◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:ロフトの立ち



店長「多くの人は 硬いシャフトと軽いヘッド しか 知らないですから、 
 シャフトが硬いと ボールに届き難い、
 ボールを拾い難い、
というコトを想起したコトがありません。」
2021-04-17_15-32-27_Moment(2)

質問「それはそうでしょうねー。
 一般的には シャフトを柔らかくするのを
 Ⓢ-振動数300cpm から ⓈⓇ-290cpmにする、(アイアンの場合)
 と思っていますもんね。」

店長「ですよね。
 まさか 振動数170cpmとか180cpm……200cpm以下に
 振動数を 100も落とすとは思っていませんし、
 体験したこともないでしょう。
 振動数 180cpmから見て 290cpmも300cpm も
 どちらも 激硬で 差がないですからね。」
質問「使ってみて 初めて分かる というか、感じると思います。
 友達の新しく買った市販クラブを『打ってみて
 って言われて 届かせるまでに苦労しますもん。」

店長「十分な シャフトの柔らかさ があれば
 ボールに届くのに ほぼ全く苦労しない というか
 届き過ぎてしまう位 です。
 ですので ショットの技術として、
 届かせる と言うモノが全く必要ありません。」
質問「確かに、放っておけば届き過ぎる位ですね。」
店長「放っておいても シャフトがしなる、
 現象で言えば ヘッドが遅れる =ハンドファーストになる、
 ヘッドが遅れた状態でも届く ので
 そのヘッドの遅れを ヘッドの開きにするのか、
 ロフトの立ち にするのか、
 という 次のステップに進める筈… なのですが、

 届かない となると ボールの置き位置を中に入れる、

 届かせる為に クラブを下に振る、
 クラブを下に振る は イコール グリップの前進を妨げるので
 よりボールを中に入れなくてはならなくなる
 届かせる 為の壁が出来てしまいます。」

質問「届かない、当たらなかったら 色んな意味で
 前に進めないですからね。」

店長「はい。
 ヘッドの遅れは良くないモノ と言う思い込み
 しかし ハンドファーストは良いモノ という
 解決不能な課題/タスクが残り続けるコトになります。

 また 動く…しなる…適度に柔らかいシャフトが
 作り出す グリップの押し は
 ヘッドを下に落とす では無く、
 グリップを前に押すコトを打ち手に伝えます。

 スイングは傾きの中で進行して行くので
 スイング動作の前 には 下も含まれていますから
 前に進めば ヘッド だけでなく
 グリップ、つまりクラブゴト 低くなって行く訳です。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ_Moment

 届かせるのは 下、下への移動 上下の問題 ではなく
 運動の進行方向の前後、前へ で解決するモノ なのですが、
 届かない 硬いシャフトであれば
 下への意識が強くなってしまい、
 ヘッドを下に振れば よりグリップは前に進めなくなる、
 前(動作方向) に対して 下 という
  立体的に90度
 全然、方向の違う問題に取り組まなくてはなりません。

 ショットを良くしていくのに 解決しなければいけないコトが
 全く異なってくるのです。」

質問「ものすごく影響大きいんじゃないですか❓

店長「そう思います。

 よく言われる 手打ち とか、手振り とか、
 の始まりが 実はスイング技術、動作の問題では無く
 シャフトの硬さ から始まっている なんて
 誰も言いませんし、思いもしないですから。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


IMG_0727
やや死語となりつつありますが、ゴルフショットには
ボールをつぶす とか
ボールを上から打つ という言葉があります。

アドレスに対し、
『どの位、ロフトを立てれば良いのか❓』
 と考えてしまいますが、
『技術として ハンドファーストが必要なのか❓』
その答えは 難しくありません。

ナンでもカンでも ロフトを立てれば良いのか、というと
そう言う訳ではありません。

そのクラブの ロフト、番手なりに立てれば良いだけ です。

例えば 30度のロフトクラブが 3種あるとします。
この位のロフト、だと フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアン
 を3種類ある可能性がありますが、
 それぞれが 長さが異なり、
 それによって 入ってくる入射角度が異なってきますので
 『そのクラブなり』にロフトを立てる の答えは異なってきます。

df713d9f-s◉アイアンが一番短い…でしょうから
入ってくる角度はキツクなり その分、
地面に対する クラブ姿勢(ロフト)を立つ形になります。


例えば アイアンは10度の入射角度(仮の数字です)
ユーティリティは 5度の入射角度
フェアウェイウッドが 0度の入射角度 だとすると
それぞれの クラブ姿勢(ロフト)の立ち具合は
アイアン 20度、 ユーティリティ 25度、
フェアウェイウッド 30度 と言う具合です。
IMG_0659
ボールは球体なので
フェースを使って 地面に向かって
強烈に大袈裟ですが 
☝このようにしてあげる☝ のが
イメージとしての 「つかまえ」ですが
✋ゴルフクラブはよく出来ており、
ヘッドに適切以上な重さがあり 〜軽くない
シャフトに適切以上な柔らかさ 〜硬くない

 があれば、ヘッドの遅れによって
 そのクラブの入射角度なりの、ロフト姿勢、つかまり は
 ある程度『自動的』に造られます。拒否さえしなければ、です。
逆に言えば ヘッドが軽く、シャフトが硬いと
その オートマチックな機能は存在しない と言ってよいでしょう。
IMG_0662

このようにするのは 大袈裟過ぎますが、
これを見ての通り、ヘッドではなく、グリップを下げるコトが
その原理原則になります。

ややこしい ですが、
◉グリップが下がることによって
 ヘッドが下がるのと
◉ヘッドを下げる は異なります。

002e00bf7e6





自分の 作法 によって
ヘッドを下げてしまうと
ゴルフクラブの 自動的なつかまり機能 を
拒絶するコトになってしまいます。

また、そうしないと打てないクラブは
 自分にとって ハード、オーバースペックである
と考えて良いと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


弊社の「悶絶」と呼ばれているゴルフクラブ は
 アイアン(5番)であれば 通常 240g のヘッド重量が
 30%アップの 310g以上  70g以上 重くなっています。
 シャフトの硬さ、であれば これも 通常
 軽量のスチールシャフト SR 相当の硬さ で
 振動数表記 290〜300cpm
 ヘッドの重さもありますが、悶絶クラブの硬さは
 その半分 150〜160cpm だったりします。
004

 重い/軽いのヘッド重量 と
 硬い/柔らかいのシャフト
  組み合わせ としては 4種類出来る訳ですが
 軽いヘッドに硬いシャフト と
 重いヘッドに柔らかいシャフト と
 両極端な組み合わせ です。

重いヘッドと柔らかいシャフト のクラブだと
どうなるのか❓ というと
 特に シャフトのしなり は
 当たり前ですが、ヘッドの重さ と シャフトの柔らかさ の
 複合です。

そのシャフトのしなり、グリップに対するヘッドのズレ(遅れ)は
単純に考えて 横 と 縦 のズレ があるのですが、
横に遅れさせると ヘッドの構造上、
ロフトだけでなく、フェースも開きます。
 悶絶クラブ であれば それも倍増します。

一般的なアマチュアゴルファーは
しならないシャフトをしならせるモノ と考えていますが、
それは クラブの捻じり であり、
 そう考えた時点で フェースターンは必須になります。
それを 悶絶クラブ で行う とすると
 その「しなり」=「遅れ」👉捻じれ は
想像を超えた量になりますから まず 戻し切れません。
 おそらく シャンク か どダフリ、どトップ の
 いずれかになります。

本当は双方、同じ、なのですが、
しならないシャフトをしならせる習慣の強い方 と
しなるシャフトをしならせないようにする とでは
カラダを廻す と 手を動かす(上げる/下げる)
の順番が反対になりガチ です。

実際には 入り混じった ほぼ同時のモノ であり、
腕はカラダから生えているので
 からだの廻り(回転)が本格化してしまうと
 動かす事が出来なくなってしまいます。
ですので カラダの回転で考えるよりも
 どう腕を動かすと、どう腕を振ると
 からだの回転を促す とか、
 からだの回転と同期する と考えた方が良いでしょう。
スナップショット 1 (2015-04-02 2-01)スナップショット 2 (2015-04-02 2-01)スナップショット 3 (2015-04-02 2-01)









これは あくまでも素振りやイメージ ですが、
 テークアウェイを取る時、まず 腕をあげてみる
 グリップを高くしてみる
 そして 向きを変える
不自然ではありますが、動作を二つに分けたとすると
そういう手順です。

ダウンスイングでは グリップを下げる
そして からだを廻す
 と言う手順の素振り、イメージ は
 ヘッドの遅れ=ロフトの立ち と言う意味で 
 結構、効果的です。

一般的には 先に回って。。。
 となると ヘッドの遅れは捻じれ になってしまいます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


まずはコチラから


だいぶ 振れる ようになって来ていると思います。
((ヒロちゃんの変身  202111_Moment(6)

ご本人いわく
『左肩を上げる』がヒントになったようで
始めは 「え?! 上げるの? 下げるんじゃなくて???」
???マークが頭を取り囲んでいましたが、
実際、トライしてみると
「あああ 左肩を上げるように動き始めると
 左腕が下がって つっかえにくい、と言えば良いのか、
 からだの回転と同調し易い のか」
と。

左肩を上げる、縦に廻るような感じ
とは言っても やってみると
回転通りに回っている訳で
先頭に位置する 左腕、特に左肩、左上腕がツッカエ
渋滞してしまい、その結果、腕で振ってたんだ
というコトが「気付いた」のです。
((ヒロちゃんの変身  202111_Moment(3)((ヒロちゃんの変身  202111_Moment(4)((ヒロちゃんの変身  202111_Moment(5)





また、切り返しから 左肩を上げる感じだと
左腕だけでなく、腕と体の中間に位置する肩が動くので
からだの回転もスムースに始まる感じ、だそうです。

手を下げて"から" クラブを下に振る-『時間』
がありませんので 立ったロフト
 上から入るインパクトが作れますから 飛ぶ…かも❓


 ココから先は 支部長と同じで、
インパクト付近で カラダ(骨盤)が止まる
肩の回転と胴体(骨盤)の回転が別れてしまい、
肩だけが廻る感じになってしまっていますが、
ココは怖がらず 胴体、骨盤ごと廻してしまった方が
ヘッド姿勢や挙動、全体の流れが運動速度は速いですが、
穏やかになりますから 安定感も作れます。

また、私たちの年齢では 腰回りに負担がかかる
 というのは 怖いモノです。
ですので その危険も回避できますから
 左肩を動かし始めたら、遠慮せず
ドカンと左を向いてしまいましょう。
((ヒロちゃんの変身  202111_Moment(6)
インパクトでは 少し腰、骨盤は左を向いている…
 やや開いている位の感じで良いと思います。

このケース がそうか、とは言えませんが、
「インサイドアウト」を意識するあまり
外に振りだそうとする人が多いですが、
カラダは左を向くのですから
 もっと 茲某兇辰討靴泙Υ兇検,良い人も居ると思います。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

これは弊社の 重いヘッド、柔らかいシャフト に限らず、
本当は すべてのクラブに共通する おさえるべきポイントです。

多くの場合、
(コレには軽いヘッド、硬いシャフトを使っている人、いた人、
その手のクラブでゴルフスイングを覚えた人も含まれますが…)
それらのクラブのお陰で スイングが造られてしまった だけでなく、
刷り込まれた 誤ったスイングの認識、クラブの認識
現在のスイングに色濃く  スイングに影を落としています。
そういう意味では 技術的な問題や肉体的、身体能力の問題ではなく、
頭の中の ゴルフショットの打撃のイメージや概念、認識の変更が
 スイング改良、改造そのもの です




シャフトは意図的・作為的にはしならせない
 長さ、があり、先端に特出した重さ(ヘッド)の備わった
 ゴルフクラブは 当然、運動させれば その重さは運動の二乗倍増えます。
 その重さの分、ヘッドが遅れるのは仕方ありません。
 その分以上『意図的に』シャフトをしならせないコト。

自然なヘッドの遅れ は放っておく
 それを取り返そうとしないコト、放っておくコト。

ヘッドの遅れを『ロフトの立ち』になるように仕向ける
 ➀➁の流れですが、放っておく ヘッドの遅れ を
 ロフトの立ち、フェースの下向きになるよう仕向ける。 
IMG_0526

👉まず、第一に、テークアウェイにおいて
 それが小さなショット であっても
 クラブを捩じらない=フェースを開かない
 具体的には、テークアウェイを肩で行っても、腰で行っても、
 脚で行っても そのいずれや複合で構いませんが、
 両腕の長さの調整、てさばきで上げないようにするコト。
 この時点で シャフトを捻じってしまう、フェースを開いてしまう
IMG_0058Trim (2)_Moment(3)ararara_Moment【ゴルフスイング】 20210701_Moment





 インパクトに向けてのヘッドの遅れは
 更なるフェースの開き や ロフトの開き、トゥアップ になってしまい
 もうひと手間掛けないと ボールを打つコト、ボールを飛ばすコト、
 狙った方向に、狙った距離を打つコトが出来ません
し、
 そのひと手間は テークアウェイで手でヘッドをあげた、高くしたのと
 同じように 手でヘッドをボールに当てるコトになるので、
 フェースにボールが当たっても、その番手、ロフトなりの距離が出にくく、
 安定した距離、安定した方向を得るには
 本来要らない筈の無駄な練習量が必要になります。

ココの部分は、実はとても重要で
 手で円弧を描く その両腕の使い方 は
 肩を廻しているのではなく、腕を横に振った
 副産物で からだなり、肩の向きが変わっただけ です。
 言葉として伝わり難いかも知れませんが、
 カラダや肩が向きを変えた(体の回転)ことによって
 腕の付け根である肩が動いたから、腕が「振られたように見える
 のとは似ていますが、月とスッポン以上に違います。
 小さなショット から始まる 自分だけ肩を廻した「つもり」
 からだの回転を使った「つもり」 は 後々
 ほぼすべてのスイングの悩みの根源、毒の沼になります。

 また 上記のインパクト前の打撃の余計な『ひと手間』 
 グリップの移動を止め、左右の腕の長さ変更やスナップの解きに
 よって行われるが為、クラブやヘッドの移動とからだの回転が分離します。
 それも相まって 本来の意味のからだの回転とは全く異なった、
 見てくれだけ似ている「からだの回転」を覚えることになります。

👉小さなショットであれば、ヘッドを下げない のと同じく
 からだの向きの変更と前傾姿勢があるので
 向きを変えるだけで ヘッドの高さは十分 取れます。
 位置エネルギー上昇と言う意味の 上げる手作業は要りません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ