◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】 【クラブから学ぶスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480✉hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:手打ち


これはもう スイングの行動原理と呼べるほど
基本、基礎 とも言える部分ですが、
スイングは 傍から見ると 円を描いています。
漆畑2018_Moment

円のイメージには シンメトリー、左右対称性
 をかなり強く内包しています。 
ですので
 右を向いて、もしくは 右で なになに
 左を向いて、もしくは 左で なになに
と 左右対称にする為、何かの行動をしたく成りガチ!
 だと思います。

スイング動作に当てはめてみると
 右を向いて(右で) テークアウェイ、ダウンスイング、
 左を向いて(左手) フォロー、フィニッシュ、

に該当するのですが、
それらの「動作」は主に 腕の振り になると思います。

 右を向いて(右で) テークアウェイ 👉上げる
 右を向いて(右で) ダウンスイング 👉下げる
 左を向いて(左で) フォロー    👉上げる

ですので 縦の腕振り と 横の体の向き という
ふたつの動作の合体 という 混沌 を生むコト
 になります。

円の左右対称性 とも結びつき易いですから…。

しかし、
ゴルフクラブの縦横上下左右、前後の非対称性
  数度の違いによる 打球、距離、方向の差
とゴルフスイング動作を結び付けて考えると
その「結果として」 円を描くことになるスイング動作は
単に 
右を向いて〜左を向いて という
 向きを変えているだけに過ぎない
 が原則です。
(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(2)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(4)









そこに 縦であっても、横であっても
 腕の振りは 積極的には介在してきません。
 
確固たる動作 として 腕の上げ下げなど無い
 に近いのです。

チョット強引ですが、言ってしまえば
 からだの向きの変更、がゴルフスイングそのもの
 だというコトなのです。

✋向きの変更の中が 前傾姿勢を持っている というコト
✋クラブの構造が 自分の方に鎌首をもたげているコト

が 「まるで 積極的に、腕をあげたり、さげたり」
 しているように見せているだけで
 腕の振り は スイング動作のオマケ と言っても良い程です。



で、すごく長い前置きの上での 本題 ですが、
ですので 打撃準備 としての 右向き
 テークアウェイ、トップをもう一度考えて欲しい
 のです。

弊社では オジサンおばさん向きに
股関節を境にした、骨盤よりの上の胴体そのものを
足を中心に向きを変えるコト を薦めていますが、
肩で廻っても 反対は出来ません。
✊胴体を捻りますので 高齢者向けではない です。
また、誰しもが高齢者になることを考慮すると
慣れれば、忌避感の少ない 胴体ゴトの方が良いと思いますが、
例え 肩を廻す であったとしても
⇩⇩⇩ こうではない ⇩⇩⇩ というコトです。
スナップショット 2 (2015-03-12 14-57)スナップショット 4 (2015-03-12 14-58)














これは 単に腕を振っているだけ…
 腕を下げるための 腕をあげているだけ
 腕を振るための準備をしているだけ

肩であったとしても、胴体であったとしても
 
✋右向きがありません。
右向きが無い のが 問題なのではなく、
スイング動作を 腕を振るコト と言う感覚(イメージ)が
この テークアウェイ を造っています。
👹素振りなどで 形だけの右向きを造った、練習したとしても
いざ ボールを打つ となると
 自分のボールを打つ行為の主に 腕の振り、腕の上げ下げ
 がある限り、必ず この準備に戻る というコト です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ボールを飛ばすには…
 そりゃ ヘッドスピードは高い方が良いけれど
✋ちゃんと捕まえた上で 
 体力なり、年齢なりに効率よく 安定したヘッドスピード
✋捕まっていないので
 体力、年齢を超越した ヘッドスピード願望
 って書いたら、当然、誰もが前者だろうけれど……

 蔑章討硫菫)では
 初速は遅め、ボールの打ち出し角度は高く、スピンは少な目
◆平燭鹵罎硫菫)では
 初速は速め、ボールの打ち出し角度は低く、スピンは多め
この両者、では 同じヘッドスピードで通常のショットをすれば
△諒が 圧倒的な『平均』飛距離 になります。
,諒は 基本「こすり打ち」なので
 飛距離も、方向も安定し辛い のですが、
△糧距離の源は ロフト使いとからだの回転 なので
 これ以上! 最高の! ココ一番! って訳には行かず、
 逆に ,蕨嗄詫蠅蠅覆里如.悒奪疋好圈璽俵気貌信しがち です。


アマチュアゴルファーの場合、
 飛距離は勿論ですが、方向や曲がり とともに
 ダフリ/トップのミスが生涯付いて回る訳ですが、
 手振りになってしまう クラブ使い では
 それが ある意味 科学的に保障されています。
 勿論、悪い意味です。


ダフリ、および トップ を 誤解されている方が
 多いですが、正しい意味での
 ダフリ ⇒ 届き過ぎ
 トップ ⇒ 届かな過ぎ

 のミスは非常に希少で、
 主に インパクト と 最下点のズレ が原因です。
202189_Moment
アドレス時に こう構えた としても、
インパクト、インパクトに向けて
カラダが過度に上を向く(莨紊り、蕾爾り)
になれば グリップは後ろ(右)に下がります
最下点がボールの手前になり
 ダフリ/トップ/チョロが誘発されます。

からだの回転とクラブの移動が直にリンクしていれば
対策もシンプルに出来ますし、
セットアップ時のボールの位置などで
 概ね ショットの是非は決まります。
(勿論 それでもミスは出ます)

しかし、からだの回転とは 別に クラブを回転させる場合、
困ったことに そうする人は
 何故か 「スイングは遠心力だ」と信じている人が多いので、
その遠心力によって 膨らもうとする ヘッド、クラブ
 それのお陰で 最下点がボールの手前になり易く
 また、その遠心力のせいで
 左サイドも上がり易いので 成功率は激減します。

何かが成功すると、
何がが失敗するメカニズムが出来てしまっています。
   ヘッドスピードが上がる(遠心力が増す)
   👉最下点が手前になる / 左が上がる
そうクラブを動かしたら 最下点はボールの手前になり易い、
 というのは クラブと体の構造から悪い意味で合理的なのです。


これが一番発揮される(悪い意味で)が
 フェアウェイウッド で
 地面から打つショットの中で 一番速いスピードが欲しいクラブ
 ですが、
 一番 バンスの張った、ソールの大きなクラブ です。
411BK-5-1

 …速く振ろうとする のは主に腕力(利き腕)で
  クラブを回転にさせる為に 止まるカラダ&動くクラブ
  その中間に来る、左腕(右打ち)の肘や手首(中間管理職)を
  痛めないのか 心配です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイングは 傍目(はため)からは 確かに円を描いて見えます。

 クラブも 何かの軸を支点に 円弧を描くように見えるのですが、
 そのエンジンは からだの向きの変更 という
 少し傾きはありますが、横回転、横運動によって為されます。
主に、ですが その横運動には傾きが含まれている というのが
 クラブが、ヘッドが、高くなったり、低くなったりする要素
 なのですが…。
【対決】ヘッドの返し派 VS からだの返し派_Moment(3)

🔴高くなった トップでのヘッドの位置、
🔴地面に置いてあるボール、
🔴そして、スイングの円

 この3つの要素、によって
 クラブの縦回転させたくなる気持ち、イメージが
 多くの人に スイングの良くない基礎になっています。


高いトコロにあるヘッドで
 地面にあるボールを打つ…拾う を
 主な目的として スイングを行う、クラブを動かすと
 クラブを縦に回転させなくてはイケナイ のですが、
 腕を上下に動かす必要が生まれます。

はっきりと 腕を上下に動かす、
 クラブを縦に回転させる為に 腕を動かす には
 カラダを止める必要が生まれますので
 手で振るコト になります。

また、これは伏線になるのですが、
 フェースで地面にあるボールを拾う には
 ヘッドがグリップを追い越す が付いて来ます。
と、同時に からだの回転から切り離した
 クラブの回転 では、ヘッドの遅れは即ち
 フェースの開きになります。

ですので ヘッドの返し、ヘッドの閉じ、フェースターンは
 その初期のボール打ち(アプローチ程度の) のまま
 ショットをすると 弱いスライスになる から
 生み出されるのでしょう。

  👉ここで クラブも絡んできます。

 ヘッドの遅れ ⇒ 悪 と言う存在になりますので
 ヘッドの返し易い、もしくは 遅れの少ない
 軽いヘッド、硬いシャフト 選ばれやすく
 柔らかいシャフトは ヘッドが遅れる(フェースの開き)
 という 刷り込みが始まる、のです。
(クラブの、シャフトの廻し方の違い_Moment
ゴルフ用語で言う キャストの差 になりますが、
(両脇画像)ちょうど この辺り、この若干、手前から
 クラブを縦回転させ(ヘッドを解き)ます。
(真ん中画像)クラブは下に解かず、からだの向き で
 ヘッドの位置が低くなります。
(こする つかまえる_Moment(2)(こする つかまえる_Moment(3)







クラブの縦回転(手打ち/手振り)には大きな欠点があります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


コチラ ご覧ください。 

(両脇の画像)地面にあるボールを拾う
高いトコロに上げたヘッドで、フェースで、
ボールをこう打ちたくなる、拾いたくなる、
気持ちは分からないではないのですが…。

ゴルフクラブのメカニズムを理解した上で
 ボールを打つのと
とりあえず 分かんないけど、真似て当ててみる、
 打ってみる の違いとも言えます。


アプローチやバンカーショット では
意図的に こう打つ「場合」もない訳ではないので
余計 ややこしい んですけれど…。


 あ🙄 前提として、画像の違いが判るのかしら❓
 というのはありますね。


(両脇の画像)ある点(支点)を軸に
ずっと フェース(ロフト)を同じ状態で
ウエッジなどの大きなロフトのクラブであれば
フェースを支点に向けたまま
 クラブを縦に回転させる   
そんな感じです。
全体の動きの中で
 グリップの動き(移動)に比べ、ヘッドの移動が明らかに多く、
 「回転運動」とは言え、同角度運動とは言えない、
 軸点になるのが よりクラブ(グリップ)に近い、感じになります。
映像にはカラダは映っていませんが、
 このクラブの動き、ですと からだの動きとクラブの動きが
 つながらない、リンクしません。
 止まったからだ に対する クラブの回転 と言ったトコロ。

 早い段階で 縦方向にクラブが長くなる(ように見える)のですが、
 スイング用語 では それを キャスト と言います。
(クラブの、シャフトの廻し方の違い_Moment

(真ん中の画像)比較すると 両脇の画像に比べ
 ロフトの立ち、フェースの上下の向きが異なります。
 全体の移動の中で
 クラブ自体が「スライド」している感じです。
 からだの回転とクラブの動きがリンクしています。


距離の短いアプローチ、とは言え (両脇の画像)では
 ショットの基本、からは外れてしまいます。
 コレをそのまま 大きな動き、速い動き、
 高いトップへ移行し、通常のショットにしたのでは
 あとあと 悩みは深くなるのは保証出来るほど。 

どんな球になるか…比較対象になりますが
(両脇の画像)では
 初速は遅め、ボールの打ち出し角度は高く、スピンは少な目、です
(真ん中の画像)では
 初速は速め、ボールの打ち出し角度は低く、スピンは多め、です。

 アプローチのような 遅めのスピードで打つ場合、
 (両脇の画像)では スピンの効き は良くありません。
(ぶ厚い当たり 上から打つ〜ボールをつぶす_Moment
実は 非常に多い、アマチュアゴルファーの…
 ショットの悩みの半分は ココに隠れているような…
 そんな気がします。

スイングは 傍目(はため)からは 確かに円を描いて見えます。
 クラブも 何かの軸を支点に 円弧を描くように見えるのですが、
 そのエンジンは からだの向きの変更 という
 少し傾きはありますが、横回転、横運動によって為されます。
🔴高くなった トップでのヘッドの位置、
🔴地面に置いてあるボール、
🔴そして、スイングは円、丸く振る、

 この3つの要素、によって
 クラブの縦回転させたくなる気持ち、イメージが
 多くの人にスイングの スタート地点良い見本ではないになっています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


からだの向きの変更に対し
重くなっていく腕やクラブ
それに影響されず
コンスタントに からだの向きの替えられる方法は
写真を対比 しますが 右ではなく 茲硫菫です。

IMG_0838_Moment
MVI_0878(2)_Moment(3)




IMG_0838_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(4)




IMG_0838_Moment(4)MVI_0878(2)_Moment(5)





IMG_0838_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(6)





IMG_0838_Moment(6)MVI_0878(2)_Moment(7)





これをスイングの中で行う とすると
からだが向きを変えていく
それに対して 腕やクラブに重さが掛かり
グリップが遅れようとしますから
それを腕でサポートする。

ヘッドは重力によって落ちていこう としますが
それと グリップの移動の追いかけっこです。
ヘッドが着地するところを
グリップの移動によって ボール地点に持ってくる


スイングを覚える初めの段階で
この 追いかけっこ を覚えて欲しいモノです。


フルスイングとして考えても
左への動き、反時計回りの動き
打撃の始まる トップオブスイングを基準に
胸 と シャフトの角度
胸 と シャフトの関係は
速度が増すほど くっ付いていく モノ
 です。


からだの回転とクラブの関係
この始めの一歩が理解できると
右手の使い方 使うタイミング
おそらく グリップの関係にも影響が出ます。

私個人からすると 結果としてなってしまう
フォロー以降の減速によって起こってしまうのは
仕方ないにしても
右グリップが左グリップの下に入ったり
追い越したり する行為 って考えられないモノなのです。
MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(6)



多くの人がここでボールを打っていますが
からだの向き・・・からすると
ここは打ち終わっている時期で
スイングの動作・・・としては存在しない部分・・・
ここが打撃のメイン になっているのですから
何とも言えない…何と言って良いか分かりません。
IMG_0838_Moment(4)IMG_0838_Moment(6)





自分は右から左に180度向きを変える
クラブは イメージ上90度しか回転しない

自分もクラブも180度回転する
では
ものすごく大きな違いが生まれ
それがゴルフを苦しめます。

それは 肩 です。

ゴルフスイングにおいての肩は
機能としては腕の一部ですが、
ある場所は胴体の中です。


からだの回転でボールを打つ
からだの回転でスイング軌道を造る
において
肩は スイング軌道の動作として
考えない部分、存在しない部位です。
M2019810L!_Moment(3)M2019810L!_Moment(4)







一般論において
肩を回せ とか
厳密に言うと 腕で動かせ
胴体をねじれ というコトですが
からだの回転でボールをちゃんと打つ
というコトにおいては
胴体は一つのパーツとして ねじれを造らないように
胴体〜骨盤に対し グリップを遅れないようにして
胴体を一つのパーツをして使うので
動作としての 肩周りの動きは存在しません。

クラブや腕が移動で重くなる
それを無視して クラブも180度ターンさせようとすると
グリップが遅れてしまい
それを取り戻すために
胴体を止め 肩だけを動かす時間が生まれますので
スイングの中に『存在しないはず』の部位、
存在しないはずの動作が生まれてしまい
多くのスイングを見ている限り
その『存在しない亡霊がスイングの要』になっているのが
非常に厄介なのです。
20191006_Moment(4)20191006_Moment(5)20191006_Moment(6)










『存在しない筈の亡霊がスイングの要』の為
そこを修繕する、ではなく
そっくりそのまま 除去しなければならない
というコトに至り難くなるからです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


カラダの回転
カラダの向きを変える は
腕の付け根と動かし、
 『"ヘッドの付いた"グリップを動かすコト』が目的です。 

まどろっこしいですが、ヘッドを直接持っている訳ではないので
グリップ、左右のグリップを動かさざるを得ません。

ゴルフクラブはそれソノモノも先端に偏重しており
ヘッドの『重量点』も偏重しているので
🔴左右のグリップ
🔴左右の腕の付け根 が どう動くか、
バラバラに動かす、出来れば 丸ごと 同じように動く…
出来るだけ似た方向に、似た量移動するのが理想的です。
(回転の箇所
一般的に からだの回転と言うと
肩を廻す 
→正しくは胸ラインを廻すですが…
腰を廻す と 『胴体を横に輪切り』にして
その箇所を意識するのだと思いますが、
ボールを効率よく、再現性高くヒットする、
その為のグリップの移動を考えると 
そう考えると 実はカラダを左右 縦に割った方 が
イメージし易い人も居るのではないかと思います。

✋箇所、としての 肩を廻す も 腰を廻す も
からだの回転として意識し過ぎると
良いインパクトに結びつかないことがあります。
👉ですので からだを 茵,函´蕁,吠けて考えるのも
一つの手だと思います。


(左折注意_Moスイング動作の回転、向きの変更は
右打ちの人の場合、
 テークアウェイの『へ行くか』
 切り返し以降の『へ行くか』

の二つしかありませんが、
必ず 明確な進行方向があり、
その方向の 先頭になる側 があります。
先頭が突っかえる、渋滞すると
いろいろ問題が起こり易い訳ですから
右へ行く時は サイド
左へ行く時は サイド

その 左右の体を積極的に動かす イメージの方が
カラダを横に輪切りして 肩を廻す、や 腰を廻す よりも
より良い打撃、
その 向きを変えるコトが打撃ソノモノ
 になるチャンスが高くなると思います。

意図しない手打ち、手振り は
カラダは回しているけれど
それが 直接、打撃そのものにならず、
仕方が無いから のちのち手で振る
 と言うモノが殆どです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


そもそも 腕で振る、腕を振る のを主体とするのを
お薦めしない理由はなんなんでしょう


腕を振った方が「スイングした」「強く打った」「振った」
「叩いた」と言う実感が強いのは確か
、なのですが、
腕を振るのをスイングの主体とすると…
例えばダウンスイングですが、
 グリップを強く下に下げようとすると
 それとほぼ同等に 左肩が上に逃げます。
 それは 右肩を下がるのとおなじですので
 ヒトによっては 肩の縦回転 なんて言っていますが、
 左右の腕の長さの都合が付き難くなります。
似ている➁

折角、強く振った、叩いた…のに
 右肩が下がり、
 それによって右腕の長さが短く
 左腕の長さが長くなってしまったのでは
 ロフトも立ちませんし、
 フェースが開いたり…

 それでは効率よく飛びません。

また ティーアップした空中のボールを打つのには
 それでも何とかなる…可能性もありますが、
 地面にあるボールを打つコトや
 アプローチなどに支障をきたす可能性もあがり、
 ショットの総合力、
と言う点ではマイナスです。

振れば振るほど 右肩が下がり、左肩が上がりますが、
 腕を振ると それに応じて からだの向きも変わります。
ラヂオ体操の要領ですが、
 からだの回す、、、つもりで無くとも
 腕を振ると カラダは捩じられ 向きを変えます。
 からだ自体を廻して 腕の付け根を動かしたのとは異なるのです。
その 受け身、反応として からだの向きが変わった
 ソノモノではボールが打てず、その後に別の、
 追加の打撃動作が必要になります。
 そして それが打撃の本番 になる訳です。

ボールと言う定点がありますので
 ボールから離れた左腕の付け根(左肩)
 ボールに近づいている右腕の付け根(右肩)

ボールを打たないのであれば
 左腕は伸びやすく、
 逆に右腕は伸ばし難くなります。
その長さの入れ替え が 手の返し、フェースローテーションです。

まっさらなゴルフスイング知識であれば
 これが複雑で 再現性が高くないのが理解できると思います。


🤒ここからが問題なのですが……
 
 腕を振るコト
 それによって からだの向きが変わる

 【対決】ヘッドの返し派 VS からだの返し派_Moment【対決】ヘッドの返し派 VS からだの返し派_Moment(2)











 腕の振りで、カラダが捩じられるコト が からだの回転 で
 長年打っている方、打てている方に
 本当の意味での「からだの回転」を説明しても
 見た目は似ているが故に より一層伝わり難いと思います。

 からだの向きが変わって
 腕の向き、角度が変化する のと、
 腕を振って、それによって
 からだの向きが変わるのは、
  見た目は似ていますが、全く異なる…のです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

この素振りの中に
 多くのゴルファーの悩みが隠れています。
◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)



自分では からだの回転は使っているつもり… です。
とは言え からだの回転でリニアに、ダイレクトに
 クラブが動いている訳ではなく
「手打ち」と言われて、反論の余地のない状態です。
【からだで振るとアウトサイドイン、インサイドから振ると手打ち案件】
しかし、ダウンスイング時
 からだの回転通り、リニアに腕やクラブを動かすと
 見た目の「アウトサイドイン」が顔を出し
 どスライスになってしまい、
 「アウトサイドから振るから 👉スライス」と言う言葉が
 頭の中にこだまします。

スイングの溜め と言う言葉もあるので
 切り返しの体の動きに対し、腕やクラブを遅らせる、
 結果、としては 寝かしを増やすスイングになります。
【スイングの溜めってなんなの案件】
元々、スライス 自称:溜め
(遅れ)を作り、見た目のインサイドから入れても
 やっぱりスライス、フェースローテーションという
 打ってみないとどんな球が出るか、分からない新たな課題に直面

【ラウンドの後半 疲れてくるとローテーション上手く行かない案件】
(Rさん 大変身か?_Moment

【しならないシャフトをしならせて使う矛盾にモヤモヤ案件】
硬いシャフトの方がスライスが出にくい…とみんなの言葉を信じ
 硬いシャフトを使っている…けれど
 それを しならせて、しなり戻して使う と言う矛盾を
 いつも抱えている…なんだか 納得がいかない。
 とは言うものの 柔らかいシャフトを使うと スライスがひどくなる…。

ダウンスイング時、 自称:溜め
(遅れ)を作るコトによって
重さが右にかかり、右側が下がり、左があがる『おまけ付き』
【体重移動が出来ない案件】
また、そのコトによって 体重が右に残り
 素振りでは出来ても、ボールを打つと体重移動が出来ません。
 ダウンスイング時の 右への屈曲 と 腕やクラブの重さ残り
 を考えると 物理的に不可能に近い課題。
 前は腰だったけど、最近、ちょっと首が痛い…。

【前門のスライス、後門の腰の開き案件】
フェースローテーションを強く意識すると
 腕を振り、クラブを回転させる為の空間が必要になるので
 どうしても 腰を開かなければならなくなる。
 先輩から スライスは 「腰を開くからだ!」と言われるが
 スライスさせないため フェースローテーションをするには
 腰を開かなければならず 前門の虎、後門の狼状態…。
 冬の練習は左ひじのサポーターは必須…。

【フェースローテーションをすると 真ん中を避ける球ばかり案件】
だいぶ スライスは解消されてきたけれど
 憧れのハワイ航路…ドローボールは 左に飛び出て、左に曲がる し
 タイミングをミスると 右に出て 右に曲がる、
 まるで 真ん中を避けるような球ばかり出る
 仕方がないので 少し右を向いて ややひっかけ気味の球で攻める。
 持ち球は「ドローボール」と言いたい🤣
 
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(3)




【もしかしたら 難しいアプローチばかりトライしている案件】
打てるようになってくると 今度はスコアの問題…。
 バンカーは苦手ではないけれど、
 アプローチが上がる球ばかりで
 ランニングって言うのが上手く行かず
 トップとダフリのミスの確率が改善されない…。
 ウエッジの歯をボールと地面の間に入れるのって…無理❓
 上手く当たると必ずショートする問題 勃発
 サービスホールとか、ロングホールで 花道から
 寄せさえすれば あわよくばバーディ、もしくはパー の場面で
 手で転がしたくなる距離やシチュエーションで
 毎度のように ダボやトリになってしまう のは何故 ❓
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


まずは動画をご覧ください

何も言わなければ ごく普通の素振り に見えます、よね。
練習場にいても 特に気にも留めない、ゴルファーの一人でしょう。

コレ かなり意識的に手で振っています
先にからだを廻し、からだが止まるトコロで
その反動で 腕を振る、というか
クラブの、ヘッドの重さで振っている感じ です。
 もしくは クラブを振る、クラブを回転させる
 それを行うための空間を確保する為、先に体を動かし
 空間が確保できる プラス ボールにヘッドが当たるトコロで
 ヘッドの重さでクラブを振る と言う感じでしょうか…。
カラダの向きに対し
スナップショット 1 (2017-01-21 11-26) 右(右打ち)に
クラブがずれますので
当然、ロフトは開いて入って来ます。
基本、スライスです。
アウトから振ると周りの人に叱られるので
 より開いた(寝かした)インから振る
 のが「良いスイング」だと教わりました。
そのままでは ハイ-スライス になるので
フェースローテーションは必須項目です。


動画の中にも 差し込み ましたが、
カラダの回転で直にクラブを動かしていると
かなり異なる、早めのタイミングにインパクトが来ます。




この「振り方」「打ち方」に行き着くパターン には
ふたつの要因があると思われます。

➀ヘッドスピード信仰に取りつかれてしまっている
🔴繰り返せるインパクト
🔴望ましいインパクトのロフトなどヘッド姿勢
それらを思いっきり無視し、
まずは ヘッドスピードにばかり目が行ってしまう
良い当たり、安定したショット は とりあえず
後から修正する と言うパターンです。

✋ヘッドスピードを上げよう と言うトライ自体は
 決して悪いコト ではありませんが、
 車の運転と同じく、安全運転など無視し、
 まずはスピードだけ上げる は危険ですよね。
 慣れや総体的な運転技術が馴染み、スピードにも慣れ
 徐々に高速運転も出来るようになるモノ だと思います。

男子プロの世界は なんだか マッチョなゴルフになっているので
そういう練習器具など 結構、目につきますが、
スピードが上がっても それに伴って
 よりロフトが開いたりすれば 距離につながりませんし、
この「振り方」「打ち方」でスピードにトライするのは
 かなりからだの負担が大きい、です。

【注意】簡易計測機によるミート率は ロフト率
 スピードを上げるとミート率の数値が下がるのは
 ミート率が落ちているのではなく ロフトが増えてしまっている、
 スピードを上げるとロフトが増える振り方 と言うコトです。



スイングは円を描くから4232-30-1
 その円をヘッドの重さの遠心力によって描く
という 正しくない発想が根底にあるような気がします。
スイングが円を描くのは
 クラブ自体を持った 自分が動くからであって
 自分を土台にして ヘッドの重さで腕を振る、
 クラブを振るモノではありません

✊ヘッドスピードもからだの回転で作るモノ です



➁地面にあるボールをフェースでどう拾うのか
 (どうやってボールをつかまえるのか)を間違って覚えている

✋ヘッドスピードよりもコチラが先の場合も多々あるでしょう。
002
🔴フェースを円の中に向けて振る
🔴ボールを円の中に打ち出す
🔴ボールの底を打つ


これ等のイメージ と ヘッドの遠心力でクラブを振る
が合体していくのが 「アマショット」の代表例 です。
ロフトを増やし、クラブを丸く使って 🥎丸いモノを打てば
当然、打撃力は より多くの回転に化けますし、
フェースを開く と ロフトを増やす は近似値なモノ ですので
高い球、多めのスピン、スライス になるのは当然の帰結。

IMG_0662

地面にあるボールをフェースで拾うのは
円の外に向けたフェース、ロフト を維持し、
 カラダの向きの変更の円 で拾うのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 硬いシャフト、軽いヘッドの弊害 の一つとも言えるかな…



ボールのさばき のイメージに革命を起こしましょう

(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(3)2021-05-19_23-05-25_Moment(3)
クラブと腕が この写真のアングルで
くの字(右打ち)…ヘッドの方がグリップより先にある状況
 でボールをさばいてしまうと
手さばきで 円を描くことになります。
つまり からだの仕事を奪ってしまっている のです。

小さなアプローチでも
 手っ取り早く 手でヘッドを出してしまう、
 手さばきで円を描く習慣を付けてしまう と
 その時点で からだの仕事が無くなってしまいます。

また、当り前 ですが
 からだは 上下左右つながっています。
(Rさん 大変身か?_Moment

 トップの位置やダウンスイング初期では
 横の進行に対し グリップの方が先行しています。
 ヘッドの重さ もあって ヘッドの方が「遅れて」います。
 それを ヘッドの方を前に出す、グリップを追い越す とか
 ヘッドを下に送る、下げる は
 概ね 右手、右腕の仕事です。
 その場面で "意図的" に右手、右腕を使うと
  必ず、左肩は上にあがります。
 それは同時に からだの開き や 右サイドの下がり です。
 
 🔴標語のような、よくあるゴルファーの悩みばかり です…が
 自分でそうなるよう仕向けているのです。

 からだの向きを変える という至極、普通の動作 を
 手で代替えしてる、仕事を奪っている のですから
 当然、複雑な、奇妙な動きになるのは当然✋
 それを まるで からだの回転で行っている ように
 見せかける のが 一般的なスイング改良 です。
 始めから無理がある代替え行為なのに 元と同じように
 動こうとするなんて 正直、意味不明、意図不明になりますよね

2021-05-19_23-05-25_Moment(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment

腕とクラブの関係 逆くの字
(右打ちのこのアングルで)
 でボールをとらえるのが ショットの基本 です。
逆くの字 『だけ』では ボールが打てません
 
だから からだを回す のです。
 逆くの字 ハミングバードで言うところのスナップロック
 一般的には ハンドファースト と呼ばれていますが、
 それ「だけ」では ボールが打てない
 その『もどかしさ』を頭と気持ちで乗り越えられない(Rさん!)
 からだの回転で打つコトは身に付いていきません。


例えば ハンドファースト ですが、
手で振る、ヘッドを返すのを打撃の主にしたら
ハンド(グリップ)ファーストにしたら 単に開いたまま打つだけ です。
ヘッドファーストにしないと 打てないのに
ハンド(グリップ)ファーストにしよう、 なんて 不可能じゃないですか❓

あくまでもイメージですが、
 ボールはフェースによって円の外に弾き出す のです。
【イメージ】倉本昌弘 スイング集_Moment

遠心力、遠心力と言う言葉をよく耳にしますが、
 そうであるのなら より一層 外に弾き出さないと✋
 …円の中に掻き込んだら 遠心力は使えません。




🔴多くの人は 既に素振りの "時点" で 手で円を描いています。
 ボールをさばくところを 何で回しているか
 映像でも自分の素振りでもご確認ください✋
 
こういう素振りが『悪い』とは言いませんが、
 スイングの後半に シャフト、クラブをブン と振る
 
そこが『打撃』ではありません❕❕❕
 打撃の後の慣性の部分、動作の終末への部分 です。
 ✋ものすごく大きく、ものすごく多い勘違いです。
 
 からだの向きを変え(回転させ)
 その後 クラブを振る
 そのブン❕ と振る部分を打撃にしてしまうと
 手で振る、手でさばくための素振りになってしまいます。

 確かに からだの向きを変えていますから
 ▽からだは使っている
 ▽からだの回転で と言う意識になりガチ ですが、
 これは 手で打つため、手を振るために
 向きを変え、空間を作ったに過ぎず、
 手で振るために からだを廻しただけ です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



これもよくあるケースで
始めて間もない人だけでなく
ベテランゴルファーでも そう思い込んでいる、
間違ったまま 修正しているケース は多々あります。



◌ダフリ 〜厚く当たってしまう
◌トップ 〜薄く当たってしまう 

ヘッドの 上下、縦方向の 一番のふくらみ〜最下点 が
ボールを拾う 正誤表
ダフリ 👉ボールより低くなってしまう
トップ 👉ボールより高くなってしまう

と思い込んでいるフシがあります。

そう言うケースがない とは言いませんが、
とても少なく 非常に稀なケースです。

厳密に言えば ボールは球体で、
フェースは線ではなく面ですので
厚く当たる イコール ダフリ
薄く当たる イコール トップ にはなりません。
厚く当たる は 厚く当たる ですし
薄く当たる は 薄く当たる です。

それがミスになるのは
最下点が上下しているのではなく
最下点が 右にズレている のです。

ボールを拾う

ダフリもトップも 同じ状態
✋最下点が上下にではなく、右にズレているコト によって 発生します。

それが理解されていないと
その修正、ミスの回避 は 更に間違いを重ねるコトになります。

どちらのミスも 正解〜修正意識としては
インパクトのグリップの位置を 「もっと茲法廖〇って来たい…のです。
ところが 最下点が 低すぎる〜高すぎる 意識 は
グリップの左右の位置は変わらず 高さを変える という
「インパクトではグリップの位置が止まる」 という
更なる間違い、重大な間違いを植え付けます。

それが 手でクラブを振る につながっていくのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5


『スイングと遠心力』
これもゴルフの酒呑み話では
大きく誤解されている部分ですね。


スイングは 原則、からだの回転によって
円を描きます(傍目からそう見えます)ので
当然、動きの大きな『重み全般』に対し、
その円の外に向かって膨らもうとする
 👉ゴルフクラブや腕に対し、長くなろうとする
軸点から外へ離れようとする力が働きます。


IMG_1015_Moment(2)


ヘッドが遠心力を生み、その遠心力でボールを打つ では
クラブの構造上、ロフトというモノが存在し、ボールが球体であるため
スピン、ボールの回転になってしまいがち です。
また 遠心力と言う言葉と対になる 求心力 というのがあるため
その遠心力で 『ヘッドの通る円弧』を出来るだけ大きく取る
そして 速く動かそう とすると 体は遠心力のかかる方向と
反対にからだを引こうとします。
ですので、出来るだけ体が開いたり、上を向いたりするのを避けようとしても
地面を叩いたり、空振りしたり、からだに害があることを避けるため
自然に 開いたり、上を向いたりするコトになります。

ヘッドを振ろう、シャフトを振ろう、遠心力でボールを打とう としている限り
避けられない スイングの悩み になり、
それは 永遠に、物理的という力学的に避けることは出来ません。

 また ヘッドに遠心力を大きくかけてしまうと
 無意識であっても 右手スナップは解け
 腕とクラブ一直線になろうとします。
 このやり方では 前傾姿勢は消えてしまうので
 スイングの習慣として 傾いた円弧をからだの回転の関係は途切れ
 自分の腕さばきで 斜めのヘッドを円弧を描くコトになります。
 これが 一般的な「手打ち」のゴルフスイングです。
Desktop 2019.11.19 - 15.08.33.01_Trim_Trim (2)_Moment

 ヘッドに遠心力をかけた場合、右手スナップは解けますが、
 解けるという行為には その支点となる左グリップの移動の抑制が必要で
 グリップとからだの回転との関係も途切れます。
 道のりも 単純に 体を回し、グリップを動かし、その結果移動する筈の
 ヘッドの経路よりも 圧倒的にヘッドの経路が増えるので
 スイングの時間進行を司る からだの向きの変更と合わなくなります。

 どの道、手で振るしかないのです。





トップの位置、テークバックでは
クラブヘッドの高さを高くする為 と考えている人が多いでしょう。
確かに ヘッドは高くなりますが、
それは 傾いた回転の中で 右を向くという行為と
グリップ自体が高くなるコトで十分満たせます


クラブヘッドが自分の方に頭をもたげた、鎌のような構造をしている為
自然に 起きようとしますし・・・。


しかし、遠心力はかかります。
矛盾しているようですが、それはスイングのメカニズム
クラブの構造を考えると 利用しようがあるのです。

からだの回転に遅れさせない為
重さの増えやすい クラブ、腕を テークバックで
腕を曲げることによって 自分に近づけ
ある意味 短くし、同時に高さも取り、
✋トップの位置でのクラブの重さも利用しつつ、
からだの回転でグリップを動かせば、
自然に 曲がった腕は 付け根に当たる 肩から離れようとしますが、
それを 自分の前傾している懐の中に行かせるように仕向ければ
その遠心力によって 無意識で前傾姿勢も保ち易くなりますし
懐の中に入れれば 伸びることで重く(長く)なり易い、遠心力の増えやすい腕も
腕は伸びても 長さ という意味では増えないので
悪影響は最小限で済みます。

(比較)左手ドリル_Moment(2)

腕を伸ばすコトによって クラブをリリースしようとする人にとっては
永遠につかめないポイントだと思いますが。。。
ゴルフクラブの構造とアドレスなどのスイングのメカニズムは
本当によく。出来ているのです。

ちょっと難しい話・・・でしたね

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




昨日の記事で 右向き〜体の向き、回転について 書きましたが、
その補足、まとめ です。

からだの向き、からだの回転は
ボールの飛びや方向を決める とても大きな要素 です。

そして それを言葉では 「向き」
からだとボールの関係や飛ばす方向との関係 という意味で
「向き」と簡単に言っていますが、
飛距離や方向、弾道の高さを決めるのは
からだの向き(方向) ソノモノよりも
両方の肩の高さ関係 が大きいですね。

ですので インパクトで
ボールと正対する、ボールを正面でとらえる という
からだの向きの意識よりも
インパクトは 両方の肩の高さが揃っている、似ている
という意識の方が 大切かもしれません。
(姿勢も含め インパクトで我慢して体を止める はダメです。
 通過ポイントとして その時期にインパクトがある
 という 常時、移動している、運動している感覚
 そのある通過点にインパクトがある と思ってください)


その高さ関係を作るための準備、テークバック、トップ
と思って良いと思います。

また 正しい良質のからだの回転は
腕の長さにズレを生まない姿勢 形 がベターです。
どちらかの腕が からだの姿勢、向きのせいで
長く使わなければいけない とか、短く使わなければいけない
は出来るだけ避けたいモノです。

恰好 として 右を向く、正面を向く、左を向く ではなく
ボールをより効率よく、そして安定してとらえるためには
腕の長さにズレを生まない向き替えにしたいです。



 


本日のテーマは
上のビデオで気になる点、
また 多くの人がやってしまう代表的 なミス というか
おそらく 自身はそれをミス(間違い)とは思わない でしょう。
そして 90%超える殆どのゴルファーは
こうやって打っています。

分かり易いので 別な方の映像を利用します。
映像には❷スイングありますので 前半は飛ばしてください。
後半、ダウンスイングのある部分から より再生が遅くなるかと
思いますが、そこの部分です。



✋そして その部分が この方だけでなく
 Kazuちゃんも、世界中の殆どゴルファーのしてしまう コトです。
 して「しまう」というとつい、うっかり とか 無意識で
 というニュアンスが該当しますが、
 この動き、この打撃、このボールさばきは意図的、
 スイングを練習する過去の「どこかの時点」
 この 誤ったクラブさばき、ボールさばきは意識的に作られています。

 そして これはスイングを改善する際、一番の障壁、障害に成り得ます。

 困ったコトに この障害になるボールさばきは
 行う人にとっては スイングの肝心要(かなめ)だというコト です。

 一般的には ここら辺のコトを「リリース」と呼びますが、
 正式には この動きを「キャスティング」と言います。

何回か 繰り返し見て頂かないと 分からないかもしれません。
この被験者になって頂いた方は この部分さえなければ
教科書に載せられるほど 良い状態です。
その部分だけを「わざと」やって頂いた、とお考え下さい。

リリース について (2)_Slomo_Momentダウンスイングの丁度ここら辺が境 です。
ここまでの動きはとても良いと思います。
まあ しかし それ以降の動きをする為の
動作が織り込まれているのは気になります。

当たり前 ですが、
スイングは からだの回転(圧倒的な主)と
それを補足するために腕を使って
グリップを動かすコトで ヘッドを動かし
ボールを打ちます。


ですので この辺りまでは
教科書通り、順当に動いていますが、
ここを境に 動かし方が急に変わります。

そのまま からだの回転で グリップを移動させてボールを打てば良いだけ
なのに、突然、グリップの移動を辞め、右手の伸ばし、腕のリリースで
左グリップを支点に シャフト、ヘッドを振り始めます。

フェースさえ やや下向きにして
からだの回転でグリップを動かせば ボールが打てるのに
からだの回転の円とは関係のない、 クラブの長さ軸の小さな弧
を描いてしまいますから 、その分 どんとロフトは増えますし
二重の弧 になりますから 入射角度も緩くなってしまいます。
キャスティング・・・ロフトを急に増やす動きです。
 ゴルフショットの中には どうしても 打ち出し角度を高く取り
 スピンを多くして より高さが必要な場面・・・ロブショット のような
 ショットがありますから、これはゴルフショットではない!とは
 言えないのですが、ここまで ある距離を打とうとしていた行為が
 すべて水の泡 になってしまう動きです。


ゴルフスイング 本来の
グリップをからだの回転で動かして打つショットに比べると
ボールを打つまでの弧が大きく〜クラブが長く、入射が緩くなります。
ですので この打ち方をし始めた当初は
その分、左肩が上がる、体が開くので トップやダフリのミスが頻繁に出ます。
その調整度合い、体の止め具合をきっちり練習で掴む必要があるでしょうね…。
まあ ミスの上塗り になるんですが…。


前回登場の Rさんも全く同じ ボールさばきをしています。

大森201904_Moment(2)大森201904_Moment(3)大森201904_Moment(4)










このボールさばきの一番の罪 は
ここの部分をするには グリップを止める、からだの回転を止めます ので
ボールを打つ 一番肝心なところで からだの回転を使いません。
インパクトのところを抽出した「ショット」の肝心要な部分に
からだの回転を必要としない、
逆にからだの回転が邪魔なものになってしまうコトです。


ですので kazuちゃん
上手く行かなくてもいいですから
ここから クラブをリリースせず、
イメージしている ヘッドの通り道、軌道を
グリップをからだの回転で動かすコトで造ってみて下さい。

フォローでも どこまでも。。。 ヘッドをどう生かせるか
どこへ行かせるか、どの位ヘッドを振るか は自由ですが、
それを グリップを止めて ヘッド、シャフトを動かすのではなく
グリップを動かすコトで造ってみて下さい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



http://hbs.livedoor.blog/archives/1990234.html

 

早速 回答させて頂きます。
スケジュールをお作り頂き、ご来店をお薦めいたします
(ご連絡下さい)

一度 テークバックやトップなどの
型のことは気にせず スイングしてみましょう。

テークバックやトップ
ひいてはアドレスやグリップなどは
自分が ダウンスイング後半〜インパクト〜フォロー
「ここでボールをどうさばくか」
「ゴルフクラブというモノを使ってボールをどう打つか」

というコトを する為のモノ です。

そこが違うモノにならない限り
その型も刷り込まれない、馴染みにくいでしょう。

上手くできなくても 
 あああ! こうさばくんだ
 こう打ちたいんだ
 こうクラブを使いたいんだ

ボールさばきを違うモノにしなければいけません。

自分にとっての トップの形、位置、姿勢、
テークバックの取り方、アドレスやグリップも
何かを非常に真似て 絶対こうでなくてはダメだ
で作られた と言うよりも、打っている内に
いつの間にか形成、馴染まれていったものだと思います。
(元々のオリジナルのスイングの話です)
その前に やはり ボールを打つところは こうだ!!
というのがあったと思うのです。
そこを変えてあげましょう。

直に会ってお話しても簡単ではないのに
遠方のお客様の為に ブログなど「言葉」で記事を書いていますので
どうしても 型の部分に目が、話が、言葉がいきがち ですが、
ボールのとらえ方 さえ掴めれば
型なんて どうでも良いと思います。
ただ クラブの構造や人間の構造や機能はだいたい同じなので
最終的には似てきてしまうだけに過ぎない と思います。
型は 自分のスイングの変化度や成熟度の確かめ算に過ぎないと思います。

今のスイングの問題点は
✋からだの回転を意識していることと
✋腕で振る フェースローテーションをする
二つの相反することが混在しているコトだと思います。

✊スイングの弧を大きくなり
✊ヘッドを振った実感、速く振れた実感も伴います
また それを素早くしないことがスライスになります。
それが上手くできたコト ⇒ スライスからの脱却 ⇒ 上達
が常識的な発想ですので そう言うボールさばきを覚えられるでしょう。

片手スイングドリル 右手編_Moment片手スイングドリル 右手編_Moment(2)片手スイングドリル 右手編_Moment(6)








腕でクラブを振る、右腕のかいなチカラでクラブを振るスイングは
どこかの時点で 必ず 腕クラブリリースします
その結果、必ず 腕とクラブは一直線
双方で一番長い状態、ヘッドが一番からだから遠くなった状態が作られます。

今までは体を先に開き クラブが長くなるスペースを十分に確保していた
のですが、今はからだの回転やシフトを重視していますので
左サイドに 長いクラブを通すスペースがなく
インパクト付近で
向きとしては からだの正面〜ボール を意識しながらも
スペースとしては 左サイドの急激な上方向への伸び)や
スイング軌道の跳ね上げなどが以前よりも急激になる結果、もたらされています。

今は型を作り時期 ではなく
核心の部分を掴む時期 だと思います。


お待ちしております🙋


 

○現在、練習の際に意識しているスイング作りのポイントは、

以下のとおりです。まるでブログにあることを書き写したようなのですが、

自分で大事だと感じているポイントです。

 

  1. 左サイドにグリップを保ったままテークアウェイ。

▲董璽アウェイの最後に右肘クランチでグリップを胸に引きつける。

それに応じて自然にグリップは右側に移る(クラブが立つ(下方への重力を軽減)、

グリップを胸に近づける(立体刷毛塗りで生じる遠心力を軽減)意味が体感される)。

右肘は肘鉄をイメージすると良く引ける。

またボールは凝視せず、視線は頭の動きに合わせて一度後方を見るくらいが良い。

  1. クラブの重さの行きたい方を感じながらグリップを下に下ろし、

  2. 骨盤は右向きのままという意識で、クラブを立てたまま右胸前から左脇腹方向に動かす(立体刷毛塗り)。

    同時に、緩やかに左にシフトする。

  3. シフトにより空いた空間で、フェースがボールを見るような形になるよう右腕を伸ばす

    (右向きが残る右サイドが高い状態のまま伸ばすにはシフトが必要。そしてこのあとの回転によりヘッドの入射角度をつけるには必要な操作)。

    左手は甲側が地面を向き、右手は甲側に折れる形となる。

  4. イ了点でシャフトは地面と平行くらいになっており、このあと手さばきは一切しない。

  シャンク方向にシフトを続け(右腕を伸ばしておかないと続けられない)、

左膝に体重が乗ったら自然にクルッと回る。(脚でフェースを引きずる)

Д轡礇侫箸枠球線と直角よりも鋭角にならない(=グリップよりヘッドが遅れる)意識で抜いていく。(ヘッドをボール位置に置いてくる)

 

このような感覚で練習しています。

11月の動画では刷毛塗りやシフトを十分意識しているつもりなのですが、

4月の動画と全然変わっていないように見えるので悲しいです。

 

○自分で動画をみて思うこと

・特にダウンスイングで、両手でグリップを挟んでいる程度の力感が無い動作して

もきちんと当たれば飛ぶが、力感(充実感)を求めた方がより飛ぶので、

つい力んでしまう。その結果右肘が左肘より下がり気味になり、すくい打ち気味になっている。

・ダウンで右足踵がめくれている。

・フォローが高くとれていない(理由不明)。

 

○コース等の現象面で困っていること

・バンカーショットにトップが多い。(すくい打ちになっているのでしょうか)

・25yを超えるパターがきちんと当たらず必要な距離を打てない。

・絶好調から突然乱れ(チョロ、大ダフリ)ることが多くなった。

(はじめの頃より、特に最近の方が多い)

・練習場でも噛んでいることが多い。

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



実験してみて下さい。

ビンタ みたいな行為をするのに
『体を止め 腕だけを振る』のと
それと同じように動くように
『腕を止め 体を回す』のとでは
腕の重さ感が違うと思います。

体を止め、腕だけを振れば 腕の重さが実感できますが
腕を止め、体を回す行為は腕の重さが実感できません。
imgs

体の回転そのもので打つ
という行為をするのに
とても大切なことは
動作中に クラブの重さを増やさない ことです。



体の回転によって クラブが動いていれば
体という数十キロ、おそらく40前幣紊離皀里紡个
長さやその構造はあったとしても重さ で言えば
 ゴルフクラブはたかだか 1/100 400gです。
ゴルフクラブが確固たる存在感を示す割合ではありません。

片腕でも 5キロ はあるのです。

多くのゴルファーのスイングは
クラブの存在、その実感を味わうために
クラブの重さ感を増やそうとしています。
「振る」という行為そのものもそうでしょう。

スイングの原点は
クラブが動く のではなく、その逆で
クラブを持った自分が動く ことです。
imagesCARZT6DK

ゴルフショットは 角度が大切 です。
その角度は 左右だけでなく、上下 も問題で
打つ距離と打つ方向は
どちらかが重要と呼べるものではなく、
一つのユニットです。

クラブの重さが感じられるほど
クラブを動かす ということは
その上下左右の角度を確定させず 不確定なモノにします。

幾ら長さやその構造があるとは言え
自分の重量の 1/100の存在のゴルフクラブの重さ に
自分の動作や姿勢まで左右されてしまうのは
その使い方として間違っています。

✊角度が不確定、
✊その重さによって自分の姿勢や動作まで不安定

もうこの時点で安定したショットは打てません。


クラブは長さがあります。
その長さを長く使えば より速度が上がるような
間違った錯覚がありますが、
それは 速度が上がったのではなく労力が増えただけです。
速度が上がったとしても道のりが長くなれば
実質の意味はありません。

体の回転そのもので打てない段階であっても
ボールを飛ばす という事に対しては
時間・時期があります。期限があるのです。
道のりが長くなればなるほど その期限に間に合いません。

クラブの重さ感が増す
ということは その分その重さのかかった『方向』に
引っ張られるという事です。
ボールの位置は固定 ですから
運動中に そのような負荷がかかれば
人間は瞬時に補正をかけます。
姿勢や動作が変わっていく、影響を受ける という事です。
特に遠心力、ボールを打つまでの遠心力は
ボールへの方向、ボールを打つ方向とは
大きく異なる、動作に対しては邪魔な
実質ブレーキになるような方向です。
スイングをした! ショットをした! という実感を
満たすためだけの 重量の増量は無意味、徒労に過ぎません。

腕やクラブの重さを実感できるような
その重さを増やすような使い方をしてはイケマセン。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

蕾菫〜ヘッドを振るスイング
莢菫〜からだの回転/からだの回転と同期するスイング



時間を追って解説してみます。

まずは ヘッドを振るスイングの動画をスタート✊

0:20位までですが お約束の動きですね。
クラブを振るには 三段階の動き が必要になります。
まず  ➀からだを回す
次に  ➁腕を振る
最後に ➂クラブを振る
この順序になりますから
当然、振り遅れ る訳です。

0:40 クラブを振るタイミングは
左サイドが上がり始めるところ になりますから
実際のインパクトは どうしても体を開く、上を向く に
せざるを得ません。

0:45 ハーフダウンのところで停止していますが
腕もクラブもグリップも下げず 体だけ動かしてますから
思いっきり ロフトが開いています。

時間は戻りますが 0:40付近でのフェースローテーションは
この開きを取り戻している訳ですね。
IMG703
被験者は私自身ですが、テークバック、トップで開いてあげられるほど
腕力も運動神経もないので トップはごくごく普通の状態ですが、
このやって振る人は総じて 👉
 こうやってテークバックを取ります。




0:50 あたりから 茲硫菫が動き始めます。

上手く打つ 飛ばすは度外視して 動きを意識しています。
流れでは からだの回転が行われていますが、
意識としては からだの向きは右向きのまま
フトコロの中へ 左上腕を降ろし、または下げています。
下げる目的物は 「グリップエンド」
地面に突き立てる意識はないですが、出来るだけ
グリップエンドは下向きのまま、クラブの重さで下げる
ゆるゆる・・・と言うわけではありませんが 左腕/脱力気味です。

0:55以降 右向きを解いている意識は全くないですが
クラブの重さや腕の重さによって 左サイドが逃げています。

(比較)左手ドリル_Moment

✋これ以降 この運動を持続するだけで
 この後にフェースローテーションなどの作業がないですから
 すぐ すぐ インパクトがやって来ます。

(比較)左手ドリル_Moment(2)(比較)左手ドリル_Moment(3)



姿











だいぶ姿勢、からだの起きが違います。
まあ クラブの長さ、ヘッドから肩までの距離が異なりますから
当然 体はこういう反応になるのです。

クラブを振るスイングでは まだクラブが伸びる・・・
 ヘッドと肩の距離が離れますから
 起き上がって 空間を作る必要があります。


(比較)左手ドリル_Moment(4)(比較)左手ドリル_Moment(5)















どちらも 右手が届かない位置に行っていますが、
もし 右手を持っている としたら
ヘッドを振るスイングはかなり上がっているでしょうね
片手 と言う限定の上では
からだの回転のスイングは ここら辺まで下がりが続きます。


両スイング共に トップの位置での(比較)左手ドリル_Moment(7)
頭とキャンバスの端の関係は似たようなところから始まっているので
頭の高さだけでなく、横の意図もかなり異なります。
・・・・全くの無意識ですが・・・ね



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


からだの向きの変更に対し
重くなっていく腕やクラブ
それに影響されず
コンスタントに からだの向きの替えられる方法は
写真を対比 しますが 右ではなく 茲硫菫です。

IMG_0838_Moment
MVI_0878(2)_Moment(3)





IMG_0838_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(4)





IMG_0838_Moment(4)MVI_0878(2)_Moment(5)






IMG_0838_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(6)







IMG_0838_Moment(6)MVI_0878(2)_Moment(7)







これをスイングの中で行う とすると
からだが向きを変えていく
それに対して 腕やクラブに重さが掛かり
グリップが遅れようとしますから
それを腕でサポートする。

ヘッドは重力によって落ちていこう としますが
それと グリップの移動の追いかけっこです。
ヘッドが着地するところを
グリップの移動によって ボール地点に持ってくる


スイングを覚える初めの段階で
この 追いかけっこ を覚えて欲しいモノです。





フルスイングとして考えても
左への動き、反時計回りの動き
打撃の始まる トップオブスイングを基準に
胸 と シャフトの角度
胸 と シャフトの関係は
速度が増すほど くっ付いていく モノ
 です。


からだの回転とクラブの関係
この始めの一歩が理解できると
右手の使い方 使うタイミング
おそらく グリップの関係にも影響が出ます。

私個人からすると 結果としてなってしまう
フォロー以降の減速によって起こってしまうのは
仕方ないにしても
右グリップが左グリップの下に入ったり
追い越したり する行為 って考えられないモノなのです。

MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(6)



多くの人がここでボールを打っていますが
からだの向き・・・からすると
ここは打ち終わっている時期で
スイングの動作・・・としては存在しない部分・・・
ここが打撃のメイン になっているのですから
何とも言えない…何と言って良いか分かりません。


IMG_0838_Moment(4)IMG_0838_Moment(6)






自分は右から左に180度向きを変える
クラブは イメージ上90度しか回転しない

自分もクラブも180度回転する
では
ものすごく大きな違いが生まれ
それがゴルフを苦しめます。

それは 肩 です。

ゴルフスイングにおいての肩は
機能としては腕の一部ですが、
ある場所は胴体の中です。


からだの回転でボールを打つ
からだの回転でスイング軌道を造る
において
肩は スイング軌道の動作として
考えない部分、存在しない部位です。

M2019810L!_Moment(3)M2019810L!_Moment(4)








一般論において
肩を回せ とか
厳密に言うと 腕で動かせ
胴体をねじれ というコトですが
からだの回転でボールをちゃんと打つ
というコトにおいては
胴体は一つのパーツとして ねじれを造らないように
胴体〜骨盤に対し グリップを遅れないようにして
胴体を一つのパーツをして使うので
動作としての 肩周りの動きは存在しません。

クラブや腕が移動で重くなる
それを無視して クラブも180度ターンさせようとすると
グリップが遅れてしまい
それを取り戻すために
胴体を止め 肩だけを動かす時間が生まれますので
スイングの中に『存在しないはず』の部位、
存在しないはずの動作が生まれてしまい
多くのスイングを見ている限り
その『存在しない亡霊がスイングの要』になっているのが
非常に厄介なのです。

20191006_Moment(4)20191006_Moment(5)20191006_Moment(6)











『存在しない筈の亡霊がスイングの要』の為
そこを修繕する、ではなく
そっくりそのまま 除去しなければならない
というコトに至り難くなるからです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ