◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:ヘッドの遅れ


店長「誤解をしている部分があると思うんですが…。」
質問「はい。」
店長「ディッシュアングル は
 本来、手首の角度 ではないんです 。」
IMG_0013_Moment

質問「ええええ そうなんですか❓」
店長「ハイ。スイング動作中、
 ライ角度方向、トゥアップ、トゥダウン方向を
 手首なんて言う ゴルフスイングにかかわる
 一番小さな箇所で支えるなんて 現実的に不可能です。」

質問「言われてみれば 確かに…。」
店長「インパクト時はディッシュアングルを保て!
 と言われますが、ダウンスイング〜インパクト時には
 腕やクラブも長くなり、運動も速まります。
 重さや遠心力が加わりますから、手首で言うと
 コッキングというのに該当するでしょうか、
 それで支えられる重さの限界を楽に超えます。」
IMG_1304IMG_1303









質問「そうでしょうねぇ。」

店長「前回の記事 の通り、
〇悗畔森圓飽る
∋悗某眥召飽る
👉〇悗畔森圓飽るは 比喩ですが、
 まあ そこで 斜め、平行気味に握るのですが、
 そう握れば それが ディッシュアングル です。
👉∋悗反眥召飽って 手首の角度を保つコト
 ではありません。 出来ませんから…。」

店長「あともう一つ。」
質問「はい。」
店長「その 腕とクラブの角度、ですが、
 腕の延長線上は 概ね 中指 です。
✋多くの方は △了悗反眥召飽って
 腕の延長を 人差し指 にしてしまっています。
 これでは 手首や肘を傷めてしまいます。

 ディッシュアングルは 握り が作っているので
 ブラブラ って訳では無いですが
 手首の… 特にコッキングの方のアングルは無視して良いのです。

 ダウンスイング以降、ヘッドの重さによって
 ヘッドは グリップの移動に比べ 遅れます。

 その遅れ を ロフトの立ち、フェースの下向き、
 にすれば 放っておいて良い訳で
 遅れっ放しのまま、ボールは打ちます。
やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Momentやってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(2)やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(3)






 ですので トップの位置で出来るかもしれない、
 トゥアップ気味、ヒトによってはコッキング は
 スナップ、右手が甲側に折れる スナッピング に
 変わる
ので、それは放っておきます。

 一般的に考えられている ディッシュアングル は
 そのクラブの仕組みの自然な流れで出来る スナッピング
 と ,了悗吠森垉ぬ(斜めな)握り によって
 作られるので 技術としての手首の技 ではないのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「これは 覚えて置いた方がお得情報、ですが、
 練習場で 数十球、百球超の球を打つと
 どこかで なんだか上手く当たらなくなる、
 気持ちよく つかまらなくなる、
 打てば打つほど 悪くなる、

 そういう経験があると思います。」
質問「あります。あります。結構、しょっちゅうです。」
小堀20213_Moment

店長「そういう時は グリップを確認してください
 多くの場合、自分のいつもの…グリップよりも
 左グリップが深く、強く握るようになっており、
 場合によっては 左手首が甲側に折れ、
 それによって 左右のグリップの密着感がなくなっています。
 左右のグリップの握る距離が長くなっていますから
 当然、アドレスがズレ、乱れ、
 ボールに対するセットアップのズレ、置き位置
 そう言うモノが崩れてしまいます。
 それが ミスショットの始まり なのです。

質問「グリップ変化を意識しておく、観察しておく のですね。」
店長「ハイ。
スイングの変化、クラブ扱いの変化は
 必ず グリップに出てきます。

 多くのことは 無意識ではあっても、必ず 必然 なので
 左グリップをより強く握っている というコトは
 よりクラブの重さ、主に遠心力を左グリップに掛けている、
 左グリップを深く握らないと ボールが打てない から、です。
◉テークアウェイが開き気味になった…
◉切り返し、ダウンスイングで左サイドが動かなくなった…

 本来はしていない 無駄なフェースローテーションが多く、
 強くかかった結果、左グリップが深くせざるを得ないのです。」
IMG_1306IMG_1298







スナップショット 10 (2013-09-10 1-48)
質問「そういう変化が訪れたら 練習を辞める、とか

 または そうなる原因を解決する、とか
 多分、コースでも起こり得るコトなので
 そうならないように 修正した方が良さそうですね。」

店長「往々にして…ですが、やはり強く振りたい、
 飛ばしたい ドライバーを打った後、
 そういう風に変化していることが多いですね。
 ヘッドは遅れっ放しのまま 打つ のが基本ですが、
 その遅れが 開き になっていたら
 それを「返さなくて」打てません。

 遅れの量 もありますが、遅れの質 の変化を修正するなり、
 確認しておく と言うのは実戦でも役に立ちます。」
質問「プロがよく トーナメントの練習場で アドレスなどを
 チェックして貰っていたり しますが、
 スイング動作が グリップやアドレスに表れてくる
 そういうのを チェックしていたり するのですね。」

店長「そうですね。
 純粋にアドレスの方向、向き と言うのは狂いやすいので
 それをチェックしている と言うのもあると思いますが、
 多くの人は クラブの動かし方の変化が
 グリップやアドレスに表れる のを知っています。
 故に 昔から ゴルフスイングはグリップに始まり、
 グリップに終わる とか言われる訳です。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「話を伺うと シャフトの使い方が イコール
 そのまま ゴルフスイングのような気がしてきました。
 と、すると シャフトの使い方、ゴルフスイング❓ には
 大別すると 2種類ある と考えて良いのですか❓」

店主「ものすごく 大まかに言うと そうなります。
 シャフトのしなり は ヘッドの重さとシャフトの柔らかさ
 そして その人のクラブの扱い方 によって 生まれます

 それが俗に言う シャフトのしなり であり、
 ヘッドの遅れ でもあります。
 ,修痢.悒奪匹涼戮譟舛靴磴佞箸里靴覆蝓,
 取り戻して ボールを打つのか
 遅れっ放しのまま ボールを打つのか

 ホントに大雑把ですが、この二つに分れる と考えて良いかも知れません。」
((((((((_Moment

質問「どちらが良いのですか❓」
店主「良い/ワルイの問題では無いと思います。
 前者,蓮.船ラ、自分のチカラで打ちたい、
 ボールを叩きたい人向け…
 もしくは 硬いシャフトを使って そうせざるを得ない場合 で
 後者△蓮―侏茲譴弌.船ラに依存したくない、
 よく言うトコロのスインガー向け…でしょうか、
 硬くないシャフト、適切な重さのヘッドを使っている場合、
 と考えて良いと思います。」

質問「持っている、使っているクラブ、
 そのシャフトの硬さで決まってくると❓」

店主「絶対、ではありませんが、
 その率は低くないと思います。」

質問「クラブを選ぶ際の目安 にもなりそうですね。
店主「その通りですね。
 また 造りたいスイング の為に クラブを選択する
 もアリだと思います。」
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment

店主「そういう意味で困ってしまうのが
 現代の 硬くない、柔らかめのドライバー と
 軽量とは言え、旧時代の硬さのスチールシャフト装着のアイアン
 を併用している人が
 いったい どうやって打ち分けているのか、不思議なのです。」

質問「それ、少し問題があると思うのですが、
 ドライバーは柔らかめのシャフト で
 その特性からすると、ヘッドの遅れっ放しのまま 打つ筈…
 にもかかわらず、 ボールの位置や
 遅れ=スライスのイメージから ヘッドを返して打つ印象が強く、
 一方、アイアンはウッドに比べると硬いシャフトですので
 ヘッドの遅れを取り戻したい…けれど
 アイアンショットのイメージ や ボールの位置 からすると
 遅れっ放しのまま、打つ、
 なんだか ゴチャゴチャな感じですね。」

店主「その通りですね。
 どちらが良いとか、悪いではなく、
 自分はこうやって打つ、打ちたい、
 それは 全クラブ統一したいです。
 しかし、クラブ、シャフトの硬さとの兼ね合い で
 そのクラブ、そのシャフトの硬さに応じて
 使えるように クラブ毎に調整や適応を必要とするトコロが
 実はアマチュアの悩みの 主な原因 と言って良いと思います。」

店主「私自身が 腕力が無いのもありますけど、
 腰に不安を持つゴルファーがあまりに多いので、
 腕力、筋力、体力にあまり依存しない、
 遅れを取り戻す より作業の少ない
 スイングのメインテナンス性の良い
 遅れっ放しのまま ボールを打つ
 を
 推奨していますけどね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

これは弊社の 重いヘッド、柔らかいシャフト に限らず、
本当は すべてのクラブに共通する おさえるべきポイントです。

多くの場合、
(コレには軽いヘッド、硬いシャフトを使っている人、いた人、
その手のクラブでゴルフスイングを覚えた人も含まれますが…)
それらのクラブのお陰で スイングが造られてしまった だけでなく、
刷り込まれた 誤ったスイングの認識、クラブの認識
現在のスイングに色濃く  スイングに影を落としています。
そういう意味では 技術的な問題や肉体的、身体能力の問題ではなく、
頭の中の ゴルフショットの打撃のイメージや概念、認識の変更が
 スイング改良、改造そのもの です




シャフトは意図的・作為的にはしならせない
 長さ、があり、先端に特出した重さ(ヘッド)の備わった
 ゴルフクラブは 当然、運動させれば その重さは運動の二乗倍増えます。
 その重さの分、ヘッドが遅れるのは仕方ありません。
 その分以上『意図的に』シャフトをしならせないコト。

自然なヘッドの遅れ は放っておく
 それを取り返そうとしないコト、放っておくコト。

ヘッドの遅れを『ロフトの立ち』になるように仕向ける
 ➀➁の流れですが、放っておく ヘッドの遅れ を
 ロフトの立ち、フェースの下向きになるよう仕向ける。 
IMG_0526

👉まず、第一に、テークアウェイにおいて
 それが小さなショット であっても
 クラブを捩じらない=フェースを開かない
 具体的には、テークアウェイを肩で行っても、腰で行っても、
 脚で行っても そのいずれや複合で構いませんが、
 両腕の長さの調整、てさばきで上げないようにするコト。
 この時点で シャフトを捻じってしまう、フェースを開いてしまう
IMG_0058Trim (2)_Moment(3)ararara_Moment【ゴルフスイング】 20210701_Moment





 インパクトに向けてのヘッドの遅れは
 更なるフェースの開き や ロフトの開き、トゥアップ になってしまい
 もうひと手間掛けないと ボールを打つコト、ボールを飛ばすコト、
 狙った方向に、狙った距離を打つコトが出来ません
し、
 そのひと手間は テークアウェイで手でヘッドをあげた、高くしたのと
 同じように 手でヘッドをボールに当てるコトになるので、
 フェースにボールが当たっても、その番手、ロフトなりの距離が出にくく、
 安定した距離、安定した方向を得るには
 本来要らない筈の無駄な練習量が必要になります。

ココの部分は、実はとても重要で
 手で円弧を描く その両腕の使い方 は
 肩を廻しているのではなく、腕を横に振った
 副産物で からだなり、肩の向きが変わっただけ です。
 言葉として伝わり難いかも知れませんが、
 カラダや肩が向きを変えた(体の回転)ことによって
 腕の付け根である肩が動いたから、腕が「振られたように見える
 のとは似ていますが、月とスッポン以上に違います。
 小さなショット から始まる 自分だけ肩を廻した「つもり」
 からだの回転を使った「つもり」 は 後々
 ほぼすべてのスイングの悩みの根源、毒の沼になります。

 また 上記のインパクト前の打撃の余計な『ひと手間』 
 グリップの移動を止め、左右の腕の長さ変更やスナップの解きに
 よって行われるが為、クラブやヘッドの移動とからだの回転が分離します。
 それも相まって 本来の意味のからだの回転とは全く異なった、
 見てくれだけ似ている「からだの回転」を覚えることになります。

👉小さなショットであれば、ヘッドを下げない のと同じく
 からだの向きの変更と前傾姿勢があるので
 向きを変えるだけで ヘッドの高さは十分 取れます。
 位置エネルギー上昇と言う意味の 上げる手作業は要りません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

ゴルフを始めたばかりの人の多くは
ボールに当たるようになっても スライスに苦しみます。

その頃に ゴルフの先輩やら 自称上級者たちから
「振り遅れているから スライスするんだ」とか
「アウトサイドインに振るから スライスになるんだ」
「体が開いているから スライスするんだ」

のような 言葉を貰います。

これ…結構 呪いのように長いゴルフ人生に残るのです。

その中でも 今回は 昨日の記事の延長の
「振り遅れ」についてです。

物理的なスイング事情では
スイングでの クラブの横移動に対しては
重さの増す ヘッド部分は スイングの進行に対し
普通に遅れます。 遅れるのが正解です。
遅れていいのよ

スライス。。。ボールに右回転が入るのは
ヘッドの移動してきた道に対し フェースが開いている
右を向いているからで
遅れている から スライス も
アウトサイドイン だから スライス も
からだが開いている から スライス も
テストの回答としては ◯はあげられません。
✘に限りなく近い ▲な状態・・・。

遅れ・・・は 二つの比較できるものがあるから 遅れ で
それがグリップなのか、体の進行(体の向き)なのかはっきりしませんが、
そのどちらであっても
ヘッドの進行に対し フェースが開いていなければ右回転は入りません。

遅れていても フック(左回転)を打つコトも十分可能です。

アウトサイドイン。。。
これは単に 打ち手のエゴに過ぎないのですが、
ボールに対して構えていても、
無機質なボール自身は構えや構えの向きは当然判りません。

構えに対し アウトサイドインに振っても
ボールに対しては その方向に振ったに過ぎず
それも ヘッド軌道に対して フェースが開いている(ロフトが付いている)コト
が 右回転の入る原因で ヘッド軌道そのものとは関係がありません。

からだの開き。。。に関しては言えば
言うまでもないのですが からだが開いても どんな球も出ます。
それも単に 物理的な問題で ヘッドの軌道に対し
ロフトが開いているコト/フェースが右を向いているコト が
右回転を生み出しているのです。


技術的な面で言えば
ヘッドはその重さから 当然遅れようとするのですが、
スイングは体の向きを変える 円運動 です。
体の向きを変えて グリップを動かす
そうすると シャフトでつながった ヘッドは動こうとしますが、
ヘッドそのものの重さや運動から 遅れようとするので
遅れが無い と仮定した 円周よりも
内回り、スイングの場合は 打ち手に近いトコロを付いて来よう とします。

IMG_1015_Moment2

無理にヘッドを そのヘッドの重さがない、遅れが無い とした
外周、クラブの長さ分の外周を動かそうとすることが
真の遅れ  👉👉👉 グリップの遅れ を生んでしまうのです。

グリップが遅れず ヘッドだけが遅れ
その分内回りをし、下に下がれば
その遅れはロフトの立ちに替わりますが、
ヘッドを動かそうとして、グリップをからだの回転から遅らせてしまうと
ヘッドは開きます。 これが真の遅れです。

ヘッドという長さも含んだ重さを
無理やり人力で動かすのが正解なのか
その重さを 自然の法則に則り 利用するのが正解なのか
自分の頭で考えれば答えは遠くないと思いますが…


ここは正直、技術的な面と言うよりも
スイングはこうする という思い込みが作り出した
スイングの悪しき幻想のせい だと私は思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ