インパクト付近は グリップをからだの平行に
 打つ方向にグリップエンドを向けたまま 引きずる感覚なんです。

 イメージ・意識は『9時のまま引きずる』んですけど
 からだの回転が入って来ますから
 ボールへの到達時点で 8時とか、7時半とか。。。
 7時までは行か(さ)ない感じですね。

 トップの位置での クラブを
 その姿勢のまま、そのシャフトの向きのまま、
 からだを廻して グリップを引き摺り
 クラブ自体を移動させる・・・。」

質問「スライドさせるような感覚 ですね。」

店長「はい。
 実際には 動力がからだの回転、回転なので
 薄っすらとは クラブにも回転は入ります。
 クラブ、ヘッドの重さ、運動での加算 が入りますから
 ヘッドは留まろうとしますので
 からだの向きに対し 半分位の回転でしょう。」

質問「コレで 当たるんですね❓」

店長「当たる と言うか、打てます。
〇距離感としての 管理出来る速度
〇多少のズレがあっても 均一な打撃ロフト、ヘッド姿勢
〇ヘッドのアタックアングル
 これらを考慮すると コチラが『正当なアプローチショット』です。」

質問「ものすごく奇妙な感覚です。」

店長「だと思います。
 今まであった 何か肝心なモノが無い、欠けている、
 なのにボールに当たる、ボールを打てる、
 そう言う感覚なのでは無いかと思います。

 今までの感じでは アドレスを基準点として
 ソコに戻る、ソコがインパクトの合流点なのだ、と思うんですが、
 からだを廻して グリップを引きずるので
 ボールとコンタクトする合流点は ソレ よりも もっと後です。」

〇からだの回転_Moment(2)

質問「そうなんですね😊」

店長「少し ソレに慣れたら、
 回転の 横のクラブの動き だけでなく
 縦のクラブの動きにも意識して
 同じように クラブを引き摺る、
 ヘッドをボールに縦の感覚で『届かせようとしない』、
 ボールに正対、垂直になるようにしない、
 グリップエンドを打つ方向に向けまま
 ボールと自分の間を擦り抜けさせる、
 そう言う感覚だと思います。」
あなたの目にはどう見えるのでしょう❓_Moment
質問「当たるんですね…。」

店長「この 奇妙な感覚に慣れるコト が
 からだの回転への入り口 と考えて良いと思います。
 コレに慣れないと その先『ショット』につながって行かないです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ピンと来ないかも知れませんが、
 スイングには加速は勿論、あるんですけど
 一定の加速であって
 途中から ターボのように二重加速的なモノではありません
。」

質問「それは からだの回転と手打ちの違い、
 でもあるんですか❓」


店長「はい。
 からだの回転の場合、
 字面通り、からだの向きを変える速度が唯一の動力であり、
 加速も その回転速度次第 です。

 到達する速度
 例えば 時速40キロとか
 時速100キロ とかに対しての 均等な加速であって
 途中から 急加速をする、ようなことは
 からだの回転では難しいです。

 ですので アプローチの場合、
 自分の 廻る速度がダイレクトに ヘッドスピードであり、
 その調節が そのまま距離感 です。
〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment
 クラブ(手)を振らず クラブの姿勢、クラブの状態 は
 ほぼ 固定したまま、 からだの向きでクラブターンしますので
〇持ったクラブのロフト
〇持ったクラブの長さ
◎そして、自分の廻る速度 が距離を決める
 のです。

 一方、クラブを振る 手打ちの場合、
 クラブを振りますから 持ったロフトが打撃の
 インパクトロフトに反映され辛いですし、
 同時に、そのクラブ通りのアタックアングルになり難い
 もう、この時点で 同じ球、同じ距離を打てる可能性が
 からだの回転での打撃よりも低い、ですが、
葛谷2022816_Moment
 更に インパクト直前に、からだの回転が減速、停止 して
 その反動? 勢いで クラブをリリース、
 フリーにしてしまうので 速度も管理し辛い、
 三重苦 な訳です。


 ですので からだの向きでグリップを移動させ、
 その距離分、その稼働時間分、だけ ヘッドも動かす、
 引きずるかのように動かせれば
 少なくとも アプローチショットはかなり改善されます。」

質問「ものすごい意識改革が必要なのですね。」

店長「ソレはそう思います。
 今まで 手で振っていた、クラブをリリースし、
 クラブに残っている慣性 のようなモノで打っていた方が
 ヘッドを動かさない、シャフトを振らない は
 感覚として ボールが打てない と感じるでしょう。

 自分にとっての 打撃のエース、切り札 が使えないのです。

 リズム感も大きく変わるでしょうし、
 トライされた方、乗り越えた方 は
 からだに比べ、敏感、感受性の強い 腕・手で
 クラブを振る、ボールを打つ の充実感が
 からだの回転で打つ場合、何もない、まったく無い ですから
 掴みドコロもない のかも知れない。。。
 その位 違うのです。」

質問「ひええええええ」

店長「ですので 右打ちの方は左打ち、
 左打ちの方は右打ち、
 今日から 逆になる、位の気持ちで無いと乗り越えられない、
 位 意識、感覚、思い込みの差は激しい です。


 それともう一点、難所があるんですが、
 当初のテーマに沿うモノなんですけど、
 手打ちの方は 肩を廻す と 肩甲骨を動かす
 の違いが つかめていない方は多いですし、
 プロであっても 疲れてきたり、緊張感が高まってくると
 そのミスを犯してしまうほど 陥り易い部分 です。
〇肩を廻せ_Moment
 胴体を捻るタイプの 肩の廻し は
 疲労や緊張、からだがこわばってくると
 かなりの頑張りが必要で、
 そもそも 手で上げてしまうケースも多いうえ、
 胴体を捩じる(肩を廻す)促進・誘因として
 肩甲骨を動かす、腕やクラブを横に振る、
 をしてしまいガチ なので
 ソコに注意が必要です。

 そういうコトもありますし、
 どうせ 清水の舞台から飛び降りる位のつもり で
 手打ちを卒業しようとするのですから
 からだの回転も 股関節を境目として骨盤タイプ、
✅捻転タイプでは無く、
✅回転タイプに移行するのも良いかと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5


質問「肩を廻せ、左肩を入れろ の話しからは
 少し遠ざかってしまったような気がするのですが、
 手打ちの解消はそれと関係あるのですよね❓」


店長「そう思います。
 からだの向きで移動させるゴルフクラブとの接点、
 グリップの移動では足らない、その動力だけでは
 自分のイメージしている円が造り切れない、から
 手で振る場合が多いですから
 当然、それをする為の準備もあるでしょう。
 おそらく ですが、そのイメージが解消されると
 からだの廻し方やテークアウェイの取り方にも
 影響。。。変化が出ると思います。」
〇からだの回転_Moment(2)

質問「どうしたら良いのでしょうか❓」

店長「そうですね、いきなりスイング、フルショットは
 大変ですので、短い距離のアプローチ、もしくは
 アプローチとは言わないまでも 練習を始める時の
 ウォーミングアップ だと思って やってみるのが
 良いのではないでしょうか。

 やがて それでアプローチ出来るようになり、
 その影響は 必ず、通常のショットにも出ると思います。

 アプローチって訳ではありませんが、
 ウエッジで 10〜20ヤード程度の距離で良いと思いますし、
 短いクラブでの練習は腰を痛める可能性もあるので
 使うのは 7番アイアンとか、6番アイアンでも良いと思います。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ_Moment


^媼韻垢襪里
 肩を廻す 〜胴体を捩じって でも良いですし、
 足を使って 骨盤ゴト動かしても ドラでも良いと思いますが、
 そのからだの向きによって 移動するグリップの動き、
 その動きが終わったら、ヘッドの移動も おしまい
 です。

✋肩を廻す、胴体を捩じる時の注意点 として
 ショットでもそうですが、小さなアプローチなどで
 肩は肩周り、胸や背中も含めた 胴体の上側が動く、
 胴体が捩じられるコト で 肩甲骨だけを使って、
 疑似的な 肩の廻しをしないコト です。
〇目安としては アドレス・セットアップ時の
 グリップエンドとからだの距離は 概ね〜保つ、
 テークアウェイを取って その距離が近づくコトはあっても
 遠ざかることはありません。
 グリップエンドとからだの距離が離れる は
 肩だと思っている、腕(肩甲骨も含め)を動かしているだけ
、です。
青木2022826_Moment(2)青木2022826_Moment(3)





 ボールに当てる、ボールを打つ、そして ショットの終わり
 も からだの回転による グリップの移動通り、移動次第、
 グリップの移動が終わったら、ショットも終わり、
 ヘッドがソレ以上動くコトはありません



 コレは アプローチに流用、アプローチに発展した際、
 とても 大切な部分になります。


 今まで 手打ちがショットの中に入っていると
 インパクト付近で からだの回転とは別の 手さばきの加速、
 が入っていた筈 です。
 コレは からだの回転で勢い付け した クラブの慣性に加え、
 手回り、肩周り、肘さばき などで
 クラブの速度をフリーにする、
 まるで クラブを放り投げるか のような使い方 です。

 クラブの速度をフリーにして打撃してしまうので
 その速度は 管理〜コントロール出来ません。

 加えて ロフトを開いて、緩いアタックアングル、
 場合によっては 上り際で打つコトが多いですから
 ソコを急がなくてはならない、のは分かるんですが、
 グリップの移動通り にすれば 下がり軌道の時に
 フェースが下を向いて入り易くなります から
 その 管理出来ない フリーな加速は要りません。

 からだの向きによる グリップの移動 が
 イコール ヘッドの移動の速度の管理

 つまり からだの向き加減(速度) が 距離感 になります。

 コレ 結構、大切なコトだと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

店長「地面に置いたヘッド、絨毯の上を引き摺ったヘッド、
 これは2次元の、平面上の話し ですが、
 これを3次元、立体のスイングに当てはめても
 基本、ゴルフクラブの『自然な』動きは同じです。


 コレを例に 考えてみましょう。
〇からだの回転_Moment〇からだの回転_Moment(2)















 クラブ、シャフトと体の向きの関係です。
 トップの位置では 双方ともにだいたい同じ関係、角度、ですが、
 仮想のインパクトに向けて
 上:の写真は その角度が開いていきます。
 下:の写真は 同じ角度のまま です。


 運動が加わると ヘッド・クラブは重くなりますから
 むしろ 角度は詰まってくる、
 からだのラインに対し、クラブはより一層くっ付いてくる可能性が
 有ると思うのですが……。


 コレ、実験した時、
 上:1/4円を描く
 下:引き摺る

 を意識しただけで、それ以外はまったくの無意識なのですが、
 からだの回転が かなり違いますね。

 クラブの重さ、ヘッドの重さを無視して
 1/4円を描こうとする、クラブの長さを維持するようにする と
 先端部をたくさん動かさなくてなりません。
 非常に『意識的』『作為的』に、ですね。
  …信じている人にとっては…無意識の意識 と言えば良いんでしょうか…

 …そうすると 自然とからだの回転を抑える、
😊からだの向きを変える、回転って
 箇所は兎も角、どこか『自分の方に軸があって』
 この場合は 半時計周りをする訳ですが、
 先端で 1/4円描かせる、ヘッドをたくさん動かそうとする、
 をやると 軸を進行方向に対し後ろ(蕁砲砲困蕕靴
 回転そのものの移動量を減らしている、
 まるで 『ヘッド側に軸があって』
 それを支点に 自分が回転している感じに思えました。

 クラブ、ヘッドの重さが掛かる状態 であるのに
 円を描こうとすると 私は右打ちですが、
 どうしても 右手がボール側や下側、
 左手よりも前に出なければならないので
 そう言う感覚になるんだと思います。


 スイングで言うトコロの
 ボールを打つ、打ちに行く、打ち終わる、
 コレを からだの回転で行うと
 その流れの中で 自然と 打撃方向、飛球方向へと
 体重移動って訳ではないですけれど
 右打ちなら 左へ左へ、と行く。

😓ところが ヘッドに円を描かせる、ヘッドをたくさん動かそう
 とすればするほど 体重は後ろ、右に右に行く、
 まあ ヘッドを前に出すのですからそうせざるを得ない、でしょうね。」

質問「犬が尾を振るか、
 尾が犬を振るか、って感じですか。」


店長「そうなりますね。

 『ボールを打つため、ヘッドを動かす。』
 そのために からだの向きを変え グリップを動かす、
 ヘッドはシャフトでつながっているので
 グリップの動いた分、ヘッドも動き、
 からだの向きを『回転』させているので
 クラブに掛かる重さの分、差し引いて
 『クラブそのもののターンは 緩やかになる。』
 ヘッドの重さや長さ、運動による積算などにより
 半分位しか動いてくれない、
 動力が尽きてしまう…  …と理解しているか


 自分が180度ターンすると
 クラブ『も』当然180度ターンするモノ✊
 と信じている、深くは考えたコトないけれど
 そうであろう と思い込んでいるのなら
 
 " 手打ち って ちゃんと 自分の思い通りのプラン "
 な可能性は結構あると思います。

 からだの向きで足りない分、
 からだの回転の動力は尽きちゃう訳ですか
 あとは手で振る〜補うしかないのですから。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

店長「ちょっと 今回のテーマ
 肩を廻せ、左肩を入れろ というテークアウェイ系の話しからは
 少し逸れてしまう・・・・・・関係はありあり ですけど・・・。
 
 からだの回転で と 手打ち の関係なんですけれど
 そこは何度も言ってきているの ですが、
2017-06-13 19-07-51
 ややこしいんですけど ゴルフスイングは
 傍目から見ると 円を描いて見えるんですが
 当の本人、打ち手である自分自身は
  円を描こうとしてはイケナイ😬😬😬
 👉厳密には 円を描く意識は必要がなく、
  グリップを移動させられる分だけしか ヘッドは動かせない
  グリップの移動分以上、ヘッドは動かしてはイケナイ


 という パラドックスがあるんです。」

 質問「 は?? 」

店長「…まぁ そうですよね…😓

 お店にいらして 実体験でやってもらっても
 ピンと来ないのを 画像を使った としても
 言葉で説明しても 受け入れられない可能性は高い…んですが
 ゴルフスイング解明のヒント、かなり大きなヒントで、
 私の個人的な願望ですけれど、
 理解するようトライして頂きたい…です😓

 
 とりあえず 説明しますね。」


質問「お願いします。」

店長「大真面目な話なんですけれど
 ゴルフクラブってのは 無機質なモノで
 ナンの意志も意図も持っていません。」

質問「大真面目な話し、なんですね❓」

店長「はい。

 悶絶クラブのようにヘッドが重かろうが、
 ハードなシャフトでシャフトが重かろうが、
 重さは上下の動き、上に上げるのが大変、
 下に落とし易い、と言う重力に対しては反応しますけれど、
 からだ であっても、手で あっても
 横への移動の伴う 回転の味方はしてくれません。

 横への移動の負荷にはなるけど 原則、手伝いはしてくれません。

 重さ、その数値 何キロとか、何グラムとかは
 動きたがらない、ソコに居たい、留まりたい、
 もしくは 落っこちたい、上がりたくない
 を表した エネルギーの量 です。

Image20201006185024 (002)
 また、ヘッドが軽かった としても
 ゴルフクラブには長さ、そして 運動が加わるので
 重さ は 無くすことは出来ません。 


  よくある イメージ なんですけれど
 ボールを打たない、スイングとか、アプローチなんかで、
MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(4)MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(6)MVI_0878(2)_Moment(7)



 右打ちの人が 右を向いた状態から始めて
 左を向くと こういう風にクラブが動くモノ
 と思っている、信じている ゴルファーって
 100人に99人(100人❓)だと思うんですけど… どうです❓」

質問「ええええ 違うんですか❓」

店長「はい。 全然 違います。

 ゴルフクラブは無機質なモノです。

 打ち手……まぁ 私 としましょう。
 私がこれから 円運動をするか、
 それを持って 真っ直ぐ歩いて 散歩に行くか、
 それを 槍みたいにして突いて 壁に穴を空けるか、
 お薦めしませんが、夫婦げんかで使うか、

 判断する機能・能力は1个發△蠅泙擦鵝
 当たり前ですけど…。」

質問「はぁ…。 有ったら怖いです。」

店長「打ち手の私は 向きを変えて
 右向きから左向き、〇180度ターンするから
 ゴルフクラブも180度ターンする

MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(7)



 今や腕もクラブも固定状態なので、
 その 半径分、半円を描く と信じています…


 自分が180度ターンしたから
 『当然』クラブも180度ターンする、
 ヘッドは外周部に位置しているから
 たくさんの距離を動いて 半円を描く…と妄信しています。
 まさに 妄信 です。
MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(7)が、しかし、
それは単なる思い込み です。
ゴルファーの勝手な思い込みです。

 そんなコトは『物理的に』あり得ないんです。」

質問「ええええええええええええええええ」

店長「それはまるで
 空気抵抗の無い条件で
 1gの鉄の球 と 10キロの鉄の球を
 同じ高さから 同時に落としたら
 10キロの球の方が 先に地面に到達する✊
 と信じているのと同じ です。


✋じゃあ お家で、
 フローリングだとうるさいし、傷つくかも ですから
 絨毯の上でやってみましょう。

 クラブを使って 謎を解いてみましょう。

 右向き、とか 左向きは ちょっと省いて
 足、靴ゴト からだごと、右を向きます。

 地面にヘッドを置いてください。

 自分が持っているのはグリップ部 です。
 そこから 左を向く、靴ゴト、全部 左を向く。
 グリップを持っているので 右から左を向いた分
 グリップは移動し、ヘッド、クラブは引き摺られ…ます…が
images
 自分の思い描いている軌跡、道は通らず、
 クラブは半円 なんか 描かないでしょ❓」


質問「・・・・・描きません・・・・・・・。」


店長「スイングの最大の秘密 と言っても良いでしょうね。
 ゴルファーのスイングに対する 最大の誤解 とも言えます。

 自分が右向きから 左を向いて
 グリップを移動させた その量分しか ヘッドは動きません。
445
 ましてや 腕とクラブの半径分の 半円なんて…
 その半分位の 直線と円の間の
 想像よりも うんと自分に近いトコロ を引き摺られていきます。
413
 そして これは何度繰り返しても 同じような感じになります。

 円を描く 角度運動はとても少ない。
 ゆるやかに ターンはして行きますが、
 回転というよりも スライドに近い動きになります。

 右向き⇒トップの位置から インパクト〜右向きの戻し まで
 イメージの中では 90度のクラブターン
2017-06-13 19-07-51
 インパクトから この場合のフィニッシュまでの左向き、
 それで 残りの 90度のクラブターン、
 都合 180度のターンがされると 思い込んでいるけれど、
 その グリップの移動によって 引きずられるクラブは
 インパクトまで 30度位、多くて45度
 インパクトから 30度位、多くて45度
 自分が180度ターンするのに対し、
 多くても90度、少なく見積もれば60度位しかターンしていません。

 何度繰り返しても同じ です。

 その様も ヘッドが引き摺られる道のりも同じです。」

質問「。。。。。。。。。。。。。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「望ましい形でのからだの回転とは それが
〇胴体を捩じるタイプの肩の回転(捻転タイプ)であっても、
〇骨盤から 上半身ゴト右を変える回転(回転タイプ)であっても、

👉クラブと自分の関係を変えない、
👉両腕の長さに制約を受けない、
コトが
 『からだ』の回転の主目的 です。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ_Moment
 クラブヘッドは ロフトやライ、フェース角度は
 相互に絡み合っていますので
 飛び出す上下方向角度(高さ)、左右方法の角度(方向)、
 ボールに加えられる回転など
 安定して、繰り返せるようにするのは簡単ではなく、
 それであるのならば
 そう言った角度を 動作中に、
 あまり(殆ど)変えず、腕やクラブを!では無く
  
クラブを持った自分自身が『ターン』しちゃいましょう
 その方が 確率として 繰り返し易いですよ✊

 なのが からだの回転 です。」

質問「確かにね…。」

店長「忘れられがちなのが
 クラブの弧の大きさ、
 ヘッドのボールに入ってくる角度、
 入射角度、アタックアングルも ロフトの一部です。

 ハンドターンの場合、
 フェースターンが必要になるコトが多いので、
 腕も含めた、ですが、
👉クラブの長さが早い段階で長くなり易く
 本来の、そのクラブ、その番手の長さ(短さ)が
 活かされるコトが少なくなります。
((((ハンドポジション_Moment
〇肩を廻せ! 左肩を入れろ の話しに戻りますが、
 腕だけを横に振る、手上げ だけでなく、
 肩を廻す為に腕を振る、クラブを振る、も
 肩は廻るんですが、
 クラブと体の関係は崩れてしまうので
 からだ(この場合は肩)を回転させる目的からは
 外れてしまいます。

腕やクラブを振って、胴体を捩じるケースでは
容易に 腕・クラブだけを振るケースにも
行き着き易いので 基本的には避けたい のです。」

質問「クラブはいつもからだの前に✋ って
 言いますよね。」


店長「はい。
 ホントに からだの正面 って訳には行かないですけど
 アバウトで からだの幅の中に って言うのは
〇ヘッド姿勢を大きく変えない
〇両方の腕の長さに制約を掛けない

 というコトだと考えて下さい。

 ですので 胴体が捩じられ、肩が回っていても
 からだの正面、からだの幅からクラブが外れてしまっている
 そういうテークアウェイ、上げ方 では
 どうしても インパクト付近でのズラシタ分の修正 が必要になり、
 それは からだの回転では補いきれません。」
((((((((_Moment

質問「からだの回転 と 手打ち/手振り との関係 にも
 つながってくるのですか❓


店長「まぁ そういうコトにもつながって来ますね。
 クラブのターンを からだの向きでするのを
 ボディターンとか、ボディリリース、
 クラブのターンを 腕や手でするのを
 ハンドターン、ハンドリリースと言います。
 
 どちらが良い悪い、正しい間違っているでは無いですが、
 よりシンプルで、体力頼りでは無いのは前者なので
 肉体に自信の無いアマチュア向き と言えるでしょうけど…。
 結果、として ハンドターンになっている人が多い、
 望んでそうしている訳では無いけれど
 スライスするとか、飛ばないとかの理由で せざるを得なくなっている、
 というのが現状だと思うんですね。」

質問「その解決法ってあるんですか❓」


店長「あります。
 肉体的な、または 技術的な問題 では無く
 『スイングってこう言うモノだろう』と言う思い込み
 が その差を生み出している と思います

 ですので その思い込み、その誤解が解ければ
 はい、すぐにパンパン打てる って訳には行きませんけど
 なんとなくの 形は直ぐに可能、
 肉体的には その方が楽な筈ですし、
 技術的には 既に持っている、知っているモノばかり、です。」


質問「ソコを! お願いします✊」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「打つための姿勢、アドレスを取る際、
 出来るだけ ボールに正対しなさい とよく言われます。

 一方、右手は左手よりも遠いトコロを握らなくてはならない。

 この二つを 成り立たせる為、
 からだをやや右に傾ける、ほんの微妙に、ですが
 傍から見たら やや 左サイド、
 本当に微妙にですが、左サイドを上げる必要があります。
3f148fe4swing102
2016y09m07d_191658711










 背骨を右に反らせる、倒す、のは
 からだへの負担が大きいですから
 骨盤自体、股関節から上の上半身そのものを
 右を低めにする感じ と言えば良いでしょうか

 割合は言えませんが、
 微妙に 右に多めに体重が乗る感じになります。

 テークアウェイの初動が取り易くなると思います。

 骨盤の傾きが無いと・・・
(アドレス
((アドレス_MomentIMG_0101








 からだが 捻じられた姿勢 で始まるコト になります。」

SGさん「自分がどうかを棚に上げますけど、
 ゴルフの年数にかかわらず
 こういう アドレスしている方、結構、見かけますよね…。」

店長「少なくないですね…。
20220708_Moment
 当たるようになり、打てるようになると
 利き腕の右手で打つ癖が 強くなったり…します。

 ダウンスイングからインパクトにかけて
 右腕に対し、左腕の長さが邪魔になり易いので
 それは よりポスチャアに反映され その捻じれは強くなります。


 また、 左右のグリップの 上下に対する密着感がない、
 左右が大きく離れてしまうと
 その離れ度合いは 当然、姿勢に影響します。

 左右のグリップが離れているコト、ソノモノも良くありませんが、
 離れる原因 がありますから
 たくさん球を打つ、ラウンドで疲れてくると
 その離れ具合は増していき、
 それも 当然、ポスチャア、アドレス姿勢に影響を与えます。

 それによって ボールの位置 なんかもズレたりします。
 
 からだの上下感 が箇所ごとに異なる、
 からだの左右の向き感 が箇所ごとに異なる、
 これが 微妙に変化してしまうのですから
 傾斜に対する反応や向きが狂うのは致し方 無いと思います。

 ベテランゴルファーにも重要ですけれど
●左右のグリップ、上下の密着感、
●そして それを違和感にしない、変化を生まないクラブ扱い、
●アドレス時の 骨盤の傾け方、
 ここら辺が改善されるだけで かなりミスは事前に改善できると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「閑話休題になってしまうかも知れませんが、
 女性の場合 ウエア というのは とても大きな要素、
 ゴルフを楽しむファクターだと思います。

 このウエアが着たいからゴルフをする✊

 と言う発想は男性には少ないかと思うのですが、
 女性には 結構、あるんじゃないかと思います。

 年齢に関係なく、普段では着れないような
 『可愛い』ウエアはかなり大量にありますので
 練習ばかりでなく、ウエアのウインドウショッピング
 も重要になるかも知れませんよ。
 オシャレ系のモノもあると思いますが、
 体育会系のモノもありますから 色々と…。

 私自身に経験は無いので、推測ではありますが、
 ウエア買っちゃったら 続けざるを得ない、辞められない
 空気になるんじゃないでしょうかね。

 練習場〜ショッピング〜練習場〜ショッピング
 みたいな テンポが必要じゃないですかね❓」

SGさん「心掛けておきます😬」

店長「グリップの話しに戻りますけれど
スナップショット 1 (2014-06-24 14-49)
 今回のように 目的が別にある場合、は除いて
 チカラのない方や女性も含め、
 手で振ったら クラブがすっ飛んでしまう😬
 クラブを握っている 自分自身が動くコトで
 クラブが動く、円を描く と言うのが
 握り方のほうの、グリップの話し です。

 ですので 握り方のグリップだけでもダメでしょうし、
 動かし方もダメでは クラブがすっ飛びます。

 握り方の方は 手で振る場合、
 支点になるのは 左グリップなので
 どうしても 左グリップが強く・・・ 深く・・・
 棒の全方位を丸く握るコト になりがち です。
IMG_0529IMG_0528







 女性こそ からだの回転でクラブを動かせれば
 男性に引けを取らない飛距離を備えられますので
 グリップ〜アドレス は重要になると思います。」


店長「女性に限りませんが、グリップで最優先事項になるのは
 左右のグリップがルーズにならない、密着しているコト、
 上下に離れないコト だと思います。
 上下に離れなくて『済む』グリップを、アドレスを、
 クラブ扱いを造るコト だと思います。

 左グリップを支点にしてクラブを振るスイングでは
 左グリップの握力が重要になります。
 握力はゴルフをする筋肉の中では 小さく、
 耐久力・持久力の低い箇所である為
 ホールが進む、ラウンド後半になってくると
 いつも通りのグリップ茲任六戮┐れなくなってきますので
 どんどん深く握るコトになります。
42ea91fd

 握力次第ではありますが、非常に例外は少ないです。

 左グリップが深く握るようになると、フック度合いも深くなり、
 右手の入るトコロがどんどん無くなり
 左の握り具合 だけでなく
 右と左のグリップの距離感もどんどん離れるようになります。


 左の握り具合も変わり、
 おそらく 左の手首もどんどん甲側に折れ、
 右手はどんどん遠いトコロも握るコトになる。
20160501
👉アドレスに影響が出ない訳がありません。

 グリップも、アドレスもそうですが、
 手打ちと言えば良いのか、左グリップを支点にして振る
 ゴルフスイングのタイプの最大の問題は
 手で振るその振り方ソノモノの問題では無く
 この疲労による 良くない変化がラウンド中に起こるコト
 と言って良いかも知れません。

b7055bfb2eea97122aee59c31313e223
 これはアマチュアに限らず、試合に出ているような
 プロゴルファー、女子に限らず、男子でも
 かなり頻繁に見られる ミスの主要因だと言えます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「トゥアップ、トゥダウン、シャフトのしならせ〜しなり戻し 
 言い換えると シャフトの使い方 になる訳ですね。」
202252_Moment

店長「そう言えると思います。
 
 ただ 弊社のクラブのように 放っておいても
〇シャフトがしなってしまうモノ と
〇しならせない と 動かない・しならないモノでは
 使い方は真反対になってしまう可能性はありますね。

シャフトを意図的にしならせて〜しなり戻して は
(ハンドリリースサンプル集_Moment(3)なんだか 上手になった様なニュアンスを含む言葉 ですが、
その実、手を止めて、クラブだけ動かすコトを指しますから
からだの向きとクラブを分断する、
要するに『手振り』になります。

将来的なコトを考えると 出来るだけ避けたい、のですが、
硬いシャフト・軽いヘッドの場合、
 そういう お上品な使い方では飛ばない😵
 めちゃ振りするか、当てるだけにするか、になっちゃう😵
 そうならないスペック、そうしなくて良いスペック、
 トゥアップ〜トゥダウンさせなくても ボールに届く
 シャフトの硬さ(柔らかさ)を選ぶ のが肝心と思います。」
 

質問「ブログ等を読んでいると
 ドライバーはシャフトが柔らかめ
 アイアンは硬め 〜従来通り

 の構成で使っている方が 非常に多い、と思うのですが
 ソレって どうしたら良いんでしょう❓」

店長「ソコが一番の問題じゃあないですか⁈

 対処の方法は無いです。

 おそらく、ドライバーは 左足かかと、
 ティーアップの高さが高ければ 左足つま先
 アイアンは からだの真ん中よりもやや右寄り、
 とりあえず ボールの位置で対処するんだと思いますが、
 ソレで対処しきれる 硬さの差 ではありませんので
 双方が上手く行く、と言う日は非常に少ない…。

 だいたいの場合ですが、ショットの練習やスイング造りは
 ショート・ミドルアイアンで行いますから、
 ドライバーに移行した時に苦労する。

 ドライバーショットに慣れてくると…。
 昔に比べ、ドライバーのシャフトが柔らかくなり、
 楽になりましたし、練習場で使うとストレス解消になるから
 ドライバーをみっちり打つ人が増えましたが、
 アイアンに移行すると てんでダメ。。。😵
(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)







 きついクラブから 楽なクラブはなんとかなり易いですが、
 楽なクラブから きついクラブはまず上手く行きませんから
 コースで言うと
✅距離の短いミドルホールで たまたま ドライバーが当たる、
 グリーンの目の前まで 行く、
 そこから トップ😵 ダフリ😵
 気温が下がってくるとシャンク😵
 そう言うゴルフをするコトになりますね…。」

質問「もしかすると スイングを造る際、
 ショットの練習する際、シャフトの硬い きついクラブ、
 この場合はアイアンになると思うんですが、
 それを使うための、ソレで打つための 技巧 が
 トゥアップ〜トゥダウン、シャフトをしならせて〜しなり戻す
 😵…手打ち、というコトになるのですか❓」

店長「だと思いますね。
 からだを廻せ とか 手で振るな、
 なんて言うのは 気にしていても 始めの数球で、
 目の前にでる 弾道や距離 が気になりますから
 本能的な反応 などの方が優先することになると思います。
(腕とクラブはLOCKんロール 2022523_Moment

 硬いシャフト、飛ばせないクラブ、
 ソレで ボールを中に置いて打つのですから
 手で振らざるを得ない打ち方に自然と行き着く
 と言うのが アマチュアのスイング造りになるんだと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだの回転で『振る』のは
 手を使わない訳ではないです。
 ややこしいですけど、主に 手で円を描かない、
 からだの回転を主で円を作るコトで
 手を使わないコトを指す訳ではありません
井上2020725_Moment

 からだの回転と同期するのなら
 形式上、からだの回転の補助になる…
 円を描くのが からだの向きが主であれば
 どんどん 手は使って良いんです。」

Rさん「からだの回転✋✋ って言われると
 手を使うのが 悪い みたいに思ってしまいますよね。」


店長「ですね。
 でも 一旦、腕さばきで クラブが短く、
 円弧で言うと 小さな円になっている訳で
 元に戻さないと 正常な円の大きさに戻せない。
 間違えてはイケナイのは 円を大きくすればするほど
 良い訳では無く、多少の許容幅はありますが、
 それを 上回る 円弧の大きさを造ってしまう と
 からだの回転では 円弧を造り切れなくなっちゃうので
 適時、適切な、 円弧の大きさ と言う意味です。」
やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Momentやってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(2)やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(3)







Rさん「ソコ 難しい…ですか❓」

店長「いえいえ
 難しくなってしまうのは スイングのタメ みたいなモノを
 からだの向きに対する 腕の遅れ にしてしまうからで
 クラブ、先端の重さのヘッドは遅れていいんです。
 腕まで遅れさせちゃうと
 からだは回していても 最後、打つ時、
 手で振らなければイケなくなってしまう、だけです。

 どうしても… ってところはありますが、
 手で振らないと 満足出来ない方✊
 充実感を優先させたい方✋
 ソコソコ 腕力に自信の有る方✋

 は 積極的に 手、まあ この場合は腕 というか、
 切り替えし で 腕のリリースから『始めて良いんですよ。
 
 だって 積極的に 手で打ちたいでしょ❓」

Rさん「!!!!!!!!」

店長「言葉で伝え難くはありますが、
 バランスボール(重たいモノ)を持って
 トップの位置のように 腕をたたんで
 そこから からだを廻すと、
 バランスボールの重さが増し、
 腕をたたんでいられなくなり、
 結果としては 腕、右打ちであれば右腕は伸ばされます。
(からだの回転と腕・クラブ_Moment

 腕で打ちたい人、腕を強く使いたい人 は
 それを 積極的に、 先に やるのも アリ です。
 右打ちであれば 右腕の伸ばし、
 リリースですね、
 それに からだの回転が追い付かれなければ良いのです。

 スイングで言う 左腕 というのは からだの回転
 のコトを指します。

 一般論では からだの向き、回転に対しての 腕は補助、ですが、
 その反対であっても 同期していれば、
 からだの向きで 左腕が、右腕に追いつかれずに
 逃げ切ってしまえば 良いだけ のコトです。
 どちらも 追いかけっこ であるコトに変わりはないです。
(からだの回転と腕・クラブ_Moment(3)

 からだの回転を 主 と思っても
 腕が からだの向きについて行かず 遅れれば
 👉 結局、手で振らざるを得ない、
 プロの試合でも そんなミスは山ほどあります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Rさん「手で振らない感じを教えて貰いたいのですが…。」
会田20210701_Moment

店長「そうですねー。
 手で振っても大丈夫なのは
 やっぱり 若い時だけですからね、
 私たちの年齢だと 腕立て伏せとか、懸垂とか
 出来ても 回数とか、長時間とか もちません。
 
 歩くこと に関連する脚力は
 腕力に比べると 耐久性もありますので
 出来るだけ そちらにシフトしたいですよね。」

Rさん「はい。
 中途半端な からだの回転 って
 ヘッドを返していない分、つかまりが悪く、
 スライスになって 飛ばないので 悩みます。
 手でヘッドを返せば 飛ぶのですが、
 持続性は乏しいですし…。」


店長「あと 最近のゴルフクラブ、
 そして ボールは 低スピン嗜好が強いですので
 ロフトも減ってしまう ヘッドターン は
 飛距離につながり難いですし、
 昔のスライスと同じように 大きなミスになります。」
Rさん バルブは開ける方向にお願いします_Moment

Rさん「ほんと…ソレ…。」

店長「悶絶クラブ使用者は 耳タコ かも知れませんが、
 まずは 基礎概念として
 『ヘッドはグリップを追い越さない』という
 意識はとても大切だと思います。」

Rさん「最近、分かり始めてきました。」

店長「スイング動作って
 当然、終わらなければなりません。
 回転するにしても 永遠にくるくる回る訳にはいかない、
 ですので スイングの終了に伴って
 動作の減速、停止、するんですが、
 その際に、速度の上がっていた クラブ、そしてヘッドには
 まだ 運動の慣性が付いていますから、
 結果、グリップ を追い越すコト になるんですが、
 そこは 『打った後』の話し で
 それは 『打つコト』そのもの ではないんですね。」

Rさん「はい…。」

店長「ですので 打った後、打った間際 で
 ヘッドが先にいく  のは構いません。
 無理に止めると 手首や肘を傷める可能性があるので
 そこは 自然に流してしまうべきでしょう。

 蛇足ですけど、硬いシャフトだったり
 軽いヘッドだったり すると
 フォローが出ない、フィニッシュに行き着かない、
 って言うのがありますけれど、
 悶絶クラブですと それは無い、
 良くても 悪くても 無理やり フィニッシュに行かされます。
 それを止めたら 痛めちゃいます。

 笑い話ですが、実際、過去に
 それをデモンストレーションしようとして
 痛めた方がいらっしゃいます。


 ですので 『ヘッドを走らせよう』
 なんて言葉に踊らされないようにしないとイケマセン。」 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ショットのミスにつながる テークアウェイのミス
 その多くは 左腕の運動量と右腕の移動量のミスマッチ です。
 からだの向き、ソノモノでテークアウェイを取れていれば
 左右の移動量の差は殆ど無い…筈 ですが、
 多くの方が 左腕の動きが多くなっている。。。」
スナップショット 1 (2014-06-24 14-49)

Kさん「ダウンスイングで 左腕の長さ の解消 に
 苦労する訳ですね。」


店長「そうですね、
 ダウンスイングで フェースローテーションする人にとって
 左腕の長さが長い、左腕が邪魔 というのが
 ミスの原因になったりしています。
スナップショット 1 (2015-02-06 3-41)

 ダウンスイングにとって
 運動の一番先頭であるべき、左腕の
 切り返しの動きだし遅れ も少なくないです。」

Kさん「質の良い 右向きが欲しいのですね、」

店長「はい。
 一般的に テークアウェイ、テークバックは『上げる』
 ダウンスイングは『降ろす』と呼ばれますが、
 それは 前傾姿勢のある基礎姿勢が向きを変える為、
 グリップ、クラブの高さが 高くなったり、低くなったり、
 そう見えるからであって
 左グリップを 「上げる」必要性は無いと思います。
 からだが ちゃんと 右を向けるのであれば
 それで高くなる量で十分です。」

Kさん「左手は上げる必要がない…と。」


店長「そう思います。
 左腕単独の動き、ソノモノが要らないと思います
スナップショット 2 (2016-06-27 23-07)

 ゴルフスイングの用語 で言うと
 右打ちにとっての左腕は からだの回転のコトを指
  と言っても過言ではありません。
 左腕を移動させる は からだを廻すコト です。


 ですので テークアウェイでも
 からだの向きと左腕は固定された関係 と考えて良く、
 右腕が曲がり、短くなった分 クラブが起こされる、
 その分、少し上がる、上がった 程度で十分だと思います。
 量で言うと この程度です。
スナップショット 2 (2014-03-04 10-51)スナップショット 3 (2014-03-04 10-52)スナップショット 4 (2014-03-04 10-52)


 当たり前の話し なのですが、
 テークアウェイは ボールを打つための準備、前動作です。
 からだの回転を主にするのであれば 右向き、
 手で振るのであれば 利き腕である右腕の動作、
 それが 打つための前動作 として 必要になる訳ですが、
 左手、左サイドでボールを打つ つもり が
 強くないのに 左手、左サイドばかり 動かすのは
 ナンセンスだと思うのですね。」

Kさん「確かにね…。
 そう言われると 手で振るにしても
 左腕や左サイドが邪魔になるのは仕方ないですね。」


店長「理想的には ヘッド姿勢、フェースの開閉という
 手間が不必要になるので からだの向き主体にしたいですが、
 そうでなかったとしても
 利き腕の右腕が使える準備、
 振りかぶる動きを主体にしても良いのでは、
 と思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「スイングでよく言う リキミ みたいなモノも
 関係があるんでしょうか❓」

店長「有ると思います。

 リキミ の多くの場合、
 自分で作り出してしまう、増やしてしまう、
 クラブ、ヘッドの過度な重さが原因 であったりします。

〇ヘッドを振る、ローテーションする為に
 フェースを開いてテークアウェイを取れば、
 フェースを開いて上げていないの比べ、
 当然、ヘッドは重く感じます。
((((((((_Moment
〇クラブ、ヘッドを積極的に動かさず 自分自身が右を向く
 これが テークアウェイ、スイングの原則ですが、
 そうでなく クラブを、ヘッドを動かしてしまえば
 当然、よりクラブは重くなってしまいますし、
 そう言う場合、肩周りか、腕でクラブを動かしている、
 支えている訳ですから ソコに重さが掛かる、
 つまり 力む訳です。
【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment(2)【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment(3)








 インパクトへ入ってくるのに
 肘とグリップ出来ている三角形 の 下側、裏側と言えば良いのか
 そちらが ボールなり、目標を向いている、
 でも、からだの向きが変わるから ボールは打てる訳で…

 その三角形を 腕で表向き にしてしまうと
 クラブのターンは『二重』になってしまいますよね。
(からだの回転と腕・クラブ_Moment(からだの回転と腕・クラブ_Moment(2)








 打つまでの ヘッドの軌道も必要以上に大きくなりますし、
 クラブヘッドに遠心力もかけている。

 例えば ですけれど
 インパクトで伸び上がる は聞いたコトありますけど
 インパクトで縮み込む と言う悩みはあまり聞いたコトありません。

 手が浮く 〜ディッシュアングルが無くなる  もありますが、
 インパクトで手(グリップ)が沈む悩みも聞いたコトありません。
 スイングの種別に関係なく
 ダフル と言えば ボールの手前 で
 ボールの先をダフル人は 見たコト無いんじゃないです❓
(ハンドリリースサンプル集_Moment(3)
 つまり どれもこれも 必要以上に
 スイングパス(軌道)が膨らみ過ぎていて
 遠心力がかかり過ぎている
 『遠心力への対処』『求心力な動作ばかり』 ですよね❓


 クラブと腕で グリップが先頭になった『V字型』で動いているのと
 クラブと腕が ひとつの直線に近い長さで動いているのでは
 当然、打ち手に 掛かる重みも かなり違いますから
 どちらが『力む』コトになるかは 明白 だと思います。」

質問「ですよねー。」

店長「まったく腕を使わない訳じゃぁないですけど
〇からだの向き主体で クラブをターンさせるのと
〇曲がった腕を伸ばすコトを主体で クラブをターンさせるのでは
 それは後者の方が リキミが『必要』になります。
 前者の方が からだの近くをグリップが通ります。
 後者は どうしても『伸ばす』動作が明確に存在するので
 伸ばせる姿勢になるのに 切り返してから『一呼吸』以上必要で
 グリップはカラダから離れて行こうとします。
 より クラブが遠くを通り易いので 力みますよね。


 そもそも…ですけれど
 テークアウェイの段階において
 腕のリリースによる打撃が主になるように
 クラブを開いたり、寝かしたり した時点で
 からだの向き主体で はかなり無理があります。

 裏投げ って呼んでますけど、
 こういう感じが掴めてくると
 テークアウェイも、アドレスやグリップも
 意識的でなくとも 変わってしまう可能性は高いですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「お店にあるバランスボールは
 3舛硲記舛瞭鷦鑪爐あるんですけど、5舛諒を使うと
 運動が加わって その重さは 実質十数キロ
 になると思うんですね。」

質問「大変そうです。」

店長「よく言う 遠心力を掛けると
 トップ付近で曲がっていた 右腕(右打ち)は
 伸ばされてしまう のですが、
 それを 意図的に伸ばそう、
 もしくは 右手の方を打つボールの方に出そう、
 バランスボールを反転させてしまう、と
 その重さ によって グリップそのものが自分から離れます。
 ゴルフのスイングで言うと グリップが浮く って奴ですね。
 二重に遠心力掛けちゃってるから仕方ないです。

 腕とクラブも必要以上に長くなっちゃってますから
 からだも伸び上がらざるを得ません。
(jc(jc4










 両肘とグリップで作る三角形の
 クラブのある上側、表側 と クラブの無い下側、裏側、
 裏側、下側を目標、ボールに向けたまま
 からだの廻してくれば そのからだを廻すコト
 ソノモノが打撃 になりますが、
 上側、表側 を向けるとなると
 一度 どこかでからだを止めるとか
 左を向いてしまうとか しないと それは出来ません。

 からだの伸び上がる って動きは
 そう言うモノの 本能的な処理 と言って良いのでは
 無いかと思います。
 単に『伸び上がらないようにしよう』では
 まず 解決しないでしょう。」
(からだの回転と腕、そしてクラブ_Moment

質問「トップで作った 右手/左手の相関関係を替えず
 そのまま インパクトに入る・・・と?」

店長「そうです。
 左手の方が打つボールに近い方、
 腕の三角形は裏側を目標に向けたまま、
 もし 重たいボール、クラブの代替品ですが、
 それをリリース、放る のであれば
 下、斜め下 の方向になると思います。

 コレ 実際に試す と分かるんですが、
 バランスボール 重たいボールを
 ターゲットに投げる となると
 そのタイミングが命 になります。
 ですので 速度をあげると
 こんな単純な動作でも 同じことをしにくい、
 同じタイミングでボールをリリースできないので
 投げる方向、投げる角度 もマチマチになります。
 スピードを上げれば 上げるほど
 リリースのタイミングが難しくなり
 上げるスピード、どこかで止まる、
 と言う矛盾する動きが必要になってくる。
(からだの回転と腕・クラブ_Moment(3)

 ところが ボールを自分のフトコロ、
 下に放つ、手放す
 とするとなると
 その重さに逆らう必要がありませんので
 タイミングはあまり重要でなく、
 似た動作を繰り返し易くなります。
 結構、違います。
 裏投げとでも呼べば良いのか分かりませんが
 ボールの手放し方がだいぶ違うと思います😵

(からだの回転と腕・クラブ_Moment2022-06-27_12-09-57_Moment(3)








 そう言う感覚を既にお持ちの方もいらっしゃるでしょうし、
 全員の有効か は分かりませんが、
〇クラブを放つ
〇クラブを『目標方向に』投げる
〇からだの回転を使って 腕・クラブを振る
〇重さの定義に逆らい この場合はボールですが、
 クラブを反転させる

 というイメージを なんとなく抱いている方には
 かなり有効なドリル、イメージになり得ると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「コレ 全員に該当するか、どうか は
 分からないのですけれど
 多くの人で実験してみた結果、
 ゴルフスイングのイメージですが、
 からだの回転で✋ を意識すればするほど
 結果、手打ち😵😵😵 になってしまう
 が
 あるのです。」

質問「どういうコトです❓」

店長「少し重くなったボール、
 バランスボールって言うんですけど
 それを使ってみると 分かり易いかも知れません。
(からだの回転と腕、そしてクラブ_Moment

 これ バランスボール、重いボールである意味は
 ゴルフクラブって 運動、特にからだの回転を始めると
 想像以上に重くなって
👉自分の思った通りには動かせない、
 と言う感覚と
 逆に、その重さを利用して 腕を使う、腕を動かす、
 回転でかかるであろう 遠心力や重力などの
 不可抗力を考慮しながら 自分の想定通り
 腕を動かすのには どうしたら良いだろう、
 と言うヒントになると思います。」

質問「体力的にも良いトレーニングになりそうですね。」

店長「ダイエットになるか、どうかは定かでありません🙄
 股関節のトレーニング や ストレッチにもなりますので
 お薦めです。2繊腺貝前未良いと思います。


店長「細かいコトは言わずに、、、ですね、
 ゴルフスイングイメージで って言うと、
 また、バランスボールを放って下さい と言うと
 だいたい こういう感じになります。

 言葉で説明するの 難しいんですが、
 トップの位置では 左手の方がボール側、
  画面の平面上で言うと 画面右側
 右手の方がボールから離れた側
  画面の平面上で言うと 画面左側 になりますよね、
2022-06-27_12-09-57_Moment

 普通にすれば。」

質問「そうですね。」

店長「多くの人は、ですね、
 からだの回転で を意識しています。

 ですが クラブを振る、クラブをリリースする、
 この場合ですと バランスボールを投げる に該当するんですが、

 からだの回転『通り』
 前傾姿勢を抜いて
 からだの回転『通り』に横にボールを動かそう
 とするが故に
 どこかで 右手左手の入れ替え ターンが必要になります。」

質問「入れ替え って言うのは
 トップの位置で 左手がボール側(画面右側)、右手が離れた側 を
 逆転させる ってコトですね。」


店長「そうです。

 今回、これをするのを 重いボール バランスボールで
 やっている意味があるのですが、
 回転という 運動をすると
 当然、ボールはより重くなります。

 バランスボールの移動と言う面において 重くなるのと同じく、
 バランスボールの姿勢と言う面においても 重くなります。」

質問「つまり からだの回転という 円運動をしても
 バランスボールは回転したがらない⁈ と。」


店長「当然、そうなります。
2022-06-27_12-09-57_Moment(3)

 ですので 右手の方をボール側(画面右側)にして
 バランスボールを放り投げるには
✅からだを左に向けてから ボールを投げる か
✅からだの回転を止めて ボールを投げる か

 の二つしか 選択肢がありません。

 どちらも『からだの回転で作った勢いは使ってはいる』のですが
 結果、としては 手で振る動きでリリース
 せざるを得ない のです。

 からだの回転通りに 腕、クラブを動かそう
 とすればするほど
 前者は からだを開いて〜左を向いてから振る か、
 後者は からだを止めてから 腕を振る か

 そのどちらか、
 つまり 手打ち 手振り にならざるを得ない のです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「自分だけの その秘技を極めるのも ゴルフスイング の
 ひとつ ではありますし、それで楽しくゴルフをしている人も
 たくさん居ますので、他人が否定する事ではありませんが、
 教科書に載せるにはちょっと・・・・と言う感じです。
 それを 総称して 手打ち/手振り と呼んでいます。
202252_Moment
 一方、クラブはトップの状態でロック
 あとは カラダの向きを変えるだけ
 であれば、ロックする時のクラブの状態
 を変えて置けば、動作中の変化は少ないので
 軌道には影響が出にくい、
 ですので
 弾道を変える、治すことが可能なのです。

 だから からだの回転でクラブは動かしましょう✋
 と推奨しているのです。」

TSさん「あああああああ なるほど、なるほど、
 やっと分かってきました。
 手打ちで無い方が良いのは分かるんですが、
 そのポイントが掴めていないと 出た球に応じて
 ダウンスイングやインパクト付近で ヘッド姿勢変更や
 スイング軌道変更をしてします ので
 👉肝心なトコロが手打ち になる。」


店長「そうですね😊
 手打ち/手振り の場合、
 ヘッドの姿勢変更をすると 軌道も同時に、
 軌道変更をしようとすると ヘッド姿勢も同時に変化してしまいます。
 また、その変化の具合は 重心位置などにも左右され易い。
 というコトで その具合がウッドとアイアンで異なる場合も多い。
 ヘッド姿勢と軌道、二つのことが相互に影響し合うので
 同じようなショットを続けにくくなるのです。」
会田20210701_Moment

TSさん「クラブの影響も大きいんですよね?」

店長「ですね。例えば 理想的な、正規な入れ方 では
 ヘッド姿勢は固定、軌道自体が下向き、クラブ全体が低くなり、
 インパクトを迎えるのですが、
 硬いシャフトや軽いヘッドでは グリップが誘導され難いので
 それでは届かない、
 が故に、ヘッドを下に振る、これはヘッド姿勢を変える、
 ロフトを増やすコトになりますので 軌道も変わります。
 ヘッドを下に振ると、ヘッドを下に振っているのに
 ヘッドを下に振っているが故に、軌道自体は上向きになりたがります。
 カラダが上を向いちゃうんですね。
 ですので ダフリ と トップ が 交互に出るような状態
 になります。
 
 ですから 多くは キツイ、オーバースペックなクラブから
 始まっているんですが、
 それが故に つかまり を見当違いな理屈で覚え込み、
 その見当違いな理屈を 実行しようとしているのですから
 治る方が珍しい、スイング改造成功する人は少ない⁈
 というコトになるのです。

 運動神経が無い、のでも、 練習不足でも なんでも無く、
 理屈を超越した 秘技 の正解を探求しているのですから
 そりゃ 成功度は高くなりません。」

TSさん「言葉は悪いですが アウトサイドインとか
 開いている とかを意識している限りは
 その先もダメなんだ というコトですか❓」


店長「絶対ではないですけど その通りです。
 動き始めたら ヘッドの姿勢や軌道は変えない、
 特にヘッド姿勢は 動いている最中にはダメです。

 変えられますけど 正しくは変え難いですし
 繰り返す為の目安が何もありません。
 ものすごく感覚的な部分に依存している。
 それを スイング「理論」とは呼ぶのはちょっと厳しい…ですね。
 
((((((((_Moment

 もし 今の弾道が好きでない、距離を伸ばしたい、
 弾道を変えたい とするのであれば
 クラブは早めに固定、トップで✋でしょうか、
 あとは廻るだけ、
 軌道を変えるのであれば 周り方を変える、
 クラブ姿勢、ロックは同じ、
 上げ方やトップでのクラブ姿勢、
 動かしていない時のクラブ姿勢を変えるしか ありません。
 多数の係数が同時に変化する方法はアマチュア向きで無く
 職人芸、一発芸に近いですから トライしない方が良いかな、と。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 。苅安紊僚性のお話し なんですが、
 やり始めて まだ間もない状態 で
 今は貰いもの のクラブで 軽いレッスンを受け始めた
 ところ です。

M20191011suburi_MomentM20191011-1_Moment(2)M20191011-1_Moment(3)





店長「男性用のお下がり・・・スチールシャフトです。
 それを まだ速度の上げられない、
 ドライバーのヘッドスピードで言うと 25㎳
 行くか、行かないか の女性が使う訳ですから シャフトは動かない、
👉シャフトが動かないから グリップが押されない、
👉グリップが押されないので ハンドファーストが出来ない、
👉ハンドファーストが出来ないから ボールに届かない、
👉ボールに届かないから 早めにリリースする、
👉早めにリリースするので 当たっても ボールはつかまらない、
👉早めにリリースしてしまうので クラブと腕が
 からだの回転から離脱してしまう、
👉クラブを振るコトになるので 遠心力のせいで
 トップとダフリの繰り返しになってしまう。。。。。

 という ループに入ってしまっているのです。」
質問「キツイっすね…。」
店長「それによって 左右のグリップの形、関係も離れ気味
42ea91fdで定着、覚えてしまいますし、
それに準じたアドレスになる…。
ものすごく よくある パターンだと思います。」
店長「冷静に見るとそうなんですけど
 始めたばかりの女性にとっては
 …私が下手だから… …私はゴルフ向きじゃないんじゃないか
 って感じてしまうのは 至極当然だと思うんです。

 女性やシニアの場合、当たっても 速度が低いですから
 ボールが浮き難い、距離が出ない、
 クラブを振り回すコト になるので
 それを支えるグリップ、アドレス になり、
 長い重い棒を振り回す為の技術ばかり が身に付きます。
 本来、全く要らないテクニックばかりです。」

質問「クラブで改善できるんですよね❓」


店長「はい。その方にもちゃんと説明しました。
 クラブ単体を振り回すコトを前提にした
 女性用市販品のように 軽いヘッド では無く、
 ある程度 しっかりしたヘッド重量を選び、
 ヘッドスピード25㎳でも 十分、動くシャフトを使えば、
 打つのは自分…ですけれど、
 低いトコロにあるボールを拾ってくれる、
 ボールに当てさせてくれる のはクラブの役目 です、って。

 重めのヘッド、柔らかいシャフト を打って頂くと
 始めは ダフリ気味、クラブの重さに苦労するのですが、
 10分もしない内に慣れて来て、
 案の定と言えば 案の定なんですが、
 ボールに当たるコトと低いトコロにあるボールを拾うコト
 それを 自分でやっていた要らない技術からは開放され始めます。


 ボールに届かない、当たらないから と言って
 クラブ単体を振り回す コト が良いのか、
 それをする為の 軽いヘッド、軽いクラブが良いのか、
 クラブ単体は動かさず、自分が動いた方が良いのか、
 それであれば ヘッドが重くても負担は少ないですから
 重いヘッドにした方が良いのか・・・

〇長い棒は振り回すモノなのか
〇長い棒が故に 振らず 自分が動くのか

 その概念みたいなモノも クラブによって形成される
 可能性が非常に高いのです。

sibunoap


 ゴルフショットは かなり複雑な立体の角度 によって
 構成されます。 打つ地形や傾斜もかなり変わります。
 自分が動かず クラブを振る方が良いのか、
 クラブを動かさず 自分が動く方が良いのか、
 その分かれ道は クラブが握っている、
 自分が使うクラブ次第です。

 この感覚というか、思い込みはゴルフをしている限り、
 ずっと続いていくのですが、
 シャフトはヘッドを動かすモノ、役割なのか、
 シャフトはグリップ・自分を動かすモノ、役割なのか、

 ある意味、ソレは正反対の関係にありますから
 形成されていくスイングも全く別なモノになって行きます。

 今回の,離院璽垢禄性のケースだったのですが、
 なんとなく…ですが、かなり多くのゴルファー、
 女性に限らず アマチュアのゴルフの始まり の
 該当するんじゃないのかな
 って思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「フォローが小さい、大きくしたい って
 ヒトも結構いるじゃないですか❓」
JMさん「ありますね。 昔であれば
 コースで 連続写真を撮って貰い、
 こんなスイング、こんなフォロー したつもりはない!
 って奴ですよね。」

店長「ですねー。自分の思い描いている通りの
 スイング映像になっていることは稀ですからね。
2021-12-06_22-21-54_Moment(4)81b16761-s






 フォローを大きくしたい っていうのを
 『両腕を延ばすようにすれば フォローは大きくなる』
 と思っている人も少なくない、のかも知れないですけれど、
 フェースターンをする人にとって、
 自分自身が 180度ターンすると
 当然 クラブも180度、
MVI_0878(2)_Moment(4)MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(7)




 イヤ それ以上ターンすると思っている人ほど
 想いと裏腹になっっちゃうんですけど
 それをすればするほど
 フォローは小さく 小回りになってしまいます。

 フォローを無闇に大きくする必要はないですけれど
 カラダ向きゴト クラブターンをすれば
 自分は180度ターンするけれど
 クラブのターンは90度でいい と思って行うほどに
 それは解消されていきます。

 弾道が安定しない人やフェアウェイウッドが苦手なヒト
 は この部分、大きいんじゃないかと思います。」

JMさん「抜き方、と言えば良いのか分かりませんが、
 どんな抜き方 になるんです❓」

店長「フォローの取り方、スイングの終わらせ方の
 ポイントは3つあります。
スナップショット 2 (2015-09-24 17-52)スナップショット 1 (2015-09-24 17-51)




,泙困蓮^媼韻箸靴
 自分の向きは180度ターンしても、
 右から左へ(右打ち)と体の向きを180度変えても、
 クラブの先端には重さ が付いているので
 アバウトですけれど クラブ/シャフトは90度とか120度しか
 ターンしない、出来ないというコト です。
スナップショット 6 (2015-10-15 19-55)スナップショット 7 (2015-10-15 19-55)スナップショット 8 (2015-10-15 19-55)







 からだの向き180度に対して クラブのターンは90度とか120度、
 その位の意識であっても
 
インパクト以降、自分は減速するのですから
 遠心力や慣性 によって 結果、イコール それ以上になります。
 
 運動の元、になるはずの 自分のからだの向きを
 先端部のヘッドが追いつく・追い抜く って
  発想 が一体全体どこから来るのか…
 超常現象じゃないんですから…。

 からだの回転を180度 クラブも180度 って考えている人の
 クラブ扱いって からだ120度 クラブ270度 になったりします。
 クラブの回転の角度(角度運動)が増えれば増えるほど
 半径は小さくなり、軌道変化、ヘッドの姿勢変化も激しく
 なりますので 安定したショットをし難くなりますよね。

スナップショット 3 (2016-11-15 22-13)スナップショット 5 (2016-11-15 22-13)スナップショット 6 (2016-11-15 22-13)





スナップショット 4 (2016-07-27 18-56)スナップショット 5 (2016-07-27 18-57)スナップショット 6 (2016-07-27 18-57)







⊆,忘酲,箸靴討痢]咾気个、肘さばきですけれど
 基本は テークアウェイと同じです。
 
 テークアウェイの時は右ひじ、右腕(右打ち)になりますが
 インパクト以降、フォロー側であれば 左ひじ、左腕になるだけ、
 肘を下に向けて、とか、肘をからだに付けて、とかで
 左腕の肘から先を振らない というコトですね。
 肘をやや外目に向けて 腕をたたんでいく感じになります。」
((リリースの違い フォローの違い_Moment((リリースの違い フォローの違い_Moment(3)





JMさん「なるほど、確かに テークアウェイと同じですね。」

店長「ポイントは 肘使いではあるんですけど、
 グリップの高さ変化を止めないコト にあります。
 抜け側の左ひじを外目に向ける は
 左の上腕を上げていくことにつながりますが
 それによって グリップの逃げ道、抜ける道が出来ますが、
 左腕をロールさせて クラブを振ってしまう場合、
 グリップの移動が止まってしまうので
 フォローはからだの巻きついてしまいます。
 スピードも上げにくいし、軌道やヘッドの姿勢の変化も激しい、
 その上、肘や手首、肩、腰などへの負担も大きいのですから
 アマチュアが率先的にやるべき では無いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだの回転でクラブを動かす のと
 手でクラブを動かす、 もう少し詳細に言うと
 からだの廻りで クラブヘッドが円を描かせる と
 手で クラブヘッドを円を描かせる  の
 最大の違いは インパクトが一点になるのと
 ゾーンと呼べるか どうかはなんとも言えませんが
 点では無く 線に出来る のの違いになります。」
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment(3)

JMさん「当然、手で振った方が点になり易いですよね。」
店長「そうなりますね。
 ですので 同じ条件であれば
 からだの廻りで 円を描いた方が安定し易い ですし、
 ロフトを締めて インパクトし易い、
 ボールをつかまえる、捕える と
 方向の安定が相反しない 関係になります。
 ですので よく言われる 飛ばすと安定は
 本当は相反しないのです。」

JMさん「その最大のポイントはなんなんですかね❓」
店長「私は カラダをどう動かす とか、
 この時は カラダの姿勢はこうだ みたいな技術的なコト、
 ではなく、ざっくりとした クラブってこう動くんじゃないの、
 っていう思い込みと言うか、概念のミス だと思っています。」
JMさん「間違った思い込み。。。ですか❓」
店長「そう思います。
 例えば アプローチで
 カラダの向きが 180度変わったら
 クラブ、シャフトも180度ターンするモノ と思い込んでいますが、
 自分自身が動力で 180度向きを変えても
 クラブは 運動に対しては負荷です、
 特に ヘッドにはクラブ全体の60%以上の重さが付いていますから
 具体的に ●●%とは言えませんが、
 その重さの分、120%とか、
 イメージでは 90%位しか動かない
 と考えた方が
 カラダとクラブにズレが生まれ難いと思います。
MVI_0668Trim(2)(2)_Moment(3)MVI_0667Trim(2)Trim(2)_Moment(4)








 それと同時に、その円を描くコト ですが
 スイングを動作 として考えると
 当然、終わらなければならない ですから
 動作としては 減速 〜停止に向かいますが、
 クラブには勢い、慣性、惰性 が付いていますから
 結果、としては 自分の動作を追い抜く可能性があります。
 勿論、打った後 になりますけれど。。。
 ソコを勘違いしている人が結構、多いんじゃないか
 と思うのです。」
JMさん「ヘッドがグリップを追い越す の話しですね。」
店長「はい。その事実は否定しません。
 否定しませんが、それで打つ、打撃する訳では無い、
 どちらかと言えば、それは おまけ に近い
 打ち終わってから 「発生」するモノ です。
((リリースの違い フォローの違い_Moment((リリースの違い フォローの違い_Moment(3)((リリースの違い フォローの違い_Moment(4)





 ヘッドがグリップを追い越す を 打撃ソノモノ
 と考えている限り、
 それをする為には 体のどこかを止めねばなりませんから
 イコール 手振り になります。
 フェースターン、ヘッドターン、フェースローテーション、
 それらを 打撃ソノモノ だと考えている限り、
 手振りからは逃れられない のです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


JMさん「左への引っかけやトップなどが結構出ます。
 自分で動画などを見る限り 手打ちが治らないのですが
 どうしたら良いんでしょうか❓」

店長「一概に 手打ちが悪い訳では無いんでしょうけれど
 フェースターンが激しくなるのは 徐々にでは、あっても
 減らしていきたいですね。」

JMさん「練習は出来るので、どこを気にしたら良いのでしょうか❓」
店長「そうですね、アプローチが良いのではないでしょうか。
 気にするポイントは 打った後、フォロー側 です。
JMさん「フォロー側❓」
店長「はい。特に片手で出来る程度のアプローチが良いかも知れません。

 インパクトに入る〜インパクト〜インパクト以降 の
 左サイド、左肩の動きに注目して下さい。

 インパクト以降、左肩を基点に 腕を振るようなスイング、ショットと
 カラダを回していくショット の違いが判るかと思います。

 コレが分かり易いのが 左手一本での素振り、ショットだと思います。

 YOUTUBE なんかにも 片手のスイング・ショットが出てきます。
 多くの「片手ショットサンプル」は間違ってると言うと語弊がありますが、
 良い参考例とは言えないですね。


 video_Moment3やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(3)(片手での素振り と クラブの格納_Moment(3) 
 フィニッシュに向けて こういう抜き方が理想です。
 カラダは廻り 左を向き、左肩、左サイドは
 テークアウェイの時と同じように
 アドレス時に対しての背後、後方に抜けるんですが、
 グリップはボール側に残る・・・そんな感じです。
本人はからだ 俗に言うボディターンで打ってる…そうです_Moment(5)
(片手での素振り と クラブの格納_Moment(6)
 


対になるのがコチラ ですね。
 インパクトは体の正面で‼ とか
 カラダは開くな‼ の意識が強いとこうなりガチ です。

 クラブはどの道ターンしますが、
 それを 腕でするのか、
 カラダの向きでするのか、 の差は
 インパクト以降に強く出ます。

 左手一本での軽いショット、素振りをしてみて下さい。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ハンドファーストを維持する為のリリース…
 からだの回転で打つコトを 体験 していくには
 アプローチのような 強く打たないショット
 から始められるのが良いと思います。」

Mさん「グリーン周りから…位の距離で始めるのですね。」
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment(3)

店長「そうですね。
 グリップエンドを飛球線の方向に向けたまま
 もしくは 飛球線の方向に抜く、
 その感覚は 今までの 
 クラブの重さを腕で動かす 打撃感 と大きく異なり
 単に カラダの向きを変えるだけ、
 カラダの向きを変えないと クラブターンが行われませんから
 打てませんので カラダの向きを変えざるを得ない、のですが
 実感として 打撃感が非常に薄い ので
 始めはちょっと躊躇(ためら)うのではないかと思います。

 カラダ、左サイド、左腕、左グリップが止まって
 絞るようにして打つ ダイナミックなインパクト、打撃に
 比べ からだの回転で打つ方は
 動いている最中 の どこかにあり、
 手で打つのに比べると はっきりとした印象がありません。
 良い意味で取れば 多少、ズレても差がない、
 というコトにつながるのですが
 その打撃感の無さは結構、乗り越え難い部分ではあります。

 いままで 肩で廻っていた というのが
 実は腕を動かしているだけで それに引っ張られ
 肩が動いている と言うのを実感するかも知れませんし、
 よく言われる 左サイドのリード と言うのがありますが
 左サイドのリードの言葉の意味は
 左サイドが動いている内に打て、 であって
 左サイドを動かしてから打て では無い、

 というコトを気付くかも知れません。

 少なくとも その違いを体験するのは大切です。」

Mさん「クラブをリリースする、というのは
 全くなくなるのですか❓」


店長「スイングの好み や 実際に出来るコト、
 長く親しんできたスイング方式 などによっても異なる
 とは思うので 個々で異なるとは思いますが、
 ヘッド、クラブをリリースしなくともボールは打てます。
 クラブターン、フェースターンは
 カラダの向き『だけ』でも完遂可能です、 が✋
 右腕を伸ばすことによって クラブを回転させたい、
 フェースローテーションをどうしてもしたい、 と言う場合、
 少なくとも グリップがボールを越えるまで、
 ブレイクラインをグリップエンドが廻るまで、
 タイミングをずらして欲しい トコロですね。
(つかまえ と 両手離しドリル_Moment

 インパクト、インパクト直後 から
 スイング動作は減速に入るので
 インパクトを越えたら 無理にクラブの慣性を
 おさえておく必要はありません。
 俗に言う 振ってしまって構わない と思います。
 打ってから、であれば です。

 作法というか、技術というか、
 その部分での問題解決よりも
 慣れ親しんだ感覚、思い込みの部分が少なくない かと思います。

 クラブを動かしているのは 打ち手の人間で
 その一番先端に重さとして付いている打撃部 が
 その動作速度(角度)を追い抜くことはありません。
 
 ヘッドの方がたくさん動いている というコトは
 自分は止まっている(減速している)コトになります。
 ソコの感覚が掴めるとかなり飛躍的な変化が起こるでしょうね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ハンドファーストという作法と リリースが
 相反する関係で有った訳ですよね。」

Mさん「まさにその通りです。
 右腕を伸ばす リリースをすると
 ハンドファーストでなくなってしまう…。
 今までは、ハンドファーストはリリースする『前段階』という
  位置付けでした。」
Desktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_MomentDesktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_Moment(2)Desktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_Moment(3)Desktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_Moment(4)






店長「リリースする。
 右腕を伸ばすと クラブが回転し、
 ヘッドがグリップを追い越す、
 そのフェースローテーションが 打撃であり、
 ボールの掴まえ、だったんですよね⁈」
Mさん「そうです。」
店長「一般的には。。。リリースする 目的の一つは
 クラブターン、フェースターンだと思うのですが…。
 それは カラダの向きで完遂出来ます。
 基本、そちらが本筋です✋
 ハンドリリースでのフェースターンは
 カラダの向きの代替え行為と考えて良いと思います。」
Mさん「! そうですね。」

店長「ですので 曲げた、短くした右手(右打ち)
 それを伸ばす、長くする、元の長さに戻す行為
 というのが スイング、打撃の種類を分けます。
 よく有る
〇右腕を伸ばし リリースすることによって
 ハンドファーストを解消する 👉ヘッドの返し
 ヘッドがグリップを追い抜くためにするリリース
👉この場合は、それをするのに 左サイド、左グリップ、からだの
 回転が止まるため、その代替えにハンドリリースする
…これを総称して 手打ち、
ハンドリリースと呼びます。

 もう一方 が
〇ハンドファーストを維持する為の リリースです。
 カラダの向きに対し、クラブを持った腕は
 クラブ、腕自身、運動によって増す重さによって遅れガチ、
 ですが、それをサポートするため 腕を伸ばし
 ヘッドではなく、グリップを押し、
 結果、からだの向きに同調して…
 傍から見ると 手は使っていないように見えるリリース
…こちらを総称して、
からだの回転とか、ボディターン、
 ボディリリース
と呼びます。


 ハンドリリースをして 手のさばき、右腕の伸ばしで
 ハンドファーストを解消、ヘッドをターンさせてしまうと
 それをするのにからだの回転からクラブを切り離す のも相まって
 からだの回転でクラブがターンをする仕事を奪ってしまいます。
 一方、ハンドファーストを維持する為のリリースは
 それソノモノでは クラブターンは行われていませんから
 カラダの向きの変更は必須になる、
 スイング動作は どこをとっても 必要なコトしかしませんし、
 不要、役に立っていない、機能の無いモノは省かれます。」

Mさん「ハンドファーストを維持する為のリリース…なんですね。」
店長「その通りです。
 ただし そのリリース「だけ」ではボールは打てません。
 ですので カラダの向きの変更が必要になります、、、
 主としてのからだの回転があり、
 それに補足して ハンドファーストを維持するリリースがあります。
(パッティングストローク 〜刷毛塗_Moment(パッティングストローク 〜刷毛塗_Moment(2)








 ハンドリリースでクラブをターンさせる場合、
 それだけで ボールは打ててしまいます。
 からだの回転は主として必要ではないのです。
 そこが 主に 手打ちとからだの回転の違い です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「
からだの回転 が絶対と言う訳ではありません。
 痛みが無く、安定して打てるのなら
 手打ちだって 立派なゴルフの打撃です。
 ですが 手で振る振り方は
 胴体をひねる という高齢のゴルファーには
 恐怖や痛み伴い易い打ち方であるため、
 どこかの時点で 急に飛ばなくなるケースが少なくありません。
 また、手で振る振り方の場合、
 右打ちの人であれば 右腕を伸ばすことでする
 「リリース」が打撃の要(かなめ)になる訳ですが、
 それは シャフトの長さが半径になり、ヘッドの回転が伴うので
 そのヘッドの上下の変化、ヘッドの姿勢など 微調整が必要です。
 インパクト という 瞬間、
 ドライバーで言えば 1/2500秒以下の瞬間に
 理想通り にするには
 かなりの練習頻度、練習量が必要ですし、
 それを維持するには メインテナンスとしての練習頻度が必要になり
 元々 手首や肘、腰などに負担のかけやすい動きの為
 そのスイング・ショットのメインテナンスの為の練習で
 カラダを傷め、故障してしまうコトがとても多いです。
  カラダに不安の無い若者の打撃法  と言っても良いかも知れません。


 
 とりあえず ですね、
 手打ち から からだの回転 への移行
 には技術的な部分よりも先に
 感覚の修正が必要になります。

 恰好、姿勢、形がどう と言うよりも
 肝心なのは ボールをさばく、この瞬間
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment
 このアングルで言うと
 クラブが右脚から左脚の間を通過するトコロ、
 ここがインパクト前後 に該当する訳ですが
 ここでの クラブをナニで動かしているか
〇手さばきなのか
〇からだの向きなのか、 
 それが 手打ち と からだの回転 の違い で
 乱暴に言えば ここ以外の前後はどうでも良い
 ここ以外の姿勢とか形はどうでも良い
 と言っても良いでしょう。

 ココの部分を カラダの向きでクラブを動かす『為に』
 テークアウェイがこうであって
 トップの位置、ダウンスイングがこう…であるのであって
 形が先にあるモノではありません。


(片手での素振り と クラブの格納_Moment
✋そこで… 感覚の修正の為に、ですが
 素振り で良いので こういうイメージを持ってください。
 アドレスの向き、ターゲットラインに対し、
 ボールへの垂線を引きます。 コレをブレイクラインと仮称しますが、
 このブレイクラインをグリップエンドで割って下さい。
 
 おそらく…ですが、インパクト付近で
 グリップエンドが自分を向いている
 そう言うモノが『インパクト』だと
 ぼんやりと認識していると思うのですが。。。

 それと 90度異なる グリップエンドを飛球線に向けたまま
 ボールを追い越すのです。
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment(3)

 空振りする
 当たらない
 届かない
 スライスになる

 そう感じると思いますが、
 その感覚の差 が
 手打ち と からだの回転 の差 です。

 クラブがターンするのはからだの向きが変わるから、であって
 そこを手でターンさせたら、からだは止まります。


 ブレイクラインを グリップエンドで割る、
 飛球線にグリップエンドを向けたまま、
 そんな感覚で ボールに届く、当てる、打つ、
 には カラダを回し続けなくてはなりません。
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment
 届かない、当たらない、打てない、スライスになる、
 そうかも知れません。。。。が
 そこで 手でクラブをターンさせても 堂々巡り になるだけです。

 ブレイクラインを グリップエンドで割る、
 飛球線にグリップエンドを向けたまま、
 でどうやって ボールに届かせる、ボールに当てるのか、
 スライスさせないのか、を模索する必要があります。

 そう考えると ソコを手でクラブターンし、
 スライスした、とか 飛ばないとか で
 ソコを治すコトを繰り返してきた、のではないかと思うのですが、
 手でクラブをターンさせることを前提に進んできた
 始めの一歩、一番始めのボタンの掛け違い なのだと
 気付くことが ものすごい大きな進化になって行きます。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Mさん「ちょっとスイングに悩んでます。
 手打ちから脱したいと思っているのですが、アドバイス下さい。」
店長「はい😊😊😊では打ってみて下さい。
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment(2)
 おおおおおおおおおお。」

Mさん「どんなです❓」
店長「そうですねぇ、軽いヘッドの、硬いシャフトのクラブ
 であれば そう言う打ち方もアリ かも知れませんが…
 ま、それにしても腕力は要りますけどね。
 重いヘッド、柔らかいシャフトのクラブであれば
 そう言うクラブさばきは苦労しちゃうと思います。」
Mさん「具体的にはどんなトコロです❓」
アドレス1
店長「ゴルフクラブって ものすごく先に偏重した構造の長い棒、
 じゃないですか、弊社の悶絶クラブは それが強調されていますが、
 どのクラブであっても その偏重しているのは同じです。


〇からだの回転 というのは
 カラダの向きの角度が主体になって
 グリップの動く量…この場合は角度ですね
 それに対して ヘッドが同じ、もしくはヘッドの重さ分
 移動する角度がヘッドの方が少ない
 というコトを指して
 手打ちが悪い とは言いませんけれど、あえて言うのなら
からだの向きとクラブが同期しない、
 グリップの移動に対し、『移動角度』として
 ヘッドの方がたくさん動く、
 カラダに対し、クラブ(シャフト)が独自に動き
ます。

 ゴルフクラブのその偏重した特性上、
 ヘッドの方がちょっとでも多く動くと
 その動きは止まらなくなってしまいます。
少し乱暴な言い方をすれば振り子
からだの回転と同期せず、シャフト、クラブが
1度、この場合は角度の度数ですが
1度でも動いたら もうクラブ自身の回転は
 止められなくなってしまう と言えば良いでしょうか。」

Mさん「。。。。。。」
店長「分類付け はどうでも良いんですけど
 手打ちは腕力や握力に非常に依存しています。
 その上、距離を目指すと方向が、
 方向を重視すると距離を犠牲に、と両立が難しく、
 また ボールさばきにフェースローテーションが必須、
 伴ってしまうので アプローチの苦労から逃れられません。

 Mさん は 既に 素振りの時点で
 グリップを止めて ヘッドを動かす、
 シャフトを振ってしまう事前動作があるので
 それはそこで止まりませんから
 全体像として 手で振っている、シャフトを振っている
 になってしまうんですね。」

Mさん「素振りがダメ、なんですか❓」
店長「素振りというよりも ワッグルに近いモノ
 と思うんですが、何気なくですけれど
 インパクトをこうしよう、クラブをこう動かそう、
 と言う存在的なイメージの具現化の部分が良くないと思います。

 遠心力 との付き合い方があまり良くない気がします。」

Mさん「遠心力は使うんですよね⁈」
店長「使わない訳では無いですが
 スイングの造り方もそうですけれど
 スイングの👀見方👀を見誤らせてしまう要素でもあります。」
Mさん「どういうコトです❓」
店長「例えば ですが
 Mさんのやっている素振り、ワッグルに近いモノ
 ですけれど、素振りの時点で
 ヘッドをボールに届かせようとしていますよね❓」
Mさん「はい。」
店長「で、実際にショットする時は
 素振りの時よりも 速度も速く、勢いも付いていますから
 より遠心力が増し、
 よりヘッドやクラブは膨らもうとします。



 実際のスイングをなぞってしまうと
 不可抗力が加わる分、そのスイングの動きにはなりません。」
Mさん「あああああ・・・。」
店長「ショット、スイングをした時に
 遠心力…膨らもうとするチカラ が加わることを想定して
 スイングを造っていないと その形にはならない
 というコトです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「刷毛塗に限らず、ストローク、スイング全般の
 腕の使い方 を勘違いされている方は少なくない気がします。」
Jさん「どのような ですか❓」

店長「主に…ではありますが
 ゴルフスイングにとっては
 腕の曲げ伸ばし、
 肘の曲げ伸ばし
、 は
 腕の中の筋肉で主には行わない というコトです。」
Jさん「どういうコトですか❓」
店長「筋肉の箇所は割愛しますが、
 前腕を持ち上げるのは 腕の中の筋肉です。
(((肘の曲げ伸ばし_Moment(3)
 一方、刷毛塗もそうですが、
 上腕を上げる のは 肩や首廻り、背中の筋肉です。
 肘が曲がったのは 上腕が上がった、からに過ぎません。

 伸ばす 方で言えば
 腕の中の筋肉で行う場合は 前腕を動かす のですが、
 背中廻りの筋肉で行う場合は 上腕を下げる コトで
 肘が伸びる、腕が伸びる なのです。

 ふたつは 主に使い筋肉も違いますし、
 その筋肉の大きさが異なりますので
 後者の方が 大きな力を造り出すことが出来ます。

(((肘の曲げ伸ばし_Moment(((肘の曲げ伸ばし_Moment(2)(((肘の曲げ伸ばし_Moment(3)






 ゴルフスイングの場合、その腕にクラブという重さがかかります。
 曲げる ではなく、伸ばす方が打撃ソノモノに使われるので
 腕の中の筋肉〜前腕を動かす は 小さい筋肉で動かす上に
 その前腕も負荷になり易いので 力みが必要です。
 一方、背中廻りの筋肉で行う、上腕の下げ は
 下げる、降ろす 〜落とせば良い上に 大きな筋肉ですので
 前者よりも楽に行うことが出来ます。

 腕の曲げ伸ばし、肘の曲げ伸ばし、
 ソコを勘違いされている方がいるのでは…と思っています。」

Jさん「考えてみたことも無いですが、
 それって リキミの原因になり得ますね。」

店長「刷毛塗に限らず、そう思います。
 多くの人はテークアウェイで 右ひじを曲げるのに
 上腕を上げるで行わず、前腕を上げる
で行っています。
 左腕に押されるから 致し方なく そうなっているのですが、
 その曲げ方をすると 今度は伸ばしていく段階で
 重くなるクラブ、自分の腕さえも負荷としてかかる
 それを 腕の中の小さな筋肉で行うのですから
 力むのが当然、力まないと伸ばせないのではないか、と思います。

 ショットであれば 思いっきり叩いて良い訳で
 本来であれば 肘を曲げる は 上げる とか、高くする
 と言う意味合いが強い訳で、 その反対の肘を伸ばす は
 下げる とか、低くするのですから 帰りの方が楽になるはず
 にもかかわらず、伸ばす方が力む には謎がある訳です。
((パッティングストローク_Moment(2)

 スイングで増える負荷だけでなく、行きと帰りで
 かなり動作が異なるのだと思います。

 前腕をあげて肘を曲げる場合、
 ダウンスイングにおいて 重さによって
 腕が捩じられてしまう要素が 上腕を上げるモノに比べ
 どうしても 多くなってしまいます。

 行きは縦に動かしたのに、帰りは横に動かさなくてはならない、
 リキミ易くなるのは当然ですし、
 横に動かす分、からだの回転、向きの変更の仕事を奪ってしまうので
 手打ちっぽい モノになる、
 腕・クラブ と 
からだ が分離し易くなる とも考えられます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Q:後半になり疲れてくると やはり
 スライスと引っかけの 往復ビンタを喰らいます。
 そこがかなり痛いです。
 手でクラブを返しているのは自覚しているのですが、
 練習でどのような点を意識したらよいのでしょう❓

NSAJ 1

A:質問有難うございます。
 ほんの少し、すごく多少 程度であれば良いですが、
「必要」だから 手の返しをしている のは
 ヘッドの遅れが フェースの開きになっている からで
 これは確かに、そのまま では
 ソールでボールを打ってしまいますから
 『フェース』でボールを打つための必須作業になります。
 疲れてくると… は
 ダウンスイング側の問題の可能性よりも
 準備としての テークアウェイ側、
 つまり フェースターン「せざるを得ない」側

 問題と疲労の関係だと思います。

多くの場合、
からだは 進行方向側の腕、もしくは手と考えて良いと思います。
テークアウェイ時、右打ちであれば
向きを変えますが、茲ら蕕悗瞭阿になりますので、
右腕、右手が カラダ です。
手で上げてしまうゴルファーの多くが、
テークアウェイ初動から 左サイド、左腕、左手にばかり
意識があり、その時の体とのリンクマン、からだの代替品である
右腕、右手は動かそう(移動させよう)とせず、
左側、左手ばかり動かして 準備をしてしまうので
結果、としては フェースがより多く
 開いた状態を作り出してしまっている
のでしょう。

ダウンスイング時は 向きを変えるのですが、
蕕ら茲悗琉榮阿砲覆蝓
その運動の先頭になるのは 左サイド〜左腕になります。
ここでも 運動方向側の左腕、左手の移動が滞っていると
フェースは開き易くなり、
⇒右手で叩くために ワザと開いているのか
⇒開いてカラ 右手でフェースを返しているのか

は その方その方によって異なるかとは思いますが、
症状としては 先頭に位置する左手の停滞が
動きそのものの渋滞を巻き起こしている場合が多いです。
((Rさん SW.6i.5w.1W 2021913_Moment

コレも 先頭にある左手が動いていない問題よりも
テークアウェイで 左手が多く移動しているので
戻し切れない 準備の方に問題があるような気がします。

カラダの向き通り というのは
当り前のようですが、左手が茲砲△蝓右手に蕕砲△訃態が
維持され、向きを変えるコト、移動させるコト ですので
フェースを『手で』返すコトを無くしたい、減らしたい方は
カラダの向きを変える 進行方向側の腕、手を積極的、
もしくは 意識的に動かした方が良い
と思います。

カラダ! と言うと少々、仰々しいですが、
動く側の手、腕を動かす というのは
とりあえず 練習でならトライ出来るのではないか、
と思いますし、 それをするコトによって
見えてくる、感じてくるモノも変わってくると思います。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


◌クラブターンを手でするか、
◌カラダの向きでするか、

 は白黒はっきり分かれているゴルファーもいますが、
 それが少々、曖昧なゴルファーもいます。
(ダウンスイング比較 きっと参考になると思います_Moment
(ダウンスイング比較 きっと参考になると思います_Moment
(ダウンスイング比較 きっと参考になると思います_Moment
例えば 手でする人を単位 10 とし、
 からだの向きの人を 0 と仮定します。

だいたい…の長年の感覚で言うと
手でターンしている 10.9.8. の人はとても多いです。 
逆に からだの向きでターンしている 0.1.2.3. の人はとても少ないです。
結構、混んでいる練習場で 2〜3人いるか、いないか、です。
その中間層にいる 4.5.6.7.の人も 手ではっきり振っちゃう10.9.8.
と同じくらいにいます。
実は… 困るのは この中間層のスイング持ち なんです。

10.9.8.の人は 自分独自のタイミング を
固着させるのに 万を超える練習、
そして そのタイミングを崩さない為の 頻繁な練習頻度、
 それが 必要なコトを理解しています。
(271_Moment左の壁…と信じている 左サイドの止め場所、止め具合、
フェースターンの量とタイミング
ものすごく短い時間 およそ 0.2秒の中で
 コレを行う訳ですが…

筋トレもしてたり。。。 でも、腰痛持ち多いでしょうね。


その困る…中間層…
 は からだのターンもするけれど、手で振る割合もある、
 その時、その時によって その割合は結構ズレます。

何故 困るか… と言うと
 昨日の記事で書きました が
手で振るスイングは
 スイングに軸、左右対称な軸運動が無く、
 左サイドを動かすか、
 右サイドを動かすか、
 左サイドと右サイドを別々に動かします。

 左右を均等に使いません。

腕で言うのなら、左手で上げて(テークアウェイを取り)
ダウンでからだを半分廻して、
 打ち準備が出来たら、左サイドを止め
 右腕でクラブ振ります(ターンさせます)。

👉からだの回転でターンする人 にとって の
 テークアウェイ…右向きは
 限度はありますけれど、深ければ深い方が良い、
 右向きの量が多くて悪いことは少ない、です。
…で、す、が、
手でクラブをターンさせる人 にとって
 【ゴルフスイング】 20210701_Moment
テークアウェイ… は右向き(体の向き)ではなく、

 左手の振る、右に送る量 です。

✋これが多いと 帰りに左手を戻す量が当然増え、
 右手が追い越せなくなっちゃう ので
 からだの回転でターンする人の万能薬 の
 『右を向け、右向きの量を増やせ』
 つまり、テークアウェイの量、深さ ですが、
 それは 手でターンする人 にとっては
 薬になり得ない のです。
タイミングやリズム感も大きく変わりますし…
行き、だけでなく 帰りも 運動量が増えるので
実は 深いテークアウェイ、トップが良い!
 とは言い切れないのです。

中間層の人が からだの回転でターンをしている割合を
多くしている時は その薬は効きますが、
ナニカの拍子に 手でターンしている割合が増すと、
その薬は、逆に 毒 になったりする訳です。
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment

ダウンスイング以降の「からだを廻せ、左を向け」
も同じです。
からだの回転でターンしている割合の多い時は
それは 問題の解決になったりしますが、
手で振る割合が増してくると、
逆に それが問題の原因になったりします。

そして その中間層の少なくないゴルファーは
 手で振るコト が良くない と認識を持ち、
 からだの回転で打つのが良いんじゃないか❓と微妙に感じています…。


割合としてメジャーな その中間層のゴルファーが
雑誌やユーチューブ動画を見て
「お! 分かった 海岸だ!」
トコロが 一晩寝ると 「アレレレレ…❓❓❓」
の秘密だったりします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


二度と見れないRさんのスイング…
かも知れません。
冗談です。冗談です。


コレもスイングの変更にアリがちなパターン ですが、
フェースターンが強い人、ハンドリリースが強い人 は
それをするため 左サイドが止めている、止まっているコト に
 気付いていません。
(22171_Moment

よく考えれば フェースターン、ハンドターン、
ハンドリリースをするのには 左サイドが止まり、
左グリップが止まっていないと 出来ない と分かるのですが、
習慣とは恐ろしいモノです。

 インパクト直前〜インパクト〜インパクト以降
【対決】ヘッドの返し派 VS からだの返し派_Momentフォローまで 左グリップの高さを留めよう とする習慣が
筋肉の、動作の記憶として残っています。 
  左グリップが低いまま というコトです。

ハンドリリース、フェースターンの強い人のフォローは
クラブを地面と平行に振り抜くような形 になりガチ です。


そこで 怖いとは思いますが、
 左グリップは 下がった経路通り、
 インパクト以降、いや インパクト以前位の気持ちで良いですが
 (特に左上腕)思いっきり 上げて下さい
 まあ 下がった経路通り、その流れ ですけれど…。

それが 左サイドの止まり防止、
 向きの変更の継続につながります。
 安定して 正しい意味合いでボールをつかまえ
 カラダを傷めず『ボールを飛ばす』
 最後まで からだを廻す になって来ます。
 怖いでしょうけれど🤗

さらに… 大きく振りたい、
 フォローを長く取りたい、
そういう気持ちは痛い程判りますが、
 それを実行するには
それとは全く反対の「あくまでも気持ち」ですが
 左グリップは カラダから離さず
 出来るだけからだの近くで『高くしてください』
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment

そうすると 短くなっていたクラブが、
鎌首をもたげて 溜まっていたクラブが
インパクト、インパクト以降で 一気に長くなります。
そこで 遠心力が大きく働く のです。
それによって グリップの上げ意識 に反して
ヘッドは 飛球線方向にボールを追うように
 低く、長く 取れるようになり
飛球線方向に 長い、大きなフォローになります。


それを体験すると 遠心力を使う箇所 が大きく異なる、
全然 早かった コト に気付きます

そういう意味では 慣れ というか、
それらの意識を持って ボールを打つ回数 は必要です。

上手く当たらなくて、合わせに行く というのも
カラダを止め、手先での調整に移行しますから
元に戻って行くのと同じです。

 カラダの向きを変えるコトは重要ですが、
それは どう腕を振るか、どうクラブを使うか、
ヘッドの遅れを縦に使うか、横に使うか によって
カラダの向きの役割は変わってきてしまいます。
(こする つかまえる_Moment(3)

頭を切り替えて、からだの回転で打つ のは
 腕の使い方次第、振り方次第
 と考えた方が良いかも知れません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


長らく フェースターンで強いショットを打っていた人、
 過去であっても フェースターン系で飛ばしていた人、
が ほぼ完全な『 ボディリリース』に推移するには 段階が必要です。
(進撃のRさん)_Moment

おそらく Rさんも今頃、練習場で
 悶絶では無いと思いますが、なんと言えばよいのか、
 飛んでない訳では無いけれど、こう実感が湧かない というか
 打ち応えが無いと言えば言うのか、物足りない と感じている
 と思います。

円に振り重くなった、クラブの、ヘッドの重さを
 止めた左サイドに対し、利き腕の右手で
 非常に短い、瞬間の技 で 何万球も打っていた のですが、
 それを 鈍感で、筋力の有るからだの向き、
 主に お尻や脚、背中に かなりの比重で仕事を
 取られてしまったのですから やむを得ません。


ですので 右手で叩いてしまいましょう。
 ダウンスイング後半、インパクト直前 ではなく、
 切り返しから『いきなり』です。
IMG_1632_Moment(2)

ただ 条件としては 左サイド、特に左上腕を
どんどん動かし、リンクして動かし、
 決して止めてはいけません。 危険です。

切り返しから右手を 使い始めたら…
それと同期して 左肩を上に逃がします。
 その後は もう一気に左を向くだけ です。
右手の叩き、右手の伸ばしは
 切り返し直後 に使うだけで あとは脱力ではありませんが、
 特に力がいるような ナニカはありません。

ヘッドの遅れを縦に行う と言う意識で
左サイド・左上腕が渋滞を起こさなければ
フェースは下を向き易く、
左肩を上に動かしているつもり でも
早い段階にインパクトが来るので
 左サイド全体が低い打ちに クラブは下がります。

意識としては 左肩は上に動かしている のですが、
それは 単に からだの向きの変更と
 左腕の付け根である左肩が連動している だけ です。

よって ヘッドの縦の遅れは
 フェースの下向きでの遅れ 👉ロフトの立ち になりますし、
クラブは アドレス時の元の長さよりも
 内側、中側の経路を通りますから
 そのまま インサイドから、上から になります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ