◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】 【クラブから学ぶスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480✉hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:フェースターン


ゴルフスイングの 楽しくも難しいトコロは
算数のように コレ! と言う絶対値がある訳でなく
国語の感想文に近いモノ だから なのだと思います。
【つかまえの作法】_Moment

とは言うモノの…
 ゴルフクラブ という特殊な構造なモノを使って
 球体であるボールを打つ
のには
ある程度、ここら辺 と言う答え はあります。

多くの人が のちのち、スイングやショットに苦しむ原因であり、
飛距離の伸び悩みや慢性的なスライスに悩まされるコトの原因、
全員…とは言えませんが、スイングに悩んでいる人の多くが…
もしかしたら、殆どの人が。。。
 『球体をつかまえるコトの勘違い』 から始まっています。

おそらく 一般的なゴルフの世界(ここが特殊ってコト❓)では
ボールを『つかまえる』のには(右打ちと仮定し)
 フェースが開いている(右を向いている)状態から
 フェースを閉じる(左を向いている)状態にするコト

が必要だと思われています。
(こする つかまえる)_Moment(2)(こする つかまえる)_Moment(3)







実際には ヘッド、ゴルフクラブの構造上、
 ヘッドの左右(開き閉じ)の回転 には
 ロフトの増減 が付いてきて
赤点ギリギリの、合否の判別の難しい回答ですが
 ロフトの閉じ というのが つかまり に関係して来ます。

ヘッド、で言うところの 左右の…横の問題 ではなく
上下と言えば良いのか、縦の問題なのです。
フェースの向きの問題ではなく ロフトの向きの問題である
 というコトです。
✋✋✋ソコの勘違いが一点目です




✋✋✋二点目の問題は
 開いたフェースを閉じる
と言う行為をするには
 グリップよりもヘッドをたくさん動かさなくてはなりません。

スイングは カラダ、もしくはどこかに軸点を置いて
体の向きを変える、傍から見ると「円のように」クラブやヘッドを
動かすため、結果として、その外周に当たるヘッド部は
沢山❓ 多く❓ 動いているように見えますが、
軸運動、角度運動と言う意味では グリップもヘッドもからだも
同じ分量しか動いていませんが
「開いたフェースを閉じて👉ボールをつかまえる」信者の方には
その ヘッド方がたくさん動く、動かすべき と別解釈します。
⛳確かに…開いたヘッドを閉じるには必要ですからねぇ…
 スイングは、当然、ヘッドを振るモノ、クラブを振るモノ、
 と言う答えに行き着く訳です。


特にこの二点目、ヘッドの方をたくさん動かす が
テークアウェイにおいても、ダウンスイングにおいても
アプローチであっても、パッティングストロークであっても、
色濃く出るというか、ヘッドの方を如何にたくさん速く動かすか、
が ゴルフスイングに成っていく訳です。

ヘッドをたくさん動かす、グリップよりもたくさん動かす、
ヘッドやクラブは振るモノ を実行するには、
からだの回転と腕、もしくはクラブを切り離さくては実行できませんので
必然的に 手振り、手打ちの要素が強くなっていくのです。

👉ですので ボールをつかまえるコトを
フェースの閉じ〜開き と言う概念が取り払われない限り、
手振り、手打ちからは逃れられません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


からだの回転を主体で打ちたい
クラブを動かしたい と思っている…のに、
⚠大々的に ヘッドを返そう…とは思っていないのに、
結果、として 『手の返し』『フェースターン』
どうしても入ってしまう…
……は こういうケース、かも知れません。

✋「三角形で遊ぼう編」とも関係があります

からだの回転 『三角形で遊ぼう➀』 : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)
からだの回転 『三角形で遊ぼう➁』 : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)
からだの回転 『三角形で遊ぼう➂』 : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)
アプローチ版『三角形で遊ぼう』 : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

(TOMOクンの修正前-修正後_Moment(2)両腕と胸で出来る三角形
🔴クラブの有る上側を『表窓』
🔴下側を 『裏窓』 と仮称します。

ダウンスイングでは
裏窓がボールなり、飛球線の方を向き気味で始まる訳ですが、
それをひっくり返そう・。・。・と思っていませんか❓

ひっくり返そう❓…❓ 伝わり難い… とは思います。

この傾向は 過去に『スライスで深く悩んだ』方、
『カラダの正面での』インパクトを強く意識している方、
腕力が強く フェースローテーションが激しかった方、
 に多い症状だと思います。

茲離好圈璽港手と藜磴日のジャンボで説明しましょう。
スピース選手、若き日のジャンボ 共々、この状態
三角形の「裏窓」は ボール、もしくは 飛球線の方を向いています。
似ている➁

ジャンボは その三角形をひっくり返し、
三角形の『表窓』側でクラブを動かし ボールを打とうとしています。
そのまま では打てないから です。
体の部位、で言うと
左腕の方がボールに近く、右腕の方が自分に近い、
このままの状態では ボールが打てません。
このままではフェースにボールが当たりません… シャンク❓
✋ですので ボールとの距離感 と言う意味で
 左右の手を入れ替えます。
 左脇を締める…ようなフォローになります。
三角形の頂点、と言う意味では
 トップ時の 右に向けたまま(飛球線の反対)から
 180度 頂点の向きを入れ替えるコト…が打つコト の感じです。
似ている1

一方、スピース選手は
三角形の『裏窓』をボールなり、飛球線に向けたまま
そのままの状態で
 「からだ」の向きだけを変えます。
 自意識として 三角形の裏表 の入れ替え はありません。
三角形の頂点は 右(飛球線の反対)に向けたまま、打つ、
 そういう感じです。

三角形の頂点が 自分の前を通過する…
三角形の裏表を入れ替える…
 即ち 手の返し をするのには
左サイドのどこか、主に左肩や左ひじ、左グリップなど
 遅れてきたモノを入れ替えるため 『待ち』『止まり』が必要になります。
からだの回転通り 手の返しの基準点もどんどん進んでしまえば
 手が返すことが出来ません。
からだの回転からの分離、が必要になるのです。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ