◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

超重〜いヘッド & 超柔らかなシャフト専門 より簡単に、誰よりも振らず、からだを傷めず、誰よりも飛ばす【ゴルフクラブから学ぶゴルフスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:テークバック

5

ショットでは
パッティングストロークであっても、スイングであっても
『真っ直ぐ引く』と言う言葉が使われたり…します。


しかし、よく考えてみると
体で!あっても、例え手で、あっても
テークバックは右を向きます。
(手の場合は、疑似的なマネではありますが…)

右を向くというコトは
 ボールから離れていく訳ですから、
アドレス時を基準に、
 飛球線に平行に真っ直ぐ引かれることはありません。

右を向いていこうとしているのに
グリップやヘッドが 飛球線に平行に真っ直ぐ引かれる
ということは 体から離れているだけ です。

IMG_3017(5)(2)(2)_Moment(2)IMG_3017(5)(2)(2)_Moment(3)











^譴通椶凌燭団召旭く とは
 スイング軌道という まん丸ではないですが
 曲線に沿って ヘッドやグリップが動く
 道なりに という意味です。


「家まで 寄り道しないで 真っ直ぐ帰ってね」
 と同じ意味ですね。
真っ直ぐって 直線で帰りなさい という意味ではないですね。

🌹パッティングストロークにおいても
スイング破壊行為である ショルダーストロークにおいては
何とも言えないのですけれど
刷毛塗でやる場合 であっても
肘が曲がる ということは 腕が短くなる というコトです。
これはショットにおいても同じですが、
肘が曲がる〜腕が短くなる のに グリップやヘッドが
grip  posi
体から離れるのはおかしいですよね。
短くなる分近づくのが自然です。

✋スイングの良し悪しに関わらず
アウトサイドインを避けたい方は
少なくとも
 真っ直ぐ(直線)でヘッドを引かないようご注意を。 
その行為がそのものが 「アウト」を生んでいます。


二つ目の真っ直ぐは
ヘッドの移動する軌道に対し
ヘッドの姿勢は常時 スクエアな状態 というコトです。


まあ この´△魯僖奪ですので、
手で上げる人は いったん外にヘッドを出して
ロフトを開き始める、ヘッドを回転させます。

あまり 考えられていませんから
スイング軌道には 弧の大きさの変化も伴います。
グリップ、ヘッドを体から離し
右ひじが曲がって〜腕が短くなっているのに
軌道が大きくなる・・・ 
2010111116444243889そして、突然、ヘッドが回転して 弧が小さくなる、
という 体の自然な動きに反した 弧の大きさの変化 まで伴うので
なかなか規則性が作れません。
右を向かずに 真っ直ぐ引いて
インに入れていると信じている行為が ロフトを開いている

よほどの練習量、頻度で無いと
これを規則的にするのはとても難しいですから・・・

正統派の「真っ直ぐ引く」をトライしてみて下さい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ヘッドを振っちゃう人には
意味が分からないというか、不要な話し…。

そもそも ヘッドを振らなくちゃボール打てないじゃん
って話になったら どう説明していいのか………ね。

(比較)左手ドリル_Moment(7)


テークアウェイ(バック)というのを
簡単、簡素化するために
少し考え方を変えてみましょう。

👉スイングには 前傾姿勢があって
それを基準に向きを変える、体を回転させるから
その描く円弧は 言葉の通り、前傾なりに傾いています。


👉前傾姿勢というのは
大腿骨と骨盤 (股関節) の『前に』傾いている角度差 で

👉体をまわす と言った場合
その体、胴体をねじって、ひねってしまうと
その股関節の前傾姿勢はほぼ例外なく失ってしまい
円弧が傾いている 要因 を失ってしまいます。


✋スイングのパラドックスですね〜

IMG_1015_Moment2


テークアウェイは グリップの高さだけ取る と考えましょう!

テークアウェイは グリップの高さを上げるため
たかだか 30〜40センチ程度ですが
グリップの高さを取るため 動作しているので
ヘッドを上げようとしてはイケマセン・・・ というか必要ありません。
(無理に高くする必要はありません)

👉体の傾き → 右向きがあって
 グリップの高さが高くなる分 当然ヘッドは高くなります。
 それで充分、十二分です。


✋元々 前傾姿勢に騙されてしまいがち ですが
ヘッドはグリップよりも 相対関係としては高い位置にあるので
グリップを高くすれば ヘッドは十分な高さを作り出せます。




ヘッドという 重さの塊
これには シャフト という長さ
 ・・・重さに対し 掛け算になってしまう要素と
運動の速さという ・・・更なる掛け算の要素があります。

それをたくさん、速く動かせば 遠くに飛ぶ のは嘘ではないですが
ゴルフショットには 角度という要素があるため
それが、そのクラブなりの適切なロフトでないと 飛距離になるとは限りません。


IMG_1015_Moment(2)


スイングの円弧の外周は イコール クラブの長さ ではありません。

動作しろ! という意味ではないですが、
手首のコッキング(クラブの起き)があれば その外周は小さくなりますし
腕も曲がれば短くなるので 小さくなります。

クラブを長く使えば、腕を長く使えば
遠くを動くので 強い力を生めるような錯覚が起こり易いですが、
その分、重くなり それが遅れになり
ヘッドだけの遅れなら ロフトの立ち に出来ますが、
その重さが ある限界を超えれば グリップまでからだの回転という
時間進行から遅れてしまうから ロフトの増え になってしまい
外周を大きくしたこと が 逆に 飛距離不足を生んでしまいます。

✋からだの回転で グリップが移動した分 を超えて
ヘッドを動かした場合、
それはイコール グリップの移動の抑制、止め、になるので
その瞬間から からだの回転の流れから グリップは外れてしまいます。
テークアウェイという 往復行為の 行く場面で
それを作れば ダウンスイングと言う帰りもあるのですから
その遅れは 倍以上になってしまうでしょう。
クラブは重くなり、腕で動かすから 労働の実感は伴いますが
それは飛距離にはならない 俗に言う、徒労に終わります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
 

弊社のお客様で
お店より 数百キロ離れたところからの映像です。

ご来店歴はなく、通信講座状態の kazuちゃん です。

勿論、ご本人にも了解を経て、モザイク付きのスイング解説になります。

   (無関係ですが、モザイクという響きが ちょっと◎◎な昭和な店主です…。)



型を意識された というコトですが、
とても典型的な例ですので 参考にさせて頂きます。

以前は 今どきのごくごく普通なスイングをされていたのだと思います。
こうしてみるととても良くわかります。

マットに対し 普通に立っているのに
✋何故か 強烈に 左に向かって振るスイングになっている。
✋別な言い方をすれば スイング中、
 正面、ボールを正対する瞬間が存在しません



それは何故か?


ハミングバードでは 腕使い、ひじ使いの話で
「刷毛塗」というのが出てきます。
テークバックは 右ひじをやや上方の背後(後方)に引いて
と言い点を 意識し過ぎてしまった結果…かも知れないのですが、
比較してみて下さい。

20191117kazu 型_Moment20190927_Slomo_Moment













片や 当ブログでも名物になりつつある、長崎支部長(右写真)です。

長崎支部長の最大の強みは この右向き にあります。

この右向きがあれば ダウンスイングの「空間」「時間」共に
最大に取れますので、だいたいのことはココで処理できる、
言葉悪く言えば 誤魔化すコトが可能になる「空間」と「時間」を確保しています。

一方、Kazuちゃんは 今までの習慣からなのか
肘を意識し過ぎた結果なのか、
骨盤…ではなく 胴体をひねるスイングでテークバック、トップを
形成してしまっているので 空間/時間が確保出来ません。

正面〜右向き〜正面〜左向き という時間の流れの筈が
正面〜左向き という 一番肝心な時間が消失してしまっています。
故に 菠向・・・向き通りの方向に飛んでしまう のです。

ドリル という点においては
右ひじの曲がり、上がり、外への張り とともに
足、主に左足になるかも…知れませんが、骨盤を右に向ける。

 🚀 秀二を右に向けて下さい 🚀

✋解説ですが、弊社には有名人で 秀一くん というのがおります。
 その男性の ある部分は、数々の伝説を残すほど 非常に元気いっぱいで
 秀一君の息子 という意味の隠語で 秀二くん と呼んでいます。
 ちなみにですが、保護者である秀一くん とKazuちゃんは
 とても近い距離に住んでいます。
 もしかすると…長崎支部 ◎◎出張所という形で合流されると良いかも??
✊一度 ハミングバードの名の元、何か催しモノ しましょうか?


胴体をひねらず
股関節から上を何もせず
大腿骨、右を見ている場合は軸足になる 右大腿骨と骨盤に
『向き差』を作る動きが ゴルフスイングにとっての 回転です


胴体を捻らない理由は
まず 胴体にはひねるための機構が存在せず
からだを 言葉通り ねじる、ひねる コトになってしまうため
腕の長さに都合がつかなくなります。
と、同時に ゴルフスイングには 前傾姿勢 といって
前に、体の前に傾く、傾き差が存在するのですが、
その「傾き差」は 股関節、やはり 軸足の大腿骨と骨盤の「傾き差」です。
胴体を捻ると 骨盤はボールを向いていて
肩周りは蕁,箸いΑ,匹海「体にとっての前・正対する場所」なのか
不明の状態になってしまいますし ので 「前傾姿勢」と言う言葉が
意味を消失してしまいます。

Rサンのスイング奮闘記➁_Moment20190927_Slomo_Moment













ここは とても大事なポイントですので
素振り、シャドースイングなどで
胴体を捻らず、脚を使い、脚と肘の連動で
骨盤ごと 上半身を右に向ける
股関節を分岐点に (ゴルフにおいての)下半身と上半身を分ける
練習をしてみましょう。
……そう考えると ゴルフにおいては 秀二くんは上半身に属する
   というコトになるのですね 🙀

この 骨盤ごと 右向きを作る というのは
身に付けると ゴルフ人生を大しての最大の財産
スイングの鍵になり、コンディションや環境、傾斜などに
とても耐性のあるショットを生み出せるようになります。


これさえあれば、他はなんとかなる と言えるほど…です。


(比較)左手ドリル_Moment(7)参考までに…ですが
このアングルになるよう 鏡などの前に立ち
テークバックとると
胴体を捻ったスイングでは
背中が歪みますので 丸くなりますが
股関節から 胴体を捻らず
上半身を1パーツとして 右を向くと
背中は一枚の板のような状態になります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4


手でクラブを振ってしまう、フェースターンする…には
からだを開いて 左を向いて
それをする為の「空間」を作る必要があります。

故に トップの右向き?から
一気に体が左向き、
正面を介して左向き ではなく
一気に体を左むけるパターンが非常に多いですね。
からだの向きに アドレスを除き、ボールと正対する瞬間が
存在しない方法・・・体をねじるコトを回すコト、向きを変えるコト と
思っている人は 結果、そうなってしまいます。



本来は からだの左右に対して
回転の真ん中は当然 からだの真ん中
背骨位置にある筈ですが、
そこに軸、支点を持ってくると
からだをすぐに開くことが出来ません。
腕をすぐに振れない、クラブを振れませんから
それをする独自の 軸感覚が必要です。

20190526gc55_Moment20190526gc55_Moment(2)











✋そのために テークバックの時点で
多くの 手でクラブを振ってしまう人 は
軸を 右側、右肩とは言いませんが
丁度 藐と首の間、藐を揉んでもらう場所辺りに
軸を置き、右サイドは動かさず 左サイドだけを動かします。

「左肩を入れろ」なんて言葉が
それを後押ししたりもします。

正しいからだの回し方
そして 回すことの真義は
左右の移動量を揃えること
 にあります。
向きやその量そのものよりも
左右の腕の運動量に差を作らない為
右サイドも左サイドも同じ移動量、運動量を必要とします。

Desktop 2019.08.05 - 07.31.06.02_Trim_Slomo_Moment(2)IMG701
IMG703IMG702









右軸でテークバックしてしまうと
行きも帰りも 左腕、左サイドには多くの移動量が必要になります。
総じて スイング、ダウンスイングからインパクトにかけては
左腕の長さが邪魔になりガチです。

右軸でテークバックを取ると
左腕を最大の長さで使うことになりがちです。




そこで・・・
全員に当てはまる とは言えないのですが、
その逆の 左軸 やや左側にある軸で
テークバックで取ってみるコトをお薦めします
。(逆療法ですね)
からだの軸イメージ

テークバックの移動方向、進行方向は
アドレス時の 背後方向、やや上方(傾きの分)です。
前に、ボールに近づいていく方向ではなく
ボールから離れていく方向です。

✋そう言う意味で 顔の向きや目線を切ってみるのも
 よい周り方のガイドになります。

アドレスから ボールに離れるかのような
背後、やや上向きの上方への移動がテークバックです。

そう言った意味で やや左目に軸を置き
テークバックを始めてみる、
右肩を支点に左肩を動かすのではなく
左肩を支点に右肩を動かす『ような』感覚 で
テークバックをしてみるコトをお薦めします。


これによって 今まで異なり、腕の長さに制限が掛からず
クラブや腕を通す フトコロ の空間が造れるようになる
可能性はとても高くなると思います。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ