◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:ボールをつかまえる


プロが全員そうしてる訳ではありませんが、
とりあえず
正規にボールをつかまえるショットを「プロショット」、
アマが全員そうしている訳ではありませんが、
ボールがつかまえられず こすり打つショット/スイングを
とりあえず 名称の定義付け として「アマショット」
とさせてください。
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(5)
◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

プロショットを学べば それですべてではなく、
その再現性、反復性、飛距離など
 そこから始まる とも言え、
 そのショットを磨く必要性 はあります。

プロショットさえ出来れば
 いきなり プロのような球が打てるわけでもありませんし、
 スコアがいきなり シングルハンディになる訳もありませんが
少なくとも アマショットでそれを実現するより
 遥かに少ない労力、練習量で済むと思います。
 段違い です。

プロショットが出来れば
 面白いもので 同時にアマショットも可能です。
選択としては 良い選択、嬉しい選択ではありませんが、
 バンカーやラフ、などショットの場面によっては
 それをする必要がある時も ない訳では無いですから…。
 でも 総じてピンチの場面でしょう。
しかし、通常のショットがアマショットの人は
 場面が来ても プロショットを打つコトは出来ません。
 何かの偶然でそれに近いことが起こっても
 再現する感覚・仕組みが理解出来ないから です。


ゴルフとは別に一般的に 「つかまえる」と言う言葉は
辞書によるとここら辺の意味です。
  1.  1 逃げようとするものをとりおさえる。

  1.  2 手でかたく押さえ持つ。
     離さないようにしっかりつかむ。

  1.  3 声をかけて立ちどまらせる。
     呼び止める。また、引き止める。

  1. ニュアンスとして 自分に引き寄せる、近づける、取り込む
    抱え込む、掴む  そんな感じでしょうか❓

    ところが ゴルフのショットにおいての 「つかまえる」 で
    やらなければいけないコト
    具体的な箇所で それを実行するのは
    ヘッド・フェースとボールの相関関係ですが、
    それは 
    上記ニュアンスとは全く反対 です。

    ✋この言葉の持つニュアンス、
    言葉とスイングでやらなければならないことのひっくり返しが、
    スイング、ボールさばきを想起させている可能性があるのかも❓


    逆に こする を辞書で調べると

    1.  物を他の物に強く押し当てたままで動かす。
      また、そのように繰り返し続けて動かす。

      どちらかと言うと そのニュアンスは
      自分と距離を保つ(近づけない)
      離れていくような感じを含み、
      例えば、男女で関係で つかまえる は結婚するとか、
      お付き合いを始める でしょうし、
      こする は 微妙ではありますが、
      誘いをやんわりと断る 逃げる みたいな 距離感を指すのだと思います。

      2021-04-07_06-01-34_Moment(4)
      ゴルフのスイングは それを手で振ろうが、
      からだの回転で振ろうが その場所に留まって
      捻じるにしても、シンプルにからだの向きを変えるにしても
      傍からは 円弧を描いているように見えます。

      つかまえる は  その円弧に対し、
      フェース(ロフト)を外に向けよう とするコト で
      こする は その円弧に対し、
      フェース(ロフト)を中に向けよう とするコト です。

      (実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(3)

      それを実践しようとすると
      腕の役割は クラブの固定/半固定 で
      カラダの向きを変えて クラブを移動させなくては
      ならなくなるわけです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
柔らかいシャフトはしなって遅れるって言う
で、硬いシャフトを結局、しならせてしなり戻す って
どういう展開だよ!
 そこから始まっている人も多い筈。


言葉で伝えるのは難しい…んですが…
振り子のアプローチ_Moment(2)振り子のアプローチ_Moment振り子のアプローチ_Moment(3)




この話しの始まりである
🥎こすり打ち
🥎ボールをつかまえる
 は
 イコール
🥎手で振る、手打ち、手振り
🥎 からだの回転で
 とも言えますし

ココが理解出来ると
⚠からだが開く
⚠からだが突っ込む
⚠からだが起き上がる
⚠前傾姿勢やディッシュアングルが保てない
⚠右サイドがさがる
   などなど
非常に多くの ゴルフスイング動作における
改善したい箇所は 解決する、と言えば良いのか、
「技術的な部分だけで解決しようとするのは無理、無駄だ」
 理解出来るようになります。
(つかまった球 VS こすった球_Moment(2)(つかまった球 VS こすった球_Moment





その差、その違いは何か というと
同じことを違う表現で幾つか挙げると
🔴フェースでボールの 底 を打とう とするのか
🔴フェースでボールの 上面 を打とう とするのか

🔴ボールを円弧の中に掻き入れよう とするのか
🔴ボールを円弧の外に弾き出そう とするのか

🔴インパクト付近で フェースを円弧の中に向けよう とするか
🔴インパクトまでは フェースを円弧の外に向け続けよう とするのか
を言うコトです。


動画 で表してみました。
例として 見てみて下さい。

【ケース1】では
お子さん(もしくは女性)がボールを打っています。
お子さんのチカラ、お子さんの振る速度 では
一般成人男性が使う ドライバーのロフト は絶壁(゚д゚)!
ボールを浮かせることは不可能…とは言いませんが
かなり難しいと思います。

前に進ませる とは言っても "ゴロ" では楽しくありません。
従って お子さん
(非力な女性にも言えます)にとっては
前進させるコト ではなく、
ボールを空中に浮かせるコト が 打つコト になります。
空中に浮いている球を打つドライバーだから
出来るコトではあるのですが、
アイスクリームアイスクリームスプーンで アイスをこそぎ取るように
 フェースを円弧の中に向けて、
ボールをすくい取るように打ちます。

ボールの底を打とうとしてる とも言えます。

遊び としては、それはそれで良いのですが、
コト 正しくボールを扱う、正しくクラブを扱う
教材においては 良い参考ではありません。
 👉反面教師に相当します。

この ボールのとらえ方 で
地面に置いたボールを打つ のはどうするのでしょう❓



✋大人であっても
 長い棒の先に鉄の塊の付いた棒を上手くさばけない、
 地面を打ったりするのが怖い、
 ボールを浮かせられる速度が
 まだ得られていない人は沢山います。
 小さな子供と同じ道を辿る可能性が十分あります。

ドライバーのように ロフト角度の少ない
ある程度の速度が無いと
 ボールを浮かせるコトの出来ないクラブで
フェースを常時、円弧の外に向けて振る、打つのは
ショットはそう言うモノだ と理解していないと
恐くて出来ないかも知れません。

 
ボールはロフト(クラブ)が上げる、古くから言われる言葉です。



打撃面(フェース)でボールを その円弧の外に弾き出すモノ
であって、
打撃面(フェース)でボールを 円弧の中に掻き入れるモノ
ではありません。

おそらく…ではありますが、ソコがショットの始まり で
円弧の中に掻き入れる、ボールの底を打つ そうして
ショットを覚えた人の発展形(進化版)が
 フェースローテーション になっていくのだと思います。
クラブは構造的に ロフトを増やして使う は
 フェースを開く(右打ちの人の右に向ける) と
親和性が非常に高く、同じモノ ではありませんが、
非常に似たモノ です。
445TL-2

故に 振れるよう、浮かせられる速度が得られると
△逆にボールが上がり過ぎたり、
△副産物のフェースの開きでスライスになったり、
△ソールの奥行きのあるフェアウェイウッドがずっと苦手だったり、
△アプローチでは上げるショットばかり になる…

(出すだけのバンカーは上手…かも知れませんが)
 思い当たるトコロは少なくないと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ