◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】 【クラブから学ぶスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480✉hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:左サイドの壁



クラブを下に振らず、からだの向きを変えるのと
クラブを下に振るのでは 似ているようで
かなり大きな違いがあり、
カラダの向きを変え ボールに届かせる、に比べ
クラブを下に振る には
カラダを止め クラブを下に振る『時間が必要です。
下に振ってはダメよ_Moment
動作、としては クラブを下に振るには
曲げた右腕(右打ち)を伸ばすことで クラブのリリースをする

のですが、からだの回転を止め(左サイド)
右腕を伸ばす(右サイド) ので
カラダが潰れる、進行方向の前側
(体の左右方向)が詰まる、
 その結果✋逃げとして 左サイドが上に逃げる/伸び上がる

と言う現象が出てきます。



ゴルフスイング用語で 『茲諒鼻と言うのがありますが、
本来は… からだの向きを変える時、
 左サイドはここより外に出ないよう、内側で廻りましょう…
 という 廻る場所、廻る領域、到達点、ガイドラインを指し、
  ✋想定した 壁の内側で廻りましょう〜 が正しい意味で
 どの道 廻るコトが前提になっています。
2021-04-11_22-32-44_Moment(5)2021-04-11_22-32-44_Moment(7)









✋しかし、クラブを下に振る、手で振る人にとっての左の壁は
右腕を伸ばし(右サイドを動かす) のを
左サイドの進行、動きが止める、
もしくは ニュアンスとしては
 からだの回転を 左サイドが受け止める という
 廻るコトを辞める/止まるコトが「必要」になってきます。

仮に ボールを強く叩きたい 場合、
 クラブを下に振る右腕のリリース感も強くなりますので
それを 受け止める 左サイドが
よりガッチリ止まらないと ミスになってしま 訳です。


今回の Aさんの場合、
 アイアン(#5) を例に取ると
 ヘッド重量  240g  → 300g(60g増し)
 シャフト硬さ 290cpm → 160cpm(130cpmダウン)

 に変わりました。

ヘッド重量の分、数値として
 シャフトの振動数は余計に下がっていますが
 シャフトの硬さ で言うと 100〜110cpm
 硬さ表示 R.SR.S... で言うと 10フレックスは落ちています。
 その 10フレックス柔らかくなったシャフトに
 60gも重いヘッドが付いているのです。 
202176_Moment
テークアウェイ(行き)もダウンスイング(帰り)も
 からだの向き での移動に加え、
 腕さばきで 「余計に」クラブ、シャフト、ヘッドを動かしていますので
 ヘッドが重くなり、シャフトが柔らかく成れば
 その「余計」がさらに増えます。
 より一層 下へのリリースが強く必要になりますから
 左サイドの受け止め もより強く必要……。
 往復で、余計に時間がかかる分、
 カラダが上を向く、左を向く 可能性があがり、
 ダフリやチョロ、トップや引っかけになる可能性が増し、
 Aさんの場合は 引っかけになってしまっている というコトです。
誤った意味合いですが
「右手で叩くな」
「右手の使い過ぎ」
「左サイドのリードだ」
はここら辺が起因するのです。

カラダが強い人は その右腕のリリースを
 左サイドで受け止められたり…も出来ますが、(体力、年齢による…)
 止める、と シャフトを走らせる、クラブを走らせる の
 中間部に来る 左手首や左ひじ、首、
 などを傷める可能性が非常に高い のです。

「手は伸ばす?」_Moment「手は伸ばす?」_Moment(2)










これには まだまだ 伏線があり、
 インパクト時の伸び上がり は
 その 受け止める左サイドの末路 とも言え、
 伸び上がりを無くす には
 右手のリリース、下に振るコトを辞めない とイケマセン・・・。
 下に振るコトが 打撃のメインエンジン ですので
 距離をあきらめて そっと振るか、
 伸び上がり…おそらく 自分にとっては左サイドの壁-感 と
 右腕の伸ばし感の折り合いをつける か だと思いますが、
 動く-右腕の伸ばし
 止まる-左サイドの伸び上がり抑制 という
 つながっているのに 反対の動き をしなくてはいけない
 
想像が難しくないかと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


今はもうあまり気にされていない…のかも知れませんが、
Rさんのスイングには
 今も…か❓ 過去に、、なのか
 「インパクトを体の正面で!」
 強く意識されていた 痕跡が見られます。 
((Rさん SW.6i.5w.1W 2021913_Moment(2)

「インパクトを体の正面で」 は
インパクト、という その時を
ボールと体が正対する 状態で
造りなさい、悪く言えば そう都合つけなさい
と言う意味ではありません、
腕やクラブを「カラダの向き」で動かせば
結果、そうなる という 少々遠回しな意味
です。

廻りくどい言い方をすると
待ち合わせの場所に 約束通りの6時に到着する
その電車に乗っていれば ちゃんと着く、
あっち こっち 紆余曲折し
 なんとか 体裁を作って 約束の場所の、約束の時間
を間に合わせるモノ ではありません。
その電車に乗っていれば良いだけ です。
ゴルフのスイングで言えば
 からだの向きで腕を、グリップを、
 移動させて置けば良いだけです。

ですので 切り返しの時に 左腕を、左グリップを
残して今うのは その「インパクトをからだの正面で」
とは 相反する、真っ向から それをしない 動作 です。

カラダが向きを変えたら
 当たり前、ですが、腕の付け根は移動しますから
 それ通り、腕も、グリップも移動させて置けば
 結果、だいたいですが、インパクトは体の正面になります。
 勿論、だいたい…で良いのです。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ_Moment


また これも もう当たり前になって、
無意識な意識、になっている可能性もありますが、
「左サイドの壁」とは
左サイドの動きを止め、
回転を受け止めるコト ではありません

アプローチ…などを除いて、
 ボールを意図的に飛ばしたくない と思っている人は
 多くはない訳で、出来れば 少しでも飛んでくれた方が
 嬉しいと思うのですが、
 それをするには インパクト付近の回転も減速させず、
 無理な加速はダメですが、持続して回転しておいた方が良い訳です。

ヘッドの遅れ を ロフトの立ち化 のイメージが付けば
 そのヘッドの遅れを取り戻す必要はないので
 グリップも、ヘッドも その移動の原動力は
 からだの向きなので、当り前と言えば当たり前ですが、
 その先頭にあたる 左サイドは
 誰にも追いつかれてはダメです、逃げ続ける、
 スイング動作の終了まで 先頭逃げ切りで行かない
とダメです。

回転の勢いを止め、受け止めてしまえば
 その箇所に負担が 非常に強くかかります。
(ゴルフスイング)インパクトポイントの改善_Moment(3)

左ひじ、左グリップも含め
 左サイドは 「インパクトは体の正面で」と言う意識を捨て
 回転、逃げ続けて下さい。
✋からだの回転通りに 左グリップが移動していれば
 だいたい、からだの正面「でしか」インパクトは来ません。
 他の向きでは 本当は打てない、のです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



動画に中にみられる 動作 は
 多くのゴルファーに見られる 典型的なパターン です。

そのスイングが過去に構築された ポイントは
 大きく 二つ あると思えます。
二つは絡み合ってますけど…。

・・・中らずと雖も遠からず な歴史を追っかけてみます。




からだの回し方 …どうやって回すの❓
 スイングは ひねり、捻じり、捻転差
 からだをゴムのように使い、ねじり、ねじり戻して
 ボールを強く打つ。


こう思っているゴルファーは…少なくない
おそらく・・・ですが、プロ、インストラクターも含めて…ですけれど
日本のゴルファーの8割を超えるような人が 確信は無いまでも
薄っすらとそう信じている、もしくはイメージしている と思います。


シリーズ ココを治してみましょう❸_Moment(4)【捻じる】
ゴムのように からだを捻じって使う
となると その基礎、固定されたスタンス から
出来るだけ離れた箇所、からだの部位で言うと
肩や腕、勢いをつけるため ヘッドから…
動かして 捻じりを多く、強くねじり戻るよう
動かし始める と思います。
葛谷 2017-2020_Moment(2)


テークアウェイの初動から 勢いを付ける
テークアウェイがかなり素早い
 典型的な ゴムを捻じる感覚と思います。

*Rさんの場合、その部分はその後の動きに対し、
有効性はありませんが、形式上、改善されています。




【捻じり戻す】
ゴムを捻じり戻す は 開放する に近い動きですので、
自発的な切り返し というより
ゴムがちぎれない範囲で捻じり 限界が来たら…
それを元に戻すとなります。
 ですので 飛距離/飛ばす は
 もしかすると 自分の自発的運動・自発的運動速度 ではなく
 捻じりの限界量、ぜんまいの巻き で決める意識かもしれません。

固定された靴・足・スタンスに近いトコロから順次、
部位で言うと 膝 → 股関節(腰)→肩→腕→クラブ
と言う順番に戻していく、
ゴムの反発というか 反動に近い動きなので
あまり自発的にどうしよう と言う部分はありません。
 …切り返しは下半身のリード…とか
 …左足のリードで なんて ピンと来ますよね。

これだけでは "まだ" ボールは打てません。


なぜならば 捻じり戻しの順番 によって
クラブを持った 両腕の長さが程よく整った、
都合のついた時期には 左腰が大きく開き、
ボールから非常に離れた遠いところに
 行こうとするからです。
 スライス? 「からだが開いているからだよ」と。

(左腰を止めているのが判ります?)

M2019810L!_Moment(2)M2019810L!_Moment(3)M2019810L!_Moment(4)








✋スイングの覚える段階 は
 ある意味、誰もが スイングやクラブに関する情報に
 飢えており、その時に入ってくる情報の有効なモノ
 は 自分のスイングの「標語」として
 心の玄関に飾られます。


 「からだを使え‼」
 「からだを回せ‼」
 「手で振るな‼」

 そして
 『インパクトはからだの正面で‼』
 『左サイドの壁』

 言葉としては間違ってはいませんが、
 それらを総合して
 インパクトでは腰の向きを ボールと正対する辺りで止め
 左腰がボールから離れないよう固定する

(からだを腰・骨盤と肩に分ける のが左サイドの壁とは言いません)
  …ボールに当たり始めます。 が…まだ、スライスになり易いですね。

 左サイドが「壁」として止まり、
 左グリップ、左腕が硬直が一つの目安になり、
 それを追い越す 薀哀螢奪廚 フェースターン であり、
 手の返し、ヘッドがグリップを追い越す になってきます。
 それで スライスが少なくなり、たまに フックしたり
 (夢のドローボールですね)
 おおぉぉ〜 上達したんだ〜!になる訳 です。

厳密に言えば その時出ていた 右回転の球は
 スライスではなく 打ち損ね、当たり損ね であって
それを スライスと呼んだら、スライスが可哀そう です。
そして 自分ではフック、ドローボールと思っている…ソレは
 単なる「引っかけ」であって
ゴルフ用語の意味が崩壊しています。


(動画内では 0:25以降)
大森 スイング変遷_Moment(5)大森 スイング変遷_Moment(6)大森 スイング変遷_Moment(8)










捻じられた胴体 それだけでもキツイ のに、それを解放し
今度は インパクト直前に 左半身や左腕を硬直させ
止めなくてはならないのですから…
 私から見ると拷問かと…
テークアウェイでねじるため 左半身〜左腕を強く使い
開放して、それを受け止める左半身〜左腕 の硬直、
無理した正面がある間に 今度は藜蠅巴, のですから
正しく体を使ったら 『なんの感触もない』 と感じるでしょうね…。



 からだの捻じる、ゴムのように使う 大きな欠点 は
この回し方は 回る速度、正確には回り戻す(打つ方)の速度を
自分で管理出来ません。
動作、この場合は 回り戻し は
ひねったモノ(自分の胴体)の開放 なので
その速度を管理するコトが出来ません。
何でもかんでも 思いっきり打つための動作 と言えます。

そして からだの回転 と呼ばれるモノが
箇所ではなく ゴムなので 全体 ですので
その部位 によって その回転の方向・角度が異なり
入射角度やそれに対するロフト、スイングの最下点 が安定し辛く、
それを安定させるための 練習量・訓練量が半端なく
元々 からだに負担のある方法なので 痛める可能性が非常に高い です。
(からだが強烈に頑丈、もしくは痛みに耐性のある方向き)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ