店長「ごく一般的な からだの回転 は
 ほとんどの場合 肩を廻す、
 正式には 肩を廻し、胴体を捻る、
 腰の向きに対して 肩・胸ラインの『捻転差』を造る
 とされています。
 されていますが…。
((フットワーク (2)
質問「実際には 腕を横に振って
 肩〜胸ライン自体を動かしていない人も多い。」


店長「ですね。

 その上で、肩〜胸ラインを動かす、
 胴体を捻る 勢いを付ける為、腕を横に振っている、
 ハイブリッドタイプの人も多いのですが、
 そのハイブリッド捻転 は
 疲労や加齢によって 腕本位に変移するケースがとても多く
 歳をとって、肩〜胸ライン本位の『捻転』に変移するケースは
 例外と言えるほど 希少です。」
((((((((_Moment
質問「それはそうでしょうね。」

店長「骨盤、お尻、股関節へ移行する と言う話しは
 ホントは強く勧めたいんですが、ちょっと 置いておいて
 そうなると 自分ではからだを廻している『つもり』だけれど
 より一層 腕を横に振るケースが だいたいの行き着く先です。

 まあ ゴルフスイングのお決まりのアドバイスとして
 もっとからだを廻せ、右を向け、左肩を入れろ に
 なるんですけれども・・・。

 特に 左肩を入れろ は アドバイスとして
 このケースではとても悪く働き、
 本来の『捻転』、腰ラインに対して 肩ラインを廻す であっても、
 骨盤、お尻、股関節で右(右打ち)を向く であっても、
 右半身も、左半身も 均等に右を向く、均等に動く、
 右半身、右胸、右背中が向きを変えるから
 『結果として』 左半身も動き、
2021-12-06_22-21-54_Moment
 左肩が入るんです   が    
 腕を横に振る 疑似右向き、
 または ハイブリッドの疑似右向き予備軍 も
 テークアウェイをしっかり取ろうとする為、
 右向きをもっと深くしようとする為、
 左肩、左腕ばかりを入れようとして
 右肩、右半身がどんどん動かなくなります。

 結果として 努力の甲斐なく、
 トライすればするほど 右向きが浅くなってしまう
 というケースがとても多いんですね。」

質問「うううううう〜む
 『歳を取ると からだが硬くなって…廻れない』
 は年配の人の合言葉のようになっているのですが、
 その周り方 では 廻れなくて当然、
 逆に、廻れたら 怪我の恐れもあるというコトになりますね。」
〇肩を廻せ_Moment2
店長「そうだと思います。」