◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:右向き



質問「なぜ からだの回転が大切、なんでしょうか?」

店主「えっと、ですね。
 話は幾つかの段階に分かれます。
 まず 日本人の平均年齢は男女合わせて 約46歳で
 アマチュアゴルファー、男性において、ですが、59歳位です。
 日本は高齢者が多い、というのもありますが、
 ゴルフは趣味の中では お金のかかる娯楽ですので
 どうしても 年齢層が40.50.60台に集まってしまいます。」

「意外に平均年齢低い、ですね。」 
店主「そうかも、知れません。
 ゴルフは歩ける間は楽しめますし、
 歳をとってから ご夫婦や同級生などとプレイする、
 お子さんだけでなく お孫さんとも楽しめる
 のが
 他のスポーツにはあまり無い特徴的な部分です。」

「なるほどー。」
店主「その 年を重ねてから楽しめるスポーツ
 と言う大前提の為に、なんですが、
 まず、カラダの回転で… と言う前に
 からだの向きを変えて クラブを動かす
 というのが ボールを打つ、遠くに飛ばす、
 最も大きな動力源です
。」

「確かにそうですね」
店主「例えば 日本の男子プロのシード選手 の
 平均年齢は 約31歳です。
 私にとっては 息子に該当する年齢です。
 自分で考えれば分かると思うのですが、
 その年齢の時は かなり無理をしても大丈夫、
 速く動いたり、急に動いたり するのが「怖い」
 なんてことは微塵も考えていません。
 ところが ある年齢を過ぎると
 歩く、はまだしも 走る…なんてのは ほんの数歩
 若いころと比べると 走れない に等しいようになります。」
video_Momentvideo_Moment(4)









「うわぁ… そうなんですか…。」
店主「そういう人が少なくありません。
 特に ゴルフのスイングで使う筋肉において
 握力、腕力は かなり早い段階でかなり落ちます。
 ですので 若い時、のように 腕力でねじ伏せる、
 と言うのはかなり難しい…、

 方向と曲がり、飛距離を両立するには
 腕周りの筋肉は小さく、長丁場になるゴルフでは
 それを維持するのが難しくなります。
 ここまでは 一般論 です。」
検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment

「では、出来るだけ腕力に頼らず 振っている方が良い、
 と言う結論、ですよね⁈」

店主「腕力頼り、でも良いんですが、
 腕力で振るタイプの人は 若いプロゴルファーのように
 胴体を捻るスイングをしている方が多いです。
 良く練習場で カラダが硬くなって回らないんだよなー
 とぼやいている人がいる、と思うのですが、
 カラダが硬くなる というのは
 基本、自分の体を守るため、
 からだがその行為を拒否しようとしている、

 胴体を捩じる は 若くないと かなり怖いですからね。
 痛めた記憶もしっかりある、でしょうし。
 ですので からだを廻す、以前に
 廻すコト ソノモノが苦手、というか、出来なくなってくる、
 元々 90度なんて 気にする必要はないのですが、
 その量がどんどん減ってくる …
 が故に より 手で振らなければならなくなる…
 ついでに タイミングもどんどん早くなる…
 という 芳しくないスパイラルになってしまうのです。」
(22171_Moment2021-04-11_22-32-44_Moment(5)








「そうなんですか。。。」

店主「そうですね、手で振る人のからだの廻しは
 概ね 胴体の捻じり です
 から、
 ある年齢、もしくは運動能力が落ちると
 からだ 以前に 廻るコト、向きを変えるコト、が
 とても苦手、とても少なくなり、
 結果、以前より 一層 手で振らなければ行かなくなる、
 と言うパターンが大変多いと思います。
 手で振るコトソノモノが良くない というよりも
 身体能力が落ちた時に 打撃の動力源を消失してしまう、

 それが問題だと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5


スイング全体でのクラブ扱いはとっても良いと思います。


更なる安定度の向上や長物を振る際、気になる点は
インパクト 直前、直後の グリップの移動 です。


フェースターンをしてしまう場合、良くあるパターンなのです。
…ご本人は望んでいないと思いますが、
インパクト直前から かなり急激に グリップが内に切り込んでいます。

スイング軌道は 縦横を含む 斜めの移動ですので
この急激に グリップの『内に切り込む動き』は 
グリップとヘッドが常時 反対の動きをするので
ヘッドの向き、ヘッドの高さ、
インパクトの当たる部分、ロフトなどを安定させません。

スイング ココを治そう❹_Moment(3)スイング ココを治そう❹_Moment(4)







また、スピードで解決できるような距離 ではまだ良いですが
中途半端な距離を打つ時のミスが出易くなります。
ドライバーなどの長さモノでは 外から… にもつながります。


ご本人も望んでいないのですから
この部分「フェースターン」そのものか、
ヘッドは出てくる/グリップは引っ込む という逆の動きを取り去りたい
のですが、この部分 ソノモノを除去するのではなく
これを「しなくても打てる」環境を作る事が課題
 です。


フェースターンは意図的にしているのなら
それはそれで自由にどうぞ…ですが、
それを望んでいない人は
からだが右向きから正面を向くという
✋本来のインサイドから、本来のクラブターンで
クラブが動かせていないか、もしくは動かそうとしていないか
体の右向き〜正面向き よりも
腕やクラブをたくさん動かしてしまって
からだの正面向き=インパクト という時間を逸してしまっているか

のいずれのパターンです。

今回の場合は後者です。

からだ…胴体/骨盤の動きに対し
腕/肩回り の方がたくさん動作しているので
からだ…胴体/骨盤の正面向き に間に合わない、
間に合えない のです。

✋ここで からだ…胴体/骨盤周りを
インパクト〜ボールと正対したところで止める ✋待つ
というのは スイングの中で最も悪手となります。
若い人は出来るかも知れませんが、ある年齢以上だと
腰痛 首痛の原因になりかねません。



✊改善すべきポイントは テークバックにあります。

http://hbs.livedoor.blog/archives/1994089.html


右向きの量 骨盤の右向きを増やす というのは
意識されているとは思うのですが、
からだとグリップの位置関係は今まで通り。。。
その上で右向きを増やしているので、その相関関係は
大きく変わっていません。

スイング ココを治そう❹_Momentスイング ココを治そう❹_Moment(2)







このズレの分、最後に補正が必要になってしまいます。


今まで 左腕/左手で からだの右に送っていたグリップを
逆に左に送る「位」の気持ちで 右に送る量を減らし
グリップの右への移動を からだ…骨盤の向きに任せれば
ダウンスイング グリップの内への切込みは減る
もしくは無くなると思います。

からだの回転 骨盤/胴体の向きの変更は
向きの変更が主の目的ではなく
クラブを動かす為 グリップの移動が主たる目的です。
からだの向きの変更は手段に過ぎません。


からだ…胴体/骨盤の向きの変更が
グリップを動かさないと 本当の目的は達せませんので
結果として、手で振る事になる…というコトです。


✌からだの右向きを増やそう
✌からだの右向きを増やしても変化が少ない
と考えている人にとって
とても参考になると思います✋



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

ショットでは
パッティングストロークであっても、スイングであっても
『真っ直ぐ引く』と言う言葉が使われたり…します。


しかし、よく考えてみると
体で!あっても、例え手で、あっても
テークバックは右を向きます。
(手の場合は、疑似的なマネではありますが…)

右を向くというコトは
 ボールから離れていく訳ですから、
アドレス時を基準に、
 飛球線に平行に真っ直ぐ引かれることはありません。

右を向いていこうとしているのに
グリップやヘッドが 飛球線に平行に真っ直ぐ引かれる
ということは 体から離れているだけ です。

IMG_3017(5)(2)(2)_Moment(2)IMG_3017(5)(2)(2)_Moment(3)











^譴通椶凌燭団召旭く とは
 スイング軌道という まん丸ではないですが
 曲線に沿って ヘッドやグリップが動く
 道なりに という意味です。


「家まで 寄り道しないで 真っ直ぐ帰ってね」
 と同じ意味ですね。
真っ直ぐって 直線で帰りなさい という意味ではないですね。

🌹パッティングストロークにおいても
スイング破壊行為である ショルダーストロークにおいては
何とも言えないのですけれど
刷毛塗でやる場合 であっても
肘が曲がる ということは 腕が短くなる というコトです。
これはショットにおいても同じですが、
肘が曲がる〜腕が短くなる のに グリップやヘッドが
grip  posi
体から離れるのはおかしいですよね。
短くなる分近づくのが自然です。

✋スイングの良し悪しに関わらず
アウトサイドインを避けたい方は
少なくとも
 真っ直ぐ(直線)でヘッドを引かないようご注意を。 
その行為がそのものが 「アウト」を生んでいます。


二つ目の真っ直ぐは
ヘッドの移動する軌道に対し
ヘッドの姿勢は常時 スクエアな状態 というコトです。


まあ この´△魯僖奪ですので、
手で上げる人は いったん外にヘッドを出して
ロフトを開き始める、ヘッドを回転させます。

あまり 考えられていませんから
スイング軌道には 弧の大きさの変化も伴います。
グリップ、ヘッドを体から離し
右ひじが曲がって〜腕が短くなっているのに
軌道が大きくなる・・・ 
2010111116444243889そして、突然、ヘッドが回転して 弧が小さくなる、
という 体の自然な動きに反した 弧の大きさの変化 まで伴うので
なかなか規則性が作れません。
右を向かずに 真っ直ぐ引いて
インに入れていると信じている行為が ロフトを開いている

よほどの練習量、頻度で無いと
これを規則的にするのはとても難しいですから・・・

正統派の「真っ直ぐ引く」をトライしてみて下さい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ