◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

タグ:大切な事

札幌の自閉症/発達障害センターの 加藤潔先生のお言葉を載せたいと思います




自閉症の世界は文化の違いです。
いい・悪いではない、文化の違いなんです。
どちらかが優れていて、どちらかが劣っているわけではない。
文化は互いに尊重されなければならないんです。


障害受容を全てできている親御さんはいるわけがない。
障害受容しようと、努力している親御さんがいるってこと。
努力でいいじゃないですか。
いつもいつもゆれている。
当事者だって、100%障害受容出来ている人なんかいない。
全て受容していこうという努力の表れ。
100%受容出来る人なんかそうそういないんです!!


それでいいんです!!
そのまんまの君でいいんです!!
生まれてきただけで凄い奇跡なんです。
何億と言う中からたった一つだけ、かいくぐって出会って受精できたからこそ
命が誕生した。
物凄い奇跡なんです
生きてるだけであなたは奇跡なんです!!

私たち支援者は、子供たちの弁護士になろう。
彼らはこういう苦手な、過敏・鈍感な所が、不得意さがあるから、こういう支援が必要なんです!!と沢山の証拠を語れる弁護士にならなければ!!
特性を語れる支援者になりなさい。

構造化や視覚支援は礼儀です。
支援以前の話。
それを拒否するなんて、人権にかかわる問題です。


私たちに完璧なんてありえない。
歩み寄る思い、寄りそう姿勢、学び続ける努力が必要です。
自分にも思い当たるピースや特徴があるってことに気付いて、それを強みとして語れる支援者は、とても素敵な支援者になるでしょう。


親はがんばらなくっていい。
休んでいいのです。
親は一生支援していく長距離ランナー。
その代わり先生方は頑張って。
先生方は卒業までの短距離ランナー。
親に頑張らせては、求めてはならないのです。


みんな違っていい。
違うから魅かれ、違うから求めあえるのです。
違うことは素晴らしいのです!!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


スウィングのことを聞きに来る人
電話をくれる人
   メールをくれる人
商売にしている「ゴルフクラブ」の相談より多いかも知れないが 有り難い
こんな場末のハミングバードも 人の役 社会の役に立てるのだから。

数回会い、話せば その人が出来るようになるか
  駄目なのか 判別出来る  運動神経や年齢 体力 経験
  そんなもので 判断するのではない

また ダメそうな人でも どんどん変わっていく
まず はっきりと考え方や人柄が変わっていく
どんどんポジティブ・前向きに変わってくる
自分で 自分の言葉で考えてくるようになる
はっきり分かるのは 質問してくるようになる
そして質問の内容が高度になってくる
 ニュアンスが共有になってくる。

多分第三者にはわかりにくい内容も伝わるようになる。
もう こっちの世界の人だ。
ここら辺まで来ると 教えなくても 自分で回答を見つけるようになる。

アドバイスしている人を子供に例えるのは大変失礼だが
子育てと同じ感じで 言葉では子育てと言っているが
  内容はこちらが育てられている、
   教えられているようなモノで 大変勉強になる有りがたい

12009夏休み反対に「泥の道」を突き進む人は

×まずはじめに出来ない言い訳を探す
×自分以外を批判する
×人を比較する
×見た目や形 表面的なことにこだわる


総体的に感じることは ダメな道を邁進する人は笑わない事

楽しそうにしない事 楽しくないんだもんね…

無表情…。 怒る 喜ぶ 悲しむ 笑う 忘れちゃったぁ??

sube真面目なのは日本人の美徳だと思う。
だけど 遊ぶ心 って大切である
 
 仕事だって 遊ぶ事じゃ無く 遊びや余裕が無いと
  単なる 労役になってしまうと思う

 結果や評価が全てじゃない

どんなことにも言えるけど 成果が保証されているのは「遊び」じゃない

遊びはそれそのものが楽しいと思う、感じること

それが日々の活力になり ゴルフを通していろいろな事をシュミレーションし
実体験の問題解決に役立てたり、
 まぁそんな事も結果としてついてくるだけで 基本は遊べ 遊べ でしょ。

ゆったりとした やわらかな気持ち って大切でしょ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

 先日 お客様(御医者様)より こんな話を伺いました
     …勝手に引用してごめんなさい


 「医者は  人の弱みに付け込んで仕事   しています
 その医療行為 そのもの もしも免許が無ければ
 すべて  犯罪行為  です。
 人の体を切り刻んだり 薬物を投与したり…
  免許がなければ ただの重犯罪です。
 ですから しっかり勉強して 免許をとり
 そして 勉強を重ねる。  ある意味 当たり前なのです。」




そう思って それを前提に勉強し 良い点数を取り
 免許取得に至るのと
  医者は儲かるから…  食いっぱぐれ がないから と
   勉強し 医師になるのとでは 大きな違いがあると思います



人それぞれ 考えや価値観 背景なども それぞれでしょう
 どの考えも 他人である自分には 評価は下せない
  色々な人がいるんだなぁ と感じるだけです。


ただし 自分がその立場で有れば
    (勿論 医師になれる程 頭が良い訳ではありませんが…)
 その医師(先生)の言葉はあまりに重く
  とても 無視し ただ自分の為だけ に勉強することは
   全くの無意味に感じてしまいます
     …あくまでも 自分個人の意見です


人の痛みが理解出来ない大人の多い時代ですが
  まだ 世の中には こんなに素晴らしい人たちがいる事を
   感謝したいと思います




   
   
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2
HPやブログに書いている事は 少なくない僕の知識の中では
ごく ごく 当たり前のことが多い…筈。

自分で打つのは得意じゃないけれど
 本格的な運動経験  クラブ職人としての経験
  学校で習った物理の基本  そんなことを紡いでいくと
   結局 重さやその形状を最優先で ボールを打つしかない…筈。

  クラブの形状やヘッドの形状 ヘッドの重さ ロフトの持つ意味
 そんなモノを追いかけていくと ごくごく 当たり前に こうなる…筈。
なのに 賛否両論含め 大変な事になっているんです。
ブログへのアクセス数も想像していた数の桁違い(本当の意味で)
ブログを始めてからの 従来のお客様以外からのメールを頂く数も桁違い。

 毎日 メールの返答をするだけで 2時間はゆうに掛かります。
今まで 返答し忘れ なんてした事がなかったのに 山のように 未返答が残っている。
それ自体は 量の大小はアレ いつも通りなんだけど
今までと違い ハミングバードのゴルフクラブと結びつかない質問が多く
説明するのに 倍 時間が掛かってしまうのです。
タイガーは下半身を動かしていない じゃないですか!
 って 僕に質問されても困ります タイガーに聞いて下さい
プロは硬いシャフト 使っているじゃないですか
 って そのプロに聞いて下さい。


 電話での問い合わせ というよりスウィングの質問も非常に多く
  「なーんだ 結局 クラブ販売の勧誘じゃん!」 とまで言われる始末…。

 ゴルフだけに限らないけれど
ゴルフを始めて 練習して 程々のスコアになる
その頃には 雑誌やテレビ 最近ではインターネットのお陰で
頭の中は ゴルフの知識? が一杯。

 でも その知識って 自分の経験
他人の経験でしょ
 はっきり 言ってしまえば 他人の言った都市伝説でしょ

 例えば 重心距離が長いとヘッドが返り難い
  これ 信じるわけ?   ホントにそうなの?
   全く同じ条件で誰かテストした??
    雑誌の人もホントにテストしたの??
     僕は あのT林さんもちゃんとテストしていないと思う
    だって 別の件での本人の意見と食い違いがある。
   本当に そうなら 重心距離 ゼロ のクラブは何故存在しないの?

 シャフトが柔らかいと真っ直ぐ行き難い
  ホントに誰かテストした?
   同じ条件で シャフトの硬さの違いだけ変えて テストした?
    そうならば フレックスを存在する意味ないじゃない??

結局 ある程度 経験を積み スコアが人並み になると
 ウケウリの情報を言ってるだけでしょ
  ハンディのひと桁の人が言うと 重みを感じるだけでしょ
   プロやトップアマですら 似たような状況なのに…
  総合的にクラブやスウィングを考えている人は多くは無いから。
 良いスコアが出れば 良いスウィングだし
良いスコアなら その人の言っている事は正しいんだよね?

 じゃ タイガーウッズ選手のスウィングは誰が直すの??


キャビティのアイアンは 芯が大きい
 これ 言葉自体間違ってるでしょ  芯は点 だから
  広くも 狭くもならない   点の面積はゼロ だよ
   スウィート「スポット」は 広い?  ヘンだよ
スウィートエリア …よくカタログには色分けされてそう描かれているけど
その エリア図  科学的には何の実証もないんだけど…


091018_1257~02


クラブ全体の形状 ヘッドの形状 などから

    自 分 で     自 分 の 頭 で

考えていれば ローテーション なんて

  潜水艦の形状で 空を飛ぼうとしているようなモノ

 ニワトリが先か 卵が先か  の論議は棚に上げても
使い方と効能   それを具現化  しているのが形じゃないのか…。
 形状を無視してしまったら その形に何の意味があるのか…。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5
相談1
トップオブスウィングの時、シャフトがやや後方に倒れこみやすい点が
スウィングで悩んでいる箇所です。
この時、自認しやすいのはシャフトの傾きよりはむしろ左手首が掌側に折れることです。

原因を推察すると
ひとつは横方向への慣性が大きいのかなと
トップ直前のスピードがゼロに向かって減速していないのかな?(気をつけているので自覚なし)

2点目は左手グリップが悪いのかなと(自分ではこちらが原因と思っています)
アドレス時に左グリップは右に比べて甲側の角度がゆるいのかな
右手はかなり甲側に折れているので左右非対称になっている。
両手首を左右対称にすると 雑巾絞りと言ったら言い過ぎですが
ちょっと近いものがあるなと感じます。

そこで質問ですが
アドレス時の手首の角度は左右同じがいいですか?
雑巾絞りに似ていてもいいでしょうか?
左手首の角度がきついと左親指はシャフトの真上には来ないのですが
それもOKでしょうか?


相談2
アドレスからの始動時にクラブ(ヘッド)が重く感じて困っています。
(特に刷毛塗りの直後)

重く感じているのが困るというかどこからいつ動けばいいの?という感じです。
(先生からはスウィング始動のきっかけなんてつくってはいけないと教わりました。)

重く感じるということは上に上げようとするから・・・・
足を使って最初だけ横に動かしてもいいでしょうか?
(きっとダメなんでしょうね?)

うまく言えませんが、上記本当の悩みは
始動時にヘッドを上昇させる・右に体重を乗せる・身体の右回転・右ひじを後方かつ肘をはる
これを同時にすることができないのです。
最初から極端な右足体重ならひとつは省略できるかな思いますがいかがでしょうか?

初冠雪

 ご本人は大変苦しんでいるので 言い難いのですが
(ごめんね でもみんなの参考になるので いけにえになってね!)
もう少し 頭の中を整理するべきです。

動作 動き や その姿/形は それそのものは重要ではありません。
我々は もういい加減な年齢ですから 高校生や大学生のように
素晴らしく アスレチックな動きにすることは ある程度あきらめるべきでしょう

 それよりも 実を取りましょう。

ひとつ ひとつの動作には 意義 意味 理由 があります
 それが 根底に無いと 動作は単なる労役になってしまいます。
  それを繰り返すとなると 苦痛以外何も残らないのでは無いでしょうか…

 そうではなく テークアウェイの意味 意義 理由 に乗っ取った準備
  その準備は何の為なのか…  何故 そうするべき そうした方が良いのか
   何故 始めから極端な右足体重ではいけないのか
    何故 両手は向き合ったグリップが良いのか
     雑巾絞り はお薦めしませんが 何故 いけないのか…

   勝手な想像ですが 動作に何かの目安 を作ろうとしていませんか?
  長年 それを追いかけてきて 失敗しているのではありませんか?
 目安やより所は 結局 自分が長年してきた反射と化してしまった
元のスウィングとの 類似箇所を探しているのではありませんか…

 運動性能も 運動神経も まったく問題は無く
言葉は悪いですが 素材としては NO PROBLEM です
もう少し ミクロとマクロ 部分と全体 それをつなげあって
  考えられないでしょうか
   人間の動きと クラブの構造
     もう少し クラブ側の視点から 人間を考えられないでしょうか

よくギャグみたいなので 一生懸命 ドアを押している
 タックルしてみたり 殴ってみたり…   実は引き戸だったりして
  そんな ミステーク だと思うのです。
   単に トゥワイライトゾーンのような 平行した世界を彷徨っているような
    そんな感じだと思うのです。

今まで 散々 人間 人間の動き そちらばかり気にしていた……
 形や姿勢 トップの姿勢 とか テークバックのきっかけ とか
  その結果は たっぷり味わったと思います

これからは クラブの形 を考え 構造も考えて そちらから
 人間を見つめてみる 発想の転換 を してみましょう

  クラブの形や構造には 必ず理由 が存在しますから
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5
 ゴルフとは全く関係のない話題ですいません。

自閉症  …世の中ではこの言葉が故に 正しく理解されていないのです。
多くの方は うつ病や引きこもり、内向的な性格を指していると思っていますが
 誤った認識 です

 自閉症は 先天的な脳の障害です。
脳の事はまだ未知な事が多く 完全には解明されていませんが
今のところ 脳のニューロンやシナプスの異常だと思われています。


では 自閉症であると どうなってしまうのでしょう

 ☆対人相互反応の質的な障害
 ☆意思伝達の著しい異常またはその発達の障害 
 ☆活動と興味の範囲の著しい限局性

簡単に言ってしまえば 他人や社会性を認識することが出来ません。

例えば 好きな人がいて それを告白するとします…
健常者の場合 勿論 好きである と言う事を伝えたい という気持ちもありますが
恥ずかしい や 断られたら や 相手はどう思っているだろう など
他人のこころや 告白するタイミング や 場所 など 色々考慮してしまうでしょう


ところが 自閉症患者の場合  相手や社会そのものが認識できませんので
場所やタイミング 相手の気持ちを考える事が「不可能」なので
ところ構わず 自分の「好きだ」と言う気持ちを執拗に告げる事になります
 かと言って 自閉症患者が 「こころ」を失ってしまっている訳ではありません。
いえ 健常者以上に 素直で 純朴な「こころ」を持っていますし
感情や 感情表現は 大胆 かつ はっきりしています。

 

 自閉症の子供が100人集まって 公園で遊んでも
ほぼ絶対に 鬼ごっこや集団での遊びにならずに
100人が 100人とも 個別に ひとりで遊ぶことになります。
また 他人や社会が認識出来ないので 「その良く解からないモノ」と関わると
嫌な気分になることが多く 避ける事が多くなります



自閉症は 後天的になる事はまず ありません
また それそのものが治癒することも今のところありません。
先天性障害が故 体の部位の欠落した人と同じ 訓練で 
自閉症でも暮らせるようになるだけで 治癒することはありません。
年齢や外観が大人になっても 知的年齢は3〜5歳のまま
30年経っても 他人や社会性が認識出来るようになるわけではありません。

また それぞれにより程度も異なりますし 殆んどの場合 知的障害や学習障害と
合併しているので 本当に「自閉」にも個性があります。
目に映るその姿は まったく健常者と同じですから
より一層 世の中からは奇異に見られてしまう部分も多々あります。

現在 分っている状況では 新生児の1000人に2人程度の患者数 です
その患者の5人のうち4人が男性です
東京ドームが満員になると その中に100人の自閉症患者がいる割合です。
そのうち 80人は男性 20人は女性 と言う事になるでしょう。

ですから 少しでも多くの人に 「自閉症」と言うモノを知って頂き
暖かい目で彼らを見守って欲しいのです



  最近では 形式上 立派な大人でも
 自閉症 以上に 自閉気味な大人が目立ちます。
 直接 その社会とは関わらず 他の人の「こころ」が認識出来ずに
 ただ 自分の言いたい事 やりたい事を放ってしまい
 自分は責任を一切持たない…
 後先 考えず 自分の快楽のみを追い求めてしまう。
 意見されても 「お前には関係ないだろ」と言い放つ。
 社会の仕組みが 後天的な自閉(そんなものはありませんが)を生み出す
 といっても間違いではないのかもしれませんが
 特に 男性にはその傾向が強いと思われます。


かく言う 私も「自閉症児」の親ですから
 その傾向が無いとも言い切れませんが…
  学校のお説教のようになってしまいますが
   相手に対し 配慮すること それが一番の自分への配慮 なのだと思います
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5
 我々はゴルファーである前に
大人であり、社会人であり、人の親(自分の子供がいる、いないに関わらず)である。

 ゴルフが出来ること自体 非常に幸せなことで
ある意味 上手くいく いかない それすら幸せの一部分だと思う。

 僕はゴルフに限らず 普段の生活でも
良く言う お天道様(おてんとさま)や神様って 子供達のこと だと思っている。 
 お天道様が見てる って 子供達が見てるってこと

年一度の大きな競技や目標にしていたコンペに出ていたとしよう、
自分の打ったボールがラフに行き
本当に微妙にOBラインを超えていた たった2cm
OBでなければ グリーン方向は空いているし
ボールのライも思ったより悪くない  打てそう…
心の悪魔が囁くかもしれない…

勿論 当り前だけど これはOBだ
でも このまま 「大丈夫だったよ!」と叫び 打ってしまう人もいると聞く…

 その状況で 自分の子供じゃなくとも
すぐそばのフェンスの向こうで 子供達がじっと見ていたとしたらどうだろう…
子供達はゴルフのルールも OBなんて言葉も知らないかもしれない…
それでも 打ってしまうだろうか?

 OBとしたとしても それを嘆き 怒りの感情を抱いてしまうのだろうか
OB区域が先にそこに存在し 「自分」がそこに運んだのに…
ゴルフは自己責任のスポーツ・ゲームとよく言われる。
また ゴルフはその人の人格や人柄(同じか?)の本物が出てしまうと言う。

普段の生活でも非常に似たようなシチュエーションってある筈…

 ゴルファーである前に 大人であり 社会人であるのだから
  普段の生活や行いも すべてゴルフの一部 であり
   ゴルフも 社会生活の一部である筈だ

ゴルフを通し 自然を愛し モノを大切にし 人を大切にし 時間を大切にし
 ゴルフが出来る環境 ゴルフがあるこの社会 それらすべてに感謝する気持ち 
  そして 自分を正しく愛すること
   それを ゴルフを通して学んでいくこと   それを心掛けたいものだ

    力まず 僕も頑張りま〜す続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5
    おっと 徐々にHPが進化中…

http://www.hummingbird-sports.com/

本日 二組のご夫婦とともに ご来場
 片方のママさんが デビューセットをご購入
         ありがとうございます

  それで 恒例 初心者スターターアドバイス をしました

体、特に腰や肘等を痛めにくい体の動かし方 を基本に 目で見えているモノと
 それをコピーしようとした時に起こるギャップを説明し 打って貰う…

  素晴らしい   素晴らしいの一言

少し 打って見せると しっかりと課題の部分を見ているし
 質問の内容の高度…  この人 初心者でしたっけ

体を使わず 足を使って 体を回す動き
 肘の外への張り(クランチ)  この二つの連携・同時進行を覚えれば
  男性陣 油断するなよ  って感じ

後は 自分の欲や精神状態との付き合い方等 ある意味 教えて上げられない事を
 経験していけば  他に教えてあげられることもなし
  距離も全く問題なさそうだし あと2回位 レッスンすれば 即実戦

でも 後ろからの男性陣の視線ビームを感じるので この位にしましょうか…
 あんまり上手くならない方が良いのかもね


初心者の方の始めのレッスンと 初めて持つクラブは 大変重要です
  是非 スターターレッスン付き ゴルフクラブセット
    日本のゴルフ界の為に ご紹介ください

 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5
 自分を思いっきり棚に上げ  思いっきり偉そうに書きます
誰かを指して書いているのでは一切有りません。自分も自問自答し ゴルフスウィングやゴルフクラブ作りなど すべてにおいて考えている事です。

クラブを正しく使えるか 使えないか
少ないエネルギーで効率よく 繰り返しボールを打てるか
これが究極のスウィング目標でしょう

これには面倒くさがらず ひとつひとつ進んでいかなければなりません
クラブの基本的な構造
体の作り
例え 変なスウィングであっても 自分のありままの姿

特別なテクニック、技巧、超絶技巧 など一切なし まったく無い
つまらない ひとつひとつの動きを意識していけば良いだけ

例えば こんな事。
テークバック 今までは腕の動き、特に左手(右打ち)でクラブを横に動かす「仮面ライダーの変身」の動きで横に動かしていた。 それを、クラブの横の動きを体の向き、足を使ったお尻/骨盤の動きで行いたいとします。
実は一番有効な方法は ボールを打たない時や打つ前のワッグルでの動かし方です。ワッグルやクラブを持って何気なく会話をしている時などに シャフトを横に動かすクラブを右左に動かす動きを腕や手 肘の動きで行っている限りは 絶対に 絶対に 絶対に 習得は不可能です。

例えば こんな事。
テークバック時 右肘を体に向けて 体にくっつけたまま曲げるのを改善したい…上記と同じなのですが クラブを倒すだけの動き これを辞めたい
この動きをする人の多くが 通称「フックグリップ」である。
実はフックグリップにしている人の殆どの理由がパッとすぐに右肘を曲げ テークバックに入りやすくするため 肘を体に向けるフックグリップを選択する。
では その改善の為 まず フックグリップ をスクエアにしてみる。

握りにくい!  そりゃそうだ
振りにくい!  そりゃそうだ
上げにくい!  そりゃそうだ
力が入らない! それが目的だから…

10球 50球 次に来たとき
スウィングしない ただ単にクラブをもった時
 まず フックグリップに戻ってる
これが出来る人は 絶対最後まで出来る
こんな単純なつまらないことの繰り返し、積み重ねが 正しいクラブの使い方を構築していくのであって トップオブスウィングがどぅ、スウィングプレーンがどぅ、なんてのはある意味 その積み重ねの結果に過ぎない。

やりたい と思う人は つまらない雑巾掛けも「考えて」手を抜かずにやるんだ。それが多分、すべてに置いての成功の秘訣なんだと思う。と自分にも言い聞かせてるけど…。 掃除や片づけをするとどうなるのか しないとどうなるのか することの積み重ねがどうなっていくのか 何故上司からそう命令されたのか

面倒くさい.別に俺じゃなくても.今じゃなくても.誰かがやる.俺は掃除するため,お茶くみするため会社に入ったんじゃない.学校出たんじゃない.カッコ悪い.汚い.お前がやれよ.くだらない.何で俺なんだよ と思うか 言うか
ハイ! と言ってニコニコやるか 
ここで人生は別れてしまうような そんな気がする

分かるかなぁ
  
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

 何度もHPに書いていますが、ゴルフのスウィングは自分で考えること、見つけることが基本中の基本。 書いてある事や教わることはすべて他人の経験。 いつか、いつの日かそれが「共感」出来るようになるだけ。

人にアドバイスする場合、注意していること。 まず、動きそのものや結果を評論しない事。 その人が今、何の目的や課題をもって取り組んでいるかは分からないわけで それを無責任な評論で片づけるのは何の助けにもならない。 悩んでいることや課題としていることに対し、本当の原因を探ってあげなければ…。 そしてその際、その問題は人間の本能や不可抗力によって作られている事も多々あります。 何故、その動き、そのミスになったかを時間をさかのぼり考えてみることです。

そしてもうひとつ、そのアドバイスや方法は正しくクラブを扱うための「手段」になるので はっきりと「目的」、を示してあげることだと思います。 その動きであれば、体を痛めないこと、クラブの機能が使えること、本能に逆らわないこと…などなどはっきりとメリットを示してあげること。

ゴルフだけに限りませんが 未来に対し、目標になる置き石をしてあげること。本人が自分の頭で考えていくことによって その点と点が線で結ばれていくのだと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ