さて Rさんの実例からお話をしましょう。
20200621 編集済み_Moment(6)20200621 編集済み_Moment(7)20200621 編集済み_Moment(8)








現在までの経緯…はいろいろありますが、
👉当初の頃から気になっていた
◌トップ〜切り返し〜ダウンスイングでの シャフトの寝かし
◌カラダは回し始めるんだけれど
 クラブを寝かしてしまう分、
 からだの回転に左腕が付いて行かず
 寝たクラブの重さに押され
 グリップがボールの方に出てしまう
下がらない、浮いてしまう左グリップのお陰
 遅れたヘッドが開きになってしまい
 インパクト付近で 自分の方に
 巻き込むように フェースターンをかけてしまう
◌フェースターンをするため、寝ていて 短くなっていたクラブを
 インパクト付近で急激に 長くしてしまうので
 反射行為のような形で 必ず体が伸び上がり
 空間を作る動作 が入っています。
(目につきましたね)

動画を比較して頂くと
切り返し直後の カラダに対する左腕の付き(移動具合)と
ダウンスイングのヘッドの通るからだに対するライン
片方はカラダよりも 画像上左、体の後ろ側 で
もう一方はからだの幅の中(肩と首の間)位、違います

俗に言うスイング軌道、スイングプレーンの変化 ですが、
 2021.11.5.の打撃中 ご本人に伺っても
 それに付いては 一切合切無頓着、まったく気にしていない、
 意識の外だったと思います。


それまでの経緯はありますから、この部分だけを参考にして
 はい、すぐにこうなる と言う訳では無いと思いますが、
🥎寝かしたくない
🥎グリップを浮かせたくない
🥎グリップをボールの方に出したくない
🥎フェースターンだってしたくない
🥎伸び上がりだってしたくない

 と思っているのに なってしまう… には
 その行為ソノモノでは無く 別な理由、
 したくない その動作をしなければならない理由があります。

フェースターンを無くしたい(手打ち) から始まる 
 からだの回転に強い意識が
ある❓ あった❓と思われます。
大森201904_Moment大森201904_Moment(2)大森201904_Moment(3)大森201904_Moment(4)




ヘッドを「からだの回転による円軌道に沿って」遅らせている
👉そのせいで ヘッドの遅れが
 回転に対し、というか 横に働いてしまい
 その結果、開いて 緩く(入射)入ってくるヘッド…
👉👉開いたまま では 打てないので
 結局、フェースターンをする事になる堂々巡りに陥っています。
 これを 正規な意味でアウトサイド と言いますが、

ヘッドを横に、と言うよりも
 意識として ヘッドは円軌道通りに 意識があり、
 手ではなく からだの回転で と言う意識が強いのも災いし
 より開いてはいるが強くなってしまっています。