◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:ダウンブロー


さて アイアンやウエッジショットなど
 ターフ(芝)を取っている、
 ボールの先の芝を取っているショットを見かけます。

これをしなくては なんて有りませんし、
意図的に、それを目指す必要もありません。
偶然、取れる とでも考えて下さい。

とは言うものの、そこにも仕組み があります。





ここで初めて 組み合わせ が出てきます。

アイアンやウエッジショットは
理想的には左サイドが低い期間、
円弧に下向きが含まれている時に
インパクトを迎えたい と望んでいるでしょう。

そして 同時にハンドファーストもあります。
2021-04-07_06-01-34_Moment(2)2021-04-07_06-05-21_Moment





ハンドファースト であり
 ロフトが立っている状態(写真茵
 というのは
スイングがまだ 下方向に向かって進んでいる最中
 というコトになります。
アドレスのような クラブの状態(写真蕁砲任
 ロフトは寝ていると言えますし
スイングには もう下方向に進行している要素はなく
 上に上がり始めている と言う状況です。

2021-04-07_06-01-34_Momentこの状態から 先
振り子の動き や
ヘッドがグリップを追い越すような
動きが入ってしまえば
ヘッドは地面に突き刺さってしまうか
跳ねてしまいます。

振り子の動きも、ヘッドがグリップを追い越す動きも
ロフトを増やす👉バンス角度を増やしますし、
動作の中に ヘッドを上に動かす動きが多々含まれるので
跳ねてしまう可能性は高いでしょう。
バンカーなど 特殊な状況で
意図的にこうするコトが無いとは言いませんが、
 これも通常のショットではありません。


ハンドファースト…ロフトを立てた状態のまま、
ダウンブロー 円弧にした進行が含まれる時期 で
インパクトを迎えるには
 ヘッドやクラブを動かさず、それをロックした状態で
 自分が動く、自分が向きを変える必要があります。
2021-04-07_06-01-34_Moment(3)2021-04-07_06-01-34_Moment(4)








ターフが取れる 〜ヘッドが地面と接触する の基本は
ヘッドの一番低い位置にあるのが
リーディングエッジである というコト です。
 バンス ではありません。
ウエッジなどのバンスは ハンドファーストになる分、
 ヘッドの入射している角度分 付いている ので
インパクト付近 程度の移動では
 バンスの方が下に張る意識は必要ありません。
それが理解できると バンカーショットも簡単になります。




✋それらすべてが
傾きの有る からだの向き と言う基礎の上に乗っている話し で
それを無視し、形だけの円弧を
手で作っているのなら 
 その方独自の理論で進むしかないのでしょう
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 次に『ダウンブローに打つ』ですが、
 主に 手でクラブを振る場合、
 手でヘッドを下に振っている最中に当たるコト
 を指すのだと思いますが、
 ✋本質的には正しくありません。


 スイング、ショットには
 からだの向きの変更と言う主エンジンがあり
 それは 前傾姿勢という 傾いた軸通り
 動作されます。 

(実験)右を向いている内に外から振ってみた_Moment(実験)右を向いている内に外から振ってみた_Moment(2)







 ですので
【進行方向が低いへ進む区間】
➀アドレスからトップまでの テークアウェイ区間
➁トップから 概ねインパクトまでの ダウンスイング区間

  は 左サイドの方が右サイドよりも低く
【進行方向が高いへ進む区間】
➂インパクト付近から フォロー、フィニッシュまでの区間
  は 左サイドの方が右サイドよりも高く なります。

その境目は だいたいで構いませんが
 からだの向きがボールと対峙したトコロ
 へそがボールを向いた辺り  となります。
アバウトでOK ですが、かと言って
 
そこでからだの向きを止めて とは大きく異なります。



からだの向きの変更/回転の進行通り進んでいくと
その進行が 下向き の時に当たるのが
    ダウンブローに相当し
その進行が 上向き の時に当たるのが
    アッパーブローに相当します。

ゴルフスイングの場合、
その円弧は まん丸 ではなく
シフトが伴う分、陸上トラックのように
すこし 縦に潰れた形になりますので
その 平らに見えるところでボールに当たるのが
 レベルブローと呼ばれますが、
それは ある程度、クラブの長さが長いモノ にだけ
 有ると考えて良いと思います。

スナップショット 1 (2015-07-24 1-20)


全部のクラブを出来るだけ同じように、
 シンプルに考えたい と思われるのでしたら
ダウンブローも、アッパーブローも、レベルブロー も
ほぼ同じモノ、 と考えて良いと思います。




例として 左足かかと線上辺りにボールをセット。
(ボールの前面 が 左足かかと位…でしょうか)
とは言え クラブの長さによって スタンスの幅は変わりますので
狭いものほど 『あくまでも見た目の』ダウンブロー度合いが強くなる
広いものほど 『あくまでも見た目の』ダウンブロー度合いが弱くなり

レベルブローに見える。
ティーアップし 空中にあるボールを打つドライバーは
そのボールの位置を ティーアップしている分、茲肪屬ので
結果として アッパーブローの時期にインパクトがある
というコトになります。

ですので 『スイング動作〜意図的な動き』 としては
ダウンブローも、アッパーブローも、レベルブローも
特に何か違いが無く、スイングの円弧の中の
どの時間にインパクトが来るか
 だけの違いです。

レベルブローを地面と平行に振ろう とする訳でも
ダウンブロー👉ヘッドを『下に向かって』振ろう とする訳でも
アッパーブロー👉ヘッド『上に向かって』振る訳でもありません。


スイングの基礎になるような話し ではありますが、
からだの向き と 前傾 に関係なく
肩の揺さぶりや振り子、手さばきによって
円弧を作る場合、それは該当せずもっと 複雑な話し、
例えば アイアンは下に振る
フェアウェイウッドは平行に振る
ドライバーは上に振る になったりする訳です。
(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment

自然なからだの向きと前傾であれば
カラダがまだ右を向いている間(ダウンスイング)は
 クラブやヘッドの進行には 下向きが含まれます。
からだが左を向いたら
 クラブやヘッドの進行には 上向きが含まれます。
それが理解出来て 初めて
 アプローチショットなどで ボールの位置を決めたり
 出来れば避けたいですが、特殊なショット を打ったり
 するイメージを作れるのですが、
毎回、その上がり下がり と からだの向きが
バラバラに規則性無く振るのであれば
毎回、特殊なショットを打っているのと同じです。
再現性、反復性は規則性が無ければ 難しいのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ