◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフト〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす【スイング再生工場】【クラブから学ぶスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480✉hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:スイング改造



一般的に グリップ、握り方の種類…と言えば
インターロッキング
 オーバーラッピング
 ベースボール
(10フィンガー)
 インターメッシュ などの
 「左手と右手の絡み方」
スクエア、フック、ウイーク などの
 「手のひら、甲の向き」
 分類されると思うのですが、

フィンガー 指側
 セミフィンガー 中間
 パーム 手のひら側

左手が中心 になりますが、
この『どの位置で握るのか』
 かなり密接にアドレス姿勢と関係してきます。

通常、からだの向きの変更 とは別に
 腕やクラブを振るスイングである場合、
 クラブがすっ飛ばないように強く握り ますので
 左手の パーム と フックグリップ が主流になり、
その左手の握り。。。だと 右手の入るトコロが確保出来ず
 どうしても 両手、左右の手が離れ気味になります。
👉グリップを握るのに 長い区間が必要になります。
failgrip
左手、右手のグリップが上下に離れるほど
当り前、ではありますが、アドレスでは
右肩が下がるか、前に出ることになり、
アドレスでからだが 立体的にねじれた状況になり易く、
加えて クラブがすっ飛ばないように強く「左手」を
握るためのモノなので、疲労、握力の低下 などによって
ラウンド中に左手の握り方、握り具合の変化が激しく、
それに伴い アドレス姿勢も変わります。
IMG_0706_MomentIMG_0706_Moment(3)






両手が「離れ気味」なグリップを改善する場合、
グリップ、握りの形 を変えても
クラブの扱い、からだの向きに対するクラブの振り
が変わらない限り、数球と持たず 握りが元に戻るか、
強く クラブがホールド出来ない 為、
緩く振るか のどちらかになってしまい、
改善 としては 体に刷り込まれません。

ですので クラブを振らない、からだの向きでクラブを動かす
と 形としてのグリップの変更を同時進行で「変えていく」
ようにしないと、いきなりグリップが変わるコト、
 それが直ぐに馴染むことはありません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 なんという年なんでしょうね…
 マスターズ女子アマで 🏆日本人優勝
 マスターズで 🏆日本人優勝
 全米女子オープンで 🏆日本人同士のプレーオフ
 日本 ⛳ゴルフ元年と言えば良いのか
 まだ半分ですが、すごい一年ですねー👏👏




お二人のLPGAプロのスイングを見て下さい。
 

先に出てくるのは カナダのブルック・ヘンダーソン(23歳)
 ツアー10勝、メジャー1勝
後に出てくるのは オランダのアン・ヴァン・ダム(25際)
 ツアー参戦2年目ですが、飛距離ランクは1位(290YD)です。

メジャーチャンピオンのブルックの方が
 フェースローテーション強め
 ヘッド、クラブをフリーにするリリースのタイミングが
 かなり早め、 手打ち派、ねじり派 と言えます。

良い悪いではなく アマチュアの参考に出来る部分として
 ダウンスイングの左肩 の動き方がかなり異なる二人です。
ブルックの方が詰まった感じの左肩になります。
女子の場合なのか、最近の流行りなのか、は別として
 腰を先に回して、意図的か、自然な遅れなのか、
 後から肩を回す形になりますが、
 アンは肩を回して グリップを動かしますが、
 ブルックは腕の入れ替えで肩を動かす派 ですので
 先頭にある 左肩が詰まり気味 になります。

この 動き の部分は 結果論 でしかなく、
インパクトさばき、ボールさばきを
✋からだの向きで行うか
✋クラブの返し
(左右の腕の入れ替え)で行うか
の違いがパフォーマンスに表れている、だけで
ソコを見誤ると スイング造りに苦労します。

 おそらく…テークアウェイの取り方も
 その インパクトさばき、ボールさばきの違い
 
左右の腕を入れ替えるため のその準備、
 ソレを『作るため』『するため』のモノ ですので…、
 インパクトさばきを変えずに テークアウェイをいじるのは
 形、見た目の真似 に過ぎず、
 馴染まないのではないかと思います。


その結果、世の中で言われたりしている
地面反力(足の上への蹴り)が現れたり…する訳ですが、
それは 動きではなく、反射に近い処理 です。
クラブを振る空間を確保する、もしくは
遠心力に対抗するための反応 に近いでしょう。
それを 技術として取り入れるのは あまり意味がないような…。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 


⇩ 2週間前は・・・(こちら) ⇩


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



http://hbs.livedoor.blog/archives/1990234.html

 

早速 回答させて頂きます。
スケジュールをお作り頂き、ご来店をお薦めいたします
(ご連絡下さい)

一度 テークバックやトップなどの
型のことは気にせず スイングしてみましょう。

テークバックやトップ
ひいてはアドレスやグリップなどは
自分が ダウンスイング後半〜インパクト〜フォロー
「ここでボールをどうさばくか」
「ゴルフクラブというモノを使ってボールをどう打つか」

というコトを する為のモノ です。

そこが違うモノにならない限り
その型も刷り込まれない、馴染みにくいでしょう。

上手くできなくても 
 あああ! こうさばくんだ
 こう打ちたいんだ
 こうクラブを使いたいんだ

ボールさばきを違うモノにしなければいけません。

自分にとっての トップの形、位置、姿勢、
テークバックの取り方、アドレスやグリップも
何かを非常に真似て 絶対こうでなくてはダメだ
で作られた と言うよりも、打っている内に
いつの間にか形成、馴染まれていったものだと思います。
(元々のオリジナルのスイングの話です)
その前に やはり ボールを打つところは こうだ!!
というのがあったと思うのです。
そこを変えてあげましょう。

直に会ってお話しても簡単ではないのに
遠方のお客様の為に ブログなど「言葉」で記事を書いていますので
どうしても 型の部分に目が、話が、言葉がいきがち ですが、
ボールのとらえ方 さえ掴めれば
型なんて どうでも良いと思います。
ただ クラブの構造や人間の構造や機能はだいたい同じなので
最終的には似てきてしまうだけに過ぎない と思います。
型は 自分のスイングの変化度や成熟度の確かめ算に過ぎないと思います。

今のスイングの問題点は
✋からだの回転を意識していることと
✋腕で振る フェースローテーションをする
二つの相反することが混在しているコトだと思います。

✊スイングの弧を大きくなり
✊ヘッドを振った実感、速く振れた実感も伴います
また それを素早くしないことがスライスになります。
それが上手くできたコト ⇒ スライスからの脱却 ⇒ 上達
が常識的な発想ですので そう言うボールさばきを覚えられるでしょう。

片手スイングドリル 右手編_Moment片手スイングドリル 右手編_Moment(2)片手スイングドリル 右手編_Moment(6)








腕でクラブを振る、右腕のかいなチカラでクラブを振るスイングは
どこかの時点で 必ず 腕クラブリリースします
その結果、必ず 腕とクラブは一直線
双方で一番長い状態、ヘッドが一番からだから遠くなった状態が作られます。

今までは体を先に開き クラブが長くなるスペースを十分に確保していた
のですが、今はからだの回転やシフトを重視していますので
左サイドに 長いクラブを通すスペースがなく
インパクト付近で
向きとしては からだの正面〜ボール を意識しながらも
スペースとしては 左サイドの急激な上方向への伸び)や
スイング軌道の跳ね上げなどが以前よりも急激になる結果、もたらされています。

今は型を作り時期 ではなく
核心の部分を掴む時期 だと思います。


お待ちしております🙋


 

○現在、練習の際に意識しているスイング作りのポイントは、

以下のとおりです。まるでブログにあることを書き写したようなのですが、

自分で大事だと感じているポイントです。

 

  1. 左サイドにグリップを保ったままテークアウェイ。

▲董璽アウェイの最後に右肘クランチでグリップを胸に引きつける。

それに応じて自然にグリップは右側に移る(クラブが立つ(下方への重力を軽減)、

グリップを胸に近づける(立体刷毛塗りで生じる遠心力を軽減)意味が体感される)。

右肘は肘鉄をイメージすると良く引ける。

またボールは凝視せず、視線は頭の動きに合わせて一度後方を見るくらいが良い。

  1. クラブの重さの行きたい方を感じながらグリップを下に下ろし、

  2. 骨盤は右向きのままという意識で、クラブを立てたまま右胸前から左脇腹方向に動かす(立体刷毛塗り)。

    同時に、緩やかに左にシフトする。

  3. シフトにより空いた空間で、フェースがボールを見るような形になるよう右腕を伸ばす

    (右向きが残る右サイドが高い状態のまま伸ばすにはシフトが必要。そしてこのあとの回転によりヘッドの入射角度をつけるには必要な操作)。

    左手は甲側が地面を向き、右手は甲側に折れる形となる。

  4. イ了点でシャフトは地面と平行くらいになっており、このあと手さばきは一切しない。

  シャンク方向にシフトを続け(右腕を伸ばしておかないと続けられない)、

左膝に体重が乗ったら自然にクルッと回る。(脚でフェースを引きずる)

Д轡礇侫箸枠球線と直角よりも鋭角にならない(=グリップよりヘッドが遅れる)意識で抜いていく。(ヘッドをボール位置に置いてくる)

 

このような感覚で練習しています。

11月の動画では刷毛塗りやシフトを十分意識しているつもりなのですが、

4月の動画と全然変わっていないように見えるので悲しいです。

 

○自分で動画をみて思うこと

・特にダウンスイングで、両手でグリップを挟んでいる程度の力感が無い動作して

もきちんと当たれば飛ぶが、力感(充実感)を求めた方がより飛ぶので、

つい力んでしまう。その結果右肘が左肘より下がり気味になり、すくい打ち気味になっている。

・ダウンで右足踵がめくれている。

・フォローが高くとれていない(理由不明)。

 

○コース等の現象面で困っていること

・バンカーショットにトップが多い。(すくい打ちになっているのでしょうか)

・25yを超えるパターがきちんと当たらず必要な距離を打てない。

・絶好調から突然乱れ(チョロ、大ダフリ)ることが多くなった。

(はじめの頃より、特に最近の方が多い)

・練習場でも噛んでいることが多い。

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ