◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:フォロー


店長「全員 にじゃあ ないですけれど
 この抜き方 というか、スイングの終わらせ方は
 出来れば手で振りたくないのに
 クラブを下に振っちゃうとか、ローテーションしちゃうとか 
 手で振っちゃう人の解決策としては
 かなり有効じゃないか と思うのです。」
JMさん「なかなか 上手く行かない…ですけどね。」

店長「届かない とか、当たらない とか、
 怖さは有ると思いますから、加速の無いゆっくりとした
 ショットからやってみる必要はあると思います。」
JMさん「カラダは180度、クラブは90度ってのは
 頭では分かっているんですけど
 結局、クラブを180度振ってしまう。。。
 それ故に インパクト以降にからだ(左サイド)が止まって
 からだの回転が180度にならない、そう言う感じですね。」

店長「わかる、分かります。
.ラダは180度 クラブは90とか120度って意識
∈枯咾糧瓦方

 これは 左ひじを抜くって感じよりも
 左サイドを止めないで 廻していく、
 アドレス時を基準とすると、背後に
 ボールから離れていく方に 断続的に動かしていく
👉まずは 真似で、素振りから始めると良いかも、です。」
JMさん「素振りでそこまでは出来るんですけど…。」
店長「そうなると やはり
➂リリース 右腕を伸ばすことで何を動かしているのか
 というコトになると思います。
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment

 コレも ゆっくり の素振り で良いと思いますけど、
 グリップって 当たり前には
 右グリップの方が遠い方、ボールの方握っていますから
 右手の方がからだがから遠い方、
 グリップのズレ分 外側を通る から
 どうしても クラブ自体を押すことになってしまって
 それが故に、支点効果 で左グリップが止まり、
 からだの回転、向きの変更にも抑制がかかっちゃう。
((リリースの違い フォローの違い_Moment(2)

 ですので あくまでも『イメージ』ですけれど
 右手を伸ばしたら 左手の外側、遠い側ではなくて
 左腕の前腕、左手首よりも肘側の前腕を『押す』ような

 イメージで素振りをしてみて下さい。
((リリースの違い フォローの違い_Moment(3)((リリースの違い フォローの違い_Moment(4)((リリースの違い フォローの違い_Moment(5)
 本当に 『押す』訳では無く、
 左腕は カラダの向きでどんどん逃げていくのですけど
 そう言う関係だと 左腕、左ひじが押されていくので
 からだの回転が止まり難くなります。
 左腕の付け根は背後に逃げようとする、
 このままだと届かないから グリップはボール側に残す
 カラダは廻っていくので 左上腕は上がり、グリップは高くなりますが、
 左右関係として グリップは残る、
 そう言う感じです。

 ポイントは 左ひじで引く というのでは無く
 カラダが回り続け 左ひじが引かれる
 です。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店主「フォローを出す とか
 フォローを大きく取る ッテ気持ちは分かります。
 そこで やって頂きたいのは。。。ですね。
 インパクト以降、インパクトも含めて、ですね
 早く グリップの高さを取るコト です。」
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment

Yさん「ボールが上がらないから❓」
店主「それも無くは無いですが、
 手でターンをする方の特徴 は
 インパクトで グリップの高さ変化が止まる、
 グリップを低い位置でキープしよう、とするトコロです。
 ま、これが伸び上がりを生んだりもするんですが…。」
Yさん「高さ、としては意識してなかったけど
 グリップを止める、
 言葉にすると グリップを絞る、って言うか
 腕やからだを絞る、って感じはあるね。」

【対決】ヘッドの返し派 VS からだの返し派_Moment(2)【対決】ヘッドの返し派 VS からだの返し派_Moment







店主「そこねー。
 こう スイングで作った力を
 ガツンと受け止めて‼ みたいな感触
があるので
 そこを 流す 〜グリップを移動させちゃう と
 なんだか チカラが抜けるような、
 チカラが入らないような、 そんな感じで
 それを嫌う人は結構いますねー。」
Yさん「上手く打てるようになってくる過程で
 ソコの感触が カラダに残るから
 それを ナイスショットの目安 にしている部分は
 あるような気がするねー。」

店主「ですね。
 グリップはスイングの動作中、
 常時、高さを変化させています。
 切り返し、ダウンスイングから
 下がった? 低くなった? グリップは
 それと同じ勢い、それと同じ流れで
 インパクト以降は 上がって行く、高くなって行きます。
 それが からだの回転、左向きにつながって行きます。
 ソコを止めてしまうと
 カラダは発射台で 腕とクラブを放り投げる、
 みたいになってしまうので
 からだ、腰や肩、肘などへの負担も大きいです。
 そこは 若者に任せましょう。」
【対決】ヘッドの返し派 VS からだの返し派_Moment(3)

店主「実際にやってみると
 おそらく 今まで見たいに
 こう カラダや腕をギューと絞って
 チカラを放つ みたいな感じは無くなる
と思いますが、
 その分、本当の意味で  クラブが走る ようになるので
 フォローも大きくなり、
 ヘッドのターンや上りが緩やかになるので
 失速や引っかけ防止になります。
 感覚としては グリップの高さを変える、上に動かすと
 フォローが出ないような気になりますが
 実際には その方がフォローは出ます。
 意図的に、前(飛球線)の方に出すとは結構、異なります。」

Yさん「感覚としては 逆に
 フォローを小さくするような 感触になるね。」

店主「そうかも知れません。
 グリップを上げる、高くする意識でも良いですし、
 グリップの低さを留めない と言う感覚でも
 良いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ