◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:左サイドのリード


店長「ハンドファーストを維持する為のリリース…
 からだの回転で打つコトを 体験 していくには
 アプローチのような 強く打たないショット
 から始められるのが良いと思います。」

Mさん「グリーン周りから…位の距離で始めるのですね。」
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment(3)

店長「そうですね。
 グリップエンドを飛球線の方向に向けたまま
 もしくは 飛球線の方向に抜く、
 その感覚は 今までの 
 クラブの重さを腕で動かす 打撃感 と大きく異なり
 単に カラダの向きを変えるだけ、
 カラダの向きを変えないと クラブターンが行われませんから
 打てませんので カラダの向きを変えざるを得ない、のですが
 実感として 打撃感が非常に薄い ので
 始めはちょっと躊躇(ためら)うのではないかと思います。

 カラダ、左サイド、左腕、左グリップが止まって
 絞るようにして打つ ダイナミックなインパクト、打撃に
 比べ からだの回転で打つ方は
 動いている最中 の どこかにあり、
 手で打つのに比べると はっきりとした印象がありません。
 良い意味で取れば 多少、ズレても差がない、
 というコトにつながるのですが
 その打撃感の無さは結構、乗り越え難い部分ではあります。

 いままで 肩で廻っていた というのが
 実は腕を動かしているだけで それに引っ張られ
 肩が動いている と言うのを実感するかも知れませんし、
 よく言われる 左サイドのリード と言うのがありますが
 左サイドのリードの言葉の意味は
 左サイドが動いている内に打て、 であって
 左サイドを動かしてから打て では無い、

 というコトを気付くかも知れません。

 少なくとも その違いを体験するのは大切です。」

Mさん「クラブをリリースする、というのは
 全くなくなるのですか❓」


店長「スイングの好み や 実際に出来るコト、
 長く親しんできたスイング方式 などによっても異なる
 とは思うので 個々で異なるとは思いますが、
 ヘッド、クラブをリリースしなくともボールは打てます。
 クラブターン、フェースターンは
 カラダの向き『だけ』でも完遂可能です、 が✋
 右腕を伸ばすことによって クラブを回転させたい、
 フェースローテーションをどうしてもしたい、 と言う場合、
 少なくとも グリップがボールを越えるまで、
 ブレイクラインをグリップエンドが廻るまで、
 タイミングをずらして欲しい トコロですね。
(つかまえ と 両手離しドリル_Moment

 インパクト、インパクト直後 から
 スイング動作は減速に入るので
 インパクトを越えたら 無理にクラブの慣性を
 おさえておく必要はありません。
 俗に言う 振ってしまって構わない と思います。
 打ってから、であれば です。

 作法というか、技術というか、
 その部分での問題解決よりも
 慣れ親しんだ感覚、思い込みの部分が少なくない かと思います。

 クラブを動かしているのは 打ち手の人間で
 その一番先端に重さとして付いている打撃部 が
 その動作速度(角度)を追い抜くことはありません。
 
 ヘッドの方がたくさん動いている というコトは
 自分は止まっている(減速している)コトになります。
 ソコの感覚が掴めるとかなり飛躍的な変化が起こるでしょうね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフでよく使われる言葉ですが
『左サイドのリード』というのがあります。

この言葉、まあ レッスン用語なんだと思いますが、
その左サイドがリード(先行)することが
 そのまま打撃になるのか、
日本語のニュアンス からすると
左サイドがリード、先行部隊で
 のちのち 本体である何かが来る…

コチラの方がイメージとは強いんじゃないか、と思います。
(進撃のRさん)_Moment(2)(進撃のRさん)_Moment









左サイドのリード、というと
足(左足)から と言う場合もありますが、
概ね…ではありますが、
ダウンスイングにおいて 左サイドというと
左肩、左腕、左グリップ ですので、そちらを先に動かす。。。
そして あとから 本体である 右サイド
    
 右腕で叩く
という 切り返しからインパクトまでの
打撃の手順、動作の順番を造ってしまっているように思えてなりません。

多くのゴルファーは
飛距離が欲しい時、当然、利き腕である右打ちなら右腕、
左打ちなら左腕で「叩きたい」と思っているのは 至極、普通なコトですので
まず 前に在る(右打ちの場合)左サイド、左腕を動かして
それから 右腕で叩く というのが馴染み易いのだと思います。

そのまま だと 俗に言う、手で打つ、ヘッドを返して打つ
になってしまいますので、その利き腕で叩く と
カラダの向きを融合するには その順番では上手く行きません。

左サイドが先行し、本体、別動隊である 右腕が
後から来る となると 左サイドはどこかで待っていなくてはならず
からだの回転とは切り離された打撃になってしまいます。
◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment(4)◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment(5)◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment(6)


冒頭の「左サイドのリード」とは
少しニュアンスが違うかも知れませんが、
どうしても叩きたい、飛距離を伸ばしたい、
その上で からだの回転と融合させたい と言う場合、
ほぼ同時と言えば、そうかも知れませんが、
 先に右腕、右手、
そして 左腕、左サイドが それに追いつかれないように逃げる、

そういう感じを持った方が良いかも知れません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


カラダの回転
カラダの向きを変える は
腕の付け根と動かし、
 『"ヘッドの付いた"グリップを動かすコト』が目的です。 

まどろっこしいですが、ヘッドを直接持っている訳ではないので
グリップ、左右のグリップを動かさざるを得ません。

ゴルフクラブはそれソノモノも先端に偏重しており
ヘッドの『重量点』も偏重しているので
🔴左右のグリップ
🔴左右の腕の付け根 が どう動くか、
バラバラに動かす、出来れば 丸ごと 同じように動く…
出来るだけ似た方向に、似た量移動するのが理想的です。
(回転の箇所
一般的に からだの回転と言うと
肩を廻す 
→正しくは胸ラインを廻すですが…
腰を廻す と 『胴体を横に輪切り』にして
その箇所を意識するのだと思いますが、
ボールを効率よく、再現性高くヒットする、
その為のグリップの移動を考えると 
そう考えると 実はカラダを左右 縦に割った方 が
イメージし易い人も居るのではないかと思います。

✋箇所、としての 肩を廻す も 腰を廻す も
からだの回転として意識し過ぎると
良いインパクトに結びつかないことがあります。
👉ですので からだを 茵,函´蕁,吠けて考えるのも
一つの手だと思います。


(左折注意_Moスイング動作の回転、向きの変更は
右打ちの人の場合、
 テークアウェイの『へ行くか』
 切り返し以降の『へ行くか』

の二つしかありませんが、
必ず 明確な進行方向があり、
その方向の 先頭になる側 があります。
先頭が突っかえる、渋滞すると
いろいろ問題が起こり易い訳ですから
右へ行く時は サイド
左へ行く時は サイド

その 左右の体を積極的に動かす イメージの方が
カラダを横に輪切りして 肩を廻す、や 腰を廻す よりも
より良い打撃、
その 向きを変えるコトが打撃ソノモノ
 になるチャンスが高くなると思います。

意図しない手打ち、手振り は
カラダは回しているけれど
それが 直接、打撃そのものにならず、
仕方が無いから のちのち手で振る
 と言うモノが殆どです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ