◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】 【クラブから学ぶスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480✉hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:フェアウェイウッド


ご質問頂きましたので <質問です>
240781176_4377812485599164_8218599256180757912_n
Q: 硬質のディスタン系の球をお勧めする理由
はどのようなロジックでしょうか?興味があります。


ボールの柔らかさ に関してですが、
ドライバーであっても、アイアンであっても
金属質とゴム質 のヤング率(歪み率)は
200倍以上差があります。

20年前に比べると ツーピース〜多層系のボールは
実は 歪みにくくなっています。
無駄な歪みが無いので飛ぶのです。

柔らかい と感じる(実は錯覚しています)のは「音」です。
表層や二層目に ポリマー・イラストマーなどの
 吸音材 が多用されているのが理由で、
実際には ボールはどれも
  硬く? なっています。

勿論 ボールは好き嫌い、好みで良いとは思いますが、
柔らかさ(音に)に固執する必要はないと思います。

悶絶クラブであれば  いや! と言うほど
ボールは潰せるので 硬質系のボールでも
十分潰せますし、いい音も出せます。

ボールの重要性は 同じ球を使い続ける コト です。
そう言う意味で 硬質なボールの方が 安価な場合が多く
  持続性を重視すると 硬質なボールをお薦めしています。
予算が許せば どちらでも良いかな とも思います。


✋これは余談ですが、(ボール質にもよりますが)
 一般的な練習場のボールで 良い球 を打っていると
 実際のコースで使うボールでは
 スピン過多、弾道高め になってしまう可能性があります。

👉ボールの質…もない訳では無いですが、
 それよりも 使用頻度、それに伴う 清掃(機械洗い)
 によって ディンプルが薄く、質量も落ちているからです。
 (基本 結構 削れています)

ユーティリティクラブ、フェアウェイウッド、ドライバー あたりでは
すこし 失速する位が良いと思います。


私 個人の場合で言うと 元々弾道が低いので
6番アイアン以上のクラブが失速し、
 全部 同じキャリーになってしまいます。
それを無理にあげようとするのは 良い練習になりません。

練習場では 距離を重視せず
弾道の高さを揃える練習をした方が良いと思います。
((Rさん SW.6i.5w.1W 2021913_Moment((Rさん SW.6i.5w.1W 2021913_Moment(2)












Q: 3Wと7WUTは、ミステリーを考えていますが、
どのモデルになるのでしょうか?

店長さん的にはSYBとミステリーはどうお考えですか?

形状の好みもあるとは思いますが、
SYBの W422V は ロフトの一度大きく
性格的にも上がり易いヘッドです。
打ち出しがやや高めの スピン少な目タイプとお考え下さい。
#3-14.16.17.
#5-19
#7-22
#9-25
#11-28

image03b
一方、ミステリーの HT-411 は
性格的にはオーソドックスなタイプ
打ち出しが中弾道 W422Vに比べると スピンはやや多め です。
411-6_small
#FD-14.15.16.
#5-18
#7-21
#9-24
性格も含め
番手とロフト構成で選ぶ方がよいかな と思います。

UTはミステリー一本なのですが
 ロフト構成は
#3-19
#4-22
#5-25
#6-28

 その組み合わせになると思います。
✋3番に相当するモノは
元々の球質、ウッドに対する自信 にもよりますが、
大きめのロフトを選んだ方が良いと思います。
無理に3番を選ばず 5番からでも良い場合もあるでしょう。
その場合は 18度のロフトのミステリーの方がよいかも ですね。

ウッドとアイアンの間に ユーティリティクラブ を入れるか否か
にもよりますが、それによって
残りのもう一本のウッドを選ぶと良いと思います。

ウッド、ユーティリティ共に
 きつい番手、キツイロフトは選ばない が
 基本だと思います。

番手間の長さの違いなど ヘッド重量で変えられますので
一度に造らない場合(何回に分ける)であっても
どういう構成にしておくか 先にご相談ください。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


大変よくある シャフトのお話し です。 
 全部、全機種、ではありませんが、概ね、当たりです。


sample 2009_09_15_19_49_13-17フレームショット

シャフトメーカーにはシャフトメーカーの都合があり
 通常……シャフトの初期一般販売価格をやや高めに設定します。

平均的なゴルファーの感覚であれば
 そのシャフトで ドライバーに造る や リシャフトする、
 希望👉飛距離が伸びる 希望👉安定する
 が叶うかも…ですので、
 高価格でも…予算が許せば、清水の舞台から飛び降りますが
 同じ価格で…フェアウェイウッド----- となると
 二の足を踏む、可能性は高くなります。

 ドライバーに比べ、使用頻度も、重要性も
 どうしても低くなりますから…。

そうなると シャフトメーカーは
 同じシャフトの仕様を FW用に
 少し重さを増して、価格を落として販売します。

 『ココが落とし穴』に…


 ドライバーに 50gのシャフトを入れたら
 それよりも 短くなる フェアウェイウッド は
 60gとか、70gとか 重くした方が良い❓ような
 気がして、 効果ありそう❓
   ドライバーのシャフトよりも価格低いし…
 って思いガチですが…。

 本来、同じシャフトの仕様 を
 短く…したら… その短くなった長さ分、
 ドライバーよりシャフトの重量は軽くなる筈、なのですが
 それを重くしている、
 でも 発想は同じ仕様……というコトは
 そこに 重さを加えるための繊維 を付加しています。

 同じⓇの硬さ、Ⓢの硬さ表記 であっても
 フェアウェイウッドのシャフトの方が硬くなっています。
 柔らかくなることは まずありません。
 元の性能に 重量負荷の繊維が加わっているのですから。
IMG_0102

 仮に、ドライバーを45インチ
 3番ウッドを43インチ
 5番ウッドを42インチ としましょう。
    (注…シャフトの機種によって 前後しますが)
👉ドライバーの硬さ、振動数が 200cpm であったのなら
 3番は 203cpm前後、5番は205cpm前後
👉ドライバーの硬さ、振動数が 250cpm であったのなら
 3番は 255cpm前後、5番は258cpm前後
 スイングウエイトが同じ、か 短くなる程
 ちょっと重くなる程度で この流れが『適切な硬さの推移』です。
 この流れ であれば どれも 似たようなタイミングで使う、
 振るコト、打つコトが可能です。

 好き嫌い を別にして、間違えるのなら
 柔らかくなる方に間違えた方が良いでしょう。

 この流れ に準じていれば フェアウェイウッドを苦手、
 もしくは 嫌いになることは大変少ないと思います。
sample 2009_09_19_22_56_02-91フレームショット
 しかし、実際のお客様のクラブ を診断させて頂くと
.疋薀ぅ弌次250cpm
 3番ウッド 265cpm
 5番ウッド 275cpm

  なんていうのは 本当にザラにあります。
 数字が大きくなる方に順次推移しているだけ マシ です。
▲疋薀ぅ弌次250cpm
 3番ウッド 265cpm
 5番ウッド 260cpm

  なんて言うのも 頻繁に見かけます。

,離院璽
 3番ウッドを ティーアップして使うのなら まだ良いですが、
 地面から打つのは かなり確率で失敗、派手に失敗し易く、
 5番ウッドは ゴルフバックの重し/飾り になるだけ です。
△離院璽
 3番ウッドを使用する頻度は極端に少なく、
 5番ウッドの方が3番よりも飛ぶ可能性も高いでしょう。
 元々、長さが長く、ロフトのキツイ3番はやさしくない…
 しかし 5番が使えるので
 フェアウェイウッドを嫌い、になることは 少ないです。


フェアウェイウッドを苦手にする人は大変多く、
現在では ユーティリティでそれを補えることもありますが、
ほぼ例外なく、現在のクラブのセッティングか
過去のクラブセッティングで
ドライバーよりも『硬い』フェアウェイウッドでの失敗体験
 が フェアウェイウッドの印象を決めてしまっています。


まあ 他にも 全般的に柔らかくなったドライバー に比べ
 購入サイクルの長い 少し古いモデルのフェアウェイウッドには
 その当時、基準の硬さが入っていたり
 若かりし頃「には使えた」硬さであったり、と
 その不遇を シャフトの硬さで表現している、とも言えます。 

フェアウェイウッドは ある程度の距離を打つ時、
高さが取り易く、ある年齢になると 大変、重宝する武器です。
ですので この ドライバーとフェアウェイウッドの噛み合わせ
に注意して、フェアウェイウッドの苦手意識を自分に植え付けない
というのは のちのち とても重要になってくるのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ちなみにですが、アイアンセットは新調した自前のモノで
ドライバー、3番ウッド×2、ユーティリティは試打クラブです。
3番ウッドはシャフトテストも兼ねて、
ミステリーは流れに近く、SYBはやや柔らかめです。


本日、ちょうどラウンド予定だったので実戦投入してみました。

 

まずアイアン、とてもいいです。

ミスショットも出ますが、ミスの度合いが小さいというか、

それなりの方向にそれなりの距離飛んでくれます。

もう少し慣れて力む癖も抜けてくれれば

精度が上がるんじゃないかと楽しみです。

アプローチやバンカーは苦労しました。

これまでのスイングのクセが抜けず、うまく打てませんでした。

うまく打てても飛びすぎて距離感がつかめず寄りません。

終盤になってなんとなくコツがわかってきたところで上がりでした。

445TL-6_00

445ドライバー、いいです。

1・2番ホールでは右にすっぽ抜けましたが、
以降はほぼ狙った方向に、飛距離もこれまでより出てます。

球筋は、軽いドローと軽いフェードが7:3くらいの割合。
(ひっかけとすっぽ抜けが3番以降1回づつありましたが・・・)

今日は結構強い風も吹きましたが、

アゲンストでも大きく曲がることはありませんでした。

OBもなしです。

 

3番ウッドは両方使ってみました。

(ティーアップでは打ってません。)

ミステリーはうまく打てましたがSYBはうまく打てませんでした。

ですが、たまたまそうだっただけだと思います。

もう少し打ち比べてみます。

ミステリーでのいいショットは、低い弾道で軽いドローの球筋でした。

構えた時の印象は、ミステリーの黒いフェースのせいで、
よりロフトが立った印象を受けるので、 SYBの方がいいです。

411-5-1

ユーティリティは無茶苦茶楽なクラブですね。

今まで持っていたイメージとは全然違います。

これなら、5Iのかわりにユーティリティにしようかと思います。

 

練習場にも通って、

よく検討したいと思います。

 

ちなみに本日のスコアですが

最初バタついたにもかかわらず最近のベストに近いものでした。

いい買い物ができたと感謝しております。

今後ともよろしくお願いします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ