◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:パッティング


Jさん「ハミングバードさんでは
 パッティングや短いアプローチなどで
 刷毛塗 と呼ばれるストローク方法を
 提唱されていますが それは どんなモノなのですか、
 教えて下さい。」


店長「弊社で扱っているアイアンやパターは
 ヘッド重量が超重タイプなので
 小さな、遅めのストロークやスイングでも
 距離を打つコトが可能です。
IMG_1414
 市販のモノも重めのヘッドが増えてきましたが、
 一般的には 300〜320g と言ったトコロですので
 L型「ブリストル」ですと 60%増しの 480g
 ピン型「デール9」では 70%増しの 520g
です。

 それを活用して より安定した軌道、
 安定したインパクトを造れるようにしたモノが
 刷毛塗という ストローク方法です。
IMG_1364

 パターに限らず、クラブ全般通して ですが
 ゴルフクラブの打撃部であるヘッド、フェースには
 ロフト角度 と言うモノがあります。
 ゴルフクラブとゴルフショットの関係では
 ロフト角度、その姿勢が一定していると
 それをほぼ同様に ヘッドの入ってくる進入角度、
 入射角度やヘッドの道のりも一定したモノになります。

 逆に言えば、ロフト角度、ヘッド姿勢の変化が激しいと
 それに比例する形で ヘッドの軌道、入射角度もキツイモノ、
 変化の激しい、小さな弧の軌道になります。

 振り子式の場合、グリップに比べ ヘッドの角度運動が
 多くなりガチ、グリップの移動が抑制されがち です。
001002







 刷毛塗の発想は そのロフト角度・進入角度を極力変えない、一定にする
 スイングであれば 円弧はからだの向き、骨盤の向きに任せ、
 両手でさばける範囲 〜体の幅分 は
 クラブはスライドさせ、円弧を描かない、
 手で円弧を描かない
 トコロから始まります。」

Jさん「では 刷毛塗はショットにも応用可能、というコトですね。」
店長「はい。可能です。
 ですが、今回は パッティングストロークと
 ほんの短い距離の グリーン周り、位の距離のアプローチを中心に
 留めておきます。

 
 今までのお話しと重複する部分が多々ありますが、
 私の見る限り、多くのゴルファーのパッティング苦手、下手、
 実はパッティングに限らず、ショット全般なのですが
golfutikata233
 この写真の通り、真っ直ぐ振る、真っ直ぐ打つ、
 コトにこだわり過ぎて
 もう一つの真っ直ぐを無視してしまっているコトに起因している
 と思っています。
 
 ヘッドには ライ角度とロフト角度が複合してあるため、
 ヘッドのそのものが左右方向に向き(回転)を変えていなくても
 右打ちの場合ですが
 ロフト角度が増えれば、実フェースは左を向きますし、
 ロフト角度が振れば、実フェースは右を向きます。

 振り子式のストローク、ショット は
 支点を固定できる機械であれば 良いかも知れませんが、
 それを実行するのは ヒト だというコトを忘れています。
((パッティングストローク_Moment((パッティングストローク_Moment(2)










 ロフト、フェースの向きなどを勘案し
 振り子の場合、ヘッドの最下点であたれば 良いのですが、
 人間が振り子式を実践した場合、
 支点になる箇所や頭なども 振り子運動する可能性が高く、
 多くの人が ヘッドが上がっている時にインパクトし、
 それはイコール ヘッドが高くなっている
  =フェースが左を向いている
 最下点よりもヘッドの位置が上がっているトコロでインパクト
 する事になるので トップ気味に『歯で』打っている
 というコトに気付いていません。
006
 打撃は立体なので このアングル(👆👆👆)
 で ボールとヘッドがどうコンタクトしているのか
 というコトを 無視してしまっています。

 実は 実フェースの向きは変っているのに
 ヘッドが真っ直ぐ動くコトばかりに意識を使い過ぎ、
 ヘッドを真っ直ぐ動かすコト自体は悪いコトではありませんが、
 打撃は立体というコトを忘れ、
 上から見た平面的な、その形ばかりにとらわれてしまうのは
 パッティングストロークだけでなく、ショット全般も
 陥り易い ゴルフショットの落とし穴 だと思います。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


パッティングを行う際、
 多くの人は 真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出す
という 自分/打ち手の目線から
 ヘッドが真っ直ぐ動くコトに重きを置いているように 感じます。
IMG_1359
勿論 それも悪いコト ではありませんが、
ゴルフクラブは パターだけでなく
ロフト角度とライ角度 そして 動く軌跡、道
によって 打撃配分が構成されています。

真っ直ぐ引き、真っ直ぐ出す の真意は
 思った『方向』にボールを出したい のだと思います。
その気持ちは尊重しますが、
 真っ直ぐ出せる 立体的構成も考えるべきですし、
 真っ直ぐ出せても 距離が合わない や
 当たりが安定しないでは 本末転倒 です。
((パッティングストローク 振り子 VS 刷毛塗_Moment((パッティングストローク 振り子 VS 刷毛塗_Moment(2)






((パッティングストローク 振り子 VS 刷毛塗_Moment(4)((パッティングストローク 振り子 VS 刷毛塗_Moment(3)






立体的な フェース面は ロフト角度とライ角度
 そして その振り具合(軌道)で構成されるため、
ヘッド自体を回転させなくとも ロフト面が強く上を向けば
 右打ちの人であれば フェースは左を向き
ロフト面が強く、下を向けば フェースは右を向きます。

自分からの見た目で ヘッドが概ね真っ直ぐ動いていても
その弧が上下方向(この場合は下方向)に膨らんでいる場合
ヘッドを回転させている のと大差はありません。

自分の見た目で 『ヘッドを』真っ直ぐ動かす意識よりも
上下方向、地面に対し、平行と言う訳には行きませんが、
出来る限り 直線、 出来る限り曲線を描かせないように
やや上から下への…地面と平行に近いような直線で動かす
そういう意味での 真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ出す
を お薦めします。
((パッティングストローク 振り子 VS 刷毛塗_Moment(6)((パッティングストローク 振り子 VS 刷毛塗_Moment(5)





((パッティングストローク 振り子 VS 刷毛塗_Moment(7)((パッティングストローク 振り子 VS 刷毛塗_Moment(8)




自分の見た目では ヘッドが真っ直ぐ動く
でも ヘッドの高さ変化も激しく、
ロフト変化も激しいと 見ての通り
  実質のフェースの向きの変化も大きいですし、
ボールとのコンタクトの仕方、当たり具合、
インパクト時のロフト、ロフト効果もまちまちになり易く
正しい意味での ヘッドの真っ直ぐ(直線で)動かすのに比べると
デメリットばかりで メリットが殆どありません。

ショットの場合、ヘッドの移動が膨らむ、曲線になるのは
からだの向きを変えるから…です。
パッティングストロークの場合、
余程の距離でない限り、からだの向きは変りませんから、
完全なる直線とは言わずとも、
 出来るだけ 膨らまさない方が いろいろ良いことが増えます。


パッティングストロークはスコアの直結します。
とともに スコアの大半を占めます。
その一打、そのパットが入らずとも
 安定したパッティングが出来るか、そうでないか
の差は ココが反映すると言っても過言ではありません。


真っ直ぐ動かす の意味を履き間違えないように✋
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ