まずは 動画をご覧ください。

茵.献隋璽瀬鵐好圈璽港手
蕁ー磴日の尾崎正司(将司)選手です

等速で見ていると とても 似ているスイング…ですが、
スローな再現で見て頂けると
スピース選手は 腕、グリップをからだの回転、
 左サイドの動きで 高さを下げている
のに対し、
(からだの回転と腕の高さ移動がつながっている)
尾崎選手は 腕自身で グリップの位置を下げよう としています。

その結果…として ですが
スピース選手は からだの回転が腕の移動そのものですので
 インパクト前後から フォローに向けて
 動きに「余り」が出ませんが、
尾崎選手は 意図しない 左肩の上方への逃げ(詰まり)が
 起こってしまい、ここでからだの回転を止める羽目に陥り、
 からだの回転と腕の振りが分離してしまっています。

 ややこしい言い方になりますが、
 トップで出来た グリップの高さ を下げるのに
 グリップ自身を『腕で』下げる意識が強すぎると
 こういうからだの反応に陥りガチです。
似ている1

 ゴルフの試合中継などで言う
 「あああ からだの回転が止まりましたね〜」
 この尾崎選手のような状態を指します。
 腕でグリップを下に振る分、
 その支点のような左肩は上に逃げます。
 持続的に肩を廻せば ボールに届かなくなってしまうので
 ボールを打つ間際で 肩の移動を止める必要が生まれます。
 ☆意識ではなく反射に近いとは思いますが…。

◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

肩・体を廻した、からだの向きを変えた結果
 グリップの位置が下がった のと
腕自身でグリップを下げた のとの違いは
ボールと頭の位置関係にも出てきます。
よくいう「ヘッド、ビハインドザ🥎」ですね〜。

似ている➁

また ゴルフの、スイング用語で使われる 『脇があきましたね〜』
 はこのダウンスイングの左脇腹 の様子を指します。

【ここがポイント】
このように 外から見える サマ を変える、真似ても
中身を理解していないと その真似たサマ の後に問題が生じます。
技術よりも イメージや概念の変更の方が スイングは変り易い と思います。