もし 切り返しから
 右左、どちらかサイドを「先に」動かす としたら
4289f9fa-s✋右 は 想像がつかない のではないか、と思います。
右を先に動かす としたら
こう 右側がもぐってしまう
 ような感じになると思います。 

しかし、左側を先に動かすイメージは
 多くのゴルファーにとって なんとなく馴染んでいる
のではないでしょうか。
右側を置いて来るような感じで
カラダを開く、胸を開く ような感じになるでしょうか。
特に 左足先行型の人に多い気がします。
スナップショット 7 (2017-04-20 16-36)スナップショット 8 (2017-04-20 16-36)スナップショット 9 (2017-04-20 16-38)スナップショット 10 (2017-04-20 16-39)







左が先行する間は 右は動かさない、
カラダが開く、胸が開いた後、右腕、右サイドを使い、
胸を閉じる ような感じ成るのでしょう。
ソコに 動作の順序が存在する訳です。

右腕、右サイドを先行させるイメージは
 ナカナカし難いとは思いますが、
右が潜る感じにつながって行くと思いますが、
それは 茵∈献汽ぅ匹動いていないので
前がつかえている 当然の帰結です。
グリップは両手で持っているのですから
右腕を伸ばす、右腕で叩く としたら
 左腕(左サイド)も動いていてくれないと
行き場所を失うのです。

最終的な行き着く先、としては
 両サイドは同時に動いていくのですが、
右腕を伸ばすコトが打撃の主力 としている人は
 逃げる左グリップ、左肩、左サイド に対し
切り返しから まず 右腕を伸ばし始める
 そういうドリルをして
右左の同時進行の感覚、
 つまりは からだの向き通りに移動していく感覚を
 掴んでも良いかも知れません。

からだの回転で打撃するコト は
 手を使わないコトではなく、
カラダの向きで出来ることはカラダに
 腕ですることは腕で と分担制になるだけ です。
あえて 言うのならば 左右の腕が どちらかに偏らず
 動いて…振られていれば それはカラダとの分業に相当するので、
 両腕の適切な振り方 で覚えた方が より分かり易いかも知れません。