◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:トップ


店長「テークアウェイについて
 あまり話題にならないけれど
 実は 結構、重要なポイントがあります。」
質問「! なんなんでしょうか❓」
店長「ダウンスイング、インパクトで
 ヘッドやクラブを下に振ってしまう、
 キャスティングしてしまう、
 まぁ つまり 手で振ってしまうコトが原因で
 悩んでいる人って 結構、いるか と思うのですが、
 その 素地になるのが テークアウェイの中に潜んでいます。」
質問「結構、重要なポイントですね。」
店長「ですです。
 ダウンスイングで考えると
 カラダを回す 〜向きを変えるコト によって
 トップの位置で高かった グリップの位置を低くする、
 からだの回転と言う横運動でグリップの高さが変わる、
 正確には上下『運動』ではありませんが、
 横運動を縦運動に変換する作用…
 からだの回転によって グリップを変える、
 というのが ありますよね⁈」
質問「出来ているかどうかは分かりませんが、
 頭ではわかっているつもりの部分、ですね。」

 店長「それの 素地が テークアウェイにあります。

 テークアウェイを総称して 上げる
 ダウンスイングを総称して 下げる


 スイングは 上げて下げる だけだ‼
 という イメージ が有ると思うのですが
 その言葉は カラダを回すだけだ を本当は示唆しているのですが、
 アマチュアの多くは テークアウェイはクラブを上げるモノ、
 手や腕の作用によって クラブやヘッドを上げるモノ
 『上げる』と言う動作を強く意識している可能性
があります。」
質問「。。。意識 しています…。」
店長「ダウンスイングで起こる 振り遅れや開き など
 カラダの向きによる 時間の進行 からズレ
 その結果、ヘッド・フェースを返さなくてはならない
 と言うケースの多くの原因は テークアウェイであったりします。


 カラダが右を向くコト が
 グリップを、クラブを高くする メインエンジンで
 腕を使って それを 少し補助している だけ
 位置エネルギーを確保するのは カラダの向き で
 その確保された位置エネルギーを 帰りに当たる
 ダウンスイングでより 打撃に有効に使えるようするのが腕の役割
 なので 腕でクラブを上げたり、高くしたり はしない、
 と考える方が良いと思います


 アマチュアのスイングの中には
 カラダの向き ではなく
 腕そのもので クラブ・ヘッドを上げる方 も居ます。
 そう言う打ち方も悩んでいなければ それはソレ ですが、
 参考書的には お薦め には出来ません。

Desktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_Momentからだの回転で 高さを造っていないと
ヘッドの遅れは ロフトの立ちに出来ません。
左右の腕の関係から 腕だけ(特に左腕)で上げ、下げ、
そして 帰りには 横運動である回転が混じってしまうので
ヘッドの遅れ は フェースの開き に転じてしまいます。 
 
 スイングタイプ的に
 深いトップ、俗に言うオーバースイング気味の人に多いですが、
 先に体を廻し、右向きの からだの回転が終わり掛かると
 その慣性や遠心力で 更に腕(特に左腕)やクラブを振る、振り上げるケースですが、
 これは 基本、腕(特に左腕)だけでクラブを上げ下げしているケース と
 変わりありません。
 慣性が加わって 深いトップになる分、
 無駄?不必要なヘッドの遅れが加わる分、
 より一層の ヘッドターンが必要になります。
 それらは ダウンスイング、インパクト、ボールさばきの問題
 ではなく、準備側に問題があると言うか、
 ボールを打つ、クラブを振る概念のミス と言えるかも知れません。
会田20210701_Moment

 ダウンスイングでからだの向き、回転通り グリップが低くなる、
 テークアウェイで 回転通り グリップが高くなる、


 アマチュア、プロ、それぞれ 全員って訳ではありませんが、
 あ この人 素人じゃないな ってのが
 そこら辺に出たりする訳です。」
質問「テークアウェイにおいて
 腕での クラブの上げ は要らない。。。と。」

店長「上がってしまう分は別として
 テークアウェイで 腕だけでなく
 クラブを上げる意識そのものが要らない
 と思います。

 特に 左腕でのアクション
 テークアウェイで左腕を「動かす」アクションは
 ほぼ要らない、邪魔になる要素だと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「重たいヘッド、柔らかいシャフト は
 アプローチを楽にするの、ですね。」

店主「ハイ。一概に "簡単に" にと言えないほど
 アプローチそのものは『奥深い』 ですが、
 少なくとも 軽いヘッド、硬いシャフト のクラブ、
 特に ウエッジ とは 全然違うと思います。」

質問「どんなトコロが違うのですか❓」
店主「打って頂く というのが一番良いとは思いますが、
 重い と 柔らかい の組み合わせ は
 低いトコロ、地面にあるボールを『拾う』能力が高いです。
 一般的なウエッジ は 振動数 340cpm位ですが、
 その半分 170cpmの硬さ というのが どういうのか、
 打ったコトのある人は非常に少ないとは思いますが、
 初めて それを これから 打つ、とすると
✋届かず トップしそうだな…
✋届き過ぎて ダふりそうだな…
 どちらを想像します❓」
質問「ダフリ…でしょうか。」
店主「そうですよね。
 ところが 意外にもダフる人は少ないのです。」

質問「それは どうしてですか❓」
店主「コレ、多くの方が勘違いしていると思います。
 例えば、トップ、ですが、
 トップは ヘッドが届いていない、
 カラダが伸びた、とか
 グリップの位置が高い、下がり切っていない とか
 ボールとの距離感に対し、
 長さと言う意味では無いですが、クラブが短い、
 それが原因で『トップ』している と考えている
 と思うのですが、多くの場合は違います。
 本当の原因は 飛球線/飛球線と反対 のラインに対し、
 右打ちの場合ですが、グリップが茲帽圓切っていない、
 前後方向に 本来のインパクト地点 に
 到達していないのが原因です。
 そういう意味で グリップが進行方向の押されやすい
 ヘッドの遅れの有る 柔らかいシャフトは
 ボールを拾う性能に長けているのです。」
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(4)(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(5)
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(6)






質問「あああ、なるほど。
 ボールに届いていない・・・のは
 上下ではなく、前後なのですね。」

店主「そうです。
 特に 自分にとって ハードな硬いシャフトの場合、
 しならせて 👉クラブを短くさせて
 しなり戻す 👉クラブを長くする
 という 可変の長さで打つ習慣が強く、
 その為、グリップを左に、前に送る感覚が薄い、ですし、
 シャフトに押される というコトもアリマセン。
 アプローチ では 加減したスピードで行うので
 クラブを長くし辛い と言うのもあるので
 余計、トップ。。。
 また、それを本能的に防ごうとして ダフリ、
 になったりするのです。」

 「長さが足りない のではなく
 下がり切っていないから トップしているのではなく
 下がる地点がボールより手前で
 上り際でとらえているから トップになるのです。」

 「ダフリ。。。も同じこと で
 届き過ぎている・・・のではなく、
 届いたところが ボールの手前、
 クラブ、グリップの移動が足らない のです。」

質問「その足らない分を シャフトが自然に押してくれる、と。」
店主「その通りです。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



質問「なぜ からだの回転が大切、なんでしょうか?」

店主「えっと、ですね。
 話は幾つかの段階に分かれます。
 まず 日本人の平均年齢は男女合わせて 約46歳で
 アマチュアゴルファー、男性において、ですが、59歳位です。
 日本は高齢者が多い、というのもありますが、
 ゴルフは趣味の中では お金のかかる娯楽ですので
 どうしても 年齢層が40.50.60台に集まってしまいます。」

「意外に平均年齢低い、ですね。」 
店主「そうかも、知れません。
 ゴルフは歩ける間は楽しめますし、
 歳をとってから ご夫婦や同級生などとプレイする、
 お子さんだけでなく お孫さんとも楽しめる
 のが
 他のスポーツにはあまり無い特徴的な部分です。」

「なるほどー。」
店主「その 年を重ねてから楽しめるスポーツ
 と言う大前提の為に、なんですが、
 まず、カラダの回転で… と言う前に
 からだの向きを変えて クラブを動かす
 というのが ボールを打つ、遠くに飛ばす、
 最も大きな動力源です
。」

「確かにそうですね」
店主「例えば 日本の男子プロのシード選手 の
 平均年齢は 約31歳です。
 私にとっては 息子に該当する年齢です。
 自分で考えれば分かると思うのですが、
 その年齢の時は かなり無理をしても大丈夫、
 速く動いたり、急に動いたり するのが「怖い」
 なんてことは微塵も考えていません。
 ところが ある年齢を過ぎると
 歩く、はまだしも 走る…なんてのは ほんの数歩
 若いころと比べると 走れない に等しいようになります。」
video_Momentvideo_Moment(4)









「うわぁ… そうなんですか…。」
店主「そういう人が少なくありません。
 特に ゴルフのスイングで使う筋肉において
 握力、腕力は かなり早い段階でかなり落ちます。
 ですので 若い時、のように 腕力でねじ伏せる、
 と言うのはかなり難しい…、

 方向と曲がり、飛距離を両立するには
 腕周りの筋肉は小さく、長丁場になるゴルフでは
 それを維持するのが難しくなります。
 ここまでは 一般論 です。」
検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment

「では、出来るだけ腕力に頼らず 振っている方が良い、
 と言う結論、ですよね⁈」

店主「腕力頼り、でも良いんですが、
 腕力で振るタイプの人は 若いプロゴルファーのように
 胴体を捻るスイングをしている方が多いです。
 良く練習場で カラダが硬くなって回らないんだよなー
 とぼやいている人がいる、と思うのですが、
 カラダが硬くなる というのは
 基本、自分の体を守るため、
 からだがその行為を拒否しようとしている、

 胴体を捩じる は 若くないと かなり怖いですからね。
 痛めた記憶もしっかりある、でしょうし。
 ですので からだを廻す、以前に
 廻すコト ソノモノが苦手、というか、出来なくなってくる、
 元々 90度なんて 気にする必要はないのですが、
 その量がどんどん減ってくる …
 が故に より 手で振らなければならなくなる…
 ついでに タイミングもどんどん早くなる…
 という 芳しくないスパイラルになってしまうのです。」
(22171_Moment2021-04-11_22-32-44_Moment(5)








「そうなんですか。。。」

店主「そうですね、手で振る人のからだの廻しは
 概ね 胴体の捻じり です
 から、
 ある年齢、もしくは運動能力が落ちると
 からだ 以前に 廻るコト、向きを変えるコト、が
 とても苦手、とても少なくなり、
 結果、以前より 一層 手で振らなければ行かなくなる、
 と言うパターンが大変多いと思います。
 手で振るコトソノモノが良くない というよりも
 身体能力が落ちた時に 打撃の動力源を消失してしまう、

 それが問題だと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ボールを飛ばすには…
 そりゃ ヘッドスピードは高い方が良いけれど
✋ちゃんと捕まえた上で 
 体力なり、年齢なりに効率よく 安定したヘッドスピード
✋捕まっていないので
 体力、年齢を超越した ヘッドスピード願望
 って書いたら、当然、誰もが前者だろうけれど……

 蔑章討硫菫)では
 初速は遅め、ボールの打ち出し角度は高く、スピンは少な目
◆平燭鹵罎硫菫)では
 初速は速め、ボールの打ち出し角度は低く、スピンは多め
この両者、では 同じヘッドスピードで通常のショットをすれば
△諒が 圧倒的な『平均』飛距離 になります。
,諒は 基本「こすり打ち」なので
 飛距離も、方向も安定し辛い のですが、
△糧距離の源は ロフト使いとからだの回転 なので
 これ以上! 最高の! ココ一番! って訳には行かず、
 逆に ,蕨嗄詫蠅蠅覆里如.悒奪疋好圈璽俵気貌信しがち です。


アマチュアゴルファーの場合、
 飛距離は勿論ですが、方向や曲がり とともに
 ダフリ/トップのミスが生涯付いて回る訳ですが、
 手振りになってしまう クラブ使い では
 それが ある意味 科学的に保障されています。
 勿論、悪い意味です。


ダフリ、および トップ を 誤解されている方が
 多いですが、正しい意味での
 ダフリ ⇒ 届き過ぎ
 トップ ⇒ 届かな過ぎ

 のミスは非常に希少で、
 主に インパクト と 最下点のズレ が原因です。
202189_Moment
アドレス時に こう構えた としても、
インパクト、インパクトに向けて
カラダが過度に上を向く(莨紊り、蕾爾り)
になれば グリップは後ろ(右)に下がります
最下点がボールの手前になり
 ダフリ/トップ/チョロが誘発されます。

からだの回転とクラブの移動が直にリンクしていれば
対策もシンプルに出来ますし、
セットアップ時のボールの位置などで
 概ね ショットの是非は決まります。
(勿論 それでもミスは出ます)

しかし、からだの回転とは 別に クラブを回転させる場合、
困ったことに そうする人は
 何故か 「スイングは遠心力だ」と信じている人が多いので、
その遠心力によって 膨らもうとする ヘッド、クラブ
 それのお陰で 最下点がボールの手前になり易く
 また、その遠心力のせいで
 左サイドも上がり易いので 成功率は激減します。

何かが成功すると、
何がが失敗するメカニズムが出来てしまっています。
   ヘッドスピードが上がる(遠心力が増す)
   👉最下点が手前になる / 左が上がる
そうクラブを動かしたら 最下点はボールの手前になり易い、
 というのは クラブと体の構造から悪い意味で合理的なのです。


これが一番発揮される(悪い意味で)が
 フェアウェイウッド で
 地面から打つショットの中で 一番速いスピードが欲しいクラブ
 ですが、
 一番 バンスの張った、ソールの大きなクラブ です。
411BK-5-1

 …速く振ろうとする のは主に腕力(利き腕)で
  クラブを回転にさせる為に 止まるカラダ&動くクラブ
  その中間に来る、左腕(右打ち)の肘や手首(中間管理職)を
  痛めないのか 心配です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ