◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】 【クラブから学ぶスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480✉hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:フォローの出し方

5

✋遠心力の罠 と関連があります 

これが「アプローチから始まる」のか、
ショットで「フォローを大きく取る」のか、
「クラブはからだの向き通り 180度ターンするモノ
 と言う思い込み」
から始まるのか は
それぞれ だと思います。


適当な距離…のアプローチで考えてみましょう。

アプローチであれば
クラブには 不可抗力、大きな遠心力は発生しません。
その距離、速度にもよりますが、
ヘッドの重さ、クラブ、シャフトを
ある程度、管理できる可能性があります。
2021-07-03_01-20-29_Moment
上の この写真を見ると
インパクト以降、フォローで
手を伸ばした、もしくは
ボールの飛ぶ方向に手を伸ばした、
 手を出した「ように」見えます…が
ふたつを比較してみて下さい。
2021-07-03_01-20-29_Moment(2)2021-07-03_01-20-29_Moment








実際には
手を出した訳でも、手を伸ばした訳でも なく
⚠カラダの向きを左にしただけ
⚠カラダを廻した、向きを変えただけ
 です。

スイングによって 発生した遠心力によって
グリップが「その方向」に引っ張られている のは
あるとは思いますが、
それを拒否していないだけで、
手を伸ばしたのでも、手を出したのでもありません

フォローを出そう、大きくしよう、
手を無理に伸ばそう、飛球線の方に出そう、

と 自分の意志でグリップを送り出してしまうには
からだの回転の止まり、向きの変更の抑止 が必要になります。
✋クラブの動きとからだの回転の切り離しが必要です。
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment

そうなると フェースの回転も伴ってしまう 為、
ロフト姿勢や入射角度だけでなく フェースの向きも
安定し辛くなります。

また スイングの特性上、
 意図的にフォローを出す
 グリップを飛球線の方に出す というのは
右打ちの人の場合、右手を伸ばすコトになりますので
その結果、左腕は不自然にたたまれ、
写真や動画で 妙に縮こまったフォローの腕(左腕)を
 目にすることになる訳です。
意図的にするのは  ですが
あえて 言語化するのであれば
フォローを出す は からだの向きを変え
 左腕が飛球線の方に伸びた、伸ばしたではなく
 不可抗力によって伸ばされた というコトを指すのでしょう。



実際には 振っていない腕 を
振らなければならなくなりますから
その前準備として からだの回転に対する
腕、グリップの「意図的な遅れ」が必要になります。
これがそのまま フルショットとなれば、
手を返す為に ロフトやフェースを開く、
本来の意図とは全く反対の……🙀🙀🙀
言うなれば 『スライスにならないように手を返す為に
スライスになるように ロフトやフェースを開かなくてならない』

と言う意味不明な動作を覚えることになります。
    …火を消すために 自分で放火するような…。

遠心力を含めた 不可抗力 とは
その言葉の通り、ヒトには逆らい切れないチカラ。
そして ゴルフクラブはいざ運動させる と
その不可抗力を多く生み出してしまう構造 です。
故に クラブを持っていない時 の 素振り と
クラブを持った素振り、
そして 実際の打撃が同じになり難い のです。

フォローの大きさを含め
インパクト以降、はその不可抗力が最大になる部分です。
自分でやらなくて良いコト、
それは 必ず発生する上に
逆らい切れないのですから
それに任せた方が当然、 簡単✋

確かに…フォローは 俗に言われる
「低く、長く、大きく出た(出したでは無く出た)」方が
 弾道は安定し易く、飛距離も出し易くなります。
その為に からだの向きを変え続け、
 逆らい切れない遠心力、不可抗力を利用して、
 左腕を飛球線の方に引っ張らせる、のであって、
遠心力そのモノで打とうとしたり、
遠心力の解釈を間違えてしまったり、
フォローを自分で出す、大きく取ろう としてしまうと
 自分で放火した火事に苦しむ可能性が…十分あります🥶
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


(インパクト、そしてそれ以降 無視出来ない違い_Moment(2)この写真のフォロースイング
茲亮命燭
蕕亮命拭帖

いったいどちらが正解、
もしくは お薦めなのか❓
話しはソコから始まったのですが…😨

お薦めなのは圧倒的に 茲亮命です……が…。
それを 誰にでもお薦め…と言うのには
 ちょっと躊躇してしまいます🤒
(クラブ・シャフトを振る って❔_Moment(5)【スイングの終わらせ方_Moment






プロも含め、大雑把な分類で ゴルフスイングには二種類あります。
😊この表現で伝わると嬉しいのですが、
スイングを時計の針で示すと
時計文字盤 6時に構え、→8→10→12時とテークアウェイし、
 ダウンスイングが 12→10→8時→ と戻ってきて
 だいたいですが 6時がインパクト
 フォローは 6→4→2→12時 のイメージで振っている
⛳インパクトを境に 自分の回転が止まる反動で 腕やクラブを振る
時計の針 は動かさず、
 時計と針の関係はほぼ固定で 時計自体が廻る
(向きを変える)感じ
 テークアウェイ〜トップの位置の区間で 針は1時間位ズレ(遅れ)
 (始めの状態の6時ではなく、アバウトですが7時と言う意味です)
 針と時計の関係は固定なまま、時計自体が回転(向きを変える)する
⛳クラブ単体は動かさず、クラブを持った自分が左を向く


👉これ 別な言い方をすると
自分の体は動かさず、腕とクラブを振って円を作る
クラブ単体を動かさず それを持った自分が向きを変え 円を描く

👉さらに 別な言い方をすると
ボールを打つ〜さばく のに
 ロフトを円の中の方、自分の方に向けて
 アイスクリームスプーンでアイスを「すくう」ように打つ
ロフトを外に向け、それを固定し、
 クラブを持った自分の向きを変え、ボールを円の外に弾き出す


👉ハミングバードではこれを
アマショット(すくい打ち、あおり打ち、しゃくり)
プロショット と勝手に名称定義しています。

どちらが良い、悪い の問題では無く
あえて言うのなら、これから ゴルフを始める、とか
スイングを学ぶ、 初歩に戻ってスイングを創り直す なら
➁の方が あとあと 苦労も少ないですし、
からだへの負担も少なく、体力/運動性能重視ではないのでベター…

と言うだけの話し です。
先の映像 ポニーテール ブルックヘンダーソン(メジャー1勝) 後の映像 ナイキの靴  アンヴァンダム(飛距離ランク1位)   👉プロであっても ざっくり大別すると 二種類います。

✋さて 元の話しに戻りますが
例に挙げるならば 上記映像のブルック系➀に
【スイングの終わらせ方_Moment
こういう終わり方をしろ、こういう風にフォローを! と言ったら
「ボールを打つな」「スイングするな」「飛ばすな」
 と言っているのと同じです。

自分の回転を追い越して、ヘッドを振る人にとっては
(クラブ・シャフトを振る って❔_Moment(5)
こういうフォロー、終わり方で無いと ボールが打てませんし、
スイング自体が成り立ちません。


これはあくまでも スイングイメージ です。
リリースが強めで、スピード(勢い)のあるドライバー では
クラブや腕などの 重さの慣性(勢い)が強く、大きく なりますので
同じ、ではありませんが、双方、形としては似たモノになります。
✋ここの部分 に着眼する、
✋ここの部分 が気になる
 というのであれば
この問題は フォローの問題ではありません。
問題は ボールのさばき方
フェース、ロフトを使って 球体であるボールをどう「とらえる」
どう「打つ」、どう「つかまえる」のか
と言う問題の 成れの果て がフォローに出るに過ぎません。

引き続き 明日もお読みください (つづく)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ