◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】 【クラブから学ぶスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480✉hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:トップの位置


少し 見方を変えてみましょう。

 現在の状態はいったい どういう状態なのか❓
 人間の動作を除いた、クラブの観点で見てみましょう。 

今の状態 ですと
 持っているクラブの長さ 通り
  の入射角度よりも 緩め で
 その入射角度 においての
  理想的な ロフト角度 よりも 緩め(開き目) です。

そうなると どんな球になるのか、どうなるのか
 というと 弾道もやや緩め で 中弾道、
 落ち際でやや失速気味(スピン不足) になる のですが、
 空中のボールを打つドライバーはまだ良い方で
 緩めの入射、そして 開き目のロフト で
 ダふらずに クリアに打つには ややひっかける必要が生まれます。

バンカーやアプローチなどでは
 想定の距離よりも飛ばず、常時、強めに打たなければならなくなり
 (困ったことにスピンの効きは悪いです)
 その習慣が よりショット全般の引っかけ
 もしくは チーピン、ダッグフック を生む可能性があります。
((Rさん SW.6i.5w.1W 2021913_Moment(2)

また、その入れ方、さばき方は
 左ひじに負担がかかり易く、そこはちょっと心配です。

で… それを解決するのは 動作の修正 ではない気が強くします。
 勿論、理解してからの 練習は必要ですが…。



▲董璽アウェイを取る目的
 あまりに当たり前過ぎて、あまり、語られない部分
 ではあるのですが、意外に重要な部分です。

 アプローチ以上、ある程度の距離を打つのに
 テークアウェイは必要でしょう。必要です。

 しかし、短いアプローチと同じように
 腕もクラブもアドレスの長さのまま 右を向くだけ
 腕やクラブを突っ張らかったまま
 腕やクラブを伸ばし切ったまま
 トップを取る人は
 ほぼ 皆無 です。

 それが手首〜コッキングで行われるのか
 右ひじを曲げるのか、腕をバンザイするのか、
 肩で廻るのか、腕だけで上げるのか、からだゴト右を向くのか、
 それはそれぞれ あると思いますが、
 なにがしか の形で 自分からヘッドのまでの距離を近く、
 無理やり 言葉を変えると クラブを短くする「ような
 ヘッドの方を高くする「ような動作 をします。
 これにも ほとんど例外がありません。
((Rさん SW.6i.5w.1W 2021913_Moment

 右を向くのを 腕だけでするのか、肩を廻すのか、
 からだゴト なのか それも それぞれありますが、
 ともかく 右の向く「ような」動作が入ります。

👉クラブを短くするコト
👉ヘッドを高くするコト
👉右を向くコト


  この それぞれの目的はなんでしょうか❓
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Kさん より
✋『手前味噌ですが、
スイングはすこしづつ良くなっている ように思います。

ですが、トップが大きすぎるのがどうにも治りません。

たぶん、もっとトップを小さくしたほうが安定するし、
力も伝わりやすいと思いやってみるのですが、
自分では小さくしているつもりでも撮影すると全く変わっていないのに驚きです。
これからも根気強く取り組みます。

 

ところで、本日仲間内のコンペがあったので、ラウンド報告いたします。

ショットは常にゆっくりすること(加速しないこと)を心がけたところ、
安定したショットができました。
とはいっても癖はそう簡単には抜けなくて、
力んでしまうとミスショットになります。永遠の課題ですかね・・・

アプローチはだいぶ距離感があってきました。
寄せワンも何度かあって、
ちなみにパット数が平均で36くらいのところ、今日は32でした。


ユーティリティは、今回も活躍してくれませんでした。

玉が上がりすぎて風に流されたり、
低い球を打ちたいと思ってひっかけたり、
ナイスショットかと思えば全然手前だったり、
そこそこ満足できるショットが打てませんでした。


多分打ち方の問題が大きいと思いますが・・・

 

6月はいろいろと忙しく、
ゴルフはオフシーズンになりますが、
ブログを拝見しながらイメージトレーニングを行ってまいります。




店主:
実は Kさんとは直接お会いしたコトはありません。

スイングのお節介も 通信講座で行っている次第で
余程 勘が良いのか、運動センスがあるのか、
8か月位で かなり大きくスイングは前進して来ています。

動画を編集すると分かるのですが、
最新のスイングになるにつれ 運動速度も上がってきており
距離も伸びてきている可能性があります。

【#ゴルフスイング】 Kさんのスイング変遷 完全通信講座_Moment1

フォローの出方も変わってきましたから
距離だけでなく、安定度も上がりつつあるのではないかと思います。 

ご本人が気にされている トップの高さ(大きさ)ですが…
あまり気にする必要はないような気がします。
以前 手で上げていた、胴体を捩じっていた人が
足などを使い、骨盤、胴体の右向きを作ると
その分、上がり過ぎ になり易く、
高くなったり、シャフトクロス になったりします。
タイミングが取れるのなら、安定しているのなら、
個性の一つ と考えて良いと思いますが、
気にされているのなら…。

ゴルフクラブは L字型をしており、
鎌首を自分の方に持ち上げています。
グリップを高くしたり、上腕を上げると
その意志をもって、上げた分よりも多く、
イメージの倍高く上がると考えて良いと思います。
故に 上げる量を調節するのではなく
「上げない」位を意識した方が良いかも知れません
右向きをつくれば どの道、グリップは高くなりますので
タイミングが取れるのであれば それで十分かと思います。
【#ゴルフスイング】 Kさんのスイング変遷 完全通信講座_Moment

その課題…に関連しているかも知れませんが、
トップの位置の高さ が
グリップを上下に動かす、クラブを下に振る、
 それを打撃のエンジンにしている可能性は否めません。
グリップの位置だけでなく、高さの移動も
 『からだの向き』を主体にするに移行していけば
 知らず知らずのうちに、トップの高さも必要最低限に
 収まって行くと思います。


それに関連する流れで
気になる点がありますので それは明日に…  (続く)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


練習場でボールを打ちながら
スイングを作っている人にとって
動画や映像などの「トップの位置」
その格好、姿、形は参考になる…のでしょう。

video_Moment(4)mz-slow_Moment田中どら_MomentIMG700















始めから「どうするか」の目的がある場合は除き、
忘れてはいけないのは スイングは連続する動作です。
トップは ショットするための準備行為で
ダウンスイングは助走路みたいなもので
二つは当然つながった動作です。

と、同時に ご自分でスイングの動画を撮影し、見てみると
自分の思い描いている動作とかなり大きく異なる場合が
とても多いと思います。

✋それは 何度も書いていますが、
スイング動作で造られる クラブや自分の重さ
それを考慮して、人間のコンピューターが働き
補正が大きくかかっているからです。
ボールも自分の セットアップを基本に
その位置関係は固定されていますので
その制約の中で、予想外の重さが掛かれば
その重さを相殺したり、使ったりすることが
自分のオリジナルのイメージ動作に組み込まれていきます。


IMG704IMG705








それを踏まえた上で、
トップの位置は 恰好や姿、型を優先させるのではなく
クラブの重さが 次の動作…ダウンスイング、インパクト進入に
どのように働いているのか
自分の「次に」行きたい、行かせたい 場所 と
クラブの重さはどういう関係なのか というコトを考えてみましょう。

PCC例えば トップのクラブ位置が
このような状態であれば
次の動作を始める時
左腕には 上がり目の重さ がかかり
右半身全体には下がり目の重さ がかかります。

双方を組み合わせれば
早い段階で 右サイドとボール、地面との間隔は
狭くなってしまいますから、左サイドを跳ね上げながら
ボールを打たないと 地面を打つコトになってしまいます。

クラブというのは重さ ですので
その重さ をどう動かすかと その重さにどう動かされるのか
は表裏一体の関係です。 それがスイングです。

長さというモノがある ゴルフクラブという形状と
重心がズレているゴルフクラブヘッドという形状
この二つを 次の動作にどう利用すればいいのか
その形状がどんな姿勢をし、どこにあるのか
によって 自分の次の動作に与える影響は異なります。

出来るだけクラブの行きたがるところ を
自分の行かせたいところ と近づけた方が
チカラ で解決しないで済みます。
・・・・・・意図的にチカラで解決したい人は別です。 どうぞ、ご自由に。

それを無視して 自分の動きの型 ばかりをおいかけても
実際のスイング、実際のスイングには反映されません。
それは 素振り、シャドースイングでも十分養える部分です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
 

弊社のお客様で
お店より 数百キロ離れたところからの映像です。

ご来店歴はなく、通信講座状態の kazuちゃん です。

勿論、ご本人にも了解を経て、モザイク付きのスイング解説になります。

   (無関係ですが、モザイクという響きが ちょっと◎◎な昭和な店主です…。)



型を意識された というコトですが、
とても典型的な例ですので 参考にさせて頂きます。

以前は 今どきのごくごく普通なスイングをされていたのだと思います。
こうしてみるととても良くわかります。

マットに対し 普通に立っているのに
✋何故か 強烈に 左に向かって振るスイングになっている。
✋別な言い方をすれば スイング中、
 正面、ボールを正対する瞬間が存在しません



それは何故か?


ハミングバードでは 腕使い、ひじ使いの話で
「刷毛塗」というのが出てきます。
テークバックは 右ひじをやや上方の背後(後方)に引いて
と言い点を 意識し過ぎてしまった結果…かも知れないのですが、
比較してみて下さい。

20191117kazu 型_Moment20190927_Slomo_Moment













片や 当ブログでも名物になりつつある、長崎支部長(右写真)です。

長崎支部長の最大の強みは この右向き にあります。

この右向きがあれば ダウンスイングの「空間」「時間」共に
最大に取れますので、だいたいのことはココで処理できる、
言葉悪く言えば 誤魔化すコトが可能になる「空間」と「時間」を確保しています。

一方、Kazuちゃんは 今までの習慣からなのか
肘を意識し過ぎた結果なのか、
骨盤…ではなく 胴体をひねるスイングでテークバック、トップを
形成してしまっているので 空間/時間が確保出来ません。

正面〜右向き〜正面〜左向き という時間の流れの筈が
正面〜左向き という 一番肝心な時間が消失してしまっています。
故に 菠向・・・向き通りの方向に飛んでしまう のです。

ドリル という点においては
右ひじの曲がり、上がり、外への張り とともに
足、主に左足になるかも…知れませんが、骨盤を右に向ける。

 🚀 秀二を右に向けて下さい 🚀

✋解説ですが、弊社には有名人で 秀一くん というのがおります。
 その男性の ある部分は、数々の伝説を残すほど 非常に元気いっぱいで
 秀一君の息子 という意味の隠語で 秀二くん と呼んでいます。
 ちなみにですが、保護者である秀一くん とKazuちゃんは
 とても近い距離に住んでいます。
 もしかすると…長崎支部 ◎◎出張所という形で合流されると良いかも??
✊一度 ハミングバードの名の元、何か催しモノ しましょうか?


胴体をひねらず
股関節から上を何もせず
大腿骨、右を見ている場合は軸足になる 右大腿骨と骨盤に
『向き差』を作る動きが ゴルフスイングにとっての 回転です


胴体を捻らない理由は
まず 胴体にはひねるための機構が存在せず
からだを 言葉通り ねじる、ひねる コトになってしまうため
腕の長さに都合がつかなくなります。
と、同時に ゴルフスイングには 前傾姿勢 といって
前に、体の前に傾く、傾き差が存在するのですが、
その「傾き差」は 股関節、やはり 軸足の大腿骨と骨盤の「傾き差」です。
胴体を捻ると 骨盤はボールを向いていて
肩周りは蕁,箸いΑ,匹海「体にとっての前・正対する場所」なのか
不明の状態になってしまいますし ので 「前傾姿勢」と言う言葉が
意味を消失してしまいます。

Rサンのスイング奮闘記➁_Moment20190927_Slomo_Moment













ここは とても大事なポイントですので
素振り、シャドースイングなどで
胴体を捻らず、脚を使い、脚と肘の連動で
骨盤ごと 上半身を右に向ける
股関節を分岐点に (ゴルフにおいての)下半身と上半身を分ける
練習をしてみましょう。
……そう考えると ゴルフにおいては 秀二くんは上半身に属する
   というコトになるのですね 🙀

この 骨盤ごと 右向きを作る というのは
身に付けると ゴルフ人生を大しての最大の財産
スイングの鍵になり、コンディションや環境、傾斜などに
とても耐性のあるショットを生み出せるようになります。


これさえあれば、他はなんとかなる と言えるほど…です。


(比較)左手ドリル_Moment(7)参考までに…ですが
このアングルになるよう 鏡などの前に立ち
テークバックとると
胴体を捻ったスイングでは
背中が歪みますので 丸くなりますが
股関節から 胴体を捻らず
上半身を1パーツとして 右を向くと
背中は一枚の板のような状態になります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ