◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:チッパー


👉ユーティリティ・チッパーご使用の3人の方の感想です

 ロフト選択は 30.34.38.42度
 38.42度が多くなりそうです。
H370_lineup

 長さは
〇ユーティリティとしても使えます
〇パター感覚のアプローチショットで使う

 などを考慮し 35.5〜37.5in から選択。

 パターと同じ 33.34in では
 ライ角度の問題からお薦めではありません。

 また 立って構えられたほうが緊張感が出にくく
 良いのでは…と思います。

✋思ったより 転がらない〜止まってしまう そうなので
 距離感は 少し練習で掴んで頂いた方が良さそうです。



.蹈侫42度 長さ36.5in

 元々 グリーン周りのアプローチが得意ではないそうで、
 ロフト42度の UTチッパーを造りました。

 ランニングアプローチのイメージ だったそうですが、
 思ったより「止まってしまう」そうです。

 スピンが効く とかではないそうですが、
 パター(ブリストルパター)に近い距離感だそうです。

 距離感に慣れると 非常に便利だ、そうで
 この10年のベストスコア更新✊出来たそうです。

 ユーティリティとしては使わなかったそうです。


▲蹈侫38度 長さ37in

 まさに ユーティリティ・チッパーとして
 両刀使いを考慮して 作りました。

 ユーティリティとしては
 アイアンで言うと 6〜7番アイアンの距離を
 かなりのハイボールで打てるそうです。
 😬始めは テンプラ かと思ったそうです。

 👉アイアンの出番がなくなってしまう…とのコト。

 チッパーとしては やはりグリーン周りのランニングを
 主体に使われたそうです。
 前の方,汎韻犬 思ったより「止まってしまう」
 そうなので、始めは距離感が掴めず ショート気味でしたが
 2ラウンド目から 距離感にも慣れ、

 パター感覚で使うと ミスはかなり出にくい とのコト。

 使用前は「転がして…」と言うイメージだったそうですが
 意外に アプローチショットらしい そうです。


 あごの無い バンカーからも使用。
 ケースによるそうですが、サンドウエッジより楽✊
2388c2a5

➂ロフト42度 長さ37in

 ホームコースのグリーン周りに薄い芝の場所が多く
 ソコからのアプローチに悩まされていたようで
 やはり グリーン周り対策に製作。

 上の方々と同じく 思ったより「行かない」
 距離感が掴めれば 大変、便利。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ジガーとか、チッパー って知ってます?

忘れられた?
 あまり使われていない ゴルフ用語というか、用品用語に
「ジガー」とか、 「チッパー」 とか あるんですけど
知っていますか?
IMG_0039

これは まあ パターの長さに
ロフトの付いた アイアンで言うと
8番とか、9番位のロフトのパター版 って感じです。

飛ばしたくないけど
ほんのちょっとだけ 上げたい というか
1ⅿとか、2~3ⅿ のほんの少しだけ キャリーが欲しい時の
 グリーン周りなんかに使うんですね。
✋アメリカやイギリスではごく普通に使っていますね。

アプローチの打ち方…
 そんなことにこだわりたくない人 には
とても重宝されていると思います。


何故 日本の巷であまり目にしないか、というと
やはり 単体として数が売れない ので
商品として、売り手、造り手側が
 無視しちゃってる部分は否めません。

私は グリーン周りのアプローチが苦手 と言う人は
積極的に使っていいんじゃないかな とも思います。
✋公式な競技とかで ゴルフバッグに入れて置ける
 クラブの本数はパターも含め、14本が最大
 まあ あまり気にする必要はないんですが、
 本数に余裕の有る方は 検討に値すると思いますよ。
 便利です。


形状的には「ユーティリティ」がいいんじゃないかな
 と思うんです。
フルショットと兼用 って感じですね。
フェアウェイウッドでも良いとは思うんですけど、
ヘッドに厚み、高さが無いので ラフでの潜り抜け が
 ちょっと怖いかも…ですからね



これも 売り手、造り手の都合 なんですけど
 25度を含め、それを超える(それよりも多い、大きいロフト)
のクラブには 溝の規定(正直、何の意味もないですけどね) 
があるので ステンレスの鋳造で作る場合、
その精度が面倒なので 避けるんです。
ですので フェアウェイウッド や ユーティリティ も
 一番大きい ロフトを24度 とするんですね。

商品を積極的に紹介してる訳じゃないんですけど、
 弊社の取り扱いに
KZG の ユーティリティ形状のアイアン があります。
ロフトで言うと
 18.22.26.30.34.38.42度 ってある訳ですが、
   👉34.38.42度辺りのロフト
  その「ジガー」とか、「チッパー」に相当します。


アイアンとして使うと 相当に高い球になると思います。
高い球というか、早い段階で高さが取れる というか・・・。
女性とか、弾道の低いタイプの人、
ボールを上げるのが苦手な人にはいいかと思います。

アイアン ユーティリティ、ウッドの 違いは
長さもありますが、同じロフトでも
高くなるところが違う・・・というか
順に 奥(遠く)に行くほど高くなる
順に 打ち出しは低い というか、
例えば フェアウェイバンカー で使う時、
あごが気になるなら 同じロフトと言う条件かでは
アイアンよりも ユーティリティやフェアウェイウッドの方が
あごを回避する可能性が高い…って感じ、です。

H370_lineup


それこそ、その名称通り、
グリーン周りでも チッパーやジガーとして使え、
便利。。。なんじゃないのかな と思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ