◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:スイングの軌道


店長「多くの人、だと思うんですけれど 
 インサイドアウトとか、アウトサイドインとかを
FinfaZ7UAAAnu8v
 こういう風に思っているんじゃないか と思うんです。」

質問「私も含め そうだと思います。」

店長「コレって  …説明がし難いんですけど
 円の支点、円の軸になる部分の ズレ・ブレ で
 円ソノモノの概容、円の大きさは 同じ って
 発想じゃないですか❓」

質問「ですです。」

店長「こういうケースもない訳じゃないですけど
 実際には スイングの大きさ変化 が元ネタ で
 いつ 円弧が大きくなる、クラブが長くなっちゃう、
 その いつの方が問題だったりします。

 _色い線の インサイドイン
 ∪屬だの  アウトサイドイン
 ➂紫の線の  インサイドアウト


 人間の動き として この3本は同じ可能性が高く、
 クラブを長くしてしまった遠心力などの重さ変化、
 不可抗力によって 変わってしまう部分は否めないんですが、
 この3線の グリップの移動ラインは同じ可能性があります。

 ,呂海琉榮庵罅.ラブの長さが変わらない
  クラブの長さ、腕の長さ、
  ヘッドの到達できる外周位置が固定されたケース
 △倭瓩に クラブが長くなってしまい
  想定以上の重さ、遠心力が働いたので
  内に引き込まないと打てない のケース
 ➂は多くの人の理想なんでしょうけれど
  適切なタイミングで クラブが長くなったケース


 コレ いつも思うんですけど、
 例えば 振り子のパッティングとか、アプローチとか、
 スイングって 機械がする訳じゃなく、
 非常に不安定な動きをしちゃう 人間がするんです。
 軸になる部分って 固定できない人間がするんです。

 円が大きくなったら 重くなる、
 より 円が膨らもうとする、
 でも 打たなくてはいけない、当てなくてはイケナイ
 ボールは その円より 中側の円の中にあったら
 軸を固定するよりも 当てるコト、打つコトを優先する
 のが 人間の判断、反応です。
FinfaZ7UAAAnu8v
 円の大きさが変わっても それに反応しない、
 機械がスイングしている そういう発想 で
 スイングを考えているフシが多分にあると思うんですね。

 ですので △離▲Ε肇汽ぅ疋ぅ鵑両豺隋
 早くにクラブが長くなり、円が大きくなっちゃう、
 遠心力が働き、より円が膨らもうとするけど
 このままじゃ ボールの遠い側を空振りしちゃうから
 引き込むようにボールに当てるので
 傍目、アウトサイドイン になる訳ですが、
 ボールを当てるために 軸を右(右打ち)にずらしています。
 ですので 体重は右に残る。

 ➂のインサイドアウト であれば
 適切なタイミングで クラブが長くなり、
 それは放っておいても困らない、
 打つ、打った後、遠心力が多くかかるので
 体重は左に移る。

 この 三つの線では 結果論ですけれど
 意図している、していないにかかわらず
 体重移動具合が同じにはならないんです。

 そういう スイングは人間がする、
 何かを固定するコトの出来ない人間がする、
 って言う発想抜きで スイングを考えても
 スイングって 人間には刷り込み難い んじゃないですか❓」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだの回転で グリップを移動させ
 クラブを、ヘッドを引きずってくるように 振る。
 あたかも ボールの内側、自分側を空振りというか
 すり抜けるように振るコトになるんですが、
 からだを廻すと クラブや腕には遠心力がかかります。
445
 この表現で伝わるか微妙ですが、
 その遠心力を グリップからヘッドの方向 に掛けたのでは
 スイングの主導権は 遠心力に取られてしまいます。

 クラブの構造を考えると
 ヘッドやクラブの重さ、シャフトのしなりなどを利用して
 重さを ヘッドからグリップ方向に使ってあげると
 グリップに遠心力が掛かりますので 腕は伸ばされる、
 腕の生えている肩からグリップは離れようとします。

 それを利用して ボールに届かせてあげればよい、
 自分で無理に伸ばそうとする必要は無く、
 拒否しなければ 積極的に伸ばそうとしなくても
 グリップは肩から離れ、ダウンスイング時
 回転自体も伴って グリップの位置は低くなって行きます。

 前傾姿勢を取っていますので
 その懐の中で腕を伸ばせれば、腕の重さは負担になり難いですし、
 逆にその重さによって 前傾も維持し易い、
 結構、良いコト尽くめ なんですよ。」

質問「なるほど。」

店長「本題とは離れるんですけど、
 手で振ってしまう人は そもそも テークアウェイで
 まるきし 右を向いていない、
 厳しいですけど 右を向いた振り をしているだけ です。
((((((((_Moment
 ですので からだの回転が「発動」してませんので
 円ソノモノの意味も、前傾姿勢の意味も失ってる。
 始めっから 意味のない 真似事の前傾姿勢なんですから
 伸び上がる=失ってるのではなく 始めっから中身がない前傾
 なだけなんですね…。」

質問「厳しい〜。」

店長「それと アウトサイドイン とか インサイドアウトとか
 スイング軌道論 は 実際には
 どこが、どの地点が スイングの一番膨らんだ部分になるか という
 ダフリやトップ、のスイングの最下点 と共通する課題 で………」

質問「あああ 言われてみればそうですね。」

店長「ダフり の例が一番分かり易い と思うんですが、
 例えば ダフリって ボールの手前をダフるコトはあっても
 ボールの先、飛球線側をダフる って聞かない、じゃないですか❓」
 (それって ターフを取る って言うのかな❓)

質問「そりゃ そうですよね。」

店長「ソレって ボールに対し、地面に対し
 ヘッドが届き過ぎている、長くなり過ぎている ではなく
 クラブ、グリップの横方向に動きが足りない、
 進行が滞っているコトが
 主たる原因なんです。」

質問「ダふっていることの解決は 遠近ではなく
 左右(前進不足)であると❓」


店長「即解決って訳になるかどうかは別として
 ヘッドの遠近とか、スイング軌道で言うと もっとインとか
 ヘッド軌道、クラブ使いの方に神経が強く行ってしまう は
 ヘッドをどう動かすか につながり
 それの カードの裏は グリップを止める なんです。
 それは 傷口を広げるか、問題が転移する になり易い…。
〇アウトサイドインの正体-1 - frame at 0m30s
 アウトサイドインは 早くにクラブが長くなってしまう、
 軌道が膨らんでしまうコト が多いんですけれど
 それを 膨らまないようにする ではなく
 膨らむ場所を もっと前にする の方が
 傷口を広げるになり難いんです。

〇ヘッドでは無く グリップの移動がゴルフスイング、
〇からだの廻しは グリップを移動させる為

 という 一番の鍵になる原則から離れてはイケナイ のです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


JMさん「どういうことです?」

店長「言葉にすると ややこしいですけど
 遠心力は 軸点のある円運動があると発生する不可抗力で
 軸点から 外にはらもう、逃げようとするチカラです。
 その力は 移動が伴ってはいますけど
 円を造るチカラ ではなく、
 その掛かるチカラの方向から 
 反対の円運動を阻害するチカラ であり、
 その力の掛かり方は移動はしてますが、直線です。
flat-spot-hand-path2 (1)

 スイング、ショットにおいて
 遠心力を使わない とは言いませんけれど、
 遠心力は 円を造る、助ける力では無く
 軸点、スイングで言うと軸になり得る背骨とか、
 クラブを持っている腕であれば その付け根の肩部ですが、
 そこから外にはらもう、離れよう、とする直線的なチカラです。
 ですので 利用するとすれば、
 曲がって短くなった腕が 腕の付け根(肩)から離される
 伸びる、元の長さに戻る という直線的なチカラです。

 その力は 場合によっては 円を阻害します
 いつ発生させるか によりけり、です。

 しかし、多くの方のスイングを見ていると
 遠心力と円が 奇妙な関係、
 円が出来るから遠心力が発生し、それは円そのモノには
 あまり嬉しくないものなのに
 ほとんど イコールで考えているフシ が見受けられます。

 遠心力は外にはらもうとする 直線的なチカラ です。
 多くの方がイメージされている
2022-06-17_13-39-40_Moment

 このタイミングで 疑似クラブ、重いボールを放つ
 となると どうしても求心力、
 遠心力で外にはらもう、外に出て行こう とする力の
 反対の 求心力で調整が必要になります。
 それが からだの回転の止まり であったり、
 正しくないですが 左の壁 であったり、
 インパクト時の 左サイド、左腕や肘の絞り
 であるように見られます。

 インパクトは スイング動作の中では
 ボールに一番近づいている瞬間に該当する筈ですが、
 遠心力で実際に膨らむ分も含め、
 前傾姿勢の起き、からだの伸び上がり、からだの開き などで
 空間を作らなくてはならなくなります。

 正しくは 円運動が起こると
 その外にはらもうとするチカラで
 腕が伸ばされ(下げられ) 円は大きくなるので
 広義では 円の助力にはなっているので ややこしいですが、
 円ソノモノのエネルギーではないので
 ソコを間違っていると
 スイングの主導権を 遠心力に取られてしまいます。」

JMさん「。。。。。。」

店長「スイングの『動作』部分の 多くの悩みが 遠心力に関する、
 作られた遠心力を 相殺する為の求心力 に関連しています。
 
(からだの回転と腕・クラブ_Moment(3)

 繰り返しますが、
 遠心力は 基点や軸点から 外に膨らもう とする直進のチカラで、
 そして それは 円運動を行った際、速度と重さにかかる
 ある種の副産物、
 その副産物は 元の運動の円には かなりの邪魔モノ になり得る
 ので それを造る箇所(時期)と
 その力は直線的に 外に向かって働く コトを
 良く考慮しなければいけません


2022-06-27_12-09-57_Moment(3)ですので ゴルフクラブにかかる遠心力 を
ボールの打ち出す方向 に掛けようとすると
どうしても 振り遅れ、打ち遅れ、
からだが左を向きかかってから
手で振るしか方法がありません。


 ゴルフクラブには遠心力はかかりますし、
 それを ある程度利用することは可能ですが、
 その遠心力で ゴルフクラブを放り投げる、
 しかも 『ボール』を打ち出したい方向に投げる、は
 
別の遊び
 で ゴルフクラブでボールを打つ のとは
 異なる動きになるのは 致し方ありません。

 手打ちで悩んでおられるゴルファーの殆どが
 実は 存在意識にあるコトを忠実に行っている、が故に
 手打ちに行き着いてしまっている、
 思った通りを上手に表現しているが故に 悩み と言えるのです。

 個別の方の 細かい悩みを別とすると
 ゴルファーの多くの悩みは
 ココが起因しているような気がしてなりません。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ