TOMO君の変身➀ : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

TOMO君の変身は アマチュアゴルファーに
 すごくよくある悩み が詰まっている変身だと思います。


➀からだの開き
 修正前と修正後で
 『からだの廻し方』について
 何か詳しくレクチャーした記憶は ありません。
 意識して『からだの廻し方』を変えた 訳では無いと思います。

 では どうしてか❓ と言うと簡単で、
 修正後は カラダが開いてから打っている
 修正後は カラダが開く前に打ってしまっている
 その違いでしかない というか
 そもそも からだの回転でクラブをターンさせず、
 左右の腕の入れ替え、腕でターンするには
 それをする為、先に体を廻す、
 それから打つので そういうコトになるのは必然。
(TOMOクンの修正前-修正後_Moment

 逆に 手で振っているのに からだを開かない方が 不自然です。
 からだを廻す という 1-アクションで打っているか
 からだを廻して「から」クラブを振る という 2-アクション
 打っているかの違いです。

 手で振っているのに からだを開かないようにする
 は 自分の打撃を否定するコトになるので
 『1個目のボタン』を変えなければ 改善されません。

➁からだの伸び上がり
 コレも ほぼからだの開き と同じです。
 特に からだを廻してから、クラブを振れば
 その遠心力によって カラダは引っ張られるので
 放っておいたら 🥎より外側を振っちゃいますから
 その反応と言うか、反射行為とも言えます。

➂フォローの大きさ
 修正後もまだ下に振ろうとする感覚が残っているので
 もう少し高いトコロのボールを打つ、
 グリップよりもヘッドは高い位置を通る 感覚を掴むと
 もっと良くなるとは思いますが、
 カラダでクラブを移動させれば 自動的にフォローは出ます。
 逆に言えば 手で振っている限り、
 かなり 無駄な努力(徒労)が必要になりますし、
 その努力が からだを傷める原因になります。
IMG_0148_Moment

ぅ瀬Ε鵐好ぅ鵐阿猟未稿
 からだの回転でグリップを移動させて打つ 限り
 どこを通す とか 選択の余地は多くありません。
 そんな時間的な余裕はないんです。
 自分の意志でどうする というコトは
 『それが出来る時間がある』 というコトです。
 腕を自分の意志で 全く動かさないか、ゼロか、
 と言われれば 答えにくい部分ではありますが、
 使う と しても …クラブの重さ、腕の重さ、 
 それに一振り、隠し味として 塩を振る 程度
 でしかないと思います。
 全体の味わいである からだの向きの変更を
 阻害する腕の動き では 味付け失敗です。

 と 同時に 腕を強く動かすと
 必ず その分、からだは上を向く を忘れないで下さい。