◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:セッティング


現場、コースでは ゴルフクラブ、
バッグに入っている パターを除く全てのクラブは
「任意」に一球一球持ち替えて
 交互交互に打つコトになります。

Image20201006185024 (002)


ドライバーのOB打ち直しやアプローチの大きなミス以外
同じクラブを二球連続に打つコトは殆どありません。

そう言う意味で すべてのクラブはある一定の流れ、
似たようなタイミングや感じで打てる共有の流れ、
が出来ているコトがとても大切です。
IMG_0361


一般的に 自分のいつも使っている(例えばドライバー)硬さ
よりも 柔らかいモノ(振動数㉚cpm低いモノ)を打てば
正しくクラブが使えれば フック
手で振るタイプの人では スライスが出たり、てんぷらが出たりします。
✋シャフトが柔らかくなると スライスが出る と信じている人が大半ですが、
シャフトの使い方によっては その逆のケースもあります。
また、傾向として スライスが多く、頻繁に出れば
ゴルファーは当然、反応(予防)しますから
  その逆の ひっかけ になったりもします。

30cpm硬さの違う、柔らかいモノ、硬いモノ
それをミスっても、ミスらなくても、
一球交互交互に打てば、前に打ったクラブの影響は当然、出ます。

IMG_0590

お店で試し打ち をして頂く場合、
通常 お使いのモノよりも 硬いシャフト のクラブ
を打って頂くと… おそらく無意識だとは思いますが、
10球位で自然とボールは中、右打ちの人では右目 に
ズレていきます。
柔らかいシャフトではその反対です。
スイングのコトを意識しなくとも
軽めのヘッド重量や硬めのシャフトを打つと
トップの位置は深くなりますし、リズムも速くなります。



市販のクラブで 何気なくセットを揃えると

ドライバー  セットの中で一番柔らかい
ウッド  ドライバーより硬く アイアンより柔らかい
ユーティリティ  ウッドより硬く アイアンより柔らかい
アイアン フレックスで言うと 3〜4フレックス分 ドライバーより硬い
ウエッジ アイアンより硬く セットの中で一番硬い


と言う組み合わせ になります。

これは 困ったこと
 同じメーカーの 同じ機種(ブランド)
 そして 表記上、同じ硬さ(例えば SR)で
 揃えても こういうセッティング になってしまいます。


このセットでコースに行きますと…

展開として
短いサービスホールで
1.ドライバーが当たる
2.ウエッジの距離が残る
この状況では ウエッジのトップや引っかけの可能性は非常に高く
折角の サービスミドルが サービスミドルになりません。

硬いシャフトですので、どうしても強く振り気味
 になりますので なかなか距離感が上手く行きません。

漆畑2018_Moment

ロングホールでは
1.ドライバーが当たったと仮定し
2.フェアウェイやユーティリティを打つ場面では
 地面から打つクラブが ドライバーよりも硬いので
 ダフリやトップのミス どスライスの可能性も低くありません。
 頭を叩いて チョロトップ なんて言うのは
 その方のスイングのミス…よりも
 その構成・セッティングによって もたらされる
 と言って 良いと思います。

アプローチショット
 練習場でマットから打つような状況が
 一番無いのが コースでのアプローチショット です。
 芝に浮いている、沈んでいる、
 傾斜も色々…
 シャフトの硬さ は
 低いトコロにある ボールの拾いやすさ、拾い難さ、
 に直結します。

2021-04-07_06-01-34_Moment(3)

 アプローチショットで
 一番 多いのは トップとダフリ…
 そう考えると ほとんどが その硬さから
 生まれている のです。

✋✋✋バッグに入ったクラブの中で
 一番硬い のが
 フルショットの使用頻度の少ない ウエッジ 
 では ミスが出る、 ミスの頻度が高い、
 距離が合わない は 必然 なのです。


✋絶対に! 全員が! こうなる‼ と言うわけではありませんが、
100人のゴルファーが実験をすると
おそらく こういう平均値 になると思います。

理想的には
 ドライバー フェアウェイウッド ユーティリティ アイアン
これらが 長さの変化の中で
似たような 重さ感、硬さ感、
目を瞑って クラブを渡されたら
どれだか 判別し辛い ようなセッティング、
フルショットの少ない ウエッジが
 その流れよりも ほのかに柔らかい(重く感じる)
そんな 流れが良いと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ボールが上がり難くなる、高さが取れない
 と言う悩みを持っている方は少なくありません。
IMG_0624
ボールの高さを確保出来ないと
〇グリーンで止まらない
〇各番手の距離が曖昧になる
〇キャリーの必要な場面で緊張感が増す
 など
残念ですが、良いことは多くありません。

一般的に アイアンにおいて
『やさしいアイアン(ヘッド)』と分類されるモノは
上がり易い、高さの確保し易いモノ と考えて良いですが、
ボールを上げるための要素は
.蹈侫
▲ラブの長さ(入射角度が緩くなる)
➂重心深度(重量の中心点の深さ)
➃重心の高さ(重量の中心点の高さ/低さ)

の順番に影響力が強いのですが、
アイアンを長くして 使いやすいとは思えないですし、

やさしい…上げ易いアイアンは
 飛び系アイアン と呼ばれ 
飛距離を売り にしていることが多く
故に ロフトをストロング化しているので
本当に上がり易いのか、と言われると 
絶対 とは言い切れません。


そして この『やさしい』と呼ばれるアイアン(ヘッド)には
 どうしても補いきれない欠点があります。

ヘッドの機能として 重心が深い、低い は
その重心と遠心力、慣性の作用によって
 インパクト時にロフトが付く、大きなロフトになる、効果
があります。
✋インパクト時のボールと重心位置の関係性 ではありません。


上記に書いた通り、ボールを上げる、高さを確保する、
と言う点において ロフト角度の作用が一番強い ので
あるロフト だいたい…ですが、40度以上(9番位)になると
よりロフトの付き易いヘッドは
 更にロフトを付けてしまうので
 ロフト角度通りの距離よりも落ちてしまうことが多く、
 数字が5度刻みの一定であったとしても
 距離が一定に短くなって行くことがありません。

H370_lineup
ですので 昨今 登場してきている
 大きな番手、大きなロフトの ユーティリティ や
 フェアウェイウッドを活用し、
 アイアンは7番位から みたいなセッティング が
 結構、お助けになるんじゃないかな と思います。

参考例ですが
〇ミステリー HT-811
 #4-22 #5-25 #6-28 #7-31
〇KZG H370
 ロフト角度22度 26度 30度 34度 38度 42度
ここら辺を アイアンとして上に入れ
アイアンは #6 か #7 位からスタート
もしくは #8 からでも良いかも知れません。
IMG_0038

長さもアイアンはやや短めとして 半インチピッチ
ユーティリティ化した上の番手は 5/8 や 3/4インチ
ピッチで より高さを確保できるようなセッティングが
 結構 便利なんじゃないかな と思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ドライバーを飛ばして頂くため、
 年々 シャフトの硬さ(数値上)は柔らかくなり、
 今や 20年前のレディースの硬さがRシャフト の時代です。
 👉今の Xシャフトは20年前のRより柔らかい のです。
【SYB EG-05】 プロによる試打_Moment
 タイムマシーンがあって、現代のハードヒッターが
 自分のドライバーを持って 20年前にタイムスリップしたら
 「えええ なんで こんな柔らかいの使ってるの❓」
 って 言われてしまうほど 変わってきています。


良くあるパターン…だと思うのですが、
 ドライバーは飛ばしたい、から 最先端の新しいモノ、
 しかし、ウエッジは重い方が良い❓から スチールシャフトの…
 昔から ずっと使っているモノ。
 ふたつの硬さの違いは かなり大きい
 それで困っていなければ……良いのですが…。

ものすごく言葉は悪いんですが、
 ある硬さを超えると 全部「ノー感じ」になりますので
 そこで 統一させている人も少なくありません。
フィーリングやタイミングをを重視するのには
コストがかかりますから…。
 でも、その「ノー感じ」な硬さ
  手首や肘、腰など関節を傷める原因となります✋
【ゴルフスイング】 20210701_Moment
 アプローチの苦しみ… は終わることはないでしょうし…。
 段々と気温が下がってきていますので
 硬いシャフト(スチール)&軽いヘッド使用者 には
 アプローチのシャンクのシーズン突入
 です。



【正しい意味での『クラブ・セッティング』】

正しい意味での クラブ・セッティング は
ゴルフバッグの中の すべてのクラブが 同じ流れの中、
同じ!とは言えなくても、似たような、許容範囲にあるコトを指します。
  ✋皆が「なかよし」ってコトです

 例えば 今日はちょっと『引っかかる日』だとすると
 どのクラブを打っても 似たように引っかかる、そんな感じ、です。

ですので 自分のゴルフバッグの中のクラブを
 ミスしても、ミスしなくても 一球ずつ 交互交互
 コースと同じように ランダムに打ってみて下さい。

特に シャフトの硬さ/柔らかさ の大きなズレ は
顕著にミスを誘発します。 

正しい意味での クラブ・セッティングの顕著な反例が
 試打会や試打クラブを打って 「おお 良いぞ」となり
 購入して、いざ 自分の『ゴルフバッグに入れる』
 「あれ・・・ なんだかなぁ🤒」 って奴です。

 そのドライバーだけを打っていれば
 そのドライバーを上手く打たせる環境
 自分のスイングやタイミング、 とそのドライバーだけ です。
池田康二202520_Moment

 ところが、自分のバッグに入れると
 それ以外のクラブを打つスイングやタイミング が
 そのドライバーを使う環境になります ので
 その環境が ドライバーを上手く打たせない のです。
 練習場で、打つクラブを変えた すぐは上手くいかず、
 なん球か打ち続けると やっと当たる…
 まさに クラブ・セッティングの「悪い意味」での見本です。

新しく 何かのクラブ、例えばユーティリティをバッグに追加して、
新しいクラブですから それを一生懸命練習すると。。。
なんだか アイアンが上手く行かなくなり始めたり…。
ドライバーが当たらなくなったり…。

正しい意味での「クラブ・セッティング」を無視してしまい
クラブ構成を クラブセッティングだと思っていると
陥り易い「悩み」です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ