◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:ヘッドの重さ


質問「ゴルフクラブを扱う上での
 長年の…もしかすると 永遠のテーマかも知れないんですけど
 シャフト っていうのは どう使うのが良いのですか❓」

店主「シャフトも含めて ゴルフクラブをじぶんの思う通り
 ねじ伏せたい、チカラ、特に腕力ですかね、
 それと運動性能や運動神経で シャフト、ヘッドを振り回したい、
 というのも 楽しみの一つですので、否定できません。
 ただ チカラや腕力に自信が無い、
 なんとか楽して、道具のチカラを利用したい、
 出来れば あんまりメインテナンス的な練習はしたくない、
 そう言った場合、やはり 使い方はあります。」

質問「ソコが知りたい、ですね😊」
店主「これは当ブログ上で何度か書いているコト ですが、
 まずは ゴルフクラブの単純な構造、重量の配分 を
 理解するトコロから始めましょう。
swingweight
 ゴルフクラブは長さによって 重さが変わりますが、
 ドライバーを基準に だいたいですが、
 半インチ短くなると ヘッドは 6〜8g重くなります。

 ですので、クラブとしての総合の破壊力、打撃力は
 一番短いウエッジも、一番長いドライバーも
 ほぼ同じと考えて良いです。」

質問「なんか 遠くに飛ぶので ドライバーの方が
 ウエッジよりも破壊力あるような錯覚がありますね。」

店主「確かに。
 ですが、ボールを高く、すぐ近くで高く『上げる』
 というのは 
遠くに飛ばすと同じようにエネルギーがいる というか、
 遠くに飛ばすには 浮力とか、いろいろ方法があるのですが、
 高さ量は パワーというか、エネルギー量が殆ど ですので
 意外にも 打撃量は変らないのです。

 ま、それはさておき、
 その破壊力と作るため、先端部、打撃部のヘッドは
 クラブの全体重量の 6〜7割もあります。
 こういう 重さ配分の道具はそう多くありません。

 シャフトの話し、な筈なのに ヘッドの話しになってしまいそうですね。」

質問「大切なことなので…。」
店主「そのヘッド…ですが、
 番手を構成する為、ライ角度、ロフト角度、が必要です。
 そして それを形成する為、重心距離、重心位置 と言って
 握っている棒、シャフトから ズレたところに
 重量の中心点があります。」
58b52cea014c8e392700135f_20170228165522
質問「いつも疑問に思っていたのですが、
 そのズレ って必要なんですか?」

店主「絶対に必要です。
 過去に デンデン太鼓のように
 シャフトの延長に 重量の中心点があるヘッドが
 何度か登場してきましたが、
 危険な事故が発生して、回収になったり、
 思っているより 全然、飛ばなかったり、 で
 ものすごく短期間に消滅しています。
 例外は無い と思います。」

質問「なぜ なんですか❓」
店主「重心がシャフトの延長に無い構造を
 重心距離の有るモデル と仮称しますが、
 重心距離の無いモデル では、
 番手ごとのロフト構成が難しくなります。
 また 重心距離は 重さの感触を生みます。
 単純式では 重心距離 × ヘッド重量 ですが、
 それによって フェースがどこを向いているか、
 ヘッドがどうなっているのか 把握出来るのですが、
 重心距離の無いモデル では それが不可能な為、
 ボールとフェースをまともに当てるには
 その向きが変わらないよう かなりガッチリと
 力一杯と言ってよい程、握る必要が生まれます。
Desktop 2020.09.03 - 15.33.57.01_Moment
 重心距離の無いモデルでは フェースではなく、
 側面やバックフェースがボールに向いていても
 自覚できる感触が無く、
 最悪の場合、ヘッドの角がボールに当たり、
 自分に向かって ボールが飛んでくる可能性、
 ロフトが増えてくると まともに当たっても
 自分に向かって ボールが飛んでくる可能性があります。」

質問「ふわ〜 恐ろしいですね。」
店主「重心距離 というのは ゴルフクラブの構成上も、
 安全面においても 必要不可欠なモノなのです。
 
 本題に戻りましょう。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

とても大切なコトですが、
どのようなインパクトを迎えるか
どのようなダウンスイングをするか
は トップオブスイングでの
 "クラブ姿勢" によってほとんど決まってしまいます。

✋人間の動作、恰好 を優先するのでなく
その クラブ姿勢を造る ために
動作や恰好がある と考えて方が良いでしょう。
スナップショット 1 (2016-11-28 2-35)

それほどクラブの造り出す重さ
運動した時に生まれる不可抗力は
スイングに影響を及ぼす、
スイング動作の半分は不可抗力に作られています。

ですので、それを逆手にとって
望みの姿勢、望みの場所 に行くための
不可抗力を作り出してしまえば良いのです。

例えば ダウンスイングやインパクトで
右サイドが落ちる、潜る・・・
左サイドが上がる、体が開く・・・
が悩みだったとします。
4bcbe6f4トップオブスイングでの
クラブ姿勢がこうであれば、
必然として 重さは
からだの右サイドを下へ
からだの左サイドを上へ

と誘います。

ですので 動作としてのスイングを治すコト よりも
クラブ姿勢としての重さの造り方 を
考えるべきです。

安定したショット
より遠くへ飛ばす コトを実現するのには
本来味方であるべき
ゴルフクラブと喧嘩しては上手く行きません。

どの道、その重さには抵抗しきれないのですから
奥さんと喧嘩するよりも
奥さんと仲良くする方が良いでしょう(^^)/


トップの位置から通過点としてのインパクト まで
出来れば最短、
クラブの重さによる落下速度が
運動速度の助力となるような
トップのクラブ姿勢を模索する必要があります。
grip  posi

そして それを実現するための
テークバック、そしてアドレスやグリップ
と スイングを逆回しして考えるのも
良い手だと思います。


スイングの大きな『上手く行かない』要素 として
根本的に
✊重さは動きたがらないモノ
ということを忘れがちです。

ヘッドの重さを動かそうとすればするほど
次の動作への不可抗力は
倍々に増えていきます。
それでは 重さのために動作 することに囚われ
ボールを打つ と言うコトが二の次になってしまいます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



重いヘッドが使える方が断然楽です。

IMG_0504


初めてのお客様も打つ前は
「重い方が振りにくい?!」
と考えがちですが、
ほんの数分打っていれば、その重さには慣れますし
兎も角 体にやさしい です。

比較すると分かりますが、
軽い市販のヘッドのクラブを打つと
嫌な衝撃が感覚として残るような、
ボールの質に関係なく とても硬質な感触です。

インパクトの抜け…と言いますが、
同じ速度で移動していれば 質量の重いモノの方が
慣性力が高いですから、打ち抜く と言う意味では
とても高性能です。
5a0eeaec

重いヘッドのクラブの方が明らかに
クラブに近い 手首や肘 などを痛めにくいですね。


弊社の悶絶クラブは
アイアンで言うと、市販の軽量スチール装着のモノより
100g弱、30%以上増量されています。

(一般的なスチール用5番ヘッド重量240g
 弊社の悶絶5番アイアンのヘッド重量328g)

クラブの形になったモノを持ってみると
シャフトの長さもありますし、シャフトも柔らかいですから
倍以上重くなったような感触があるでしょう。

重いモノの方がやはり慣性モーメントが高いですから
ミスに断然強くなります。

特に上下のズレ、多少のダフリやトップのミスが
中和されてしまいやすいです。
バンカーやラフなどの異物も打たなければならない場合が
とても強いのが特徴。

正直言って、チカラの無い女性が
市販のウエッジのヘッド重量を
軽量スチールで打たなくてはイケナイなんて
なんの拷問だよ…と思いたくなります。
昨今、急激にバンカーが苦手な人が増えているですが、
クラブの問題が殆ど…と確信する次第です。


IMG_0591


スイングを覚えていくのにも
クラブがどこにあるのか 非常に分かりやすく
ヘッド姿勢、開いているのか、閉じているのか
そう言うのも はっきりと知覚出来ます。
スイング中、どこで重くなり、どこで軽くなるか、
も知覚出来ますから、スイングのテンポ感やリズムも
とても掴みやすくなるので お薦めです。



重さを上手に使うには
ごくごく当たり前ですが
重さは下、重力方向に引っ張られるチカラの単位です。
ですので ゴルフクラブを握っている部分が
重さの付いたヘッドよりも上にある(ヘッドが低い)時は
大きな体の部位、胴体なり、足なりで 動かす方が良いでしょう。
腕を使うチャンス
テークバック時には速度が重要ではありませんから
(・・・急ぐ必要はありませんから) 除外対象ですが、
ダウンスイング〜インパクト〜フォロー の区間では
ヘッドがグリップよりも高いところに位置している時
それが唯一の機会です。
dW l (2)_Moment

そこを逃してしまうと
重さは移動速度に積分(掛け算)で重くなりますし、
重力という下方向だけでなく、
遠心力と言う 立体的に複雑な重さが加算していきます。
ヘッドの方が低くなっている時は
概ね クラブ、そしてヘッドを動かしたい方向とは
大きく異なる方向に重さがかかります。
それでは重いばかりです。
クラブを自分で動かしてボールを打つ コトよりも
クラブを動かすソノモノ にしか余裕がなくなってしまいます。

腕を使うのは ヘッドの方が高い時のみ
その意識はとても大切で、
逆に 高い時であれば
ヘッドの重さも 移動に利用できますし、
クラブの造り出す重さの方向/ベクトルも
動かしていきたい方向ととても似ています。

スナップショット 1 (2017-01-13 12-27)スナップショット 3 (2017-01-13 12-28)スナップショット 4 (2017-01-13 12-29)






例え 紙のように感じる市販のヘッドであっても
重さはある訳ですから、その利用の仕方を
無視してしまっては
本来の ボールをどかす、
ボールの質量に負けないための重さ が
単なる運動の負荷になっていまいます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


極端に重いヘッド、極端に柔らかいシャフト
 (一応 それ以外もゴルフクラブ全般を取り扱ってはいるの…ですが)
 それを専門としている私が言うのも、なんなのですが、
 市販クラブの最大の問題は
 ✋ハードなスペック
 …分類として Xの硬さ だけでなく
  その硬さを Sに落としても、SRにしても大差ない
  スチールシャフト装着のアイアン
  憧れやこのスペックを使いたい〜使えるかも…
  と言う郷愁が購買意欲をそそる…のか。
 ✋軽いクラブ
 …見た目やさしそうな 軽量ヘッドに
 表記上、Rとか、
 アイアンセットを「カーボンシャフト」にしても
 (予算と言う意味で)購入できる購買層
 若さをあきらめた雰囲気を醸し出してる… 〜高年齢層

  硬いシャフトのクラブ と 軽いクラブ
 大別すると、分野ズレした
 この二種類しか 市販されていないコト と言えるでしょう。

IMG_0784


多くの人が体験されている、と思うのですが、
 スチールの…ハード系スペックはちょっと辛い、
 何年か振りにゴルフに復帰したから 少しスペックを落としたい、
👉その場合、一般的なゴルフクラブの知識では
 以前は ダイナミックゴールドのS だったので
 カーボンシャフトの SRとか、Rにすれば 大丈夫?!
 と思うのでしょうが、
 実際に使ってみると 確かに振り易い…… けれど
 (ヘッドも軽く、シャフトも軽い…ので)
 なんか違う…。 想像していたのと違う…。


痛かった腰が良くなるか…と思いきや
 ほとんど変わらず、振り回してしまう分、
 余計に痛めてしまう ナンテコトがあるのだと思います。

ハードなスペック の 反対は 楽ちんスペック で
 それは イコール 軽いコト ではありません。
ハードなスペックの代表例 の スチールシャフトのアイアン は
 重いことが問題なのではなく、硬いコト が主の問題です。 

良い悪い ではなく、ゴルフクラブの重い 主要素は
長さの先端に ヘッドと言う重さが有るコト であって
その長さ である シャフトの重さは
 あまり大きな差にはなりません。
弊社の悶絶クラブ であれば、
 同じ硬さであったとして
◌240gのヘッドの付いた 120gのシャフトのクラブ よりも
◌300gのヘッドの付いた 60gのシャフトのクラブ の方が
 はるかに重く感じられます。

漆畑2018_Moment

軽い 👉 振り易い というコトは
自分で振りなさい、自分でなんとかしなさい と
非常に近似値な意味なので、
軽いヘッドのクラブ の良いトコロは多くありません。
アプローチに苦しんだり、チカラの無い人がバンカーに苦しむ
最大の要因になります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Rさんとの一夜限りの関係(怪しい…)シリーズ
 に幾つか質問があったので お答えします。 

Q:スイングは縦振りが良いのですか、横振りが良いのですか❓
A:解答の難しい質問です。
  最終的な答えは どちらでも良い です。
  今回のお話しは 手打ち/手振りは嫌なので
  もう少し からだの回転と連動した振り にしたい
  と言う前提で、腕/手/クラブと体の回転をリンクさせるには
  回転のエネルギー、クラブの重さを活用し
  グリップを縦移動、上下変化させよう・・・
 の結果
  グリップの移動が「今までよりも」縦めに動くので
  縦振りを推奨しているようですが、決してそうではありません。
  話の趣旨は スイング軌道の変更ではなく、
  腕と体の向きの連動の術 です。
リリース の勘違い❓_Moment(3)軌道変化はその副産物に過ぎません。
Rさんの例で言うと 今までは横振りに近いのは確かですが、
あまりにフラットな振りなので、
結果、としてはアレは立ちますが
でも 平均的な 良く言われる縦振りよりはフラットなモノ
に収まると思います。

Q:寝かして振るよりも 外から引っ掻いてくる方が良いでしょうか❓
A:手で振っていた人が よりからだの回転とリンクするクラブ扱い
  に移行するには 一旦、外から掻いてくる感覚 で
◌グリップがボールの方に出ない、
◌カラダの近くを通る、
◌より縦移動、高さ変化の有るグリップ移動、

  の感覚を掴む のは 次の段階に進むには良いと思います。
  前の質問に似てしまいますが、手でフェースターンを
  インパクト間際に行うと かなりの横振り系になりますから
  ダウンスイングの時計の針の話しで言うと
  11時を12時、1時のイメージに変えると
  ⇒外から引っ掻いてくる になる訳ですが、
  グリップの縦移動が増えてくる、
  グリップが下がるようになってくる、が伴いますので
  結果、『外から』引っ掻いてくる は
     『上から』引っ掻いてくる に代わります。

  ソコが目的の一つでもあります。
2021-12-06_22-21-54_Moment(2)2021-12-06_22-21-54_Moment(3)







✋フェースターンのせいで 左サイドが止まり
 左グリップの上への抜けがない(止まる)例
腰などからだを傷めやすく
距離をセーブせざるを得なくなります。

Q:グリップの縦移動を増やすには 切り返しで
  左肩を上げる、肩を縦回転させるイメージが良いですか❓

A:そう思います。
  切り返しで 左肩を上げる は
  ダウンでの左腕の下がり、グリップの降り
 になりますし、
  肩を縦に回転させよう としても
  結果は横要素の強い、前傾通りの回転になります。
  肩を縦に回転させる感じ は
  インパクトをからだの正面で、とか
  カラダを開かないように、とか
  左肩をあげない、などの作用によって
  インパクト前後で 左サイドが止まるコトをさせず、
  最後まで、スムースに、左を向かせる為のモノ
 です。
((JMさんのゴルフスイング 2021.10._Moment

✋平均的なゴルフスイングのトップ の位置では
 クラブの重さは主に左腕に掛かっています。
 どの道 その左腕を下げるのであれば
 その重さは活用した方が お得 で
 グリップの方が ヘッドよりも低い位置関係であれば
 クラブ・ヘッドの重さが下に掛かる は
 左腕・左グリップが下がる & 横に逃げる(押される)
 が伴います。
 そのタイミングに重さを活用できれば
 からだの回転と左腕はリンクし易い訳です。
 逆に ヘッドの方がグリップより低くなった状態では
 その重さは 錨のように グリップ、左腕の移動を止めようとします。

ソコをどうしても 腕力で打ちたい方(Ⓡさん)は
気合で頑張ってください^^
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


重さを使え
 と昔からよく言われます。
重さを感じろ  とも言われます。

それは、決して重さを増やして使え と言う意味ではありません。
【切り返しから『渋滞』を起こさないように_Moment【切り返しから『渋滞』を起こさないように_Moment(2)








スイング動作 には
 次に行くべきところ、行きたいトコロ、
 だいたい…ですが、行く方向、行きたい場所
 があります。
クラブやヘッドの重さを使って
 次に ソコに行かなければならない、
 次に ソコに行かざるを得ない
そんな 重さの出来る位置や姿勢を作ってあげると
  無重力とは言えませんが、
 その重さは増えず、強く感じることはありません。
逆に、重さを強く感じる、重さが増える、
 というのは 自分の行きたいトコロ、行きたい方向と
 クラブの行きたがっている方向にズレがある

 重さが負荷になってしまっている
 というコトなのです。

ですので からだの回転、向きの変更と言う
 概ね横移動の作用 と クラブの機能を使って
 グリップの移動を出来るだけ 縦に変換してあげると
 トップの位置からインパクトまでは
 その重さ感はほぼ無変化、
 感覚的には重さを感じるコトが出来ない というか
 時間が短いですから 重さを感じる暇も多くありません。
【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment(3)

もしかしたら…ですが、
 ダウンスイングでクラブの重さを強く感じる、
 ダウンスイングのどこかの箇所でクラブが重くなる、 は
 からだのどこかが 止まっている、止めている、
 もしくは その重さを受け止めようとしている箇所がある、
 (まあ その場合、左サイドか、左グリップの可能性は高いです)
 どこかが止まっているから それを感じる、
 それを感じる暇があるのかも知れません。
【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(4)【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(6)






インパクト、インパクト以降
 クラブが長くなるコト、
 勿論 運動速度も高いことも含め、
 初めて 遠心力の影響を大きく受ける箇所に来ますが、
 それも受け止めず、(受け止めちゃダメ)
 それを受けないように どんどん
  左上腕、左グリップを上げ続ける 👉回り続ける
  逃がし続ける 追いつかれないようにする

 が大きな、長く低い(へっどの)フォローを生みます ので
 その力も 重いヘッド、慣性モーメントの高いモノ、
 柔らかいシャフトの方が強くなります
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

ゴルフクラブが他のスポーツ用品
特に球などを打撃する道具として
大きく異なる点は
握っている棒と打点に 「ズレ」 があることです。
455T-2

テニスやバドミントンのラケットや野球のバットなどは
握っている棒の延長線上でボールを打ちますが、
静止時(動かしていない時) ゴルフのクラブは
握っている棒の延長線上で打ってしまうと
俗に言う「シャンク」になってしまい
どこに飛ぶか、どの位飛ぶか 調整が不可能です。

軽いヘッド〜硬いシャフトの組み合わせ だと
スイングして クラブを動かしても
その「ズレ」は解消されず
ゴルフ用語で言うところの 重心距離分
(ヘッドの重量の中心点とシャフトとの距離)
長さの単位で言うと ❸~❹センチ
握っている棒から ズレたところで打たなくてはなりません。

460TL-2

ボールの大きさは 4センチ5ミリですので
握っている棒で 空振り寸前
ボールの内側の皮をこする程度のズレ分
外れたところを打たなくてはならないのです。

そして これは クラブの機種や種類、番手などによって
異なってきます。

他のスポーツで こういう使い方はされない?のではないでしょうか


✋勿論、どうクラブを振るか/扱うか にもよりますが
ある程度の柔らかさ
ある程度のヘッドの重量のある ゴルフクラブ
の場合、
物理的な約束事
「遠心力が掛かった時に 重量が同一線上に並ぶ」 から
握っている棒の延長線上に
 ヘッドの重心(ヘッドの重量の中心点)
主に ボールの当たる場所が ほぼ自動的に入ります。

速度にもよりますが、
動かしていない時、静かに動かしている時は
その打撃点に近い、重心点 は
重さとして フェースの状態やクラブの位置など を
感覚として 打ち手に伝えます。

柔らかさやヘッドの重さにもよりますが、
ある速度を超えると そのズレは消え
より効率よい 打撃が行える状態になる
二重構造を 本来、ゴルフクラブは持っている のです。

IMG_0772

感覚として 握っている棒で直にボールを打つのと
ものすごく微妙な距離 ズレて打つのでは
覚えやすさに大きな違いがあると思うのですが
どうでしょうか?

残念ですが、元々のそのズレの構造
重心距離の構造、ゴルフクラブの L型構造 は
絶対的な安全性と番手によって距離を打ち分ける という目的から
外すことは出来ないのです。

グリップとシャフトとヘッド という主要パーツの少ない
ゴルフクラブの シンプルではない打撃構造は
必要分しなる〜動くシャフトと
必要分なヘッドの重さによって
よりシンプルな構造に変えるコトが可能なのです。
そして それは100年という単位の昔からの知恵なのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


何度も書きますが、
ショット、スイングは
主に、からだの回転、胴体の向きの変更によって
グリップを動かす(移動させる)コトによってヘッドを動かし
ボールを打ちます。


それは 縦方向に関しても同じ です。

スイングは一見すると 斜め に振っているように見えますが、
基礎にある 前傾姿勢に対し
腕の上げ下げ、特に左グリップの上げ下げによって
その階層の高さ 1階2階3階のように
その軌道の高さを移しているに過ぎず
上や下にクラブを振っている訳ではありません。

分かり難い…かも知れませんが、
横に回転しているのと同時に
その軌道が 上がったり下がったりしているだけ です。
同時進行するので そう見えるに過ぎません。




スイングには 絶対的な原則 があります。

✌グリップを動かして ヘッドを動かすと
 グリップの移動量 と 回転量 の合計分
 ヘッドは移動します。

✋しかし 腕さばきで ヘッドだけを主に動かすと
 グリップの移動は止まり、からだの回転も止まります。
 ヘッドを動かしている間は必ずグリップの移動は止まります(抑制されます)
 グリップがからだの回転で移動していても
 その移動の取り残されることに、遅れることになります。
 1mm(気持ちとして)でも グリップでなく、ヘッドを腕で動かし始めると
 もう 最後まで終始 腕で振らなくてはならなくなりますし、
 同時に からだの回転でボールを打つ というコトは不可能になります。


 これは どんな運動性能を持った人、であっても逃れられません。

そして 傾きもありますが、
左右の移動に対しても、上下の高さに関しても
元になる からだの回転 があるから
ヘッドは大きく移動するのです。
 それは巡り巡る話しですが、円運動であり
 位置として ヘッドはその外周に該当するからです。

ですので 腕さばきによって ヘッドを動かすコトが
その回転、からだの回転から ヘッドの移動を離脱させてしまい
そのままにして置けば 自然に移動するものを 意味のない
小さな筋肉の腕にさせることになるのです。

う〜ん ここが……なんとなくでも理解出来ないと
スイングは変わっていかないと思います。
また、その腕の労力、チカラ強さ、リキミが好きな人にとっては
クラブの機能もヘッドの重さもシャフトの機能も
すべて無視で すべて人力で補って貰わなくてはなりませんが
好きでやっている訳ですから 干渉の仕様がありません





▲ラブ・シャフトと自分の関係を変えてはイケマセン

これはかなりの人が勘違いしています。

スイングを上から見た時、
アドレス時は 自分の胸、自分の胴体をクラブの関係は
だいたいですが 直角の関係です。

2013-04-30 10-21-17.464__Moment

テークバック、トップの位置になると
シャフトが起きるので立ってはいますが
その関係は ほぼ垂直、
右腕が短くなることもあり 少し右サイドと近づいた関係
胸〜胴体とは直角よりも やや右に傾いた状態です。
左右関係において、直角な関係と考えて良いでしょう。 

ダウンスイングを始め、インパクトし、フォロー、フィニッシュになると
その直角の関係が解放され
シャフトが左回り、反時計回りに 左サイドに近づき
フォローでは ヘッドが茵▲哀螢奪廚蕁,
胸や胴体と平行な関係の方に回ると思っている人が多いでしょう。

インパクト以降 からだの回転も緩み、
グリップの移動も自然に減速することによって
自然に起こる分は別として・・・・
そのシャフトの回転方向は 逆、 反対 です。

からだが回っていくコト によって
グリップは移動していきますが、
ヘッドには重さがあり、運動が始める分、
ヘッド分はどんどん重くなり
ちょっと 掴み辛いかも…ですが
反時計周りしていくからだの回転に対し
逆回りするわけではないですが、右サイドにくっついていきます。

本人はからだ 俗に言うボディターンで打ってる…そうです_Moment(5)本人はからだ 俗に言うボディターンで打ってる…そうです_Moment(6)






 ⇗ こうはならないのです

おおくのひとは この横方向の
からだとシャフトの関係を解放、変えようとしていますが、
トップで出来る その関係、角度は維持する
もしくは 右半身と自然にくっつける のです。

スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)スナップショット 3 (2014-03-25 12-05)スナップショット 4 (2014-03-25 12-06)





腕の仕事はそれではないのです

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



実験してみて下さい。

ビンタ みたいな行為をするのに
『体を止め 腕だけを振る』のと
それと同じように動くように
『腕を止め 体を回す』のとでは
腕の重さ感が違うと思います。

体を止め、腕だけを振れば 腕の重さが実感できますが
腕を止め、体を回す行為は腕の重さが実感できません。
imgs

体の回転そのもので打つ
という行為をするのに
とても大切なことは
動作中に クラブの重さを増やさない ことです。



体の回転によって クラブが動いていれば
体という数十キロ、おそらく40前幣紊離皀里紡个
長さやその構造はあったとしても重さ で言えば
 ゴルフクラブはたかだか 1/100 400gです。
ゴルフクラブが確固たる存在感を示す割合ではありません。

片腕でも 5キロ はあるのです。

多くのゴルファーのスイングは
クラブの存在、その実感を味わうために
クラブの重さ感を増やそうとしています。
「振る」という行為そのものもそうでしょう。

スイングの原点は
クラブが動く のではなく、その逆で
クラブを持った自分が動く ことです。
imagesCARZT6DK

ゴルフショットは 角度が大切 です。
その角度は 左右だけでなく、上下 も問題で
打つ距離と打つ方向は
どちらかが重要と呼べるものではなく、
一つのユニットです。

クラブの重さが感じられるほど
クラブを動かす ということは
その上下左右の角度を確定させず 不確定なモノにします。

幾ら長さやその構造があるとは言え
自分の重量の 1/100の存在のゴルフクラブの重さ に
自分の動作や姿勢まで左右されてしまうのは
その使い方として間違っています。

✊角度が不確定、
✊その重さによって自分の姿勢や動作まで不安定

もうこの時点で安定したショットは打てません。


クラブは長さがあります。
その長さを長く使えば より速度が上がるような
間違った錯覚がありますが、
それは 速度が上がったのではなく労力が増えただけです。
速度が上がったとしても道のりが長くなれば
実質の意味はありません。

体の回転そのもので打てない段階であっても
ボールを飛ばす という事に対しては
時間・時期があります。期限があるのです。
道のりが長くなればなるほど その期限に間に合いません。

クラブの重さ感が増す
ということは その分その重さのかかった『方向』に
引っ張られるという事です。
ボールの位置は固定 ですから
運動中に そのような負荷がかかれば
人間は瞬時に補正をかけます。
姿勢や動作が変わっていく、影響を受ける という事です。
特に遠心力、ボールを打つまでの遠心力は
ボールへの方向、ボールを打つ方向とは
大きく異なる、動作に対しては邪魔な
実質ブレーキになるような方向です。
スイングをした! ショットをした! という実感を
満たすためだけの 重量の増量は無意味、徒労に過ぎません。

腕やクラブの重さを実感できるような
その重さを増やすような使い方をしてはイケマセン。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ