Jさん「ハミングバードさんでは
 パッティングや短いアプローチなどで
 刷毛塗 と呼ばれるストローク方法を
 提唱されていますが それは どんなモノなのですか、
 教えて下さい。」


店長「弊社で扱っているアイアンやパターは
 ヘッド重量が超重タイプなので
 小さな、遅めのストロークやスイングでも
 距離を打つコトが可能です。
IMG_1414
 市販のモノも重めのヘッドが増えてきましたが、
 一般的には 300〜320g と言ったトコロですので
 L型「ブリストル」ですと 60%増しの 480g
 ピン型「デール9」では 70%増しの 520g
です。

 それを活用して より安定した軌道、
 安定したインパクトを造れるようにしたモノが
 刷毛塗という ストローク方法です。
IMG_1364

 パターに限らず、クラブ全般通して ですが
 ゴルフクラブの打撃部であるヘッド、フェースには
 ロフト角度 と言うモノがあります。
 ゴルフクラブとゴルフショットの関係では
 ロフト角度、その姿勢が一定していると
 それをほぼ同様に ヘッドの入ってくる進入角度、
 入射角度やヘッドの道のりも一定したモノになります。

 逆に言えば、ロフト角度、ヘッド姿勢の変化が激しいと
 それに比例する形で ヘッドの軌道、入射角度もキツイモノ、
 変化の激しい、小さな弧の軌道になります。

 振り子式の場合、グリップに比べ ヘッドの角度運動が
 多くなりガチ、グリップの移動が抑制されがち です。
001002







 刷毛塗の発想は そのロフト角度・進入角度を極力変えない、一定にする
 スイングであれば 円弧はからだの向き、骨盤の向きに任せ、
 両手でさばける範囲 〜体の幅分 は
 クラブはスライドさせ、円弧を描かない、
 手で円弧を描かない
 トコロから始まります。」

Jさん「では 刷毛塗はショットにも応用可能、というコトですね。」
店長「はい。可能です。
 ですが、今回は パッティングストロークと
 ほんの短い距離の グリーン周り、位の距離のアプローチを中心に
 留めておきます。

 
 今までのお話しと重複する部分が多々ありますが、
 私の見る限り、多くのゴルファーのパッティング苦手、下手、
 実はパッティングに限らず、ショット全般なのですが
golfutikata233
 この写真の通り、真っ直ぐ振る、真っ直ぐ打つ、
 コトにこだわり過ぎて
 もう一つの真っ直ぐを無視してしまっているコトに起因している
 と思っています。
 
 ヘッドには ライ角度とロフト角度が複合してあるため、
 ヘッドのそのものが左右方向に向き(回転)を変えていなくても
 右打ちの場合ですが
 ロフト角度が増えれば、実フェースは左を向きますし、
 ロフト角度が振れば、実フェースは右を向きます。

 振り子式のストローク、ショット は
 支点を固定できる機械であれば 良いかも知れませんが、
 それを実行するのは ヒト だというコトを忘れています。
((パッティングストローク_Moment((パッティングストローク_Moment(2)










 ロフト、フェースの向きなどを勘案し
 振り子の場合、ヘッドの最下点であたれば 良いのですが、
 人間が振り子式を実践した場合、
 支点になる箇所や頭なども 振り子運動する可能性が高く、
 多くの人が ヘッドが上がっている時にインパクトし、
 それはイコール ヘッドが高くなっている
  =フェースが左を向いている
 最下点よりもヘッドの位置が上がっているトコロでインパクト
 する事になるので トップ気味に『歯で』打っている
 というコトに気付いていません。
006
 打撃は立体なので このアングル(👆👆👆)
 で ボールとヘッドがどうコンタクトしているのか
 というコトを 無視してしまっています。

 実は 実フェースの向きは変っているのに
 ヘッドが真っ直ぐ動くコトばかりに意識を使い過ぎ、
 ヘッドを真っ直ぐ動かすコト自体は悪いコトではありませんが、
 打撃は立体というコトを忘れ、
 上から見た平面的な、その形ばかりにとらわれてしまうのは
 パッティングストロークだけでなく、ショット全般も
 陥り易い ゴルフショットの落とし穴 だと思います。」