◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:伸び上がり


店長「ヘッド(クラブ)をひきずる…って なんか名称欲しい…ですけれど
 元々は 手で振らずに、からだの回転で
 クラブをターンさせましょう というのが原点です。

 クラブの先端である ヘッド を動かす のは
 動かすんですけれど、
 自分が からだの向きを変えて グリップを移動させ、
 その分、ヘッドが動く。。。。

 ヘッドを😬 シャフトを😬 自分で直接的に動かそうとしない。」

質問「似ているけれど 結構な違いなんですよね。 」
〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment
店長「はい。かなり違います。
 ヘッドを引きずるイメージで ボールを打つと
〇手打ちからさよなら出来る
〇インパクト時の伸び上がりをする必要が無い
〇ディッシュアングルを保ち易い
〇ハンドファーストのインパクトを造れる

 これらが 特典としてモレナク付いてくる と言った感じですので
 結構、お買い得だと思うんですけど…。」

質問「はい✋はい✋」

店長「どれもが 個々で、一つ一つのテーマ、課題として
 悩んでいる人が多いと思うんですけど、
 ヘッドをひきずるアプローチ、ドリル で
 いっぺんに解決の糸口が得られると思うんですね。

 手打ちの解決は メインの目的でもありますから当然ですが、
 伸び上がり って
 腕とクラブが長くなっちゃってるから起こる訳で、
 ヘッドを引きずると クラブは逆に短くなるので
 沈みこむは大袈裟ですけれど、
 どちらかと言うと そう言う雰囲気です。
 伸び上がったら届きません。
アドレス7

 ディッシュアングル…腕とクラブの角度ですけど
 からだの向きを変えて クラブを引きずれば
 次の『ハンドファースト』にならざる得ない✊
 それが ディッシュアングル✊ ですので
 あまり意識しなくとも 達成可能です。


 …その上で ヒトツ 気になるコトがあるんですね。」

質問「なんです❓ なんです❓」

店長「多くの方のスイングやショットを見ていると
 全員じゃないですけど、かなり多くの人が
 慢性的な 『インサイドから入れる』
 『アウトサイドイン恐怖症』
 『インパクトは体の正面で✋症候群

 だと思うんですね。

 コレって 初心者だけでなく、
 逆に ベテランほど染みついている感じがします。

 アウトサイドから振りたくないが故に、
 無理やり インサイドから振ろうとする、
 そうなると フェースが開くっていう副産物が付いてきたり、
 入射が妙に緩くなってくる、という
 結構、深刻な副作用が付いてきて ソレに悩まされる。

 『インサイドから入れる』
 『アウトサイドイン恐怖症』
 『インパクトは体の正面で✋症候群』

 を実行しようとするが故に
 切り返してから からだを廻さない んです。」

質問「!!!!!!」

店長「いろんな事の問題を解消するには
〇外から入っても大丈夫
〇飛んで 繰り返せるなら アウトサイドインもOK
〇飛んで 繰り替えるなら 別にインパクト何でどうでも良い

 と割り切って
 切り返し、一気に からだを左に向けるんです。
 からだを開く。
 それが からだの回転
 です。」

質問「!!!!!!!」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだの向きで クラブ、グリップを引きずって
 動かすドリルは 幾つかの悩みを解消する可能性があります。」

質問「どんな、ですか❓」

店長「例えば ですが、
 からだの伸び上がり、
 前傾姿勢の維持
 ですね。」

質問「マジ⁈ ですか。」

店長「はい。
〇からだの回転_Moment〇からだの回転_Moment(2)










 ヘッドで円を描こうと クラブの角度を振る場合、に比べると

 グリップを引きずって動かす場合、
 結果、としてですが、グリップはカラダの近くを通る、
 クラブをカラダに巻き付けたまま 動くような、
 そんな形 を保ち易くなります。」

質問「確かに、そうですねぇ。」


店長「スイングの始まり、アドレスには
 前傾姿勢、骨盤と大腿骨、お尻と太ももの
 前に倒れている角度差 というのがありますが、
 
 腕が長くなれば 重くなりますが、
 その前傾姿勢の中、
 アドレス時で言えば、
 肩の真下辺りをグリップが通れば、
 長さ として 腕が伸びていた としても
 その長さを前傾姿勢が吸収してしまいます。
 重さによる ワルイ影響を受けにくくなる、
 また 重さが掛かったとしても
 それを 前傾姿勢維持に利用できる可能性があります。」
〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment
質問「あ、なるほど。」

店長「クラブを、シャフトを振る、角度運動させる、円を描く、
 そう言うスイングでは 腕は 前傾姿勢よりもボールの方に出し易く、
 逆に それによって からだを起こさなくてはならない、
 クラブを持った腕の重さ、
 それには双方、遠心力が掛かるのですが、
 前傾姿勢の中と言えば良いのか、下と言えば良いのか、
 微妙なトコロですが、その中を通せれば
 起き上がる必要が無い上に 前傾姿勢も保ち易い、
 遠心力等重さによって 無意識で前傾姿勢は保たれ易いですが、
 前傾姿勢の下、から大きく外れてしまうと
 その重さを支え、かつ ボールを打つのには
 からだを起こさない、前傾姿勢を解かないといけなく
 なりますので 伸び上がり を気にしている方は
 ドリルとして トライして頂くと 何らかの影響があるやも知れません。

 両腕は両方で 10キロを超える重さがあります。
 ソレに遠心力が掛かれば その方向というか
 遠心力の掛かり方 によっては 体を起こさなくてはならない。

 伸び上がりは その必然だった可能性が否めない のです。」
  
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



店長「腕を横に振って テークアウェイを取る、
 自分では肩を廻していると思っている そのテークアウェイは
 自分的には 『うんと頑張って 左肩を入れている(筈)
 なのに… 👉実質的にからだは正面を向いたまま』

 と言うケースも少なくありません。
〇肩を廻せ
 本来 肩周りで行うにしても
 弊社が推奨している骨盤で行うにしても
 👉右を向いていれば
 少なくとも 向いていないよりは
 インパクトまでに 時間と空間を確保出来ます

 右を向けている に比べると
 疑似右向き、腕を横に振ったテークアウェイは
 右向き & 右向きの戻し の
 ダウンスイングの時間と空間を確保出来ません

 トップの時点で 本当のからだは
 ボールと正対してしまっているのですから…。

 また 右を向いていれば、
 肩なり、骨盤で行えるはずの 右向きの戻し
 と言う動きが クラブの移動に加わりますが、
 当然、それもありません。
(クラブ・シャフトを振る って❔_Moment
 ここから 普通に振りだしたら…
 切り返して ダウンスイングに入ったら
 実質、右を向いていないトコロ から始めるのですから
 外から振ってくる、
 イワユル アウトサイドイン
 になり易いですよね❓」

質問「・・・・・・」


店長「意地悪な話になってしまいますが、
 テークアウェイを深く取ろうとすればするほど
 アウトサイドインになってしまう。
 しっかり 自分なりではあっても 右を向こうとすれば
 するほど アウトサイドイン になってしまう。

 で、スライスが多くなってしまうと…。」

質問「外から振ってる。
 もっと インサイドから振れ って言われたり…。」


店長「ですよねー。

 スイングのインサイドからって
 別な側面もあって、それは別な機会にお話ししますが、
 テークアウェイで右を向くから
 クラブの通り道や腕の通り道が出来て、
 右向き〜右向きの戻りが 自然なインサイドから を
 生み出すのですが・・・・・・・。
〇肩を廻せ_Moment

 その空間も無しに インサイドから振れ って
 言われたら クラブを倒して、フェースを開いて
 ヘッドを遅らせてくるようにしか 振れません。」

質問「スライスは解消出来たとしても
 より複雑な泥沼に…と言う感じです。」


店長「はい。
 シンプルに 打撃する準備ミス から始まっているのに
 出た球、打った球 と ものすごく根拠のない対処
 によって 長年苦しみ、また からだを傷めたりします。



 例えば ソコから派生する問題ですが

 からだの回転でクラブを動かす と比較した場合、
 右を向き、クラブや腕は半ばロックしたまま
 からだを回転させる『だけ』が基本イメージですが、
中村2022612_Moment
 実質的に、右を向けていないと
 それを 腕の振りでやらなければなりません。

 からだの回転であれば、腕やクラブの長さは
 短いまま、無理に伸ばさなくても ボールには当たりますが、
〇開いている〜だから閉じろ
〇アウトサイドインだ、もっとインから(もっと寝かせ、開け)

 では ヘッドターンは必須になり、
 クラブは構造上、腕やクラブの長さが長くなった状態でしか
 ヘッドターン、フェースターンをするコト が出来ない
 ので
 止まっているからだに対し、
 アドレス時よりも長い腕/クラブ になれば
 伸び上がって 空間を作らないと 腕やクラブを通せません。
会田20210701_Moment(2)

 伸び上がりの原因も 右向きの質 にあったりするのは
 決して少なくない のです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



クラブを下に振らず、からだの向きを変えるのと
クラブを下に振るのでは 似ているようで
かなり大きな違いがあり、
カラダの向きを変え ボールに届かせる、に比べ
クラブを下に振る には
カラダを止め クラブを下に振る『時間が必要です。
下に振ってはダメよ_Moment
動作、としては クラブを下に振るには
曲げた右腕(右打ち)を伸ばすことで クラブのリリースをする

のですが、からだの回転を止め(左サイド)
右腕を伸ばす(右サイド) ので
カラダが潰れる、進行方向の前側
(体の左右方向)が詰まる、
 その結果✋逃げとして 左サイドが上に逃げる/伸び上がる

と言う現象が出てきます。



ゴルフスイング用語で 『茲諒鼻と言うのがありますが、
本来は… からだの向きを変える時、
 左サイドはここより外に出ないよう、内側で廻りましょう…
 という 廻る場所、廻る領域、到達点、ガイドラインを指し、
  ✋想定した 壁の内側で廻りましょう〜 が正しい意味で
 どの道 廻るコトが前提になっています。
2021-04-11_22-32-44_Moment(5)2021-04-11_22-32-44_Moment(7)









✋しかし、クラブを下に振る、手で振る人にとっての左の壁は
右腕を伸ばし(右サイドを動かす) のを
左サイドの進行、動きが止める、
もしくは ニュアンスとしては
 からだの回転を 左サイドが受け止める という
 廻るコトを辞める/止まるコトが「必要」になってきます。

仮に ボールを強く叩きたい 場合、
 クラブを下に振る右腕のリリース感も強くなりますので
それを 受け止める 左サイドが
よりガッチリ止まらないと ミスになってしま 訳です。


今回の Aさんの場合、
 アイアン(#5) を例に取ると
 ヘッド重量  240g  → 300g(60g増し)
 シャフト硬さ 290cpm → 160cpm(130cpmダウン)

 に変わりました。

ヘッド重量の分、数値として
 シャフトの振動数は余計に下がっていますが
 シャフトの硬さ で言うと 100〜110cpm
 硬さ表示 R.SR.S... で言うと 10フレックスは落ちています。
 その 10フレックス柔らかくなったシャフトに
 60gも重いヘッドが付いているのです。 
202176_Moment
テークアウェイ(行き)もダウンスイング(帰り)も
 からだの向き での移動に加え、
 腕さばきで 「余計に」クラブ、シャフト、ヘッドを動かしていますので
 ヘッドが重くなり、シャフトが柔らかく成れば
 その「余計」がさらに増えます。
 より一層 下へのリリースが強く必要になりますから
 左サイドの受け止め もより強く必要……。
 往復で、余計に時間がかかる分、
 カラダが上を向く、左を向く 可能性があがり、
 ダフリやチョロ、トップや引っかけになる可能性が増し、
 Aさんの場合は 引っかけになってしまっている というコトです。
誤った意味合いですが
「右手で叩くな」
「右手の使い過ぎ」
「左サイドのリードだ」
はここら辺が起因するのです。

カラダが強い人は その右腕のリリースを
 左サイドで受け止められたり…も出来ますが、(体力、年齢による…)
 止める、と シャフトを走らせる、クラブを走らせる の
 中間部に来る 左手首や左ひじ、首、
 などを傷める可能性が非常に高い のです。

「手は伸ばす?」_Moment「手は伸ばす?」_Moment(2)










これには まだまだ 伏線があり、
 インパクト時の伸び上がり は
 その 受け止める左サイドの末路 とも言え、
 伸び上がりを無くす には
 右手のリリース、下に振るコトを辞めない とイケマセン・・・。
 下に振るコトが 打撃のメインエンジン ですので
 距離をあきらめて そっと振るか、
 伸び上がり…おそらく 自分にとっては左サイドの壁-感 と
 右腕の伸ばし感の折り合いをつける か だと思いますが、
 動く-右腕の伸ばし
 止まる-左サイドの伸び上がり抑制 という
 つながっているのに 反対の動き をしなくてはいけない
 
想像が難しくないかと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



TOMO君の変身➀ : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

TOMO君の変身は アマチュアゴルファーに
 すごくよくある悩み が詰まっている変身だと思います。


➀からだの開き
 修正前と修正後で
 『からだの廻し方』について
 何か詳しくレクチャーした記憶は ありません。
 意識して『からだの廻し方』を変えた 訳では無いと思います。

 では どうしてか❓ と言うと簡単で、
 修正後は カラダが開いてから打っている
 修正後は カラダが開く前に打ってしまっている
 その違いでしかない というか
 そもそも からだの回転でクラブをターンさせず、
 左右の腕の入れ替え、腕でターンするには
 それをする為、先に体を廻す、
 それから打つので そういうコトになるのは必然。
(TOMOクンの修正前-修正後_Moment

 逆に 手で振っているのに からだを開かない方が 不自然です。
 からだを廻す という 1-アクションで打っているか
 からだを廻して「から」クラブを振る という 2-アクション
 打っているかの違いです。

 手で振っているのに からだを開かないようにする
 は 自分の打撃を否定するコトになるので
 『1個目のボタン』を変えなければ 改善されません。

➁からだの伸び上がり
 コレも ほぼからだの開き と同じです。
 特に からだを廻してから、クラブを振れば
 その遠心力によって カラダは引っ張られるので
 放っておいたら 🥎より外側を振っちゃいますから
 その反応と言うか、反射行為とも言えます。

➂フォローの大きさ
 修正後もまだ下に振ろうとする感覚が残っているので
 もう少し高いトコロのボールを打つ、
 グリップよりもヘッドは高い位置を通る 感覚を掴むと
 もっと良くなるとは思いますが、
 カラダでクラブを移動させれば 自動的にフォローは出ます。
 逆に言えば 手で振っている限り、
 かなり 無駄な努力(徒労)が必要になりますし、
 その努力が からだを傷める原因になります。
IMG_0148_Moment

ぅ瀬Ε鵐好ぅ鵐阿猟未稿
 からだの回転でグリップを移動させて打つ 限り
 どこを通す とか 選択の余地は多くありません。
 そんな時間的な余裕はないんです。
 自分の意志でどうする というコトは
 『それが出来る時間がある』 というコトです。
 腕を自分の意志で 全く動かさないか、ゼロか、
 と言われれば 答えにくい部分ではありますが、
 使う と しても …クラブの重さ、腕の重さ、 
 それに一振り、隠し味として 塩を振る 程度
 でしかないと思います。
 全体の味わいである からだの向きの変更を
 阻害する腕の動き では 味付け失敗です。

 と 同時に 腕を強く動かすと
 必ず その分、からだは上を向く を忘れないで下さい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ