◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:スイングウエイト


ゴルフクラブの性格?や特徴を表すのに
よく使われる言葉の一つに『スイングウエイト』というのが
あります。 D-1 や C-8 といったものです。
5907-0011
このような計測器で計ります。

基本的な原理はグリップエンドから14インチ(35.5センチ)
の場所を支点にして、クラブを水平に保つためにグリップエンド
側にどのくらいの重量が必要なのか 天秤で計るもので、
クラブに対するヘッドの重量はどの位なのかを計るもの
と考えるとよいかと思います。
スイングバランス と呼ばれることもあります。
002

インチ・オンス換算なのでぴったりの数値ではありませんが
長さが同じであれば ひと目盛約2gと考えてよく
 C-0 のモノに比べ D-0 のモノは
「ヘッド重量が約20g重い」と考えてよいだろう。
003

ただ、昨今 軽量グリップが多くなり、それによっても
数値は異なってくる。
これも大まかな数値ではあるが、グリップが4g軽くなると
数値は1ポイント変わってくる。
従来、一般値と言われる50g前後のグリップを
軽量の35gのグリップに代えると、スイングウエイトは
数値上、4ポイント上がることになる。
004

長さの場合は、1インチ(2.54センチ)6ポイント
ヘッド重量で言うと12〜15g分で
長さを変えて、同じスイングウエイトにする場合
長くする場合、ヘッド重量を減らし、
短くする場合は、ヘッド重量を増やす必要がある。

005


**このスイングウエイトは、
クラブを水平時に保った静止状態のバランス であって
使う人が動的に感じる「バランス」とは大きく異なる。

ヘッドの効き具合、ヘッドを感じ取れる度合いは
シャフトの硬さとの兼ね合い によるもので
同じ数値で有ったとしても、シャフトの硬いものほど
ヘッドは感じ取りにくいものである。
スウイングウエイトを数値を「幾つ」と決めてかかって
シャフトの硬さの変化を無視してしまうと
良いことは無い。
同じシャフトのR、S、X では
同じヘッド重量であっても、硬くなるほどに
ヘッドを感じ取り難くなっていくものです。
ボールを打撃しなければならない箇所、ヘッド。
そして、それには上下左右の角度が付いている訳で
その部分を感じ取ろうとするのは、打撃の本能だと思う。
ヘッドそのものが軽いのはもっての外、ではあるが、
それと同時に、動的な状態で
ヘッドが把握し難い、硬さで有る場合、
その数値にこだわらず、簡単にヘッドが感じ取れる重さまで
増量することをお薦めします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


           【小ネタ】
最近では あまり使われていない?
 のかも知れませんが、
チョットした…おそらく現場での、応急処置的な対応
 と考えて良いと思います。
(ラウンド中は基本、ダメですけどね)

ラウンドする前の練習で(おおよそ ドライバーだと思いますが)
「どうも疲れ気味で いつもよりヘッドが重く感じる…」
「いつもより つかまりが悪い…」
「少し スライスが多い…」

と感じる時が、あるかも知れません。
59010005_1
良いスイングをしたい、
スイングを良くしたい、というのはとても大切な向上心ですが、
コースへ出て、もしくは コース前の練習で
いつも通りのスイングをする為の ナニカ や
現在、課題としているコトを 再点検 は良いとは思いますが、
そこで 突然、いつもとは違うことにトライするのは
チョット無謀…無理?かも知れません。

そこで… 役立つのが カウンターバランス だったりします。

ヘッド側の場合、
 スイングウエイト(数値はどうでもいいと思いますが)で言うと
 2〜3gで1ポイント 数値は増え、ヘッドが効いた状態になります。
その反対の 
グリップ側の場合、
 理想的には グリップエンドが
 少ない量で効果的ですが、留め置く方法が希薄なので
 グリップの終わり(ヘッド側)のシャフト部に
 鉛(重り)を巻くような処置になると思います。
 スイングウエイトで言うと ヘッド側の倍、
 5〜6g 貼ると 数値上、1ポイント減ります。
ゴルフスイング 同一ゴルファー 時間の変遷シリーズ_Moment

スイングタイプにもよりますが、
フェースターンを容認しているつもりはありませんが、
そこ(コース)でスイングを治そう、変える は無謀ですので
その日のコンディションに応じた、処置というコトで
特に フェースターン…ヘッドを返して打つ、
 ヘッドがグリップを追い越して打つコトが意識に有る 方にとって
👉手元(グリップ側)に重さを加えた場合、
 インパクトポイントが 右にズレやすく
 フェースターンが行い易くなり、「スライス抑制効果」になります。
 タイプ…によっては ひっかけ防止にもなったり、します。

また 体調がすぐれず、からだが重い場合など
 ちょっと クラブが、ヘッドが、重いなぁ と感じる場合、
 その名の通り カウンターバランスは 結構、効果があります。



✋ お試しくださいませ 🤗

swingweight
ですので 5gの両面テープ付鉛は
 いろいろ 重宝したりしますので、バッグに忍ばせておくのも
 良いかも。。。 知れません。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ