◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:パターストローク


✋✋✋新しい仕上げ あります。
 ダークカッパー(銅メッキ) チョコレート色になります。

IMG_0126
(茲ら テフロンブラック、Wニッケル、クロムサテン、ダークカッパー)
 おそらく…ですが、使ってくると
 角、エッジ部分がピンク色(銅色)になってくるか、と思います。
IMG_0125
 ✋ピン型 デール9でも登場します。
 


Q:初めてのブリストルパターのシャフト
 いきなり140cpmからいっちゃおうかな?とも思っております。

おっしゃる「違反クラブ」並みの効果を体験してみたいからです。

 

ただ、届いて打った時に「なんじゃこれ?使いこなせない!」
とならないかという不安も拭えません。


初ブリストルで140cpmは冒険過ぎますか?
背中をひと押しして頂きたくメールしました。

003

【店主】弊社ブログが何かの役に立ったのであれば幸いです。

 

 お問い合わせ…のシャフトの【硬さ/柔らかさ】の件でございますが、

一般的には パターシャフトの硬さ は 楽々300cpmを超える、

モノによっては 350cpmを超えるモノも少なくありません。

パターをデザインされる時、ヘッドは色々考えられるのだと思いますが、

他のクラブ以上に パターシャフト、特にその硬さはおざなり、

無視されている?に近いかと思います。

IMG_1424

.リジナルのアルミシャフト  270cpm

▲リジナルグラファイト95g  200cpm

オリジナルグラファイト90g  170cpm

ぅリジナルグラファイト70g  140cpm

 

,話韻法.悒奪匹僚鼎ぅ僖拭爾鵬瓩ず(総重量もすさまじいですが…) 除外対象ですが、

△發靴はでも 十分楽しめ、初めて手にされる方は

ヘッドのその重さ(一般的なパターの総重量に匹敵します)と

シャフトの ブにゃんブにゃんさ に驚きます。

実際、打って頂くと やはり直進性が高く、

ゆっくりと、小さなストロークでも 伸びは格段。

まあ 物理現象(重さ対重さ)ですので 分かり易いですが…。

ある程度柔らかくなってくると

それにロフトの立ちが加わってきます。

 それは 振動数180190cpmを境に はっきり出ます

 

勿論 振動数140cpmのモノはモンスター です。

IMG_1414

パター単体としてい蓮…梢弊、飛距離性能は ルール違反規格です。

打ち方を越えたモノ なので すぐに楽しめる と思います。

(冗談ですが、パターでのOBにご注意を)

距離性能が非常に高いので、その距離感に慣れる必要はあるとは思いますが、

打ち方等 あまり気にして使っていらっしゃる方は殆どいらっしゃいませんので

その点については心配される必要はないかと思います。

い任△辰討癲‖任舛海覆擦覆ぁ,箸いΕ灰箸倭瓦ありません。
保証出来るほどです。

IMG_1422

 が、まったく問題点がない訳ではありません。

パター単品としては い枠瑤咾未韻震滅鬚機兵蠢位A垢任垢…) だと思いますが、

アイアンやドライバーなど その他のクラブとの格差が大きくなり過ぎで

良い意味でも、悪い意味でも影響を与えます。

だいたいの場合、パターに!ではなく、他のクラブの方に影響が出ます。

パターは全くの別物と完全に割り切るか、 もしくは いずれ 他のクラブも

パターに準じたモノにしていく予定…(あくまでも予定で良いと思います)

と言う風に考えた方が良いと思います。そうであれば ぁ,任后

 

 重量が有る分、しっかりしている…ご想像通り、無難…なのは  です。

それでも 十二分にモンスター だと思います。

 

なんだか 回答にならず申し訳ないのですが…

 是非 ご検討くださいませ。

 

 

238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10

  046-804-1480  ハミングバードスポルテ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



922a6798ショルダーストロークは
前傾姿勢の深さにもよりますが、
回転にするにはかなり深くの前傾が必要で
練習を多くとる方には腰痛の原因になりがちで
アマチュアの場合、中途な前傾で
回転では無く
背骨のドコカノ軸点、
おそらく ここら辺だと思うのですが 
ココを軸点に からだの回転では無く
シーソーのように 左右の肩を上下させる
コトが ストロークのエンジン・原動力になっています。
👉深くして回転にするか
👉浅くして肩の上下にするか
 どちらにも一長一短あるような気がします。

一方、弊社の提唱する 刷毛塗の場合、
人によって ですが 左腕で動かす場合もあれば、
右腕の曲げ伸ばしで打つ場合もありますが、
どちらにしても 意図的、積極的には
肩、からだ、胸は動かしません。
((パッティングストローク 比較映像_Moment

意識としては止めておく位の感じです。


今のストローク
(真ん中の映像)
刷毛塗ではなく、単に肘を曲げた状態での
 ショルダーストローク になっており、
腕が短くなっている分だけで
前傾が深くなり 苦しくなる、辛くなる可能性があるのと
ショルダーストロークと混じった形で
左ひじを引く状態ですので
〇ヘッド軌道が内に切り込むか →引っかけ
〇ヘッド軌道が急激に上がる →ボールの回転が悪い、トップ気味

 ですので 安定し難くなっています。

✋浅い前傾のショルダーストロークは回転ではありません。
悪い言い方をすれば
 肩のギッタンバッコン、バッタンギッコン
左右の肩の上下動です。


〇刷毛塗の発想は ロフト姿勢の維持、
 ヘッド軌道の直線化(出来る限り円を描かない)
 にありますので、
 例えば 右腕の曲げ伸ばし を動力源にストロークする場合、
 右ひじの伸ばし と 左手首の平側への折れ は
 パックになっていると考えて良く、
 右ひじを伸ばしたら 左サイド自体が内に切り込むのとは違います。
 動画の二つのストロークを比べてみて下さい。

動力源を 腕(左腕でも、右腕でも)に馴染めない、
 というコトもあると思います。
そうでしたら 基本、ショルダーストロークで
インパクト、インパクト以降での 左手首の平側への折れ だけを
取り入れるだけでも より良いボールの転がりを作るコトが可能です。

それは ショット・通常のスイングとも関係があると思いますが、
インパクト前後で 左上腕が締まる、左腕が絞られてしまう習慣が
ネックになる可能性があります。
スイング用語では 脇が空く になるのかも知れませんが、
左上腕が逃げないと、軌道を内に切り込むコトになるか、
左手首が平側ではなく、甲側に折れてしまい
 ヘッドを跳ね上げてしまいます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ