◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:手の返し


からだの回転を主体で打ちたい
クラブを動かしたい と思っている…のに、
⚠大々的に ヘッドを返そう…とは思っていないのに、
結果、として 『手の返し』『フェースターン』
どうしても入ってしまう…
……は こういうケース、かも知れません。

✋「三角形で遊ぼう編」とも関係があります

からだの回転 『三角形で遊ぼう➀』 : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)
からだの回転 『三角形で遊ぼう➁』 : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)
からだの回転 『三角形で遊ぼう➂』 : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)
アプローチ版『三角形で遊ぼう』 : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

(TOMOクンの修正前-修正後_Moment(2)両腕と胸で出来る三角形
🔴クラブの有る上側を『表窓』
🔴下側を 『裏窓』 と仮称します。

ダウンスイングでは
裏窓がボールなり、飛球線の方を向き気味で始まる訳ですが、
それをひっくり返そう・。・。・と思っていませんか❓

ひっくり返そう❓…❓ 伝わり難い… とは思います。

この傾向は 過去に『スライスで深く悩んだ』方、
『カラダの正面での』インパクトを強く意識している方、
腕力が強く フェースローテーションが激しかった方、
 に多い症状だと思います。

茲離好圈璽港手と藜磴日のジャンボで説明しましょう。
スピース選手、若き日のジャンボ 共々、この状態
三角形の「裏窓」は ボール、もしくは 飛球線の方を向いています。
似ている➁

ジャンボは その三角形をひっくり返し、
三角形の『表窓』側でクラブを動かし ボールを打とうとしています。
そのまま では打てないから です。
体の部位、で言うと
左腕の方がボールに近く、右腕の方が自分に近い、
このままの状態では ボールが打てません。
このままではフェースにボールが当たりません… シャンク❓
✋ですので ボールとの距離感 と言う意味で
 左右の手を入れ替えます。
 左脇を締める…ようなフォローになります。
三角形の頂点、と言う意味では
 トップ時の 右に向けたまま(飛球線の反対)から
 180度 頂点の向きを入れ替えるコト…が打つコト の感じです。
似ている1

一方、スピース選手は
三角形の『裏窓』をボールなり、飛球線に向けたまま
そのままの状態で
 「からだ」の向きだけを変えます。
 自意識として 三角形の裏表 の入れ替え はありません。
三角形の頂点は 右(飛球線の反対)に向けたまま、打つ、
 そういう感じです。

三角形の頂点が 自分の前を通過する…
三角形の裏表を入れ替える…
 即ち 手の返し をするのには
左サイドのどこか、主に左肩や左ひじ、左グリップなど
 遅れてきたモノを入れ替えるため 『待ち』『止まり』が必要になります。
からだの回転通り 手の返しの基準点もどんどん進んでしまえば
 手が返すことが出来ません。
からだの回転からの分離、が必要になるのです。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


昨日の記事の続き…になるのかも…知れません。

(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(6)

スイングを考えると
テークアウェイで 多くは無くとも
グリップの高さを高くし、
ダウンスイングでは そのグリップの高さを
低くする のはだいたい 万人に共通ですね。

感覚的には 『左腕』もしくは『左グリップ』を上げる、高くする、
それを下げる、低くする に近いかも知れません。
多くの人が共通するスイング認識です

では…
インパクト以降はどうでしょう❓

上げて、下がった 左グリップ は
下がった そのままの「低さ」を維持して置く方が良いでしょうか

それとも 上げて、下がった 流れで
 自然な形で 左グリップは「上がって行った方が良い」でしょうか


✋インパクト は 出来るだけ最大速度
 出来るだけ 最大加速
 出来るだけ 大きなモーメント を考えると
 インパクトで何かを止めず 流れのまま の後者が良いと思います。




✋✋✋今回のテーマはそこではありません。



インパクト以降 フォロー側では
移動してきた左グリップの流れのまま
下がってきたなら その流れで 高くなる方が
よりスムースに、体のどこかに負担を掛けず
インパクトを加速、や 最大速度 を維持し易くなりますし、
その上がり下がりの具合、などがショットの向上性や安定性などを
探る、測る目安にも成り得ます。

ですから 上がる下がる、そして上がる
その流れの中でボールを打つ。
インパクト以降は 左グリップは止まらず、
動かし続けた方が良い とは思いますが、
その インパクト以降 左グリップが上がる/上げるコト
 それ ソノモノは 打撃ではありません。 
インパクトで 左グリップの動きを止め、
 左グリップの低さを維持してもボールは打てます。

(インパクト、そしてそれ以降 無視出来ない違い_Moment(2)

手の返し、や フェースローテーション、
そして シャフトのしなり戻し に関しても
 非常に似たことが言えます。

それらは多くの場合、
ロフト、フェースを円の外に向け
肩などからだの回転で円を描く の延長線上にあるモノ で
ドライバーなど遠距離、速いスピードで打つ場合、
スイングを終了させるのに 致し方なく 付いて来ます。

トップの位置、切り返しから
グリップファースト、ハンドファーストで
インパクトに入って、それ以降 からだの動きや手の動きは
終了に向けて 減速しますが、
そのグリップファースト、ハンドファーストを
最後、終了まで維持するのは 危険です。
腕などを傷める可能性があります。
インパクトして 動作の減速に入っても
そこまでの慣性、勢いはクラブには残っており、
結果、からだや手を追い越すような形は
スイングを終了させる為には不可欠になります。 
(インパクト、そしてそれ以降 無視出来ない違い_Moment

    ですが…


その ヘッドターンやハンドターン、
一見すると フェースローテーションやシャフトのしなり戻し
に見えるモノ が 打撃の主要部分ではありません。


ですから その行為の目立つスイングであっても
そのリリースポイントは
 グリップがかなりボールを追い越したポイント
ボールを円の外に弾き出す その感じの延長線上(副産物)にあり
 その手さばきはスイングの主要エンジンではありません。

リリースポイント とは
腕も含めた クラブの慣性をフリーにするポイント
のコトを指します。
その『リリースするコト』
 ヘッドターン、ハンドターン、フェースローテーション、シャフトのしなり戻し
に該当するのだと思うのですが
ロフト/フェースを円の外に向けて
 円の外にボールを弾き出す延長線上であれば
『リリースするコト』は全く問題ありません。
全く問題ありませんが、
 リリースするコト が打撃ではなく
 ロフトを円の外に向けておくコトが 打撃の主エンジンです。
つまり 手の返しやフェースローテーションは
 有っても良いし、無くても良いですが
有ったとしても 打撃のオマケ、スイングの終わらせ方 に該当するもので
そこを打撃の主要部分だと思っている限り
スイングの迷路から出てくることは出来ません。

😓😓ソコを履き違えている人が多過ぎる…気がします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



肩を、肩を、肩を、
と言う言葉、意識が一番厄介ですね


フェースローテーション、ヘッドターン する人も
細かい手先の動きよりも 肩を動かすコト
行きも帰りも
からだを回すことも肩を回すコト
と思っているゴルファーが殆ど…全員と思っていると思います。

200811__Moment(3)20190526gc55_Moment(2)ararara_Moment










今更 かも知れないですが
ゴルフスイングの動作の場合
積極的に使うのは 四肢
左右の 大腿と上腕 だけ
 です。

胴体は重さ として 一つのユニットで使う、動く
という きわめて受け身なモノで
胴体自体をどうこうはしません。


特に中間にある 腰を積極的に使う のは
からだを痛める元になります。

そして ほぼ全員の行っている肩をまわす
肩を使うは ゴルフを格段に難しく
距離を損じる と 安定性を失う の両輪です。


自分のからだの向きが 右から左に180度回転する
ゴルフクラブも 先端に重さがあり
運動すると その重さが増えるにもかかわらず
180度回転するモノ と妄信していると
からだがボールを正対した時期を逸して
ボールを打たなければならないので
どこかで 脚や腰を止め 肩を回して 胴体をねじり戻して
腕でクラブを振らなければなりません。

M20191011-1_Moment(2)M20191011-1_Moment(5)











推察、推測に過ぎませんが
スタートは からだの回転通り に ボールを打つ、打ちたい
から始まるんだと思います。

➁でも 運動で重さが増え、ヘッドが遅れ、グリップが遅れ
というコトが解消できない・・・

➂それが振り遅れになり、カット打ちになり、
アウトサイドインになり… 飛ばない、スライスする、ダフル
などもミスや飛距離不足になる。

➃からだの回転で 既にボールと正対するところを通り越して
しまっている、逸してしまっているから
 腕でクラブを振らなくてはならない

➄そのためには からだの回転を終わらせるか、止めないと
腕を振ることが出来ない

という 言葉にすると 本当に本末転倒が分かると思います。


肩を回す が厄介なのは
肩は可動範囲が左右だけでなく 上下があるため
からだ、胴体とは違う方向、角度に動かせてしまうコトです。

色んなスイングを見て欲しいのです。
AZEJ5123_MomentdownswingMVI_0874Trim_Moment









今どきのスイングで
腰の角度通りに 肩を動かせている人
ほぼ皆無の状態で
肩の回転は 腰の角度よりも かなりアップライト
上に向かって動くことになります。

特に 既に正面を向き終えて
左を向き始め、右サイドよりも左サイドの方が高くなった状態で
肩をねじり戻しますから その上向きは顕著になります。

右腰をつぶしたまま 運動する のは
とても腰に悪いですが
それはまあ我慢したとしても
多くの人にとって
上に振るスイングは
飛ばない 安定しない が付いて回ります。

それが通用するのは あるヘッドすぴーーどより上
余りあるヘッドスピードの人たちだけです。

IMG_2813Trim(2)_Moment(9)IMG_2813Trim(2)_Moment(10)






スイングは好き好きで構わないですから
始めから 肩を使って 胴体をねじって打ちたい
と思っていない限り
原点に返って からだの回転とクラブの関係を
考え直して 作り直すのが絶対にお薦めです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ