◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:ディッシュアングル


店長「ヘッド(クラブ)をひきずる…って なんか名称欲しい…ですけれど
 元々は 手で振らずに、からだの回転で
 クラブをターンさせましょう というのが原点です。

 クラブの先端である ヘッド を動かす のは
 動かすんですけれど、
 自分が からだの向きを変えて グリップを移動させ、
 その分、ヘッドが動く。。。。

 ヘッドを😬 シャフトを😬 自分で直接的に動かそうとしない。」

質問「似ているけれど 結構な違いなんですよね。 」
〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment
店長「はい。かなり違います。
 ヘッドを引きずるイメージで ボールを打つと
〇手打ちからさよなら出来る
〇インパクト時の伸び上がりをする必要が無い
〇ディッシュアングルを保ち易い
〇ハンドファーストのインパクトを造れる

 これらが 特典としてモレナク付いてくる と言った感じですので
 結構、お買い得だと思うんですけど…。」

質問「はい✋はい✋」

店長「どれもが 個々で、一つ一つのテーマ、課題として
 悩んでいる人が多いと思うんですけど、
 ヘッドをひきずるアプローチ、ドリル で
 いっぺんに解決の糸口が得られると思うんですね。

 手打ちの解決は メインの目的でもありますから当然ですが、
 伸び上がり って
 腕とクラブが長くなっちゃってるから起こる訳で、
 ヘッドを引きずると クラブは逆に短くなるので
 沈みこむは大袈裟ですけれど、
 どちらかと言うと そう言う雰囲気です。
 伸び上がったら届きません。
アドレス7

 ディッシュアングル…腕とクラブの角度ですけど
 からだの向きを変えて クラブを引きずれば
 次の『ハンドファースト』にならざる得ない✊
 それが ディッシュアングル✊ ですので
 あまり意識しなくとも 達成可能です。


 …その上で ヒトツ 気になるコトがあるんですね。」

質問「なんです❓ なんです❓」

店長「多くの方のスイングやショットを見ていると
 全員じゃないですけど、かなり多くの人が
 慢性的な 『インサイドから入れる』
 『アウトサイドイン恐怖症』
 『インパクトは体の正面で✋症候群

 だと思うんですね。

 コレって 初心者だけでなく、
 逆に ベテランほど染みついている感じがします。

 アウトサイドから振りたくないが故に、
 無理やり インサイドから振ろうとする、
 そうなると フェースが開くっていう副産物が付いてきたり、
 入射が妙に緩くなってくる、という
 結構、深刻な副作用が付いてきて ソレに悩まされる。

 『インサイドから入れる』
 『アウトサイドイン恐怖症』
 『インパクトは体の正面で✋症候群』

 を実行しようとするが故に
 切り返してから からだを廻さない んです。」

質問「!!!!!!」

店長「いろんな事の問題を解消するには
〇外から入っても大丈夫
〇飛んで 繰り返せるなら アウトサイドインもOK
〇飛んで 繰り替えるなら 別にインパクト何でどうでも良い

 と割り切って
 切り返し、一気に からだを左に向けるんです。
 からだを開く。
 それが からだの回転
 です。」

質問「!!!!!!!」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「インパクト時に沈み込め、とは言いませんけれど
 からだが伸び上がる、ましてや 蹴りあがれ なんて
 空中にボールの有るドライバーならまだいいですけど
 平らなトコロではない ナガモノ、
 フェアウェイウッドとかユーティリティでは
 上手く当たる率 下がりそうですよね❓」

質問「正にそうだと思います。」

店長「とは言うモノの
 そう言う場面で そんなコト考えていられない です。

 そもそも 起き上がりとか、伸び上がり は
 ボールと自分との間合い、そして クラブの長さ、
 この場合は 腕も含めたクラブの長さ
 そう言うモノを瞬時に計算した 反射的に動き だったり、
 長くなって重くなったものを やはり からだが無意識に
 処理している可能性は非常に高い のですから
〇からだの回転_Moment(2)
 スイング中に掛かっちゃう そう言った不可抗力 などを
 悪く使うんじゃなく、良い方に使う習慣
を付けて置けば
 インパクト付近での 伸び上がり、起き上がり も 防ぎ易い、 
 いつの間にか 消せるかも知れません。」

質問「確かに 先端を振ろうとすれば 腕がボールの方に出て、
 腕とクラブを長くしちゃうと 起き上がらざるを得ない、ですね。」


店長「ソレを逆に
 腕に掛かるであろう遠心力が
 前傾姿勢の中、懐の中であれば
 その 前傾姿勢を保たせる にするのに使う。
〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment
 ナガモノも含めて 地面にあるボールを打つのに
 とても良いと思います。



 まあ それの副産物 なんですけど。。。」

質問「なんです?なんです?」

店長「ディッシュアングル ってあるじゃないですか❓」 

質問「はい、はい。」
アドレス7
店長「スイング中、動作中 意識しておく必要は無いですから
 まあ アドレス時のモノ と考えて良いんですが、
👉アドレスした時、左腕とクラブを一直線にするのではなく
 まあ 角度としては薄くて、何度!ってモノでは無く
 ある程度の角度差 があれば 良いってシロモノですけれど。。。

 からだの向きを変えるコトでグリップを移動させる、
 ヘッドはグリップを動かした分 引きずるような意識で動かせば

 そのディッシュアングルは 当然、スナップアングル

 アドレス時のソレは クラブのライ角度方向、
 手で言うと 手が親指側、小指側に付くような
 コッキングの角度 その方向のモノ だった訳ですけれど
 それが 『引きずる』コトによって
 手首の横方向、手のひらが甲側に折れる、平側に折れる、
 そう言う方向にすり替わります

 当然、引きずる側ですので
 (右打ち)
 左手であれば平側に、右手であれば平側に折れる、ような
 意識はしてませんけれど そう言う風になります。

 ハンドファースト維持にもつながりますけれど
 その ディッシュアングルがスナップアングルにすり替わる のが
 ややこしいですけれど
 実質的な ディッシュアングルの維持につながる のです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「誤解をしている部分があると思うんですが…。」
質問「はい。」
店長「ディッシュアングル は
 本来、手首の角度 ではないんです 。」
IMG_0013_Moment

質問「ええええ そうなんですか❓」
店長「ハイ。スイング動作中、
 ライ角度方向、トゥアップ、トゥダウン方向を
 手首なんて言う ゴルフスイングにかかわる
 一番小さな箇所で支えるなんて 現実的に不可能です。」

質問「言われてみれば 確かに…。」
店長「インパクト時はディッシュアングルを保て!
 と言われますが、ダウンスイング〜インパクト時には
 腕やクラブも長くなり、運動も速まります。
 重さや遠心力が加わりますから、手首で言うと
 コッキングというのに該当するでしょうか、
 それで支えられる重さの限界を楽に超えます。」
IMG_1304IMG_1303









質問「そうでしょうねぇ。」

店長「前回の記事 の通り、
〇悗畔森圓飽る
∋悗某眥召飽る
👉〇悗畔森圓飽るは 比喩ですが、
 まあ そこで 斜め、平行気味に握るのですが、
 そう握れば それが ディッシュアングル です。
👉∋悗反眥召飽って 手首の角度を保つコト
 ではありません。 出来ませんから…。」

店長「あともう一つ。」
質問「はい。」
店長「その 腕とクラブの角度、ですが、
 腕の延長線上は 概ね 中指 です。
✋多くの方は △了悗反眥召飽って
 腕の延長を 人差し指 にしてしまっています。
 これでは 手首や肘を傷めてしまいます。

 ディッシュアングルは 握り が作っているので
 ブラブラ って訳では無いですが
 手首の… 特にコッキングの方のアングルは無視して良いのです。

 ダウンスイング以降、ヘッドの重さによって
 ヘッドは グリップの移動に比べ 遅れます。

 その遅れ を ロフトの立ち、フェースの下向き、
 にすれば 放っておいて良い訳で
 遅れっ放しのまま、ボールは打ちます。
やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Momentやってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(2)やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(3)






 ですので トップの位置で出来るかもしれない、
 トゥアップ気味、ヒトによってはコッキング は
 スナップ、右手が甲側に折れる スナッピング に
 変わる
ので、それは放っておきます。

 一般的に考えられている ディッシュアングル は
 そのクラブの仕組みの自然な流れで出来る スナッピング
 と ,了悗吠森垉ぬ(斜めな)握り によって
 作られるので 技術としての手首の技 ではないのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ