◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:手の返し



よくある話だと思いますが、
例えば スイング改造のゴール(目標) が
●体の正面でボールをとらえる、
●伸び上がらないでボールを打つ、
●体を開かないでボールを打つ、
●ディッシュアングルを保つ、
●インサイドアウトに振る、
 のいずれかだったとします。
(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment

それらは全て 技術的な改善 が要らない
 とまでは言えませんが、
少々大袈裟には、技術的な改善がほぼ無くても
 ゴールには行き着ける、
逆に「
技術的な改善だけ」では絶対に行き着けない

  と考えて良いと思います。




⇩⇩⇩ 以下 あるお客様から頂いたメールです
       ;ご本人の許可を得てメールより抜粋



「スイングが完成したとは到底、言えませんが、 
スイング改造に着手し始めた頃と比べると
だいぶ マシになってきたと感じます。
(こすり球克服ドリル_Moment(2)

幾つかの段階を経てくると
実感するのは『スイングの改造』は技術的なものではなく
おっしゃる通り、過去の自分のゴルフ歴の中で
形成された「思い込み」や漠然とした「スイングの概念」
の書き換え、上書きがどこまで進んだか

 というコトに尽きると思います。

手打ち から からだの回転(まだまだ完成には程遠いですが)
に近づいてい来ると、まず、感じる(大変強く)のが
「インパクトまでの時間の早さ」
別な言い方の方が分かり易いかも知れませんが、
「インパクトまでの時間の無さ」 です。

ダウンスイングが始まってからインパクトまで
腕をこうしよう、
スイング軌道はココを通そう など
そんな事をする時間がありません。
まったくありません。
そもそも ダウンスイング という期間 がない感じです。
切り返した途端、インパクト‼ に近い感じです。
何かをする時間がありません。

今までは切り返してから
ダウンスイングでこうしよう、
足はこう、
手はこう、
クラブ(ヘッド)はここを通そう
ヘッドの姿勢はこう、

そんな事を考えていましたが、
それが出来る、それをしようとする事自体が
手打ちなんだ
 と気づかされました。

素振りや練習していない時は
体の使い方は考えたりしますが、
からだの回転で徐々にボールが打てるようになると
インパクトまで、だけでなく、
スイング動作そのものの時間が短いので
いざ ショットとなったら
考える事、考えられる事は フェースの下向き、
フェースをボールに向けるコト(上下関係)だけ
と言っても、言い過ぎではないかと思います。」

 ★ー☆―★―☆




(店主)スイングはからだの回転を主にして行っているので
ごく当たり前に行えば
からだの回転通り…なら 必ずインサイド から入りますし
トップとインパクトの関係から考えれば
当然、上から ヘッドは入ります。
(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(2)(片手での素振り と クラブの格納_Moment(4)






それが アウトサイド から入ったり
下からしゃくる 煽るように入ったり する
という事は 何らかの理由で
約束の場所(ボール)に 遅刻 しているのです。



その最たる例が(コレも何度も書いていますが)
腕とクラブに長さがあり、
その先端に重さの付いた構造 がゴルフクラブ です。

手であっても、からだの回転であったとしても
自分がグリップを 180度向きを変えても
ヘッドに重さが有る分、シャフトは180度回転しません。
運動分、重さ分 180度よりもかなり少な目
おそらく 90~120度程度 しか角度運動しません。
それが 万物の物理法則 です。

8658a3e6-se00bf7e6






それを 自分が180度回転したら
クラブも180度回転する としてしまうと
90~120度の回転運動と、当然、別な動き になります。
このような 角度運動が途中で変わる場合、
 多くの場合は 棒の途中にトルク(別なチカラ)が掛かる訳ですが
棒は必ず支点ズレ を起こします。
グリップの移動~向きの変更/回転に対し
 本来は その重さ分(長さや運動も積算で加え)
角度運動は少なくなる場合は
人間の動作の軸 が形成されますが、
途中で 棒(この場合はクラブやシャフト) にトルクがかかり
別な角度運動が発生すると
人間の軸は そのトルクとほぼ反対の方向にズレ
スイングの場合、向きと前傾姿勢があるので 少し立体的にズレます。
 軸が右に倒れ、軸自体も右にズレます。

MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(6)
←間違いの元

ですので 振り始めた、トップの位置 で
想定していた 最下点 は 右にズレ
しゃくり軌道やあおり軌道 になる訳です。
想定した最下点よりも 先 でインパクトする、
という事は アウトサイドから入る に相当します。

さて これを治すにはどうしたらよいでしょう?

☑右にズレるコトを想定してボールを置く
まあ これもあるでしょう。
☑ヘッド軌道だけをインサイドに変える
別な更に深刻で、複雑な問題にすり替え となります。
☑変えない
無難です。ただし、コースでの実際のショットでは
ダフリ、トップの頻度は高いですし、
距離が出にくく、飛ばそうとした時、弾道が高くなり、
上手く当たっても 引っかけの恐怖はつきまといます。

物理法則を無視し
無理やり ゴルフのスイングの定義に当てはめれば
苦労するのは本人以外何物でもなく、
そこには きちんとした対処法は存在し得ません。

当り前 と思っているコトがスイングを苦しめるのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



店長「ハンドファーストを解くリリースと
 ハンドファーストを維持するリリース
 では
 ダウンスイングからインパクトに入ってくるところの
 クラブの角度が かなり大きく違います。
(インから振るのがすべて!じゃない_Momenta5b965fd





 時計で説明すると
 アドレスを 12時-6時の方向に取っているとします。
 テークアウェイに トップの位置では
 だいたい 理想的には6時の方をカラダは向く訳ですが
 多くの方は イメージ、だと思うのですが
 ボールを打つため、元に戻るため、
✋シャフト・クラブを 9時‐3時の方向に
✋ボールと自分の関係 に対し
 アドレスと同じように 自分に垂直 にしよう と
 すると思いますが、
 ハンドファーストを維持する為のリリースでは
 アバウトですけれど 飛球線と平行に クラブを抜く
 グリップエンドを飛球線の方向に向けたまま
 自分とボールとの間を通す、そんな感じなんです。」
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment(3)
Mさん「ボールに当たらなそうですが…。」
店長「ですよね、
 でも 自分は、自分のからだは向きを変えていますから
 それで十分なんです。
 打撃部分であるヘッドを ボールの方に出さなくても
 自分が向きを変えるので 結果、そうなります。

a5b965fd物理的に考えてみましょう。
トップの位置で 6時なり、7時当たりのトコロに
グリップエンドはあります。
そこから カラダの向きを変えて
6時→3時→12時と クラブとの接点は移動していく
 のですが、クラブは長さもあり、先端に重さもあります。
 ヘッドは重さの塊ですので、ソコに留まろう としますから
 クラブはどんどん 自分にまとわりついてくる筈 です。
 結果、としては ヘッドはボールの方に出ますが、
 それを 意図的に、意識的にしようとすれば
 円を内回りにしなくちゃいけない、とか
 カラダとの接点であるグリップ部の移動を止めなくちゃ、だとか
 機械的には意図的な不具合が必要になるのです。
(クラブ扱いのイメージの比較_Moment
 スイングは円を描く のですが、
 それは カラダの向きが行いますから
 手さばきで 二重に円を描く必要はない
のです。」

Mさん「頭では理解出来そうなのですが。。。」
店長「😊😊😊 ブレインストーム(意識改革)ですので
 そう簡単ではないかも知れませんが…。
 フェースを開いているので
 グリップエンドを飛球線の方に抜こうとすると
 スライスになったりする訳で
 始めは フェースは開いていないのですから
 開いて、閉じる ではなく
 始めの状態のまま、にしておけば良いのですが…。
 勿論 運動の抵抗がかかりますから
 その状態を維持して置くには 工夫は必要ですけどね。
IMG_0148_Moment

 テークアウェイ、トップ、ダウンスイングの初期、
 左右のグリップの関係は
 右手が左手の上にある、かぶった状態です。
 微妙ではありますが、右手の方が自分側にあるのですが、
 そのまま 自分に近い方に、
 左手の方がボールに近い方に、
 正確には「押す」訳じゃないですけど
 その関係を腕さばきで反転させないようにする、
 右手を左手よりもボールの方に出さない感じです。
スイング ココを治そう❷_Moment

 よくある 右手を左手よりもボールの方に出す、
 その時間分、からだが止まっているとか
 グリップの移動が止まってしまいます。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Ⓡさん には被験者として
クラブを寝かす のであれば
外から引っ掻いてくる位 寝かさずに、
 というトライをして頂きました(きっと やってる)。

このトライは 外から引っ掻いてくるコト を
 覚えて頂きたい訳 ではなく
グリップの移動は 今まで以上に縦移動、縦回転、
 高さの変化をさせるコトが肝心、
それによってグリップはよりからだの近くを通るよ、
  …そして それは ハンドターンを要らなくするよ、
 というコトを体験して頂きたい のです。

余談ではありますが
元に戻っちゃった、一晩限りの夢 だったのですね
と言いつつ、過去の画像と比較してみると
段々と寝かし具合は減っている(立ってきている!)ので
症状は改善されている?バイアグラ効果?んじゃないでしょうか
 左から古い画像です。    それも…気のせい かも?
リリース の勘違い❓_Moment【Rさん 20210604】_Moment(2)大森20211028_Moment







 
この状態、グリップがボールの方に出てしまい

クラブのターンをハンドリリースで行うのか、
◌ボディリリース
(体の向き)で行うのか

 ココの部分の違いを説明したい、と思います。

この 二つに良い悪い はありません。
ハンドリリース で行うコトの最大のデメリット は
 均一(いつも同じ、似たようなインパクト状態)を造るには
 万を超える反復練習が必要な上に、
 若者で無い私たちにとっては 筋力の中で
 最もスタミナのない腕力にそれをさせるので
 その部分をクリア出来るのであれば、なんの異論もありません。
【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(2)

(言葉で説明しているので分かり難いですが)ダウンスイングで
クラブを倒してしまう、寝かしてしまうと
持っている棒、シャフトに対し、
ヘッドの重心が 背後(映像で言うと左)に位置してしまうので
ヘッドが下がろうとするチカラが働きますので
IMG_0612このままでは
ネックの裏側、シャンクする部分のネック部の反対、
が ボールに当たりますので
この状態からインパクトまでに
フェース部の打点なり、重心位置が シャフトをまたがなくてはなりません。
(ヘッドが回転する必要が生まれます)

また クラブを寝かし、極端
(Rさんのよう)にヘッドの重さが
背後にかかってしまうと その重さ(背後に落ちようとするヘッドの重さ)で
打ち手は無意識ですが、グリップがボールの方に押され
下げたいグリップが下がり(れ)ません。(上がる負荷がかかります)
リリース の勘違い❓_Moment
ビックリする位 寝ていて…グリップがボールの方に出ていて 高い
これから どうやって ボールを打つのか 想像が付きませんが、、、
この状態ですと クラブの長さ と言うテコ が
右手支点、右手に支えられています。
理想的には この時点では 右手のリリース(伸ばし〜伸び)は
 ……意識的な「伸ばし」ではなく、元の長さへの復帰に近いですが
 始められていたい のですが、
クラブの重さが右手支点になってしまっており、
 この時点で 右手を伸ばすと ボールの方に出過ぎていて、
高さ(低さ)がものすごく高いグリップが  更に
ボールの方に出て、低さを生み出せません。
 ですので 右腕の伸ばしが遅れる(必然) のです。

(余談◆肪篤擦楼っかけか、スライスになる可能性はありますが、
外から引っ掻いてくる実験での球は
右腕の伸び が 時期として早く来る ので
普段、打っている球よりも 強い出球 になります。

トップの位置から ダウンスイングで
重心が シャフトをまたぐ瞬間は 打撃には絶対必要です。
もしくは ややシャット気味のトップを造っておけば
その作業は省く、もしくは最小で済む場合もあります。

2021-02-13_22-10-57_Moment(2)トップの位置からインパクトまで に
重心がヘッドをまたぐ ⇒フェースターン を
やる方法は二つ
 です。
方法が違うの と 時期が違います

この状態から 左グリップを移動させる、
主に下げるコトになるのですが、
 それをするには からだの回転が主力なのか、助力なのか は
断言出来ませんが、弱い左腕を使って 重さの掛かった
グリップをダイレクトに動かすのはかなり無理があるので
基本、からだの回転を使って 左グリップを上下に動かすコト
回転のチカラ と クラブの重さを使って
 横移動の相当する回転を 縦の動きに変える

だと思います。 それを ボディリリース と言います。
 支点が無い、支点が曖昧なフェースターンなので
 見た目には フェースターンには見えません。


リリース の勘違い❓_Moment(2)一方、ハンドリリースの場合、
その支点となるのは
左グリップになりますので
その支点が どんどん先に移動
されては ターンが出来ません。
ですので、無意識とは思いますが、
からだの回転から 左腕、左グリップを切り離し、遅らせ、
下げない を選択するコトになります。

ボディリリースの フェースターンはダウンスイングの
かなり早い段階に存在し、目で見ると
スイングの中に取り込まれてしまっているのでしていない
ようにも見えますし、
ハンドリリースに比べると その量そのものも
無い!と言えるほど 多くはありません。


一方、ハンドリリースの場合、
フェースターンをするための 前準備があり
(支点になる左グリップの別行動、単独行動)
その上で フェースターンを行うので
その時機は かなり遅く、インパクト付近です。
見た目もそうですが、量も多くなり、
下げていない グリップを
どこかの 別な動きによって 下げるので
行動も非常に複雑になりガチ、忙しい動きになります。
フェースの回転の量にも違いがありますが、
 からだの回転でそれをするのを ボディリリース
 それを手さばきで行うのを ハンドリリース と言います。

    その為の 左グリップの下げ、下がり、
    からだの回転とのリンクの為の前準備 です。 
   ……Ⓡさん この説明で良いでしょうか?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


からだの回転を主体で打ちたい
クラブを動かしたい と思っている…のに、
⚠大々的に ヘッドを返そう…とは思っていないのに、
結果、として 『手の返し』『フェースターン』
どうしても入ってしまう…
……は こういうケース、かも知れません。

✋「三角形で遊ぼう編」とも関係があります

からだの回転 『三角形で遊ぼう➀』 : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)
からだの回転 『三角形で遊ぼう➁』 : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)
からだの回転 『三角形で遊ぼう➂』 : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)
アプローチ版『三角形で遊ぼう』 : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

(TOMOクンの修正前-修正後_Moment(2)両腕と胸で出来る三角形
🔴クラブの有る上側を『表窓』
🔴下側を 『裏窓』 と仮称します。

ダウンスイングでは
裏窓がボールなり、飛球線の方を向き気味で始まる訳ですが、
それをひっくり返そう・。・。・と思っていませんか❓

ひっくり返そう❓…❓ 伝わり難い… とは思います。

この傾向は 過去に『スライスで深く悩んだ』方、
『カラダの正面での』インパクトを強く意識している方、
腕力が強く フェースローテーションが激しかった方、
 に多い症状だと思います。

茲離好圈璽港手と藜磴日のジャンボで説明しましょう。
スピース選手、若き日のジャンボ 共々、この状態
三角形の「裏窓」は ボール、もしくは 飛球線の方を向いています。
似ている➁

ジャンボは その三角形をひっくり返し、
三角形の『表窓』側でクラブを動かし ボールを打とうとしています。
そのまま では打てないから です。
体の部位、で言うと
左腕の方がボールに近く、右腕の方が自分に近い、
このままの状態では ボールが打てません。
このままではフェースにボールが当たりません… シャンク❓
✋ですので ボールとの距離感 と言う意味で
 左右の手を入れ替えます。
 左脇を締める…ようなフォローになります。
三角形の頂点、と言う意味では
 トップ時の 右に向けたまま(飛球線の反対)から
 180度 頂点の向きを入れ替えるコト…が打つコト の感じです。
似ている1

一方、スピース選手は
三角形の『裏窓』をボールなり、飛球線に向けたまま
そのままの状態で
 「からだ」の向きだけを変えます。
 自意識として 三角形の裏表 の入れ替え はありません。
三角形の頂点は 右(飛球線の反対)に向けたまま、打つ、
 そういう感じです。

三角形の頂点が 自分の前を通過する…
三角形の裏表を入れ替える…
 即ち 手の返し をするのには
左サイドのどこか、主に左肩や左ひじ、左グリップなど
 遅れてきたモノを入れ替えるため 『待ち』『止まり』が必要になります。
からだの回転通り 手の返しの基準点もどんどん進んでしまえば
 手が返すことが出来ません。
からだの回転からの分離、が必要になるのです。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


昨日の記事の続き…になるのかも…知れません。

(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(6)

スイングを考えると
テークアウェイで 多くは無くとも
グリップの高さを高くし、
ダウンスイングでは そのグリップの高さを
低くする のはだいたい 万人に共通ですね。

感覚的には 『左腕』もしくは『左グリップ』を上げる、高くする、
それを下げる、低くする に近いかも知れません。
多くの人が共通するスイング認識です

では…
インパクト以降はどうでしょう❓

上げて、下がった 左グリップ は
下がった そのままの「低さ」を維持して置く方が良いでしょうか

それとも 上げて、下がった 流れで
 自然な形で 左グリップは「上がって行った方が良い」でしょうか


✋インパクト は 出来るだけ最大速度
 出来るだけ 最大加速
 出来るだけ 大きなモーメント を考えると
 インパクトで何かを止めず 流れのまま の後者が良いと思います。




✋✋✋今回のテーマはそこではありません。



インパクト以降 フォロー側では
移動してきた左グリップの流れのまま
下がってきたなら その流れで 高くなる方が
よりスムースに、体のどこかに負担を掛けず
インパクトを加速、や 最大速度 を維持し易くなりますし、
その上がり下がりの具合、などがショットの向上性や安定性などを
探る、測る目安にも成り得ます。

ですから 上がる下がる、そして上がる
その流れの中でボールを打つ。
インパクト以降は 左グリップは止まらず、
動かし続けた方が良い とは思いますが、
その インパクト以降 左グリップが上がる/上げるコト
 それ ソノモノは 打撃ではありません。 
インパクトで 左グリップの動きを止め、
 左グリップの低さを維持してもボールは打てます。

(インパクト、そしてそれ以降 無視出来ない違い_Moment(2)

手の返し、や フェースローテーション、
そして シャフトのしなり戻し に関しても
 非常に似たことが言えます。

それらは多くの場合、
ロフト、フェースを円の外に向け
肩などからだの回転で円を描く の延長線上にあるモノ で
ドライバーなど遠距離、速いスピードで打つ場合、
スイングを終了させるのに 致し方なく 付いて来ます。

トップの位置、切り返しから
グリップファースト、ハンドファーストで
インパクトに入って、それ以降 からだの動きや手の動きは
終了に向けて 減速しますが、
そのグリップファースト、ハンドファーストを
最後、終了まで維持するのは 危険です。
腕などを傷める可能性があります。
インパクトして 動作の減速に入っても
そこまでの慣性、勢いはクラブには残っており、
結果、からだや手を追い越すような形は
スイングを終了させる為には不可欠になります。 
(インパクト、そしてそれ以降 無視出来ない違い_Moment

    ですが…


その ヘッドターンやハンドターン、
一見すると フェースローテーションやシャフトのしなり戻し
に見えるモノ が 打撃の主要部分ではありません。


ですから その行為の目立つスイングであっても
そのリリースポイントは
 グリップがかなりボールを追い越したポイント
ボールを円の外に弾き出す その感じの延長線上(副産物)にあり
 その手さばきはスイングの主要エンジンではありません。

リリースポイント とは
腕も含めた クラブの慣性をフリーにするポイント
のコトを指します。
その『リリースするコト』
 ヘッドターン、ハンドターン、フェースローテーション、シャフトのしなり戻し
に該当するのだと思うのですが
ロフト/フェースを円の外に向けて
 円の外にボールを弾き出す延長線上であれば
『リリースするコト』は全く問題ありません。
全く問題ありませんが、
 リリースするコト が打撃ではなく
 ロフトを円の外に向けておくコトが 打撃の主エンジンです。
つまり 手の返しやフェースローテーションは
 有っても良いし、無くても良いですが
有ったとしても 打撃のオマケ、スイングの終わらせ方 に該当するもので
そこを打撃の主要部分だと思っている限り
スイングの迷路から出てくることは出来ません。

😓😓ソコを履き違えている人が多過ぎる…気がします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



肩を、肩を、肩を、
と言う言葉、意識が一番厄介ですね


フェースローテーション、ヘッドターン する人も
細かい手先の動きよりも 肩を動かすコト
行きも帰りも
からだを回すことも肩を回すコト
と思っているゴルファーが殆ど…全員と思っていると思います。

200811__Moment(3)20190526gc55_Moment(2)ararara_Moment










今更 かも知れないですが
ゴルフスイングの動作の場合
積極的に使うのは 四肢
左右の 大腿と上腕 だけ
 です。

胴体は重さ として 一つのユニットで使う、動く
という きわめて受け身なモノで
胴体自体をどうこうはしません。


特に中間にある 腰を積極的に使う のは
からだを痛める元になります。

そして ほぼ全員の行っている肩をまわす
肩を使うは ゴルフを格段に難しく
距離を損じる と 安定性を失う の両輪です。


自分のからだの向きが 右から左に180度回転する
ゴルフクラブも 先端に重さがあり
運動すると その重さが増えるにもかかわらず
180度回転するモノ と妄信していると
からだがボールを正対した時期を逸して
ボールを打たなければならないので
どこかで 脚や腰を止め 肩を回して 胴体をねじり戻して
腕でクラブを振らなければなりません。

M20191011-1_Moment(2)M20191011-1_Moment(5)











推察、推測に過ぎませんが
スタートは からだの回転通り に ボールを打つ、打ちたい
から始まるんだと思います。

➁でも 運動で重さが増え、ヘッドが遅れ、グリップが遅れ
というコトが解消できない・・・

➂それが振り遅れになり、カット打ちになり、
アウトサイドインになり… 飛ばない、スライスする、ダフル
などもミスや飛距離不足になる。

➃からだの回転で 既にボールと正対するところを通り越して
しまっている、逸してしまっているから
 腕でクラブを振らなくてはならない

➄そのためには からだの回転を終わらせるか、止めないと
腕を振ることが出来ない

という 言葉にすると 本当に本末転倒が分かると思います。


肩を回す が厄介なのは
肩は可動範囲が左右だけでなく 上下があるため
からだ、胴体とは違う方向、角度に動かせてしまうコトです。

色んなスイングを見て欲しいのです。
AZEJ5123_MomentdownswingMVI_0874Trim_Moment









今どきのスイングで
腰の角度通りに 肩を動かせている人
ほぼ皆無の状態で
肩の回転は 腰の角度よりも かなりアップライト
上に向かって動くことになります。

特に 既に正面を向き終えて
左を向き始め、右サイドよりも左サイドの方が高くなった状態で
肩をねじり戻しますから その上向きは顕著になります。

右腰をつぶしたまま 運動する のは
とても腰に悪いですが
それはまあ我慢したとしても
多くの人にとって
上に振るスイングは
飛ばない 安定しない が付いて回ります。

それが通用するのは あるヘッドすぴーーどより上
余りあるヘッドスピードの人たちだけです。

IMG_2813Trim(2)_Moment(9)IMG_2813Trim(2)_Moment(10)






スイングは好き好きで構わないですから
始めから 肩を使って 胴体をねじって打ちたい
と思っていない限り
原点に返って からだの回転とクラブの関係を
考え直して 作り直すのが絶対にお薦めです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ