ハミングバードでよく使われる『刷毛塗』という珍妙な用語は
スイングの中で どうクラブを腕で動かすのか
というコトを解説していますが、
その根本にあるのが
『からだの回転に グリップを遅らせない』
『からだの回転を主にクラブを動かす』

というコトで
きっかけではあっても 腕でクラブを動かすコト ではありません。

ゴルフクラブは両手で持って
その位置がある程度、固定されていますので
体の幅の中に 握り/グリップを収めていないと
左右の腕の長さの違いに制約を受けてしまい
結果、ボールさばきのところは腕で振る事になります。


腕で振る最大の欠点(二点)は

]咾妊ラブやヘッドをボールの方に出せば からだは引き
腕やクラブやヘッドを下に振れば、体は上を向く
という 常時、反対のコトが付いて回り 効率が悪いコト

⊆蠅砲靴討い襦\宿覆離蹈侫箸茲蠅癲‖燭ぁ大きめのロフトで
当たる可能性が非常に高く、
また そのクラブの長さで本来、入ってくる角度(入射角度)よりも
格段に緩い角度で入って来易く、ボディスピードやヘッドスピードを
あげたつもりでも、上げた分がボールスピードにならず
高さやスピン、より飛ばない球になり易いコト

追加すれば、手を返す行為は
ヘッドを回すコトになり
ヘッドの向き、ロフト、ライなどが複合した状態のクラブヘッドで
似たような球が繰り返し打てる 目安が薄いコト となります。

大森201904_Moment(2)大森201904_Moment(3)



刷毛塗は からだの幅の中 10センチから20センチ程度
胸の沿って グリップを移動させるような そんなニュアンスですが、
それをいつやろうとするのか によって
縦横のその方向はかなり大きく異なります

✋実際に移動させる のではなく
からだの回転のきっかけ、からだの回転と同期するためのスイッチ
と考えると 時期が掴み易いかも知れません。

✌ヘッドの方が高く グリップの方が低い
トップの位置付近であれば その重さによって
グリップは動かし易く、 進行方向の左側は右側よりも低くなっています。
クラブ全体の重さを利用して、グリップを下げる ではなく
重さに従って グリップを落とす の方が正解に近いと思います。


✊結果、として 刷毛塗の腕さばきは
からだの回転通り、体とグリップの相対関係を固定したまま
にするのが目的ですので、
「動かしていないように見える為に動かす」と考えて間違いではありません。

要するに 自分の胴体、胸に対し
どの方向に グリップを動かしていくのか
掴んでおかないとイケナイ、腕を伸ばすコトによって
体から離すように伸ばすのではなく、
胸に沿って、体との距離を変えないようにしたい のです。

刷毛塗をの動きを意識しすぎてしまい
肩が揺さぶられるような状態は 本末転倒
本来のからだ → 胴体 ではなく 肩を回すスイングに
なってしまいますから そこは要注意です。

スナップショット 4 (2012-10-02 13-56)スナップショット 6 (2012-10-02 13-57)スナップショット 7 (2012-10-02 13-57)


刷毛塗を別な表現をすれば
右腕(利き腕)を伸ばしたとき、
いったい それが何を押すのか というコトになります。
間違っていますが 一般的なケースは
それによって 左グリップを支点としたクラブを押す、
それによって 右手のスナップ(甲側の折れ)が解かれる、
多くの人が「これをクラブのリリース」だと信じていますが、
それは単に 「ロフトの増え、入射角度の緩み」にしかなりません。
体に沿って グリップを押す →結果として体の回転通り に
右腕を使うには クラブを持った左グリップごと
左グリップを押す感覚です。