◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:フェースローテーション


質問「スイングでよく言う リキミ みたいなモノも
 関係があるんでしょうか❓」

店長「有ると思います。

 リキミ の多くの場合、
 自分で作り出してしまう、増やしてしまう、
 クラブ、ヘッドの過度な重さが原因 であったりします。

〇ヘッドを振る、ローテーションする為に
 フェースを開いてテークアウェイを取れば、
 フェースを開いて上げていないの比べ、
 当然、ヘッドは重く感じます。
((((((((_Moment
〇クラブ、ヘッドを積極的に動かさず 自分自身が右を向く
 これが テークアウェイ、スイングの原則ですが、
 そうでなく クラブを、ヘッドを動かしてしまえば
 当然、よりクラブは重くなってしまいますし、
 そう言う場合、肩周りか、腕でクラブを動かしている、
 支えている訳ですから ソコに重さが掛かる、
 つまり 力む訳です。
【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment(2)【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment(3)








 インパクトへ入ってくるのに
 肘とグリップ出来ている三角形 の 下側、裏側と言えば良いのか
 そちらが ボールなり、目標を向いている、
 でも、からだの向きが変わるから ボールは打てる訳で…

 その三角形を 腕で表向き にしてしまうと
 クラブのターンは『二重』になってしまいますよね。
(からだの回転と腕・クラブ_Moment(からだの回転と腕・クラブ_Moment(2)








 打つまでの ヘッドの軌道も必要以上に大きくなりますし、
 クラブヘッドに遠心力もかけている。

 例えば ですけれど
 インパクトで伸び上がる は聞いたコトありますけど
 インパクトで縮み込む と言う悩みはあまり聞いたコトありません。

 手が浮く 〜ディッシュアングルが無くなる  もありますが、
 インパクトで手(グリップ)が沈む悩みも聞いたコトありません。
 スイングの種別に関係なく
 ダフル と言えば ボールの手前 で
 ボールの先をダフル人は 見たコト無いんじゃないです❓
(ハンドリリースサンプル集_Moment(3)
 つまり どれもこれも 必要以上に
 スイングパス(軌道)が膨らみ過ぎていて
 遠心力がかかり過ぎている
 『遠心力への対処』『求心力な動作ばかり』 ですよね❓


 クラブと腕で グリップが先頭になった『V字型』で動いているのと
 クラブと腕が ひとつの直線に近い長さで動いているのでは
 当然、打ち手に 掛かる重みも かなり違いますから
 どちらが『力む』コトになるかは 明白 だと思います。」

質問「ですよねー。」

店長「まったく腕を使わない訳じゃぁないですけど
〇からだの向き主体で クラブをターンさせるのと
〇曲がった腕を伸ばすコトを主体で クラブをターンさせるのでは
 それは後者の方が リキミが『必要』になります。
 前者の方が からだの近くをグリップが通ります。
 後者は どうしても『伸ばす』動作が明確に存在するので
 伸ばせる姿勢になるのに 切り返してから『一呼吸』以上必要で
 グリップはカラダから離れて行こうとします。
 より クラブが遠くを通り易いので 力みますよね。


 そもそも…ですけれど
 テークアウェイの段階において
 腕のリリースによる打撃が主になるように
 クラブを開いたり、寝かしたり した時点で
 からだの向き主体で はかなり無理があります。

 裏投げ って呼んでますけど、
 こういう感じが掴めてくると
 テークアウェイも、アドレスやグリップも
 意識的でなくとも 変わってしまう可能性は高いですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「ハンドターンで上手く行っている人は
 無理に からだの回転とかを取り込まず
 そのまま 続けなさい…と❓」

店長「伝わり難い…かも知れませんが、
 ハンドターン、ハンドリリース、フェースローテーション
 を主にされている方の多くの場合、
 からだの向きは クラブを動かすコトがメインでは無く、
 腕の曲げ伸ばし、腕のリリースをする『空間
 作るためのモノです。

 ですので 耳や目から入ってくる情報として
 "からだの回転の方が大切"であったとしても
 抜本的に 打撃の主をカラダの向きに変えない限り、
 今のスイング動作のまま、からだの回転を増やしたり、
 右打ちであれば右向きを増やしたりしても
 良いことは多くありません。

 ちょっと ややこしいですが、
 ハンドターンの多くの場合、
 スタートは クラブターン、クラブが弧を描くコト
 をカラダでは無く、手でしている訳ですが、
 やっている内に クラブをターンさせるコトよりも
 フェースをターンさせることの方が主になりガチ です。

 クラブ自身を180度ターンさせた としても
 開いたままのフェース、開いたままのロフト では
 高い、スピンの多い、スライス回転、
 もしくは 下をすり抜けるような抜け球になるだけ で
 ハンドターンの主は クラブよりもフェースをターンさせるコト
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)

✋準備としてのテークアウェイが
 俗に言う「上げるコト」ではなく
 フェースを回転させる為、フェースを閉じる為、
 「開くコトの為」が大変多く見られます。
👉ですので 右向きを増やしても
 フェースがより開き、インパクト間際でノ
 より急激なフェースターンが必要になったりするので
 向きや回転を増やしても 良いことは多くありません。

 からだをたくさん動かす、からだをたくさん回すから
 ボディターンではないのです。」


質問「ハンドリリース 手振り手打ちをしている人は多いと思いますが、
 多くの… 半分位の方は からだの回転に移行したいんじゃないです❓」

店長「そうでしょうとは思いますが、
 ハンドリリースって 

〇どこかを止めて、腕を振る、
◉腰を止めて 肩を廻す、
◉左サイド、左腕を止めて 右腕の伸ばす

(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)(ハンドリリースサンプル集_Moment(2)








 良くあるパターンですけれど
 インパクト時の 左脇の締まり っていうか、
 左肩から左手まで 絞ったような感覚で覚えている人も
 多いと思うんですが、ソコに至るまで、
 それを習得するまで、非常に複雑な過程なので
 その感覚を捨て去るのは簡単では無いと思います。

 俗に言われる『左の壁』
 おそらく 感覚的には 
左サイドの絞り、とか
 左脇のしまり、左腕のツッパリ
 みたいな感覚が
 インパクトとして とても重要で、
 からだの回転には存在しない 『インパクトの感覚』
 『インパクトの型』
と言うモノが存在します✊

【切り返しから『渋滞』を起こさないように_Moment(2)

 実際、ハンドリリースから ボディリリースに移行すると
 インパクト付近に 何も無いんです。
 ダウンスイングの過程からフォローの間の
 どこかに ボールに当たった箇所 はあるんですが、
 特徴的な動きとか、 特徴的な感覚 はありません。
 振り返ったら インパクトがあった と言う程度です。

 ただ 逆に ソコに矛盾というか、
 わだかまり、とどこおり を感じていた人は
 結構、大きな胸のつっかえ、のどに小骨が刺さったような
 そう言う感覚は失せると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「
手打ち〜、手振りね
 飛距離アップ✋ スライス防止✊ とともに
 アマチュアにとって 永遠のテーマ と言ってよいような
 課題 ですよね。」


店長「ですね。
 広く深いテーマなので 一つ一つ取り上げてみたい
 と思います。

 まずですね、
 手打ち、手振り、というのはどう言うモノなのか❓
 その反対になる からだの回転とどう違うのか❓
 です。」

質問「そこ 興味ありますね。」
店長「ゴルフスイング・ショットって
 ヘッドが円を描きますよね。
 手打ちって言うのは それを 手で行っている
 ハンドターン で
(ハンドリリースサンプル集_Moment(ハンドリリースサンプル集_Moment(2)







 からだの回転が直接的に円を描くのではないモノで、
 からだの回転の方は それをカラダの向き主体で
 行っています。

 もう少し 具体的に言うと
 ボールを打つ、打撃と言う衝撃のエネルギーを
〇からだの回転は その言葉の通り からだの向き
〇手打ちの方が 右腕(右打ち)の曲げ伸ばし
 を主体でやっている
 と考えて良いと思います。

 …とは言うモノの、
 手打ちであったとしても
 全部 右腕の曲げ伸ばし、リリースでやっている人
 だけでなく、
 からだの回転も混合している人もいますから
 ちょっと ややこしいですね。」

質問「全部、手でやっている人の方がマズくないですか❓」
店長「どっちもどっちです🙄
 ただ コト治すコト に関しては
 全部、手でやっている人の方が比較的 シンプルですので
 治し易い、治り易いかも知れません。
 割合は兎も角、からだと腕の混合 の人は
 かなり複雑なコトに達した時間分、大変かも知れません。」
(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)







質問「手打ち、手振りが良くない、治した方が良い、
 とよく言われますけれど その理由はなんですか❓」

店長「手でターンしても、からだでターンしても
 どちらも ターンするコトには変わりありません。
 
 これから ゴルフを覚えるとか、
 からだの故障を出来るだけ無いように、
 体力が落ちても飛距離が落ちないように、
 と思われている方には 推奨は出来ませんが、
 手振り、手打ちで楽しくゴルフが出来ていれば
 無理やり それを変えなくても良い場合あります。

 何故 治した方が良い、しない方が良い かと
 問われると
‖里粒読堯胴体や腰、肘などにねじりの動きが多くなり
 故障の原因になり易い  のは確かです。
 勿論、からだの丈夫な人は居ますから例外もあります。
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)

△らだの回転でターンするに比べると
 複雑な上に、動きが断然、多く
 それが インパクト前後という 高速運動時に行われているので
 各人各人の 絶妙なタイミングと修練
 という
 それぞれの人の 打撃の秘技 のようになっており
 万人に共通するアドバイスが有効ではありません。
 言うなれば スイングに関する共通言語が無いような
 そんな状態になり易く、悩んだ時、困った時、
 誰かからアドバイスを貰い難い状態に陥り易いです。
➂クラブに関して、なんですが、
 からだの回転と比べ、クラブを振る、シャフトを振る量が
 かなり多いので、本来、使うべきシャフトよりも
 硬いシャフトを選定するコトが多くなります。
 これも また 肘や手首、腰痛などの原因
になります。
➃ ➂に絡んだ話し、になるのですが、
 ヘッドのミスの寛容性、慣性モーメントなどの機能を
 発揮させるのが難しい打撃方法 になるので
 シャフトも含め ゴルフクラブのお助け機能を
 活用できない可能性が高く
なります。」
(ハンドリリースサンプル集_Moment(3)
質問「良いコトないじゃぁ無いですか❓」

店長「まあ…そうなんですけれど、
 結構、活躍しているプロにもいますし、
 アマチュアの殆どは 手振り・手打ち、
 その打撃方法の方が多数とも言えます。

 からだの回転で打つ よりもいろいろな面で
 多くの練習は必要になりますし、そのタイミングなどを
 体得した、としてもメインテナンス的な練習の維持も必要ですが、
 それが 加齢対策の運動 にもなっているので
 良い悪い の問題では無く、
 単に選択の違いと言って良いでしょう。」

質問「腕自慢さんは別として
 悩みの元が 手振り、手打ちのアマチュアは
 多いんじゃないかと思います。
 それは打撃の手段ではありますけれど、
 率先的に 好きで 手振り・手打ちしている人は
 多くないと思うんですが…。」

店長「どうでしょう?
 ごくごく普通のアマチュアの ゴルフスイング談義に
 耳を傾けていると
 手打ちは良くない、からだの回転で とも言っていますが、
 一方で 同じ人が遠心力で飛ばす とか
 ヘッドの返し、フェースローテーション
なんて
 手打ちせざるを得ない、手打ちのテクニック
 そういう話も出てきますよ。

 そもそも アマチュアが硬いシャフトを選定する理由の
 ヒトツに 『スライスは シャフトが柔らかいからだ‼』
 と言うのがあると思うんですが、
 もう その発想の時点で 手打ち、手振りの匂いがしています。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「自分だけの その秘技を極めるのも ゴルフスイング の
 ひとつ ではありますし、それで楽しくゴルフをしている人も
 たくさん居ますので、他人が否定する事ではありませんが、
 教科書に載せるにはちょっと・・・・と言う感じです。
 それを 総称して 手打ち/手振り と呼んでいます。
202252_Moment
 一方、クラブはトップの状態でロック
 あとは カラダの向きを変えるだけ
 であれば、ロックする時のクラブの状態
 を変えて置けば、動作中の変化は少ないので
 軌道には影響が出にくい、
 ですので
 弾道を変える、治すことが可能なのです。

 だから からだの回転でクラブは動かしましょう✋
 と推奨しているのです。」

TSさん「あああああああ なるほど、なるほど、
 やっと分かってきました。
 手打ちで無い方が良いのは分かるんですが、
 そのポイントが掴めていないと 出た球に応じて
 ダウンスイングやインパクト付近で ヘッド姿勢変更や
 スイング軌道変更をしてします ので
 👉肝心なトコロが手打ち になる。」


店長「そうですね😊
 手打ち/手振り の場合、
 ヘッドの姿勢変更をすると 軌道も同時に、
 軌道変更をしようとすると ヘッド姿勢も同時に変化してしまいます。
 また、その変化の具合は 重心位置などにも左右され易い。
 というコトで その具合がウッドとアイアンで異なる場合も多い。
 ヘッド姿勢と軌道、二つのことが相互に影響し合うので
 同じようなショットを続けにくくなるのです。」
会田20210701_Moment

TSさん「クラブの影響も大きいんですよね?」

店長「ですね。例えば 理想的な、正規な入れ方 では
 ヘッド姿勢は固定、軌道自体が下向き、クラブ全体が低くなり、
 インパクトを迎えるのですが、
 硬いシャフトや軽いヘッドでは グリップが誘導され難いので
 それでは届かない、
 が故に、ヘッドを下に振る、これはヘッド姿勢を変える、
 ロフトを増やすコトになりますので 軌道も変わります。
 ヘッドを下に振ると、ヘッドを下に振っているのに
 ヘッドを下に振っているが故に、軌道自体は上向きになりたがります。
 カラダが上を向いちゃうんですね。
 ですので ダフリ と トップ が 交互に出るような状態
 になります。
 
 ですから 多くは キツイ、オーバースペックなクラブから
 始まっているんですが、
 それが故に つかまり を見当違いな理屈で覚え込み、
 その見当違いな理屈を 実行しようとしているのですから
 治る方が珍しい、スイング改造成功する人は少ない⁈
 というコトになるのです。

 運動神経が無い、のでも、 練習不足でも なんでも無く、
 理屈を超越した 秘技 の正解を探求しているのですから
 そりゃ 成功度は高くなりません。」

TSさん「言葉は悪いですが アウトサイドインとか
 開いている とかを意識している限りは
 その先もダメなんだ というコトですか❓」


店長「絶対ではないですけど その通りです。
 動き始めたら ヘッドの姿勢や軌道は変えない、
 特にヘッド姿勢は 動いている最中にはダメです。

 変えられますけど 正しくは変え難いですし
 繰り返す為の目安が何もありません。
 ものすごく感覚的な部分に依存している。
 それを スイング「理論」とは呼ぶのはちょっと厳しい…ですね。
 
((((((((_Moment

 もし 今の弾道が好きでない、距離を伸ばしたい、
 弾道を変えたい とするのであれば
 クラブは早めに固定、トップで✋でしょうか、
 あとは廻るだけ、
 軌道を変えるのであれば 周り方を変える、
 クラブ姿勢、ロックは同じ、
 上げ方やトップでのクラブ姿勢、
 動かしていない時のクラブ姿勢を変えるしか ありません。
 多数の係数が同時に変化する方法はアマチュア向きで無く
 職人芸、一発芸に近いですから トライしない方が良いかな、と。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「 動く(柔らかい)シャフト と
 動かない(硬い)シャフト で
 極めつけの違い が 慣性モーメント なんだと思います。」
ドライバー入射角度yoko

質問「一般的には 慣性モーメントの数値が
 大きい程やさしい、芯が広い
 と言う刷り込まれ方 ですが…。」


店長「広義としては 正解です
 慣性モーメント
 実際には ヘッドのトゥヒール方向に対しての効果ですが、
 ヘッドの重量点を軸とした
 ヘッドの運動性 と言ってよいでしょう。

 数値が高いと 実は「運動性が低い
 要約すると 運動性が低いので ボールがヘッドのトゥヒール方向
 多少 ズレたところに当たっても
 ヘッドに回転する、フェースの向きを変えるような運動が
 『起こり難い』コト を指します。
445

 それは打撃時の問題ですが、
 ヘッド・クラブそのものの移動 に関しても
 数値の大きいモノほど、動き出すのにエネルギーは必要ですが
 一度運動が始まると 運動の持続性が高く、
 姿勢が保たれ易い、打ち抜き易い のですが、
 どちらも 棒の延長線上に 重量の中心点(重心位置)が揃う、
 重心位置の運動性
 を指しているので
 硬いシャフトで😵 棒の延長線上と重心が揃わない場合、
 単に ヘッドの回転し辛さ、取り回しの悪さ、
 大きな車で 細かい狭い道を走るようなモノになってしまいます。

 慣性モーメントは ヘッドの重心点を軸として
 軸運動を表す数値ですので
 ソコが軸になって無いと意味を成しません。
 ヘッドローテーションが必要なシャフトの硬さやクラブ、
 スイングの場合 軸点がヘッドの重量点ではなく
 シャフトになりますので その数値は補助や恩恵では無く
 邪魔なモノ、害悪にまでなり得ます。」

質問「手で振る、ハンドリリースをする人に取って
 慣性モーメントの大きなモノは フェースローテーションそのものが
 し辛い✋と理解して正解でしょうか?」

ヘッドはグリップを追い越しません!_Moment(2)

店長「はい、その通りです。
 ヘッドのデザイン として 慣性モーメントを高める には
〇ヘッドを大きくする
〇シャロー形状にする
〇ヘッド重量を重くする
 ですので
 どれもが フェースローテーション派には不向きです。

 ですが、慣性モーメントも 重心の深さ も
 クラブヘッドの『進化』の歴史ソノモノと言って良いですから、
 当然 これからもその部分は進む可能性があります。
 その恩恵が受けにくくなる クラブセッティング(シャフトの硬さ)
 その恩恵が受けにくくなるスイング…クラブ扱い は
 基本、出来るだけ避けるべき だと思います。」

質問「シャフトが硬いと クラブの運動とヘッドの重量点の一致
 が行われ難いので その恩恵が受けにくい というコトですね。」

店長「はい、その通りです。

 そういうコトも含め シャフトの硬さを吟味する。
 シャフトの『銘柄』を選ぶのも 楽しみのヒトツではあるのですが、
 硬いシャフト、動かないシャフトでは
 シャフトの特性も発揮され難いですから
 シャフト選び の 意味がなくなってしまいます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 。苅安紊僚性のお話し なんですが、
 やり始めて まだ間もない状態 で
 今は貰いもの のクラブで 軽いレッスンを受け始めた
 ところ です。

M20191011suburi_MomentM20191011-1_Moment(2)M20191011-1_Moment(3)





店長「男性用のお下がり・・・スチールシャフトです。
 それを まだ速度の上げられない、
 ドライバーのヘッドスピードで言うと 25㎳
 行くか、行かないか の女性が使う訳ですから シャフトは動かない、
👉シャフトが動かないから グリップが押されない、
👉グリップが押されないので ハンドファーストが出来ない、
👉ハンドファーストが出来ないから ボールに届かない、
👉ボールに届かないから 早めにリリースする、
👉早めにリリースするので 当たっても ボールはつかまらない、
👉早めにリリースしてしまうので クラブと腕が
 からだの回転から離脱してしまう、
👉クラブを振るコトになるので 遠心力のせいで
 トップとダフリの繰り返しになってしまう。。。。。

 という ループに入ってしまっているのです。」
質問「キツイっすね…。」
店長「それによって 左右のグリップの形、関係も離れ気味
42ea91fdで定着、覚えてしまいますし、
それに準じたアドレスになる…。
ものすごく よくある パターンだと思います。」
店長「冷静に見るとそうなんですけど
 始めたばかりの女性にとっては
 …私が下手だから… …私はゴルフ向きじゃないんじゃないか
 って感じてしまうのは 至極当然だと思うんです。

 女性やシニアの場合、当たっても 速度が低いですから
 ボールが浮き難い、距離が出ない、
 クラブを振り回すコト になるので
 それを支えるグリップ、アドレス になり、
 長い重い棒を振り回す為の技術ばかり が身に付きます。
 本来、全く要らないテクニックばかりです。」

質問「クラブで改善できるんですよね❓」


店長「はい。その方にもちゃんと説明しました。
 クラブ単体を振り回すコトを前提にした
 女性用市販品のように 軽いヘッド では無く、
 ある程度 しっかりしたヘッド重量を選び、
 ヘッドスピード25㎳でも 十分、動くシャフトを使えば、
 打つのは自分…ですけれど、
 低いトコロにあるボールを拾ってくれる、
 ボールに当てさせてくれる のはクラブの役目 です、って。

 重めのヘッド、柔らかいシャフト を打って頂くと
 始めは ダフリ気味、クラブの重さに苦労するのですが、
 10分もしない内に慣れて来て、
 案の定と言えば 案の定なんですが、
 ボールに当たるコトと低いトコロにあるボールを拾うコト
 それを 自分でやっていた要らない技術からは開放され始めます。


 ボールに届かない、当たらないから と言って
 クラブ単体を振り回す コト が良いのか、
 それをする為の 軽いヘッド、軽いクラブが良いのか、
 クラブ単体は動かさず、自分が動いた方が良いのか、
 それであれば ヘッドが重くても負担は少ないですから
 重いヘッドにした方が良いのか・・・

〇長い棒は振り回すモノなのか
〇長い棒が故に 振らず 自分が動くのか

 その概念みたいなモノも クラブによって形成される
 可能性が非常に高いのです。

sibunoap


 ゴルフショットは かなり複雑な立体の角度 によって
 構成されます。 打つ地形や傾斜もかなり変わります。
 自分が動かず クラブを振る方が良いのか、
 クラブを動かさず 自分が動く方が良いのか、
 その分かれ道は クラブが握っている、
 自分が使うクラブ次第です。

 この感覚というか、思い込みはゴルフをしている限り、
 ずっと続いていくのですが、
 シャフトはヘッドを動かすモノ、役割なのか、
 シャフトはグリップ・自分を動かすモノ、役割なのか、

 ある意味、ソレは正反対の関係にありますから
 形成されていくスイングも全く別なモノになって行きます。

 今回の,離院璽垢禄性のケースだったのですが、
 なんとなく…ですが、かなり多くのゴルファー、
 女性に限らず アマチュアのゴルフの始まり の
 該当するんじゃないのかな
 って思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「シャフトが硬いとボールに届かない、拾い難い、
 下に振らないとボールを打てない、

 ここで 届く届かないを
 ヘッドの下への動かし と 誤った認識を刷り込むコトになります。

 本当は ヘッドを下、 じゃなくて
 グリップ、クラブを前 になんですけどね…。

 また ボールに当てる為、ヘッドを下に振る は
 グリップの移動を妨げてしまうので
 その動作はそのまま 手打ち〜手振り になります。 

 この時点で まさか 『シャフトが硬い』から
 なんて誰も思いませんから、
 手打ちは良くない と言われるが
 ヘッドを下に振らない と ボールを打てない
👉手で振らない と ボールを打つコトが出来ない
 という 別な解決不能課題 が生まれてきます。」
質問「それで 15年、苦しみました。」
店長「コレって 物理的には当たり前なのに
 誰も説明しないから 迷宮入り しちゃうんですよ。
【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment(2)【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment(3)







 オリジナル には クラブを持った打ち手が
 クラブを動かすんじゃなくて、それを持った自分が
 くるりと向きを変えるから 円を描く んです。
 クラブやヘッドで 円を描いているんじゃない、
 クラブ自体は動かしていないんです。

 ま クラブにはロフトとか、ライとか、フェース角度みたいな
 把握しきれないような 角度が存在し、
 それが インアウトだけでなく、上下の角度も含めて
 移動する、時間の伴った軌道 との組み合わせで
 飛んだり、曲がったり、上がったり、
 無限の組み合わせがあります。
IMG_0612

 遠心力の発生し易い、打点にズレの有るゴルフクラブの構造で
 再現性を考えたら 選択の余地はないんですけど
 シャフトが硬くて 届かせる、当てさせる という
 補助機能の無いクラブが前提で スイング論議を進めるんですから
 解決するのが より難しく、複雑になる。

 クラブ単体を動かさず、自分が向きを変えるから 円を描く。
 その中で ヘッドをよりたくさん動かそう、
 クラブ単体で円を描こう としたら、
 当然、グリップの進行が止まり、からだの回転と
 クラブは別なモノになってしまう。
 クラブ単体に角度運動させたら、
 ダウンスイングであれば ヘッドの重心は右に、後ろにあるので
 動かせば動かすほど フェースも、ロフトも開いて行きます。
【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(6)

 ですので 届く問題が解決する(解決していないけど…)と
 次は ヘッドの開き問題〜スライス問題になってくる、
 もうこの時点で オリジナルのスイングの流れとは
 全く別な路線に入ってしまう訳です。」

質問「単に クラブの、シャフトの硬さの問題から始まっている、
 と思うと。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。」

店長「例外は少ないと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「スイングの終わらせ方というか
 クラブの納め方が掴める、感じ取れる とだいぶ違うと思いますよ。」
((リリースの違い フォローの違い_Moment(4)
JMさん「トライしてみると 感覚的には
 左右の肘の絞り型、と言えばよいのか
 正しくは 絞らな型、絞らない感じが強いですね。」


店長「そうですね、 通常、多いパターンが
 テークアウェイで右腕右ひじ、フォロー側で左腕左ひじ
 を絞って ロールさせる方法 だと思うのですが、
 カラダの向き通りにクラブを動かす となると
 肘が先行、リードする訳では無いかも知れませんが、
 肘はいつも カラダの外に張りだした形になりますね。」
((リリースの違い フォローの違い_Moment(3)

JMさん「感覚的な部分なので なんと言えば良いか難しいですが、
 インパクト時に感じていた 自分の体内の窮屈感というか、
 体の中で何かがクラッシュしている感じがなく、
 凄くスッキリした感じと言えば良いのか、
 何も無くて、物足りない感じもします。」

店長「あああ 分かります。
 仕事上、どうしても 強いハンドターンというか、
 フェースターン、ローテーションをすると
 その クラッシュ感がからだに残って しばらく苦労します😄

 左グリップ、左ひじをある程度ロックさせて
 それより先を廻す、左の肘から先をロールさせるので
 かなり窮屈というか、個人的には痛みも感じますもの…。」

JMさん「テークアウェイの取り方も変わりますね。」
店長「と思います。
 肘をカラダに張り付けて、下向きに絞る
 というのが多いと思いますが、
 テークアウェイ、フォローのどちらも外に逃がします。
 それを クランチ の肘とか、
 弊社では刷毛塗 なんて言うんですけれど、
 テークアウェイの形だけ それを造っても
 フォロー側でも行わないと あまり意味ないですからね。
((((((((_Moment

 と 同時に、まあ 少し大袈裟ではあるんですが、
 右腕の伸ばし、リリースで
 左手の前腕、手首側よりも上側を押す となると
 それをする為のグリップになると思うんです。
 インターロックとか、オーバーラップ、
 フックとか、スクエアでは無く、左右の密着度というか、
 それは必須になってくると思うんですね。」
((リリースの違い フォローの違い_Moment(2)

JMさん「。。。。。。」
店長「グリップを見て 左右の密着度の無い、
 緩いグリップを見ると  あああ 手で振るんだな
 って まずは判断します。
 スイングを治している中途でも まず見るのは
 グリップの密着度です。 直ぐに治らないのは仕方ないですが、
 トライしているんだなぁ、と言うのは分かります。
42ea91fd36ed9c16スナップショット 1 (2013-11-29 10-46)







 左右のグリップが緩い、離れているのと
 密着度が高い、のとでは 当然、アドレス、姿勢、その向き
 にも表れてきます。

 左右のグリップが緩い場合は 当然、体のゆがみは大きくなるので
 どうしても 見た目、違和感と言えば良いのか、
 奇妙な部分が出て来ちゃいますから。
((廻る方・向き方を変えてみましょう_Moment(3)「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment(2)





 ショットって 縦の距離も、左右の方向も、
 出来るだけ 揃えたい、繰り返したい訳ですが、
 動的な動き よりも それを始める姿勢、アドレス、グリップの方が
 影響が大きい…んですが、
 その姿勢、アドレス、グリップの均一性を高めるために
 動作としてのスイングを造っている と言っても間違いないです。
 動作ソノモノの問題よりも大きいかも、です。」


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「フォローが小さい、大きくしたい って
 ヒトも結構いるじゃないですか❓」
JMさん「ありますね。 昔であれば
 コースで 連続写真を撮って貰い、
 こんなスイング、こんなフォロー したつもりはない!
 って奴ですよね。」

店長「ですねー。自分の思い描いている通りの
 スイング映像になっていることは稀ですからね。
2021-12-06_22-21-54_Moment(4)81b16761-s






 フォローを大きくしたい っていうのを
 『両腕を延ばすようにすれば フォローは大きくなる』
 と思っている人も少なくない、のかも知れないですけれど、
 フェースターンをする人にとって、
 自分自身が 180度ターンすると
 当然 クラブも180度、
MVI_0878(2)_Moment(4)MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(7)




 イヤ それ以上ターンすると思っている人ほど
 想いと裏腹になっっちゃうんですけど
 それをすればするほど
 フォローは小さく 小回りになってしまいます。

 フォローを無闇に大きくする必要はないですけれど
 カラダ向きゴト クラブターンをすれば
 自分は180度ターンするけれど
 クラブのターンは90度でいい と思って行うほどに
 それは解消されていきます。

 弾道が安定しない人やフェアウェイウッドが苦手なヒト
 は この部分、大きいんじゃないかと思います。」

JMさん「抜き方、と言えば良いのか分かりませんが、
 どんな抜き方 になるんです❓」

店長「フォローの取り方、スイングの終わらせ方の
 ポイントは3つあります。
スナップショット 2 (2015-09-24 17-52)スナップショット 1 (2015-09-24 17-51)




,泙困蓮^媼韻箸靴
 自分の向きは180度ターンしても、
 右から左へ(右打ち)と体の向きを180度変えても、
 クラブの先端には重さ が付いているので
 アバウトですけれど クラブ/シャフトは90度とか120度しか
 ターンしない、出来ないというコト です。
スナップショット 6 (2015-10-15 19-55)スナップショット 7 (2015-10-15 19-55)スナップショット 8 (2015-10-15 19-55)







 からだの向き180度に対して クラブのターンは90度とか120度、
 その位の意識であっても
 
インパクト以降、自分は減速するのですから
 遠心力や慣性 によって 結果、イコール それ以上になります。
 
 運動の元、になるはずの 自分のからだの向きを
 先端部のヘッドが追いつく・追い抜く って
  発想 が一体全体どこから来るのか…
 超常現象じゃないんですから…。

 からだの回転を180度 クラブも180度 って考えている人の
 クラブ扱いって からだ120度 クラブ270度 になったりします。
 クラブの回転の角度(角度運動)が増えれば増えるほど
 半径は小さくなり、軌道変化、ヘッドの姿勢変化も激しく
 なりますので 安定したショットをし難くなりますよね。

スナップショット 3 (2016-11-15 22-13)スナップショット 5 (2016-11-15 22-13)スナップショット 6 (2016-11-15 22-13)





スナップショット 4 (2016-07-27 18-56)スナップショット 5 (2016-07-27 18-57)スナップショット 6 (2016-07-27 18-57)







⊆,忘酲,箸靴討痢]咾気个、肘さばきですけれど
 基本は テークアウェイと同じです。
 
 テークアウェイの時は右ひじ、右腕(右打ち)になりますが
 インパクト以降、フォロー側であれば 左ひじ、左腕になるだけ、
 肘を下に向けて、とか、肘をからだに付けて、とかで
 左腕の肘から先を振らない というコトですね。
 肘をやや外目に向けて 腕をたたんでいく感じになります。」
((リリースの違い フォローの違い_Moment((リリースの違い フォローの違い_Moment(3)





JMさん「なるほど、確かに テークアウェイと同じですね。」

店長「ポイントは 肘使いではあるんですけど、
 グリップの高さ変化を止めないコト にあります。
 抜け側の左ひじを外目に向ける は
 左の上腕を上げていくことにつながりますが
 それによって グリップの逃げ道、抜ける道が出来ますが、
 左腕をロールさせて クラブを振ってしまう場合、
 グリップの移動が止まってしまうので
 フォローはからだの巻きついてしまいます。
 スピードも上げにくいし、軌道やヘッドの姿勢の変化も激しい、
 その上、肘や手首、肩、腰などへの負担も大きいのですから
 アマチュアが率先的にやるべき では無いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだの回転でクラブを動かす のと
 手でクラブを動かす、 もう少し詳細に言うと
 からだの廻りで クラブヘッドが円を描かせる と
 手で クラブヘッドを円を描かせる  の
 最大の違いは インパクトが一点になるのと
 ゾーンと呼べるか どうかはなんとも言えませんが
 点では無く 線に出来る のの違いになります。」
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment(3)

JMさん「当然、手で振った方が点になり易いですよね。」
店長「そうなりますね。
 ですので 同じ条件であれば
 からだの廻りで 円を描いた方が安定し易い ですし、
 ロフトを締めて インパクトし易い、
 ボールをつかまえる、捕える と
 方向の安定が相反しない 関係になります。
 ですので よく言われる 飛ばすと安定は
 本当は相反しないのです。」

JMさん「その最大のポイントはなんなんですかね❓」
店長「私は カラダをどう動かす とか、
 この時は カラダの姿勢はこうだ みたいな技術的なコト、
 ではなく、ざっくりとした クラブってこう動くんじゃないの、
 っていう思い込みと言うか、概念のミス だと思っています。」
JMさん「間違った思い込み。。。ですか❓」
店長「そう思います。
 例えば アプローチで
 カラダの向きが 180度変わったら
 クラブ、シャフトも180度ターンするモノ と思い込んでいますが、
 自分自身が動力で 180度向きを変えても
 クラブは 運動に対しては負荷です、
 特に ヘッドにはクラブ全体の60%以上の重さが付いていますから
 具体的に ●●%とは言えませんが、
 その重さの分、120%とか、
 イメージでは 90%位しか動かない
 と考えた方が
 カラダとクラブにズレが生まれ難いと思います。
MVI_0668Trim(2)(2)_Moment(3)MVI_0667Trim(2)Trim(2)_Moment(4)








 それと同時に、その円を描くコト ですが
 スイングを動作 として考えると
 当然、終わらなければならない ですから
 動作としては 減速 〜停止に向かいますが、
 クラブには勢い、慣性、惰性 が付いていますから
 結果、としては 自分の動作を追い抜く可能性があります。
 勿論、打った後 になりますけれど。。。
 ソコを勘違いしている人が結構、多いんじゃないか
 と思うのです。」
JMさん「ヘッドがグリップを追い越す の話しですね。」
店長「はい。その事実は否定しません。
 否定しませんが、それで打つ、打撃する訳では無い、
 どちらかと言えば、それは おまけ に近い
 打ち終わってから 「発生」するモノ です。
((リリースの違い フォローの違い_Moment((リリースの違い フォローの違い_Moment(3)((リリースの違い フォローの違い_Moment(4)





 ヘッドがグリップを追い越す を 打撃ソノモノ
 と考えている限り、
 それをする為には 体のどこかを止めねばなりませんから
 イコール 手振り になります。
 フェースターン、ヘッドターン、フェースローテーション、
 それらを 打撃ソノモノ だと考えている限り、
 手振りからは逃れられない のです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブの用語には
重量 や 重心、重心位置 など
「重さ」を表す言葉が多く用いられています。


重さ(おもさ)とは…辞書っぽく言えば
 その物体に働く
重力の大きさ、
 および、
慣性力の大きさを指します

スナップショット 1 (2014-07-21 12-32)

クラブの特性、性格を表す 重心位置は
その 重さの中心点が クラブヘッドのどこにあるか
を表しています。

重量は当然ですが、地面(地球の中心)に向かって
引っ張られるエネルギーです。
別な言い方をすれば、移動させるのにかかるエネルギーであり
そこに留まりたいエネルギーでもあります。


✋✋スイングを考えるうえで 打つ人の姿や形、格好
また 動画の中の ヘッドの移動軌跡 などは
話題になりますが、 物質としてのクラブやヘッドの重さ
そのかかり方は 誰も話題にしないのはとても不思議です。
✋誰かのスイングが良い、
 誰かのスイングが間違っている、
そういう意味合いではなく
 練習が豊富に出来ない、運動神経に自信がない、
 体力や筋力も「オジサン並み」の人にとって
 簡単なとは言わなくとも、辛くない、傷めない方法を
 というのが コンセプトの根底にあります。

✊そう言った上で この二つ のトップスイングの状態では
重心のかかり方重心のかかり方 (2)







PCC重心のかかり方 (3)








ヘッドの重量、重心位置がクラブに及ぼすチカラ
そして それを持つ人に及ぼすチカラは
見ての通り、想像の通り、同じではありません。

✋昔から クラブを寝かす と一言で言われていますが
クラブを寝かしてしまうと ヘッドの重さ 重心位置の作用が
スイングにいい具合に働かない という意味合いの言葉です。

重量は あくまでも重力
 簡単に言えば地面に対し働く力です。
それは ヘッド重量にとっても
ヘッドの重心位置にとっても同じです。

そして ゴルフクラブは それが長い棒の先にあるので
その重さは増幅されてしまう と考えて良いでしょう。
それを どういう姿勢 どういう位置に持ってくるのか
によって 次の動作はおおむね決まってしまう と言えます。

PCC← 彼女を例にとってみると
ヘッドの重さ と 重心位置は
左腕 左サイドには上がる重さがかかり
右腕 右サイドには下がる重さがかかります。
ヘッドはより下がろうとしますし
グリップにはその反動というか 上がろうとする力が
かかりますから 当然、次の動作に影響します。

重心のかかり方 (3)
こちら・・・であれば
これから 下げたいグリップには
そのまま 下がり易い重さが掛かりますし
右腕だけでなく 左腕にも 似たような重さが
かかりますから、重さの作用として
どちらかサイドだけが下がり易くはなりません。


o重さを漠然と 何グラム、何キロ と捉えるのではなく
その重さの作用 を利用してこそ
ゴルフクラブ、クラブヘッドの特性が生かされるのです。

自分がどう動きたいか、どう動かしたいか よりも先に
クラブの位置や姿勢を考え
その重さの作用によって、自分の動きたい方向や動き方
それを導き出す方が正解だ
と思います。

ドライバーであれば ヘッドの体積が増え5904-0091_4
それに伴い 重心距離(シャフトから重心位置までのギャップ)
も 慣性モーメントも上がりました。
アイアンも 厚みが増え 重心深度が深くなっています。
✊どれも これも 握っている棒〜シャフトやグリップから
重さが離れている というコト です。
・・・・にもかかわらず ヘッドターン全盛 って
・・・もう少し 科学的というほど難しくなくても
 モノの道理通り、自然の摂理道理に
 スイングを考えてもいいんじゃないですか・・・と私は思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



よくある話だと思いますが、
例えば スイング改造のゴール(目標) が
●体の正面でボールをとらえる、
●伸び上がらないでボールを打つ、
●体を開かないでボールを打つ、
●ディッシュアングルを保つ、
●インサイドアウトに振る、
 のいずれかだったとします。
(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment

それらは全て 技術的な改善 が要らない
 とまでは言えませんが、
少々大袈裟には、技術的な改善がほぼ無くても
 ゴールには行き着ける、
逆に「
技術的な改善だけ」では絶対に行き着けない

  と考えて良いと思います。




⇩⇩⇩ 以下 あるお客様から頂いたメールです
       ;ご本人の許可を得てメールより抜粋



「スイングが完成したとは到底、言えませんが、 
スイング改造に着手し始めた頃と比べると
だいぶ マシになってきたと感じます。
(こすり球克服ドリル_Moment(2)

幾つかの段階を経てくると
実感するのは『スイングの改造』は技術的なものではなく
おっしゃる通り、過去の自分のゴルフ歴の中で
形成された「思い込み」や漠然とした「スイングの概念」
の書き換え、上書きがどこまで進んだか

 というコトに尽きると思います。

手打ち から からだの回転(まだまだ完成には程遠いですが)
に近づいてい来ると、まず、感じる(大変強く)のが
「インパクトまでの時間の早さ」
別な言い方の方が分かり易いかも知れませんが、
「インパクトまでの時間の無さ」 です。

ダウンスイングが始まってからインパクトまで
腕をこうしよう、
スイング軌道はココを通そう など
そんな事をする時間がありません。
まったくありません。
そもそも ダウンスイング という期間 がない感じです。
切り返した途端、インパクト‼ に近い感じです。
何かをする時間がありません。

今までは切り返してから
ダウンスイングでこうしよう、
足はこう、
手はこう、
クラブ(ヘッド)はここを通そう
ヘッドの姿勢はこう、

そんな事を考えていましたが、
それが出来る、それをしようとする事自体が
手打ちなんだ
 と気づかされました。

素振りや練習していない時は
体の使い方は考えたりしますが、
からだの回転で徐々にボールが打てるようになると
インパクトまで、だけでなく、
スイング動作そのものの時間が短いので
いざ ショットとなったら
考える事、考えられる事は フェースの下向き、
フェースをボールに向けるコト(上下関係)だけ
と言っても、言い過ぎではないかと思います。」

 ★ー☆―★―☆




(店主)スイングはからだの回転を主にして行っているので
ごく当たり前に行えば
からだの回転通り…なら 必ずインサイド から入りますし
トップとインパクトの関係から考えれば
当然、上から ヘッドは入ります。
(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(2)(片手での素振り と クラブの格納_Moment(4)






それが アウトサイド から入ったり
下からしゃくる 煽るように入ったり する
という事は 何らかの理由で
約束の場所(ボール)に 遅刻 しているのです。



その最たる例が(コレも何度も書いていますが)
腕とクラブに長さがあり、
その先端に重さの付いた構造 がゴルフクラブ です。

手であっても、からだの回転であったとしても
自分がグリップを 180度向きを変えても
ヘッドに重さが有る分、シャフトは180度回転しません。
運動分、重さ分 180度よりもかなり少な目
おそらく 90~120度程度 しか角度運動しません。
それが 万物の物理法則 です。

8658a3e6-se00bf7e6






それを 自分が180度回転したら
クラブも180度回転する としてしまうと
90~120度の回転運動と、当然、別な動き になります。
このような 角度運動が途中で変わる場合、
 多くの場合は 棒の途中にトルク(別なチカラ)が掛かる訳ですが
棒は必ず支点ズレ を起こします。
グリップの移動~向きの変更/回転に対し
 本来は その重さ分(長さや運動も積算で加え)
角度運動は少なくなる場合は
人間の動作の軸 が形成されますが、
途中で 棒(この場合はクラブやシャフト) にトルクがかかり
別な角度運動が発生すると
人間の軸は そのトルクとほぼ反対の方向にズレ
スイングの場合、向きと前傾姿勢があるので 少し立体的にズレます。
 軸が右に倒れ、軸自体も右にズレます。

MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(6)
←間違いの元

ですので 振り始めた、トップの位置 で
想定していた 最下点 は 右にズレ
しゃくり軌道やあおり軌道 になる訳です。
想定した最下点よりも 先 でインパクトする、
という事は アウトサイドから入る に相当します。

さて これを治すにはどうしたらよいでしょう?

☑右にズレるコトを想定してボールを置く
まあ これもあるでしょう。
☑ヘッド軌道だけをインサイドに変える
別な更に深刻で、複雑な問題にすり替え となります。
☑変えない
無難です。ただし、コースでの実際のショットでは
ダフリ、トップの頻度は高いですし、
距離が出にくく、飛ばそうとした時、弾道が高くなり、
上手く当たっても 引っかけの恐怖はつきまといます。

物理法則を無視し
無理やり ゴルフのスイングの定義に当てはめれば
苦労するのは本人以外何物でもなく、
そこには きちんとした対処法は存在し得ません。

当り前 と思っているコトがスイングを苦しめるのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



店長「ハンドファーストを解くリリースと
 ハンドファーストを維持するリリース
 では
 ダウンスイングからインパクトに入ってくるところの
 クラブの角度が かなり大きく違います。
(インから振るのがすべて!じゃない_Momenta5b965fd





 時計で説明すると
 アドレスを 12時-6時の方向に取っているとします。
 テークアウェイに トップの位置では
 だいたい 理想的には6時の方をカラダは向く訳ですが
 多くの方は イメージ、だと思うのですが
 ボールを打つため、元に戻るため、
✋シャフト・クラブを 9時‐3時の方向に
✋ボールと自分の関係 に対し
 アドレスと同じように 自分に垂直 にしよう と
 すると思いますが、
 ハンドファーストを維持する為のリリースでは
 アバウトですけれど 飛球線と平行に クラブを抜く
 グリップエンドを飛球線の方向に向けたまま
 自分とボールとの間を通す、そんな感じなんです。」
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment(3)
Mさん「ボールに当たらなそうですが…。」
店長「ですよね、
 でも 自分は、自分のからだは向きを変えていますから
 それで十分なんです。
 打撃部分であるヘッドを ボールの方に出さなくても
 自分が向きを変えるので 結果、そうなります。

a5b965fd物理的に考えてみましょう。
トップの位置で 6時なり、7時当たりのトコロに
グリップエンドはあります。
そこから カラダの向きを変えて
6時→3時→12時と クラブとの接点は移動していく
 のですが、クラブは長さもあり、先端に重さもあります。
 ヘッドは重さの塊ですので、ソコに留まろう としますから
 クラブはどんどん 自分にまとわりついてくる筈 です。
 結果、としては ヘッドはボールの方に出ますが、
 それを 意図的に、意識的にしようとすれば
 円を内回りにしなくちゃいけない、とか
 カラダとの接点であるグリップ部の移動を止めなくちゃ、だとか
 機械的には意図的な不具合が必要になるのです。
(クラブ扱いのイメージの比較_Moment
 スイングは円を描く のですが、
 それは カラダの向きが行いますから
 手さばきで 二重に円を描く必要はない
のです。」

Mさん「頭では理解出来そうなのですが。。。」
店長「😊😊😊 ブレインストーム(意識改革)ですので
 そう簡単ではないかも知れませんが…。
 フェースを開いているので
 グリップエンドを飛球線の方に抜こうとすると
 スライスになったりする訳で
 始めは フェースは開いていないのですから
 開いて、閉じる ではなく
 始めの状態のまま、にしておけば良いのですが…。
 勿論 運動の抵抗がかかりますから
 その状態を維持して置くには 工夫は必要ですけどね。
IMG_0148_Moment

 テークアウェイ、トップ、ダウンスイングの初期、
 左右のグリップの関係は
 右手が左手の上にある、かぶった状態です。
 微妙ではありますが、右手の方が自分側にあるのですが、
 そのまま 自分に近い方に、
 左手の方がボールに近い方に、
 正確には「押す」訳じゃないですけど
 その関係を腕さばきで反転させないようにする、
 右手を左手よりもボールの方に出さない感じです。
スイング ココを治そう❷_Moment

 よくある 右手を左手よりもボールの方に出す、
 その時間分、からだが止まっているとか
 グリップの移動が止まってしまいます。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



店長「ブレイクラインをグリップエンドで割る
(片手での素振り と クラブの格納_Moment
 その感覚に馴染めたなら
 あとのポイントは
 『ハンドファーストを維持する為のリリース』だと思います。

 『リリース』とは
 曲げた、短くした利き腕、
 右打ちの人であれば右腕ですね、
 これを伸ばす、元の長さに戻すとき
 『いったい何をするのか』
 『何を動かすのか』 
 です。

 手打ちの人の場合、
 この『リリース』が打撃の全て
 と言っても過言ではありません。

 スイングの外周 ヘッドの通るであろう円
 その外周に対し、ヘッドをその外周に押しつける、
 時計の針 のように 外周に対して垂直と言えば良いのか
 そう言う風にするモノ、
 それをする為 腕を伸ばす
 と考える人が多いかな、と思いますが、
 そのイメージが からだの回転の役割を腕が奪ってしまう のです。
(クラブ扱いのイメージの比較_Moment

 ブレイクラインをグリップエンドで割るイメージを前提に、
 腕を伸ばすことで
 ヘッドでは無く、クラブ、シャフトを外周に押し付ける
 そう言うイメージが必要かと思います。
 
 その言うイメージを持っていないと
 運動した時に発生する不可抗力〜遠心力
 その遠心力と仲良く出来ません。

 腕のリリース、腕を伸ばす作法で
 円の半径になるようにクラブを動かすと
 ソコでかかる遠心力によって
 行う前の円が 違う形、歪んだ形になってしまい
 遠心力を利用する、手助けさせる ではなく
 遠心力に振り回される形になってしまいます。

 言うなれば 腕をリリースする、クラブを持った左腕をリリースする、
 のであって ヘッド(の重さ)をリリースするのではありません。
 クラブを遠くに投げる と言う部分では
 ヘッド(の重さ)をリリースするのは正解ですが 
 野球のボールを投げる のと違って
 クラブを投げる競技では無く
 そのクラブでボールを打つ競技なので
 打撃の強さ とともに、打撃の正確性、安定性が必要です。

 放り投げた ヘッドの重さ
 それで 正確に、安定してボールを打つのは
 計算上、不可能ではありませんが、
 繰り返し同じようにするのは
 部活のような訓練/メインテナンスが必須になります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「オーバーラップ、インターロック、ベースボール
 フック、スクエア、ウィーク、  とともに
 どう名付けていいのか、分かりませんが
 分類されるべき グリップの隠された大きな要素
 だと思います。
 
IMG_1304IMG_1303










 あくまでも少しアバウトなイメージですが、
✋指、手に対し、平行にグリップするのか
✋それとも垂直(直角)にグリップするのか

 クラブと手、クラブと自分の関係は
 どちらが近いのか、認識しておく必要があると思います。」

質問「どういう関係にするのか、
 によって 手のひらで握るのか、指気味で握るのか
 変わってきますね。」

店長「ハイ。大きく異なります。
 指と平行に握れば 指側で握れますが、
 直角な関係…となれば 手のひらで握ることになり易いでしょう。」
IMG_1296
店長「その通りです。
 指、手に対して 平行に とは言っても
 実際には 平行には出来ませんが、
 そういうイメージの方が
 少なくとも 直角に持って 手首を落として構える
 よりも 手首や肘、からだ対する負担は少なくできます。」

質問「見た目 から考えても
 その手、腕の先にある カラダとクラブの関係を
 どうイメージしているのか、につながってくるのですね。」

店長「そう思います。
 そのグリップの先にあるからだは
 俗に言う からだの回転 と言って
 横への運動をするのですが、
 それを利用して クラブを動かすイメージと、
 一見すると クラブを横に動かすイメージに見える
 垂直の関係は 結果、それを腕でしないといけなくなります。

 想像 なのですが、垂直で握られている方の多くは
 からだはあくまでも 動かさない土台、動かない土台、
 クラブを強く横、もしくは回転させる為に
 握力の使いやすい、手に力の入り易いグリップ に落ち着く、

 と思います。
 回転の軸イメージは 動かさない土台 なんだと思いますね」
IMG_1306IMG_1305








質問「そこで グリップ(握り)の極意は
 『握らない』につながってくるのですね。」

店長「グリップの話しだけに留まりませんが、
 グリップの先にあるヘッドを
 からだの回転、向きの変更によって
 グリップを移動させることによって
 引き続ける〜逃がし続ける か、
 どこかで グリップを止め、
 よく言われる ヘッドターン、フェースローテーション、
 ヘッドとグリップの位置関係を反転させるか、

 それが グリップに表れてくる と言えば良いのか、
(22171_Moment
 もしかしたら、ですが、
 スイングが先にあるのではなく、
 クラブを握る グリップのイメージが
 そういうスイングに導いてしまっている、
 そういうケースも少なくない…のではと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店主「ドライバーだけに限りませんが、
 カラダをギリギリッっと 捻ったとしても
 その量も少ないですし、気持ちを除けば
 到達出来るスピードも限られています。
 からだの捻じり は 故障や痛みが伴い易く、
 年齢を取ると 本能的な恐怖も付いて来ます。
 歳をとって 「からだが硬い」って
  廻すトコロはそこじゃないですよ✋って意味なんですね

 捻じる ではなく、
 『向きを変える』って習慣がつくと良いですね。」
((((((((_Moment

Yさん「スイングのリズム感も変わるのかな❓」
店主「そう思います。
 カラダを捻じっては 身体的にも早く元に戻したいですから
 速くなりガチ です。
 右サイドを動かさず、左肩を入れる、左サイドを動かす って
 カラダが潰れた感じ、窮屈な感じになりますから
 やっぱり 開放したくなるのが 性なんじゃないです❓」
Yさん「右サイドを動かさないで
 出来るだけ 左サイドを入れる って感じが
 強かったよね。
 特にドライバーだと 飛ばしたいから。
 
左肩を入れろ って教え方、今も昔も結構、言われるじゃない⁈」
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(5)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(6)202176_Moment







店主「そうですねー 。
 それって クラブだけ、もしくは腕とクラブだけが
 動いているだけで 向きは変っていないケースが殆どです。
 『クラブを捻じらず(開かず)』肩を廻す、のって
 結構、若い時、限定だと思います。
 ま、兎も角、
 肩を廻す だとしても、からだを廻す だとしても
 からだは 左右ある訳ですから、
 どちらかサイドを止めて、どちらかサイドを動かす のは
 良くない、お薦めできませんね。 シニアですし😊」

Yさん「なんだか ちょっと
 ボールから離れる感じがするよ。」

店主「ああ そう感じるかも知れません。
 厳密な箇所は良いですが、
 スイングの回転軸で からだの前側ではなく
 後ろ、背後側にあるので
 右向き、左向き共に
 顔の厚み分、ボールから離れる感じになります。

 あまりにボールを直視‼しちゃうと
 右サイドが動かなくなり易いので
 目線を切るか、ボールの視界の中で移動させるか、
 それも習慣付け だと思います。」

Yさん「不安ではあるけど、確かに
 右サイドも動かして、テークアウェイ取った方が 楽に出来るね。」

店主「ですです。
 なにせ 一番強い足廻り、フットワークが使えるので
 緊張感が高い場面でも実行し易いと思います。
 ドライバーショット、に限りませんが、
 よく言うイップスや動き出しに時間がかかるパターンは
 クラブに近いトコロ、からだの箇所で言うと
 グリップ、手首、肘 クラブに近いトコロを動かそう、
 としている時に起こり易いので

 出来れば クラブは クラブから遠い場所、離れた箇所
 を使って動かす方が良いと思います。」
2021-04-11_22-32-44_Moment(5)

店主「テークアウェイにおいて
 右サイド、ヒトによっては右腰、右お尻、
 右ひじの誘導でも なんでも良いのですが、
 右サイドを動かす習慣が付くと
 テークアウェイの浅さの解消、
 緊張感が伴った時、浅くなったり、
 それによる 早くなったり をかなり防げます。」

店主「また、インサイドから振りたい、のであれば
 からだの向きを右に向けないと
 インサイド と言うスペースが生まれません。
 開いて上げる、はその言葉の通り、
 インサイドから振っているのではなく
 クラブを開いているに過ぎません。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店主「出来れば…からだの向き通りに、と
 言いたいトコロですが、とりあえず
 グリップを止めない、グリップの高さを変える、
 インパクト前後、インパクト以降
 グリップの移動を加速させるような気持で
 打ってみて下さい。

 練習場で!ですが、レンヂボールは 薄〜くですが
 右に飛び出し易いので 無理に引っ張り込まず
 プッシュ目に打つよう 心がけて下さい。」
(手打ち 手振りのパターン_Moment(2)
Yさん「打ち出し角度 変わるねー。」

店主「慣れや度合いにもよりますが、
 3〜4度 打ち出し角度が増えれば
 キャリーボールも増しますし、
 その打ち出し角度になれば アッパー度合いも減るので
 スピンも少しですが 増えますね。」
Yさん「ヘッドスピードは変わっていない のに
 距離が10〜15ヤード違うようになるね。」

店主「そうですね。
 推進力、浮力、仰角、を煮詰めれば
 その位の距離を増やすことは可能です。」

Yさん「気を付けることはナニかなぁ❓」
店主「徐々に、何か月か、何年か かけて
 フェースターンをクラブターンに
 ハンドリリースをボディリリースにして行きたいですから
 やはり テークアウェイで
 ヘッドを返さなくても良い、
ように あげる習慣を
 心がけた方が良いですね。」
((((((((_Moment

Yさん「テークアウェイなの❓」
店主「そうです。
 テークアウェイで 大きく開いて上げてしまえば
 そのままでは プッシュスライスになっちゃうので
 仕方なく フェースターンが必要になる。
 フェースターンをするには カラダや左サイドを止めて
 グリップの移動を制限するから
 ヘッドが跳ねあがり、スピン不足の失速になっちゃう、
 そういう ストーリー
 です。」 

Yさん「飛ばしたい…から
 こう カラダをギリギリ―って捻じる願望
 どうしてもあるんだよねー。」

店主「気持ちは分かるんですが、
 開いて上げる傾向の強い人は
 腕だけで上げる
 肩だけ回す、からだを捻じる、

 と 年齢を取るとし辛くなるコトばかり で
 カラダを廻そうとしても 恐怖心も伴いますし
 腰痛など、故障気味の人も少なくない。
 2021-02-13_22-10-57_Moment(3)2021-02-13_22-10-57_Moment(2)






 テークアウェイって そりゃ 打撃の準備ですけど
 からだの向き、クラブの向きを変えるコト で
 ゴムのようにカラダを捻じるためのモノ ではありませ
ん。
 向きを変えるんです。」
Yさん「なんだか 飛ばなそうな気分になるね。」
店主「クラブを腕でターンさせるコトも
 からだゴト ターンさせるコトも 
 クラブをターンさせることに違いはないのですから
 飛ばしたいのなら からだの向きを変える速度をあげる、
 からだの向きを変える「阻害要素」
 速くからだの向きを変える「さまたげ」を
 考えた方が 我々の年齢には建設的と思います。」

Yさん「。。。。。。。。」
店主「どの道 今の手の返し、ヘッドターンでは
 低い引っかけフックになって 飛ばない のですから
 やるしかないですよー。
 そういう意味でも ゴルフはメンタルのスポーツ っての
 よく分かりますねー。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「話を伺うと シャフトの使い方が イコール
 そのまま ゴルフスイングのような気がしてきました。
 と、すると シャフトの使い方、ゴルフスイング❓ には
 大別すると 2種類ある と考えて良いのですか❓」

店主「ものすごく 大まかに言うと そうなります。
 シャフトのしなり は ヘッドの重さとシャフトの柔らかさ
 そして その人のクラブの扱い方 によって 生まれます

 それが俗に言う シャフトのしなり であり、
 ヘッドの遅れ でもあります。
 ,修痢.悒奪匹涼戮譟舛靴磴佞箸里靴覆蝓,
 取り戻して ボールを打つのか
 遅れっ放しのまま ボールを打つのか

 ホントに大雑把ですが、この二つに分れる と考えて良いかも知れません。」
((((((((_Moment

質問「どちらが良いのですか❓」
店主「良い/ワルイの問題では無いと思います。
 前者,蓮.船ラ、自分のチカラで打ちたい、
 ボールを叩きたい人向け…
 もしくは 硬いシャフトを使って そうせざるを得ない場合 で
 後者△蓮―侏茲譴弌.船ラに依存したくない、
 よく言うトコロのスインガー向け…でしょうか、
 硬くないシャフト、適切な重さのヘッドを使っている場合、
 と考えて良いと思います。」

質問「持っている、使っているクラブ、
 そのシャフトの硬さで決まってくると❓」

店主「絶対、ではありませんが、
 その率は低くないと思います。」

質問「クラブを選ぶ際の目安 にもなりそうですね。
店主「その通りですね。
 また 造りたいスイング の為に クラブを選択する
 もアリだと思います。」
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment

店主「そういう意味で困ってしまうのが
 現代の 硬くない、柔らかめのドライバー と
 軽量とは言え、旧時代の硬さのスチールシャフト装着のアイアン
 を併用している人が
 いったい どうやって打ち分けているのか、不思議なのです。」

質問「それ、少し問題があると思うのですが、
 ドライバーは柔らかめのシャフト で
 その特性からすると、ヘッドの遅れっ放しのまま 打つ筈…
 にもかかわらず、 ボールの位置や
 遅れ=スライスのイメージから ヘッドを返して打つ印象が強く、
 一方、アイアンはウッドに比べると硬いシャフトですので
 ヘッドの遅れを取り戻したい…けれど
 アイアンショットのイメージ や ボールの位置 からすると
 遅れっ放しのまま、打つ、
 なんだか ゴチャゴチャな感じですね。」

店主「その通りですね。
 どちらが良いとか、悪いではなく、
 自分はこうやって打つ、打ちたい、
 それは 全クラブ統一したいです。
 しかし、クラブ、シャフトの硬さとの兼ね合い で
 そのクラブ、そのシャフトの硬さに応じて
 使えるように クラブ毎に調整や適応を必要とするトコロが
 実はアマチュアの悩みの 主な原因 と言って良いと思います。」

店主「私自身が 腕力が無いのもありますけど、
 腰に不安を持つゴルファーがあまりに多いので、
 腕力、筋力、体力にあまり依存しない、
 遅れを取り戻す より作業の少ない
 スイングのメインテナンス性の良い
 遅れっ放しのまま ボールを打つ
 を
 推奨していますけどね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「トップの形が重要なんですか❓」
店主「形… は結果論でしか、ありません。
 今はもう使わないゴルフ用語、かも知れませんが、
 "シャフトを寝かしてしまう" 
 切り返し、ダウンスイングで
 クラブやヘッドの重さが
 インパクトに向けて、下げたい筈の 左グリップに
 上がる〜下げ難い負荷になってしまいます。」
ce17f420(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(4)
質問「確かに そうですね。」
店主「左サイドのリード。。。なのか どうかは別として
 ダウンスイングから フィニッシュまで
 運動の先頭は 左サイド になるのですが、
 クラブの重さのせいで 左腕だけが取り残されがち です。

 対の言葉に相当する『シャフトを立てろ』とは
 シャフトを垂直にするコトを指す訳ではないですが、
 ダウンスイングで 左グリップが下がり易い、
 スナップショット 1 (2016-11-28 2-35)
 そういう重さのかけ方 の方がからだは楽です。」

質問「どの位が 寝かす と 立てる の境目
 になるのですか❓」

店主「角度 では伝えにくい ですが、
 垂直 と 前傾姿勢の間 。。。
 垂直に近い方がグリップは下げやすい ですが、
 向きを変えるコトを考慮すると
 垂直より 少し「寝ている」位でしょうか❓」
20190411_Moment

店主「寝かす上げ方〜 テークアウェイは
 総じて からだの向き、回転の右向き の角度以上に
 グリップよりも ヘッドが移動しています。
 ですので 多くの場合、思いっきり フェースもロフトも
 開いていますから
 それを元に戻す為には 左グリップがあまり先行してしまうと
 それが叶わなくなる と言うのもありますね。」
質問「そこ 難しい気がします。
 一般的に言われる ハンドファースト を造ると
 開いて当たってしまう記憶が カラダを強ばらせます。」

店主「あぁぁ 分かりますね。
 ここはちょっと理屈で覚えて貰う他 ないんですけど、
 回転、向きの変化と連動して
 左グリップが下がれば
 ヘッドの遅れ、シャフトのしなり は
 ロフトの立ち になり易く、
 ロフトの立ち 👉フェースが開かなければ
 シャフトの作用によって より グリップが押され
 ハンドファーストにさせられます。
 シャフトによる互いの相乗効果があるのです。」
動いているのは自分で クラブ自身は動いていません_Moment(2)
質問「えええええ」
店主「下準備さえ しておけば
 ボールのつかまえ 👉ロフトの立ち は
 クラブ、ヘッドの重さもありますが、
 シャフトが作ってくれるのです。
 そして それは 硬くないシャフトの方が顕著に出ます。」

質問「では、開いて上げると…?」
店主「先ほども言いましたが、
 ヘッドの開き は しゃふとのしなり と言うよりは
 捻じれに近いモノです。
 シャフトのねじれは グリップ=ハンドファーストを嫌います。
 そのままでは打てない、ヘッドを返す、
 のですから それはそれで都合がついています。
 両極端 と言ったトコロでしょうか。。。」

質問「その中間はないのですか?」
店主「残念ながら 無い と言った方が良いでしょう。
 ですので シャフトの評価で使われる言葉 で
✋シャフトが走る とは
 グリップの移動が止まって シャフトがしなり戻り、
 ボールを弾くサマを指す言葉 で、
 "このシャフトは速い"とか言われますが、
 それは 開く閉じる、グリップを止める、
 しならせて しなり戻す打撃の場合で、
 実際には 自分が根元を止めて、
 その反動? 勢いでヘッドを行かせているのですから
 シャフトが走る? は 適切な言葉ではない気がします。
 シャフトを「自分が」走らせている。。。ので
 それを シャフトの総評に使われるのは ちょっと疑問です。

✋一方、シャフトの作用でハンドファーストを造る、
 ヘッドの遅れ(シャフトのしなり)がロフトの立ち、
 の場合は シャフトの作用で
 グリップが押されるので
 インパクトポイントが前になります。
 速いシャフトではなく、
 早い(時期)のインパクトがやってくる
 のです。
 似ているようで 速いシャフト と 早いインパクト は
 全然、異なります。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Ⓡさん には被験者として
クラブを寝かす のであれば
外から引っ掻いてくる位 寝かさずに、
 というトライをして頂きました(きっと やってる)。

このトライは 外から引っ掻いてくるコト を
 覚えて頂きたい訳 ではなく
グリップの移動は 今まで以上に縦移動、縦回転、
 高さの変化をさせるコトが肝心、
それによってグリップはよりからだの近くを通るよ、
  …そして それは ハンドターンを要らなくするよ、
 というコトを体験して頂きたい のです。

余談ではありますが
元に戻っちゃった、一晩限りの夢 だったのですね
と言いつつ、過去の画像と比較してみると
段々と寝かし具合は減っている(立ってきている!)ので
症状は改善されている?バイアグラ効果?んじゃないでしょうか
 左から古い画像です。    それも…気のせい かも?
リリース の勘違い❓_Moment【Rさん 20210604】_Moment(2)大森20211028_Moment







 
この状態、グリップがボールの方に出てしまい

クラブのターンをハンドリリースで行うのか、
◌ボディリリース
(体の向き)で行うのか

 ココの部分の違いを説明したい、と思います。

この 二つに良い悪い はありません。
ハンドリリース で行うコトの最大のデメリット は
 均一(いつも同じ、似たようなインパクト状態)を造るには
 万を超える反復練習が必要な上に、
 若者で無い私たちにとっては 筋力の中で
 最もスタミナのない腕力にそれをさせるので
 その部分をクリア出来るのであれば、なんの異論もありません。
【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(2)

(言葉で説明しているので分かり難いですが)ダウンスイングで
クラブを倒してしまう、寝かしてしまうと
持っている棒、シャフトに対し、
ヘッドの重心が 背後(映像で言うと左)に位置してしまうので
ヘッドが下がろうとするチカラが働きますので
IMG_0612このままでは
ネックの裏側、シャンクする部分のネック部の反対、
が ボールに当たりますので
この状態からインパクトまでに
フェース部の打点なり、重心位置が シャフトをまたがなくてはなりません。
(ヘッドが回転する必要が生まれます)

また クラブを寝かし、極端
(Rさんのよう)にヘッドの重さが
背後にかかってしまうと その重さ(背後に落ちようとするヘッドの重さ)で
打ち手は無意識ですが、グリップがボールの方に押され
下げたいグリップが下がり(れ)ません。(上がる負荷がかかります)
リリース の勘違い❓_Moment
ビックリする位 寝ていて…グリップがボールの方に出ていて 高い
これから どうやって ボールを打つのか 想像が付きませんが、、、
この状態ですと クラブの長さ と言うテコ が
右手支点、右手に支えられています。
理想的には この時点では 右手のリリース(伸ばし〜伸び)は
 ……意識的な「伸ばし」ではなく、元の長さへの復帰に近いですが
 始められていたい のですが、
クラブの重さが右手支点になってしまっており、
 この時点で 右手を伸ばすと ボールの方に出過ぎていて、
高さ(低さ)がものすごく高いグリップが  更に
ボールの方に出て、低さを生み出せません。
 ですので 右腕の伸ばしが遅れる(必然) のです。

(余談◆肪篤擦楼っかけか、スライスになる可能性はありますが、
外から引っ掻いてくる実験での球は
右腕の伸び が 時期として早く来る ので
普段、打っている球よりも 強い出球 になります。

トップの位置から ダウンスイングで
重心が シャフトをまたぐ瞬間は 打撃には絶対必要です。
もしくは ややシャット気味のトップを造っておけば
その作業は省く、もしくは最小で済む場合もあります。

2021-02-13_22-10-57_Moment(2)トップの位置からインパクトまで に
重心がヘッドをまたぐ ⇒フェースターン を
やる方法は二つ
 です。
方法が違うの と 時期が違います

この状態から 左グリップを移動させる、
主に下げるコトになるのですが、
 それをするには からだの回転が主力なのか、助力なのか は
断言出来ませんが、弱い左腕を使って 重さの掛かった
グリップをダイレクトに動かすのはかなり無理があるので
基本、からだの回転を使って 左グリップを上下に動かすコト
回転のチカラ と クラブの重さを使って
 横移動の相当する回転を 縦の動きに変える

だと思います。 それを ボディリリース と言います。
 支点が無い、支点が曖昧なフェースターンなので
 見た目には フェースターンには見えません。


リリース の勘違い❓_Moment(2)一方、ハンドリリースの場合、
その支点となるのは
左グリップになりますので
その支点が どんどん先に移動
されては ターンが出来ません。
ですので、無意識とは思いますが、
からだの回転から 左腕、左グリップを切り離し、遅らせ、
下げない を選択するコトになります。

ボディリリースの フェースターンはダウンスイングの
かなり早い段階に存在し、目で見ると
スイングの中に取り込まれてしまっているのでしていない
ようにも見えますし、
ハンドリリースに比べると その量そのものも
無い!と言えるほど 多くはありません。


一方、ハンドリリースの場合、
フェースターンをするための 前準備があり
(支点になる左グリップの別行動、単独行動)
その上で フェースターンを行うので
その時機は かなり遅く、インパクト付近です。
見た目もそうですが、量も多くなり、
下げていない グリップを
どこかの 別な動きによって 下げるので
行動も非常に複雑になりガチ、忙しい動きになります。
フェースの回転の量にも違いがありますが、
 からだの回転でそれをするのを ボディリリース
 それを手さばきで行うのを ハンドリリース と言います。

    その為の 左グリップの下げ、下がり、
    からだの回転とのリンクの為の前準備 です。 
   ……Ⓡさん この説明で良いでしょうか?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ショットやスイングを改善したい‼ 良くしたい‼
 と思った場合、
まずは グリップ、アドレス、ボールの位置
 を考えるのが一番有効
…と思いますが
その ボールの位置、
その グリップ
その アドレス になっている理由
 少々堅苦しいですが、そのボールの位置の、
 そのグリップの、そのアドレスの、根拠を見つけないと
形を変えてみても
 結局、元の状態に戻らざるを得ない が
長年、多くのスイングを見てきた解答と言えます。
((Rさん SW.6i.5w.1W 2021913_Moment




 その例をご紹介いたします。
そして この例は かなり多くのゴルファーに当てはまる
 スイング改造のメインポイント
 とも言える部分です。
こちらは Aさん(仮称)です。
悶絶クラブを使っていらっしゃいます(暦数か月)が、
引っかけ/ダッグフックが多く出る、とのコト…。


スイングチェックをさせて頂きましたが、

ダウンスイングで
クラブのリリースが早い…と言えば良いのか
クラブを下に振ってしまっている、

最終的には…望んでいない? か、どうかは別として
 手で振る、ハンドリリース、キャスティング、

(突き詰めれば ボールのとらえ方を取り違えている)
 が当面の問題だ、と思いました。

(こちらの方も同じ課題です/より分かり易いかも…)

クラブを下に振る、のと 反意語❓、対になる反対の用語は
クラブを下に振らない(直訳)ですが、
意訳すると そこは クラブを下に振る のではなく
カラダを廻す というコトになります。
(体の向きを変える代わり に 下に振ってるとも言える)
ビデオにして ソコを動画で見ても、
ソコに意識がないと 見た目にはどちらも似ていますから
判別するのは簡単では無いと思います。

そして、クラブを下に振る〜インパクトを迎える のが
Aさんにとっての 打撃の主エンジン になりますので
ダウンスイングで下に振るため、準備として
テークアウェイでクラブを上に上げる、振り下ろす為、持ち上げる、
が必要になります。
202176_Moment
ですので テークアウェイを見ると
向きを変える という 横運動よりも
クラブを上げる、ヘッドを上げる、縦運動が強く
なるのは 致し方無いトコロです。

ゴルフスイングを良くしたい で
壁になるのが 行為としての動作を変える とともに
変えようとしている行為の根拠 も同時に換えないと
型だけを真似しても、すぐに元に戻る か、
馴染みにくい点だと思います。



Aさんのこの課題の場合、
下に振るコト が 自分の打撃のメインイベント ですので
それをし難い為の 上げない(上げる量を抑える、減らす、無くす)
廻るテークアウェイは 満足感を得る打撃になり辛く、
上げてしまえば、本来の からだの回転、向き よりも
多くクラブを動かしていますから、下に振る、
(体を止め、右腕の伸ばしでリリースする)を入れないと
都合が付きません。

👉ボールは下に振らなくても 届く(当たる)
👉下に振らなくても 強く打てる
👉廻るコト、向きを変えることが打撃

と同時に、
👉下に振らない為の テークアウェイ、
👉向きを変えるコトが打撃ソノモノ
    そのためのテークアウェイ

が進んでいかないと
双方の理由で 元に戻ります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


『ロフト角度、ライ角度、フェース角度を調整できる
 
スリーブ付き ドライバー を使っています。
 練習場球、コース球で相当数の球数を打って試してみたのですが、
 マイナス1度、プラス1度にしても
 体感できるほどの違いが出ず、差が無い気がします。
 
何故 なのでしょうか❓』 
EZ05
【店主】毎日、メールやお電話でたくさんの質問を受けますが、
上の内容に類似した質問も多数あります。

現在、ドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティまで
ネック部のスリーブの調整によって 事後、
ロフトやライ角度を調整出来るものが増えています。
2021-03-19_16-46-28_Moment
ロフト角度で言うと 1度ロフト角度が変わると
ボールの打ち出し角度だけでなく
スピン量も同時に 変わる
ため
角度の数値としては 「1度」ですが、
弾道質はかなり変わると考えて良いと思います。

が しかし…。。。
フェースローテーションの多いスイングであると
ロフト姿勢、ヘッドの進入角度 が
 かなり大きく動いている 中にインパクトが訪れます。
ひとりひとり 異なりますから 正確に何度 とは言えませんが
フェースローテーションの無い、もしくは少ない
スイングに比べると 30度近く 動いている 中にある
インパクトなので 1度、2度の差が出にくい…
つまり スイングタイプが ヘッドの返し、フェースローテーション
 である、
というのが答えなのだと思います。

そうですね
トランポリンの高さを 5センチ変える とします。
その上を歩いているだけ と
その上で飛び跳ねている
 では
トランポリンの土台の 5センチの高さ差を体感し難い
その差がわかりにくい に近いと思います。
(フェースローテーション なし〜あり_Moment
弊社でも良くあるコト なのですが、
ヘッドを重くして、柔らかいシャフトにする、
フェースローテーションスイングでは
重い、柔らかい は ヘッドの遅れ → ヘッドの開き
になりますから、上手く当たらないやスライスから始まるのですが、
いままで 遅れるのが悪いコト、遅れるのを取り戻す から
遅れを 開きではなく、ロフトの立ち、フェースの下向き に
変えられると 今まで その調整(スリーブ)カチャカチャ で
差が分かり難かったのが かなりはっきりと差が出るようになる、のです。

言ってしまえば フェースローテーションとは
自分なりのタイミングで ロフトを造っている、
製品ロフトとは直接関係ない 任意のロフトで打っていたのを
製品のロフトで打てるようになる というコトでしょうか。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


からだの向きの変更に対し
重くなっていく腕やクラブ
それに影響されず
コンスタントに からだの向きの替えられる方法は
写真を対比 しますが 右ではなく 茲硫菫です。

IMG_0838_Moment
MVI_0878(2)_Moment(3)




IMG_0838_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(4)




IMG_0838_Moment(4)MVI_0878(2)_Moment(5)





IMG_0838_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(6)





IMG_0838_Moment(6)MVI_0878(2)_Moment(7)





これをスイングの中で行う とすると
からだが向きを変えていく
それに対して 腕やクラブに重さが掛かり
グリップが遅れようとしますから
それを腕でサポートする。

ヘッドは重力によって落ちていこう としますが
それと グリップの移動の追いかけっこです。
ヘッドが着地するところを
グリップの移動によって ボール地点に持ってくる


スイングを覚える初めの段階で
この 追いかけっこ を覚えて欲しいモノです。


フルスイングとして考えても
左への動き、反時計回りの動き
打撃の始まる トップオブスイングを基準に
胸 と シャフトの角度
胸 と シャフトの関係は
速度が増すほど くっ付いていく モノ
 です。


からだの回転とクラブの関係
この始めの一歩が理解できると
右手の使い方 使うタイミング
おそらく グリップの関係にも影響が出ます。

私個人からすると 結果としてなってしまう
フォロー以降の減速によって起こってしまうのは
仕方ないにしても
右グリップが左グリップの下に入ったり
追い越したり する行為 って考えられないモノなのです。
MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(6)



多くの人がここでボールを打っていますが
からだの向き・・・からすると
ここは打ち終わっている時期で
スイングの動作・・・としては存在しない部分・・・
ここが打撃のメイン になっているのですから
何とも言えない…何と言って良いか分かりません。
IMG_0838_Moment(4)IMG_0838_Moment(6)





自分は右から左に180度向きを変える
クラブは イメージ上90度しか回転しない

自分もクラブも180度回転する
では
ものすごく大きな違いが生まれ
それがゴルフを苦しめます。

それは 肩 です。

ゴルフスイングにおいての肩は
機能としては腕の一部ですが、
ある場所は胴体の中です。


からだの回転でボールを打つ
からだの回転でスイング軌道を造る
において
肩は スイング軌道の動作として
考えない部分、存在しない部位です。
M2019810L!_Moment(3)M2019810L!_Moment(4)







一般論において
肩を回せ とか
厳密に言うと 腕で動かせ
胴体をねじれ というコトですが
からだの回転でボールをちゃんと打つ
というコトにおいては
胴体は一つのパーツとして ねじれを造らないように
胴体〜骨盤に対し グリップを遅れないようにして
胴体を一つのパーツをして使うので
動作としての 肩周りの動きは存在しません。

クラブや腕が移動で重くなる
それを無視して クラブも180度ターンさせようとすると
グリップが遅れてしまい
それを取り戻すために
胴体を止め 肩だけを動かす時間が生まれますので
スイングの中に『存在しないはず』の部位、
存在しないはずの動作が生まれてしまい
多くのスイングを見ている限り
その『存在しない亡霊がスイングの要』になっているのが
非常に厄介なのです。
20191006_Moment(4)20191006_Moment(5)20191006_Moment(6)










『存在しない筈の亡霊がスイングの要』の為
そこを修繕する、ではなく
そっくりそのまま 除去しなければならない
というコトに至り難くなるからです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


カラダの回転
カラダの向きを変える は
腕の付け根と動かし、
 『"ヘッドの付いた"グリップを動かすコト』が目的です。 

まどろっこしいですが、ヘッドを直接持っている訳ではないので
グリップ、左右のグリップを動かさざるを得ません。

ゴルフクラブはそれソノモノも先端に偏重しており
ヘッドの『重量点』も偏重しているので
🔴左右のグリップ
🔴左右の腕の付け根 が どう動くか、
バラバラに動かす、出来れば 丸ごと 同じように動く…
出来るだけ似た方向に、似た量移動するのが理想的です。
(回転の箇所
一般的に からだの回転と言うと
肩を廻す 
→正しくは胸ラインを廻すですが…
腰を廻す と 『胴体を横に輪切り』にして
その箇所を意識するのだと思いますが、
ボールを効率よく、再現性高くヒットする、
その為のグリップの移動を考えると 
そう考えると 実はカラダを左右 縦に割った方 が
イメージし易い人も居るのではないかと思います。

✋箇所、としての 肩を廻す も 腰を廻す も
からだの回転として意識し過ぎると
良いインパクトに結びつかないことがあります。
👉ですので からだを 茵,函´蕁,吠けて考えるのも
一つの手だと思います。


(左折注意_Moスイング動作の回転、向きの変更は
右打ちの人の場合、
 テークアウェイの『へ行くか』
 切り返し以降の『へ行くか』

の二つしかありませんが、
必ず 明確な進行方向があり、
その方向の 先頭になる側 があります。
先頭が突っかえる、渋滞すると
いろいろ問題が起こり易い訳ですから
右へ行く時は サイド
左へ行く時は サイド

その 左右の体を積極的に動かす イメージの方が
カラダを横に輪切りして 肩を廻す、や 腰を廻す よりも
より良い打撃、
その 向きを変えるコトが打撃ソノモノ
 になるチャンスが高くなると思います。

意図しない手打ち、手振り は
カラダは回しているけれど
それが 直接、打撃そのものにならず、
仕方が無いから のちのち手で振る
 と言うモノが殆どです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アプローチなどの クラブの慣性の少ない場合 や
飛距離よりも より一段と方向や確実性を優先する場合 などは
リリース(右手のスナップロックを解放)をしないコト
 は多々あります。
【スイングの終わらせ方_Moment

✋リリースは別称「クラブの慣性〜重さを解放する」とも言います。

世間様では それを『ライン出し』等、呼んでいますが、
それはさておき ドライバーなどの
慣性が大きく、スナップロックを保持し続けられないショットでは
手首や肘、からだを傷めてしまう可能性があるので
インパクト以降 それを解放するのは問題ありません。
 ⚠むしろ、危ないですから 開放してください。
2021-07-03_01-20-29_Moment

しかし、ソコの部分を勘違いすると
 放火した火の消化で苦労するスイング造り になってしまいますので
間違わないで頂きたいのは
 リリースは 安全にスイングを終わらせる為の作業であって
打撃の主要部分、打撃ソノモノとは言えない、
 と考えて下さい。

リリースを打撃のメインパーツ と考えていると
 手打ち、手振り、からだの回転との分離、
 手の返し、フェースローテーション など
本来、スイングに必要の無い動作 を覚える必要が生まれます。
 からだの回転から分離する、
 からだの回転を止め、それを利用する腕の振り は
ヘッド、フェースを回転させてしまうため
 ものすごく複雑な作業で、それを再現するのに
 ものすごい修練とメインテナンスを要することになります。
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment

リリースの記事でも書きましたが、
少なくとも グリップエンドがボールを追い越すまで
そのリリースをするのはおすゝめ出来ません。
逆に言えば グリップエンドがボールを追い越したら
リリースはOKですが、
 ヘッドに追いつかれないよう カラダは回し続けた方が
 フォローも大きく、長く出易くなります。

リリースはあくまでも スイングを安定して、
 かつ 安全…体への負荷を減らすための作業であり、
それソノモノが打撃ではない と言う認識は絶対に必要です。


リリースが打撃、打撃の主要パーツ と言うスイングでは
からだの回転は 腕やクラブを振るためのモノ になり
無用なからだの捻じれ を作るスイングになります。
テークアウェイを手上げするのは
リリースする為の準備になり、
 カラダを捻じりますので 加齢とともに その量は減ることになります。
本当に マッチポンプ なのですが、
 飛ばすためにリリースを強くする
→そのために より振り遅れ を作る
→が故に 手振り からだの捻じれ を作り
→が故に より大きくロフトやフェースが開き
→が故に より強いリリースが必要になり
そして 加齢とともに 極端に飛距離が落ちる

  と言う リリースの負のスパイラルに陥ります。
【対決】ヘッドの返し派 VS からだの返し派_Moment【対決】ヘッドの返し派 VS からだの返し派_Moment(2)











リリースは本来 ロフト、縦の作用 です…… が
カラダの右向きの少ないテークアウェイになれば
 開いてあげて 閉じて降ろす という
ヘッドの向き、フェースの回転という
 ロフトの縦に対して、ヘッドの横の回転が混じるようになり、
リリース無しでは 高い、ハイスピン、スライス になりますので
リリース無しでボールを打てない薬物中毒になっちゃいますよ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


昨日の記事の続き…になるのかも…知れません。

(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(6)

スイングを考えると
テークアウェイで 多くは無くとも
グリップの高さを高くし、
ダウンスイングでは そのグリップの高さを
低くする のはだいたい 万人に共通ですね。

感覚的には 『左腕』もしくは『左グリップ』を上げる、高くする、
それを下げる、低くする に近いかも知れません。
多くの人が共通するスイング認識です

では…
インパクト以降はどうでしょう❓

上げて、下がった 左グリップ は
下がった そのままの「低さ」を維持して置く方が良いでしょうか

それとも 上げて、下がった 流れで
 自然な形で 左グリップは「上がって行った方が良い」でしょうか


✋インパクト は 出来るだけ最大速度
 出来るだけ 最大加速
 出来るだけ 大きなモーメント を考えると
 インパクトで何かを止めず 流れのまま の後者が良いと思います。




✋✋✋今回のテーマはそこではありません。



インパクト以降 フォロー側では
移動してきた左グリップの流れのまま
下がってきたなら その流れで 高くなる方が
よりスムースに、体のどこかに負担を掛けず
インパクトを加速、や 最大速度 を維持し易くなりますし、
その上がり下がりの具合、などがショットの向上性や安定性などを
探る、測る目安にも成り得ます。

ですから 上がる下がる、そして上がる
その流れの中でボールを打つ。
インパクト以降は 左グリップは止まらず、
動かし続けた方が良い とは思いますが、
その インパクト以降 左グリップが上がる/上げるコト
 それ ソノモノは 打撃ではありません。 
インパクトで 左グリップの動きを止め、
 左グリップの低さを維持してもボールは打てます。

(インパクト、そしてそれ以降 無視出来ない違い_Moment(2)

手の返し、や フェースローテーション、
そして シャフトのしなり戻し に関しても
 非常に似たことが言えます。

それらは多くの場合、
ロフト、フェースを円の外に向け
肩などからだの回転で円を描く の延長線上にあるモノ で
ドライバーなど遠距離、速いスピードで打つ場合、
スイングを終了させるのに 致し方なく 付いて来ます。

トップの位置、切り返しから
グリップファースト、ハンドファーストで
インパクトに入って、それ以降 からだの動きや手の動きは
終了に向けて 減速しますが、
そのグリップファースト、ハンドファーストを
最後、終了まで維持するのは 危険です。
腕などを傷める可能性があります。
インパクトして 動作の減速に入っても
そこまでの慣性、勢いはクラブには残っており、
結果、からだや手を追い越すような形は
スイングを終了させる為には不可欠になります。 
(インパクト、そしてそれ以降 無視出来ない違い_Moment

    ですが…


その ヘッドターンやハンドターン、
一見すると フェースローテーションやシャフトのしなり戻し
に見えるモノ が 打撃の主要部分ではありません。


ですから その行為の目立つスイングであっても
そのリリースポイントは
 グリップがかなりボールを追い越したポイント
ボールを円の外に弾き出す その感じの延長線上(副産物)にあり
 その手さばきはスイングの主要エンジンではありません。

リリースポイント とは
腕も含めた クラブの慣性をフリーにするポイント
のコトを指します。
その『リリースするコト』
 ヘッドターン、ハンドターン、フェースローテーション、シャフトのしなり戻し
に該当するのだと思うのですが
ロフト/フェースを円の外に向けて
 円の外にボールを弾き出す延長線上であれば
『リリースするコト』は全く問題ありません。
全く問題ありませんが、
 リリースするコト が打撃ではなく
 ロフトを円の外に向けておくコトが 打撃の主エンジンです。
つまり 手の返しやフェースローテーションは
 有っても良いし、無くても良いですが
有ったとしても 打撃のオマケ、スイングの終わらせ方 に該当するもので
そこを打撃の主要部分だと思っている限り
スイングの迷路から出てくることは出来ません。

😓😓ソコを履き違えている人が多過ぎる…気がします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



動画に中にみられる 動作 は
 多くのゴルファーに見られる 典型的なパターン です。

そのスイングが過去に構築された ポイントは
 大きく 二つ あると思えます。
二つは絡み合ってますけど…。

・・・中らずと雖も遠からず な歴史を追っかけてみます。




からだの回し方 …どうやって回すの❓
 スイングは ひねり、捻じり、捻転差
 からだをゴムのように使い、ねじり、ねじり戻して
 ボールを強く打つ。


こう思っているゴルファーは…少なくない
おそらく・・・ですが、プロ、インストラクターも含めて…ですけれど
日本のゴルファーの8割を超えるような人が 確信は無いまでも
薄っすらとそう信じている、もしくはイメージしている と思います。


シリーズ ココを治してみましょう❸_Moment(4)【捻じる】
ゴムのように からだを捻じって使う
となると その基礎、固定されたスタンス から
出来るだけ離れた箇所、からだの部位で言うと
肩や腕、勢いをつけるため ヘッドから…
動かして 捻じりを多く、強くねじり戻るよう
動かし始める と思います。
葛谷 2017-2020_Moment(2)


テークアウェイの初動から 勢いを付ける
テークアウェイがかなり素早い
 典型的な ゴムを捻じる感覚と思います。

*Rさんの場合、その部分はその後の動きに対し、
有効性はありませんが、形式上、改善されています。




【捻じり戻す】
ゴムを捻じり戻す は 開放する に近い動きですので、
自発的な切り返し というより
ゴムがちぎれない範囲で捻じり 限界が来たら…
それを元に戻すとなります。
 ですので 飛距離/飛ばす は
 もしかすると 自分の自発的運動・自発的運動速度 ではなく
 捻じりの限界量、ぜんまいの巻き で決める意識かもしれません。

固定された靴・足・スタンスに近いトコロから順次、
部位で言うと 膝 → 股関節(腰)→肩→腕→クラブ
と言う順番に戻していく、
ゴムの反発というか 反動に近い動きなので
あまり自発的にどうしよう と言う部分はありません。
 …切り返しは下半身のリード…とか
 …左足のリードで なんて ピンと来ますよね。

これだけでは "まだ" ボールは打てません。


なぜならば 捻じり戻しの順番 によって
クラブを持った 両腕の長さが程よく整った、
都合のついた時期には 左腰が大きく開き、
ボールから非常に離れた遠いところに
 行こうとするからです。
 スライス? 「からだが開いているからだよ」と。

(左腰を止めているのが判ります?)

M2019810L!_Moment(2)M2019810L!_Moment(3)M2019810L!_Moment(4)








✋スイングの覚える段階 は
 ある意味、誰もが スイングやクラブに関する情報に
 飢えており、その時に入ってくる情報の有効なモノ
 は 自分のスイングの「標語」として
 心の玄関に飾られます。


 「からだを使え‼」
 「からだを回せ‼」
 「手で振るな‼」

 そして
 『インパクトはからだの正面で‼』
 『左サイドの壁』

 言葉としては間違ってはいませんが、
 それらを総合して
 インパクトでは腰の向きを ボールと正対する辺りで止め
 左腰がボールから離れないよう固定する

(からだを腰・骨盤と肩に分ける のが左サイドの壁とは言いません)
  …ボールに当たり始めます。 が…まだ、スライスになり易いですね。

 左サイドが「壁」として止まり、
 左グリップ、左腕が硬直が一つの目安になり、
 それを追い越す 薀哀螢奪廚 フェースターン であり、
 手の返し、ヘッドがグリップを追い越す になってきます。
 それで スライスが少なくなり、たまに フックしたり
 (夢のドローボールですね)
 おおぉぉ〜 上達したんだ〜!になる訳 です。

厳密に言えば その時出ていた 右回転の球は
 スライスではなく 打ち損ね、当たり損ね であって
それを スライスと呼んだら、スライスが可哀そう です。
そして 自分ではフック、ドローボールと思っている…ソレは
 単なる「引っかけ」であって
ゴルフ用語の意味が崩壊しています。


(動画内では 0:25以降)
大森 スイング変遷_Moment(5)大森 スイング変遷_Moment(6)大森 スイング変遷_Moment(8)










捻じられた胴体 それだけでもキツイ のに、それを解放し
今度は インパクト直前に 左半身や左腕を硬直させ
止めなくてはならないのですから…
 私から見ると拷問かと…
テークアウェイでねじるため 左半身〜左腕を強く使い
開放して、それを受け止める左半身〜左腕 の硬直、
無理した正面がある間に 今度は藜蠅巴, のですから
正しく体を使ったら 『なんの感触もない』 と感じるでしょうね…。



 からだの捻じる、ゴムのように使う 大きな欠点 は
この回し方は 回る速度、正確には回り戻す(打つ方)の速度を
自分で管理出来ません。
動作、この場合は 回り戻し は
ひねったモノ(自分の胴体)の開放 なので
その速度を管理するコトが出来ません。
何でもかんでも 思いっきり打つための動作 と言えます。

そして からだの回転 と呼ばれるモノが
箇所ではなく ゴムなので 全体 ですので
その部位 によって その回転の方向・角度が異なり
入射角度やそれに対するロフト、スイングの最下点 が安定し辛く、
それを安定させるための 練習量・訓練量が半端なく
元々 からだに負担のある方法なので 痛める可能性が非常に高い です。
(からだが強烈に頑丈、もしくは痛みに耐性のある方向き)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

   

それでは 実践的に見ていきましょう


片方は素振り…ですが 二つを比較してみていきましょう






これはどうして貰ったか というと
ボールを打つ 当てる から 頭を切り離し
クラブを持ち 右を向いた状態で 背面
背中側に万歳するつもり
 で振って貰いました。


この数日の記事の中でも書きましたが
肩は機能としては腕の一部ですが
場所としては 胴体に含まれています。
腕を使えば 自然に胴体は動き
腕や腕自身も含め、クラブと言う重さに拘束されています。

ですので 丸っきり反対の順序

足腰〜正面〜腕肩 ではなく

クラブが落ちる〜グリップが下がる〜腕が降りる
向きはそのまま 背面に万歳

と言うイメージを持ってもらいました。


実際には 人間の腕の構造、体の構造上
背面に万歳することは不可能です。

意識はしていませんが 腕が降り始めると
クラブの重さに押され グリップ、両手の合流点が左に逃げますので
徐々に向きも変わっていきます。

背面で万歳のつもり…でも
結果としては 正面で万歳し直すコトになる 位の『順序』で


初めて からだの回転とクラブの移動、グリップの移動は同期するのです。

是非 背面に万歳するようなタイミングで
そのイメージで素振りをしてみて下さい。



だいぶ雰囲気は変わりましたよね?

今までの力み感や力感がないので
動作 としてはイマイチ掴み辛いと思います。
よりどころが無いですからね・・・

M20191011-1_Moment(2)M20191011-1_Moment(5)スイングのポイントは
この一番重要な箇所を
からだの回転で出来るか どうか
なのです。
これでは 殆どからだの回転は
クラブの動きに使えておらず
単に 発射の土台になっているに過ぎません。

ここでこのような腕 肩の捻じり戻し
でボールを打っていると
打った実感はあるかも知れませんが、
フェースの向き、ロフト、ヘッドの高さ が
毎回毎回変化が激しすぎの上、からだの負担が大きい
しかも 一生懸命ヘッドを動かし、ヘッドスピードを上げても
ボールの高さやスピンに化けやすい打ち方なので とても損なのです。

素振りではそこそこ出来ても
実際にボールを打つと インパクト付近でからだを止め
左サイドを絞る動きが強くなってしまいます。



背後から見ると 左ひじが抜ける動きになるのは
インパクト前後でからだの回転が止まっているからで
ここをからだの回転で打てるようになると
自然と打球方向に両腕は伸びるようになります。

そのイメージ造り と言う点で
グリップと言うのは 常時動いています。
🌟この場合のグリップは茱哀螢奪廚任垢
  …左サイドの動き…と言う意味でもありますね


からだの向き は ターンテーブル のようなモノで
実感し難い部分はありますが、
上下 左グリップの高さ変化については
常時 高さは変化するものです。

トップの位置からの下げるは
重さ、クラブの重さ優先でさせる
きっかけとして クラブの重さを利用する方が良いですが、
下げたら 間断なく 左グリップの高さを上げて下さい

意識は右を向いたまま・・・・・・・位で丁度良いでしょう。

絶対に 同じ高さ、特に低いトコロで
その高さをキープしてはイケマセン。
ボールを飛ばすには 左グリップの移動速度が重要です。

左グリップの上下移動は絶対に止めてはイケマセン。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブの用語には
重量 や 重心、重心位置 など
「重さ」を表す言葉が多く用いられています。


重さ(おもさ)とは…辞書っぽく言えば
 その物体に働く
重力の大きさ、
 および、
慣性力の大きさを指します

スナップショット 1 (2014-07-21 12-32)

クラブの特性、性格を表す 重心位置は
その 重さの中心点が クラブヘッドのどこにあるか
を表しています。

重量は当然ですが、地面(地球の中心)に向かって
引っ張られるエネルギーです。
別な言い方をすれば、移動させるのにかかるエネルギーであり
そこに留まりたいエネルギーでもあります。


✋✋スイングを考えるうえで 打つ人の姿や形、格好
また 動画の中の ヘッドの移動軌跡 などは
話題になりますが、 物質としてのクラブやヘッドの重さ
そのかかり方は 誰も話題にしないのはとても不思議です。
✋誰かのスイングが良い、
 誰かのスイングが間違っている、
そういう意味合いではなく
 練習が豊富に出来ない、運動神経に自信がない、
 体力や筋力も「オジサン並み」の人にとって
 簡単なとは言わなくとも、辛くない、傷めない方法を
 というのが コンセプトの根底にあります。

✊そう言った上で この二つ のトップスイングの状態では
重心のかかり方重心のかかり方 (2)







PCC重心のかかり方 (3)








ヘッドの重量、重心位置がクラブに及ぼすチカラ
そして それを持つ人に及ぼすチカラは
見ての通り、想像の通り、同じではありません。

✋昔から クラブを寝かす と一言で言われていますが
クラブを寝かしてしまうと ヘッドの重さ 重心位置の作用が
スイングにいい具合に働かない という意味合いの言葉です。

重量は あくまでも重力
 簡単に言えば地面に対し働く力です。
それは ヘッド重量にとっても
ヘッドの重心位置にとっても同じです。

そして ゴルフクラブは それが長い棒の先にあるので
その重さは増幅されてしまう と考えて良いでしょう。
それを どういう姿勢 どういう位置に持ってくるのか
によって 次の動作はおおむね決まってしまう と言えます。

PCC← 彼女を例にとってみると
ヘッドの重さ と 重心位置は
左腕 左サイドには上がる重さがかかり
右腕 右サイドには下がる重さがかかります。
ヘッドはより下がろうとしますし
グリップにはその反動というか 上がろうとする力が
かかりますから 当然、次の動作に影響します。

重心のかかり方 (3)
こちら・・・であれば
これから 下げたいグリップには
そのまま 下がり易い重さが掛かりますし
右腕だけでなく 左腕にも 似たような重さが
かかりますから、重さの作用として
どちらかサイドだけが下がり易くはなりません。


o重さを漠然と 何グラム、何キロ と捉えるのではなく
その重さの作用 を利用してこそ
ゴルフクラブ、クラブヘッドの特性が生かされるのです。

自分がどう動きたいか、どう動かしたいか よりも先に
クラブの位置や姿勢を考え
その重さの作用によって、自分の動きたい方向や動き方
それを導き出す方が正解だ
と思います。

ドライバーであれば ヘッドの体積が増え5904-0091_4
それに伴い 重心距離(シャフトから重心位置までのギャップ)
も 慣性モーメントも上がりました。
アイアンも 厚みが増え 重心深度が深くなっています。
✊どれも これも 握っている棒〜シャフトやグリップから
重さが離れている というコト です。
・・・・にもかかわらず ヘッドターン全盛 って
・・・もう少し 科学的というほど難しくなくても
 モノの道理通り、自然の摂理道理に
 スイングを考えてもいいんじゃないですか・・・と私は思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

   

それでは 実践的に見ていきましょう


片方は素振り…ですが 二つを比較してみていきましょう






これはどうして貰ったか というと
ボールを打つ 当てる から 頭を切り離し
クラブを持ち 右を向いた状態で 背面
背中側に万歳するつもり
 で振って貰いました。


この数日の記事の中でも書きましたが
肩は機能としては腕の一部ですが
場所としては 胴体に含まれています。
腕を使えば 自然に胴体は動き
腕や腕自身も含め、クラブと言う重さに拘束されています。

ですので 丸っきり反対の順序

足腰〜正面〜腕肩 ではなく

クラブが落ちる〜グリップが下がる〜腕が降りる
向きはそのまま 背面に万歳

と言うイメージを持ってもらいました。


実際には 人間の腕の構造、体の構造上
背面に万歳することは不可能です。

意識はしていませんが 腕が降り始めると
クラブの重さに押され グリップ、両手の合流点が左に逃げますので
徐々に向きも変わっていきます。

背面で万歳のつもり…でも
結果としては 正面で万歳し直すコトになる 位の『順序』で


初めて からだの回転とクラブの移動、グリップの移動は同期するのです。

是非 背面に万歳するようなタイミングで
そのイメージで素振りをしてみて下さい。



だいぶ雰囲気は変わりましたよね?

今までの力み感や力感がないので
動作 としてはイマイチ掴み辛いと思います。
よりどころが無いですからね・・・

M20191011-1_Moment(2)M20191011-1_Moment(5)スイングのポイントは
この一番重要な箇所を
からだの回転で出来るか どうか
なのです。
これでは 殆どからだの回転は
クラブの動きに使えておらず
単に 発射の土台になっているに過ぎません。

ここでこのような腕 肩の捻じり戻し
でボールを打っていると
打った実感はあるかも知れませんが、
フェースの向き、ロフト、ヘッドの高さ が
毎回毎回変化が激しすぎの上、からだの負担が大きい
しかも 一生懸命ヘッドを動かし、ヘッドスピードを上げても
ボールの高さやスピンに化けやすい打ち方なので とても損なのです。

素振りではそこそこ出来ても
実際にボールを打つと インパクト付近でからだを止め
左サイドを絞る動きが強くなってしまいます。



背後から見ると 左ひじが抜ける動きになるのは
インパクト前後でからだの回転が止まっているからで
ここをからだの回転で打てるようになると
自然と打球方向に両腕は伸びるようになります。

そのイメージ造り と言う点で
グリップと言うのは 常時動いています。
🌟この場合のグリップは茱哀螢奪廚任垢
  …左サイドの動き…と言う意味でもありますね


からだの向き は ターンテーブル のようなモノで
実感し難い部分はありますが、
上下 左グリップの高さ変化については
常時 高さは変化するものです。

トップの位置からの下げるは
重さ、クラブの重さ優先でさせる
きっかけとして クラブの重さを利用する方が良いですが、
下げたら 間断なく 左グリップの高さを上げて下さい

意識は右を向いたまま・・・・・・・位で丁度良いでしょう。

絶対に 同じ高さ、特に低いトコロで
その高さをキープしてはイケマセン。
ボールを飛ばすには 左グリップの移動速度が重要です。

左グリップの上下移動は絶対に止めてはイケマセン。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ