◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:スイング改造


店長「こすり打ち をされている方 は
 総じて テークアウェイで ヘッドを上げる量が大きく、
 その速度も速い傾向があります。 
 打撃の主力が 上げ下げの量と速度によるから です。
(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(2)







 ダウンスイング中ごろ から インパクトまで
 グリップエンドを支点に クラブを振る ので
 グリップ(左手)の下がりは慣れているの ですが
 グリップ(左手)の移動量は取れません、ではなく
 意図的に取りません。 取ってしまうと クラブを
 振れないから です。

 こすり打ちは お薦めの方法ではありませんが、
 アプローチショットでは 上げる球の傾向強く、
 『出すだけ』のバンカーショットには都合が良く、
 バンカーは出るけれど、距離が出せないになりガチです。

 また、こすり打ちは その名称とは異なり、
 こすって打っていますが、球にスピンが少ない特質を持っていて、
 弾道が高めになっても 止まり難い
 フォロー(風)でも距離が伸びることはない 傾向があります。

 スイング全般として、
 本来、必要のない インパクト直前の弧を描いてしまう為、
 遠回り、円が膨らみ、そのお陰で
 ヘッドに奥行きの有るタイプ 〜フェアウェイウッドなどは
 苦手? 嫌いになり易い傾向が強いです。」

受講生「ソコからの脱却はどうしたら良いんでしょう?」

店長「良い例?があるので お見せしましょう。
 弊社の名物ゴルファーの Mr.K
 長いコト こすり打ちでゴルフをされ、
 こすり打ちの達人として名を馳せていました😢
 現在、こすり打ちからの脱却 にトライしています。

 今、テーマにしているコト ですが、
.瀬Ε鵐好ぅ鵐阿砲いて
 グリップを下げるコトは習慣付いているので
 下げるコトよりも、
 からだを廻すことで 左手の移動を稼ぐ、
 からだの回すことは 左手の移動を稼ぐコト

 と言う意識を強く持って頂いています。
(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(3)

 それによって 従来よりも「早い」インパクト、
 速度の速い ではなく、タイミングの「早い」インパクト を
 実現できるようになっていますが、
 未だ ロフトを下向きに締める感じには至っていません。

∪擇衒屬掘^聞漾〆枯咾浪爾欧襦,里任呂覆
 上げる、位の意識で 左腕、左上腕の上への逃げ
 を意識して頂いています。

 ぐるぐるもんど のトコロはあるのですが、
 ボールをつかまえる = ヘッドターン と
 考えていたので、左腕の止まり、右手の追いつき が
 ショットの要 でしたので、
 その左腕の止まりが 左腕の上がりの障害です。
 ですが 今のトコロ、フェースを下向きに出来る訳では無い、
 今まで通りの クラブさばきで入ってくるので
 ボールはつかまっておらず、
 故に またヘッドターン、クラブターンのスイングに
 戻る可能性を秘めています。

 ボールをつかまえる は
 フェースの横ターンでは無く
 フェースの下向きによって造られる
 を 体験できるようになると
 更なる前に進めるようになりますが、
 そこが 今の段階の鍵 と言えるでしょう。

✋ご本人曰く、振った感じ、打った感じが無く、
 今までとのタイミングがまるで違う、
とのコトで
 ご本人は認識されていないと思うのですが、
 ダウンスイングで 右手の伸びでクラブを回転させる
 →下に振る  👉右手に掛かるクラブの重さの感じ
 ターンさせるために止める左サイド、左腕の
 ターン(重さ)を受け止める 締まり感
 そこら辺の喪失感 と 打撃が上手く行かないもどかしさ で
 元に戻る可能性は非常に高い ですが
 現段階での 変質度/進捗度 は かなり良いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ボールをつかまえる を前提に
 スイングを造っていくと
 ずっと フェースを外に向けたまま、
 からだを廻す というのが基本になると思います。」

受講生「ソコが分かり難い、ですよねぇ…。」
(ぶ厚い当たり 上から打つ〜ボールをつぶす_Moment

店長「アイアンショットで 『ボールを上から打つ』
 というのがありますよね。」

受講生「はい。 出来ないんですけど、言葉は分かります。」

店長「その 言葉通り に打とうとすると
😢ヘッドを上から下へ振る
😢ヘッドを
『手で下に 丸く振る
 と言う感じになります。
(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(2)








 これを 一般的に 『こすり打ち』
 もしくは その打撃にとって 一番肝心な部分を
 手で行いますから 『手打ち』 と呼ばれるのです。」

受講生「!!!」

店長「この ヘッドの使い方 ですと
自分の方に ボールを掻き込むような
ボールの下、ボールの底をフェースで撫でるような感じ
 になる訳ですが、
 打ち出しの高い 初速の遅い球になります。
 フックとか、スライスは 人によって異なり、
 こすり打ちだから イコール
 全部がスライス と言う訳ではありません。」

受講生「!!!!!」

店長「この動画では 協力して頂いて、
 わざと こすり打ち をして頂いたのですが、
 お薦めはしませんが、アプローチショットなどでは
 時と場合によって こういう風に打つコト "も" あります。

 動画の後半で こすり打ち でないモノと
 こすり打ち を比較していますので 見比べてみて下さい。

 動画の途中で 白〇で囲んだ 腕とクラブの状態、
 このままの状態で からだを廻せば良い のですが、
 どうしても ボールを拾いたい、届かせたい、
 色々な理由はあるとは思いますが、
 ここから 腕さばきで クラブを下に振ってしまっています

 当然、はっきりとした腕さばき、ターンをするには
 からだの回転を止めなくてはならず、
 その結果、インパクト前後で 伸び上がる動きは必然、
 になってしまう訳です。

 結果、から逆戻し していくと
 こすり打ち は スライス、
 フェースが開いているとか、
 ヘッドの横の動き と考えているフシが強く、
 impact時、どうしても フェースを閉じたい(左に向けたい)
 それをするには 左腕・左グリップの止まり が必要で
 おそらく…ですけれど、インパクト=打撃 の感覚は
 止まった左サイド、 〜左脇と左腕の絞り
 左脇と左腕が ギュッと絞られる感覚 が
 こすり打ち 〜手打ちをされる方の特徴だと思います。
(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(3)

 この感覚は あとあと悪い意味で尾を引くのですが、
 その からだに残る 絞り と言えば良いのか、
 窮屈な感じが「その方の打撃感、ショット感」なので
 その部分の『存在しない』つかまえるショットへの移行、
 その 感触の無さ、止めた左サイドと左腕が
 ボールの衝撃や運動を受け止める感覚の無さ が
 かなりの壁になったりします。      よね Rさん⁈

 ボールをつかまえていく には
 左サイド、左腕の 継続的な移動が必須で
 からだを止めず、左サイドも回し続けますから、
 当然、左肩はボールから遠ざかります。
 しかし、ボールを打たなくてはなりませんから
 グリップはボールの方に残るので
 必然的に 左腕は上がっていきます。
 impactも含め、impact以降の 左腕の継続的な「上がり」
 が つかまえの条件と言っても良いと思います。
(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(4)

 比較動画 を見て頂くと分かり易い ですが、
 こすり の方は フェースターンを必要としているので
 インパクト直後、左腕の低さが継続します。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



悩みのタネ、である 入射角度が緩い、 上から入れない〜下から入ってしまう…  から始まったスイング改造ですが、 ソレそのものには着手せず、 ベーシックな からだ・腕・クラブ  の融合、一体化 の為に ちょっと発想を換えてみました✊ かなり シンプル化出来たんじゃないでしょうか❓

  。。。参考になるんじゃない M山さん✋ 連絡乞う☎
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「自分だけの その秘技を極めるのも ゴルフスイング の
 ひとつ ではありますし、それで楽しくゴルフをしている人も
 たくさん居ますので、他人が否定する事ではありませんが、
 教科書に載せるにはちょっと・・・・と言う感じです。
 それを 総称して 手打ち/手振り と呼んでいます。
202252_Moment
 一方、クラブはトップの状態でロック
 あとは カラダの向きを変えるだけ
 であれば、ロックする時のクラブの状態
 を変えて置けば、動作中の変化は少ないので
 軌道には影響が出にくい、
 ですので
 弾道を変える、治すことが可能なのです。

 だから からだの回転でクラブは動かしましょう✋
 と推奨しているのです。」

TSさん「あああああああ なるほど、なるほど、
 やっと分かってきました。
 手打ちで無い方が良いのは分かるんですが、
 そのポイントが掴めていないと 出た球に応じて
 ダウンスイングやインパクト付近で ヘッド姿勢変更や
 スイング軌道変更をしてします ので
 👉肝心なトコロが手打ち になる。」


店長「そうですね😊
 手打ち/手振り の場合、
 ヘッドの姿勢変更をすると 軌道も同時に、
 軌道変更をしようとすると ヘッド姿勢も同時に変化してしまいます。
 また、その変化の具合は 重心位置などにも左右され易い。
 というコトで その具合がウッドとアイアンで異なる場合も多い。
 ヘッド姿勢と軌道、二つのことが相互に影響し合うので
 同じようなショットを続けにくくなるのです。」
会田20210701_Moment

TSさん「クラブの影響も大きいんですよね?」

店長「ですね。例えば 理想的な、正規な入れ方 では
 ヘッド姿勢は固定、軌道自体が下向き、クラブ全体が低くなり、
 インパクトを迎えるのですが、
 硬いシャフトや軽いヘッドでは グリップが誘導され難いので
 それでは届かない、
 が故に、ヘッドを下に振る、これはヘッド姿勢を変える、
 ロフトを増やすコトになりますので 軌道も変わります。
 ヘッドを下に振ると、ヘッドを下に振っているのに
 ヘッドを下に振っているが故に、軌道自体は上向きになりたがります。
 カラダが上を向いちゃうんですね。
 ですので ダフリ と トップ が 交互に出るような状態
 になります。
 
 ですから 多くは キツイ、オーバースペックなクラブから
 始まっているんですが、
 それが故に つかまり を見当違いな理屈で覚え込み、
 その見当違いな理屈を 実行しようとしているのですから
 治る方が珍しい、スイング改造成功する人は少ない⁈
 というコトになるのです。

 運動神経が無い、のでも、 練習不足でも なんでも無く、
 理屈を超越した 秘技 の正解を探求しているのですから
 そりゃ 成功度は高くなりません。」

TSさん「言葉は悪いですが アウトサイドインとか
 開いている とかを意識している限りは
 その先もダメなんだ というコトですか❓」


店長「絶対ではないですけど その通りです。
 動き始めたら ヘッドの姿勢や軌道は変えない、
 特にヘッド姿勢は 動いている最中にはダメです。

 変えられますけど 正しくは変え難いですし
 繰り返す為の目安が何もありません。
 ものすごく感覚的な部分に依存している。
 それを スイング「理論」とは呼ぶのはちょっと厳しい…ですね。
 
((((((((_Moment

 もし 今の弾道が好きでない、距離を伸ばしたい、
 弾道を変えたい とするのであれば
 クラブは早めに固定、トップで✋でしょうか、
 あとは廻るだけ、
 軌道を変えるのであれば 周り方を変える、
 クラブ姿勢、ロックは同じ、
 上げ方やトップでのクラブ姿勢、
 動かしていない時のクラブ姿勢を変えるしか ありません。
 多数の係数が同時に変化する方法はアマチュア向きで無く
 職人芸、一発芸に近いですから トライしない方が良いかな、と。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ゴルフをする時、練習する時に
 注意しておきたいのは 
アドレスとグリップ です。」
Mさん「アドレスとグリップ❓」
店長「ビデオや写真を見返してみてチェックするのも
 良いかも知れませんが、
 クラブの扱い方が変わる、まあ 振り方が変わってくると
 それは アドレスとグリップ に表れます。

 逆に言えば、クラブの扱い方、振り方が変わってないのに
 アドレスを大きく変える、グリップを変える、
 というのは 原則的にはリバウンドして元に戻る
 というコトになります。」

Mさん「ダイエットの話し…みたいですね。」
店長「似ている…かも知れませんね。
 悶絶クラブをよりよく打つための改造でこうなったのか、
 元々 アドレスはこんな感じなのか、は判りませんが、
 あまりよろしくない ハンドファースト になっています。
「アドレス修正_Moment(2)

 おそらく ロフトを立てたい、上から打ちたい、つかまえたい、
 というコトの表れ だとおもうのですが、
 素振り、ワッグルで毎回行われる
 インパクトまでのルートを再現する動き
 この動きは 左グリップに対し
 右腕を伸ばすことで クラブを振る、シャフトを振る動き で
 私の推測ではありますけれど
 Mさんにとっての 打撃のキー になっていると思います。

 右腕を伸ばすことで シャフトに角度運動をさせると
 左グリップは移動できなくなってしまいます。
 つまり インパクトのハンドファーストをしない為の動き
 ですので、アドレス時に造る ハンドファーストとは
 相反する動き、形です。
Desktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_MomentDesktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_Moment(2)Desktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_Moment(3)Desktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_Moment(4)






 手打ちが悪い とは言いませんが、
 手打ちを辞めたい と言う方が
 素振り…おそらくワッグルだと思うのですが
 ショットの度に反復する 刷り込む動き
 になってしまいますから
 出来るだけ避けたい動作 です。

 アドレス についてですが、
 ボールの置き位置にもよりますが、
 よく言われる 逆 K型のアドレスではなく、
 Y型、シャフトはハンドファースト
 前に倒さなくて良いと思います。」
「アドレス修正

Mさん「やってみます。」

店長「次にグリップですが、
 これはアドレスとの絡みがありますので
 アドレスが改善されると 同時に改善される可能性があります。

 慣れてしまっているのか、そうでもないのか、
 にもよりますが、無理にハンドファーストを造ろうとしているので
 左サイドが妙に開いた、少し上にひっつれたような形、
 もしかすると 刷毛塗を意識し過ぎて、インパクト以降
 左ひじを抜こうとしている表れなのかも知れませんが、
 その為か、両肩のラインが必要以上に 莨紊り、蕾爾り
 の状態になっています。

 そのアドレス姿勢に加え、右腕を伸ばすことで
 クラブをターン、この場合は縦に反転させる感じ
 なのかも知れませんが、それをしたいが故に
 右のグリップが左と離れてしまっています。
 グリップエンド、左グリップを支点に
 右腕の曲げ伸ばしで 回転させたい 
 を表しているかのようなグリップ(握り)です。

 このグリップの形は パッティングにも表れており、
 出来るだけ 両グリップが上下に密着した
 実際のスイングやパッティングでは不可能ですが、
 右の腕を伸ばした時、左の手首を押す「ような」
 密着感が欲しいトコロです。

 グリップに関しては違和感が大きいですから
 そういうことを頭に入れつつ、
 アドレスを改善し、ダウンスイングのクラブさばきを
 変えていくと その形が徐々に変わっていきますので
 焦らずに参りましょう。

 アドレスもグリップもそうですが、
 見た目の形、型の問題では無く、
 その形は 自分の動かしたい動かし方に沿ったモノ
 として表に出てきます。

 ですので 今、取り組みたいのは
 右腕の伸ばし、俗に言うリリースで
 クラブ、シャフト、ヘッドを振り始めないコトです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「Mさんのお話しをお伺いしていると
 悶絶クラブをより良く使うために
 なにがしかの改造、を加えた
 とのコトですが、
 具体的にどのポイントなのかは伺っていませんが
 アドレス、グリップ、ワッグル、素振り、
 ショット、今回はパッティングやアプローチもありますから
 それらを分析させて頂いて 推察させて頂きました。

(パッティングストローク 〜刷毛塗_Moment(パッティングストローク 〜刷毛塗_Moment(2)








((パッティングストローク 比較映像_Moment(2)((パッティングストローク 比較映像_Moment(3)((パッティングストローク 比較映像_Moment(4)








✋まず 弊社で提唱する 刷毛塗の腕使い の部分ですが
 その腕使いを 勘違い されている ように思われます。

 刷毛塗の腕使い、肘使い は
 右打ちの人であれば 右腕の曲げ伸ばし が
 印象深くなると思いますが、
 スイングの中に馴染ませるコトが大切ですので
〇からだの回転を主体で腕やクラブを移動させる
 タメに 腕やクラブの重さ分、
 からだの回転の方向通りになるように
 補助してあげるのが目的です。

✊ちょっと分かり難いかも知れませんが、
 カラダの向き通りに腕やクラブが動くよう…
 カラダの向き通りに腕やクラブが動くと
 まるで 腕は使っていないように見えるのですが、
 使っていないようにするため動かす のです。

✋インパクトまでに右腕は伸ばせ とか
✋ロフトは立てろ
✋ハンドファーストだ

 とか いろいろ入り混じってしまっているかも
 知れませんが、刷毛塗の腕さばきでクラブを動かす
 のではなく、からだの向きが変わるから
 それに 重さ分、遅れないように補助してあげるのが
 その腕さばき、肘さばきです。

 ココで クラブやシャフトを右手で押してしまう と
 グリップエンドや左グリップの移動が止まり、
 カラダの向きと分離してしまう・・・
 即ち 手振り、手打ちになってしまいます。

 確かに、弊社のブリストルパターやデール9であれば
 小さな、遅めのストロークで パットの距離は
 ほぼすべてカバー出来てしまいますが、
 カラダを使わず 腕さばきのみで打てる距離はその程度で
 ボールを浮かせたり、ある程度「打撃」が必要な
 ショットになれば、基本、刷毛塗を主体に
 ボールを打つのは 避けた方が良いと思います。
 ですので 短くなった(曲がった)右腕を
 長くする(伸ばす)〜元の長さに戻す
 コトによって 押すのは クラブやシャフトではなく
 クラブを持った左腕・左グリップ です。

 クラブが、ヘッドが 円を描くのは
 カラダの向きを変えるから であって
 刷毛塗は それを補助はしますが、
 腕のさばきで 横にも、縦にも
 積極的・主体的に円を描くコトはしません。」

店長「まず 始めに 今すぐ 辞めて頂きたいのが
 トップからアドレスに戻る クラブさばき のワッグル、素振り です。

 右腕を伸ばすことで
 シャフトを押している… おそらく 何気ないワッグルか素振り
 だと思うのですが、ショットの度に
 そのワッグルをすれば 当然、それはカラダに刷り込まれます。
 まさに 反復練習です。
Desktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_MomentDesktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_Moment(2)Desktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_Moment(3)Desktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_Moment(4)






 右腕を伸ばすことで クラブを回転させる、
 クラブを押す、シャフトを押す 右腕の動きをすれば
 当然、左サイドは止まり、左グリップは止まります。
 ですので ショットが パンチショットのように
 フォローの出ない、フィニッシュの取り辛いモノになってしまいます。

 写真を見て頂くと分かる と思うのですが、
 肩が回ったから 腕やクラブが移動した、 ではなく
 腕さばき、右腕の曲げ伸ばしで クラブをボールのトコロに
 戻したら まるで からだの回転が入った『ような』…
 実際には 手しか動いていません。

 ワッグルだから… もしくは 元に戻しただけ
 と思うかも知れませんが、
 実際のショットは まさにこの通り、
 このワッグル通りに打っています。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「仮に…の話しですが、
 テークアウェイ、スイング全体で クラブのターンを
 全部 カラダの向きで行うのを10
 全部 手だけで行うのを0 と仮定すると
(回転とフットワーク_Moment(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment




  10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 0 

(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(6)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(5)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(4)





 まず 練習でしているよりも 2目盛り位
 コースでは 手で振る になるのが一般的です。」

Tさん「カラダの向きで と 手で の目安 として
 どこを見れば良いですか❓」

店長「テークアウェイ、右向きで とすると
 基準点になるのは 軸足…この場合は右打ちの右脚になりますが
 右太ももと骨盤の向き差 と見て良いと思います。

 ちょっと 下品に言うと 秀二と右太ももの向き差 でしょうか…。」
Tさん「秀二さん…ですね。」
店長「はい。ズボンであれば 右太もも付近のしわの出来方 と言えば
 良いでしょうかね。
 手であげる の場合、ねじる、ひねられる のは背中 になりますが、
 カラダの向きで の場合は、背中はほぼ捻じりません。

11610699133176321




 良い悪い ではありませんが、
 背中は捻じるのに適した構造をしていませんから
 若いとか、運動豊富で慣れている場合を除けば
 本能的に 拒否したくなりますし、
 背中を捻じるのが トップの浅さ、や リズムの速さ 
 につながります。」
Tさん「右の股関節 ですね。」
店長「はい。股関節です。
 骨盤と脚、右太もも の向き差を作れるか です。
 その作法は 同時に 軸足造り にもなると思います。」
Tさん「股関節で向きを変えずに、
 背中を捻じると 軸足が出来にくい というコトですか❓」

店長「そうですね、背中を捻じる が強いと
 カラダがボールの方に倒れやすくなって 軸足が出来ない
 というコトも少なくありません。
(回転とフットワーク_Moment(3)((ヒロちゃんの変身  202111_Moment(3)






 スイング改造… をする際、
 手で振っているのを 全部、からだの向きにする、は
 カラダの向きを変える 箇所 を
 背中の高いトコロから 低い場所 骨盤、股関節に下げる、
 と考えて良いと思います。」
Tさん「捻じる場所を下げる、と。」
店長「厳密には 手で振る、背中を捻じるのは
 その言葉の通り ねじる〜ひねる ですが、
 骨盤と大腿の向き差、股関節にする場合、
 捻じる感じは希薄で 本当に『向き差』になると思います。」
Tさん「野球でボールを投げる、テニスでサーブする、
 のと似た感じがします。」

店長「だと思います。
 捻じる、もしくは 向きの差 を作る場所 を下げる、
 一気にすべてを 10の全部にしようとせずに
 少なくとも コースに行くと その目盛りは下がり、
 ラウンド中の疲労などにより 更に 銑下がる のを見越し
 捻じるトコロを下げておく と考えると良いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Tさん「スイングを良くしたい と言う方は
 多いと思うのですが、どういう風にしたら良いか
 というのは分からないです。」

店長「多いですね。逆に、今現在の自分のゴルフスイングに
 満足というか、自分のスイングは満点だ、と思っている人は
 とても少ないと思います。」
Tさん「ですよね。どんな点に悩まれている方が多いですか。」
店長「順番は微妙ではありますが、やはり^未狼離、
 △和里猟砲漾➂はスコア、➃はスライス予防、

 ってところ ではないでしょうか。」
((((((((_Moment

Tさん「具体的にはどんなトコロ ですか❓」
店長「手打ち、ボディターンと言ったトコロに
 意識が強いのかな と感じます。」
Tさん「手打ちって やはり ダメなんですか❓」
店長「率先的に 手打ちを習う はお薦めしませんが、
 ダメ では無いと思います。
 但し書き は付きますけれど…。」
Tさん「どんなトコロですか❓」
店長「有りがちなパターンですが、
 手でボールをさばく となると
 飛距離を優先させると 方向や曲がりが上手く行かず、
 方向や曲がりを優先させると 距離が出ない、
 ゴルフクラブの構造上、  フェースターンが強くなると
 それは致し方の無いトコロだと思います。
 それが問題だとは思いません。

 むしろ 問題なのは 続に言う「手打ち」
 フェースターンの打撃 は ラウンド中、
 準備であるための、打撃の助走路、テークアウェイ、
 トップの位置が浅くなり易く、それがミスや距離不足、
 右向き不足が慢性化し易い部分 があります。

 例外が無い とは言えないですけれど、
 疲れてきたり、意識が他のことに行っていたりすると
 大きな筋肉で動かす必要のある 脚やお尻 は動かし難くなります。
 ゴルフで言えば、クラブを、ヘッドを動かして、
 フェースがボールに当たりさえすれば
 スイングとは言えなくとも ボールは打つコトが出来るので
 クラブに近いトコロ、近いトコロ(人間の部位)で
 動かしガチ になります。

 テークアウェイを 手、手首、肘、腕 で動かす『割合』
 が多くなるわけです。
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)

 ゴルフはスイングの品評会ではないので
 スイングの形はどうでも良いと言えば どうでも良いですが、
 真っ直ぐ、遠くへ、など いろいろなコトを両立して
 ボールを打つには クラブを捻じらない方が良いので、
 手で打つ にしても、フェースローテーションは入ってしまう
 にしても クラブのターンを手でする割合は
 出来るだけ抑えておく、少ない割合にしておく方が、
 ラウンド途中で乱れたり、
 加齢による不調や乱調、距離不足、が起こり難く
 また 乱れたりした時の復元の可能にし易くなります。

 例えば ですが、
 クラブのターンを 全部からだで行う を 10
 全部 手で行う を 0 と仮定します。
 練習では10だったとしても
 コースに行けば その割合は ┐砲覆蝓
 疲れてくると Г砲覆襦
 それが ゴルフスイング です。
 プロでも 概ね そんなモノです。
(回転とフットワーク_Moment(3)

 深ければ 良い と言う訳では無いですが、
 ですので 練習で 少しオーバーワークな 12
 にしておけば コースでは 10 になりますし、
 疲れや緊張による低下が入っても 9.8.
 で済みますので いつも通りのタイミング、
 いつも通りの作法、いつも通りのボールの位置やアドレス
 で 対応が出来る  …ようにするか、

 練習で10 コースで─“茲譴襪鉢
 それを把握しておくか そのいずれか だと思います。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「その握り方は 今、ちょっと話題になっている
 アドレスはハンドアップ、ハンドダウン
 どちらが良いか
 につながるのですか❓」

店長「微妙な関係…ですね。
 確か 指・手のひらに直角に握ると
 どうしても 握りが深くなりがち、
 指ではなく、手のひらで握りガチなので
 ハンドダウン気味 になり易い です。
 かと言って 手のひらに平行気味 であっても
 指で握る人も、手のひらで深く握る人も居ますし…。
 ハンドアップ、ハンドダウンは
 握り方 というよりも 
 腕の出し方&手首の角度 の方が
 要素としては強いですから…。」

質問「どちらをお薦めします❓」 
店長「握り の方は 手に、指に平行気味、
 あくまでも気味 ですが
 直角よりも 平行側に角度が付いている一択 です。
 ハンドアップ、ハンドダウン…
 一般的な アマチュアゴルファーの年齢や体力 を
 考えると ハンドダウンはちょっとしんどい、かと。
 かと言って デシャンボーみたいな ハンドアップは
 流石にやり過ぎで、あれはあれで筋力が必要です。
IMG_1064

 そのどちらでもない
 アドレスして、肩からぶらんと垂れている辺り、か
 若干、それよりもボール寄り気味 程度が
 一番、負担が少ないんじゃないでしょうか❓

 前傾姿勢 もですが、あれば 良いのです。
 深い角度は要りません。
 握りの角度も 直角よりも垂れ気味 なコト。
 腕の延長を 中指として 手首に負担をかけず
 構えられるコト。
 手の大きさ、グリップの太さ にもよりますが、
 出来るだけ 指「気味」 フィンガー、もしくは
 セミフィンガーで握って
 『両の手のひらを作る』コトが大切と思います。

田中どら_Moment(3)グリップって 基本、両手で握るコト です。
それは 腕の長さが似たようなモノで
カラダから生えている、そして、そのからだの向きを変えるコト
が打撃だから です。
見ている限り、多くの人は 左手だけで握っている ので
 左手に 手のひらが無い気がします。

 その他…はゆるみや過度の捻じりが無ければ
 フックでも、スクエアでも どちらでも良いと思います。」

質問「なるほど。
 どの道、グリップはスイングの『何か』が変わってこないと
 良い意味の変化は起こり難い
、のですね。」

店長「そう思います。
 楽しみ、と言う意味で
 ナニカを真似してみたり、取り入れてみたり、
 もゴルフの楽しみですので 良いと思うのですが、
 例えば スイングのタイミングを大きく変える とか
 テークアウェイの取り方を変える、
 ましてや 手で振っている のを からだの回転で
 みたいな基礎工事であれば、当然のように
 ボールの置き位置、グリップ、アドレス も
 変わって来ます。
 グリップも変わらない、アドレスも、ボールの置き位置も
 今まで通り って ちょっと 寄り道 というか、
 つまみ食い している程度の スイング改造。。。
 と言ったら ちょっと厳しいですが、そう思います。
IMG_1065

 ですので 年月をかけて、
 まずは 自分のその日の調子やコンディション、
 悪くなって行くのの歯止め、
 そう言うモノとして グリップを観察、注意を払っておく
 理想としているグリップがあれば
 そう握る から始める、のではなく、
 そう握れるような ナニカの動作 を変える、
 今の握り方は 必然 として行われている ので
 その 必然になる源を変えないと 握りは変えられません。
 そう考えて頂けると良いと思います
。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「アドレス、ポスチャア(姿勢)もそうですが、
 グリップは 治すという意気込みも悪いコトではないですが、
 想像以上に "いばらの道" なので
 自分の スイング というか、
 クラブ扱い、クラブさばきのバロメーターとして
 付き合っていく方が良いと思います。」 

質問「スイングを治すコトがグリップを良くする
 というコトになるんですもんね
❓」

店長「グリップに限らず、スイング全般にそうですが、
 アドレスが崩れやすいグリップ、
 緩み易いグリップ は技術的な問題 というよりも
 こう 誰に教わるとは無しの なんとなくの思い込み
 みたいなものがベースになっていたりもします。
(((((_Moment

 実はそれが グリップ、アドレス、
 もしかすると スイングのベースになっていることも
 少なくないと思います。」

質問「具体的にはどういうコト ですか❓」


店長「これからお話しすることは
 雑誌やレッスンなども含め
 ほぼ 全く触れられていない部分…、
 一般ゴルファーにとっては
 考えたことも無いようなテーマだと思うのですが、
 意外に重要で、グリップやアドレスだけでなく
 スイング全般、手首や肘の故障などに
 非常に深くかかわっていると思います。

 もし グリップを治したい、アドレスをよくしたい、
 スイングもよくしたい というのなら
 この部分に着手して頂きたい と思っています。」

✋「握り方 というよりも テーマ、としては
 アドレス姿勢(ポスチャア)の話しに近いですが、
 アドレス姿勢には ディッシュアングル と言って
 腕とクラブ角度差があります。。」
dishangle

質問「腕とクラブが真っ直ぐな関係ではない、
 って奴ですよね。」

店長「そうですね。
 それって 視覚的にもそうですが、
 その格好って いつの間にか 当たり前 として
 刷り込まれている と思うんですね。」

質問「確かに、その角度が無いと
 ゴルフっぽく無いというか、初心者っぽい ですもんね。」

店長「そうですね。
 が、故に 手とグリップ(握る部位)
 指とクラブの関係が 直角
の人が多かったりします。」
質問「僕もそうですね。」
IMG_1064
店長「しかし、先が重いとか、
 ヘッドの重心位置が棒の延長線上に無い、
 などゴルフクラブの構造上
 そういう風にクラブを握ると
 指側で握れず 深く握ることになり易い ですし、
 手で振り易くなります。」
質問「。。。。そうなんですか。。。。。」
BlogPaintBlogPaint






店長「まず 第一に 手とクラブの関係が直角だと
 アドレス姿勢が妙に深くなり易く、
 上半身の上の方、胸や肩 腕などが
 ボールの方にかぶり易くなります。
 そうなり易い 理由は後々 増えてきますし…。
 最近、上半身がボール側にかぶって構える人が
 多くなっているような気がします。
質問「まったく気にしてませんでしたが、
 …言われると…そんな気がしますね。」


質問「手(指)とクラブが直角 な握りで
 スイング、ショットをしてくると 深刻な副作用が
 染みつき易く、グリップ、アドレスにかかわるので
 ものすごく 抜け出し難い症状に陥り易い です。
 手(指)とクラブは直角な関係
 手で振るコトになり易く
 重さ、遠心力などがかかるため
 インパクト時の手の位置が浮き易く なります。

 本来のディッシュアングルの意味合いは
 自然な手首の角度 のコトで
 自然な状態での 腕の延長線上は「中指」なのですが、
 手(指)とグリップの関係を直角にしている人
 腕の延長は 人差し指 になりガチ です。

 手とグリップの関係は直角なのに
 手首の角度は トゥダウンさせるように
 下に落としている という 本末転倒 になる訳です。

 手首を下に落とし気味に構えれば
 当然、インパクトでグリップは浮きますし、
 それによって 前傾姿勢は起きます。

 簡単じゃないですが
 スイング動作をいじる より遥かに
 ショットの正確性やからだへの負担軽減
 には 効果がある と思います。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


皆さんを楽しませる為
 きっと わざとやっている と思います。
いつもいつも ありがとう、 Rさん✋✋✋

折角、やって頂いているので
それを活用させて頂き、悩み多き
 おじさんおばさんゴルファーをほんの少しでも救済しましょう。 

まずは11月の 海岸した(筈)だった… Rさん から
 

そして そのおおよそ 3週間〜4週間後がコチラ。

ほぼ 9月の状態に戻っていますね^^ さすが です。
 ⇒〇ダウンスイング比較 きっと参考になると思います - YouTube

こう、ナントと言えば良いのか
インパクトに向けて
押し込み強盗のように グリップを押し込んでいる感じ
が 非常に印象的です。

どうしても クラブを寝かしたいのか、
寝かしたときの クラブの荷重(重さの増え)が
 余韻として好きなのか、快感なのか、 は
さだかではありませんが、
上の 11月の進撃のRさん と
下の 12月のかぼちゃに戻ったRさん では
切り返し、クラブの寝かし具合、
 インパクトへのグリップの押し込み具合 が
結構、はっきりと異なっています。
大森20211028_Moment

 テークアウェイ、トップの位置を今までよりも
 やや低めにしたコトもあって
 より一層 グリップの上下の移動量、高さ変化が減り、
 手を返さないだけの 横振り 
になっています。
Ⓡさんの特徴的な動き、
ダウンスイング後半〜インパクトにかけて
右腕が伸びきるところで
グリップが急激に内に切れ込みながら下がる…
は 定番のエンターテインメント です😊

是非一度、試してみて頂きたいコトがあるのですが、
IMG_0148_MomentIMG_0148_Moment





トップの位置から、切り返し、ダウンスイング前半 が
「自分目線」打つ人本人の目線で見た時
クラブ、グリップ、シャフトを
水道やガスのバルブを 閉じる方、反時計廻り の方に
「まるで 外から引っ掻いてくるか」の方に
振って欲しいのです。

今の状態では、パチンコ、スロット、で言うと
スロットを開ける、解放する方、(時計回り)
 に右手w もしくは左手を使ってしまっています。

右手で言えば クラブを外から引っ掻くか のように使う、
それに 左手、左グリップ、左サイドが『追いつかれない』
 そういう連携が欲しいトコロ です。

ダウンで 右手を バルブを閉める方向(反時計回り)に
動かそうとすると その影響で左グリップは下がります。
逆に バルブを開ける方向に廻そうとすると
その影響で左グリップは上がる…下がれなくなります。
それが お約束の動きの始まり なのですが、
……お好みでやっている場合……もあり得るかも知れません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ダウンスイングは足で。。。や
左サイドのリードだ。。。
タメを作れ。。。
クラブを寝かすな。。。 など
どれをしたら良いのか、迷ってしまう
そんなスイング用語が使われたりしますが、
ダウンスイング、切り返しで
 ツーモーション
‖、下半身が動く
そして 腕が動く (…肩が廻る、のかも?)

 は出来るだけ避けたいトコロ です。

多くの方が このモーションを刷り込んでしまっている
ように思えます、ので
『先に』左腕(上腕)を下げる、グリップを低くする、
そんな感覚で無いと ツーモーションは抹消出来ないかも知れません。

ですので 切り返しは
左肩を上げる、から始めてみて下さい。
実際にやってみると
左肩はそう簡単に上がりません。
肩の回転、からだの回転を 横 ではなく
縦 にするような感覚でも良いかも知れません。
縦 に回転するような気持で行っても
実際はそうなりません、から。

からだの回転と左腕の下がり
 これをほぼ同時、に行うには
✋意識的には 左腕の下がり の方が先!
おそらく この意識がとても有効と思います。
((JMさんのゴルフスイング 2021.10._Moment

今まで 左足の踏み出し、踏み込みが先。。。
 だったかも知れませんが、
それも 左肩の動きを優先させてください。
 その左足の踏み込みが からだの回転先行 を
 促してしまっています。
足の動き、踏み込み は 左肩の動き に合わせて
 補助的に行う位のつもりで良いと思います。

実際にやってみると
 インパクトのタイミング
 インパクトまでの間合い が随分早く
なり
タイミングやリズムが取り辛いかも知れません。
そこは慣れて頂くしかありません。
((JMさんのゴルフスイング 2021.10._Moment(2)

折角作った シャットを有効に利用するには
早いインパクト時期はとても良いと思います。

👆👆 この映像でも もっと回ってしまっていれば
この位置がインパクトになっている筈 です。
ココから先に インパクト(モーション)がある が
 いろいろな複雑な問題を生み出します。

トライしてみて下さい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


先ずはコチラをご覧ください。

スイングの全体像としては
 概ね良い動き…に思いますが、
 ウッド〜アイアンのスイングの違い
 を見る限り、何かに悩まれて 改造中というか、
 ナニカのトライをされているように見えます。

その概要については 伺っていないのですが
 動き自体は ウッド〜アイアン共に共通ですが、
 ウッドは よりからだを止めてしまう形の
 パンチショットのような形になってしまっています。
((JMさんのゴルフスイング 2021.10._Moment(3)

フックや引っかけ、またはスライスが出ない為の予防なのか
 それとも 何か別な目的があるのか は 読めませんが、
 雰囲気…からすると もっと からだの回転で振ろう、
 手で打たないようにしよう
、の流れの中のような気がします。

 手で振らないようにしよう、の意識が 
 逆により手で打たなくてはいけない状況を作ってしまっている
 感じです。 どちらが先で、どちらが後か、は分かりませんが、
 このインパクトの造り方だと どうしても
 振るのと、からだが起きる(伸びる)のが対になってしまいますから
 フェアウェイウッドなどのミスは増えてしまう…かも知れません。


✋それでは、4スイング目 時間で言うと 0.18秒以降の
 青い画像のスイングをご覧ください。

 ダウンスイングの途中に「瞬き」を入れましたが
 ここで からだの回転と腕の振り に動作が入れ替わっています。

 折角、シャット目にテークアウェイを取ったのに
 ダウンスイング前半で移動してきたグリップの移動経路が
 ダウンスイング後半で フラット目に変わる必要が生まれ
 (フェースターンが必要になってしまうため)
 シャットに上げていた効果が無くなってしまっています。
((JMさんのゴルフスイング 2021.10._Moment

 ダウンスイング前半に
 からだの回転に伴う、左グリップの下がり が無い為
 グリップの移動量が足りず、結果、
 本来は からだの回転で出来ていた クラブターンを
 利用出来ないが為の フェースターン という
 なんと言えば良いのか、手で振らないようにする意識が生む、
 結果、手で振らなくてはならない
 ゴルファーの典型的なジレンマ 
のように思えます。

おそらく…ですが、ゴルフ歴もほどほど長いと思いますし、
スイング動作としては、ある程度 完成? 固まったモノ に
なっているので 「ハイ これで魔法のように」と言う処方
はありませんが、幾つかヒントになる処方箋を
  少し書いていきたいと思います
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


二度と見れないRさんのスイング…
かも知れません。
冗談です。冗談です。


コレもスイングの変更にアリがちなパターン ですが、
フェースターンが強い人、ハンドリリースが強い人 は
それをするため 左サイドが止めている、止まっているコト に
 気付いていません。
(22171_Moment

よく考えれば フェースターン、ハンドターン、
ハンドリリースをするのには 左サイドが止まり、
左グリップが止まっていないと 出来ない と分かるのですが、
習慣とは恐ろしいモノです。

 インパクト直前〜インパクト〜インパクト以降
【対決】ヘッドの返し派 VS からだの返し派_Momentフォローまで 左グリップの高さを留めよう とする習慣が
筋肉の、動作の記憶として残っています。 
  左グリップが低いまま というコトです。

ハンドリリース、フェースターンの強い人のフォローは
クラブを地面と平行に振り抜くような形 になりガチ です。


そこで 怖いとは思いますが、
 左グリップは 下がった経路通り、
 インパクト以降、いや インパクト以前位の気持ちで良いですが
 (特に左上腕)思いっきり 上げて下さい
 まあ 下がった経路通り、その流れ ですけれど…。

それが 左サイドの止まり防止、
 向きの変更の継続につながります。
 安定して 正しい意味合いでボールをつかまえ
 カラダを傷めず『ボールを飛ばす』
 最後まで からだを廻す になって来ます。
 怖いでしょうけれど🤗

さらに… 大きく振りたい、
 フォローを長く取りたい、
そういう気持ちは痛い程判りますが、
 それを実行するには
それとは全く反対の「あくまでも気持ち」ですが
 左グリップは カラダから離さず
 出来るだけからだの近くで『高くしてください』
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment

そうすると 短くなっていたクラブが、
鎌首をもたげて 溜まっていたクラブが
インパクト、インパクト以降で 一気に長くなります。
そこで 遠心力が大きく働く のです。
それによって グリップの上げ意識 に反して
ヘッドは 飛球線方向にボールを追うように
 低く、長く 取れるようになり
飛球線方向に 長い、大きなフォローになります。


それを体験すると 遠心力を使う箇所 が大きく異なる、
全然 早かった コト に気付きます

そういう意味では 慣れ というか、
それらの意識を持って ボールを打つ回数 は必要です。

上手く当たらなくて、合わせに行く というのも
カラダを止め、手先での調整に移行しますから
元に戻って行くのと同じです。

 カラダの向きを変えるコトは重要ですが、
それは どう腕を振るか、どうクラブを使うか、
ヘッドの遅れを縦に使うか、横に使うか によって
カラダの向きの役割は変わってきてしまいます。
(こする つかまえる_Moment(3)

頭を切り替えて、からだの回転で打つ のは
 腕の使い方次第、振り方次第
 と考えた方が良いかも知れません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


最終的には スイング中のヘッドの遅れ は

 動作中に変化する弧の大小を割愛すれば

 軌道に沿ったモノ、

 ヘッドの経路に対し ヘッドの遅れ分、ロフトが立つ形に至るのですが、

  しかし・・・・・・言葉通りに実践すると

 ヘッドの遅れは フェース・ロフトの開きになり

 ロフトを立てるには 事後のフェースターンが必要になります。

 望ましい形の「ヘッドの遅れ=ロフトの立ち」を実践するには

 クラブの構造やその運動によって発生する

 不可抗力を考慮しなければなりません。

20200621 編集済み_Moment(2)20200621 編集済み_Moment(3)20200621 編集済み_Moment(5)








【提案その❶】ソコで✋✋✋
 ヘッドを縦に遅らせてみましょう と提案しました。

トップの位置で 肘が曲がり、
ヘッドは自分に近づいている、クラブが短く、
運動の速度 と除外すると、スイングの中では
一番クラブが軽くなる状態 です。

しかも、クラブの重さがグリップに掛かる状態になっており
 それであれば クラブの、ヘッドの重さで
 左グリップが下げやすい状況になっています。

【提案その❷】
 ヘッドの遅れを縦に造る と言う上で重要なのは
 移動の主エンジンはからだの向きの変更、ですが、
 その先頭に位置する 左グリップ(厳密には左上腕)が
 回転とリンクして、下がる、ツッカエない
 横移動を縦移動に変換しないと 先頭が渋滞します。

 ですので からだの回転には傾きが入っていますが
 基本、横移動、横運動なのですが、
 左肩は縦に 上に動かすつもりで
    回り始めてみましょう
です。

 その作用で 左上腕は動き出し易くなりますし、
 動作の先頭がツッカエなければ クラブは寝ません(倒れません)
(進撃のRさん)_Moment(2)大森201904_Moment(2)

クラブが倒れなければ、グリップは下がり易く、
ボールの方に出にくくなりますし、
グリップが下がれば 鎌首をもたげているヘッドの形状から
クラブの長さが すぐに長くなり難く…よく言われる立って降りてくる
短距離で インパクトに辿り着けるようになります。
  …それを タメが出来る と言いmasu🤗

 

 

 

ゴルフスイングにとっての

 一番大きな動作ははからだの向きを変えるコトです。

その からだの廻り は

 自分の体に対しては 横、左右方向への移動ですが、

 それに前傾姿勢と言う からだの前方への傾きが付いています。

動作として上げ下げしているかは別として、

 クラブが高くなったり、低くなったりします。

見た目 と言う点においては

 ヘッドとグリップの上下関係は 

 まるで 縦に回転しているかのように何度か入れ替わります。

スナップショット 1 (2015-07-24 1-20)

見た目だけで考えると

 縦と横の動きを別々に…そして、同時に行うように思えますが、

 動かさなければいけない ゴルフクラブは

とても長く

先に全体の重さの6割以上が集中し

先端部も打点は 棒(シャフト)の軸からズレた形で

そこには 上下左右の方向や回転などを司る角度が

 立体的に効いています。

👉重さだけでなく、構造も

 上下にも、左右にも、前後にも

 どこにも対称性が無い形状です。

 

スイング中の スイングの円弧の大小の移り変わりは別として

 アドレスを基準とした その円弧に沿って

 スイングする…俗に言うオンプレーンスイングするには

 ややこしいですが、その望み通り(見た目)の円弧に沿って

 振れば(クラブ、ヘッドを動かせば)可能なのか

それとも それとは別の、イメージとは全く違うように使うと

 「結果として」 オンプレーンになるのか。。。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



一般的に グリップ、握り方の種類…と言えば
インターロッキング
 オーバーラッピング
 ベースボール
(10フィンガー)
 インターメッシュ などの
 「左手と右手の絡み方」
スクエア、フック、ウイーク などの
 「手のひら、甲の向き」
 分類されると思うのですが、

フィンガー 指側
 セミフィンガー 中間
 パーム 手のひら側

左手が中心 になりますが、
この『どの位置で握るのか』
 かなり密接にアドレス姿勢と関係してきます。

通常、からだの向きの変更 とは別に
 腕やクラブを振るスイングである場合、
 クラブがすっ飛ばないように強く握り ますので
 左手の パーム と フックグリップ が主流になり、
その左手の握り。。。だと 右手の入るトコロが確保出来ず
 どうしても 両手、左右の手が離れ気味になります。
👉グリップを握るのに 長い区間が必要になります。
failgrip
左手、右手のグリップが上下に離れるほど
当り前、ではありますが、アドレスでは
右肩が下がるか、前に出ることになり、
アドレスでからだが 立体的にねじれた状況になり易く、
加えて クラブがすっ飛ばないように強く「左手」を
握るためのモノなので、疲労、握力の低下 などによって
ラウンド中に左手の握り方、握り具合の変化が激しく、
それに伴い アドレス姿勢も変わります。
IMG_0706_MomentIMG_0706_Moment(3)






両手が「離れ気味」なグリップを改善する場合、
グリップ、握りの形 を変えても
クラブの扱い、からだの向きに対するクラブの振り
が変わらない限り、数球と持たず 握りが元に戻るか、
強く クラブがホールド出来ない 為、
緩く振るか のどちらかになってしまい、
改善 としては 体に刷り込まれません。

ですので クラブを振らない、からだの向きでクラブを動かす
と 形としてのグリップの変更を同時進行で「変えていく」
ようにしないと、いきなりグリップが変わるコト、
 それが直ぐに馴染むことはありません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 なんという年なんでしょうね…
 マスターズ女子アマで 🏆日本人優勝
 マスターズで 🏆日本人優勝
 全米女子オープンで 🏆日本人同士のプレーオフ
 日本 ⛳ゴルフ元年と言えば良いのか
 まだ半分ですが、すごい一年ですねー👏👏




お二人のLPGAプロのスイングを見て下さい。
 

先に出てくるのは カナダのブルック・ヘンダーソン(23歳)
 ツアー10勝、メジャー1勝
後に出てくるのは オランダのアン・ヴァン・ダム(25際)
 ツアー参戦2年目ですが、飛距離ランクは1位(290YD)です。

メジャーチャンピオンのブルックの方が
 フェースローテーション強め
 ヘッド、クラブをフリーにするリリースのタイミングが
 かなり早め、 手打ち派、ねじり派 と言えます。

良い悪いではなく アマチュアの参考に出来る部分として
 ダウンスイングの左肩 の動き方がかなり異なる二人です。
ブルックの方が詰まった感じの左肩になります。
女子の場合なのか、最近の流行りなのか、は別として
 腰を先に回して、意図的か、自然な遅れなのか、
 後から肩を回す形になりますが、
 アンは肩を回して グリップを動かしますが、
 ブルックは腕の入れ替えで肩を動かす派 ですので
 先頭にある 左肩が詰まり気味 になります。

この 動き の部分は 結果論 でしかなく、
インパクトさばき、ボールさばきを
✋からだの向きで行うか
✋クラブの返し
(左右の腕の入れ替え)で行うか
の違いがパフォーマンスに表れている、だけで
ソコを見誤ると スイング造りに苦労します。

 おそらく…テークアウェイの取り方も
 その インパクトさばき、ボールさばきの違い
 
左右の腕を入れ替えるため のその準備、
 ソレを『作るため』『するため』のモノ ですので…、
 インパクトさばきを変えずに テークアウェイをいじるのは
 形、見た目の真似 に過ぎず、
 馴染まないのではないかと思います。


その結果、世の中で言われたりしている
地面反力(足の上への蹴り)が現れたり…する訳ですが、
それは 動きではなく、反射に近い処理 です。
クラブを振る空間を確保する、もしくは
遠心力に対抗するための反応 に近いでしょう。
それを 技術として取り入れるのは あまり意味がないような…。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 


⇩ 2週間前は・・・(こちら) ⇩


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



http://hbs.livedoor.blog/archives/1990234.html

 

早速 回答させて頂きます。
スケジュールをお作り頂き、ご来店をお薦めいたします
(ご連絡下さい)

一度 テークバックやトップなどの
型のことは気にせず スイングしてみましょう。

テークバックやトップ
ひいてはアドレスやグリップなどは
自分が ダウンスイング後半〜インパクト〜フォロー
「ここでボールをどうさばくか」
「ゴルフクラブというモノを使ってボールをどう打つか」

というコトを する為のモノ です。

そこが違うモノにならない限り
その型も刷り込まれない、馴染みにくいでしょう。

上手くできなくても 
 あああ! こうさばくんだ
 こう打ちたいんだ
 こうクラブを使いたいんだ

ボールさばきを違うモノにしなければいけません。

自分にとっての トップの形、位置、姿勢、
テークバックの取り方、アドレスやグリップも
何かを非常に真似て 絶対こうでなくてはダメだ
で作られた と言うよりも、打っている内に
いつの間にか形成、馴染まれていったものだと思います。
(元々のオリジナルのスイングの話です)
その前に やはり ボールを打つところは こうだ!!
というのがあったと思うのです。
そこを変えてあげましょう。

直に会ってお話しても簡単ではないのに
遠方のお客様の為に ブログなど「言葉」で記事を書いていますので
どうしても 型の部分に目が、話が、言葉がいきがち ですが、
ボールのとらえ方 さえ掴めれば
型なんて どうでも良いと思います。
ただ クラブの構造や人間の構造や機能はだいたい同じなので
最終的には似てきてしまうだけに過ぎない と思います。
型は 自分のスイングの変化度や成熟度の確かめ算に過ぎないと思います。

今のスイングの問題点は
✋からだの回転を意識していることと
✋腕で振る フェースローテーションをする
二つの相反することが混在しているコトだと思います。

✊スイングの弧を大きくなり
✊ヘッドを振った実感、速く振れた実感も伴います
また それを素早くしないことがスライスになります。
それが上手くできたコト ⇒ スライスからの脱却 ⇒ 上達
が常識的な発想ですので そう言うボールさばきを覚えられるでしょう。

片手スイングドリル 右手編_Moment片手スイングドリル 右手編_Moment(2)片手スイングドリル 右手編_Moment(6)








腕でクラブを振る、右腕のかいなチカラでクラブを振るスイングは
どこかの時点で 必ず 腕クラブリリースします
その結果、必ず 腕とクラブは一直線
双方で一番長い状態、ヘッドが一番からだから遠くなった状態が作られます。

今までは体を先に開き クラブが長くなるスペースを十分に確保していた
のですが、今はからだの回転やシフトを重視していますので
左サイドに 長いクラブを通すスペースがなく
インパクト付近で
向きとしては からだの正面〜ボール を意識しながらも
スペースとしては 左サイドの急激な上方向への伸び)や
スイング軌道の跳ね上げなどが以前よりも急激になる結果、もたらされています。

今は型を作り時期 ではなく
核心の部分を掴む時期 だと思います。


お待ちしております🙋


 

○現在、練習の際に意識しているスイング作りのポイントは、

以下のとおりです。まるでブログにあることを書き写したようなのですが、

自分で大事だと感じているポイントです。

 

  1. 左サイドにグリップを保ったままテークアウェイ。

▲董璽アウェイの最後に右肘クランチでグリップを胸に引きつける。

それに応じて自然にグリップは右側に移る(クラブが立つ(下方への重力を軽減)、

グリップを胸に近づける(立体刷毛塗りで生じる遠心力を軽減)意味が体感される)。

右肘は肘鉄をイメージすると良く引ける。

またボールは凝視せず、視線は頭の動きに合わせて一度後方を見るくらいが良い。

  1. クラブの重さの行きたい方を感じながらグリップを下に下ろし、

  2. 骨盤は右向きのままという意識で、クラブを立てたまま右胸前から左脇腹方向に動かす(立体刷毛塗り)。

    同時に、緩やかに左にシフトする。

  3. シフトにより空いた空間で、フェースがボールを見るような形になるよう右腕を伸ばす

    (右向きが残る右サイドが高い状態のまま伸ばすにはシフトが必要。そしてこのあとの回転によりヘッドの入射角度をつけるには必要な操作)。

    左手は甲側が地面を向き、右手は甲側に折れる形となる。

  4. イ了点でシャフトは地面と平行くらいになっており、このあと手さばきは一切しない。

  シャンク方向にシフトを続け(右腕を伸ばしておかないと続けられない)、

左膝に体重が乗ったら自然にクルッと回る。(脚でフェースを引きずる)

Д轡礇侫箸枠球線と直角よりも鋭角にならない(=グリップよりヘッドが遅れる)意識で抜いていく。(ヘッドをボール位置に置いてくる)

 

このような感覚で練習しています。

11月の動画では刷毛塗りやシフトを十分意識しているつもりなのですが、

4月の動画と全然変わっていないように見えるので悲しいです。

 

○自分で動画をみて思うこと

・特にダウンスイングで、両手でグリップを挟んでいる程度の力感が無い動作して

もきちんと当たれば飛ぶが、力感(充実感)を求めた方がより飛ぶので、

つい力んでしまう。その結果右肘が左肘より下がり気味になり、すくい打ち気味になっている。

・ダウンで右足踵がめくれている。

・フォローが高くとれていない(理由不明)。

 

○コース等の現象面で困っていること

・バンカーショットにトップが多い。(すくい打ちになっているのでしょうか)

・25yを超えるパターがきちんと当たらず必要な距離を打てない。

・絶好調から突然乱れ(チョロ、大ダフリ)ることが多くなった。

(はじめの頃より、特に最近の方が多い)

・練習場でも噛んでいることが多い。

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ