最終的には スイング中のヘッドの遅れ は

 動作中に変化する弧の大小を割愛すれば

 軌道に沿ったモノ、

 ヘッドの経路に対し ヘッドの遅れ分、ロフトが立つ形に至るのですが、

  しかし・・・・・・言葉通りに実践すると

 ヘッドの遅れは フェース・ロフトの開きになり

 ロフトを立てるには 事後のフェースターンが必要になります。

 望ましい形の「ヘッドの遅れ=ロフトの立ち」を実践するには

 クラブの構造やその運動によって発生する

 不可抗力を考慮しなければなりません。

20200621 編集済み_Moment(2)20200621 編集済み_Moment(3)20200621 編集済み_Moment(5)








【提案その❶】ソコで✋✋✋
 ヘッドを縦に遅らせてみましょう と提案しました。

トップの位置で 肘が曲がり、
ヘッドは自分に近づいている、クラブが短く、
運動の速度 と除外すると、スイングの中では
一番クラブが軽くなる状態 です。

しかも、クラブの重さがグリップに掛かる状態になっており
 それであれば クラブの、ヘッドの重さで
 左グリップが下げやすい状況になっています。

【提案その❷】
 ヘッドの遅れを縦に造る と言う上で重要なのは
 移動の主エンジンはからだの向きの変更、ですが、
 その先頭に位置する 左グリップ(厳密には左上腕)が
 回転とリンクして、下がる、ツッカエない
 横移動を縦移動に変換しないと 先頭が渋滞します。

 ですので からだの回転には傾きが入っていますが
 基本、横移動、横運動なのですが、
 左肩は縦に 上に動かすつもりで
    回り始めてみましょう
です。

 その作用で 左上腕は動き出し易くなりますし、
 動作の先頭がツッカエなければ クラブは寝ません(倒れません)
(進撃のRさん)_Moment(2)大森201904_Moment(2)

クラブが倒れなければ、グリップは下がり易く、
ボールの方に出にくくなりますし、
グリップが下がれば 鎌首をもたげているヘッドの形状から
クラブの長さが すぐに長くなり難く…よく言われる立って降りてくる
短距離で インパクトに辿り着けるようになります。
  …それを タメが出来る と言いmasu🤗

 

 

 

ゴルフスイングにとっての

 一番大きな動作ははからだの向きを変えるコトです。

その からだの廻り は

 自分の体に対しては 横、左右方向への移動ですが、

 それに前傾姿勢と言う からだの前方への傾きが付いています。

動作として上げ下げしているかは別として、

 クラブが高くなったり、低くなったりします。

見た目 と言う点においては

 ヘッドとグリップの上下関係は 

 まるで 縦に回転しているかのように何度か入れ替わります。

スナップショット 1 (2015-07-24 1-20)

見た目だけで考えると

 縦と横の動きを別々に…そして、同時に行うように思えますが、

 動かさなければいけない ゴルフクラブは

とても長く

先に全体の重さの6割以上が集中し

先端部も打点は 棒(シャフト)の軸からズレた形で

そこには 上下左右の方向や回転などを司る角度が

 立体的に効いています。

👉重さだけでなく、構造も

 上下にも、左右にも、前後にも

 どこにも対称性が無い形状です。

 

スイング中の スイングの円弧の大小の移り変わりは別として

 アドレスを基準とした その円弧に沿って

 スイングする…俗に言うオンプレーンスイングするには

 ややこしいですが、その望み通り(見た目)の円弧に沿って

 振れば(クラブ、ヘッドを動かせば)可能なのか

それとも それとは別の、イメージとは全く違うように使うと

 「結果として」 オンプレーンになるのか。。。