◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:体重移動


店長「多くの人、だと思うんですけれど 
 インサイドアウトとか、アウトサイドインとかを
FinfaZ7UAAAnu8v
 こういう風に思っているんじゃないか と思うんです。」

質問「私も含め そうだと思います。」

店長「コレって  …説明がし難いんですけど
 円の支点、円の軸になる部分の ズレ・ブレ で
 円ソノモノの概容、円の大きさは 同じ って
 発想じゃないですか❓」

質問「ですです。」

店長「こういうケースもない訳じゃないですけど
 実際には スイングの大きさ変化 が元ネタ で
 いつ 円弧が大きくなる、クラブが長くなっちゃう、
 その いつの方が問題だったりします。

 _色い線の インサイドイン
 ∪屬だの  アウトサイドイン
 ➂紫の線の  インサイドアウト


 人間の動き として この3本は同じ可能性が高く、
 クラブを長くしてしまった遠心力などの重さ変化、
 不可抗力によって 変わってしまう部分は否めないんですが、
 この3線の グリップの移動ラインは同じ可能性があります。

 ,呂海琉榮庵罅.ラブの長さが変わらない
  クラブの長さ、腕の長さ、
  ヘッドの到達できる外周位置が固定されたケース
 △倭瓩に クラブが長くなってしまい
  想定以上の重さ、遠心力が働いたので
  内に引き込まないと打てない のケース
 ➂は多くの人の理想なんでしょうけれど
  適切なタイミングで クラブが長くなったケース


 コレ いつも思うんですけど、
 例えば 振り子のパッティングとか、アプローチとか、
 スイングって 機械がする訳じゃなく、
 非常に不安定な動きをしちゃう 人間がするんです。
 軸になる部分って 固定できない人間がするんです。

 円が大きくなったら 重くなる、
 より 円が膨らもうとする、
 でも 打たなくてはいけない、当てなくてはイケナイ
 ボールは その円より 中側の円の中にあったら
 軸を固定するよりも 当てるコト、打つコトを優先する
 のが 人間の判断、反応です。
FinfaZ7UAAAnu8v
 円の大きさが変わっても それに反応しない、
 機械がスイングしている そういう発想 で
 スイングを考えているフシが多分にあると思うんですね。

 ですので △離▲Ε肇汽ぅ疋ぅ鵑両豺隋
 早くにクラブが長くなり、円が大きくなっちゃう、
 遠心力が働き、より円が膨らもうとするけど
 このままじゃ ボールの遠い側を空振りしちゃうから
 引き込むようにボールに当てるので
 傍目、アウトサイドイン になる訳ですが、
 ボールを当てるために 軸を右(右打ち)にずらしています。
 ですので 体重は右に残る。

 ➂のインサイドアウト であれば
 適切なタイミングで クラブが長くなり、
 それは放っておいても困らない、
 打つ、打った後、遠心力が多くかかるので
 体重は左に移る。

 この 三つの線では 結果論ですけれど
 意図している、していないにかかわらず
 体重移動具合が同じにはならないんです。

 そういう スイングは人間がする、
 何かを固定するコトの出来ない人間がする、
 って言う発想抜きで スイングを考えても
 スイングって 人間には刷り込み難い んじゃないですか❓」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「もう一点、テークアウェイで
 注意しておきたいトコロ なんですが…。」

Kさん「はい。」

店長「一般的に テークアウェイ、トップの位置では
 体重は右、
 インパクト以降 フィニッシュまで 体重は左、
 と言われるのですが。。。。」

Kさん「反対とか?」

店長「いえいえ そんなことは無いんですが…
(回転とフットワーク_Moment(3)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(4)
コチラを見て下さい。 



 この状態を見て 体重配分は右 が多いように見えます❓」

Kさん「そう言われてみると…。」

店長「フットワーク中心でスイングをしなくとも
 腰を回そうとしていなくとも 腰の向きは変ります。
 スイングは どこか の軸を作って
 向きを変える、円の動きになるので
 アドレス時の 左右 にこだわり過ぎるのはマズイ のです。
 右を向いた時の 右、というか
 右軸足に体重をかけるには
 アドレス基準で 後方、背後方向に
 重さをかけておく必要があります。」

Kさん「なるほど。」

店長「スイング用語に
    ✊頭を動かすな
    ✊ボールをよく見ろ

 とありますが、間違ってはいないですが、
 そちらを優先してしまうあまり、
 それが故に ボールに近づく ような
 からだをボール側に傾けてしまう ような
 本当の意味での 右軸足に体重が掛かっていない状態
 あまりよろしくない と思います。

 ゴルフだけではありませんが、
 打撃するようなスポーツで
 ボールに体重を乗せる、
 打つ方向、打ち出す方向に 体重をぶつけて行けるような
 ゴルフの場合ですと ダウンスイング以降、
 右に乗っていた体重を 左に移していけるような、
 左に踏み込んでいけるような 準備
 があった方が ボールを飛ばすには有利、
 インパクト時のボールとの衝突質量に負けにくい です。」

Kさん「確かにね…。」

店長「ボールを見るな、とは言いませんが、
 右の軸足にある程度 重さを乗せるには
 アドレス基準で背後に、ボールから離れるような、
 そんな感覚が必要で、
 それを誘導する為に ボールから目を切って
 視線や顔ごと 右を向く、 というのも
 一つの手だと思います。」

Kさん「スイングの軸っていうのは
 どこになるんです❓」


店長「厳密にする必要は無いと思いますが、
 背骨であったり、背骨の外側であったり
 だいたいですが その辺り と考えて良いと思います。
(回転とフットワーク_Moment(回転とフットワーク_Moment(3)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment





 そうすると その延長線上に位置するのは
 あたま であれば、顔ではなく後頭部になります。
 顔ではないのですが、
 ボールをよく見ろ を意識し過ぎると
 ボールと目との距離を保とう とすることになり易いので
 軸が顔側、前目になり過ぎてしまいます。
202176_Moment

 いきなり ボールから視線を切る、
 顔ごと 右を向く って言うのは難しい場合がありますが、
 ボールの方に傾いてしまう、近づいてしまう、
 そう言うタイプのテークアウェイ、スイングをする人は
 総じて 前傾が深い ですので、
 まずは 前傾を出来るだけ浅くする、
 前傾姿勢なんて言うのは 有れば良い ので
 出来るだけ浅くして、
 右を向いた時の 右足に体重が乗せられるように修正
 するのも良いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


テークアウェイ、トップの右向き
俗っぽく言うと 回転が足らない って言うのがありますが
 深ければ良いってもんじゃないけれど
 自分で出来るなりの深さがあった方がよりベターでしょう。
池田康二202520_Moment((((((((_Moment









テークアウェイの右向きの深さは
 スイングの七難を隠す とまで思います。

素振りや練習場に比べ コース、現場では
 その右向きの7割にまで減少する と考えた方が良く
 特に 胴体を捩じっている人には それは顕著です。

ショットだけに限りません
 アプローチやパターなどもそうですが、
 緊張や興奮が伴ったり、
 疲労が溜まってくると
 ゴルフクラブを出来るだけ それに近いトコロで動かそう
 とする 怠けグセ は誰もが持っています。
 
 素振りや練習場に比べ コース、現場では
 その右向きの7割にまで減少する と考えた方が良く
 特に 胴体を捩じっている人には それは顕著です。
 胴体が捩じられる分が
 よりクラブに近い手先や腕を振るコトになり易いモノです。


ハミングバードでは 胴体を出来るだけ捩じらず
 骨盤が右を向くコトを推奨していますが、
 意外なトコロに 右向き不足 は隠れています。 

フラットなスイング軌道が悪い とは決して言いませんが、
フラット気味の軌道のタイプ、
フェースを開いて上げるタイプ、のスイングでは
トップ付近で、 クラブが大きく右(右打ち)にズレます。
勢いが付いているケースも多く、その重さは結構なモノ…
2021-02-13_22-10-57_Moment(2)2021-02-13_22-10-57_Moment(3)M2019810L!_Moment(6)20191006_Moment(3)







👉バランスを取る為なのか、本能的なモノなのか、
 は人によって異なるとは思いますが、
 それが故に カラダが前に倒れてしまう、
 ボール側に寄ってしまうケースが少なくありません。
(回転とフットワーク_Moment(3)

テークアウェイ、トップでの右向き は
骨盤と大腿(右)との向き差 ですが、
カラダが前に倒れる〜屈曲してしまう感じ は
向き差を作る苦しさ?と似ている為、
本当の向き差が浅くなってしまう可能性があります。
スイング ココを治そう❶_Momentシリーズ ココを治してみましょう❸_Moment(4)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(4)202176_Moment







十分な右向きが取れず、代わりに屈曲してしまうと
ダウンスイング、インパクト時に起き上がりながら打つコトになり易く、
ダウンスイングでの 腕の、クラブの通す空間を作れません。

起き上がるコトによって したくないのに
下にクラブを振るコトになり、手打ちになってしまう…
実は その背景には 右向きの取り方、
トップ付近でのクラブ・『重さ』の位置が起因している
可能性は結構高いかも知れません。

トップ付近で クラブの重さ、腕の重さがどう掛かっているのか
一度 チェックしてみても良いのではないか、と思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店主「安定して 飛ばせる、
 は誰もが望むモノですが、
 それを実現するには 無理なく回転する のがベターです。」
質問「カラダ で、 ですか❓」
店主「からだの無理が効くうちは
 その回転力の箇所は問いませんが、
 ある年齢を超えてくると からだの仕組み通りの回転、
 向きの変更を造っておかないと 回転力はかなり減衰します。
((((((((_Moment

店主「昔から思っているのですが、
 折角、ゴルフをするのですから
 歳を取ってからも 元気でいられるように
 元気でいられるような動きをしておく方が良いと思うのです。
質問「それはそうですよね。」
店主「高齢の方でよく見かけるのですが、
 ま、腰が痛いから、と言うのもあると思うのですが、
 こう 膝から下だけ動かしてチョコチョコ歩いている、、、
 太ももが上がらない、というか、股関節の稼働率が低い、というか
 姿勢も悪くなり易いですし、
 転びやすくもなると思うので、
 若いうちから 股関節をもっと稼働させるような
 スイングをしておくコトが役に立つ、と思うのです。」
質問「なるほどー。」

店主「股関節、もしくは 足首を作用点に
 からだの向きを変えておくと 説明した通り、
 ラウンド中の疲労などによる 回転力の低下も穏やかですし、
 年齢による低下も穏やかです。
 股関節を稼働させるので 股関節廻りの筋肉、
 太ももやお尻、お腹や背中を使いますから
 体幹が強くなる、とまでは言いませんが、
 衰えにくくなると思うのです。」 

質問「フットワーク、というコトになると
 お約束の体重移動も付いて来ますよね。」

店主「避けては通れませんが、
 体重移動は体重移動そのもの為にするモノでは無いです。
 お薦めする 股関節を作用点に体の向きを変える、
 でお話しすれば、
 右を向く時は 動かない、回さない、土台になるのは
 右足、特に右の太もも、
 動かす箇所、廻す箇所、稼働させる箇所は それ以外、
 ですので 右足が立ち足 になるので
 自動的な立ち足にするには 自分の重さをかけるコトです。
 つまり 向きを変えるための立ち足を造るモノが
 体重移動なんです
。」
(回転とフットワーク_Moment(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(6)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(5)







質問「なるほど。
 でも、左への俗に言う「体重移動」が難敵なんですよね。」

店主「ソコを悩んでいる人は多いですが、
 前述のように 体重移動する為、体重移動するのではなく、
 左を向くために 左の立ち足が必要なんです。
 そのために重さを左足に掛けたいのですが、
 それは 一見、フットワーク に思えるかも知れませんが、
 左足に掛ける重さ とは 左腕 なのです。」
質問「フットワーク ではないんですか?」
店主「足自体は動きはしますが、
 重さがかかるから、仕方ないから動く ようなモノで、
 クラブを持った 左腕が 左足の前まで来るから
 重さがかかってしまう、だから 左足が動けなくなる、

 と言う 繰り返し易い必然 を造った方が良いと思います。」
「体重移動を意識し過ぎて、フットワークだけで
 茲砲困譴茲Δ箸垢襪函―鼎気遼楝里右に残るので
 腰辺りだけが茲縫坤譴
 カラダが上を向き過ぎる結果に終わります。
 これを 本来、スウェー と言うんですけどね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「スイングでの回転を考える時、
 何に意識をした方が良いでしょうか❓」

店主「回転は 動く箇所 と 動かない箇所 があります。
 コト 回転を考えるのであれば
 何が土台、動かない、動かさない箇所になるか、
 だと思います。」
((((((((_Moment

店主「安定している、繰り返せる、そして 飛ばせる
 誰もが望む部分ですが、
 それを出来るだけ 両立する と…
 クラブの先端の重い構造、偏った重さのヘッド、
 方向や距離、弾道を司るのがフェースの上下左右の角度
 を融合するには

 ]/肩
 胴体 胸/腰
 足首 靴/足首より上
 股関節 太もも/骨盤より上
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(6)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(5)







 ,痢.ラダは動かさず 肩、肩甲骨から先の腕だけ振る
 は出来るだけ避けた方が良いです。
 ,両豺腓蓮‘阿さない土台になるのが カラダで、
 クラブをターン(回転)させるのが 腕廻りのチカラ です。
 他の回転(ターン)に比べ、クラブの先端、そしてフェースを
 回転させる量が多いですし、
 クラブのターンそのものも腕でしなければならず
 技術的にも難易度が高いですし、
 労力が腕力依存になりガチ です。
 言葉は悪いですが、腕力の有る若者だけが出来る、
 と言ってよいかも知れません。」
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(4)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)






「△硫鹽召両豺隋胴体を捻る、
 動かさないのが腰、骨盤で、動かすのが胸から上、
 コレも若い時、可能ですが、ある程度の歳になると
 カラダを捻じるのを 本能的に拒否するようになります。
 ラウンド中だけでなく、スイングそのものの傾向が
 歳とともに ,飽椶螳廚い里如
 気付いたら その作用点を少し下げ、股関節に移す、
 もしくは 作用点を股関節気味 にする方が、
 年齢や体力の低下による影響が防げます。」
202176_Moment
「➂の回転は大きな問題は少ないですが、
 右向きの時の右足、左向きの時の左足 という
 回転の軸 ではない、用語としての軸足 と言えば良いのか
 カラダを支える足、動作を支える足(立ち足)が造り難い、
 と言う欠点があります。
 他の言葉にすると 体重移動が苦手 です。
 傾斜地のショットが苦手であったり、
 立ち足が無いので バランスが悪く(不安定になり易く)
 それが故に 飛ばせない(飛ばないではなく)
 速く動くことが出来ない というのがあるので
 この回転➂も同じく 作用点を上に上げ、股関節、
 もしくは作用点を股関節気味にした方が良いと思います。」

質問「➃の股関節、もしくは股関節気味にするのに
 メリットが多そうですね。」

店主「そうですね。
 まず、やはり 運動する部分が お尻、脚、背中、腹
 と大きな筋肉が集まっている部分なので
 強い運動が可能です。
 また、ゴルフ程度の運動であれば 故障を引き起こし難く、
 加齢などによる運動性低下も一番緩やか です。
 動作としても 股関節を作用点にする 回転 の場合、
 動かさないのが 右を向く時の右足(右大腿)
 それに対し、動かすのが それ以外、
 左を向く時の左足(左大腿)、
 それに対し、動かすのが それ以外、 と
 向きによって 動かさないモノが移るのですが、
 人間が普段している動作と同じ使い方です。」

質問「特殊な動きでは無いというコトですね。」
店主「慣れてくれれば 歩行 に近い作用点です。
 からだの廻りの低下 も緩やかですし、
 立ち足を変わるコトが
 そのまま、ゴルフ用語の体重移動になります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ