◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:前傾姿勢


店長「からだの向きで クラブ、グリップを引きずって
 動かすドリルは 幾つかの悩みを解消する可能性があります。」

質問「どんな、ですか❓」

店長「例えば ですが、
 からだの伸び上がり、
 前傾姿勢の維持
 ですね。」

質問「マジ⁈ ですか。」

店長「はい。
〇からだの回転_Moment〇からだの回転_Moment(2)










 ヘッドで円を描こうと クラブの角度を振る場合、に比べると

 グリップを引きずって動かす場合、
 結果、としてですが、グリップはカラダの近くを通る、
 クラブをカラダに巻き付けたまま 動くような、
 そんな形 を保ち易くなります。」

質問「確かに、そうですねぇ。」


店長「スイングの始まり、アドレスには
 前傾姿勢、骨盤と大腿骨、お尻と太ももの
 前に倒れている角度差 というのがありますが、
 
 腕が長くなれば 重くなりますが、
 その前傾姿勢の中、
 アドレス時で言えば、
 肩の真下辺りをグリップが通れば、
 長さ として 腕が伸びていた としても
 その長さを前傾姿勢が吸収してしまいます。
 重さによる ワルイ影響を受けにくくなる、
 また 重さが掛かったとしても
 それを 前傾姿勢維持に利用できる可能性があります。」
〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment
質問「あ、なるほど。」

店長「クラブを、シャフトを振る、角度運動させる、円を描く、
 そう言うスイングでは 腕は 前傾姿勢よりもボールの方に出し易く、
 逆に それによって からだを起こさなくてはならない、
 クラブを持った腕の重さ、
 それには双方、遠心力が掛かるのですが、
 前傾姿勢の中と言えば良いのか、下と言えば良いのか、
 微妙なトコロですが、その中を通せれば
 起き上がる必要が無い上に 前傾姿勢も保ち易い、
 遠心力等重さによって 無意識で前傾姿勢は保たれ易いですが、
 前傾姿勢の下、から大きく外れてしまうと
 その重さを支え、かつ ボールを打つのには
 からだを起こさない、前傾姿勢を解かないといけなく
 なりますので 伸び上がり を気にしている方は
 ドリルとして トライして頂くと 何らかの影響があるやも知れません。

 両腕は両方で 10キロを超える重さがあります。
 ソレに遠心力が掛かれば その方向というか
 遠心力の掛かり方 によっては 体を起こさなくてはならない。

 伸び上がりは その必然だった可能性が否めない のです。」
  
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ま 始めはゴルフって楽しい!と思って貰いたいですから
 ティーアップしたボールを適当に『ぽこんぽこん打つ』でも
 良いとは思うのですが。。。😊😊😊

driving range

 。。。。。先に進みます。

 アドレス、その構えって どうスイングするか、
 を左右してしまう重要なモノで
 『その構えでは 手で振るしかないでしょ⁈』
 ってのもある訳です。

 この時点で 説明する必要は無いとは思いますが、
 実際には 傾斜地で打つコトが多い訳ですし、
 地面もぬかるんでいたり、滑ったりする訳で
 女性や力の無い人が 腕力重視になるような
 アドレスになるのは出来るだけ避けたい、ですね。」

SGさん「どんなふうにするのが良いですか?」

アドレス3アドレス❷








店長「アドレスは
✅出来るだけ立って構える が良いと思います。

 前傾姿勢は 股関節…大腿骨と骨盤の
 言葉の通り 前への傾きの角度差 のコトですが、
 『有りさえすれば』良いんです。

 ですので 出来るだけ 多くの重さが
 靴の上で済むようなモノが良いと思います。」

SGさん「メモメモ…。」

店長「前傾姿勢は起き気味、立ち気味とは言っても
 女性でありガチ なのですが、
 膝を曲げ過ぎたり、座ってしまうような脚は
 出来るだけ避けたいトコロです。
IMG_0094
 スタンスの幅が決まり、直立の状態から
 その状態で 会釈する、股関節を折る、のではなく
 あたまの位置は変えず、お尻をほんの少し後ろに下げる
 感じが良いのではないでしょうか❓
IMG_0095
 直立 から ダイレクトに会釈してしまうと
 かなり 前目、ボール側に重さが掛かる 前のめり気味
 になるので 大きな筋肉をその姿勢維持に使われてしまいます。

 直立から あたまの位置はそのまま、後ろにお尻がでる。
 膝の曲がりも『有れば』良いので 真っ直ぐではないけれど
 『曲がってる』ほどでもない
 限りなく真っ直ぐに近いブルーって感じです。
 前傾も『有れば良い』 膝の曲がりも『有れば良い』です。
アドレス1

 よく アスリートチックに 腰が反った(窪んだ)スタイル
 もありますが、それもちょっとやり過ぎ、
 猫背は腰に負担がかかりますから その中間って感じですね。
 ある程度は 姿勢が良い目の方が負担は少ないです。」

SGさん「始めの内は アドレスだけでも筋肉痛になりますもんね。」


店長「そう思います。

 ちょっと脇道に逸れますが…
 最近、スイングの話しで ハンドアップが良いか、
 ハンドダウンが良いか 
と言う話がありますけれど
 コレも アドレス姿勢から派生する話しでして…。

 前のめり気味 になれば
 渋野日向子ちゃんみたいな ハンドダウンになり易いですし、
 下半身、足ですね、これが座ってしまうような姿勢になれば
 ハンドアップ気味にならざるを得ません。
 その逆、前のめりが強いのにハンドアップ
(空気イス?)
 座るような姿勢なのにハンドダウン
(酔っぱらいの立ち〇ョン)
 では双方無理があります。
IMG_0094
 絶対にどちら とは言い切れませんけれど、
 ハンドダウン気味のアドレスは 体力、筋力、自分の運動性能に
 自信がある人で無いと苦しいと思います。

 座ってしまうようなアドレス は その姿勢自体は安定していますが
 運動をするには難しいので
 ハンドアップ と ハンドダウン
 その中間、ややハンドアップ寄り になるようなトコロが
 筋力に自信のない方、腕力に自信のない方には 良いかと思います。」

SGさん「ああぁぁ なるほど。」 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「からだの回転について、ですが、
 テークアウェイを取る時、どこを、どうすれば良いのでしょうか❓」

店長「感覚的な部分もありますし、
 今まで培ってきたスイングの感じとの差異 もありますけれど、
 ✊ボールを打つため クラブをターンさせたい為、
 それを持っている 自分が右を向く のが目的です。
((((((((_Moment

 よく有りがちな 左肩を入れて、
 左サイドを動かして、 は忘れた方が良いと思います
。」

質問「右への体重移動もありますよね❓」
店長「あります…ありますが
 カラダが右を向いた『から』、体重が右に乗った✋に過ぎませんので
 アドレス時の 右左〜飛球線方向 の左右は
 意識しない方が良いかも知れません。

 腰や背骨、からだの負担を出来るだけ掛けないように
 右を向くには
 この動作の進行方向の前側に当たる/右サイドを動かす、
 右肩でも良いですが、右サイドを背後、
 後方に引く? 逃がす? 移動させる?

 どの用語が適切かは微妙ですけれど、
 左サイドになにがしか で 押す よりも
 右サイドのなにがしか で 『背後に引く』
 感覚の方が良いと思います。」

質問「右サイドを背後に引くんですね⁈」
店長「その方が良いと思います。
 カラダはつながっていますから
 右サイドが背後に逃がす、移動させると
 結果、としては左サイドも右に移動する、
 用語的に 左肩が入る になりますので似ていますが、
 左サイドで押す、左サイドを入れる を
 強く意識してしまうと、運動の前側に当たる
 右サイドが動かず、渋滞してしまい、
 ボール側に前傾が深まってしまう、ねじれたお辞儀
 になってしまったり、
 特に手で振る人にはお薦め出来ないですね。

 コレ、テークアウェイに限らず、ダウンスイングでも
 そうなんですけれど、手で上げてしまう
 手で振ってしまう って
 前側のからだやグリップ、腕が止まる、
 止まるからクラブやヘッドを振れるので
 前輪駆動の意識を強く持って良いと思います。


店長「ですので 右ひじを背後に引く、外に張る、
 は 右ひじソノモノを外に張るコトが重要なのではなく
 右サイドを背後に移動させるコトが主の目的です。

 右ひじがからだを動かす と言う訳では無いかも知れませんが、
 右サイドが背後に逃げるよう 誘導する目的が強いです。

質問「あああ なるほど。」

店長「別の記事 でも書いていますが、
 スイングの回転には 前傾角度が伴っていますが、
 ちゃんと カラダの向きを変えることが最優先で
 それによって 軸がある回転 になる訳ですが、
 それに前傾角度がある方が良いですけれど、
 それを意識し過ぎて 回転が妨げられるのであれば
 前傾角度がなくなっても カラダの向きを変える方を
 優先して欲しいと思います。

 ですので 前傾が深くなって、ボールに近づいてしまう
 テークアウェイ、トップを取っていた人にとって
 右サイドを動かす って言うのは
 ボールから離れるような…、
 カラダを起きるような…、
 そう言う感じになると思いますので
 そこは慣れてもらうしかないでしょうね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


この一年でかなり前進したような…気がいたしまう。
ナニカの形で お手伝い出来ているのなら 幸い です。

『今一番の課題はドライバーです。

手と身体の回転があっていないと思うのですが、
スライスが出やすくなっていて、そのために気持ちよく叩けず
飛距離も出ないという状況です。

切り返しで身体が先行して手が遅れている?

それはトップの位置が深すぎるため?

切り返しで意識的に手を先行させる?

もっとシャットにテークバックする?

などなど、いろいろと試しているところです。』



次なる野望❓ 目標は
 時折出る ドライバーのこすり球 を減らす
 そして、さらに安定させるコト  でしょう。

➀何度か アドバイスさせて頂いていますが、
 アドレスをもっと起きて、
 ハンドアップ気味を強くした方が良いと思います。

 決して「すごく深く」は無いですが、
 テークアウェイで 左腕が多く動いていますが、
 アドレスで深く構え、フトコロの中にグリップを入れている
 のが理由の可能性があります。
 …バランスを取るため❓

 長年の習慣、とは思いますが、
 コースで疲れて来て、より深くなった場合、
 練習以上に 左腕、左手ばかりが上がり、
 懸念されている ダウンでの 左腕の遅れ が
 強くなる可能性があります。

 アドレスの姿勢は 一球一球気を付け、
 それが馴染んでいく時間、辛抱強く行う必要があります。
 そこは頑張りましょう。
((Kさんのお悩み❓_Moment((Kさんのお悩み❓_Moment(2)










➁ダウンスイングの初期、
 Ⓡさんと同じく、一旦、クラブを寝かしこみガチ です。
 軽いアプローチで構いませんから
 外から引っ掻いてくる 感覚を試し、
 左手の下がり、左腕の降り
 からだの向きに対する 左腕の付き を
 体感してみて下さい。

✋スイング全般で言っても
 この左腕の遅れ の問題が一番大きな課題 で
 意識として 左腕を下げる は まず難しい ので
 これは ナニカ一発の魔法で というよりも
 あちら こちら で 左腕が遅れ「られない」
 左腕が「下がってしまう」工夫が必要と思います。

 その一環として アドレスを変え、
 テークアウェイでの 左腕の動作量を減らす があります。

➂ダウンスイングのきっかけ として
 左肩を 上に動かしてみて下さい。
 肩を縦に回転させる? ような感じです。

 その意識は 左腕を下げます。
 今までとタイミングが変わります。
 インパクトが早く来る 感じに変わりますが、
 スローなテンポから 徐々に慣れて行って下さい。


個人的な あくまでも『勘』ですが、
ダウンスイングの左肩の動き出し に慣れれば
一番の 解決策は やはり アドレスの深さ に
あると感じます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


前傾姿勢は何度位が良いのでしょうか❓ 
IMGA0207

こんな質問を受けることがあります。

その前傾姿勢ですが、
ドライバーが一番浅く、
ウエッジが一番深い、 というのは間違いではありませんが、
実は その角度差に大きな違い、
思っている程 角度差はありません。

と言う前提の上で
前傾姿勢は「あれば良いです。
✋無いのは困ります。。。が
 出来るだけ 少なく
 極端には 突っ立っている に近いモノで十分です。
 あれば良いだけ です。
 特に筋力、体力、スタミナに自信のない方は
 その角度は有りさえすれば良いので
 少なくすることをお薦めします。

今行っている打撃、スイングの
前傾姿勢を無理に変える必要はありませんが、
年齢を取って来て ちょっとスタミナに自信が無くなってきたら
練習の段階から 少し浅めの前傾に変えた方が
楽になると思います。

人によって体格差はありますが、
カラダの重さの配分は
頭  8〜10%
胴体 46〜50%
股関節より上)
腕  15〜16%
足  26〜30%
  です。


ですので おおまか にですが
へそから上で 全体重の65%以上ある訳です。
これに腕の長さ、クラブの重さ、
それを動かした時の不可抗力荷重が加わるのですから

前傾が深くなり過ぎると
足は運動する事よりも それを支え、動かないコト
安定することに使われてしまうので
フットワークがし難くなります。
また、これは統計的なモノで
ゴルファーによって異なるのは確かですが、
前傾が深めの人はラウンド中 より深くなる傾向があります。
現場で テークアウェイが早くなる、は
右向きが浅くなる、を示すのですが、
その原因は 疲労による前傾の深まり の可能性は否めません。

BlogPaint👉前傾姿勢 というか アドレス全般 ですが、
アドレス姿勢を取った時、
概ねのモノが 靴の上で収まる程度が良いと思います。
肩、もしくは腋の下がつま先の上 位が良いでしょうか



BlogPaintこうやって構えてしまうと
かなりの重さが 靴の上よりも
ボール寄りにある形になりますので
スイングと言う運動をするよりも
カラダを支えることに脚が使われてしまいます。
腰、骨盤が動かせず トップが浅くなる原因、手で振る原因になります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



からだの回転を 横の輪切り にし
腰で廻っても、肩が、
肩で廻っても、腕が  遅れてしまうのでは
カラダの向きの変更は
 手を振るための準備に終わってしまいます。

(左折注意_Moですので
カラダを縦に割り、
 進行方向通り
👉右を向く時は 虍梢
👉左を向く時は 菷梢

を 1ユニットとして からだの向きを変える意識
 が良いのではないでしょうか❓

胴体が何もしない とは言いませんが、
主に お尻も含めた足廻りで行うコト をお薦めします。
 補助的な意味では 肩や腰 なども使うのでしょう


腰や肩などの 胴体部分を主力に
カラダを廻すのをお薦めしない理由は
スイングの基礎姿勢には 前傾姿勢があり、
✋それは 股関節を境とした 骨盤と大腿骨の角度差 であり、
その前傾姿勢によって【切り返しから『渋滞』を起こさないように_Moment
 スイングの「ふところ」が作られます。
このスイングの「ふところ」を利用(通す)すれば、
腕が長くなっても(伸びても)
その腕の長さ分の『重さ』を受けずに済みますので
 全体への姿勢に影響が少なくなります。

腕がフトコロから大きく外れてしまえば
大きく重さがかかりますので 右サイドが下がったり、
左サイドが伸びたり、フトコロ(前傾姿勢)も消えてしまいます。


また ダウンスイングで

【切り返しから『渋滞』を起こさないように_Moment(2)腕やクラブが そのスイングの「ふところ」に入る、
もしくは 通過するコトによって
その重さで 無意識の内に 
 前傾を維持し易くなります。

スイングの中で 運動速度が速く、
忙しい ダウンスイング〜インパクトで
感覚としてとらえにくい「前傾姿勢」
からだの回転、そしてそれに伴う
腕やクラブの重さ〜不可抗力によって 作ってしまう
と考えた方が良いと思います。

前傾姿勢…股関節部を…
 ダイレクトに意識して 維持するのは かなり難しいと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ヘッドを振っちゃう人には
意味が分からないというか、不要な話し…。

そもそも ヘッドを振らなくちゃボール打てないじゃん
って話になったら どう説明していいのか………ね。

(比較)左手ドリル_Moment(7)


テークアウェイ(バック)というのを
簡単、簡素化するために
少し考え方を変えてみましょう。

👉スイングには 前傾姿勢があって
それを基準に向きを変える、体を回転させるから
その描く円弧は 言葉の通り、前傾なりに傾いています。


👉前傾姿勢というのは
大腿骨と骨盤 (股関節) の『前に』傾いている角度差 で

👉体をまわす と言った場合
その体、胴体をねじって、ひねってしまうと
その股関節の前傾姿勢はほぼ例外なく失ってしまい
円弧が傾いている 要因 を失ってしまいます。


✋スイングのパラドックスですね〜

IMG_1015_Moment2


テークアウェイは グリップの高さだけ取る と考えましょう!

テークアウェイは グリップの高さを上げるため
たかだか 30〜40センチ程度ですが
グリップの高さを取るため 動作しているので
ヘッドを上げようとしてはイケマセン・・・ というか必要ありません。
(無理に高くする必要はありません)

👉体の傾き → 右向きがあって
 グリップの高さが高くなる分 当然ヘッドは高くなります。
 それで充分、十二分です。


✋元々 前傾姿勢に騙されてしまいがち ですが
ヘッドはグリップよりも 相対関係としては高い位置にあるので
グリップを高くすれば ヘッドは十分な高さを作り出せます。




ヘッドという 重さの塊
これには シャフト という長さ
 ・・・重さに対し 掛け算になってしまう要素と
運動の速さという ・・・更なる掛け算の要素があります。

それをたくさん、速く動かせば 遠くに飛ぶ のは嘘ではないですが
ゴルフショットには 角度という要素があるため
それが、そのクラブなりの適切なロフトでないと 飛距離になるとは限りません。


IMG_1015_Moment(2)


スイングの円弧の外周は イコール クラブの長さ ではありません。

動作しろ! という意味ではないですが、
手首のコッキング(クラブの起き)があれば その外周は小さくなりますし
腕も曲がれば短くなるので 小さくなります。

クラブを長く使えば、腕を長く使えば
遠くを動くので 強い力を生めるような錯覚が起こり易いですが、
その分、重くなり それが遅れになり
ヘッドだけの遅れなら ロフトの立ち に出来ますが、
その重さが ある限界を超えれば グリップまでからだの回転という
時間進行から遅れてしまうから ロフトの増え になってしまい
外周を大きくしたこと が 逆に 飛距離不足を生んでしまいます。

✋からだの回転で グリップが移動した分 を超えて
ヘッドを動かした場合、
それはイコール グリップの移動の抑制、止め、になるので
その瞬間から からだの回転の流れから グリップは外れてしまいます。
テークアウェイという 往復行為の 行く場面で
それを作れば ダウンスイングと言う帰りもあるのですから
その遅れは 倍以上になってしまうでしょう。
クラブは重くなり、腕で動かすから 労働の実感は伴いますが
それは飛距離にはならない 俗に言う、徒労に終わります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



上段:右ひじの伸ばしと左ひじの連携
刷毛塗を意識して頂きました

下段:本日スタート時





左手、茱哀螢奪廚インパクト前に減速する癖
ヘッドターンをする為に右グリップ、ヘッドを待つ癖があるので
インパクト直前から 一気に回る〜左を向くをして
左手、茱哀螢奪廚凌聞圓鮨覆瓠
ヘッドターン、手の返しを無くさずに、追いつかせ無くしました






からだの回転でグリップだけを動かす
からだの回転でクラブが移動し、それによって重くなる分
腕のサポートで からだに付かせる
腕で動かして、結果 体との相対関係を変えないよう
「動かさない為に動かす」意識を持って頂きました。

結果、ヘッドターンは薄くなり
フォローの抜け出しが良くなり
ヘッドターンによる左サイドの上りが無くなり
前傾姿勢がより残るようになりました。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

おもちゃの鼓笛隊-163フレームショット
最近気付いたのですが
前傾角の保持が上手くゆきません。。。

早めに体を立ち上がらせることが多いのに気付きました。

この症状の場合に考えられる注意、
アドバイスありますか?
(ヘッドが早めに降りる。
フェースが開きぎみに入射して来ることは理解済みですが。。。
まあ出来たり出来なかったりです)






 ゴルフの原点を考えてみる場合
多分 地面に有るモノを 長い棒の先に付いた重量物(硬いモノ)で
ぶっ叩いて 動かしたり 破壊したり する行為に値すると思います。
極端に考えれば 長さ2メートルの棒の先に10kgの鉄 金づちの先端のような
モノを付けて 石を破壊 するとしましょう
本来は 破壊するだけならば 上から打ってしまった方が良いかもしれませんが
もし その石の上部がマルまっていて 打撃するのに危険だとしたら
横の部分が平らになっていて 打撃出来そうだったとしたら
そう言った想定で 考えてみましょう。

10キロの先端の2メートルの棒は 恐ろしく重いと思います。
持てないかもしれない
これを腕の動き 腕を左右に振る(仮面ライダーの変〜身ポーズ)で
打撃するのは かなり無理があります
もし出来たとしても 打撃後 先端部が自分に巻きついてくる可能性も
否めません

この重さの道具を扱うのには
出来るだけ 体にも 道具にも ねじりを作らない事が基本だと思います
負担があまりにも大き過ぎます

体を地面に直立させ 棒を横 もしくは斜めに振るか
ゴルフと同じように 前傾姿勢を取り 自分は前傾姿勢に対し平行に回転するか
どちらかの方法を取る事になると思いますが
10キロの先端 2メートルの棒 を扱うのであれば
殆んどの人が 後者を選択  もしくは 試した結果 後者になるのでは
無いでしょうか…


 話をゴルフに戻しましょうsample 091029どの場面で前傾を失うのかにもよりますが 前傾姿勢が無いと 本来の腕のはえている位置 肩の部分が ボールから離れます かなり離れるでしょう。 15〜20センチ位でしょうか
手の動きや腕の動きは大変少ないのですが それにしても 前傾を失った状態で打っている手や腕の使い方はまったく違うモノになってしまうでしょう…
前傾姿勢を維持出来たら 全く違う腕の動きになる筈で 今までの動きや役に立たなくなってしまうかもしれません。 ここにもヒントがあります。
自分の「したい」手や腕の動かし方があるから あえて 姿勢を解くのか
姿勢を解いてしまうから そういった手や腕の使い方を覚えてしまうのか
う〜ん どっちですかねぇ…

色々な方法 色々な経緯で 前傾を解きますから
 こうすると 絶対に治るよ は万人向けではありませんが
前傾姿勢を失ってしまう人の多くはi734i736切り返しから 左へのシフトよりも先にいきなり回転してしまう 傾向にあるのは確かです
脳内イメージは右を向いたまま 体の向きは右軸足が解かれることによる自然な向きの変更に任せ 左に直立脚=軸足を作る動きが無いと
切り返しから いきなり 回転してしまっては 左に前傾を移乗/移譲出来ません。  このシフトには 右足から左足への 前傾の受け渡し という役割もあるので そこを注意してみてはどうでしょうか…

写真は失敗例の代表なのですが 
まずテーク「バック」でクラブを右横 背後にずらしただけなので
ダウンでは背後にある重量物=クラブを左手で引っ張り出さなければなりません。 この2コマは 左手でクラブを引いたコマ です。
胸にくっついた左腕 その先に更に直角以上の遅れのクラブ…
その姿勢だとフェースは空を向いていますから 
一番左に動きたがらない状態 一番クラブが重く長い状態です
クラブヘッドは下に落ちたい… 
   まだまだ  … 
右手のひらが支点になるテコの応用で
ヘッドの重量(運動重量分)分 手元は上に上がりたがります。
それを更に左方向に引こうとするならば 
前傾姿勢を保て は いささか無理な注文です
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ