◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】 【クラブから学ぶスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480✉hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:ドライバーヘッド

          



SYB(コンセプト)より ニューギア✊
 ドライバーヘッドのご紹介です。 

ハミングバード 初のネック調整式。
  シャフトテストに便利ですね^^

EG05_021
今どき…の シャロー形状(体積460奸砲離疋薀ぅ弌爾任后
 そのシャローさ、薄べったさはドライバーというより
 フェアウェイウッドに近い
、かと思います。
EG05_04
【構えるとかなり大きく見えます】
最近の一般的なドライバーは
 フェース高さが 55〜60mm 位です。
参考例 弊社 GR-14 60mm
    ミステリー CF455 56mm
この EZ-05 は 52mm と超薄型
まあ その分 構えた時の大きさ〜投影面積は
 460ccクラスのドライバーでは最大級……安心感は高いですね 
EG05_04

【かなり高音、大きめな打撃音】
フェース面には DAT系 チタン素材
打音は大きく、高音 ♪ ♪ ♪    威圧感あります

【スライスキラーなヘッドです】 
ヘッドの特性、性格としては
シャローフェース にしては
    短めの重心距離
そして 深めの重心深度 による
    大きな重心角度
右回転、スライス、プッシュ気味に悩む人
 にとって スライスキラー としては かなり優秀です。
EG05_02
【スピン抑制機能が最大の特徴】
特徴 としては
 やはり ロフト調整機能が付いているコト なのですが
 HBS仕様ですと、後方に45gのウエイトが入るため
 重心がかなり低く(重心率の低さ 52% は強烈
 (弊社オリジナル仕様は 重心率50%を切る可能性も…)
 ですので 強烈なスピン抑制性能があり、
 購入後、ロフトを増やす方向に調整する可能性大 です。

平均的な男性ゴルファーですと 縦のスピン量 が
 いきなり 1000回転以上減ってしまう可能性もありますね。
EG05_03
スライス気味で 回転も多めの人にとっては
  メッチャ 飛距離が伸びるドライバーヘッド


当社測定値
 ヘッド体積 460cc
 基準ロフト角 10.0度   調整により 9.0〜11.0
 基準ライ角  60.0度  調整により 59.0〜61.0
 重心距離 35mm   👈
  フェース高 52mm   👈
 重心高さ 27/25mm  👈
 重心率  52%   👈
 重心深度 38.5mm  👈
 重心角度 24.5度   👈


今どきの特徴の無い、ネック調整機能のみの
 薄型ドライバーヘッドに比べると
ターゲットのはっきりした
かなり 個性的なドライバーヘッド です


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



445TL-1445TL-2445TL-4










「ボールのつかまりが圧倒的に良くなりました。
スピーダーは油断するとすっぽ抜けることがありましたが、
安心感が違います。気を抜いて振っても真っ直ぐ飛んでいきます。

 

弾道が前より低くなりました。

低くと申しても、より適正な高さになったとおもいます。
シャフト変更により、そうなるだろうと期待していたので、
たいへん嬉しいことです。距離も少し出ていると思います。

 

ブログを拝見して日々研究しておりますが、
その打ち方になるように、クラブが仕向けてくれている感じがします。
回転でしか打てないですよね。

 

L型パターとの相性の良さを感じるようになりました。
パッティングもショットも一緒なんだと感じております。」

追記:コースで打ってきました。

フェアウェイを外したのは2回、ストレートから、少しドロー系。
低スピンでよく伸びています。epic speedよりも良いですね。
こちらのシャフトのほうが、断然、相性が良いです!


445TL-6_00【店主】

🚀ドライバーヘッド ミステリー445
  ロフト角度  10.5度
  ヘッド重量  235.8g  に
🚀フジクラシャフト SPD474 EVO6
  44.25インチ /  振動数 208cpm を
🚀ハミングバードオリジナルシャフト 55g/Tq5.3kg/MID
  43.5インチ / 振動数 156cpm の変更致しました。

『ミステリー445』 は 左曲がり、引っかけに強いヘッドで

非常にスピン抑制が強く、弾道の落ち着き易いヘッドです。
▽44.25インチ 208cpm を
▽43.50インチ 156cpm に
「長さが落ち」「柔らかさが増す」
ダブルの効果で 高さ、もしくは スピン不足を心配しておりましたが、
大丈夫で ちょっとホッとしました😊



ハミングバードオリジナルシャフト 55g は
 220〜235g を 43.5〜44.5 位で使うと
 非常に使い易く、スイングの誘導性能と距離、安定性を
 兼ね備えたシャフトです。(collarは明るめのガンメタリック)

確かに、クラブは短い方が扱いは断然、楽ですが、
 ヘッドのスピン性能とロフト角度 
 自分の持ち球特性 との兼ね合いでお決めください。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

          



SYB(コンセプト)より ニューギア✊
 ドライバーヘッドのご紹介です。 

ハミングバード 初のネック調整式。
  シャフトテストに便利ですね^^

EG05_021
今どき…の シャロー形状(体積460奸砲離疋薀ぅ弌爾任后
 そのシャローさ、薄べったさはドライバーというより
 フェアウェイウッドに近い
、かと思います。
EG05_04
【構えるとかなり大きく見えます】
最近の一般的なドライバーは
 フェース高さが 55〜60mm 位です。
参考例 弊社 GR-14 60mm
    ミステリー CF455 56mm
この EZ-05 は 52mm と超薄型
まあ その分 構えた時の大きさ〜投影面積は
 460ccクラスのドライバーでは最大級……安心感は高いですね 
EG05_04

【かなり高音、大きめな打撃音】
フェース面には DAT系 チタン素材
打音は大きく、高音 ♪ ♪ ♪    威圧感あります

【スライスキラーなヘッドです】 
ヘッドの特性、性格としては
シャローフェース にしては
    短めの重心距離
そして 深めの重心深度 による
    大きな重心角度
右回転、スライス、プッシュ気味に悩む人
 にとって スライスキラー としては かなり優秀です。
EG05_02
【スピン抑制機能が最大の特徴】
特徴 としては
 やはり ロフト調整機能が付いているコト なのですが
 HBS仕様ですと、後方に45gのウエイトが入るため
 重心がかなり低く(重心率の低さ 52% は強烈
 (弊社オリジナル仕様は 重心率50%を切る可能性も…)
 ですので 強烈なスピン抑制性能があり、
 購入後、ロフトを増やす方向に調整する可能性大 です。

平均的な男性ゴルファーですと 縦のスピン量 が
 いきなり 1000回転以上減ってしまう可能性もありますね。
EG05_03
スライス気味で 回転も多めの人にとっては
  メッチャ 飛距離が伸びるドライバーヘッド


当社測定値
 ヘッド体積 460cc
 基準ロフト角 10.0度   調整により 9.0〜11.0
 基準ライ角  60.0度  調整により 59.0〜61.0
 重心距離 35mm   👈
  フェース高 52mm   👈
 重心高さ 27/25mm  👈
 重心率  52%   👈
 重心深度 38.5mm  👈
 重心角度 24.5度   👈


今どきの特徴の無い、ネック調整機能のみの
 薄型ドライバーヘッドに比べると
ターゲットのはっきりした
かなり 個性的なドライバーヘッド です


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

ミステリー CF-455 を
 コースで使われた方の感想 です
445TL-6_00

性格としては
 SYB EZ-05 スライスキラー/スピン抑制に対し
 ミステリー CF-445 はスピン抑制は強いですが、
 ◉叩いても左に行かない、助かる、
 ◉おとなしい左曲がり特性
 です。

445TL-2


➀ スペック 10.5度 44.25インチ 124cpm
 

「445 いきなり ラウンド投入しました。2日 連チャン。

 

2ラウンドの 内訳 です。

いわゆる 「今日一」 20%

ダメに近い 普通 60%

悶絶  20%

 

「今日一 」 は かなり 飛びました。

弾道も高く、ラン も 多い。

自分史上 最大飛距離の ドライバー!

 

特筆すべきは「ダメに近い普通」です
このほとんどは、フェースの 先っぽ の上 でヒット。
少し右へ 飛び出して 少し 左へ 曲がり ランが 出ています。
これまでの455 の 「今日一」 に 近い 飛距離。
フェアウェイの状況が 違うとは言え 飛んでいます。

 

445 は フェース先っぽ 上 で ヒットしても 振り抜ける !  と 言うか
455
ほど 腕への 圧力が無い。

 

自分のスイングに於ける ミスヒット発生時の
許容範囲が 広い spec になっているのが 445 なのかも。

 

初物なので 飛んだのかもしれません。
スイングを改善? したから 飛んだのかもしれません。

ただ アイアイは スイング改善? で 飛距離と高さ が確保され
そして 曲がらなくなって来ました。」

445TL-4
➁ スペック 10.0度 44.00インチ 140cpm

「CF-445ですが、455より暴れない感じがします、特に左に。

レンジボールでは球があまり上がらずちょっとびっくりしました。

フェイスが黒、デザインもカッコいい~他人に持たせると特に思います。
私はこっちが合ってます。

 

スコアはベストがでました。

 

振り方もできてきたのかもしれません。

 

一緒にまわった上手い人がcf445を試打しましたが、
上手い人だけあってちゃんと打ってました。
ただその人のマイドライバーより初速が遅く、距離も出ていませんでした。

それ見て、一般的なしなり戻りのタイミング打ちでは、
上手く打っても性能が発揮しないのかなぁとも思いました。
何でかは分かりませんが。」

445TL-5-1

➂ スペック 11.0度 44.50インチ 148cpm

「以前使っていた C社ドライバーと比べると
左の引っかけがかなり少なく(持ち球ですね)
ミス!と思ったものが、
結果、フェアウェイセンターだったりしました。

練習場では高さが出ず、心配しましたが、
元々、飛ぶ方ではありませんが、
届かなかったバンカーに入るようになったり
どの位かはまだ掴めませんが、
平均値も、最高値も
かなり前に行ったように思えます。」
445TL-1


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

(試打クラブあります)           



SYB(コンセプト)より ニューギア✊
 ドライバーヘッドのご紹介です。 

ハミングバード 初のネック調整式。
  シャフトテストに便利ですね^^

EG05_021
今どき…の シャロー形状(体積460奸砲離疋薀ぅ弌爾任后
 そのシャローさ、薄べったさはドライバーというより
 フェアウェイウッドに近い
、かと思います。
EG05_04
【構えるとかなり大きく見えます】
最近の一般的なドライバーは
 フェース高さが 55〜60mm 位です。
参考例 弊社 GR-14 60mm
    ミステリー CF455 56mm
この EZ-05 は 52mm と超薄型
まあ その分 構えた時の大きさ〜投影面積は
 460ccクラスのドライバーでは最大級……安心感は高いですね 
EG05_04

【かなり高音、大きめな打撃音】
フェース面には DAT系 チタン素材
打音は大きく、高音 ♪ ♪ ♪    威圧感あります

【スライスキラーなヘッドです】 
ヘッドの特性、性格としては
シャローフェース にしては
    短めの重心距離
そして 深めの重心深度 による
    大きな重心角度
右回転、スライス、プッシュ気味に悩む人
 にとって スライスキラー としては かなり優秀です。
EG05_02
【スピン抑制機能が最大の特徴】
特徴 としては
 やはり ロフト調整機能が付いているコト なのですが
 HBS仕様ですと、後方に45gのウエイトが入るため
 重心がかなり低く(重心率の低さ 52% は強烈
 ですので 強烈なスピン抑制性能があり、
 購入後、ロフトを増やす方向に調整する可能性大 です。

平均的な男性ゴルファーですと 縦のスピン量 が
 いきなり 1000回転以上減ってしまう可能性もありますね。
EG05_03
スライス気味で 回転も多めの人にとっては
  メッチャ 飛距離が伸びるドライバーヘッド


当社測定値
 ヘッド体積 460cc
 基準ロフト角 10.0度   調整により 9.0〜11.0
 基準ライ角  60.0度  調整により 59.0〜61.0
 重心距離 35mm   👈
  フェース高 52mm   👈
 重心高さ 27/25mm  👈
 重心率  52%   👈
 重心深度 38.5mm  👈
 重心角度 24.5度   👈


今どきの特徴の無い、ネック調整機能のみの
 薄型ドライバーヘッドに比べると
ターゲットのはっきりした
かなり 個性的なドライバーヘッド です


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ