◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:フォロースルー


Yさん「では ナニからすればいい❓」

店主「スイング意識を変えましょう✊
 ちょっと 素振り してみて下さい。」

店主「あああ その素振りじゃ まずいよね。」
Yさん「普通な素振りの気がするけど…。」
店主「良い悪いを別にして、アマチュアゴルファーの
 非常に平均的な素振り…だとは思うけれど
 フェースターンによって つかまえるとボールが浮かない、
 キツイ引っかけになる、
 つかまえないと弱い球で飛ばない、と言う悩み

 に対しては、とても マズイね。」

a5b965fd店主「ココに時計があります。 
時計の 6時→12時の方向にアドレス
していると想定して下さい。
インパクトは 3時少し前とか、なんだけど
ソコの話しは今回は割愛して、
 インパクト以降、フォロー、フィニッシュ、
 時計で言うと 3時→2時→1時→12時
 って クラブを『振り』ますよね。
 ソコの意識改善は絶対必要と思います。」

【Point】打撃の オマケ は オマケ です : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

Yさん「どこが悪いの❓」
店主「本当であれば インパクトを3時と仮定すると
 自分自身が12時の方を向くから
 クラブ、シャフトの針も12時を向くのであって
 自分は3時を向いたまま、
 クラブ、シャフトの針 だけ 12時を向けてしまうと
ゝ案擦小さい 👉半径がクラブの長さ
△故に インに切り込みが大きい 👉出球の方向
➂ロフトの閉じ方が激しい
➃腰や手首に負担が大きい
    になっちゃう。」
(インパクト、そしてそれ以降 無視出来ない違い_Moment(2)
Yさん「言われてみると そうだねぇ。」
店主「特に 軌道の小ささは 方向だけでなく
 ヘッドの上がり、高くなる度合いも激しい、急激なので
 ロフト効果がなく、アッパーが強くなり過ぎる

 今の失速状態の原因はココが大きい。」

Yさん「でも、フォローを出す、
 フォローを大きくしろ
、って言うよね⁈」

店主「その勘違いは大きい、ネ。
 フォローを大きくする って言葉は
 からだの向きで左 12時を向こう と言う意味で
 からだゴト クラブを12時に向けることを指すんです。
 そうすると クラブと腕の長さの半径になって
 『結果』として 大きなフォローに見える
 一方、フォローを意図的に出そうとして
 ヘッド、クラブだけ 振ろうとすると
 からだの回転、もしくは 左サイドが止まっているから
 その半径は クラブの長さになって
 カラダに巻きつくような フォロー、フィニッシュになっちゃう。
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment
 からだゴト 左を向けば
 ロフトは大きく変わってないでしょ❓
 同じような 手の位置でも
 ヘッドの高さも全然違うよね❓」

Yさん「インパクト以後、ビュンとクラブを振った方が
 フォローが大きくなるのかと思ってた。」

店主「自分が止まって、ヘッド、クラブを速く動かすから
 その対比から そう感じるんだろうけれど、
 実際には 一番小さなフォローの出し方 になっちゃうし、
 今の悩み、のダイレクトな原因の一つ、だね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ごく小さなアプローチ 数m であれば
刷毛塗だけで打つのもいいでしょう。
ただ ある程度 「打つ」 のであれば
 その度合いは距離に応じて、ですが
ちゃんとした右向きの作法 は必要です。

肩を揺さぶる「振り子」や
胴体を捩じる肩だけ、手だけ の 上げ方
 では
左右の腕の長さ が合いにくくなります。
ショットをスピードで誤魔化せる状態
ダフリやトップをスピードで誤魔化せる距離
であれば どうにかなりますが、
距離調整の必要な場合はそれが誤魔化せません。

ハンドファーストのインパクト
右手首のロックを維持したインパクト
を思うあまり、ヘッドだけを動かしてスタートする
ということも起こり得ると思いますが、
からだの向きを変え グリップを動かし
  その結果、ヘッドが動くが最適解です。

2021-04-17_15


ハンドファースト、右手のロック は
切り返しに少しだけヘッドを置いてくれば良いだけ です。
進行が逆転する 切り返し で
ヘッドは その重さ分、そこに留まろうとします。
それを利用し ヘッドを少しだけ置いてくれば良い のです。


✋アプローチ に限りませんが、
 この手の練習、ドリルにおいて
 気を付けなくてはならないのは
 インパクトでからだの回転、向きを止めないコト。

 勿論、アプローチであれば その打つ距離分、
 その速度分ではありますが、
 最後まで、 左を向いて終わるコト です。

 俗に言う フォロースルー とは
 ヘッドを前に、進行方向、飛球方向に出すコト ではなく
 左を向くコト によって 作られます。

2021-04-17_15-32-27_Moment(4)2021-04-17_15-32-27_Moment(3)







 フォロースルーを『作ろう』として
 ヘッドを前に出す、グリップを追い越す 動きは
 からだの回転を止めます。
 望みの場所にヘッドを移動させるのは
 自分が左を向くコトで造りだします。

 速い速度の動き、フルショットで
 動作、として フォロースルーを作ろう とし、
 手さばきでヘッドを前に出そう、もしくは
 右手を伸ばそうとするのには
 からだの止まり が 必要で、
 その結果、クラブが自分に巻きつき
 左ひじが抜けてしまったり、
 ヘッドの急激な内入り
 急激なヘッドの向き、ロフトの変化が訪れたりします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ