◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:ヘッドスピード



ボールを遠くに飛ばす
しかも、
 ✋出来るだけ楽に(体に無理せず)
 ✋似たような距離/弾道で
 ✋繰り返せること

を実現化したい
 誰もが願っていることですね

その上で 道具、そしてその重さが
どんな風に役に立つのか 考えてみましょう。

まず ゴルフクラブの構造を確認してみます。
metal
おじさんゴルファー向け
市販のクラブ
(参考*45インチのドライバー)で考えても
重量配分的には
 ヘッド  190g  63%
 シャフト  50g  16%
 グリップ  40g  13%
 総重量 約300g
こんな感じです。

ヘッドが軽い 市販のクラブであっても
先端部、1m10造遼世寮茲法。僑亜鵑鯆兇┐訶瓦硫
が付いている訳です。

ボールを飛ばすのには
確かに ヘッドスピードは関係します。
『ただしく打てる』という前提の上では
ヘッドスピードが 1msの伸びると
約3〜5ヤード距離が増えます。

しかし、多くの方が体験されていると
思うのですが、例えば自分自身であっても
チョロとか天ぷらを除いて
当たり方や弾道によって かなり距離に差があるでしょう。
まして ほかの人となると
自分よりも 「ヘッドスピード」は高くないのに
似たような 「ヘッドスピード」であるのに
飛距離に明らかな差が出たりしますよね。
まあ その答えはロフトの作り方 なのですが
今回はその話は割愛します。

先ほどのクラブの重量配分 を考慮し
ゴルフクラブは 運動すると当然その重さを増します。
人間の受けるモーメントで言うと、単純には
 ヘッド重量 ×
 長さ(含む腕) ×運動速度
移動速度が増すほど ゴルフクラブは重くなります。

5322-21-2015-1一般的なゴルファーが考える
グリップを支点とした
ヘッドを振る動き。
クラブ/シャフトの角速度ばかりを
増やそうとすると
その延長線上の方向へと
どんどん重さが増していきます。
この図のようなイメージでスイングを考えている人は
こういう実験は 支点になる部分が「完全固定」されており
スイングではそれは絶対に不可能 なんだ ということを
ぽっかりと忘れてしまっています。



言葉として「ヘッドスピード」と呼んでいますが
正しくは 
グリップの、
クラブ全体の移動速度

が速くすることを目標にしないイケマセン。




「ヘッド」の速度ばかりを上げようとすると
前述の通り、速度と重さは密接な関係で
ヘッドを振る振り方では
ヘッドを振りたい方向とは全く異なる
90度以上違う方向への重さが増えるばかりで
それは、まるで スピードを上げたい車が
アクセルを踏みながら、
それと同等(同量)のサイドブレーキを
踏んでいるのに近い行為なのです。



そこで今一度 トップオブスイングを見てみましょう。
スナップショット 1 (2016-11-28 2-35)ce17f420











このポジション と インパクト時のグリップの位置 を
結んだときに、さてさて
どちらがクラブやクラブヘッドの重さが利用できて
どちらがクラブやクラブヘッドの重さが邪魔

になるでしょうか?
スナップショット 1 (2015-09-05 1-32)

クラブを垂直に立てなければいけない
という訳ではありませんが、
トップでのクラブは ゴルフスイングの中(動作の中)でも
一番軽くなる瞬間で
それは 重さに対する
 クラブの長さが ゼロに等しい状態になる訳で
 クラブ(およびヘッド)の重さ × クラブの長さ
ここが一番クラブを動かしやすい筈なのです。
414

重力・・・という下方向への動きに対し
クラブの重さも利用して 下げて行けるのですから
運動性能に対し なにがしかのプラスアルファー が
生まれる筈です。

 それこそが ヘッドスピードアップにつながるわけです。

そうやって考えてあげると
まあ なんとゴルフクラブの形や重量配分は
見事な構成と言うか 構造に感心することしきり です。


クラブやクラブヘッドの重さを
スピードアップのエンジンと言うか、助力にするか、
それとも筋力でその重さをねじ伏せる 邪魔者にするか、は
おそらく スイングの技術的な部分ではなく
発想によって 分かれるのだと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


よくある この手の素振り から 問題解決の糸口
を拾ってみましょう。


素振りにおいて インパクト付近やインパクト以降
ソコを ビュッと速く振るコトを意識する人 が
少なくないのではないかと思います。

勿論 ヘッドスピードを上げようとする気持ち悪いコト ではありませんが…
 勘違いしがちな部分でもあります。

幾つかの記事でも書いていますが、
そこは スイングを終息させるため
100m走で ゴールした後、止まるまでの流し
 の部分でもあります。
ソコが早くなるのは そこまでの速度の原動力
 からだの回転が速い からであって
ソコの速度はバロメータに過ぎません。

体の回転を止める(止まる)反動で
 腕やクラブをビュッと振る では
その速
度の意味が違います。


グリップに対しヘッドが、
カラダに対し、腕が、
肩に対し、腕が
ビュッと動く、というコトは
 その分、からだの回転は止まります。
✋止まらないと出来ないからね
グリップに対し、ヘッドがフリーに動く、
 その分、グリップの移動は止まります。
(インパクト、そしてそれ以降 無視出来ない違い_Moment(2)

そのヘッドの移動は
 本来、からだの回転で起こるモノ です。

✋ヘッドを走らせたい(移動させたい) のなら
 止まらず 最後まで左を向くコト です。
✋ヘッドの走る分(移動)は
 自分の向きの変更によって もたらされます。

✋カラダを止めて クラブを
 ヘッドを振る のとは異なります。


飛ばすために速く振りたい と言う欲求は正しいですが、
ヘッドスピードのあげ方、出し方、
正しい上げ方を損ねてしまうと
 『繰り返し飛ばす』『安定した球、方向』
同時に失い、からだへの負担も増大します。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 まだまだ出来た、出来るとは言えないのですが、
体の回転でボールを打つ感じ、を掴めて来ていると思います。

 大きな違いはやはり距離、距離感です。
飛ぶ!!というよりも楽に、今までの振り感の半分位で
同じ距離が打てる、という感じです。

リリース について (2)_Slomo_Moment

やり始めた当初、店主の言う通り
腕を振りたくてウズウズしている自分が判りました。
飛ばそうとすると、腕を振るため、腕を振るための空間を作るため
わざわざ、意図的に体の回転から遅らせて、上に向いて振っていたのが

今ではよく判ります。
腕を振らないと"飛ばないのではないか"という呪いから
抜けるのに 数年は要したような気がします。

あの腕を振る力感、
インパクト付近で左腕をロック、絞る力感、
は確かに今までの自分の打撃感ソノモノだったと思います。



まだまだ中途半端だとは思いますが、
自分にとっての大きな転換期、構造改革は
ボールを横から打つ、ではなく、上から打つが理解出来たこと、
フェースとボールは横の関係ではなく、上下の関係と理解出来たこと、
頭の中だけでなく、感覚的にも体験できた、から始まります。
言葉では分かっていても、どうしてもスイング軌道に沿って
ヘッドを振らないとボールに当たらない、前に飛ばない

今、振り返れば妄信から抜け出るのに本当に大変でした。

その感覚は 本当に90度フェースの向きが異なり
飛ぶ飛ばない、真っ直ぐ行く、曲がる以前に
当たらない恐怖から逃れられないのがあったかも知れません。


店主に言われた通り、
刷毛塗の意識が強すぎで、
インパクトを刷毛塗で造ろうとしてしまう感覚を
体の回転に載せるためのスイッチに変え
あとは エイっ! と体を左まで回してしまう、
インパクトのからだの正面は結果、だと分かっていても
インパクトでからだを止めてしまう、
左腕を絞ってしまう、のは今では判ります。

 店主:刷毛塗は 腕とクラブ、腕とからだの関係を掴むドリルで
 腕で動かせるのは たかだかコブシ1個〜2個程度で
 その「主目的」は グリップをからだの回転に同期させる、遅らせない、
 からだの回転の流れに載せるためのモノで
 それ ソノモノで打つコトではありません。
 刷毛塗の意識は大切ですが、強すぎると 肩の揺さぶりが
 からだの回転を奪ってしまいます!


フェースを下に向けたまま、体を回してしまっても
(フェースを下に向けたまま・・・・・体を回さないと当たりません
 逆に フェースを横に向けると・・・体を止めないと当たりません)

地面にあるボールが当たるのが判ると
あとはそう難しくありませんでした。
始めのうちは、なぜ 当たるのか よく判りませんでしたが、
今ではそれが当たり前に、別な当たり前が出来たようです。

片手スイングドリル 右手編_Moment(2)

この振り方を覚えると クラブの長さによる違い、
ドライバーとアイアンの違いが少なくなり、
今まで苦手だった長物が普通に振れるようになりました。
また この中に殆どのゴルフの悩みが内包されているようで
非常に多岐に渡り、楽になったと感じています。

ヘッドスピードはボディスピードと教わりましたが、
今までのヘッドスピードを上げ方は
単なるホイルスピン(自己満足)
と判るようになりました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




ゴルフスイングで使われる「脇が空く」
多くの人が二つの「錯覚」、もしくは「誤解」していると思う。



➀まず 脇は体の側帯のコトで 腋の下ではない
腕と脇の関係、ましてや腋の下の状態 ではなく
からだの側帯の腕があるか どうか
というのが一つ目の誤解で
コチラの誤解は 問題としては大きくはない。
ダウンスイングで 左腕を動かせる人や
からだの回転と同期して 左腕を置き去りにしない人は
気にしなくてもよい程度。



✋弊社が唱える 右ひじを外目に張って
テークバックをあげると
「それは脇が空いている」というけれど
ゴルフのスイングの 右打ちの人にとって
右わき よりも 左わき の方が問題は遥かに大きい。

IMG702写真としてはややダウンスイングに
入っている状態ではあるけれど
右ひじが下を向いているお陰で
左わきががら空き・・・
チカラで解決し難いアマチュアの場合
出来れば 左わきは空けたくないモノだ。

IMG703IMG700









兎角 ダウンスイングでは左腕が遅れ気味
 もしくは 左腕の長さが邪魔になるのだから
出来るだけ 左腕が邪魔にならない準備(テークバック)
をして置く方が良いでしょう。




➁問題として大きいのは
動作としての「脇が空く」と言う行為。


スイングで言う「脇が空く」は主にこちらを指す。

ダウンスイング初期、もしくは前半に
左脇、茲梁β咾空を向いてしまうか どうか である。

downswingdown_swing
4bc4dc1974












左わき、左側帯が空を向いてしまう
というのは グリップがからだの幅の前から外れ
重さが右にかかってしまうことで生まれる。

原因としては
 クラブはライ方向、上下に振ると思っているコト や
 右腕のかいなで打つ感覚が強いコト が 考えられます。

ダウンスイングの初期で 左わきが空を向いてしまうと
ヘッドスピードを上げても 距離になり難い特性が強く
右腰に負担がかかるので オジサンおばさんゴルファー向きではないですね

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ