◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

超重〜いヘッド & 超柔らかなシャフト専門 より簡単に、誰よりも振らず、からだを傷めず、誰よりも飛ばす【ゴルフクラブから学ぶゴルフスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:ダウンスイング


店主殿


打者は 10悶絶を初めて打っています。
注)ドライバーで言うと振動数150cpm〜44インチ
  アイアンで言うと 5番170cpm前後

スイング破壊兵器シャフトが装着された
アイアン を 振っていて 7鉄 100y のトップ&ダフリ でした。

10悶絶を 打者へ譲り(強制的に😵) この日初めて 練習一緒した次第です。

最初は 振っていたので目も当てられない状況でしたので、見かねて

ラブレターフロム長崎

「赤丸の 仮想ボールをフェースで地面に押さえ込みむべし。
また 秀ニ は右向き。ボールは見ない。止まっているボールなんて見る必要なし」
と助言し、7鉄で50球ほど 打ったのが 添付動画です。


その後 9W 、Dr 問題ありませんでした。

割り切り 必要です。



店主:
ちょっと説明難しいのですが、
アドレス時 ボールは上下ではなく、左右と言う意味で
自分の菎世發癲銑茲劼供茱ン◌マの前にあります。

ビデオフロム長崎1_Moment

トップの位置で右を向いた時、
スイングには傾きがあるので ある程度の高さで
やはり 茱ン◌マの前にあると想定します。
(荼坿慇瓩料亜,任垢諭

実際のボール…ではなく
右を向いた時の 
仮想のそのボールを
「フェース面で!」
「地面に向かって!」 打つ

イメージで 実際のボールを打ちます。

体の向きの変更がありますから
そのイメージで 普通にボールは打てます。


逆に考えると 右を向いた時の実際のボールを打つ
その感じは 左を向いて上にボールを打つ
というコトに成り得ます。  やってみてね(。◕ˇдˇ​◕。)/


✋ボールを上から打つ とか
 ボールを潰す
 ロフトを立てる というのは
基本、からだの回転が造る時間進行の中で
左サイドが低い時間に打つ というコトと
『ヘッドが』上からではなく
打撃面である『フェース』が上からボールを見て
入ってくるというコトの合体です。

スイングはどんどん時間進行して
体の向きが変わることによって
左右の向きだけでなく 上下の向きもかわっていきます。

打とう!と思う トップの位置で
フェースでボールを地面に押し付けるイメージで
実際には ボールを横から打つコトになりますから
正面を向いてカラ、体の回転を止めて(無理)
ボールを横から打つと 結果 上に向かって打つ時間に
インパクトは入ってしまいます。
その時間差、タイムラグを把握して貰えると良いですね。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



上段:右ひじの伸ばしと左ひじの連携
刷毛塗を意識して頂きました

下段:本日スタート時





左手、茱哀螢奪廚インパクト前に減速する癖
ヘッドターンをする為に右グリップ、ヘッドを待つ癖があるので
インパクト直前から 一気に回る〜左を向くをして
左手、茱哀螢奪廚凌聞圓鮨覆瓠
ヘッドターン、手の返しを無くさずに、追いつかせ無くしました






からだの回転でグリップだけを動かす
からだの回転でクラブが移動し、それによって重くなる分
腕のサポートで からだに付かせる
腕で動かして、結果 体との相対関係を変えないよう
「動かさない為に動かす」意識を持って頂きました。

結果、ヘッドターンは薄くなり
フォローの抜け出しが良くなり
ヘッドターンによる左サイドの上りが無くなり
前傾姿勢がより残るようになりました。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブの機能を利用できるか?
それともゴルフクラブの機能を邪魔なものにしてしまうか?
は 概念も含め ダウンスイング、ダウンスイング以降での
クラブの扱い方に出てきます。

IMG_0459


ゴルフクラブは見ての通り
1m位の長い棒の先に重さが集中しており
その重さは機種などによって差はあっても
総(全)重量の半分以上〜7割にもなります。
video_Momentvideo_Moment(3)







この構造で クラブに多大な遠心力を造ろうとすると
その遠心力には 当然 方向性 が発生します。
その遠心力を自分で感じて貰うといいのですが、
ボールを打つ前であっても
ボールを打つ間際であっても
ボールを打つことそのものの方向や
ボールを飛ばす方向とはまったく一致しませんし、
似た関係にもなり得ません。
遠心力が増せば増すほど
どんどんクラブは外に外に重くなって行きますから
強く握らなければなりませんし、
その方向と魔反対の方向に体を引いて
位置調整も必要になるでしょう。

となると 出来るだけ その遠心力が生まれにくい
軽いヘッドを選ぶことになっていくのでしょう。

よく自分の頭で考えれば 簡単ですけれど
棒の先に重さの付いたもので
遠心力を付けるのは その物体そのものを
遠くになげる方法であって
角度の付いた 打つ方向や打つ距離を一定にしたい
打つことそのものをコンスタントにしたい
と言う行為に用いることではありません。



ダウンスイングで重要なのは
いかに ヘッドやクラブの重さを使って
重さがかかる縦〜垂直方向の力を
如何にグリップに伝え、それを打ち手の回転力の助力
にしていけるか
縦の力を横のチカラに変換していける か
という事になるでしょう。
それが出来れば
ヘッドの重さやクラブの重さは回転力に出来るでしょう。
重さがあるほど 回転が楽になるのです。

そのポイントは二つ
まずは時期です。
体がちゃんと骨盤から右を向いていれば
右を向いている期間、左サイドは低くなっています。
これを利用すれば 進行方向への移動がより簡単です。
と同時に この時期であれば
縦の動きに横、横の動きに縦が混じっているので
一つのアクションで斜めに大きく移動させやすいでしょう。
スナップショット 6 (2016-11-15 22-13)

次に時期と関連していますが、
右を向いている 左サイドの低い時期
これを利用すると より シャットの時間を長く保てます。
シャットフェース(地面方向にフェースが向いている状態)
は 体の左サイドの低い時間を長引かせ、保たせますので
より 重さを利用しやすくなります。

この二つはイコールのような関係でもあり
右を向いている時期を失えば
必ず クラブはオープン(フェースは上を向く状態)
になり 左サイドの低さは保てず、
ダウンスイングの円弧は自分の手で作らなければなりませんから
上から打てないのでヘッドの重さは利用できず、
ヘッドを振ってしまうので 製品ロフトの意味も失って
しまいます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ