◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

タグ:シャフトのしなり戻し


クラブの長さの造り方、使い方 を考えると 
 ヘッドの重さ や 重心距離、シャフトの硬さ の 好き嫌い、
 その使い方の得手不得手
 も見えてくると思います。

フェースターン、ハンドリリースタイプの人は
 軽いヘッド、同じ意味ですが短い重心距離(小振りなヘッド)
 硬いシャフトを好みます。

 それは スイング全般 において
スイング軌道意識はありますが、
それは 
平面上の内から(インサイド)
外から(アウトサイド)
であって
スイングの弧の『中側』…
スイングの弧の大きさの変化…

 と言う意識ではありません。
(つかまえ と 両手離しドリル_Moment


ダウンスイングからインパクト…において
 フェースターンは 前にいたはずの左グリップ(グリップ)を
 右グリップ(ヘッド)が追い越す必要
がありますから
 左グリップがどんどん 先に行ってもらっては困ります。
大森201904_Moment(2)大森201904_Moment(3)大森201904_Moment(4)






テークアウェイにおいても
 左グリップをカラダに対し 右に右にずらそうとしている
 ようにも見えるケースが多いです。

クラブを起こす、短くする、シャフトを立てる、 と
スイング ココを治そう❶_Moment(インから振るのがすべて!じゃない_Moment(2)シンプルな見た目の 右左のグリップは
左グリップの方が下になります。
しかし、フェースターン、ハンドリリース派は
その逆に 左グリップの方を上にする人すら居ます

ヘッドの遅れを横に使いますので
 フェースが空を向いたような 大きく開いた状態になります。
(271_Moment
こうなりますと ヘッドの重たいモノ、重心距離の長いモノ(面の長いヘッド)、
シャフトの柔らかいモノ では
想定以上に 開き「ヘッドの遅れ」が増えてしまい、
ダウンスイング〜インパクトで
"ヘッドを返す" のに苦労してしまいます。

『ヘッドが戻ってこない』と言う言葉が聞こえてきそうです。

ヘッドが戻ってこない とは 待っている と同意語ですので
その待っているのは 先に行って、止まっている左サイドのコト
と考えて間違いないと思います。

シャフトはしなると 元に戻ろう としますが、
それは グリップを軸にヘッドを動かす のもありますが、
その逆の ヘッドを軸にグリップを動かそう とする作用も
当然、働きます。

 シャフトは円形ですので、歪になった円は
 元に戻ろうとするので シャフトの横軸だけでなく、
 縦軸にも作用します。

ですので しなりの大きく(短く)なる量の多い、
ヘッド遅れ〜グリップ遅れさせず_Momentヘッドの重たいモノ、
重心の長いモノ、シャフトの柔らかいモノ は

左グリップ、グリップエンドを前に押してしまうので
インパクトポイントが前にズレてしまい、右にし難くく、
しなり戻しも沢山必要になるので
戻し切れないのです。



ハンドリリース、フェースターン をする方は
 腕も含めた スイングの弧の内側意識が強くありません。
フェースターンとは クラブを最大の長さにする行為ですので
 当然、その空間が必要になり
 その処理として 伸び上がりであったり、
 からだの開きであったりするのですが、
 ヘッドの遅れ、しゃふとのしなりが大きくなれば
 当然、伸び上がりも開きも大きくなってしまいます。
 インパクトポイントも茲縫坤譴笋垢、
 ヘッドの遅れも大きくなるのですから…。

スイングを治すコトを前提とした方が
 かなり悶絶度の高い仕様(重い、柔らかい)を使い始めると
 シャンクが多く出るのは そういうメカニズムです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


リリースの負のスパイラル に陥るパターンは
 ⚠硬くしならないシャフト
 ⚠その上、軽いヘッド
(シャフトが硬いことによってヘッドをより感じにくい)
から始まるコトが少なくありません。





意図的に行う必要は『一切ありませんが』
シャフトは しなる=短くなる と
 元の形、元の長さに戻ろう(しなり戻り)とします。

また シャフトのしなり しなり戻り は
 ゴルフスイングは 横の運動、横移動が
 主となるため、その時機、ヘッドやクラブの位置や姿勢
 によって その復元の『作用』も異なって来ます。

ダウンスイング時、
 フェースが上を向いている(開いている)、
 フェースの上を向いている時間が長いと、
 そのしなりもどり →元の長さへの復元 には
 クラブの重さのかかり方と同じく、
 グリップエンドをやや上方向に押す作用がかかります。
逆に フェースが下を向いていると
 クラブの重さのかかり方と同じく、
 グリップエンドをやや下方向の押す作用がかかります。
2021-07-03_01-20-29_Moment(2)

硬いシャフト、オーバースペックなクラブを使っている人は
全員が該当するとは言いませんが、多分に
➀テークアウェイでシャフトをしならせる
 はフェースを開く、ロフトを開く に該当。
➁ダウンスイングに入ってから ダウンスイングの前半も
 よりしならせる時間帯 に。
動作で言うところの 下半身は回転するけれど、
上半身は残す。。。胴体を更にひねる…そんな感じになります。
➁"ダウンスイング前半 でシャフトをよりしならせる は
 テークアウェイ以上に ヘッドを開き、フェースの上向きを強めます。
➂そのまま…では フェースでボールが打てません、から
 ダウンスイング後半のどこかで…
 インパクトの直前に 『グリップの移動を止め』
 ヘッドの回転、シャフトのしなり戻し が必要になります…
い修海妊轡礇侫箸鬚靴覆蠅發匹垢
 シャフトの復元の作用は グリップを上に押す方向に働き易く
 左脇を絞って 左肩の上りを抑えつつ
 右サイドを潜り込ませる ような動きがどうしても付きまといます
⓹地面反力 のような 上への蹴り は
 そんな動作の成れの果てと言えるかも知れません。
 もぐりながら 上に振る そんな過程で
 インパクトに入りますので
 最高でインパクトが最下点、
 当然、ボールから先のターフなんて…不可能です。
➅また、グリップの移動を止めるので
 回転や腕の振り という横移動を拒否することになり
 ボールは中寄り、右寄りで無いと届かなくなります。

🤒シャフトの復元(しなりもどり)、
 長さの復元によるグリップの押され、
 それによる 早めの時期にインパクトが訪れる を
 体験するコトが出来ず、
 グリップを止める が打撃の肝 ですので
 シャフトの復元〜元の長さに戻る
 ヘッド/グリップを双方を動かす効果を殺してしまいます。

 そういうスイング感覚であると
 大きなシャフトのしなり になる 柔らかいシャフトは
 しなり戻し するのに時間が掛かり、
 間に合わず 開いたまま当たるか
 左サイドが上がる方(右サイドが下がる)に強く作用するため
 好まれることはないでしょう。

逆に 適正な硬さ、もしくは柔らかめなシャフトを使っている
または そのようなクラブでスイングを覚えた人が
全員 そうなるとは言えませんが、
しなり易いシャフトは 意図的にしならせようとはしないモノです。
意図的にしならせると
ヘッドの重量点はシャフトの延長線上に無いが故に
ヘッドの回転(開き/閉じ)やそれによるグリップへの作用や
クラブの重さ感の変化、その重さ感のベクトルの変化など
あまり良いことが無いことを知ります。

柔らかいシャフトのクラブを
たくさんしならせて たくさんしなり戻して打つと
飛ぶんじゃないの❓ と思われる方も居ると思いますが、
たくさんしならせて たくさんしなり戻す というコトは
同時に それを産みだす グリップの移動の止まり が
必要になります。
グリップを止めて シャフトのしなりの反動で打つ方が飛ぶのか、
グリップを止めずに その流れのままヘッドを移動させた方が飛ぶのか、
安定して✋ 繰り返す✋ というコトを条件に加えると
どちらが良いかはお分かりになられると思います。
(TOMOクンの修正前-修正後_Moment

また シャフトのしなり、しなり戻り の効果は
ない訳では無いですが、その長さの復元 を
グリップの押し、移動の手伝い にするには
ダウンスイングの早い段階での フェースの下向きが必須条件で
フェースが上向きである限り、ボールを打つための
押し、移動の手伝いの妨げにはなっても 手伝いにはなりません。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ