◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:ドリル


店長「絨毯の上で ヘッドを引き摺る、
 からだの向きを変え、グリップを移動させ
 その移動した分で ヘッドを移動せる、
 その感覚を経た上 実際にボールを打ってみる。
〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment
 アプローチとは言えないまでも
 練習のウォーミングアップとして 感覚を掴んでみる、
 それは 手打ちからからだの回転への移行として
 地味かもしれないけれど
 かなり効果のあるドリルになると思います。」

質問「はい。」

店長「そのドリル(アプローチショットですが…)の参考に有るのが
 コチラの動画になると思います。

 おそらく。。。ですが、
 多くの方は。。。ですね、
 テークアウェイで90度右を向けた 9時を向けた時計文字盤
 クラブを 90度戻そう、6時にしようと思っている、
 フルではないけれど クラブをターンさせる、
 それが インパクトだ と思っているんじゃないか
 と思うんです。
あなたの目にはどう見えるのでしょう❓_Moment(2)
 でも グリップを動かして、ヘッドを引き摺る 感覚では
 インパクト付近は グリップをからだの平行に
 打つ方向にグリップエンドを向けたまま 引きずる感覚なんです。

 イメージ・意識は『9時のまま引きずる』んですけど
 からだの回転が入って来ますから
 ボールへの到達時点で 8時とか、7時半とか。。。
 7時までは行か(さ)ない感じですね。

 トップの位置での クラブを
 その姿勢のまま、そのシャフトの向きのまま、
 からだを廻して グリップを引き摺り
 クラブ自体を移動させる・・・。」

質問「スライドさせるような感覚 ですね。」

店長「はい。
 実際には 動力がからだの回転、回転なので
 薄っすらとは クラブにも回転は入ります。
 クラブ、ヘッドの重さ、運動での加算 が入りますから
 ヘッドは留まろうとしますので
 からだの向きに対し 半分位の回転でしょう。」

質問「コレで 当たるんですね❓」

店長「当たる と言うか、打てます。
〇距離感としての 管理出来る速度
〇多少のズレがあっても 均一な打撃ロフト、ヘッド姿勢
〇ヘッドのアタックアングル
 これらを考慮すると コチラが『正当なアプローチショット』です。」

質問「ものすごく奇妙な感覚です。」

店長「だと思います。
 今まであった 何か肝心なモノが無い、欠けている、
 なのにボールに当たる、ボールを打てる、
 そう言う感覚なのでは無いかと思います。

 今までの感じでは アドレスを基準点として
 ソコに戻る、ソコがインパクトの合流点なのだ、と思うんですが、
 からだを廻して グリップを引きずるので
 ボールとコンタクトする合流点は ソレ よりも もっと後です。」

〇からだの回転_Moment(2)

質問「そうなんですね😊」

店長「少し ソレに慣れたら、
 回転の 横のクラブの動き だけでなく
 縦のクラブの動きにも意識して
 同じように クラブを引き摺る、
 ヘッドをボールに縦の感覚で『届かせようとしない』、
 ボールに正対、垂直になるようにしない、
 グリップエンドを打つ方向に向けまま
 ボールと自分の間を擦り抜けさせる、
 そう言う感覚だと思います。」
あなたの目にはどう見えるのでしょう❓_Moment
質問「当たるんですね…。」

店長「この 奇妙な感覚に慣れるコト が
 からだの回転への入り口 と考えて良いと思います。
 コレに慣れないと その先『ショット』につながって行かないです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アプローチどりるを自分でやってみて
 気付いたことは
自分が右向きから左向き 約180度ターンする
 に伴い クラブも、ヘッドも180度ターンさせよう
 とすると 回転が二重
 脚を主に使ったからだ、胴体、骨盤の回転に対し、
 運動により増した重さ分 腕とクラブの負荷のかかる
 肩部分は のちのち もう一度回転しなくてはならない
 と言う感じが残りますし、
 実際、映像を超スローで見ると 二重の回転になっている
 のが判ります。 
肩で廻っている のも体の一部ではあるのですが、
根底には やはり ヘッドを振る感覚 …
向きが変わるから ヘッドが円を描く のではなく
自分で ヘッドを丸く振る、たくさん動かす 感覚があるんだと思います。

あなたを迷宮へと誘う『振り子のアプローチ』_Momentあなたを迷宮へと誘う『振り子のアプローチ』_Moment1





手打ちは良くない、手で振ってはいけない、意識の有る方が
陥ってしまうパターンのように感じます。

 通常 の 胴体の廻り プラス 肩の廻り(腕の振り)
 それが 分離している回転は
 からだ👉胴体の「一体な」廻り に比べ
 ヘッドのアップダウンがやや激しい軌道になります。
 ショットの場合、
 スライスやフックがより強く曲がるようになったり、
 アプローチでは
 微妙なインパクトロフト 実働ロフトが微妙になり易い だけでなく
 トップ、ダフリも増えるような気がします。



アドレスでの 自分からヘッドまでの距離
 コレをクラブの長さ と仮称し、
 アプローチであっても、ショットであっても
 なにがしか の形で その距離は短くなります。
 感覚的には その距離を元に戻さないと
 「ボールに届かない」と思いガチ ですが、
 それは スイングの仕組み、クラブの構造に任せ
 トップで出来た クラブの長さ
 それを維持したまま 打ってしまう位で良いと思います。

実際には それを遠心力の利用 と言うのだと思うのです。
(つかまえ と 両手離しドリル_Moment

元の長さに「自発的に」しようとすれば
 ソレに更に遠心力がかかり、
 オリジナルのクラブの長さよりも さらに長く
 元の弧の大きさの 外側(大きな円)になる…
 コレを 本来の アウトサイド だと思うのです。

そうすると クラブヘッドの通る道のりは長く、多く、
 なりますので 当然、からだの向き〜時間の進行 から
 遅れますので 必要以上にクラブがズレ(右打ちの場合、蕁
 フェースもロフト開くコトになりますし、
 からだの向きがボールを通過する。。。その時間の波に乗れません。
 フェースが開いたコトもあり、ソコを「手で」ターンせざるを得ない。
 というのが 多くの方の実情なのだと思います。

インパクト を ジャストオンタイム にするには
 重くなり、長くなりがちなクラブの長さ を 短く保ち、
 元の円弧の大きさの 内側(小さな円) に
 するのが 本来の意味の インサイド だと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ものすごく 良くあるパターン ですが、
ダウンスイングの前半 主にからだだけ回し、
後半に からだの回転は止め気味、
カラダの部位で言うと 足腰は止め気味、
腕というか 肩だけ回す のような場合、
いつも疑問に思うのですが、
 長い距離の要らないアプローチ は
 いったい どうやって打ってるんだろう❓  …です。

ですので 腕と体が一体に動く
 と言う動きの基礎はアプローチから、なんですが
 逆に アプローチショットのせいで 通常のショットが
 そうなっている例も少なくありません。
 「スイングの悪い基礎がアプローチである」可能性もあります。

持つクラブはウエッジではなく、7番や6番でも良いと思います。
距離感的には 30ヤード位のグリーン周りの寄せっぽい、感じ。

仝什漾▲董璽アウェイ〜ダウンスイング
 その軌道に対しフェース面を 下向き / シャットにする
 イメージは持たれている と思いますが、そのまま で。
(ぶ厚い当たり 上から打つ〜ボールをつぶす_Moment(2)(ぶ厚い当たり 上から打つ〜ボールをつぶす_Momentスナップショット 4 (2015-04-18 18-59)







インパクトは ココ この形で!イメージ です。
ココから 下へはクラブを(手では)入れない意識で。
そうするには・・・ 次△


△らだを概ね右から左に180度弱ターンしますが、
 こう振って、こうクラブを動かしてしまっては身も蓋もありません。

 ✋
シャットにしている、シャットを意識する意味が消失します。

 からだの向きによって
 クラブは上下にも、左右にも ターンします ので
 腕の仕事は からだの向き通りにグリップを移動させる
 からだの向きの変更は ヘッドではなく グリップの移動 です。
((アプローチどりる_Moment(2)

ですので 隣にいる仮想の人 を
 フォローでぶっ叩く、のではなく
 グリップを手渡してあげる、感じです。
スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)スナップショット 3 (2014-03-25 12-05)スナップショット 5 (2014-03-25 12-06)





((アプローチどりる_Moment

➂アプローチなので オーバーには出来ないかも知れませんが
 ドリル と考えると
 フォローは シャットの状態のまま、
 グリップの高さを増し、クラブ自体を
 その姿勢のまま 高くする「感じ」です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ