◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:ロフト角度


店長「こういうケースもあります。
 有名メーカー直営店
『フィッティング』されたので
 アイアンセットで お決まりの かなり硬い
 最近、流行りの軽量スチールシャフト です。
 硬さ で言うと 5番が 320cpmから始まりますから
 数値で言うと かなり硬い、
 硬さ だけで言えば 男子プロ並みのスペック、
 それが 非常にアップライト
 5番で 62.5度 と言う設定 です。」

質問「シャフトもかなり硬いうえに
 かなりアップライトですねー。」
g-421

店長「ですねー、打っても頂きましたが、

 ごく普通な 60歳代の男性で
 この硬さが気持ちよく振れるとも 思えません。
 やや 立ち気味に構えられているので
 アップライト の選択だったのかな❓とも思いましたが、
 相談を受けた理由は 飛ばない、つかまりが悪い、
 の上に ライ角度をフラットにしたい… という
 とても不思議な依頼だったのです。」

質問「つかまりが悪いのに フラットに… ですか❓」


店長「そうですねー、

 ライ角度は 構え方に準じますが、
 運動中は 単にフェースの向きを左右します。
 ラップライトだと 左を向く可能性が高い のですが、
 それは ダイレクトにフックが出易い、スライスが出難い とは
 異なりますし、つかまりはライ角度よりも
 ロフト角度の使い方 に強く影響されます、が
 フラットにすると フェースは
 より右を向き易くなる(ロフトも大きくなり易い) ので

 今回のご依頼に関しては あまり良い修善ではないか、と…。」

質問「ですよねー。」


店長「何球か打って頂いて ソールのマット跡やボール痕も

 確認しましたが、ソールの傷はヒール側。。。
 フェース上のボール跡はトゥ側。。。
 典型的な ライ角度が問題では無いケースです。

◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)


 今の状態をフラット化すると
 ボールの当たり位置は より トゥ側、
 スコアラインの無いトコロにまで かかる恐れがありますし、
 フラットにすると 構えを変えるとか、
 主にですが、ボールとの距離を離す、
 もしくは ハンドダウンがきつくなる、ですので
 中長期的な影響も考えられます。

 まあ 要は シャフトが硬くて 使えていない、
 ヘッドが遅れないから ロフトが立たないので
 つかまりが悪い
 なのですが、
 多分 フィッティングした側のプロフェッショナルであるべき人も
 このお客様も フェースが閉じるコト、
 軌道に対してフェースが開いていないコト が つかまり、
 つかまり イコール 脱スライス と思っているフシが強い
んでは、
 と思いました。

IMG_0516IMG_0515







 ライ角度 について ですが、
 構えに準ずるのはとても大切です。
 同時に 硬いシャフトを使うのであれば
 トゥダウンは ほぼ 発生しませんから
 ライ角度は フラットでも大丈夫
 逆に ちゃんと動くシャフトの硬さ を使うのであれば
 静的なライ角度 と 動的なライ角度 には
 ギャップが生まれますので アップライト気味にするべき です。 
 クラブは 静的な状態と動的な状態 の二面性 を
 持つモノなのですが、硬いシャフトではその二面性が出てこない。
 それほど 大切なのに 無視されています。

 一応。。。ですが、こちらの お客様には
 つかまり は ロフトが立つ作用によって生まれ
 フェースの右向き左向き、軌道に対する閉じ開き とは直接関係に無い、
 今回の場合は このアップライトなライ角度は問題と言えば問題ですが、
 つかまり自体が良くない、飛ばない のは シャフトが硬く、
 ヘッドが遅れない👉ロフトが立たない が主原因
 で
 つかまりが悪いからと言って ご依頼とは反対の アップライト化しても
 ご依頼通りのフラット化しても 解決しないですよ、と説明しましたが、
 有名メーカーの直営店で こういうフィッティングになってしまったコト
 そちらにショックを受けているみたいで 興味が無いご様子でした。」
IMG_0481

質問「どうなさる おつもり なんでしょうね⁈」

店長「ボールをつかまえるメカニズムもご説明しましたが、
 全く興味が無いようで フィッティングされて まだ数年なので
 シャフトを柔らかくする、変える、クラブを替える、
 と言う意識は全くないご様子でしたよ。

 このクラブの、このシャフトの硬さ、そして アップライト過ぎるライ で
 なんとか 工夫するんじゃないですかね❓」

質問「それって スイング… クラブの扱いが悪い方、に行く、
 進むってコトなんじゃないです❓

店長「おそらく…ですけれど その通りと思います。
 大抵のアマチュアゴルファーが歩む道 です。

 動かない硬いシャフト しならないが故に
 しならせて使うので 手で振るコトになり、
 元々、届き難い硬さなので 手で振りますから
 弧が大きく取るコトが出来ず より届き難い、
 それが原因で 近くに立ち、故にの アップライト かも
 知れないのですが、その立ち方、ボールとの距離、
 ボールの置き位置  そして そのクラブの動かし方 で
 果たして 振動数100cpm柔らかく、全然硬さの違う、
 長さも長く、ヘッドの大きい
(重心距離の長い)ドライバーを上手く打てるのか…

 お使いのアイアンを上手く打てるよう工夫するほど
 ドライバーが苦手 が進むんじゃないか と予想します。」

質問「。。。。。。。。。。。。」

店長「ほぼ アマチュアの全員が そう言う組み合わせで
 そういう本当はやる必要のない スイング改造、
 工夫で 迷路に『自ら』落ちていきますよ。

 少々、オーバーですが、 助けてあげられるチャンス
 だったと思うのですが、クラブやスイングのメカニズムよりも
 ブランドの方が意識としては強かったのでは と感じました。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


TSさん「私も今の今まで、ゴルフ歴の殆どを
 つかまる=フック
 つかまらない=スライス
 理想的な弾道 ドロー=つかまっている

 と思っていました。」

店長「ゴルフクラブはその機能を果たすと
 左回転、つまり フック回転が入るので
 理想的な弾道がドローなのは 👍👍👍です。
 
 しかし、
 つかまる は フェースを閉じるでも 開くでもなく
 ロフト、入射の軌道との関係もありますが、
 ロフトの造り方で決まる は 納得して頂けます❓」

TSさん「はい! まだ 出来ないのですが。。。」
(こする つかまえる_Moment(2)

店長「では 先に進めます。
 『ボールの掴まりの原理』が 理解出来ていないと
 スイングの改造 なんて
 取り組んでも 効果が非常に薄い のです。」


店長「つかまる=フック つまらない=スライス
 理屈を超越した理論なのですが、
 大抵の場合、フェースの開閉 と 軌道論、
 開いている、閉じている、
 アウトサイドイン、インサイドアウト

 そこに進むコトになるのですが、
 これにも 大きな罠が待っています。
 この罠は 生涯迷宮 です。」

TSさん「えええええええええええ。」

店長「同じことが
 つかまえ=縦のフェース/ロフト にも言えます。

 例えば…です。
 今の使っているクラブをいじらず 変えない、
 その対象になる クラブ番手 もそのまま、
 その状態で
 自分の理想の弾道にするには スピンが多過ぎる→
 3500回転 なのを 2500回転 にしたい……とします。

 ちょっと 頭が混乱するかもしれませんが…。 

 ロフトは 立てようとすると 実効果として
 クラブが短くなるので
 入ってくる入射がきつくなります。
 故に ハンドファーストを強くしても
 打ち出し角度は低くなる(変わる)可能性はありますが、
 入射も変わってしまうので スピンが減るとは限りません。
 インパクトロフト=スピン効果 を変えようとすると
 同時に スイングの縦軌道も変わってしまいます。
【イメージ】倉本昌弘 スイング集_Moment

 フェースローテーションを多くしている人、
 打撃=ヘッドの回転の人の場合、
 軌道だけを変えようとしても
 インパクトロフトやフェースの向きも変わってしまうので
 答えを見つけられません。
 ま…だから 硬い(使えない)シャフトを使って
 ボールへの打撃効果を薄める…と言う手立てを取るのですが…。

 クラブの横軌道の アウトサイドイン、インサイドアウト
 にも同じことが言えるのですが、
 スライス〜アウトサイドイン〜開いている の発想を
 ドロー〜インサイドアウト〜閉じている にしようとして
 ヘッドを閉じると 軌道も変わってしまいます。
1ff0dce21f52b653








 理屈上は アウトに出すには フェースを開いた方が
 アウトに出し易く、フェースは閉じようとすると
 軌道はインに切り込み易くなります。

と…ここまでの話しがスイング改造として
 ダメなスイングの治し方の典型例 なのです。


TSさん「!!!!! なにが悪いのか 分かりません。」

店長「言葉で説明して分かって頂けるか、分かりませんが、
 トップオブスイングから インパクトまで 平均して0.2秒、
 ヘッドスピードは時速にすると 120繊弊人男性)を越えます。

 ヘッドの軌道、上下の入射角度 であって
 左右のアウトサイドイン、インサイドアウト であっても
 途中で ロフト、フェースの向き どちらであっても
 変えようとすると 『必ず』軌道とヘッド姿勢は同時に動きます

 スライスだから、フックだから、
 つかまりすぎでスピン不足もしくは過多、
 つかまらな過ぎでスピン過多もしくは不足
 であったとしても
 軌道を固定して ヘッド姿勢を変える と言う発想ではなく
 動いている中で ヘッド姿勢を変えようとしています。

 もう コレにトライすること自体
 手打ち 手振り への道まっしぐら なのです。

(ダウンスイング比較 きっと参考になると思います_Moment

 手打ち、手振り である限り、
 ロフトであっても、フェース向きであっても
 変更すると 軌道にも 大きく影響が出るので
 改造にトライする前とは
 違うゴールに行き着くコトになりますし、
 
 その 0.2秒の 時速120キロ超 の ヘッドコントロールは
 自分ですらままならないですし、誰にも、誰からも
 教わるコトも 教えることも出来ない 秘技 なのです。

 部活特訓並みの練習、練習頻度、
 例え 体得したとしても、それを維持する為の
 メインテナンス練習、頻度が必須になります。
 普通のアマチュアにとって 良いゴールとは言えません。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブによって、ゴルフクラブのスペックによって
それぞれの方の ゴルフスイングは形成されます。

例えば…ですが、
 その事情はさておき、女性が男性のお下がりのクラブで
 ゴルフを始める、ゴルフを覚えると
 フェースローテーションの強いスイングを覚えざるを得ません。
 そして フェースローテーションの強いスイングは
 長年、もしかすると永年に渡り、アプローチショットを苦しめます。
 バンカーが嫌い… アプローチが苦手…
  😢 になる可能性はかなり高いでしょうね💦

(((((_Moment

 お気に入りの…長年、同じクラブを使って頂く
 というのは 作り手にとっては クラフトマン冥利に尽きる
 のは確かなのですが、誰しもが 歳は取っていき、
 少しずつ 体力は落ちていきます。
 10年前に買った、作ったクラブは 10年前の体力が基準値で
 残念ではありますが、自分は10年分体力低下している訳です。
 なにか、の病気やケガ などの復帰 などもそれに似ています。

😓きついシャフト、硬いシャフト、および
 かなり長い期間 同じクラブを使っていると
 だいたいの場合、知らず知らずに シャフトは硬くなる、
 ✋モノとして シャフトの硬さは変わりませんが、
 自分の方が衰えていきますので
 ゆっくりとシャフトを硬くしたのと同じです。
 そうなると ボールが拾い難い、届かない、
 ボールのつかまりが悪い ので
 少しずつ 少しずつ 年に数ミリ単位でしょうね、
 ボールの置き位置は中に入ってきます。

フェースローテーションの強い方は その傾向が強いです
IMG_1487

 若い方にはピンと来ないかも知れませんが、
 ある年齢になると ボールの高さが取れず 苦労するようになるのですが、
 ボールをつかまえたいから、届かせたいから
 ボールを中に入れると つかまりなどは改善しますが、
 ボールの打ち出し角度は下がり、最高到達点が下がります。

 ボールの上がり、高さ と言う点においては
 ボールは 左(右打ち)に置いた方が 確保し易い のですが、
 シャフトがきついので そこでは打てません。

では シャフトを柔らかくすれば解決✊ なのか、
 というと まだ ソコソコパワーが残っている年齢であれば
 
YES です。
 シャフトを柔らかくなると
 ボールのつかまりが良くなり、打ち出し角度は下がりますが、
 ボールを左(右打ち)に置いても 当たる、届く ようになるので
 ダイレクトにシャフトの柔らかさが、というのではなく
 そのシャフトの柔らかさが ボールの位置 という
 弾道の高さを確保し易い環境、アドレスを作る と言う点において
 YES  なのです。

 ただし 元々、弾道が低めの方や
 かなり体力、ヘッドスピードが下がっている場合には
 シャフトが柔らかくなる、だけでは足りず、
 ヘッド重量を少し下げ、その分 長さを増やしたり、
 ロフト角度を増やす、上がり易い機種にする、
 アイアンなどは ユーティリティでカバーする、
 などの工夫は必要だと思います。
H370_lineup

 最近では ウッドであれば #9👉25度、#11👉28度 や
 ユーティリティであれば #6👉28度、#7👉31度  なども
 出ていますので 活用して頂けると
 楽しくゴルフが出来るのではないかと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



店主「例えば ですけれど
 よく言われる インサイドから入れる があります。
 ある女子プロの統計で ほぼ全員の平均データでは
 約5度位 飛球線に対し、インサイドから入っている
 と言うのがあります。

 その5度のインサイド に対し、
 5度オープンフェースなら
 ボールには横回転は入りません。

マイナス8

 ボールは 右5度へ飛ぶ ストレート です。

 6度以上オープンだと ボールには右回転が入ります。
 おそらく…ですが、ヘッドスピードなどにもよりますが、
 6〜7度のオープンであれば
 右回転は入っても ほとんど曲がりのない 右へのボール。

 8度も9度も10度も開いていると 流石に 右に曲がる でしょう。

 それに対し、4度のフェースオープンであれば
 ボールには左回転が入ります。
 コレも同じく、3度4度であれば 概ねストレート。

 2度1度になると 右に出て、左に曲がる、
 俗に言う ドローボール ですが、
 どれも これも『飛球線に対しては フェースは開いている
 のです。」
OIP

Yさん「うわぁ そうなのね。」
店主「ところが Yさんも含め 一般的な感覚では
 飛球線に対し👉フェースは閉じていないとイケナイ
 もしも インサイドから入れてきている。。。としたのなら
 その インサイドから入れてきている分、
 大きく 左回転が入ります。」
Yさん「ダグフック、って 奴だね。」
店主「そうですね、使える球ではありません。
 フェースローテーションの入れ方では難しいですけどね。
 一般的な ヘッドを返す、開いたフェースを閉じるショットでは
 ヘッドの軌道…は フェースの開閉具合 で決まります。
 インサイドから入れるには 過度なインサイド、
 フェースを閉じ始めると ヘッド軌道はインに切り込むので
 インサイドイン の軌道になり易く、
 閉じた時には 軌道もイン👉左向き
 フェースも左向き、
 そして 悪いことに ロフトも 7度や8度、もっとカモ。。。
 になってしまうのです。

 ですので、厳しい言い方 になってしまいますが、
 何気なく 弾道質 を伺うと
 多くの方が 「ドロー…かな」 と仰るのですが、
 実際には、そのほとんどが ひっかけを打っていた だけで、
 良い悪い ではありませんが、
 その認識は必要だと思います。」

店主「フェースの右向き、左向き、
 ロフトの上向き、下向き、
 そして軌道
 基本は それぞれが別なモノ 
なのですが、
 フェースローテーションのクラブさばき だと
 どれもが一緒くたんになり
 微調整が効き難く、また その打撃感覚も
 職人芸的な部分が強いですね。
 あまりに感覚的過ぎる感じがします。」

Yさん「応急処置的には❓」
店主「年齢を取って、 または
 病気や運動不足が重なり、浮力を維持出来ない
 ヘッドスピード域に入ってしまうと
 キャリーボールが出ないので、距離は途端に落ちます。
 徐々、にではなく、一気に落ちます。
 おそらく…ですが、3番ウッドをティーアップで打つと
 そのドライバーと飛距離が変わらない、
 つまり ロフトを多めにするコト です。
 スイングを変えないのであれば
 あくまでも 応急処置ですが
  対処する方法は ソレ です。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


『ロフト角度、ライ角度、フェース角度を調整できる
 
スリーブ付き ドライバー を使っています。
 練習場球、コース球で相当数の球数を打って試してみたのですが、
 マイナス1度、プラス1度にしても
 体感できるほどの違いが出ず、差が無い気がします。
 
何故 なのでしょうか❓』 
EZ05
【店主】毎日、メールやお電話でたくさんの質問を受けますが、
上の内容に類似した質問も多数あります。

現在、ドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティまで
ネック部のスリーブの調整によって 事後、
ロフトやライ角度を調整出来るものが増えています。
2021-03-19_16-46-28_Moment
ロフト角度で言うと 1度ロフト角度が変わると
ボールの打ち出し角度だけでなく
スピン量も同時に 変わる
ため
角度の数値としては 「1度」ですが、
弾道質はかなり変わると考えて良いと思います。

が しかし…。。。
フェースローテーションの多いスイングであると
ロフト姿勢、ヘッドの進入角度 が
 かなり大きく動いている 中にインパクトが訪れます。
ひとりひとり 異なりますから 正確に何度 とは言えませんが
フェースローテーションの無い、もしくは少ない
スイングに比べると 30度近く 動いている 中にある
インパクトなので 1度、2度の差が出にくい…
つまり スイングタイプが ヘッドの返し、フェースローテーション
 である、
というのが答えなのだと思います。

そうですね
トランポリンの高さを 5センチ変える とします。
その上を歩いているだけ と
その上で飛び跳ねている
 では
トランポリンの土台の 5センチの高さ差を体感し難い
その差がわかりにくい に近いと思います。
(フェースローテーション なし〜あり_Moment
弊社でも良くあるコト なのですが、
ヘッドを重くして、柔らかいシャフトにする、
フェースローテーションスイングでは
重い、柔らかい は ヘッドの遅れ → ヘッドの開き
になりますから、上手く当たらないやスライスから始まるのですが、
いままで 遅れるのが悪いコト、遅れるのを取り戻す から
遅れを 開きではなく、ロフトの立ち、フェースの下向き に
変えられると 今まで その調整(スリーブ)カチャカチャ で
差が分かり難かったのが かなりはっきりと差が出るようになる、のです。

言ってしまえば フェースローテーションとは
自分なりのタイミングで ロフトを造っている、
製品ロフトとは直接関係ない 任意のロフトで打っていたのを
製品のロフトで打てるようになる というコトでしょうか。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ